archive-org.com » ORG » A » AICHIBORASEN.ORG

Total: 624

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 第30回 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    何かしたい 少しでもお力になれれば と複雑な心境のところ 愛知ボラセンは 助けてあげるのではなく ボランティアさせて頂くのではなく 陰で支えるのではなく 仲間として 対等な人と人の関係の中で 声を大にして応援する ずっと応援し続ける お互いに平等に 同じ立場として触れ合い 励まし応援する その心に賛同致しました また 阿部ご夫妻の ボランティアに参加しようという気持ちを持つことだけで もうすでに99 ボランティアしていることになる というお言葉にも心励まされ 深く感謝致しております 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 現地ボランティア参加者の感想 第30回 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615304 Today 55 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/volunteer_voice/%e7%ac%ac30%e5%9b%9e (2016-02-16)
    Open archived version from archive


  • させて頂くのではなく・・ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    この愛知ボランティアセンターのサイトを見て たくさんのことに気付かされました 私は生徒会の副会長なので 学校を動かせる立場にあります 少しでも 応援できるようなことを考え 自分自身が行動していきたいと思います たくさんのことを教えて頂き 感謝感謝です 返信 editor より 2012年3月6日 3 44 PM 中西さん コメントありがとう 愛知ボラセン代表の久田です 情報をあつめ 想像力を働かせ 自分で考え そして行動する さらに行動から検証していく とても大切なことです 私たち自身も行動の中から学んだことがたくさんあります 何すればいいですかという問には自分で考えなさいと言いますが こんなことをしてみたいのだけど というような相談がありましたら それはとてもすてきな相談なので 実現できるように協力します 遠慮なくどうぞ 返信 コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615304 Today 55 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/1979 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 「生きたボランティア」の意味 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    心の底からの叫びなんだと感じました 同時に 自分の過ちに気づきました その時まで どれだけ沢山の瓦礫が撤去できるか とか 如何においしい料理をつくれるか というのが大事なことだと思っていましたが ただ彼らに会いに行き 話し 笑う それだけでいいんだ それが彼らの求めてること 生きたボランティア なんだ とわかりました だから また必ず行きます 何もないし 何もできない自分ですが 彼らが必要としてるならば 自分が行きます このボランティア活動がなくならないためにも また十八成浜に戻ります 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 現地ボランティア参加者の感想 第29回 2 Responses to 生きたボランティア の意味 竹野 久一 豊子 より 2013年9月10日 9 00 PM 100回目のクグナリ浜に 参加しました 私 久一 は 3回目 妻 豊子 は 2回目になります 年に1回のペースです その他 ワンコインサポート 各種イベントへの参加をしています 初めてクグナリ浜に 参加した時は 瓦礫がイッパイありました 2011 6 25です あれから 景色は少しずつ変わってきていますが 心の傷は何も変っていないですね でも 少しずつ前へ進んでいますよね 私は 愛知ボラセンに参加できた事を一生の宝ものと思っています 感謝 感謝です 良い廻り合せを頂いた事に感謝しています 思いは沢山ありますが 今後も妻と共に 継続して行く事が私の一番の思いです そして 瓦礫は人々が生きた証しですね 瓦礫と言う言葉は非常に失礼な言葉ですね 沢山のスタッフの皆さんご苦労さまでした 今後も宜しくお願いします 返信 竹野 久一 豊子 より 2013年9月10日 9 04 PM 100回目のクグナリ浜に 参加しました 私 久一 は 3回目 妻 豊子 は 2回目になります 年に1回のペースです その他 ワンコインサポート 各種イベントへの参加をしています 初めてクグナリ浜に 参加した時は 瓦礫がイッパイありました 2011 6 25です あれから 景色は少しずつ変わってきていますが 心の傷は何も変っていないですね でも 少しずつ前へ進んでいますよね 私は 愛知ボラセンに参加できた事を一生の宝ものと思っています 感謝 感謝です 良い廻り合せを頂いた事に感謝しています 思いは沢山ありますが 今後も妻と共に 継続して行く事が私の一番の思いです そして 瓦礫は人々が生きた証しですね 瓦礫と言う言葉は非常に失礼な言葉ですね 沢山のスタッフの皆さんご苦労さまでした 今後も宜しくお願いします 返信 コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615304 Today 55 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について 震災孤児遺児交流企画 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト 活動スケジュール 阿部邦子のがれきに咲いた花 リーフレット バナー

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/1977 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 第29回 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    話し 笑う それだけでいいんだ それが彼らの求めてること 生きたボランティア なんだ とわかりました だから また必ず行きます 何もないし 何もできない自分ですが 彼らが必要としてるならば 自分が行きます このボランティア活動がなくならないためにも また十八成浜に戻ります 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 現地ボランティア参加者の感想 第29回 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615304 Today 55 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/volunteer_voice/29th (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 「支援」 ではなく 『応援』 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    多少とも汗を流すことが出来 自分なりの ヤッター感 は あります それにしても 御年72歳の勝谷さんをはじめ老いも若きも 同じ思いで 自分をさらに見つめ直すことができました そして やはり最後のミーティングで 区長さんが語られた思い 大切にします バス内でも申し上げましたが 次回は ぜひ 職場の若手を引き連れて参加します ありがとうございました 明日からは しばらくまた 職務に専念します 岡崎市 犬塚順勝 返信 元2の5 より 2014年12月18日 12 30 PM 先生 お疲れ様です お身体を大切にしてください 僕らはこれから活躍していきます 失礼しました 返信 犬塚 順勝 より 2015年3月9日 9 29 PM 久方ぶりに コメントします 今の今 気づきました エッ 元2の5 どちら様でしょうか この今の 自分自身の不甲斐なさに なんとも言い訳のしようがありません 3 11を目前にして できることなら一人ででも 4月中にも東北へ 愛車 アルファードを駆って行きます 返信 コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/1975 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 第28回 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    in 現地ボランティア参加者の感想 現地ボランティア参加者の感想 第28回 支え 支えられ Posted 2011年 11月 7日 0 Comments 今回は 炊き出しで参加させて頂きました くぐなりでも他の所でも 私にできそうな事は 炊き出しかなって 生きていくには 食べないといけなくて おいしいものを たべる事で 力もわくから 一緒に 食べた後 仮説の 方々と いっぱいおしゃべりしました 捕鯨の町だったこと 鯨祭りのこと 方言がわからなかったけど 私が話したい 聴きたいって気持ちは通じたかな 牡鹿音頭をテープでかけてもらいました みんなで踊ってあげたかったけど 恥ずかしくて できなかったのが残念です でも 一緒に 笑って ご飯たべて 色々教えてもらって 誰かのためでなく 自分のために 行かせていただけて ボラセンさんには 感謝です 見送ってくださった 邦子さん ゆうきくんを見ていて きっと見送ったあとは さみしいだろうな そうか 支えてもらっているのは 私たちなんだと 感じました 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 現地ボランティア参加者の感想 第28回 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/volunteer_voice/28th (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 聴く | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615304 Today 55 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について 震災孤児遺児交流企画 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト 活動スケジュール 阿部邦子のがれきに咲いた花 リーフレット バナー

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/1973 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 現地ボランティア参加者の感想 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター - Part 2
    ご迷惑をかける度合いを減らす努力をしながら また参加させていただきたいと思います 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 福島県富岡町 この第一回目の現地ボランティアスタディーツアーを今後に活かしていただきたい Posted 2013年 10月 3日 0 Comments 福島第一原発事故による被災について本気で関心を持つきっかけとなりました 応募から現地入りまでの期間 選挙があったり DAYS JAPAN主催の写真展 講演会があったりと 私にとっては現地入りまで様々な現地の実情を文字 写真 言葉で知る事が出来ました 現地入りしたことで 前もって知った事が現実なんだと確信できたことが一つの感想です 関心を持つという事は 大変重要な事と思いますが 私はこの現地ボランティアの募集がなければ 正しい情報を持つ事が出来なかったと思います この事からも 現地ボランティアというのは意味がある活動だと思いました 菅野さんの説明は非常に分かりやすく 包み隠さず現実を伝えてくださりました それでも言ってる意味が分からないという帰りのバス内での感想があった事は やはり事前の勉強会の必要性を感じました 予習をしておくことで さらに多くの事を吸収できると思います 菅野さんと最高の協力体制を築き上げたいとも思いました 参加者の放射線の危険性の意識の低さを凄く感じました 例えて言うならば がれき撤去の活動に半袖 短パン サンダル履きで参加しているといった感じでしょうか 今回は線量の低い場所でしたので 大きな問題にはならないかもしれませんが もしも帰還困難地域に踏み入れる行程が組み込まれていたら 問題でしょう 今回は一か所線量が高い箇所がありましたが マスクなしで若い女性が興味本位で近づいていた事は 覚悟の上だったのでしょうか 帰名してから久田代表から現地の方と同じ程度の防御策でとのことでしたが 最低でも行政が作成した立ち入りについてのしおり内の防御策はするべきと思います 私のように過剰もよくないとは思いますが 甘く考えている 考えていないほうがもっとよくないと思います 今までの現地での活動と違い 放射能という危険な物が絡んでいる以上 最低限の知識は参加者には必要と思います 現地の方が大切してきた自宅 田んぼ ペット 家畜 車を捨てなければいけないほどの地域に踏み入れるのですよ 是非とも今後は勉強会 勉強会相当の事 をやっていただき 参加者の選考基準の先着順というのは変えていただきたいと思います 必ずこの第一回目の現地ボランティアスタディーツアーを今後に活かしていただきたいと強く思います ここまで失礼を承知の上 批判的な内容を書かせていただきましたが 私に原発問題をはじめとする一連の事に関心を持つきっかけを与えてくださった愛知ボラセンには心より感謝申し上げます 今回はまだ 今後どんな活動が出来るかという事が全く思い浮かびませんが 必ず被災地 被災者の応援に繋がるように活動をしていきたいと思います 今後ともよろしくお願いいたします 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 福島県富岡町 原発事故の恐ろしさを目の当たりに Posted 2013年 10月 3日 0 Comments 福島県富岡町のスタディツアーに参加させていただきました 発災後のまま取り残された町や田畑 また汚染廃棄物の山を見て 原発事故の恐ろしさを目の当たりにしました エコで効率的と言われる原発ですが 一度事故を起こしたら 最早人間の手には負えない程の被害をもたらすのだと感じました 今後 除染が終了して帰宅される人と町外に住まれる人 様々かと思います それぞれの選択をされた あるいはその後も選択できない方もおられるかもしれません 皆さんの気持ちに少しでも寄りそえる様な応援が出来たらと思います 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 福島県富岡町 痴がましいですが 素敵な人柄の菅野さんや富岡町の方々の お力になりたい そう思いました Posted 2013年 10月 3日 0 Comments 先日 福島県富岡町のスタディツアーに参加させて頂きました 菅野さんが自分の たんぼの事を嬉しそうに話してて 何でこんなに たんぼを愛してる人がどうして好きな事ができないでいるだろう やりきれない 苦しい 辛い気持ちになりました それでいても 気丈に振る舞う菅野さんに感銘しました 痴がましいですが そんな素敵な人柄の菅野さんや富岡町の方々の お力になりたい そう思いました 放射線だとか原発の事とか 自分は勉強不足もあり分からない事が多いですが ただ 富岡町 福島県が元の姿に戻る事を絶対に諦めたくないです また 富岡町に帰りたいと思います 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 福島県富岡町 ネット ニュース 新聞などでは知り得ない情報を教えて頂いた Posted 2013年 10月 3日 0 Comments カンノさんの現地での案内 説明 とてもわかりやすかったです 実行委員の皆さまありがとうございましたとお礼をお願いします 色々ご説明 被害の状況を目の当たりにしました ネット ニュース 新聞などでは知り得ない情報を教えて頂いてありがたったです ユーモア交えるジョークで現状を報告して頂きましたが富岡町の住民の方の苦悩 なにも進まない復興 3 11から時が止まっているようです 三つに分断された町 道一本で復興に差が出る哀しさ 特に心に突き刺さったのが風評被害ではない 実害を伝えてほしい 自分が福島に対しての誤解が無知が情けなかったです 今回はあまり撮らなかった写真を多く撮影しました 富岡町のような原発被災中地区と 復興に向かっている福島の被災地をを同じイメージにならない様に伝える事をメインに伝えていきたいです 次回富岡町で復興の手伝いができれば参加させて下さい よろしくお願いします 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 2 17 1 2 3 4 5 10 最後 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/volunteer_voice/page/2 (2016-02-16)
    Open archived version from archive



  •