archive-org.com » ORG » A » AICHIBORASEN.ORG

Total: 624

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 夏休みフィリピン・キナタルカン島ボランティア参加者10人に。ただいまキャンセル待ち受付中! | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    泊 8月15日 金 キナタルカン島でボランティア 泊 8月16日 土 キナタルカン島 サンタフェ町 セブ セブ泊 8月17日 日 12 05 セブ国際空港発 中部国際空港着20 25 ボランティア内容 台風で全壊した二つの小学校に2棟目の応急仮設教室を 島の人とともに建てます 専門的な知識などは必要ありません 8月のフィリピンは雨季です 雨季といっても日本の梅雨のように毎日雨が降り続くことは少なく 午後や夕方に一時的なスコールがある程度です ただし その雨の激しさは日本の豪雨の比ではありません 最低催行人員 5人 定員10人 先着順 年齢 中学生以上の健康な男女 現在 申込は締め切りました たくさん ご応募いただきありがとうございます お問い合わせは 愛知ボラセンまで 6月30日追記 6月30日現在で 7人の方々から参加申込を頂きました 20歳代から70歳代までほぼ各年代で 男性5人 女性2人です お申し込みはお早めにお願いします Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/6527 (2016-02-16)
    Open archived version from archive


  • 対談 安藤美姫さん×田中涼子 その2 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    銀行の詳細はHP参照 され 毎年3月に子どもたちへ送ります 月に1回は 被災地の事を思い出して欲しいし 自分の身の安全 防災面も確認して欲しいという願いを込めています また 名古屋の栄では 毎月11日午後5時 7時に震災孤児応援 11日募金 を行います 高校生から高齢者の方まで 毎月10人 20人くらいの方々が集まり 募金をよびかけ サポーター募集のリーフレットを配布しています サポーター希望の方はこちらです 安藤 とても良いシステムですね 風化防止の願いも込めて私も協力できることはなんでもやります 募金活動をやる時などは声をかけて下さい 田中 ありがとうございます ということで さっそく取材の最後にメッセージビデオを撮りました まず 最初に当初のワンコインサポーターズの記録ビデオをご覧ください Youtube 田中涼子 安藤美姫さんよりメッセージ Youtube 田中涼子に 安藤美姫さんの印象をお聞きしました 美姫ちゃんは 率直に思った事を一生懸命 私に伝えてくれる 心ある魅力的な人 だと思いました Reborn Garden管理人より 震災後4年目を迎えて 課題がたくさんあり どう解決していくのか熱心なディスカッションが3時間以上続き 二人の若い女性から なんとか困難の中にいる方の役に立ちたいとう気持ちが強く伝わってきました まだ3年 応援を必要とする人がたくさんおられます どうか二人の気持ちが多くの皆さんに届きますように Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/6543 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 対談 安藤美姫さん×田中涼子 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    三つ目は チーム恭一with安吾 文吾 仮設住宅にお住いの方々とともに 外周りの仕事全般をする班です 仮設住宅の男性たちが中心になって活動していますが 皆さんの生きがいになっています 田中涼子さん NPO法人被災者応援 愛知ボランティアセンター副理事長常務理事 高校生の時に 今の愛知ボランティアセンターの代表久田氏が顧問を務められていた 阪神淡路大震災でお父さんお母さんを亡くした高校生に奨学金を贈る会 に参加し 毎月17日に街頭募金活動を続けた 東日本大震災が起き 愛知ボランティアセンター立ち上げ時より 被災地へのボランティア派遣 震災孤児 遺児のための活動を続けている 28歳 2児の母親 まだまだ応援が必要とされています 田中 今は どんな状況ですか 田中 4年目を迎えて ボランティアさんの参加が減ってきました 月に1回で参加されたいた方が2か月や3か月に1回とか ある程度は仕方がないかと思いますが 5月に申し込みが増えない危機的な状況が訪れました これまでに参加されたボランティアさんに呼びかけ なんとかこれまでと同じようにボランティアバスを出すことが出来ました 安藤 オリンピック招致の決定とかワールドカップとか興味がそちらに行ってる 物価が上がっていることもあるのでしょうか 田中 参加費は消費税が上がったため1 000円のUPの13 000円 名古屋 十八成浜 往復 にしましたが それが大きな理由ではないと思います もう ではなくて まだ 3年 風化させてはいけない 安藤 一般的には 3年以上経って もうボランティアはいらないと思う人が少なくありませんか 安藤 まだ3年でしょ 田中 残念ながらそう言われることもあります 安藤 アメリカの 9 11 の事は 今も風化せずにアメリカの皆さんの心にいつもあるように思います 私がニューヨークのグラウンド0に行ったときに 日本人の方も含めていろんなメッセージや遺品が展示されていました 悲しい 辛いという思いは 本当に経験された方でないとわからないけれど アメリカの人はありのままに思いを伝えていると思います 日本人は 謙虚で我慢する方が多いですね それは良いことでもあるけれど デメリットになってしまうこともあるんじゃないかなって思います 現実にどんな事を思っているのか伝えた方がいいですよね まだ3年です 忘れてはいけない 田中 報道も減りました でも今年の3 11は 被災地で活動している団体が減ったためか取材する先がなかったのかと思いますけど 一社から5人もの方から取材の問い合わせが来ました 3 11の時だけ集中するという 安藤 3 11 その時だけなんですよね また 必ず帰ってきてくれると十八成浜の方は信じてくれています 田中 ボランティア活動 具体的にどんな事が必要とされているのか教えて下さい 田中 家を失ってしまった方 家が残った方とか被害の状況が違っていて もともと近所づきあいが出来ていた方達が お互いの事を話しにくくて 出来なくなってしまっていたりします 遠慮もあるし 複雑な思いもあると思います 大津波は家とともに 人間関係も押し流したと思っています そんな状況の中で外部の人の方が話やすいということもあるので 一緒に食事をする機会に集って頂いたり そういう中で人間関係を修復するお手伝いもしています また 十八成浜の方もいろんなアイディアとかこうしたいということはおっしゃっていますが 高齢の方が多いので 私たちがお手伝いして実現に持っていくパワーを提供しています また 必ず帰ってきてくれると十八成浜の方は信じてくれていますし なかなか 震災直後の がれき処理とかのように成果が形に見えないので 伝えにくいのですが 4年目を迎え 被害者の格差が明らかになってきている今こそ 仮設住宅での応援活動が必要です 阪神淡路大震災でも3年目以降に孤独死が増加しています 安藤 ボランティアさんを集めるために現地イベントをやってみるのはどうでしょうか 何か今までと違う内容で刺激がある内容とか目標を作って それから 高齢の方もパワーあると思いますよ おばあちゃんの作ってくれるものって美味しいと思うし 十八成浜の方自身にも食事を作って頂くとか どうですか 田中 はい その一つに秋に桃源郷プロジェクトというのを計画しています 十八成浜の皆さんの発案なんですよ 春に咲く花の木を十八成浜にちなんで1 800本植えようという計画です 被災者が計画して ボランティアといっしょに植林し 被災者が管理されます 活動に変化が必要な時期 でも きっと前に進むことが出来る 安藤 安藤 独りで内に秘めてずっと我慢できる 耐えられる力がある方もいるかもしれない それはマイナスな面もあり 辛いことだと思いますし 孤立してしまう理由になっているかもしれない 被災された方の中にはそんな状況の方もいらっしゃると聞きました でも 3年以上定期的に通われていて 前に進んできていると今日 教えて頂いたし 愛知ボランティアセンターを待っていて下さるということは 信頼されているということですよね それは口でいうのは簡単ですがすごいことだと思います 活動に変化が必要な時期で大変かと思いますが きっと前に進む変化を起こすことができると思います 田中 3年間活動して 何度もリピートして参加されている仲間がたくさんいます その仲間を信じていますし 新しい仲間も増やしていきたい そして 十八成浜の皆さんともっと協働していく機会を作っていこうと思います 丁寧に活動を記録したファイル 続きます Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/6535 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 現地ボランティア活動 8月以降の予定 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    日 定員24名 11月 第128回現地ボランティア 11月21日 金 11月23日 日 定員24名 12月 第129回現地ボランティア 12月5日 金 12月7日 日 定員24名 第130回現地ボランティア 12月19日 金 12月21日 日 定員24名 2015年1月 第131回現地ボランティア 1月2日 金 1月4日 日 定員24名 第132回現地ボランティア 1月23日 金 1月25日 日 定員24名 2月 第133回現地ボランティア 2月6日 金 2月8日 日 定員24名 第134回現地ボランティア 2月27日 金 3月1日 日 定員24名 Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/6515 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • お知らせ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター - Part 27
    第3回とこのプロジェクトに続けて参加したことで仲間がさらに増え そして私自身の行動範囲も広がりました 過去3回すべてに参加できたのは 東北の子たちに会いたいという気持ちだけでなく 活動を通して自分自身も成長できていると実感できたからです 大学生になり 思っていた以上に自由な時間があることを知り 自分が行動しないと何も変わらないことに気づきました 同世代の私たちじゃないと本当にできないことをしたい そう強く思うようになりました 私を大きく変えてくれたこのプロジェクト たくさんの学生のみんなにも参加してほしいと思います 東日本大震災で親を亡くした東北の子たちに寄り添い サポートし続けるためにはたくさんの協力が必要です 東北と名古屋をキラキラの笑顔でつなぐ そんな企画を一緒に作っていきませんか 企画名 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ2014 笑顔プロジェクトin 石巻 十八成浜 と き 2014年8月8日 金 夜 12日 火 朝 4泊5日 現地2泊 車中2泊 参加費 学生25 000円 大人30 000円 定員 40人程度 東北 名古屋学生30人程度 大人10人程度 愛知ボラセンスタッフ 対象者 2014年3月時点で中学生 高校生 大学生 専門学生の方 東北の友だちは小学生 中学生 高校生が対象です 宿泊所 民宿 めぐろ 参加者は 事前に開催する実行委員会にできるだけ参加してください 学生スタッフ 申込はこちらから 大人スタッフ 申込はこちらから こんな仲間を募集します 震災で孤児遺児となった同世代の仲間のために自分も何かしたい と思っている人 ボランティアに興味がある人 夏休みに素敵な思い出を作りたい人 自分を変えたいと思っている人 参加したいが 会議にあまり参加できない と事前に分かっている場合は相談してください やる気がある方は大歓迎 初回の会議は6月1日13時 16時半 東別院和室を予定しています 以上 第4回の募集のお知らせでした 学生スタッフ 申込はこちらから 大人スタッフ 申込はこちらから Posted in お知らせ 6月の回 現地ボランティアバスが出せるかもしれません Posted 2014年 5月 27日 0 Comments みなさん こんにちは 愛知ボランティアセンターです さて 6 6 第119回 6 20 第120回 の出発の現地ボランティアですが 前回のブログ http blog goo ne jp aichiborasen e e5fb55c83a35673d0ce58d71f564b46b で お知らせした以降に フォームより数名の方にご応募いただき 現在 第119回が15名 120回が20名のご応募をいただいております 各回 あと10人強のご応募があればバスが出せるところまできています ご応募いただいたみなさん 気にかけていただいたみなさんありがとうございます 十八成浜でボランティアのみなさんが来るのを待っている方がいらっしゃいます ぜひ ご参加ください 応募フォームはこちらから http aichiborasen org volunteer details subscription 参加費用について バスが出せることが決定しましたら 愛知ボラセン事務局より参加確定の旨とお振込のご案内をご連絡いたします Posted in お知らせ 十八成ボランティア 重大な危機に直面 Posted 2014年 5月 27日 0 Comments 代表の久田です 現地ボランティア参加希望者激減のため 当面の日程 内容を以下のように変更せざるをえなくなりました 6 6 8 第119回 参加者6人 スタッフ2人のため 大型バスからワゴン車に ボランティア内容ではチーム恭一with安吉 文吾はお休み 食堂班5人でお弁当から丼物に変更 心配り 心拾い班は3人 6 20 22 第120回 参加者8人 スタッフ2人のため 大型バスからワゴン車に ボランティア内容ではチーム恭一with安吉 文吾はお休み 食堂班6人でお弁当から丼物に変更 心配り 心拾い班は4人 7 4 7 6 第121回 中止 7 25 27 第122回 中止 新日程 7 18 20 第121回 車の車種 内容未定 8月以降の日程は未定 参加希望者は漸減していくのだと思っていました しかし 6月以降の申し込みがほとんどありません これまでの申し込み状況とはまったく違っています 今のままでは 参加者が増える見込みが感じられません そこで苦肉の策として上記のような緊急対策措置をとらざるをえないと判断しました さらに追い打ちをかけるように 大型バスの料金が8月から20万円以上あがります その場合 参加費は18 000円 20 000円になってしまいます 小泉政権下の規制緩和政策のため 観光バス会社も規制緩和されました そのために値下げ競争になりました コストカットは人件費と安全対策費の切り下げにつながり 昨今の観光バスの重大事故の遠因となっています このため適正価格にする今回の国交省の措置は基本的には適切なことではないかとは考えています しかし 十八成浜への観光バスを使用したボランティアは事実上実施できなくなってしまいます また 今後の新たな災害に対してボランティアバスを仕立てることも事実上不可能になります このままでは現地ボランティアと孤児遺児応援という被災者応援愛知ボラセンの2本柱の活動の1本が倒れてしまいかねません そのうち十八成に帰ろうとお考えの皆さん そのうち があるかどうかわからない状態に今は陥っています はっきりしているのは7月18日 20日の第121回 くぐなり食堂99回 までです くぐなり食堂100回目を迎えられずに終わってしまう可能性はゼロではありません そこで 119回 120回は10人乗りのワゴン車で 参加者同士が運転をしての現地ボランティアという苦渋の判断をしました 安全のことを考えればプロドライバーさんにお願いするのがベストです しかし これまでも何度か参加者同士で運転をして被災地へ行ったこともあります 活動はチーム恭一班をお休みにして お弁当は丼ものにし 心配りは3人で行います ワゴン車に乗りきれない人数でも困るために締め切りにし キャンセル待ちにしています しかし 参加希望者が増えれば 観光バスで実施することもあります このような状況なら なんとか参加をしようと思われる方は ぜひぜひフォームからお申し込みください 7月の日程は月2回から 3連休の時期に変更しました 8月以降の対策として 現在の方向性は ①観光バスをマイクロバス 29人乗り にする ②ドライバーさん3 4人をパートで雇用する ③ドライバーさんの健康管理を徹底する というものです まだ 確定していませんが この方向で話をすすめています 料金はほぼ据え置きにできそうです 問題はドライバーさんの雇用かと思います メリットは主に3点です ①これまでドライバーさんの健康管理はバス会社任せでした 2013年8月にはドライバーさんが無呼吸症候群で意識を失うケースがありました 幸いにして重大事故には至っていませんが これからは自分たちの責任のもとに健康管理を行うことになります 愛知ボラセンとしての責任は重大ですが 重要な部分を人任せにしないことで より安全性を担保することができると考えています ②災害ボランティア派遣を機動的に行える ③参加費をほぼ据え置くことができる デメリットは座席や車内が窮屈であること 荷物を載せられないことなどがあります ドライバーさんの求人を今週末には初めていきたいと考えています いろいろな工夫を重ねて 愛をこめて 被災地ボランティアを続けていきたいと考えています どうか皆さんも 改めて被災地ボランティア参加をご検討ください Posted in お知らせ 本日5 19付毎日新聞に掲載されました Posted 2014年 5月 19日 0 Comments 昨日開催しました 第3回でらえぇ 友達つぐっぺえ2014報告会が 本日5 19付毎日新聞に掲載されました ぜひ ご一読くださいませ Posted in お知らせ メディア情報 27

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/news/page/27 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 十八成の復興にお力をお貸し下さい | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    2月 第83回 1日 3日 第84回 15日 17日 第85回 22日 24日 3月 第86回 1日 3日 第87回 15日 17日 第88回 22日 24日 応募フォーム 募集要項 皆さんにお会いできるのを楽しみにしています 愛知ボランティアセンター 事務局長 久世義晃 Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/4729 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 次回、追悼キャンドル作成スケジュールのお知らせ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    昼食を持参いただいても 近くのコンビニ等で購入いただいても 周辺のお店に食べに行っていただいても構いません 飲み物は作業中でも 各自で持参いただいたものを自由に飲んでいただいて構いません ただし 発生したゴミについてはお持ち帰りくださいますよう ご協力をお願い致します 途中参加 途中抜け 飛び入り参加 大歓迎です みなさんにお会いできることを楽しみにしています カセットコンロご提供のお願い 使えるけど もう使わないようなカセットガスコンロや 寄付していただけるようなガスボンベなどございましたら ご協力よろしくお願いします Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/5525 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 謹賀新年 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    000口増え 合計4 170口になりました リゾートトラストさんをはじめ 大口の寄付も含め 943人の孤児遺児の皆さんに1人7万円 総額6 601万円 の応援金を サポーターさんたちの応援のメッセージとともにお贈りすることができました 一民間団体が孤児遺児の皆さんに応援金を直接お贈りするということも実は稀有なことです 2030年まで続ける孤児遺児応援活動を縦軸 被災者との関係を深め継続的に応援する現地ボランティア活動を横軸とした愛知ボラセンの活動 被災者応援活動の軸を明確にしていることで 先読みをしながらぶれることなく活動を続けられていると思っています とはいえ 愛知ボラセンの活動がこれだけ継続的にできているのは 十八成浜での被災者の皆さんとの出会いと 積極的 自発的 継続的に活動に参加されているボランティアの皆さんとの出会いのお陰の賜物であることはまちがいありません 2013年も皆様とともに 被災者応援活動を続けて参りたと考えています また もしかしたら 復興支援の画期的な一年になるかもしれません 今年も誠実に熱心に活動を続けていきます ともに被災者応援活動を続けていきましょう Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615330 Today 81 Online 0 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/4694 (2016-02-16)
    Open archived version from archive



  •