archive-org.com » ORG » A » AICHIBORASEN.ORG

Total: 624

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 南木曽ボランティア 派遣を中止します | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    派遣を中止します 和多 尊博 わだ たかひろ より 2014年7月16日 10 22 PM 7月16日 水 中日新聞の朝刊で 南木曾町へのボランティア募集を知りました 早速 申し込む為に 愛知ボランティアセンターへ問い合わせしようと思っていました 先ずは インターネットで確認したところ 派遣の中止を知りました 次回 ボランティアの募集がある際は 申し込みしたいと考えています 和多 尊博 返信 コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/6610 (2016-02-16)
    Open archived version from archive


  • 南木曽町ボランティアに関して 明日、ボランティアをしながら視察を行います | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について 震災孤児遺児交流企画 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/6604 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 【続報】南木曽町ボランティア募集開始&11日募金報告 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    社会福祉協議会のボランティア保険証明書 未加入の方は愛知ボラセンで代行します 申し込みフォームからお申し込みください 長靴 安全長靴 つま先が守られる長靴 に 安全中敷 ガレキの中の釘の踏み抜き事故等を予防 手袋 ゴム 皮などすべり止めのあるもの 軍手はすべりやすく不向きです ヘルメット ボラセンでお貸しできます 防塵マスク ゴーグル 長袖 長ズボン 真夏ですが危険防止のためです 短パン Tシャツだけでの参加の方は 参加費を頂いた上でお帰り頂きます 昼食 帰りは夕食をとらず 名古屋へ直行しますので バスの中で食べられるものもご用意ください 水など 2ℓ以上 熱中症予防グッズ 着替え タオル ウェットティシューなど その他 それぞれにあるとよいとお考えのものをご持参ください チェンソーをお持ちの方はよろしければご用意ください 下図などもご参考にご準備をお願いします 以下の写真は 中津川市防災市民会議の加藤さんが11日に撮影された南木曽町の様子です Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/6598 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • お知らせ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター - Part 25
    ということで さっそく取材の最後にメッセージビデオを撮りました まず 最初に当初のワンコインサポーターズの記録ビデオをご覧ください Youtube 田中涼子 安藤美姫さんよりメッセージ Youtube 田中涼子に 安藤美姫さんの印象をお聞きしました 美姫ちゃんは 率直に思った事を一生懸命 私に伝えてくれる 心ある魅力的な人 だと思いました Reborn Garden管理人より 震災後4年目を迎えて 課題がたくさんあり どう解決していくのか熱心なディスカッションが3時間以上続き 二人の若い女性から なんとか困難の中にいる方の役に立ちたいとう気持ちが強く伝わってきました まだ3年 応援を必要とする人がたくさんおられます どうか二人の気持ちが多くの皆さんに届きますように Posted in お知らせ 対談 安藤美姫さん 田中涼子 Posted 2014年 6月 24日 0 Comments みなさん こんにちは 愛知ボランティアセンターの徳倉です さて 夢のような対談が実現しました ワンコイン サポーターズの応援団にもなっていただいている安藤美姫さんとの対談です 愛知ボランティアセンターさんは 大きな2本の柱で活動されています その一つは 被災地でのボランティア活動 東日本大震災が起きて 3週間後からずっと定期的に3年を経過した今も2週間に1回 名古屋からボランティアを募集し 約40人が大型バスで13時間かけて 宮城県石巻市の牡鹿半島の十八浜 くぐなりはま に行き 現地でも応援活動を続けておられます そしてもう一つは 震災孤児遺児の応援のためのワンコイン 月500円 サポーターズ 活動です 第1回は 被災地のボランティア活動の状況をお聞きします どんな活動をしていますか 田中 現地での活動は3つあります 一つは くぐなり食堂班 1汁3菜のお弁当を約130食作ります 食中毒などには最新の注意を払い 食材は地元のお店から仕入れています まもなく くぐなり食堂 100回目を迎えますが 同じメニューは一度もありません 季節のサプライズも心がけています 仮設住宅の談話室でお弁当を一緒に食べて 現地の方同士がお話ししやすくなるように心がけています 2012年1月20日くぐなり食堂 活動の様子 Youtube 二つ目は 心配り班 A4サイズの4ページのニュースを持って 十八成浜の全85世帯を訪問しています こんにちは 愛知ボラセンです 今週もボランティアに来ました と元気よく挨拶 石巻市中心部から車で1時間近くかかる十八成浜は高齢者がほとんどの限界集落 道を歩く人もほとんどいません その十八成浜に元気を届けています 愛知ボラセンの訪問を待っていらっしゃるご家庭もあり 何時間もお話を聞いたりしています 三つ目は チーム恭一with安吾 文吾 仮設住宅にお住いの方々とともに 外周りの仕事全般をする班です 仮設住宅の男性たちが中心になって活動していますが 皆さんの生きがいになっています 田中涼子さん NPO法人被災者応援 愛知ボランティアセンター副理事長常務理事 高校生の時に 今の愛知ボランティアセンターの代表久田氏が顧問を務められていた 阪神淡路大震災でお父さんお母さんを亡くした高校生に奨学金を贈る会 に参加し 毎月17日に街頭募金活動を続けた 東日本大震災が起き 愛知ボランティアセンター立ち上げ時より 被災地へのボランティア派遣 震災孤児 遺児のための活動を続けている 28歳 2児の母親 まだまだ応援が必要とされています 田中 今は どんな状況ですか 田中 4年目を迎えて ボランティアさんの参加が減ってきました 月に1回で参加されたいた方が2か月や3か月に1回とか ある程度は仕方がないかと思いますが 5月に申し込みが増えない危機的な状況が訪れました これまでに参加されたボランティアさんに呼びかけ なんとかこれまでと同じようにボランティアバスを出すことが出来ました 安藤 オリンピック招致の決定とかワールドカップとか興味がそちらに行ってる 物価が上がっていることもあるのでしょうか 田中 参加費は消費税が上がったため1 000円のUPの13 000円 名古屋 十八成浜 往復 にしましたが それが大きな理由ではないと思います もう ではなくて まだ 3年 風化させてはいけない 安藤 一般的には 3年以上経って もうボランティアはいらないと思う人が少なくありませんか 安藤 まだ3年でしょ 田中 残念ながらそう言われることもあります 安藤 アメリカの 9 11 の事は 今も風化せずにアメリカの皆さんの心にいつもあるように思います 私がニューヨークのグラウンド0に行ったときに 日本人の方も含めていろんなメッセージや遺品が展示されていました 悲しい 辛いという思いは 本当に経験された方でないとわからないけれど アメリカの人はありのままに思いを伝えていると思います 日本人は 謙虚で我慢する方が多いですね それは良いことでもあるけれど デメリットになってしまうこともあるんじゃないかなって思います 現実にどんな事を思っているのか伝えた方がいいですよね まだ3年です 忘れてはいけない 田中 報道も減りました でも今年の3 11は 被災地で活動している団体が減ったためか取材する先がなかったのかと思いますけど 一社から5人もの方から取材の問い合わせが来ました 3 11の時だけ集中するという 安藤 3 11 その時だけなんですよね また 必ず帰ってきてくれると十八成浜の方は信じてくれています 田中 ボランティア活動 具体的にどんな事が必要とされているのか教えて下さい 田中 家を失ってしまった方 家が残った方とか被害の状況が違っていて もともと近所づきあいが出来ていた方達が お互いの事を話しにくくて 出来なくなってしまっていたりします 遠慮もあるし 複雑な思いもあると思います 大津波は家とともに 人間関係も押し流したと思っています そんな状況の中で外部の人の方が話やすいということもあるので 一緒に食事をする機会に集って頂いたり そういう中で人間関係を修復するお手伝いもしています また 十八成浜の方もいろんなアイディアとかこうしたいということはおっしゃっていますが 高齢の方が多いので 私たちがお手伝いして実現に持っていくパワーを提供しています また 必ず帰ってきてくれると十八成浜の方は信じてくれていますし なかなか 震災直後の がれき処理とかのように成果が形に見えないので 伝えにくいのですが 4年目を迎え 被害者の格差が明らかになってきている今こそ 仮設住宅での応援活動が必要です 阪神淡路大震災でも3年目以降に孤独死が増加しています 安藤 ボランティアさんを集めるために現地イベントをやってみるのはどうでしょうか 何か今までと違う内容で刺激がある内容とか目標を作って それから 高齢の方もパワーあると思いますよ おばあちゃんの作ってくれるものって美味しいと思うし 十八成浜の方自身にも食事を作って頂くとか どうですか 田中 はい その一つに秋に桃源郷プロジェクトというのを計画しています 十八成浜の皆さんの発案なんですよ 春に咲く花の木を十八成浜にちなんで1 800本植えようという計画です 被災者が計画して ボランティアといっしょに植林し 被災者が管理されます 活動に変化が必要な時期 でも きっと前に進むことが出来る 安藤 安藤 独りで内に秘めてずっと我慢できる 耐えられる力がある方もいるかもしれない それはマイナスな面もあり 辛いことだと思いますし 孤立してしまう理由になっているかもしれない 被災された方の中にはそんな状況の方もいらっしゃると聞きました でも 3年以上定期的に通われていて 前に進んできていると今日 教えて頂いたし 愛知ボランティアセンターを待っていて下さるということは 信頼されているということですよね それは口でいうのは簡単ですがすごいことだと思います 活動に変化が必要な時期で大変かと思いますが きっと前に進む変化を起こすことができると思います 田中 3年間活動して 何度もリピートして参加されている仲間がたくさんいます その仲間を信じていますし 新しい仲間も増やしていきたい そして 十八成浜の皆さんともっと協働していく機会を作っていこうと思います 丁寧に活動を記録したファイル 続きます Posted in お知らせ 121回 7月18日 20日 ボランティア活動 締め切りました Posted 2014年 6月 24日 0 Comments こんにちは 田中です 121回 7月18日 20日 の現地ボランティア活動ですが たくさんの方にご応募いただき満席となりました ありがとうございます 次回122回よりマイクロバスでの運行に変わります 毎回の定員数が少なくなるのでご注意ください 今後の日程はこちらから http blog goo ne jp aichiborasen e 79f358522f28b0c86d5f6284d9b8492b Posted in お知らせ 現地ボランティア活動 8月以降の予定

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/news/page/25 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 12月から2013年2月までの現地ボランティア日程発表 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    第78回12月7日 金 12月9日 日 定員24名 締切 12月5日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み スペシャルイベント クリスマス餅つき大会 第79回12月21日 金 24日 月 定員45名 締切 12月19日 水 22日 土 は一日くぐなり食堂などの活動 夜は 割烹民宿 めぐろ さんに宿泊し 23日 日 は十八成仮設で住民の皆さんと餅つき 参加費23 000円 民宿 めぐろ 宿泊費込み 先着順です お早めにお申し込みください 昨年の様子 2013年1月 第80回1月11日 金 1月13日 日 定員24名 締切 1月2日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第81回1月18日 金 1月20日 日 定員24名 締切 1月9日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第82回1月25日 金 1月27日 日 定員24名 締切 1月16日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 2月 第83回2月1日 金 2月3日 日 定員24名 締切 1月23日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第84回2月15日 金 2月17日 日 定員24名 締切 2月6日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第85回2月22日 金 2月24日 日 定員24名 締切 2月13日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 応募フォーム 愛知ボランティアセンター 事務局長 久世義晃 Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について 震災孤児遺児交流企画 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト 活動スケジュール 阿部邦子のがれきに咲いた花 リーフレット バナー 所在地

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/4513 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 石巻での泥出しや建物の解体作業ボランティアのお知らせです | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    5名 5名になった時点で締め切ります 応募方法 HPの応募フォーム 10月26日から28日 追加募集 を選択して下さい 追加募集で応募された方は十八成浜へは行くことは出来ません それを了解の上で 是非ご応募ください 27日 土 朝 湊小学校付近でバスを降りて頂き 夕方に湊小学校付近で十八成浜からのバスに合流する流れになります 愛知ボラセン魂を湊地区に集結し 金田真須美さんを応援し 新たな事務所で被災者の方が笑顔になれる応援をやりましょう 皆さんのご応募お待ちしています 尚 既に十八成に申し込まれた方は 予定通り十八成で活動を実施します 愛知ボランティアセンター 事務局長 久世義晃 Posted in お知らせ One Response to 石巻での泥出しや建物の解体作業ボランティアのお知らせです 綱川健一 より 2013年7月12日 3 47 PM あなたのテーマが魅力的だった 返信 コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 0

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/4506 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 湊小学校避難所 映画情報 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    18 30 1日2回 料金 一 般 1500円 大学生 1400円 シニア 1000円 中高予 1200円 会 員 1200円 のところ 藤川監督と先日お会いし 前売り券を頂きました 皆様には1000円でチケットを販売します 購入方法 10月6日 土 7日 日 10時から4時 場所 東別院 お茶所 この日はお茶所でエール1stで使用したロウソクの片づけ作業を行っています お時間ある方はロウソク作りもご参加下さい ブログ この日に来れない方は別途ご連絡下さい郵送などで対応します 追伸 愛知ボラセンスタッフ 今井佐栄も出てきます どこで出てくるか探してみて下さい Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 0

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/4489 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • お知らせ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター - Part 47
    2012年に新たに約2 000口増え 合計4 170口になりました リゾートトラストさんをはじめ 大口の寄付も含め 943人の孤児遺児の皆さんに1人7万円 総額6 601万円 の応援金を サポーターさんたちの応援のメッセージとともにお贈りすることができました 一民間団体が孤児遺児の皆さんに応援金を直接お贈りするということも実は稀有なことです 2030年まで続ける孤児遺児応援活動を縦軸 被災者との関係を深め継続的に応援する現地ボランティア活動を横軸とした愛知ボラセンの活動 被災者応援活動の軸を明確にしていることで 先読みをしながらぶれることなく活動を続けられていると思っています とはいえ 愛知ボラセンの活動がこれだけ継続的にできているのは 十八成浜での被災者の皆さんとの出会いと 積極的 自発的 継続的に活動に参加されているボランティアの皆さんとの出会いのお陰の賜物であることはまちがいありません 2013年も皆様とともに 被災者応援活動を続けて参りたと考えています また もしかしたら 復興支援の画期的な一年になるかもしれません 今年も誠実に熱心に活動を続けていきます ともに被災者応援活動を続けていきましょう Posted in お知らせ 震災孤児遺児交流プロジェクト Posted 2012年 12月 18日 0 Comments こんにちは 事務局次長の宮垣です 現在絶賛準備中の エール2nd 手をつなごう 笑顔になろう ですが 様々な企画がある中 震災でお父さん お母さんを亡くした子どもたちをもっとしっかりと応援するため 今回のエール2ndで新しく立ち上げた企画があります これまで愛知ボラセンにおける震災孤児遺児の方々に対する応援の方法は 応援金を贈ろうという 震災孤児遺児応援ワンコイン サポーターズ しかありませんでした そこでもう一歩踏み込んで もっと直接的に かつ今後も継続的に 応援の想いを届けることができる活動はないかと考えました それが 震災孤児遺児交流プロジェクト です 震災孤児遺児交流プロジェクト 中高生の震災孤児遺児の皆さん約30人を愛知に招待し 同世代の愛知の学生がパートナーとなり 中高生の震災孤児遺児同士が仲良くなること を目的としています 親の付き添いなしで参加できるように対象を中高生としています 震災孤児遺児の方々は1 721人 厚労省調べ です 多くの子どもたちが親を亡くしています ですが 1学年には約90人 同じクラスや学年に 同じような境遇の震災孤児遺児が複数いる可能性はほとんどありません つまり 震災孤児遺児の皆さんが 身近に同じような境遇の友人を持つことは 非常に困難だと考えられます そこで私たちは 彼らを愛知に招待し 短い時間ですが寝食をともにすることで 同じ世代 同じ境遇同士で仲良くなり 日頃抱えている様々な想い 悩みなどを気にせず話せるような人間関係 友人関係を構築する そのお手伝いができないかと考えました パートナー学生スタッフ大募集 この活動を成功させるのに 多くのボランティアさんのご協力が必要なのは自明ですが 彼らのサポートを考えたとき やはり適任なのは彼らと同世代の中高生 少し年上の大学生であろうと考えました もちろん全てを学生のみなさんにお任せするということではありません 震災孤児遺児の皆さんがいて 彼らのサポートをする名古屋の学生がいて その両方を愛知ボラセンの大人のボランティアさんが包み込むように支えることで この活動をしっかりと進めていきたいと考えています サポートということなので 震災孤児遺児のみなさんが愛知に来てから帰るまで 一緒に交流プログラムに参加し 行動をともにして頂きます もちろん第一の目的は震災孤児遺児同士の友人関係の構築のサポートですが その結果 震災孤児遺児の皆さんと名古屋の学生の間にも友人関係が結ばれること つながることはとても有意義なことだと考えています パートナー学生スタッフ募集要項 応募できる方 ① 2013年3月11日現在で東海3県在住の中学1年生から大学4年生 ② 震災孤児遺児の皆さんが来名する2013年3月9日 土 早朝 10日 日 夕方まで 通して 宿泊を含めて参加可能な方 ③ エール2nd実行委員会 交流プログラム事前ミーティングに参加できる方 月日 日 日 要相談 ④ 未成年者のみ 親の了承を得られる方 同意書を持参していただきます 以上4つの条件をともに満たす方 費用 5 000円程度 食事代 交通費など 申込一次〆切 2012年12月23日 日 募集人員 約30人 運営スタッフ 10人程度 プログラム全体の運営 進行を中心的に担っていただきます サポートパートナースタッフ 20人程度 孤児遺児の皆さんの直接的なパートナーです 応募方法 こちらの応募フォーム よりご応募ください インターネット環境がない方は お電話でも受け付けております 090 6590 3117 たくさんのご応募 お待ちしております 一緒に新しい応援の活動を創り上げていきましょう Posted in お知らせ 愛知ボラセン これからも元気よく活動 Posted 2012年 12月 4日 0 Comments 12月まら2月までの日程を発表します どしどしご応募下さい スペシャルイベント クリスマス餅つき大会 第79回12月21日 金 24日 月 定員45名 締切 12月19日 水 参加費23 000円 バス代 高速代 民宿 めぐろ 宿泊費込み 22日 土 は一日くぐなり食堂などの活動 夜は 割烹民宿 めぐろ さんに宿泊し 23日 日 は十八成仮設で住民の皆さんと餅つき 先着順です お早めにお申し込みください 昨年の様子 2013年 第80回1月11日 金 1月13日 日 定員24名 締切 1月2日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第81回1月18日 金 1月20日 日 定員24名 締切 1月9日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第82回1月25日 金 1月27日 日 定員24名 締切 1月16日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 2月 第83回2月1日 金 2月3日 日 定員24名 締切 1月23日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第84回2月15日 金 2月17日 日 定員24名 締切 2月6日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第85回2月22日 金 2月24日 日 定員24名 締切 2月13日 水 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 申し込み 現地ボランティア参加費 保険費 事前振り込みのお願い 2012年12月から 愛知県では被災地にバスを出している団体は少なくなってきています 愛知ボランティアセンターは70回以上バスを出し 幅広い方からご参加頂いて参りました 現地ボランティアの参加費はこれまで当日受付でお支払頂いてきました 現地ボランティア開始当初 参加確定を直前とせざるをえなかったなどの事情による措置でした 最近 締め切りが早くなったことと関連しているかどうかは不明ですが 現地ボランティア出発の直前になって 他の予定が入った

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/news/page/47 (2016-02-16)
    Open archived version from archive



  •