archive-org.com » ORG » A » AICHIBORASEN.ORG

Total: 624

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 愛知ボランティアセンター パート事務職員募集のお知らせ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    日曜 祝日 休日 勤務地 名古屋市熱田区 愛知私学会館内 愛知ボランティアセンター事務所 金山総合駅から徒歩約7分 待遇 交通費支給 労災 雇用保険完備 募集人数 若干名 募集期間 2012年6月2日 土 必着 ご応募される方は履歴書を愛知ボランティアセンターまでお送りください 採用にあたって履歴書を拝見し 面接の上採用させて頂く方にご連絡させて頂きます 460 0006 名古屋市熱田区沢下町8 4愛知私学会館内 愛知ボランティアセンター 電話 090 6590 3117 受付時間 午前10時 午後7時 無休 Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 1 モバイルサイト Back to

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/3388 (2016-02-16)
    Open archived version from archive


  • 動画サイトがOPENしました! | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について 震災孤児遺児交流企画 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト 活動スケジュール 阿部邦子のがれきに咲いた花 リーフレット バナー

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/3366 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 河北新報 社説で紹介されました。 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について 震災孤児遺児交流企画 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト 活動スケジュール 阿部邦子のがれきに咲いた花

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/3348 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 十八成浜ボランティア 今後の予定 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    000円 バス代 高速代込み 第63回7月27日 金 7月29日 日 定員24名 締切 7月18日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第64回8月3日 金 8月5日 日 定員24名 締切 7月25日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第65回8月17日 金 8月19日 日 定員24名 締切 8月8日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第66回8月24日 金 8月26日 日 定員24名 締切 8月15日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 現地ボランティアへのお申込みはこちらの応募フォームから Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/3248 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • お知らせ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター - Part 51
    スポーツエコパーク A級 グルメ 構想 この構想は 6月16日 土 には 高台移転をする方々の会議で 7月7日 土 には くぐなりのこれからを考える会 として 十八成行政区にお住まいの皆さん全員を対象とした会議で それぞれ提案し 十八成行政区の多くの方々はこの構想に期待を込めて賛同されました 高台移転をされる方は 十八成浜 海の見える丘推進協議会 を設置されて 高台移転を進めていかれます 会長は沼倉憲一さん 十八成避難所の初代リーダーで 現在は鮎川の おしかのれん街 で酒店を奥さんと営まれています そして 私 久田 が この協議会の事務局長を仰せつかりました くぐなり新生構想が高台移転と密接につながっているゆえですが 当事者でもなければ 地域住民でもない私が協議会の事務局長を務めるということは異例のことと思います これは昨年6月から十八成浜で継続的に応援活動を続けてきた中で信頼関係が築かれているからこそのものです この構想の詳細をネット上で報告することは その性質上できませんが 砂浜が美しかったかつての十八成のイメージを大切にするとともに 津波で流されてできてしまったドーム球場5個分もの広大な平坦地を活用することを大切にして考えた構想です 行政の復興計画にも大筋では沿っているものです また 設備に多額の投資を必要とするものではありません 年間50万人の観光客を迎えることを当面の目標としています 牡鹿半島には最盛期には年間60万人の観光客が訪れていたそうです 十八成浜にも7万人の海水浴客が訪れていたといいますから 年間50万人の観光客はけっして不可能な数字ではないと考えています 年間50万人の観光客が十八成を訪れれば その経済効果は十八成浜にとどまらず 牡鹿半島全体はもとより石巻市全体 さらには宮城県全体にも波及していくものになります 十八成浜での応援活動が 十八成浜だけにとどまらず 被災地全体の復興にも関わってくる壮大な計画でもあると考えています A級グルメ 構想は 牡鹿のおいしい水産物 サバ 穴子 ワカメ 牡蛎 鯨 などを 牡鹿ブランド として 世界から訪れる観光客に味わって頂き ブランド化していきたいと考えています 雇用は十八成にお住まいの皆さんを最優先していきます さらに ここでの利益の一部を 愛知ボランティアセンターが進めている震災孤児遺児応援ワンコインサポーターズに寄付します 孤児遺児の皆さんやご家族の方々をくぐなりビーチに招待し 応援のメッセーセージを届けるようなことも企画していく予定です さらに将来的な構想として ここでの利益は 高齢者の多い十八成浜を 高齢者の住みやすい街 高齢者が住みたくなるような街にするために積極的に活用し 他地域から高齢者が移住したくなるような街づくりをしていきたいと考えています 利益を上げることとともに 孤児遺児応援という明確で継続的な被災者応援をしつつ 高齢者が住みたくなる街作りをすすめるこの構想 基本は 分かち合い という考えに基づいています 高福祉国家として知られるスウェーデンに オムソーリ という言葉があるそうです 一般には 社会サービス を意味する言葉ですが その原義は 悲しみの分かち合い です そして オムソーリ は 悲しみを分かち合い 優しさを与え合い ながら生きているスウェーデン社会の秘密を説き明かす言葉 でもあるのです 引用 分かち合いの経済学 神野直彦著 岩波書店 2010年4月発行 悲しみを分かち合い 優しさを与え合い ながら生きる くぐなりビーチ構想で 私がめざしたい方向はここにあると思っています 十八成の皆さんと そして応援してくださるすべての皆さんとともに 深い意味での復興をめざして 十八成での活動を進めていきたいと考えています さて 具体的には 十八成浜 海の見える丘推進協議会は一般社団法人を取得する方向です そして 石巻市や宮城県との交渉 折衝が必要となってきます また 多くの有名人 著名人 関係団体の方々に応援団になっていただきたいと考えています ブランド化の権利取得も必要になってきます ビーチスポーツパーク構想の具体化も必要になります こうしたことをすすめながら構想を明確にしていき 復興プラン募集するコンペに応募し 資金調達を図ります 資金調達のメドがたった段階で 観光開発会社 もしくは観光開発組合 を設立し プランを一つずつ実現化させていきます かなり壮大なプランです 被災者応援ボランティアの領域を超えていると思われます ですが このようなところまでできて 被災者の皆さんの笑顔を見られるのではないかと思います 壮大なプランのため 尻込みされる方もいらっしゃるかと思いますが 多くの人の意見を聞きたいと思っています このプロジェクトを くぐなりビーチプロジェクト と名付けます 2 牡鹿工房プロジェクト さらに新生プロジェクトでは もう一つのプロジェクトも進めていきます 牡鹿半島の鯨と鹿をイメージした図案制作をリゾートトラストさんに関連するデザイナーさんにお願いしています 一方 これまで鮎川小学校仮設住宅で山口和子さんが中心となって手芸や漢字アート教室を仮設住宅の皆さんと続けています ここに集まっていらっしゃる方々を中心にして この図案の刺し子などを手作りし 販売していこうというプロジェクトを進めています 被災者が集まって作業することだけでも意味のあることですし 幾ばくかでも現金収入があればそれもうれしいことと思います こちらは名付けて 牡鹿工房プロジェクト このプロジェクトチームも募集しています この二つは将来的には一つにまとめる方向ですが 当面は別々のものとしてスタートさせる考えです 第1回ミーティングは 両方のプロジェクト合同で 8月5日 日 午前10時 午後0時 東別院会館で開催します 3 11 YELL から5ヶ月 また皆さんと何かしたいな おもしろいことができるんじゃないかなと思っています 愛知ボラセンにこれまで関わってこられなかった方ももちろん歓迎です 軽い気持ちで来て頂いてかまいません どんなものかという見学でもかまいません どうぞ ご参加ください なお 参加希望の方は 愛知ボラセンHPの牡鹿 くぐなり 新生 復興構想 プロジェクトチーム参加応募フォームからお申し込みください 応募フォームは こちら です Posted in お知らせ 第65回8月17日 金 8月19日 日 十八成浜現地ボランティア追加募集は締切させていただきました Posted 2012年 7月 23日 1 Comment 多数のご応募ありがとうございました 以下は定員になった為 締め切りさせて頂きました 9月以降もボランティアは続きます ぜひご参加下さい 愛知ボランティアセンター 事務局長 久世です 待ちに待った夏 海 山 キャンプと沢山の思い出を作れる夏ですね しかしこの暑さ 本当にたまらないです この暑さでも 熱く活動が続いているのは 十八成浜ボランティアです 学生さんの夏休みとあって 先週の62回現地ボランティアは 小学生 中学生 高校生 大学生と学生さんが多く 賑やかで笑顔いっぱいでした ぜひ 夏休み中旬の第65回現地ボランティアで この夏熱く活動し ボランティアさん 十八成の皆さんと一緒に思い出を作りませんかませんか バスも1台の所を応募者が殺到し バス2台で十八成へ行きます まだまだ募集しています 56回以外は8月は定員で締め切ってます 皆さんぜひお申し込み下さい 第65回8月17日 金 8月19日 日 定員90名 締切 8月8日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 申し込み頂いた方は全員参加できます 応募フォーム 以前 問い合わせで頂いた方へは分かる範囲では連絡致しますが 連絡がなかった方はもう一度申し込みください Posted in お知らせ 7月21日 28日 東別院 ワンコイン サポーターズ事務作業について Posted 2012年 7月 17日 0 Comments おはようございます スタッフ横井です 愛知サマーセミナー のボラセン講座に来てくださったみなさん ありがとうございました 安藤明美さんと武田奈也さん のお話良かったですね 震災孤児遺児の方に何かできないか という同じ気持ち スケートで表現できる武田奈也さんと スケートで表現できない私たちでは 表現の仕方は違いますが それぞれの立場でできることを続けていきたいと思いました ということで 今月のワンコイン サポーターズ事務作業のご案内です 事務作業 7月21日 土 13時 17時 東別院会館 第一教室 7月28日 土 13時 17時 東別院会館

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/news/page/51 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 兵庫県丹波市水害ボランティア 申し込み5人(8/21 1:37am) | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    http aichiborasen org hyougo tanba genchi Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/6734 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 第3回 丹波ボランティア参加者募集 10月10日(金)夜~11日(土)夜 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    必ず必要なもの スコップなどは愛知ボラセンで用意します 社会福祉協議会のボランティア保険証明書 未加入の方は愛知ボラセンで代行します 申し込みフォームからお申し込みください 長靴 安全長靴 つま先が守られる長靴 に 安全中敷 ガレキの中の釘の踏み抜き事故等を予防 また 長靴をいれる袋を必ずお持ちください 手袋 ゴム 皮などすべり止めのあるもの 軍手はすべりやすく不向きです ヘルメット ボラセンでお貸しできます 防塵マスク ゴーグル 長袖 長ズボン 危険防止のためです 短パン Tシャツだけでの参加の方は 参加費を頂いた上でお帰り頂きます 水など 2ℓ以上 熱中症予防グッズ 着替え タオル ウェットティシューなど その他 それぞれにあるとよいとお考えのものをご持参ください 日程 10月10日 金 22 30 東別院境内 駐車場内 ガレージ前 集合 東別院も門口はしまっておりますメーテレと東別院会館の間の一方通行に入っていただきまっすぐいき 左手より東別院に入れます 23 15 東別院 発 10月11日 土 3 00ごろ 兵庫県丹波市 着 竹田ボランティアセンターで仮眠 9 00ごろ ボランティア活動開始 15 00 活動終了 16 00 兵庫県丹波市 出発 20 00 21 00 名古屋着 予定 21 00ごろ 東別院 着 解散 食事について 10日 金 夕食 各自取ってから集合ください 11日 土 朝食 サービスエリアまたは道の駅おばあちゃんの里の前にコンビニがあり購入可能です 昼食分もご購入下さい 11日 土 夕食 サービスエリア予定 バス運行の関係上 買ってバスの中で食べることになるかもしれません 現在 定員数に達したため キャンセル待ちとなっております キャンセル待ち応募はこちらから http aichiborasen org tanba cancelmachi なお 第3回丹波ボランティアは徳倉が 第123回東日本大震災被災地ボランティア 10月10日 12日 は久田が担当します MBS 毎日放送 のfbから引用です MBS 報道局 9月13日 兵庫県丹波市に行きました 土砂災害の被災地です 丹波市では 8月16日から17日にかけて降った豪雨で17日未明 大規模な土砂崩れが起きました 犠牲者は1人でしたが 土砂災害の規模は広島に匹敵します しかし あまり知られていないこともあって支援が十分行き届いていないのです 丹波では昔から川沿いに田を 山すそに住宅を作って農業を営んできました 今回の豪雨では その田んぼも住宅も泥水と土砂の直撃を受けました 住宅の1階が埋まってしまうほどの土砂がなだれこんできたお宅も数多くあります 泥を取り除かなければならない家屋はおよそ2000棟 農業用水路にも泥が詰まっています 各地から駆けつけたボランティアが手作業で泥を出していますがあまりに数が多いのが現状です 微生物を含んだ山の土砂は悪臭を放ってカビを発生させ始めています 泥出しを急がなければ 健康被害の心配もあります 何より 家をきれいにしないことにはどう生活を立て直すのかも考えられません 集落のあちこちには仮設トイレが設置され 水洗トイレが使えないお宅があることを物語っていました 上水道にもまだ泥が混じっているんですが 水を汲みに行けず泥風呂に入っているお年寄りもいます と話す人もいました 災害発生から1か月となるあす17日には 災害復興本部 が立ち上がります しかし 復旧が落ち着いた とはとても言え ボランティアの手がまだまだ必要です 農地の回復も これからの課題です ところで この災害に関しては SNSでの情報発信が盛んに行われていることも新しい取り組みです 現地に入った人が現状をアップしたり ボランティアの注意点などをきめ細かく知らせたりしています 緊急支援グループ 丹波豪雨災害に関するグループ https www facebook com groups 277800072424228 17日以降も 丹波市市島町竹田にある竹田ボランティアセンターなどではボランティアを受け付けています Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 1 モバイルサイト

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/6727 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 8月30日(土)のワンコインサポーターズ事務作業のお知らせ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 1 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について 震災孤児遺児交流企画 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/6718 (2016-02-16)
    Open archived version from archive



  •