archive-org.com » ORG » A » AICHIBORASEN.ORG

Total: 624

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 十八成ボランティア 重大な危機に直面! | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    くぐなり食堂99回 までです くぐなり食堂100回目を迎えられずに終わってしまう可能性はゼロではありません そこで 119回 120回は10人乗りのワゴン車で 参加者同士が運転をしての現地ボランティアという苦渋の判断をしました 安全のことを考えればプロドライバーさんにお願いするのがベストです しかし これまでも何度か参加者同士で運転をして被災地へ行ったこともあります 活動はチーム恭一班をお休みにして お弁当は丼ものにし 心配りは3人で行います ワゴン車に乗りきれない人数でも困るために締め切りにし キャンセル待ちにしています しかし 参加希望者が増えれば 観光バスで実施することもあります このような状況なら なんとか参加をしようと思われる方は ぜひぜひフォームからお申し込みください 7月の日程は月2回から 3連休の時期に変更しました 8月以降の対策として 現在の方向性は ①観光バスをマイクロバス 29人乗り にする ②ドライバーさん3 4人をパートで雇用する ③ドライバーさんの健康管理を徹底する というものです まだ 確定していませんが この方向で話をすすめています 料金はほぼ据え置きにできそうです 問題はドライバーさんの雇用かと思います メリットは主に3点です ①これまでドライバーさんの健康管理はバス会社任せでした 2013年8月にはドライバーさんが無呼吸症候群で意識を失うケースがありました 幸いにして重大事故には至っていませんが これからは自分たちの責任のもとに健康管理を行うことになります 愛知ボラセンとしての責任は重大ですが 重要な部分を人任せにしないことで より安全性を担保することができると考えています ②災害ボランティア派遣を機動的に行える ③参加費をほぼ据え置くことができる デメリットは座席や車内が窮屈であること 荷物を載せられないことなどがあります ドライバーさんの求人を今週末には初めていきたいと考えています いろいろな工夫を重ねて 愛をこめて 被災地ボランティアを続けていきたいと考えています どうか皆さんも 改めて被災地ボランティア参加をご検討ください Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/6453 (2016-02-16)
    Open archived version from archive


  • お知らせ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター - Part 29
    必ずまた被災地に 牡鹿に帰ろうと思う私たち 私たちは 2011年3月から先週までに 112回の被災地ボランティア活動を行いました その数 のべ約7 000人 その内 牡鹿半島十八成浜へは90回訪れました 金曜日の午後7時 被災地ボランティアバスを見送るボランティアさんは20 30人 日曜日の午前7時30分 朝早くからそのバスを出迎えるボランティアさんは10 20人 その数 1年間でのべ約4 000人 東北でも 名古屋でも 多くの人びとの温かい人間関係が築かれています 十八成仮設住宅の皆さんの健康状態は 他の仮設に比べてすごくいい と石巻市役所の福祉関係の方がおっしゃいます 十八成浜では牡鹿半島の中で最も早く仮設住宅の工事が始まりました 一般社団法人十八成ビーチ 海の見える丘協議会が高台移転をする被災者の要望を集め 行政と交渉を進めています この協議会の事務局長は愛知ボランティアセンター理事長久田が務め 行政との交渉や 意見の取りまとめなどを担当しています 東日本大震災から3年 愛知ボラセンが生まれて3年 震災でお父さんお母さんを亡くした子どもたちは1 739人 この子どもたち 全員が高校を卒業するまで応援を続ける 震災孤児遺児応援ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト 一口500円 誰でも どこに住んでいる人でも参加できる応援活動です 現在 4 366人のサポーターさんから 7 465口もの応援金をお寄せ頂いています そして この2年間に のべ2 020人の子どもたちに 総額1億3000万円の応援金を贈ることがきました このうちの約半分は 株 リゾートトラストさんとその会員さんからのご協力によるものです このプロジェクトは名古屋を中心としたたくさんのサポーターさんから集まった応援の気持ちと 応援金を直接贈る活動です でらえぇ 友だちつぐっぺぇ 笑顔プロジェクト 1学年にすると平均85 人しかいない孤児遺児の子どもたち 同じクラスや学年に 同じような境遇の子がいる可能性はほとんどありません 同じ境遇の子が友だち同士になる可能性が0 に等しいということは 震災のことを本音で語り合える友だちがいないということでもあるのです 愛知ボラセンが応援金を贈っている子どもたちに 皆さん同士が友達になりませんか 愛知の学生がそのお手伝いをします と呼びかけました 第一回は2013年3月東別院で 第二回は2013年8月石巻市十八成浜で そして今 第3回を東別院で開催しています これまでの3回の企画に のべ50人の東北の子どもたちが参加しました 愛知の学生の参加者はのべ70人 東北の子ども達同士 そして参加した学生みんなが 辛い想いを吐き出せ それを受け止め いっしょに泣きあえる同年代の仲間ができました 東北の子どもたちは でらえぇ を振り返ってこう語っています クイズラリーで十八成を歩き回ったり みんなでギネスに挑戦したり 花火に水鉄砲にスイカ割り 夜にはカラオケで盛り上がり こんなにはしゃいだのはすごく久しぶりでとても楽しかったです そして 語る会での真剣なお話 私はこの時間が好きです 好きって表現はちょっと変だけど 今の自分にとって 我慢せずに安心して泣ける大切な場所です みんなの体験を聞いたりするのはつらいけど みんな同じくそれを乗り越えようと頑張っている仲間だから 気持ちを隠すことなく思いっきり泣ける場所です 私はこの時間を作ってくれた愛ボラのみなさんにとても感謝しています ありがとうございます 語る会はなかなか言えない震災について本音で話しました 私は震災で父を亡くしたことを学校の友だちに言うことが怖くて いまだに話をしたことがありません 私が父を亡くしたことを話したらどんな反応されるのだろう 変に気を遣わせてしまうのではないかという思いがずっとあり 話せませんでした でも語る会で話してみるとすごく楽になれたし 周りの東北の子たちが震災で同じような境遇の子ばかりなので 他の人の話を聞いて共感することが多かったです 私にとってこの でらえぇ は 一番自分が素直になれて安心できる居場所です 3日間だけでこんなに自分が安心できる場所は でらえぇ の他にはありません 大学生になって一人暮らしを始めてからは父のことを考えることが増え 無性に寂しくなって泣いたことが何度もありました でもみんなの話や考えを聞いているうちに 同じように思っている人は自分だけじゃないと感じることができて少し心を整理することができました 震災があったおかげでみんなに出会えたとは言いません 言いたくもありません だけど震災というひとつの辛い出来事があったからこそ みんなと出会うことができたと思っています 東北と愛知 決して近くはないけれど今もこうして繋がっていられるのは本当に素敵なことだと改めて感じます この繋がりはこれからも何年経ってもずっと大切にしていきたいし たくさんの大切な友達が離れたところにもいることを誇りに思っていこうと思います 愛知の学生 大人のスタッフさん 本当にありがとうございました 毎月11日 栄 三越前で 震災でお父さんお母さんを亡くした子どもたちを応援する募金を中学生 高校生が続けています 手足の感覚がなくなる寒い日も 服が絞れるぐらい汗をかく夏の日も 雨の日も 試験中も 1995年の阪神大震災以降 先輩から後輩へ20年間受け継がれている活動です 震災直後の東北の友だちのことを想うと頑張れるんです 頑張りたいんです と語る中学生 中高生だからこそ出来ることがある 自分の言葉を探 し大きな声で 中学生 高校生はこれからも街頭に立ち続けます 愛知ボランティアセンターは 震災でお父さんお母さんを亡くした子どもたち1 739人全員が高校を卒業する2030年まで応援を続けます 2011年3月11日14時46分 たくさんの方々が犠牲になったこの日を私たちは忘れません 地震と津波は大切なものを奪っていきました 瓦礫 と呼ばれたものたちが 誰かの大切なものだったということを私たちは忘れません 十八成で学んだこと 孤児遺児応援活動で学んだことを活かして 愛知ボラセンは フィリピン台風30号被災地 キナタルカン島応援活動も開始しました 東日本大震災は大切なものをたくさん押し流していきました ばらばらにしていきました しかしその一方で たくさんの心がつながりました 私たちは被災された皆さんへの応援活動を続けます 震災で失ったたくさんの命を忘れないために 亡くなられた方のことを想い 残された家族のことを想い 被害の大きさや 行き場のない苦しみや悲しみを伝えるために 明るく楽しく そして真面目に 東日本大震災をきっかけに出逢ったたくさんの仲間と一緒に これからもずっとエールをおくり続けることを誓い Smile宣言2014 とします 2014年3月8日 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 理事長 久田光政 副理事長 田中 涼子 Posted in お知らせ フィリピン台風30号被災キナタルカン島応援活動第二弾 応急仮設校舎建築ボランティア参加者募集 Posted 2014年 3月 5日 0 Comments 代表の久田です エール3rdまであと3日 3月8日 土 に皆さんと東別院でお会いできることを楽しみにしています ボランティアの伊藤さんにとても感動的な動画を作っていただきました まだ ご覧になっていらっしゃらない方はぜひご覧ください さて フィリピン台風30号被災者応援活動の第二弾をお知らせします 期間 2014年3月25日 火 31日 月 参加費 12万円 航空券 燃油代 空港諸税 宿泊費 食費 出国税含む 定員 10人 スタッフ含む 申込締切 3月10日 月 日程 予定 25日 火 集合 午前7時30分 中部国際空港国際線入口付近 午前9時30分 フィリピン航空PR0437 午後13時05分 現地時間 ニイノ アキノ国際空港着 時差は 1時間 その後 空路セブ市へ セブ市内ホテル泊 26日 水 セブ市からバンタヤン島サンタフェ町へ移動 サンタフェ町泊 27日 木 サンタフェ町からキナタルカン島へ移動 校舎の釘打ちなどの作業 キナタルカン島のコテージ泊 28日 金 午前 校舎の釘打ちなどの作業 午後 校舎オープンセレモニー 2校で 29日 土 午後 校舎オープンセレモニー 2校で 午後 サンタフェ町へ移動 サンタフェ町泊 30日 日 サンタフェ町からセブ市へ移動 セブ市泊 31日 月 セブ市 マニラ 18 05 中部国際空港着 荷物を受け取り解散 キナタルカン島には高校1校 4年制 と小学校3校 7年制 があります そのうち小学校2校の校舎は全壊 高校ともう1校の小学校は半壊という状況です 校舎全壊の小学校では ブルーシートをかけたままの校舎や 緑陰での青空教室という状況です そこで 愛知ボラセンは4校に応急仮設校舎を建てることを提案しました

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/news/page/29 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • エール2ndまで4日!!【来場手段について】 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    準備をがんばっていきます 少しの時間でも ぜひっ遊びにお越しください はじめての方も お久しぶりな方々も 会場にてお待ちしています エール2nd を通して 震災から2年という時間を共にし 追悼 と 応援 を届けましょう 愛知ボランティアセンター スタッフ 今井さえ Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615334 Today 85 Online 2 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/4907 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 【東京】震災孤児遺児応援コンサート【3月11日】 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615334 Today 85 Online 2 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について 思い出クリーンプロジェクト 義援金 活動支援金について 震災孤児遺児交流企画 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/4889 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 【3月10日(日)】小林幸子さん、SEAMOさん、TSUYOSHIさんによる震災孤児遺児応援ライブの申し込みを受け付けています★ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    を企画しました 皆さんが友だちになれるようにお手伝いするのは 愛知の中高大学生たち 1 泊2 日 同世代の子どもたちが同じ時間を過ごし みんなで楽しく交流します 申込を頂いた方からのメッセージを紹介します この度の企画に心より感謝申し上げます 間もなく3回忌を迎えます 少しずつですが息子は前を向いて歩んでおります 現在は大学進学を目指し部活と勉強を頑張っています 参加を楽しみにしています ぜひ自分でよかったら参加させてもらえると嬉しいです 自分はこのプロジェクトを見た瞬間に行きたいと思っていました 自分はいつもいつ感謝の気持ちを 恩返しできるのかなと思っていました この機会に感謝の気持ちを言葉にしたいと自分は思っています こうやって自分は全国の人に支えられて本当に幸せです 本当に本当にありがとうございます 名古屋に行って 皆さんに会えることが楽しみです 3人兄弟ですが 長男は叔父のもとで 長女と次男は祖父母のもと頑張っています 父と4人で暮らしていましたが 震災後 みんなのために働いていた父が病気で倒れ そのままなくなりました 真ん中の長女は部活で参加できないので2人で参加したいです 宮城からバスというのがうれしいです よろしくお願いします 名古屋は初めてなので行ける日をとても楽しみにしています もし行くことが出来たら学年問わず新しい友達を作り高校最後の楽しい思い出にしたいです 同じ悲しみを持った人たちと仲良くなり 交流を深めたいです そして その子どもたちをライブで応援してくださるのが 小林幸子さん SEAMO さん 応援ライブの開催決定後 いち早く趣旨にに賛同し ご出演を決めていただきました 開催概要 応募要項は最後にあります 愛と笑顔いっぱいの一日限りのスペシャルライブです 小林さん SEAMOさんから 私たち愛知ボラセンは既にとても大きなパワーを頂きました TSUYOSHIさん新たに決定 このライブが 孤児遺児の皆さんをはじめ チケットをご購入いただき参加された皆さんが 一生忘れることのない特別なライブになりますように ご来場のみなさん 小林さん SEAMOさん TSUYOSHIさん 運営に携わるみんなのたくさんの愛が届けられますように みなさん是非ご参加ください 概要 日にち 2013年3月10日 日 時間 開場12 30 開演13 00 15 30 場所 中電ホール 440席 内孤児遺児40席 チケット代金 5 000円 1枚 内500円は震災孤児遺児応援ワンコイン サポーターズ1ヶ月分として 孤児遺児応援金にさせて頂きます 応募方法 下記必要事項をご記入の上 往復ハガキ にてご応募ください 尚 チケットは同時に二枚までお取りすることが出来ます 代表者様お名前 ご年齢 お連れ様お名前 ご年齢 お連れ様のデータがご記入ない場合はチケットは一枚とさせて頂きます 代表者様ご住所 返信ハガキ郵送先 代表者様お電話番号 3アーティストの中で最も楽しみにされているアーティスト名を参考までにお聞かせください 震災によってお父さんお母さんを亡くした子どもたちへメッセージ 返信用ハガキには代表者様のご住所 お名前をご明記ください 応募受付開始 2月11日 月 応募締切 2月25日 月 17時 必着 郵送先 456 0006 名古屋市熱田区沢下町8 4愛知私学会館内 愛知ボランティアセンター 結果 抽選後 翌週中にご応募いただいたすべての方へ結果ご郵送いたします チケット受け渡し方法は当選された方にお知らせします ご質問 お問い合わせ 被災者応援 愛知ボランティアセンター 070 6414 0589 担当 久世 aichiborasen gmail com http yell2nd jimdo com Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615334 Today 85 Online 2 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて スタッフ紹介 3 11被災者応援イベント お知らせ 宮城県 十八成浜 ボランティア 宮城県石巻市十八成浜ボランティア詳細について 愛知ボラセンミニヒストリー 参加者の感想 活動報告 感想 ブログ 震災孤児遺児応援 ワンコイン サポーターズ 20 000人プロジェクト サポーター登録フォーム 2012年度 震災孤児遺児応援金 申請者募集要項 名古屋でのボランティア 応援物資について

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/4818 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • まもなく2年 現地ボランティア定員続出 | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    参加費12 000円 バス代 高速代込み 5月 第92回5月10日 金 5月12日 日 定員24名 締切 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 第93回5月17日 金 5月19日 日 定員24名 締切 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 応募フォーム 愛知ボランティアセンター 久世 Posted in お知らせ コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615334 Today 85 Online 2 モバイルサイト Back to Top サイトマップ トップページ 愛知ボラセンについて

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/4876 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 追悼キャンドル製作、いよいよクライマックス!そして、エール2nd美術部、発足! | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
    として 新たに始動させることに致しました 活動時間は 平日 月 金 の17時半 20時半 の3時間 場所はこれまで通り 東別院お茶所 です 今後とも引き続きご協力の程 よろしくお願い致します また 愛知ボランティアセンターのわがままにも いつも快くご協力くださいます東別院様 今回も急な活動内容の変更にも関わらず ご厚意で活動場所をご提供くださり 本当にありがとうございます そこでエール2nd美術部最初の仕事として キャンドルの 風よけカバー を作りたいと思います くらい中で点火すると 炎が反射して とってもキレイです 500ccの丸形PETボトルの上下をカットし脇に一カ所切り込みを入れると すっぽりと瓶にはまります 簡単に付け外しができるので 点火の邪魔にもなりません 製作目標数は 5000個です そこでみなさまにお願いがございます ご家庭でお飲みになられ ご不要になったペットボトルがございましたら 東別院お茶所までお持ち頂けませんでしょうか 可能であれば上記のように洗って 上下カットして持って来て頂きたいのですが 難しければそのままのペットボトルを持って来て頂くだけでも構いません スタッフで何度も実験しましたが このペットボトルカバーがあるとないとでは 火の消え具合が全く違います カバーを付ければ よほどの強風が吹かない限り 滅多なことでは消えません 実験したスタッフ誰もがびっくりするくらいでした せっかくたくさんのボランティアさんが心を込めて作ったキャンドルなので 少しでも多くのキャンドルにカバーをかけ 消えないようにしたいと思います 時間はあまりありませんが かけられる手間は最後までしっかりかけたいと思います みなさま ご協力よろしくお願い致します 長くなりましたが 最後に2月の新スケジュールを掲載します ご確認よろしくお願い致します エール2nd キャンドル製作スケジュール 16日 土 出張製作 前林中学校 東海高校サタデープログラム 17日 日 東別院 10時 16時 23日 土 東別院 10時 16時 24日 日 東別院 10時 16時 エール2nd 美術部スケジュール 13日 水 東別院 10時 20時半 14日 木 東別院 10時 12時 17時半 20時半 15日 金 東別院 17時半 20時半 18日 月 東別院 17時半 20時半 19日 火 東別院 17時半 20時半 20日 水 東別院 17時半 20時半 21日 木 東別院 17時半 20時半 22日 金 東別院 17時半 20時半 現地ボラ出発 25日 月 東別院 17時半 20時半 26日 火 東別院 17時半 20時半 27日 水 東別院 17時半 20時半 28日 木 東別院 17時半 20時半 愛知ボランティアセンター 事務局次長 宮垣雄樹 Posted in お知らせ One Response to 追悼キャンドル製作 いよいよクライマックス そして エール2nd美術部 発足 さとうれいこ より 2013年3月5日 9 36 PM 今週のエール2nd 美術部の仕事はありますか 返信 コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません が付いている欄は必須項目です コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト 定款 会計報告 所在地 よくある質問 メディア情報 愛知ボラセンミニヒストリー 動画サイト 愛知ボラセンTV リンク Twitter aichiborasen からのツイート follow me RSS アクセスカウンター Total 1615334 Today 85 Online 2 モバイルサイト Back to

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/4859 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • お知らせ | 特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター - Part 43
    スタッフ横井です 6月になりました 2013 5 30時点でワンコイン サポーターズに゙登録してくださっている方 登録者数 3 432人 登録口数 5 842口 ご協力 ありがとうございます では6月のワンコイン サポーターズ事務作業の活動日のご案内です 6月はみなさまからお預かりした 大事な 大事な応援金を 全国からご申請頂いた 震災孤児遺児のみなさんへお贈りする月です 今まで進めてきた準備を滞りなく当日につなげられるよう あと一息お手伝いをお願いいたします 愛知ボランティアセンターではお預かりした応援金を3月末日で締め 6月末に送金します 送金申請も3月末日で締め切っていますが その後ご申請頂いた方も 間に合う限り6月末に送金します 6月末送金に向けての残りのお仕事 同封書類 愛知ボラセンからのご案内の準備 同封お手紙の準備 七十七銀行 岡崎信用金庫経由送金データ入力 七十七銀行 岡崎信用金庫経由送金データ入力確認 ゆうちょ銀行送金テスト ゆうちょ銀行送金データ作成 送金連絡お手紙発送準備 次回以降の活動予定 6月15日 土 13時 17時 東別院会館 6月22日 土 10時 終わり次第 東別院会館 目標15時 7月13日 土 13時 17時 東別院会館 7月27日 土 13時 17時 東別院会館 あると便利な持ち物 30センチ定規 筆記用具 のり 6月22日のみ 6月15日にデータの確認 修正入力 6月22日にお手紙の発送を行います 22日は10時 の活動開始とし 終わり次第終了とします お昼は調理が必要ないものであればご持参頂いてかまいません 近所のコンビニで購入して頂くこともできますし 喫茶店等もございます 初めての方も 1時間だけの方も お越し頂けると助かります 久しぶりの方にも いつものみなさまにも そして初めましての方にも お目に掛かれるのを楽しみにしています 入金の確認のメール送信が遅れています 12月 1月分の入金確認を送信しました 順次 2月分の確認メールを順次発送していく予定です お待たせしておりますが 応援金送金の作業を優先しておりますため しばらくご猶予ください 送金に使用している銀行のお話 送金には送金手数料の安い ゆうちょ銀行を主に使っています 申請して頂く用紙に なるべくゆうちょ銀行に送金させて頂きたいとお願いをしています ただし お住まいの近くにゆうちょ銀行がない 他に寄附金をもらっていて 裁判所から寄附金を受け取る口座はまとめるように言われている などの理由で 他の銀行を選ばれる方もいらっしゃいます 手数料を安くするために 応援金を受け取りづらくなってしまう 受け取れなくなってしまう ということのないよう お子さん 保護者の方にはご都合の良い銀行を書いて頂いています ゆうちょ銀行の次に多くの方が指定されているのが七十七銀行です 七十七銀行の支店が名古屋にあり 口座開設を行うことができたため 七十七銀行の方には 七十七銀行から送金しています この口座は送金専用に開設しており ワンコイン サポーターの方からの 寄付先としてお選びいただくことはできません 送金手数料はかかりますが 宮城県に本店のある七十七銀行を使うことで 回りまわって 被災地応援につながると思って 七十七銀行を使っています その他の金融機関をご指定の方には 岡崎信用金庫を使用しています こちらを使用している理由は 送金予約ができるためです 即時送金しかできないと 送金したい日に何百件も送金処理をしないといけません 送金予約ができるので 事前に入力作業を行い 印刷し 確認するという手順を踏むことができています 手数料を無料にしてもらうように 銀行と交渉したら というご意見を頂きます 代表にも銀行に足を運んでもらったりしましたが 手数料を値引きしたり 無料にしたりすることは 難しいと言われてしまいました 今の方法が 今の愛知ボラセンには合っているのでは と思っています また 銀行と交渉するには 過去の実績 信頼 というものが大切になっていると思います 引き続き活動を続けていくことで 変わっていくこともあると思います どうぞ引き続きのご協力をよろしくお願いします Posted in お知らせ 追加募集を含め今後の日程大発表 Posted 2013年 5月 28日 0 Comments 追加募集 第95回6月7日 金 6月9日 日 限定5名 締切 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 締め切り次第 振り込み等のご連絡を致します 今しばらくお待ち下さい 追加募集 第96回6月21日 金 6月23日 日 限定5名 締切 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 締め切り次第 振り込み等のご連絡を致します 今しばらくお待ち下さい 第98回7月19日 金 7月21日 日 定員45名 締切 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 締め切り次第 振り込み等のご連絡を致します 今しばらくお待ち下さい 8月 でらえぇ 友だちつぐっぺぇ2013in石巻 くぐなり 8月1日 金 8月5日 月 学生 定員30名 大人 定員10名 締切 定員になり次第締め切ります 参加費 未定 バス代 高速代 宿泊代込み 行程案 木曜日 名古屋出発 金曜日 早朝到着 交流 ギネス練習 土曜日 ギネスに挑戦 大人10人 学生10人 くぐなり食堂 心配り 日曜日 南三陸 気仙沼 陸前高田方面へ被災地視察 月曜日 早朝帰名 宿泊先 民宿めぐろさんを予定 2日 3日 参加費 未定 詳細は決まり次第お知らせ致します 学生の方は 学生専用 大人は方は 大人専用 を選びご記入下さい 締め切り次第 振り込み等のご連絡を致します 今しばらくお待ち下さい 第99回8月2日 金 8月4日 日 定員45名 締切 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 締め切り次第 振り込み等のご連絡を致します 今しばらくお待ち下さい でらえぇ 友だちつぐっぺぇ2013in石巻 くぐなり とは別にバスを出し十八成でボランティアを行います 第100回8月30日 金 9月1日 日 定員45名 締切 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み 締め切り次第 振り込み等のご連絡を致します 今しばらくお待ち下さい 9月 第101回9月13日 金 9月15日 日 定員45名 締切 定員になり次第締め切ります 参加費12 000円 バス代 高速代込み

    Original URL path: http://aichiborasen.org/archives/category/news/page/43 (2016-02-16)
    Open archived version from archive



  •