archive-org.com » ORG » A » AICHIBORASEN.ORG

Total: 624

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 現地ボランティア参加者の感想 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター - Part 11
    私でも役に立てることがあると思い知らされた結果 時間やお金に余裕があればすぐにでもまた参加させてもらいたいと思うようになりました また 作業中にお話しをさせてもらった方から 腕章をつけて活動することによって 遠い将来愛知でもし災害が起こった場合 今回被害に遭われた方や私たちと接触した方が 今度は私の番 とひょっとしたら思って活動くれるかもしれない その意味でこの活動は自分たちのためにもなっているもの だから点で終わらせるのではなく 線でつなげていくことに意味がある と教えていただきました 私は活動参加に際しては ボランティアはただ自分の人格の成長のためにするものと考えていました ボランティアには そういう考え方もあるんだ と考えを改めさせられました ただ自分のためという視野の狭い考えから 腕章には特に意義を見出していなく 暑くて上着を脱いでしまい自分の腕章をはずしてしまっていました ですが この方の考え方はとても大きな視点から活動について考えたものであることに気づかされました 今回の活動参加によって人とのコミュニケーションや活動の意義 災害と向き合うことなどについて いろいろ考えるよい契機となりました 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第13回 海の匂い Posted 2011年 8月 2日 0 Comments 現場からは海は見えないのに 海の匂いがする 自分の目できちんと見て 肌で感じたとき 今どれだけ大変な事が起こっているのかを実感した 私にとって初めての活動で 何をしたら良いのか分からなく1人悩んでいると 同じ号車だった人が声をかけてくれた 木材をバケツリレーで運ぶ作業をした 釘が大量に刺さっていて 本当に危険だった 釘ありまーす はいお願いしまーす という掛け声は重要であり 作業の励みにもなった 家の中の泥だしも行った トイレや冷蔵庫からは異臭がし ガラスは散らばり 泥だらけで床は見えなかった 土嚢袋にガラスが入った泥を入れるという重労働だったけれど 近所の人の掛けてくれるありがとうという言葉のおかげで全く苦にならなかった 休憩中 近所の人が当時の津波について話してくれた 水が前からも後ろからもきてどうしようかと思った と語ってくれた 本当はこんな恐ろしいことは思い出したくも 口に出したくもないかもしれない それを私たちに伝えようとしてくれて本当に嬉しかったし これを今度は私たちが伝えていかなければならないと感じた コミュニケーションの大切さ 現地の人の前向きさなど この経験は私に多くのことを教えてくれた これらを自分の将来にも生かせるようにしっかりと考えていきたい 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第11回 あなた達を待っていた Posted 2011年 6月 22日 0 Comments 今回私達は 小渕浜の目黒さんの民宿の所で 焼そばを作らせていただきました そこに辿り着くまでの道で 津波の威力の強さをこの目で実感し ショックを受けました 現地に着くと 目黒さんがとても明るく迎えてくださいました 焼そばを作り 現地の方々の協力により 20ヶ所に別れた避難所にそれぞれ配りに行くことができました 焼そばを持っていくと 待ってたよ 焼そばを待っていたんじゃなくて あなた達を待っていたのよ と涙ぐんで喜んでくれました その言葉が本当に嬉しくて 涙が出てしまいそうでした 目黒さんの民宿に戻ると 焼そばを焼き終えて みんなで民宿の中に入って 目黒さんの民宿で生活をしている方々と お昼ご飯を食べたり 本当に賑やかでした 14 46に黙祷 とても複雑な気持ちでした こんなに素敵な方々で溢れた町を津波が襲ったなんて 本当に信じられませんでした 私達は ここで 自分の笑顔と元気と焼そばを渡しに行ったのですが 私達は それ以上に大きな 愛情や 人間の温かさ 笑顔 感謝 希望を貰いました 短い1日でしたが とても内容の濃い1日でした 炊き出しボランティア参加者 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第12回 風化を食い止めるのは私たち Posted 2011年 6月 20日 0 Comments 最初に連れていっていただいた 南三陸町の防災対策センターの 見渡す限りの瓦礫の中に骨組みだけがぽつんと残っていて 青空に赤い柱が対照的で いろんな配線が垂れ下がっていて海藻がからみついている様子が とても印象に残っています その時は 涙が流れてただ呆然としてしまいましたが 景色を後から思い出すと 亡くなった方々の苦しみや悲しみや 人間の驕りや 枯渇した地球 なにか全てがあの場に凝縮されていたような気がします でもやっぱりうまく言い表せません そんな中で 救いは 被災された方たちの温かい歓迎と ボランティアの皆さんの明るさだと思いました 久田先生からの どんどん湧き出るエネルギーに周りの皆さんが引き寄せられて 愛知ボランティアセンターは成ってるんだとも思いました 行政は 被災者の要望や要請がないと動けないけど 民間のボランティアの皆さんは そのすき間を埋められる 埋められるどころかなくてはならないと思いました 今回 本当に微力でしたが その1員として参加できたことに感謝しています 風化を食い止めるのは 被災地の外にいる 私たちの役目ということも知りました がれき撤去ボランティア参加者 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第11回 11 17 先頭 9 10 11 12 13 最後 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/volunteer_voice/page/11 (2016-02-16)
    Open archived version from archive


  • もっと気軽な感じで | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    この震災へのボランティアが行われていけばいいなぁと今感じています 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第8回 コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615310 Today 61 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/676 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 第8回 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第8回 募金だけで済ませたくなかった Posted 2011年 6月 20日 0 Comments 3月11日以来 何かしたい と思いながら 悶々とした日々を過ごしてきた 参加することによって これで自分の気持の中の 何かが変わる かと思ったが 逆に あまりにも平和な今 この日常に安堵と感謝を感じつつも 名古屋に戻ってからはその平和に少し違和感を感じていた 今でも強く心に残っている光景 それは南三陸町での光景です すべてを圧倒する自然の力 人の営みの痕跡さえ残さない光景 まるで 爆撃にあった街のように瓦礫と化し 動いているのは自衛隊の人 警察の人のみ 逆に もしそこに 家族を探す被災者の姿 亡骸の場所を示す旗の光景 そんなものがあれば とても私は正常ではいられなかったでしょう ただ その風景に 言葉では説明できないものあえて言えば まるで現実味がない空虚な浮遊感 無力感に襲われた できることは少ないかもしれないけれど 募金だけでは済ませたくはなかった 報道は一段落しているがまだまだ 人は足りないし まだまだ 支援の必要は続く この1週間 自分の日常に戻り その中でその日常を当然のごとく享受し 非日常を忘れている自分に気づくことがある 仕方のないことかもしれないが その繰り返しの中で あの惨劇を 日常のニュースの中の出来事 にして 埋没させてしまわない為にも できることを少しずつ続けたいと思う 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第8回 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/volunteer_voice/8th (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 募金だけで済ませたくなかった | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    支援の必要は続く この1週間 自分の日常に戻り その中でその日常を当然のごとく享受し 非日常を忘れている自分に気づくことがある 仕方のないことかもしれないが その繰り返しの中で あの惨劇を 日常のニュースの中の出来事 にして 埋没させてしまわない為にも できることを少しずつ続けたいと思う 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第8回 コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615310 Today 61 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/668 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 続けていくことの大切さ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    一歩ホテルに入ると以前の光景はそこにはなく 被災地復興のために全国から来ているボランティアや作業員で溢れていました これも現実 何とも言えない感情をひとつひとつ受け止めていく 2日目は皆要領を得ており 朝から作業スピードはアップ 群馬から来たという親子のボラさんが トラック何往復もして 瓦礫を運んで下さった 人の温かさや 一つになった時の力に感動を覚えました たった二日間の作業で 私のやれたことは全体からみたら少ないけれど 次の日にはまたどこからか駆けつけた誰かが続いてやってくれている連続性 人の連鎖を実感し 続けていくことの大切さを更に強く感じました すぐには元に戻らないかもしれませんが 続けていけば大きな力となり変革の時は訪れると思います 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第7回 コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615310 Today 61 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/665 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 第7回 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    作業終了後 ホテル 大観荘 へ移動 このホテルは以前仙台で学会があった際に宿泊させていただき 牡蠣づくしのお料理をいただいた思い出の地です 一歩ホテルに入ると以前の光景はそこにはなく 被災地復興のために全国から来ているボランティアや作業員で溢れていました これも現実 何とも言えない感情をひとつひとつ受け止めていく 2日目は皆要領を得ており 朝から作業スピードはアップ 群馬から来たという親子のボラさんが トラック何往復もして 瓦礫を運んで下さった 人の温かさや 一つになった時の力に感動を覚えました たった二日間の作業で 私のやれたことは全体からみたら少ないけれど 次の日にはまたどこからか駆けつけた誰かが続いてやってくれている連続性 人の連鎖を実感し 続けていくことの大切さを更に強く感じました すぐには元に戻らないかもしれませんが 続けていけば大きな力となり変革の時は訪れると思います 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第7回 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615310 Today 61 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/volunteer_voice/7th (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 現地ボランティア参加者の感想 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター - Part 16
    現地ボランティア参加者の感想 第4回 第4回参加者感想 マッサージコーナー Posted 2011年 6月 19日 0 Comments 現地の方々と少しお話をしましたが 皆さん明るくよく話をしてくださって すぐに打ち解けてくださり嬉しかったです 愛知ボランティアセンターの指揮している若い方々たちは きっとこれから日本を支えていく貴重な存在になっていかれるかと思います 私も75歳でバリバリ頑張っていた方のように自分もできることを精一杯やりつつ これからどんどん成長していかれる若い方々の支援をし続けたいと思いました 希望を見るようなとても心強い気持ちになりました 参加させていただけてとてもよかったです 有難うございました 同じ想いで集まった明るい皆と一緒に作業ができて とても楽しかったです 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第4回 第4回目参加者感想 健康相談 Posted 2011年 6月 19日 0 Comments 今回は医師が同行して頂けるということで看護助手として参加出来ましたが 現地へ実際に行って健康相談という形で行いましたが 率直な意見を言うと 避難所へ自力で来られる方達はある程度元気な方達ばかりなのと 避難所に常時医師がおられるということであまりお役に立てることはなかったかなという気はしてます それでも 少しでも何かないかと考えてマッサージ待ちをしている方のお話を聴いたり 肩もみをしてみたりと自分なりに行動はしました 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第4回 第5回参加者感想 物資配布 Posted 2011年 6月 19日 0 Comments 参加した率直な感想は なにもできなかった という思いです 指示された事や自分なりに判断して活動をさせていただきましたが 出発する前の思いをぶつける事や届けることはできなかったです とにかく 涙が止まらなくて何度もトイレを理由にして その場を離れて泣いてばかりいました 教員である私にとって 学校は子どもたちの一番楽しい場所であり こんな災害がなかったら 体育館では卒業式があって きれいに着飾った子どもたちの晴れ舞台であったし 入学式では とてもかわいい1年生が小学校生活に胸を膨らませる場所であったはずという思いでいっぱいでした その場所が 命をつないでいる場所なんだ そんな事ばかり考えて 泣きながら活動をしていました 自分はいったい何をしているのか 何のためにここにいるのか そもそもなぜここに来たのか 自分が思い描いてきたことと あまりにもかけ離れた現実に向き合って この場にいてはいけないのではないだろうかと思ったりもして 物を運んでいる間の涙をこらえるのに精一杯でした 帰りにバスの中から 町の惨状を見せていただきました 案内をされたスタッフの方の淡々とした語り口と目の前に広がる光景を見て どうして とばかり考えました この街がどうしたら元の生活に戻れるのか いったいどれだけの年月と労力とお金がかかるのか そのために自分は何か出来る事があるのだろうか そんな思いばかりが浮かんできました スタッフの方 名古屋に残ってそれぞれの活動をされている方は その涙を乗り越えて活動し 自分達に活動する機会を与えてくださっている そのパワーには感謝の気持ちでいっぱいです スタッフの方は 現地の方ばかりではなく なにかしたい と思ってる人達に対しても ボランティアをしてくださっています その力に甘えていた自分に気づかされた3日間でした 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第5回 第4回参加者感想 物資配布 Posted 2011年 6月 19日 0 Comments 災害というものを経験したことがなく 被災地というものも見たことがなかった私にとって 石巻の光景は衝撃でした 現地に着いたら きっと泣いてしまう と思っていた私 避難所に着くまでの道のり 確かに泣きそうでした しかし いざ作業を始めたら自然と笑っている自分がいました ボラセンの仲間 他のボランティアの皆さん 自衛隊員 そして被災した方々 うまく言えませんが 人の力というものを感じました あのとき運んだ1000箱の物資も 今回石巻に行けたのも たくさんの人々の力によるものなんですよね たとえ現地に行かなくても できることはたくさんある 矛盾しているようですが 現地ボランティアに行って強く感じました 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第4回 16 17 先頭 10 13 14 15 16 17 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615310 Today 61 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/volunteer_voice/page/16 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 第5回参加者感想 物資配布 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    僕たちのボランティアはまだ終わっていません 僕たちのあの3日間は まだ復興への手助けのほんの一部に過ぎません 何をするのか 伝える のです 今回向こうで体験した苦労 目にした悲惨な光景 そして自分たちに何が出来るのかを 現地ボランティアに参加する Posted in 現地ボランティア参加者の感想 第5回 コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615310 Today 61 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/486 (2016-02-16)
    Open archived version from archive



  •