archive-org.com » ORG » A » AICHIBORASEN.ORG

Total: 624

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 応援金を受け取られた方の声 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615296 Today 358 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について 震災孤児遺児交流企画 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト 活動スケジュール 阿部邦子のがれきに咲いた花 リーフレット バナー 所在地 会計報告 寄附金控除について 定款 リンク よくある質問 お問い合わせ ブログ 新着情報

    Original URL path: http://aichiborasen.org/onecoin/voice (2016-02-16)
    Open archived version from archive


  • でらえぇ~友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクトとは? | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    話したくなかったら話さなくてもいい 話を聞きたくなかったら退室してもいい 語る会 はみんなが自分の感情に素直に動くことが許される とても大切で繊細な時間なのです でらえぇ が初めて開催されたのは2013年3月 最初はこのプロジェクトを行うことで 震災の辛い記憶を引き戻してしまうのではないかという不安や そもそもこのプロジェクトを行うことが正解なのかさえ分からず 全て想像と手探り状態のところから始まりました しかし第1回の でらえぇ が終わった後 多くの東北の学生たちは でらえぇ に参加して本当によかった と言ってくれました それから過去4回の活動を重ねる中で 東北の学生 そして名古屋の学生にとって とても大切な出会いや学びがたくさんありました そして何より 大切な友だちがたくさんできました 共に過ごす数日間は 単なるスタートに過ぎません そして友だちという関係に ゴールはありません 東北の学生たちが でらえぇ を通して大切な友だちに出会い それぞれが住む場所に戻ってもずっと繋がっていける関係を作るこ とが私たちの何よりの願いです そのために私たちはこれからも 東北の学生たちの出会いの場 心を許せる居場所を作り ずっと守り続けていきます そしてでらえぇ 友だちとして みんなの心に寄り添い続けていきたいです 第5回 2015年3月開催 実行委員長 高瀬実恵 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615296 Today 358 Online 0 モバイルサイト Back to Top

    Original URL path: http://aichiborasen.org/deraee/whatisderaee (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 第5回「でらえぇ~友だちつぐっぺぇ2015笑顔プロジェクトin名古屋」活動報告書 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    と ひたすらに考え ときには悩み うろたえながら でらえぇ に参加して 気づけば今回で5回目を迎えました 今回 私は実行委員長として活動に関わり いつもとは違う視点から活動を見つめることで とても大きな変化を感じました 毎回準備期間中は 不安で押しつぶされそうな日々を過ごすけれど 当日東北の学生たちに会った瞬間に不安が飛ぶのがこれまでのでらえぇ でした しかし今回は 東北の学生を迎えた瞬間に感じたのは安堵ではなく この子達のために 絶対にいいでらえぇ にする という決意のようなものでした そのせいか 当日は楽しい時間でもずっと緊張していたように感じます どんなに不安でも みんなの前では笑っていなければ ずっとそんな感情を抱えていました そんなときに私を助けてくれたのは 東北の学生でした 率先して企画を盛り上げ 準備や片付けを主体的に行う姿を見て 東北の学生も一緒に作っているんだ と感じ やっと私の緊張が解けた瞬間でした でらえぇ の活動の中には 語る会 というとても大切にしている時間があります この時間に私たちは初めて 被災者 としての東北の学生の姿を目の当たりにしますが 私はこの瞬間の最も 友だち としての感情が生まれます 辛い想いを吐き出してほしい 支えたい と思うのは ボランティアと被災者ではなく 大切な友だちだからだと思います 今回も多くの東北の学生が大切な想いを伝えてくれました 自分の想っていることを大勢の人がいる場所で伝えることは 簡単なことではありません 勇気を出して話してくれたみんなの想いを決して無駄にしないために 他人事とは思わず 自分の中に落 とし込み考え続けたいと思います そして でらえぇ に来てよかった でらえぇ が自分の居場所だ と言ってくれる東北の学生たちのために これからもこの場所を守り続けたいと思います 今までの私は でらえぇ がみんなの居場所であってほしい 日常の中で辛いことや寂しい想いをすることがあっても でらえぇ の間は我慢しないで吐き出してほしいと願っていました でも それでは365日の中のほんの数日間だけしか心が落ち着く日がないということでもあり それはとても残酷なことだと気づきました 今は でらえぇ で共に笑い 泣き 想いを打ち明け 自分と向き合って時間をきっかけに それぞれがそれぞれのペースで 少しずつ歩き出してほしいと思っています しかし いつもどんなときでも前向きでいてほしいというわけでもありません 生きていれば 誰でも辛いことや塞ぎ込みたくなるときはたくさんあります それは私たちも同じことです だからこそ そんなときにはいつだって 短くとも濃い時間を共に過ごした でらえぇ 友だち がいることを思い出してほしいと思います でらえぇ で過ごすたった年に2回の数日間だけが大切なものなのではなく でらえぇ で過ごした時間から生まれた私たちの一生続く関係 が みんなにとって大切なものであり続けることを願います 東北のみんな 名古屋に来てくれて 全力で楽しんでくれて 私と友だちになってくれてありがとう みんなと過ごした時間 みんなの言葉を私は決して忘れません みんなと出会ったきっかけが みんなの大切な人奪った震災だということは とても悔しくて や りきれない思いでいっぱいだけど やっぱりみんなと出会えてよかったという想いは変え られません 住んでいる場所は遠く離れているけれど 私はいつもみんなのことを想っています 何かあったらいつでも連絡してね また会えるのをずっと楽しみにしているよ またたくさんいろんな話をしよう 楽しいことしよう 次は私が東北に会いに行くからね 名古屋のみんな こんな頼りない実行委員長についてきてくれて いつも支えてくれてありがとう たくさん悩んで時にはぶつかり合って 辛くて苦しいときもたくさんあったけど そんな時間を過ごすことで東北のみんなが笑顔になれるでらえぇ が作られたね みんなと活動できて本当によかったです これからも 新たな素敵な出会いと笑顔を作るために たくさん奮闘していこうね 大人スタッフの皆様 愛知ボランティアセンタースタッフの皆様 ボランティアの皆様 場所を貸してくださった東別院の皆様 いつも温かく 時には厳しく学生たちの活動を応援してくださったこと 心から感謝しています 皆様のご協力のおかげで 今回も東北のみんなにとって素晴らしいでらえぇ となりました このように皆様に活動の成功をお伝えできることを嬉しく思います 本当にありがとうございました 第4回でらえぇ 友達つぐっぺぇ笑顔プロジェクト報告書 2014年夏 宮城県石巻にて開催 第3回でらえぇ 友達つぐっぺぇ笑顔プロジェクト報告書 2014年春 名古屋にて開催 第2回でらえぇ 友達つぐっぺぇ笑顔プロジェクト報告書 2013年夏 宮城県石巻市にて開催 第1回でらえぇ 友達つぐっぺぇ笑顔プロジェクト報告書 2013年春 名古屋にて開催 コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615296 Today 358 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について

    Original URL path: http://aichiborasen.org/deraee_2015_spring_nagoya (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 第4回「でらえぇ~友だちつぐっぺぇ2014笑顔プロジェクトin石巻・十八成」活動報告書 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    の繊細さが伝わるのかということ 軽い気持ちで参加して良いものではないからです でらえぇ の一番大切な時間である語る会をどう言葉で表現すればいいのか しっかりとしなきゃいけないとわかっていながら 結局最後までうまくできませんでした 8月8日活動初日 私は緊張と不安 それ以上のワクワクを感じつつ みんなに明るく振舞い 場の空気を良くする事に全力で取り組みました 3日間遊び食事を共にし 普段何気なくしている会話の中での言葉一つ一つに重みを感じる事がたくさんありました その言葉を聞いて立場を自分自身に置き換えてみたり 考えてみたり でらえぇ に参加しなければ絶対に考えなかっただろう思いがたくさん生まれました 楽しい時間はあっという間でした 二日目の夜の語る会 名古屋学生もたくさん発言しました それぞれ胸の中に隠していた思い あの場だから言える事 東北の子たちの実体験 これがあるからでらえぇ の存在は大切なのです 忘れてはならない 忘れる事なんて絶対できない 人間の心の底にある何かがあふれ出る瞬間 学生同士なら言い合える そう感じます 全日程を終え みんなから本当にたくさんの言葉をもらいました 楽しかった また参加したい 参加できてよかった 私が最初に掲げていた目標を達成できた気がします しかし楽しかっただけでは終わらないのがでらえぇ です 今回のこの体験 思いをこの先もずっと引継ぎ 少しずつでも活動の事を広めていかなければなりません モノとして存在しない言葉や気持ちを考慮しながらの活動は難しいかもしれません でもそれをやっていくのが私たちです 誇りをもって活動を続けていけたらいいなと思います 第4回でらええ活動報告書 名古屋の参加学生より コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター

    Original URL path: http://aichiborasen.org/deraee_2014_summer_ishinomaki (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 第3回「でらえぇ~友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト」活動報告書 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    でした 二日目の最後に行われたこの企画で初めて被災者としての彼らの一面を目の当たりにし 最初の安堵がまた緊張に変わりました 厳かな空気の中 彼らの紡ぐ言葉の隅々までも聞き漏らすまいとして集中することしか出来ず 当事者が語る震災の重みを噛み締めました その中で様々な東北の参加者から この企画に参加出来てよかった という言葉を聞き その時初めて自問の答えが出たような気がしました 東北の学生をもてなそうと名古屋の学生が四苦八苦しながら進めてきた でらえぇ は 双方にとって意味のある活動だったと確信しました 震災の事がメディア等で取り上げられる機会も少なくなってきていて 忘れられがちですが 今でも天災の傷跡は存在し 被災された方々が今もなお強く立ち直ろうとしているのは事実だとよく分かりました 何かしたいけれども何をしていいのか分からない という人は多いと思います しかし 腫れ物に触れるかのように敬遠し 遠慮することは 震災という確固たる事実から目を背けていることと同義なのかもしれません 何が意味のある行動なのか 初めは分からなくても後から分かることもあり まずは行動を起こしてみることが大切だと学ぶことが出来ました でらえぇ は単発な活動ではなく 次に続いていきます 今回 意味のある と感じたこの活動を更に発展させる為にも また何かしらの形で携わることが出来たらと思います 第2回でらえぇ 友達つぐっぺぇ笑顔プロジェクト報告書 2013年夏 宮城県石巻市にて開催 第1回でらえぇ 友達つぐっぺぇ笑顔プロジェクト報告書 2013年春 名古屋にて開催 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615296 Today 358 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ

    Original URL path: http://aichiborasen.org/2014deraee_nagoya_houkoku (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 第2回「でらえぇ~友だちつぐっぺぇ2013笑顔プロジェクトin石巻・十八成」活動報告書 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    震災から二年半が経ち 風化が叫ばれてい る中で何ができるのでしょうか 私達は様々な思いを抱えながら毎日を過ごしている子ども達がいるという事実を忘れて はいけないでしょう また 周りの人に思いを打ち明けることが出来ず 傷ついている子がいるという現実と そんな子ども達が今を生きているということを伝えていくこと 口先だけの 絆 や 頑 張ろう という言葉ではなく 一人一人と向き合い 友達同士として笑ったり 泣いたり 本音で語りあうことの出来る関係を築くこと 私達が繋がっていくことで 震災のことを 忘れかけている社会に 何か訴えることが出来るのではないかと思います この企画が成功したのか 語ることが出来るのは今ではないと思っています でらえぇ 友だち として 私達がいつまでも繋がっていて これからも笑いあい 涙を見せるこ との出来る関係にあれば 成功だったと言えるのではないかと考えています この関係を 継続していくことにこそ意味があるのだと信じ 私達はこれからも でらえぇ を続け ていこうと思います 私達はまだまだ未熟で 多くの方の支えなくしてはこの企画を終えることが出来ません でした 今回でらえぇ に関わってくださった皆さんに心から感謝しています そして 東北のみんな 愛知のみんな 本当にありがとう みんなと出会えてとっても 幸せです また 必ず会いましょう みんなと再会できる日を楽しみにしています これからも私達は多くの方に支えて頂きながら 繋がっていきます 皆さん 本当にありがとうございました 第1回でらえぇ 友達つぐっぺぇ笑顔プロジェクト報告書 2013年春に名古屋で行われた でらえぇ 報告書はこちらから 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV

    Original URL path: http://aichiborasen.org/deraee2013summerhoukoku (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 「でらえぇ~友だちつぐっぺぇ2013笑顔プロジェクトin名古屋」 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    そしてみんなで友だちになりませんか と 大人の皆さんには そういう子どもたちを応援してください と 愛知ボラセンは孤児遺児の皆さんに応援金を直接贈っています ですから 直接呼びかけることができます 名古屋で みんなで友だちになりませんか と 名付けて でらえぇ 友だちつぐっぺぇ2013 笑顔プロジェクトin 名古屋 でらえぇ は名古屋弁で とってもいい つぐっぺぇ は石巻弁で つくろう 名古屋と東北をコラボレーションさせた企画名を愛知の学生たちが考えました 愛知ボラセンのモットーは 明るく 楽しく そしてまじめに このモットー通りに 一つ一つの企画も楽しいものにできるように真剣に考えました 楽しく交流しました そして たいへんだったこと 辛かったこと 私たちに話したいこと 伝えたいことがあると思う 無理をしなくてもいいから よかったら語って と深夜の語る会で話しかけました 涙 涙でした そして この企画を実施して本当に意義があった この企画はとても大切なのだと確信しました この企画は愛知ボランティアセンターの現地ボランティア活動とワンコインサポーターズの活動があったから 実現できる企画です 愛知ボラセンに集うボランティアさんがいらっしゃるからこそ実現できる企画です そして 愛知ボラセンを信頼してくださる被災者の皆さんがいらっしゃるからこそ実現できる企画です 皆さんの想いを大切にしながら これからも丁寧にこの活動を続けていこうと考えています まずは東北と愛知の若者たちは何を語り どんなことを想ったのか ぜひお読みください 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total

    Original URL path: http://aichiborasen.org/deraeesmilepjt2013spring (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 非常セット「がれきに咲いた花」お問合せフォーム | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    com より連絡をいたします 携帯電話のメールアドレスを使用する方は ドメイン aichiborasen orgとgmail com からのメールを受信できるよう設定してください 題名 メッセージ本文 入力内容をよくご確認の上 送信ボタンを押してください 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615296 Today 358 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について 震災孤児遺児交流企画 でらえぇ

    Original URL path: http://aichiborasen.org/hanagasaitayo_otoiawase (2016-02-16)
    Open archived version from archive



  •