archive-org.com » ORG » A » AICHIBORASEN.ORG

Total: 624

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 東日本大震災 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    愛知ボラセンは2011年4月以来 2016年1月9日までに152回のボランティアバスによる 被災地ボランティア活動を宮城県石巻市十八成浜を中心に実施して参りました この期間に 2014年8月から それまでの観光バスに 2016 01 16 今年もエボラ出血熱の後遺症に苦しむ西アフリカ シエラレオネへ非常食を贈ります 代表の久田です 高校生を守った非常食を 本当に飢餓で苦しむシエラレオネの子どもたちに 愛知県の私学では緊急時非常食を備蓄している学校が多くあります 命の箱 アーク3 救缶鳥 などの非常食 または乾パンやカロリ 2016 01 03 新年のご挨拶 徳倉編 愛知ボラセンの理事の徳倉です みなさん 2016年となりました お正月はいかがお過ごしでしょうか さて 2016年3月11日に名古屋で 追悼式を行います 東日本大震災から5年 たったの5年です 私たちは いち 2015 12 25 次回 1月11日 月 エール実行委員会 2015年12月18日 17時29分23秒 エール5th 12月20日 日 に予定していたエール実行委員会ですが エール同日 午前に行われる防災訓練の詳細が未定のため それに伴いエールの動きが変わってきてしまうた 2015 11 23 昨日 11 22に桃源郷プロジェクトアーモンド300本を植樹しました 昨日 桃源郷プロジェクトのアーモンド300本の植樹を無事に 終えました 十八成浜で昨年植えた160本を含めて 来春460本のアーモンドの花が咲くのを 楽しみにしています 河北新報の記事はこちらから http 2015 11 10 11 21 土 フィリピンスタッフ ルーさんの送別会開催します みなさん こんばんわ 愛知ボラセンのスタッフ徳倉です 約2か月 来日していたフィリピンスタッフのルーさんが フィリピンへ帰国いたします 愛知ボラセンは2013年2月にフィリピンを訪れ 台風30号被害のひどかった 2015 11 04 第7回でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト始動 実行委員募集 第7回でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト始動 実行委員募集 こんにちは スタッフ田中です 愛知ボランティアセンターは 2011年3月以来 宮城県石巻市での被災地ボランティアと 震災でお父さんお母さんを亡くした 2015 10 23 追悼キャンドル作製始まりました 田中です 17日 土 より 追悼キャンドルの作成を開始しました 初日から20人を超える方が参加して下さり 活気あふれる活動になりました 皆さんありがとうございました また 先日ブログにてご寄付の呼びかけをしたガスボ 2015 10 23 10 31 土 ワンコイン サポーターズ定例活動やります 前回報告 おはようございます 田中です 10月17日 土 に行ったワンコイン サポーターズの事務作業のご報告をさせていただきます 有田さん よろしくお願いします 今回は 2016年度の応援金を募集する案内を各自治体へ発送する 2015 10 16 平成26年度会計報告 みなさん こんばんは 愛知ボランティアセンターの德倉です 平成26年度の会計報告を以下の通り させていただきます 今後とも みなさまと一緒に被災者応援活動を続けていきます 宜しくお願い致します Share this 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615294 Today 356 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について

    Original URL path: http://aichiborasen.org/ (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • お問い合わせ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    ハイフンあり 例 090 xxxx xxxx お問い合わせ内容 現地ボランティア ワンコイン サポーターズ 応援金申請 講演の依頼 被災地ボランティアコーディネート 名古屋でのボランティア メルマガ配信 登録 解除 その他 題名 メッセージ本文 入力内容をよくご確認の上 送信ボタンを押してください 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615294 Today 356 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度

    Original URL path: http://aichiborasen.org/contact (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • よくある質問 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    大活躍されていました 是非ご応募ください Q 荷物は置いておく場所はありますか A 荷物は憩いの家に置いておく事ができます ただし貴重品は各自で管理してください Q バスのトイレ休憩はいつとれますか A 2時間から2時間半に1度取っていただくようにしています Q バスの中で食事はいつ取ればいいですか A 適宜取っていただくようにお願いします 現地での昼食は皆さんでお弁当 支給 を食べます 帰りの夕食は菅生SAで1時間くらい食事の時間を取ります Q バスの中での消灯時間はいつですか A 完全消灯は22時 厳守です 消灯後は静かにお休み下さい Q 着替えはできますか A 憩いの家で着替えはできます Q 食べ物などは途中で買えますか A 帰りの夕食休憩を除き SAでの休憩は20分前後です 買い物は可能ですが レジが混むことが多いので そこで必ず買うことを前提に行動されることはお勧めできません Q 現地の活動場所にトイレはありますか A 憩いの家にトイレはあります ページトップへ 応援物資について Q 応援物資の募集はいつまでですか A 2011年5月31日をもって募集は終了しました Q 集まった物資はすべて被災地に届けられたのでしょうか A はい 届けられました 湊小学校へのお届け終了後 牡鹿半島の各避難所へお届けする一方 インターネットや電話 現地での聞き取り調査により 必要としている方々へお届けしてきました 応援物資の活動は ここ でご報告させて頂いています ページトップへ 名古屋でできるボランティアについて Q いつどのような活動をしていますか A ワンコイン サポーターズの事務作業や追悼キャンドル作りなどを東別院のお部屋をお借りして行っております 日時 時間などは スケジュール にてご確認下さい 毎回始めての方も参加して 楽しく作業を行っております 皆様のご参加お待ちしています 私にも何かできることはないか その気持ちを大切にしてお越しください ページトップへ ワインコイン サポーターズについて Q 受付金融機関の情報はどこで確認できますか 現在開設している銀行 リーフレット の登録用紙裏面にある 取扱い金融機関情報一覧表 でご覧頂けます 口座番号の情報は ご登録頂いた後メールにてご連絡させて頂きます サポーター申込みフォーム よりご登録をお願いします メールをご利用でない方は ご登録頂きますと口座番号の一覧がご覧頂けるようになっております Q 受付金融機関を増やしてほしいのですが A 現在 愛知ボランティアセンターが所有している10行以外の金融機関をご希望の皆さまには大変申し訳なく思いますが 当面増やさずに活動を行う予定です Q 自動払込 自動引き落とし には 手数料はかかるのですか A 申し訳ございませんが かかります 申し訳ありませんが かかります 愛知ボランティアセンター取扱い金融機関で 自動払込みに 対応しているのは ゆうちょ銀行のみです 1 回の自動送金に対して手数料は25円かかりますので 愛知ボランティアセンターの口座に送る金額は500 円でも 皆さまの口座から送られる金額は525 円となります Q 自動送金には 手数料はかかるのですか A 申し訳ございませんが かかります 例えばゆうちょ銀行でしたら 1回の自動送金に対して手数料は120円かかりますので 愛知ボランティアセンターとゆうちょ銀行の場合 手数料は総額3万円 60口分 までは同額です また手数料は各銀行によって違いますので 銀行窓口でご確認ください お持ちの通帳によっては 手数料がかからない場合もございます ゆうちょ銀行の場合ATMからの 送金 はゆうちょ銀行同士であれば無料です Q 手数料がもったいないので振込みにしたいのですが A このシステムの最大の欠点は手数料です システムとして最も有効に19年間継続される方法として 自動送金を考えました 手数料がもったいないから振り込みにされることもかまいません 自動送金以外に不可であるとは全く考えていません 全体としては自動送金が有効であると考えていますが サポーターさんでそれぞれ有効な方法をお考えいただき 個人で実行していただくことはかまいません 愛知ボラセンとしては 継続的に19年間ご協力いただければ というお願いだけです Q 手数料を無料にしてもらうよう金融機関に交渉しないのですか A 手続き上で 多少の便宜を図っていただけることはあるかもしれません しかし 手数料が無料になるとは考えられません Q 口数が多いと手数料は下がりますか A 総額3万円まで つまり60口分 の手数料は同額です 2口でも1口でも手数料は同じです Q クレジットカードは利用できますか A 現状ではできません Q 手数料込みで500円にしていただけないでしょうか A 申し訳ございませんが お受けできません 孤児遺児応援の趣旨をどうかご理解ください Q 途中で解約できますか A できます サポーターさんの任意のご判断にお任せします 自動送金の解約手続きは お手続きされた銀行の窓口へお申し出ください また 口座が消滅した場合は解約になります 口座の残金がなくなった場合は 送金が止まります 愛知ボランティアセンターへもご一報頂ければ助かります Q 手数料がもったいないので 毎月振り込みにしたり 19年分を一括で振り込むことはできますか A 確実に続けて頂けるように 毎月の自動送金をお願いしていますが 毎月振り込む 一年に一度一年分を振り込む 都合のいい時に都合のいい分だけ振り込む などみなさまのご判断により 自由にお振り込み頂いて構いません 自動送金ではなく

    Original URL path: http://aichiborasen.org/faq (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 愛知ボラセンについて | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    第1回の被災地ボランティア活動は2011年3月20日 そして 4月8日の第3回ボランティアでは愛知県で最も早く大型バスでのボランティアを派遣しました 被災地ボランティアは2011年8月末までに 毎週末に実施した0泊3日の通称 弾丸ボランティア を22回 夏休みには3週間 被災地のコミュニティーセンターなどをお借りして 宿泊のボランティアを実施 あわせてのべ2 500人の方々が参加されました 4月は石巻市内の湊小学校で応援物資を提供 5月からは 湊小学校の近隣校区の渡波小学校で炊き出しや野菜サラダの提供 掃除 支援物資の整理などの活動を実施 宮城県気仙沼市小泉浜災害ボランティアセンター はまセン で瓦礫撤去の活動のノウハウを学び 瓦礫撤去に必要な資材を購入しました さらに 5月に1か月かけて石巻市牡鹿 おしか 半島の約30カ所の全避難所を訪問し 応援物資を配布しました この活動は長期的な応援活動を続けるために避難所や行政区と直接のつながりをつくれないかという視点で訪問でした 5 十八成浜で瓦礫撤去活動開始 その中で 十八成 くぐなり 浜地区の避難所の皆さんとの関係が深まってきました 十八成地区では約130世帯の60 が家を破壊され 10名ほどの方が犠牲になっています 6月11日に十八成浜避難所で実施した高校生ボランティアで 焼きそばの炊き出しにいろいろなアクシデントがあって手順が悪く 焼きそばができあがったのは午後2時をすぎていました それに対して避難所の初代責任者からはひどく怒られました 翌日 スタッフがお詫びの挨拶に伺った際にも 昨日のことがあって よく来られたな と言われました 十八成避難所の前の畑は3ヶ月たっても瓦礫がそのままの状態でした そこで 担当スタッフは 前日の不手際はお詫びし 瓦礫がそのままでは 希望も沸いてこないのではありませんか 瓦礫を撤去しませんかと提案しました 翌々週から 十八成浜での愛知ボラセンの瓦礫撤去活動が始まりました 目の前の瓦礫がなくなったその日の夕方 3ヶ月間ずっと同じ光景を見てきて 希望を失いかけていた 今日から希望を見られるようになった と 避難所第二代責任者の阿部邦子さんが話されました ここから愛知ボラセンと十八成浜の関係が深まっていきました 毎週 毎週100名前後のボランティアが瓦礫を撤去し 骨壺が見えてしまったお墓をなおし 道路を直し 川をきれいにしました 避難所責任者の阿部邦子さんは語ります 毎週 毎週 名古屋から100人ものボランティアさんが来て 勇気づけられました 愛知ボラセンに負けていられない 意地でも幸せになります みなさんも幸せになってください 来てくれてありがとう と 毎週 毎週 名古屋から大路のボランティアがやってくることで 人間に対する信頼や絆が深まっていきます そして 人が信頼できることを確認し その中で明日を信じて生きていこうという思いが沸いてきます 一方 ボランティア参加者は初めて出会ったにもかかわらず 声をかけあい 共同で作業しながら瓦礫を撤去していきます それを通じて人間って捨てたものじゃない 人間ってすてきだなとの思いを抱きます 絶えざる競争に駆り立てられ 人間関係への信頼が傷付けられ 人間性が疎外されている私たち自身が ボランティアの共同作業を通じて 人間性を回復しています 6 十八成浜仮設住宅から孤独死を出さないお手伝いを 愛知ボラセンの被災地ボランティア活動は 2014年4月末までに 116回のべ約7 000人のボランティアを派遣しています 現在は 宮城県石巻市十八成浜 人口約150人 を月に2回訪問し 十八成浜だけで100回を越えるボランティア活動を続けています 現在の一番の目的は仮設住宅から孤独死を出さないお手伝いをすることです 心配り 心拾い班 は愛知ボラセンニュースを持って 十八成浜のすべての家庭を訪問します そして くぐなり食堂班 が作る約150食のお弁当を作り 仮設住宅の談話室や高齢者のお宅で おしゃべりをしながら一緒に昼食を食べます 被災者がボランティアに対して 日常的に そして気楽に 話をすることはPTSD対策に必要なことです 石巻市役所の保健担当者の方から 十八成浜の被災者の健康状態は他の地域よりもはるかにいい状態と聞いています また 住民のニーズに応え チーム恭一with安吉 文吾 は仮設住宅班長の阿部恭一さんや高橋安吉さん 後藤文吾さんとともに外周りの仕事全般を請け負っています 約40人のボランティアさんが乗った大型バスは 金曜日午後7時に東別院を出発 バスは約750 離れた十八成浜に 土曜日午前8時30分に到着します ボランティア活動後 午後7時に十八成浜を出発し 日曜日の午前7時30分に帰ってきます 0泊3日 弾丸ボランティアバスツアー と呼ばれ 参加費13 000円で 土日が休みの方なら学生も会社員も誰でも少しだけの無理で参加できます 7 十八成浜復興へ 花の木1800本 桃源郷プロジェクト 砂浜復活 砂浜公園プロジェクト 十八成浜の被災者は一般社団法人十八成ビーチ 海の見える丘協議会 十八成協議会 を結成し 被災者のための復興住宅建築や地震 津波で消失した自慢の砂浜の再生し 地域の復興を自らの手で作り出そうとしています 十八成協議会は十八成浜の被災者が会員ですが 事務局長を愛知ボラセン理事長の久田が務めています 復興公営住宅建設は被災者主導で石巻市内では早いペースで進み 2015年春には高台に移転できます 愛知ボラセンは十八成協議会に 津波で海の中に沈んでしまった美しい砂浜の復元と 津波で流されて何もなくなった住宅跡地 住むことが許可されない を砂浜にする 砂浜公園プロジェクト を2012年に提案しました この計画は石巻市の十八成浜復興プランとして認められています また 仮設住宅班長の阿部恭一さんから 1 800本の花の木を植樹する 桃源郷プロジェクト が提案され 砂浜公園を造る前段階として 桃源郷プロジェクト として推進していくことにしています 十八成浜に賑わいを創り 雇用を創出し 十八成浜の復興に対して愛知ボラセンは積極的 具体的に関わっていきます 8 震災孤児遺児1 755人を応援するワンコインサポーターズ活動 東日本大震災でお父さんお母さんを亡くした子ども達は1 755人 2011年当時0歳 19歳 この子どもたち全員が高校を卒業するのは2030年です そこで 奨学金を贈る会を母体にして発足した愛知ボラセンは 彼らの応援を続けます そのための制度設計が必要と考え 毎月1口500円を応援してくださる方々の銀行口座から 愛知ボラセンの銀行口座へ 2030年まで自動送金する ワンコインサポーターズ を募集しています サポーターさんは2014年3月末で4 436人 7 635口になりました 義援金などを集めている団体の多くは 義援金の数 から10 程度を運営費などに宛てていますが 私たちはサポーターズの皆さまからお預かりした孤児遺児応援金は 送金手数料を除き 全額を孤児遺児応援金に充てています この応援金を孤児遺児の皆さんの口座に直接届けているのも愛知ボラセンの特徴です 被災三県にはそれぞれ孤児遺児のための基金があります しかし 私たちはサポーターズの皆さんの想いを直接届けたいと考えました それは前身ともいうべき 奨学金を贈る会 が阪神大震災孤児遺児応援金を直接届けてきたことにもよります 岩手県教育委員会 宮城県教育委員会 福島県保健福祉部をはじめ NHK東北の各放送局などの協力を頂いて 応援金申請者受け付けの告知をしていただき 各年度の応援金総額を 申込された方々の人数で割って 応援金とサポーターの皆さんの応援の想いを直接届けています ワンコインサポーターズの事務活動は毎月2回ほど東別院会館にあつまり 振り込みの照合や 送金の作業をしています 名古屋でできる愛知ボラセンの大切な活動です 9 孤児遺児交流企画 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ は孤児遺児の心の支えに 孤児遺児の皆さんは1 778人 2015 3 1時点 大勢とはいえ各学年では85人ほど 偶然に孤児遺児同士が友達になれる可能性は殆どありません 孤児遺児同士が友だちになる企画は必要なことと考えました 彼らが友だちになるようにサポートは 被災地ボランティアに参加してきた同じ世代の愛知のボランティアの学生たち 愛知と被災地の学生たちを大人のボランティアさんが支えます 被災地ボランティアとワンコインサポーターズの活動を実施してきた愛知ボラセンだからこそできる企画です そこで 孤児遺児交流企画 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト を開始しました 年に2回 みんなで一緒に泊まって 友だちになり 一緒に笑って 一緒に涙を流す活動を続けていきます 夜 語る会 を開きます 参加した孤児遺児はそれまで心の中に溜めてきた思いを涙とともに吐き出します 家が流されたことや父が死んだことを知っているのは先生のごく一部だけ 交通遺児などで孤児遺児になった子たちの会には出たけど 東北の子たちだけの会に初めて来た こういう思いをしているのは私だけじゃないとわかってとてもよかった 福島 女子 3回目参加の 私のように友だちには話せなくてもここなら話せる子がいる でらえぇ で仲良くなった子と 普段でもいろいろ話している ここでしか話せないことがでてくると思うので ここで友だちをつくってほしい 宮城 女子 でらえぇ の人たちがいたからこそ今の自分がいる 心の底から感謝している でらえぇ の人たちと出会っていなかったら自殺していたかもしれない 宮城 男子 今の自分にとって 我慢せずに安心して泣ける大切な場所です みんなの体験を聞いたりするのはつらいけど みんな同じくそれを乗り越えようと頑張っている仲間だから 気持ちを隠すことなく思いっきり泣ける場所です 私はこの時間を作ってくれた愛ボラのみなさんにとても感謝しています ありがとうございます 岩手 女子 10 フィリピン台風被災者応援 愛知 の名を背負って 日本の アジアの 世界の被災者応援を 愛知ボラセンは 愛知 の名を背負って東北へ駆けつけることで 遠く愛知からの応援の想いを伝えることができると考えていました そして

    Original URL path: http://aichiborasen.org/about (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 宮城県 十八成浜 ボランティア | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    よろづや チーム恭一 ④鮎川浜仮設の方々と手芸や折り紙 漢字アートなど作品作りをする 和みクラフト 2014年秋から 復旧から復興へ と活動が変わり アーモンドや桜の木を1 800本植樹する桃源郷プロジェクトがスタートしました 活動に ご理解ご賛同いただいた上で 現地ボランティアを希望される方は 応募フォームから自己アピールをお書きの上 お申し込みください 先着順とさせていただきます なお ボランティアバスのドライバーさんは2人 休憩 運転交代は2時間に1回 現地到着後は牡鹿半島のホテル ニューさか井 さんで 午前9時 頃 午後3時頃まで約6時間の休憩をとっています 経験豊かなプロドライバーさんの運転で 安全第一でボランティアバスの運行をしています 十八成浜ボランティア 詳細 ご応募はこちらから 感想を書く 愛知ボラセンニュース 参加者の感想 愛知ボラセンミニヒストリー 活動記録動画 2012年1月20日 十八成浜 活動 2011年7月2日 十八成浜 活動 2011年6月10日 高校生ボランティア 2011年4月2日 第2回 石巻ボランティア 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615294 Today 356 Online 0 モバイルサイト

    Original URL path: http://aichiborasen.org/volunteer (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • お知らせ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    3月19日 21日 の被災地ボランティア活動は中止とさせていただきます 被災地十八成浜の皆様 参加を希望されている皆様にはたいへんご迷惑をおかけしますが どうか事情をご勘案のうえ ご容赦いただきますようお願い申し上げます なお 私は今後も 十八成浜訪問を中心とした被災者応援活動は続けていかなければならないと考えています しかし 軽井沢でのスキーバスの重大事故も考慮し 安全運行に最大限の配慮を払いつつ 十八成浜の皆さんと相談し 関係当局のご確認もいただき できるだけ負担の少ない参加費で 活動を続けていくためには どうしても時間が必要です メドとしては今年のゴールデンウィーク前後の再開をめざしていきたいと考えております どうぞご理解賜りますよう よろしくお願いします 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 理事長 久田光政 Posted in お知らせ 今年もエボラ出血熱の後遺症に苦しむ西アフリカ シエラレオネへ非常食を贈ります Posted 2016年 1月 16日 代表の久田です 高校生を守った非常食を 本当に飢餓で苦しむシエラレオネの子どもたちに 愛知県の私学では緊急時非常食を備蓄している学校が多くあります 命の箱 アーク3 救缶鳥 などの非常食 または乾パンやカロリーメイトなどの独自セットなどを 入学時に保護者の費用で新入生分を一括購入し 全校生徒分の非常食を備蓄し 大災害に備えています この非常食は使用されない場合 卒業時に返却され 賞味期限内まで各家庭で非常時に備えるように呼びかけています 昨年 愛知ボランティアセンターと 愛知県高校生フェスティバル実行委員会 大震災でお父さんお母さんを亡くした中学生高校生に奨学金を贈る中学生高校生の会が協力して この非常食をシエラレオネに贈る活動を行いました そして 16校から約4 000人分の非常食を提供していただき 3月末に20フィートのコンテナに詰め込み 名古屋港からシエラレオネに向けて送り出しました 6月にシエラレオネに到着し グァダルーペ聖母女学園の先生たちが 同女学園のあるルンサより さらに山奥の地域の子どもたちに届けてくださいました ほとんどの子どもたちが自分個人のプレゼントを初めて手にしたと聞いています シエラレオネのエボラ出血熱は11月に終息宣言 シエラレオネでは 2015年11月7日にエボラ出血熱の終息が宣言されました シエラレオネ 人口約600万人 では14 109人が感染し 死者は3 955人にもなりました 西アフリカでは葬儀の際に 死者に抱擁したり 口づけをしたりする習慣があり この伝統的な習慣が感染爆発を引き起こしたと考えられています 15 000人以上の子どもたちが 孤児遺児に こうした伝統的習慣のため 死者に成人が多いという特徴があります そして 一世帯の子どもの人数が多いこともあり シエラレオネだけでも 15 000人以上の子どもたちが エボラ出血熱孤児遺児になってしまいました 親族から養育を拒否されるケースも多く 多くの子どもたちが悲惨な状況におかれています 愛知ボラセンのカウンターパートである グァダルーペ聖母女学園にも多くのエボラ出血熱孤児遺児が在籍しています 高等部のカディアツさんもエボラに感染し 両親 兄弟 叔父の家族7人全員がエボラ出血熱で亡くなりました 今 カディアツさんは精神的にたいへん困難な状態に陥り シスターたちはカディアツさんに深く寄り添っています シエラレオネで30年以上前から日本人シスターが学校運営に関わっています シエラレオネにグァダルーペ聖母女学園があります その学園の運営に日本人シスターたちが30年以上前から関わっています グァダルーペ女学園には幼稚園から高校生 専門学に2 600人の子どもたちが学んでいます 同学園はエボラ出血熱で休校中 シスターたちは子どもたちの家庭を一件一件訪問 お米などの食料を届けています 神奈川県川崎市には同学園を以前から応援されている ともに歩む会 シエラレオネとともに シスターとともに 支援者とともに があります 今回 ともに歩む会 のご協力を頂いて このプログラムが実現することになりました 私たちが届ける非常食はコンテナに積み込み 3月末に名古屋港を出港し 5月下旬にシエラレオネ フリータウン港に到着します そしてグァダルーペ聖母女学園のあるルンサに陸送し 同学園から活用して頂くことになっています 輸送活動費のカンパもお願いします 名古屋港から シエラレオネまでの輸送費は約75万円 その他経費を含め合計100万円以上がこのプログラムには必要です 私が勤める東海高校からは9月末の文化祭で高3クラスが行った模擬店の収益のほぼ全額約50万円を寄付していただきました ちなみに私は高3の担任をしていますが 私が働きかけたのではなく 生徒学年会からの自発的な寄付です このことをほんとうにうれしく思っています ブログをお読みの方で ご協力いただける方は下記の要領でよろしくお願いします ゆうちょ銀行 口座名 被災者応援愛知ボランティアセンター義捐金 記号12140 番号34298531 他行からは 店番218 にいちはち 普通預金 3429853 他と区別するために お名前の後ろに シエラ とおつけください 例 久田光政シエラ なお 愛知ボランティアセンターは エボラ出血熱禍で苦しむシエラレオネの子どもたちも 広く自然災害の被災者と考え 応援活動を展開していく方針です Posted in お知らせ 新年のご挨拶 徳倉編 Posted 2016年 1月 3日 愛知ボラセンの理事の徳倉です みなさん 2016年となりました お正月はいかがお過ごしでしょうか さて 2016年3月11日に名古屋で 追悼式を行います 東日本大震災から5年 たったの5年です 私たちは いちボランティアとして 微力ながらも集まり 活動を続けてきました まだまだ やることはあります 追悼式は活動を続けている団体が集まり そして 東海地方に住むみなさまと 東日本大震災で犠牲になった人を 悼みたいと思うのです また 3月13日には 愛知ボラセン主催の東日本大震災犠牲者追悼 被災者応援イベント エール5th 希望の花を咲かせよう を行います 現在 名古屋市中区の真宗大谷派名古屋別院 東別院 のお茶所で 追悼キャンドルを制作しております これも当日もどなたでも参加できますので 愛知ボラセンのブログなどで日程をご確認いただき ご参加ください 好きな時間に来ていただき いてくれるまでの時間で構いません ひとりひとりが 想いをこめ 丁寧につくることが大切です 私自身も今年はなんとか 日程を調整し できるだけ 宮城県石巻市十八成浜へ みなさまと一緒にボランティアで汗を流して 活動していき 復興の一助になりたい というか なります 2016年 そして今後とも 愛知ボラセンをよろしくお願い致します Posted in お知らせ 次回 1月11日 月 エール実行委員会 Posted 2015年 12月 25日 0 Comments 2015年12月18日 17時29分23秒 エール5th 12月20日 日 に予定していたエール実行委員会ですが エール同日 午前に行われる防災訓練の詳細が未定のため それに伴いエールの動きが変わってきてしまうため 実行委員会の開催を次回1月11日まで延期いたします ご理解 ご協力よろしくお願いいたします 追悼キャンドル製作は予定通り行いますので みなさんご協力よろしくお願いします またエールのチラシは 27日 28日の追悼キャンドル作製時にお渡しできるように準備しております 重ねてよろしくお願いします Posted in お知らせ 昨日 11 22に桃源郷プロジェクトアーモンド300本を植樹しました Posted 2015年 11月 23日 0 Comments 昨日 桃源郷プロジェクトのアーモンド300本の植樹を無事に 終えました 十八成浜で昨年植えた160本を含めて 来春460本のアーモンドの花が咲くのを 楽しみにしています 河北新報の記事はこちらから http sp kahoku co jp tohokunews 201511 20151123 13034 html Posted in お知らせ 1 69 1 2 3 4 5 10 20 30 最後 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/news (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 震災孤児遺児応援 ワンコイン・サポーターズ 20,000人プロジェクト | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    応援団からのメッセージ 応援金を受け取られた方の声 リーフレット配布協力場所 Youtube お問い合わせ NPO法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター事務局 お問い合わせフォーム より ワンコイン サポーターズについては ワンコイン サポーターズ 震災孤児遺児応援金申請者の募集については 応援金応募 をお選びください 電話 090 6590 3117 受付時間 午前10時 午後5時 無休 モバイル端末またはスマートフォンの方へ 画像 画面 が一部切れてしまうことがあります その場合 画像 画面 をクリックしていただくと見ることが出来ます 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615294 Today 356 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について

    Original URL path: http://aichiborasen.org/onecoin (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 震災孤児遺児交流企画「でらえぇ~友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト」 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    心の中に大切なものが入ってきました 今の自分にとって安心して泣ける場所 そう話す被災地の子どもたち みんなが友だちになれるように そして特別な時間を過ごせるように 子どもたちの交流はこれからも続いていきます でらえぇ学生のFACEBOOKページ はこちら 各画像をクリックすると それぞれの活動報告書がご覧になれます 第5回でらえぇ 友だちつぐっぺぇ2015 笑顔プロジェクトin名古屋 活動報告書 第4回でらえぇ 友だちつぐっぺぇ2014 笑顔プロジェクトin石巻 十八成浜 活動報告書 第3回でらえぇ 友だちつぐっぺぇ2014 笑顔プロジェクトin名古屋 活動報告書 第2回でらえぇ 友だちつぐっぺぇ2013 笑顔プロジェクトin石巻 十八成浜 活動報告書 第1回でらえぇ 友だちつぐっぺぇ2013 笑顔プロジェクトin名古屋 活動報告書 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615294 Today 356 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー

    Original URL path: http://aichiborasen.org/deraee (2016-02-16)
    Open archived version from archive



  •