archive-org.com » ORG » E » E-SHIFT.ORG

Total: 443

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • エネルギーシフト | eシフト | Page 3
    す る工程表を報告書案として提示しました 続きを読む 2013 02 14 投稿者 e shift CATEGORY イベント エネルギーシフト 参加しよう 政府のエネルギー政策の動向 発送電分離 コメントを書く 院内集会 エネルギー 環境 国民的議論 の意味 2 20院内集会 エネルギー 環境 国民的議論 の意味 PDFちらしはこちら 130220 kokumingiron 資料を掲載しました 安倍政権は 民主党政権下で閣議決定された 革新的エネルギー環境戦略 の 原発ゼロ方針をゼロベースで見直すと表明 エネルギー基本計画の見直しにつ いても これまで議論を重ねてきた基本問題委員会ではなく 新たな枠組みを つくるとしています 続きを読む 2013 02 13 投稿者 e shift CATEGORY イベント エネルギーシフト 参加しよう 政府のエネルギー政策の動向 コメント 1 eシフトシンポジウム 自然エネルギーと発送電分離 電力を市民の手に 彡゚゚゚ eシフトブックレット2号出版記念 eシフトシンポジウム 自然エネルギーと発送電分離 電力を市民の手に 日時 2012年11月3日 土 祝 16 00 19 15 会場 カタログハウス セミナーホール 新宿 http e shift org p 2446 録画映像はこちら http iwj co jp wj open archives 38577 続きを読む 2012 10 09 投稿者 e shift CATEGORY イベント エネルギーシフト 参加しよう 発送電分離 コメントを書く eシフト声明 革新的エネルギー 環境戦略 とその扱いについて eシフト声明 革新的エネルギー 環境戦略 とその扱いについて 原発ゼロ の棚上げは許されない 使用済み核燃料再処理を放棄し 原発ゼロ の早期 確実な実現を 2012年9月24日 eシフト 脱原発 新しいエネルギー政策を実現する会 PDFはこちら 120924 eシフト声明 続きを読む 2012 09 24 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 政府のエネルギー政策の動向 コメントを書く アクション 脱原発首長会議参加を呼びかける Go Renewable いまあらためて 再生可能エネルギーを活かして 脱原発をめざす首長会議 の会員になることを求める請願を eシフトでは パタゴニア日本支社 と ピースボート と協力し 地域の再生可能なエネルギーを推進するために脱原発首長会議の会員になることを求める請願書ハガキアクション を開始しました 続きを読む 2012 09 19 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 参加しよう 声をあげよう コメント 5 各団体の声明 革新的エネルギー 環境戦略決定に対して 9月14日 革新的エネルギー 環境戦略 が決定されました これは 福島第 一原発事故を受けたエネルギー 環境政策見直しの基本となるものです 3つの選択肢にもとづく 国民的議論 に対しては eシフトや原発ゼロ パブ コメの会 また様々な団体や個人から パブリックコメントの提出の呼びかけ るほか 自主的意見聴取会を開催するなど 市民の意思表示のサポートを行い ました 続きを読む 2012 09 18 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 政府のエネルギー政策の動向 新しいエネルギー政策提言 コメントを書く ブックレット vol 2 脱原発と自然エネルギー社会のための発送電分離 合同ブックレット eシフトエネルギーシリーズvol 2 脱原発と自然エネルギー社会のための発送電分離 9月15日刊行 原発が象徴する電力幕藩体制からエネルギー自治を取り戻していくために何が必要か 本書には実践的な手がかりが詰め込まれています 星川 淳 作家 翻訳家 続きを読む 2012 08 29 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト ブックレット 参加しよう 発送電分離 コメントを書く 1 2 3 4 5 6 7 eシフト お知らせ デンキエラベル2016 私たちは再生可能エネルギーを選べるか 増やせるか 今週の原発関係のイベント 1 19 日印原子力協定 1 21 原発避難計画 年始〆のパブコメ2件 電力小売営業指針 核燃料再処理 eシフトお知らせメール google グループ 上に紹介 を読もう リンク Twitter 脱原発に投票 に関するツイート 最新の記事 東京ガスさん 石炭火力発電の建設はやめて アクション 小売全面自由化の市場は8兆円 7 31 どうする 核のゴミ 最終処分と合意形成を考える日独シンポジウム 記事のカテゴリー その他 81 エネルギーシフト 61 政府のエネルギー政策の動向 29 新しいエネルギー政策提言 30 海外に学ぶ脱原発成功例 4 発送電分離 7 原発を止める 58 再稼働させない 40 原発輸出 2 規制庁問題 12 参加しよう 87 イベント 42 デモ パレード 3 ブックレット 5 声をあげよう 47 子どもを守る

    Original URL path: http://e-shift.org/?cat=43&paged=3 (2016-02-16)
    Open archived version from archive


  • エネルギーシフト | eシフト | Page 4
    福島第一原発事故を受け 日本は 脱原発依存 を柱に従来のエネルギー政策を見直す転換点に立っています 6月8日 エネルギー 環境会議が開催され 選択肢に関する中間的整理 が提示されました しかしその議論は 福島原発事故を二度と繰り返さないという大前提に基づいたものとは言えません eシフト 脱原発 新しいエネルギー政策を実現する会は 選択肢に関する中間的整理 について下記改めて要請します 続きを読む 2012 06 13 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 新しいエネルギー政策提言 コメントを書く eシフト声明 恣意的な エネルギーミックス選択肢 2012年5月24日 eシフト声明 PDF 120524 eシフト声明 基本問題委員会 恣意的な エネルギーミックス選択肢 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会への意見 続きを読む 2012 05 24 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 政府のエネルギー政策の動向 コメント 1 アクション 脱原発 自然エネルギー推進自治体宣言 を始めよう 脱原発 自然エネルギー推進自治体宣言 を始めよう 続きを読む 2012 05 17 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 参加しよう 声をあげよう コメント 1 シンポジウム わたしたちが選ぶエネルギー 気候変動対策 特別シンポジウム わたしたちが選ぶエネルギー 気候変動対策 と き 2012年6月2日 土 13 30 18 00 ところ 日比谷図書文化館コンベンションホール 続きを読む 2012 05 17 投稿者 e shift CATEGORY イベント エネルギーシフト 参加しよう 新しいエネルギー政策提言 コメント 1 情報 NHK BS1 ドキュメンタリーWAVE 脱原発 に揺れる町 ドイツ 世界最大の原発跡地 ドイツの脱原発の現実を描く番組がNHKBS1で放送されます NHK BS1 ドキュメンタリーWAVE 脱原発 に揺れる町 ドイツ 世界最大の原発跡地 放送日 5月5日 土 放送時間 22 00 22 49 再放送 放送日 5月13日 日 放送時間 20 00 20 49 続きを読む 2012 05 06 投稿者 admin CATEGORY エネルギーシフト 再稼働させない 原発を止める 海外に学ぶ脱原発成功例 コメント 1 運転中の原発は3基のみ 政府も原発ゼロを想定した対応策の準備を開始 1 27 運転中の原発は3基のみ 政府も原発ゼロを想定した対応策の準備を開始 続きを読む 2012 01 27 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 再稼働させない 原発を止める 政府のエネルギー政策の動向 コメントを書く セミナー 欧州のストレステスト批判と日本の現状 欧州のストレステスト批判と日本の現状 原発の運転再開問題をめぐって 2012年1月11日 水 18 30 20 30 東京しごとセンター 地下2階講堂 東京 飯田橋 2012年1月12日 木 14 30 16 00 衆議院第二議員会館第1会議室 東京 永田町 続きを読む 2011 12 26 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 再稼働させない 原発を止める 海外に学ぶ脱原発成功例 コメント 1 1 2 3 4 5 6 7 eシフト お知らせ デンキエラベル2016 私たちは再生可能エネルギーを選べるか 増やせるか 今週の原発関係のイベント 1 19 日印原子力協定 1 21 原発避難計画 年始〆のパブコメ2件 電力小売営業指針 核燃料再処理 eシフトお知らせメール google グループ 上に紹介 を読もう リンク Twitter 脱原発に投票 に関するツイート 最新の記事 東京ガスさん 石炭火力発電の建設はやめて アクション 小売全面自由化の市場は8兆円 7 31 どうする 核のゴミ 最終処分と合意形成を考える日独シンポジウム 記事のカテゴリー その他 81 エネルギーシフト 61 政府のエネルギー政策の動向 29 新しいエネルギー政策提言 30 海外に学ぶ脱原発成功例 4 発送電分離 7 原発を止める 58 再稼働させない 40 原発輸出 2 規制庁問題 12 参加しよう 87 イベント 42 デモ パレード 3 ブックレット 5 声をあげよう 47 子どもを守る 5 子ども20ミリシーベルト問題 3 被害者支援法 2 避難 保養 2 東電問題 6 東電救済問題 6 記事一覧 2016年2月 1 2016年1月 1 2015年7月 1 2015年6月 1 2015年5月

    Original URL path: http://e-shift.org/?cat=43&paged=4 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • エネルギーシフト | eシフト | Page 5
    賛成反対 いろいろ聞いて どうしたらいいかわからない 3月11日の東日本大震災 東京電力福島第一原発事故以降 脱原発やエネルギーシフトに関する様々な議論が高まっています みなさんは 今どのような状況にいるでしょうか 自分が本当に大切にしたいことって なんだろう 専門家でない素人の私たちにできることって なんだろう 私たちは まず お互いの根底にある大切にしたい 想い や 未来 を語り合うところから始めたいと思います そして 一人一人が心の底からしたいと思うこと できることを見つめていき 課題が見つかれば それを深め 気の合う仲間と出逢ったなら 共にアクションプランを練っていく そんな 対話の場 をワークショップ形式で創りたいと思います 市民の私たちにもできることはあります 一人で考えていないで まずは 語り合うところから始めませんか 案内チラシ PDF 続きを読む 2011 10 31 投稿者 e shift CATEGORY イベント エネルギーシフト 参加しよう 新しいエネルギー政策提言 コメント 2 声明 原子力発電コスト過小評価に異議 原発事故損害費用は桁違い 2011年10月26日 eシフト 脱原発 新しいエネルギー政策を実現する会 声明 原子力発電コスト過小評価に異議 原発事故損害費用は桁違い 内閣府 原子力委員会の 原発 核燃料サイクル技術等検討小委員会 は25日 福島第一原発事故を踏まえ 原発で重大事故が起きるリスク 事故リスク をコストに反映させると電力1kWhあたり1 2円上昇するとの試算が示された しかしこの試算の前提となる今回の福島原発事故の損害費用見積は5兆5000億円としている これは事故の損害のうち東京電力による賠償が現在決まっている最低限の額に過ぎず 損害費用が 評価 されているとは言えない eシフト 脱原発 新しいエネルギー政策を実現する会 は 以下の理由からこのリスクコスト評価の前提に異議を申し立てる エネルギー 環境会議はこの 原発発電コスト1 2円増 という結果を コスト評価 の前提として用いるべきではない もしこの結果が用いられる場合 今後の原子力発電に関するコスト評価の議論は著しく歪められるだろう 続きを読む 2011 10 26 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 再稼働させない 原発を止める 政府のエネルギー政策の動向 コメントを書く エネパネ エネルギーシナリオ市民評価 発電費用に関する評価報告書 発表 2011年10月21日 金 エネルギーシナリオ市民評価パネル エネパネ について 各種エネルギーシナリオや 関連論文 情報について評価 分析をおこない エネルギー シフトを進める観点からその成果をとりまとめ 発信する市民パネル エネルギーに関わる主なNGO 環境エネルギー政策研究所 気候ネットワーク WWFジャパン FoE Japan グリーンピース ジャパン 環境自治体会議環境政策研究所 原子力資料情報室 原水爆禁止日本国民会議 CASA等 のメンバーが参加し 共同作業を行う 発電の費用に関する評価報告書 の発表 政府のエネルギー政策の見直しの議論が始まり 現在 複数の委員会で 発電コストや原発事故コストなどが再検討されている 過去に原子力は安いからと推進されてきたよう コスト議論は今後のエネルギー政策に大きく影響する そこでエネパネとしての最初の共同作業として 発電の費用に関する評価報告書 を取りまとめ 本日の公表に至った https www facebook com enepane 続きを読む 2011 10 20 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 新しいエネルギー政策提言 発送電分離 コメントを書く エネパネ 記者会見 発電の費用に関する評価報告書 の発表 記者会見のお知らせ エネルギーシナリオ市民評価パネルによる 発電の費用に関する評価報告書 の発表 日時 2011年10月21日 金 11 00 12 00 場所 フォーリン プレスセンター FPCJ http fpcj jp modules tinyd0 id 4 opt 2 千代田区内幸町2 2 1 日本プレスセンタービル6階 03 3501 3401 代表 日比谷線 丸ノ内線 千代田線 霞ヶ関 C4 都営三田線 内幸町 A6 続きを読む 2011 10 20 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 新しいエネルギー政策提言 発送電分離 コメントを書く 9月アクション 9 18脱原発シンポジウム こうして作る 原発のない社会 9月アクション 9 18脱原発シンポジウム こうして作る 原発のない社会 日時 9月18日 13時開場 13時30分開演 18時20分終了 会場 日本青年館 国際ホール 地図は こちら 参加費 1000円 当日徴収 9 11 19脱原発アクションウィーク の企画イベントです 当日の資料 映像を掲載しました 続きを読む 2011 09 12 投稿者 e shift CATEGORY イベント エネルギーシフト 再稼働させない 原発を止める 参加しよう 新しいエネルギー政策提言 海外に学ぶ脱原発成功例 コメント 5 プレスリリース 鉢呂経済産業大臣に期待 脱原発市民ネットワークが花束と要望提出 9月6日 eシフト 脱原発 新しいエネルギー政策を実現する会 は 鉢呂吉雄氏の経済産業大臣の就任を歓迎し 衆議院第二議員会館を訪問して花束と要望書を手渡しました プレスリリース PDF 要望書 PDF 続きを読む 2011 09 06 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 再稼働させない 原発を止める 政府のエネルギー政策の動向 コメント 2 1 2 3 4 5 6 7 eシフト お知らせ デンキエラベル2016

    Original URL path: http://e-shift.org/?cat=43&paged=5 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • エネルギーシフト | eシフト | Page 6
    賠償額がカットされてしまいます 事故が再び起きても 電力会社がそれ以上責任を取らない ということを明確に法で定めることになります 続きを読む 2011 07 25 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 参加しよう 声をあげよう 政府のエネルギー政策の動向 東電問題 東電救済問題 TAGS その他 コメントを書く エネルギー 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法 再エネ普及拡大へ よりよい制度として今国会での成立を 法案をめぐる10の論点 2011年7月22日 eシフト市民委員会 7月25日要請 再生可能エネルギー促進法 賦課金上限枠の撤回を はこちら http e shift org p 967 1 再生可能エネルギーの導入目標を少なくとも 2020 年 20 以上と打ち出すこと 法案では再生可能エネルギーの導入目標が定められていない 現在 上程されている 地球温暖化対策基本法案 では法条文に再生可能エネルギーの導入目標が入っているので これを震災後の情勢をふまえた形で修正し 今国会で成立させることが肝要 なお エネルギー基本計画では 2020年までに一次エネルギー供給に占める再生可能エネルギーの割合について10 に達することを目指す とあるが 震災後にエネルギー基本計画は白紙に戻すとされているので こちらも震災をふまえて目標を見直していくべき 2 買取 調達 価格と買取 調達 期間は 再生可能エネルギーの種類ごとに その設置に対して採算がとれるよう設定すること 法案は 調達価格と調達期間は経済産業省令で定め 第十六条の賦課金の負担が電気の使用者に対して過重なものとならないよう配慮 することが明記されているが 第三条 賦課金の議論優先ではなく再生可能エネルギーの普及の観点から価格や期間を設定することが必要 買取 調達 価格は 太陽光発電以外を一律とせず それぞれのエネルギー源において 地域主導の再生可能エネルギー導入に十分なインセンティブとなる高さで設定する バイオマス発電は 小規模分散型の発電設備による発電にインセンティブが働くよう 規模ごと バイオマス資源ごとに買取価格がきめ細かに設定されること 買取 調達 期間は できるだけ短期で投資回収できるよう十分に高い買取価格を設定することが前提だが 20年もしくは耐用年数の買い取りを保証し インセンティブを確保すること 3 電力会社の都合で調達契約や送配電設備への接続が拒否されないよう担保すること 電気事業者が 電気事業者の利益を不当に害するおそれがある 場合には調達契約を拒否でき 第四条 電気事業者による電気の円滑な供給の確保に支障が生ずるおそれがある 場合に総配電設備への接続を拒否できる規定がある 第五条 が これによって再生可能エネルギー発電設備の増加にともなう電圧変動などの影響回避のために系統容量の制限や出力抑制を課すことのないよう 再生可能エネルギー電気を優先的に接続しなくてはならない 電気事業者に有利な条件設定によって 再生可能エネルギー普及の阻害要因とならないような担保が必要 4 再生可能エネルギーの発電設備は新規だけではなく既存設備も対象とし 実用化レベルの設備を幅広に対象とすべき ただし 木質バイオマス発電は 森林伐採やそれに伴う CO2 排出が起こらないよう配慮すること 再生可能エネルギーの発電設備の基準や発電方法については 経済産業省令で定めることとされているが 第六条 再生可能エネルギー普及の阻害要因とならないような担保が必要 5 費用負担調整機関 のような第三者機関は時代に逆行 経産省官僚の天下り機関とせず運営費は賦課金に上乗せしないこと 本来は 電力事業者が再生可能エネルギーの電気を 買取 り その経営において必要な負担を電力料金に上乗せすればよい 費用を管理する第三者機関を設置することにより 天下りの温床 運営コストや追加的行政コストの発生が懸念される 6 消費電力に対する賦課金の上限を 0 5 円 kWh などと決めるべきではない 海江田大臣は国会での質問に対して消費電力に対する賦課金の上限を0 5円 kWhなどと発言しているが 賦課金に上限を設けることで自然エネルギーの普及に制約をかけることになりかねない 制度導入当初は若干コスト高でも 大幅に普及が進めば導入コストの削減につながり 将来的には賦課金の額も下がることになる あらかじめ賦課金を設けることは導入の足かせとなる 7 住宅用太陽光発電は 余剰電力ではなく 全量買取とすること 現行の余剰電力買取制度では 住宅用は余剰電力に限った買取で 海江田大臣は新たな制度でも太陽光発電は住宅用は現状と同じで余剰電力とすると答弁している しかし 1 000万戸の住宅に太陽光パネルの設置するためには 全量買取制度とすることが肝要である 8 送配電網の整備 強化を同時に行いつつ いずれは電力会社の独占体制を見直し 発送配電分離を見据えた制度設計が必要 再生可能エネルギーの普及が可能となるような送配電網の整備 強化についての規定がないので 入れるべき 電力会社の地域独占 発送配電分離を含む電力供給システムの見直しは 今後の再生可能エネルギーの大幅普及には不可欠となっている 発送配電分離されれば 電気事業者の定義 第2条 を見直し 送配電事業者が買取 調達 をすることや 特定契約主体になること 第4条 等の対応が必要となる 9 廃止を含めた 見直しではなく 導入拡大に向けた見直し規定とすること 見直し規定では 賦課金の負担が電気を大量に使用する者その他の電気の使用者の経済活動等に与える影響 内外の社会経済情勢の変化等を勘案 し この法律の施行後平成三十三年三月三十一日までの間にこの法律の廃止を含めた見直しを行う として エネルギー多消費産業を考慮した見直しとされているが 附則第六条 再生可能エネルギーの導入拡大を進めるための 見直しとするべき 10 経済産業省令に委ねず 市民参加のプロセスを 本法案は 骨格がすべて経済産業省令で決めることとされており この制度の命運は経済産業省に任されている もともと全量固定価格買取制度の同省に否定的であった同省に任せるのではなく 市民参加のもとで公正な判断のもとに法案骨格が定められるべきであり そのプロセスを国会において担保しておくことが必要 2011 07 22 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 政府のエネルギー政策の動向 新しいエネルギー政策提言 TAGS エネルギー基本計画 コメント 1 アクション 再生可能エネルギー促進法の早期成立に向けて 過半数議員の賛同を 福島第一原子力発電所の事故を経験した私たちは 原子力発電 化石燃料依存から省エネルギー 再生可能エネルギーへと エネルギー政策の舵を大きく切ることができるかという課題に直面しています 再生可能エネルギーを大きく普及促進させるために必要とされているのが 再生可能エネルギーを全量 固定価格で買い取る制度です ドイツやスペインをはじめ すでに世界75以上の国と地域で導入され 自然エネルギーの爆発的な普及や 自然エネルギー産業の発展につながっています 日本においては現在 太陽光発電 風力発電 小規模水力発電 地熱発電 バイオマス発電などを全量 固定価格で買い取ることを盛り込んだ再生可能エネルギー促進法案 正式名称 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案 がちょうど3月11日に閣議決定されました 続きを読む 2011 07 05 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 参加しよう 声をあげよう 政府のエネルギー政策の動向 新しいエネルギー政策提言 TAGS エネルギー情報 コメント 1 エネルギー政策ウォッチVol 1 新しい日本のエネルギー政策決定に市民の声を 密室で始まった エネルギー 環境会議 6 22初会合 6月22日 内閣府の国家戦略室における新成長戦略実現会議の下に設置された 環境閣僚会議 エネルギー 環境会議 が開かれたと報道で伝えられました この場で これからの日本 そして国民にとって 非常に重要な関心事であるエネルギー環境戦略を話し合うそうです 続きを読む 2011 06 24 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 政府のエネルギー政策の動向 新しいエネルギー政策提言 TAGS エネルギー情報 コメントを書く エネルギー 民意を反映したエネルギー政策決定を要望 6月17日 金 eシフト 脱原発 新しいエネルギー政策を実現する会 は 玄葉光一郎国家戦略大臣ほか エネルギー 環境会議 メンバー およびすべての国会議員に対して 民意を反映したエネルギー政策決定を求める要望書を提出しました 続きを読む 2011

    Original URL path: http://e-shift.org/?cat=43&paged=6 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • エネルギーシフト | eシフト | Page 7
    1 2 3 4 5 6 7 eシフト お知らせ デンキエラベル2016 私たちは再生可能エネルギーを選べるか 増やせるか 今週の原発関係のイベント 1 19 日印原子力協定 1 21 原発避難計画 年始〆のパブコメ2件 電力小売営業指針 核燃料再処理 eシフトお知らせメール google グループ 上に紹介 を読もう リンク Twitter 脱原発に投票 に関するツイート 最新の記事 東京ガスさん 石炭火力発電の建設はやめて アクション 小売全面自由化の市場は8兆円 7 31 どうする 核のゴミ 最終処分と合意形成を考える日独シンポジウム 記事のカテゴリー その他 81 エネルギーシフト 61 政府のエネルギー政策の動向 29 新しいエネルギー政策提言 30 海外に学ぶ脱原発成功例 4 発送電分離 7 原発を止める 58 再稼働させない 40 原発輸出 2 規制庁問題 12 参加しよう 87 イベント 42 デモ パレード 3 ブックレット 5 声をあげよう 47 子どもを守る 5 子ども20ミリシーベルト問題 3 被害者支援法 2 避難 保養 2 東電問題 6 東電救済問題 6 記事一覧 2016年2月 1 2016年1月 1 2015年7月 1 2015年6月 1 2015年5月 2 2015年3月 1 2015年1月 2 2014年12月 1 2014年11月 1 2014年10月 1 2014年9月 2 2014年7月 1 2014年6月 1 2014年5月 1 2014年4月 3 2014年3月 1 2014年2月 3 2014年1月 2 2013年12月 2 2013年11月 3 2013年10月 3 2013年8月 2 2013年7月 3 2013年6月 3 2013年5月 2 2013年4月 3 2013年3月 4 2013年2月 4 2013年1月 1 2012年11月 2 2012年10月 1 2012年9月 5 2012年8月 12 2012年7月 7 2012年6月 11 2012年5月 6 2012年4月 10 2012年3月 5 2012年2月 3 2012年1月 3 2011年12月 6 2011年11月 3 2011年10月 7 2011年9月 4 2011年8月 8 2011年7月 7 2011年6月 15 2011年5月 17 2011年4月 19 個人情報の取り扱いについて 脱原発 新しいエネルギー政策を実現する会 eシフト では ウェブサイトを通じて利用される方の個人情報 お名前 ご所属 Eメールアドレス等 を取得することがあります 取得の際には その利用目的を明示し 取得した個人情報は 利用目的の範囲内で適切に取り扱い 参加メンバー以外の第三者に開示

    Original URL path: http://e-shift.org/?cat=43&paged=7 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 【11/13】 エネルギー基本計画見直し―いま問われる民意の反映 | eシフト
    申込多数の場合は 当日参加の方に席をご用意できない場合があります 動画中継をする予定ですので 決まり次第URLをウェブサイトにアップして お伝えします プログラム 1 2012年 国民的議論 の意味 竹村 英明 氏 エナジーグリーン株式会社 eシフト 131113 eshift Takemura 2 現在の エネルギー基本計画 議論の論点 飯田 哲也 氏 環境エネルギー政策研究所所長 131113 Iida 3 基本問題委員会での議論 現在の基本政策分科会の運営プロセス 伴 英幸 氏 原子力資料情報室共同代表 4 オルタナティブとしての 原子力市民委員会 中間報告 舩橋 晴俊 氏 原子力市民委員会座長 法政大学社会学部教授 131113 Funabashi 5 質疑応答 2013年10月25日 eシフト声明 エネルギー政策見直し 国民的議論 無視はゆるされない http e shift org p 2822 主催 原子力市民委員会 eシフト 問合先 eシフト事務局 FoE Japan内 T 03 6907 7217 F 03 6907 7219 http e shift org 2013 11 08 投稿者 e shift CATEGORY イベント エネルギーシフト 参加しよう 新しいエネルギー政策提言 コメント 2 コメントを書く コメントRSS トラックバック 1 コメント 2 hiyama 2014年 3月 26日 10 51am 返信 引用 国会で対案を出せと怒鳴ったりしているのを見ると真にその通り 私も詳しくはありませんが 政治の世界で有識者と呼ばれる方々に疑問を感じることがあり 国民の中の経験者でシュミレーションして問題点を洗い出し 金額を示し推進派の有識者と話してみては 推進派の裏の考え方も理解できますが 政治家として世界に向け大きい決断を日本人がすべき時である hiyama 2014年 3月 26日 10 41am 返信 引用 国会で対案を出せと怒鳴ったりしているのを見ると真にその通り 私も詳しくはありませんが 政治の世界で有識者と呼ばれる方々に疑問を感じることがあり 国民の中で経験者でシュミレーションして問題点を洗い出し 金額を示し推進派の有識者と話してみては トラックバック URL 2013年 12月 12日 トラックバック先 1 4〆 エネルギー基本計画 見直しに数万のパブコメを eシフト 返信をキャンセル コメントをご利用頂く際の注意 以下のフォームへの入力内容は メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます この点にご了解いただける方のみ ご利用下さい また eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません 以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが これは入力されたパソコンでのみ表示されますので 他の閲覧者から見られることはありません 名前 もしくはニックネーム 必須 メールアドレス 必須 非公開 ウェブサイト 11 16 シンポジウム どう計算しても原発は高い 地域から始める原発ゼロノミクス 声明 原発ゼロと温暖化対策をトレードオフにしてはならない eシフト お知らせ デンキエラベル2016 私たちは再生可能エネルギーを選べるか 増やせるか 今週の原発関係のイベント 1 19 日印原子力協定 1 21 原発避難計画 年始〆のパブコメ2件 電力小売営業指針 核燃料再処理 eシフトお知らせメール google グループ 上に紹介 を読もう リンク Twitter 脱原発に投票 に関するツイート 最新の記事 東京ガスさん 石炭火力発電の建設はやめて アクション 小売全面自由化の市場は8兆円 7 31 どうする 核のゴミ 最終処分と合意形成を考える日独シンポジウム 記事のカテゴリー その他 81 エネルギーシフト 61 政府のエネルギー政策の動向 29 新しいエネルギー政策提言 30 海外に学ぶ脱原発成功例 4 発送電分離 7 原発を止める 58 再稼働させない 40 原発輸出 2 規制庁問題 12 参加しよう 87 イベント 42 デモ パレード 3 ブックレット 5 声をあげよう 47 子どもを守る 5 子ども20ミリシーベルト問題 3 被害者支援法 2 避難 保養 2 東電問題 6 東電救済問題 6 記事一覧 2016年2月 1 2016年1月 1 2015年7月 1 2015年6月 1 2015年5月 2 2015年3月 1 2015年1月 2 2014年12月 1 2014年11月 1 2014年10月 1 2014年9月 2 2014年7月 1 2014年6月 1 2014年5月 1 2014年4月 3 2014年3月 1 2014年2月 3 2014年1月 2 2013年12月 2 2013年11月 3 2013年10月 3 2013年8月 2 2013年7月 3 2013年6月 3 2013年5月 2 2013年4月 3 2013年3月 4 2013年2月 4 2013年1月 1 2012年11月

    Original URL path: http://e-shift.org/?p=2830 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 【声明】 エネルギー政策見直し:「国民的議論」無視はゆるされない | eシフト
    2 歪められたプロセス 被災当事者の意見聴取を含め 市民参加を確保すべき 2011年に設置された 基本問題委員会 は廃止され かつて原発推進政策を決 定づけてきた 総合部会 が復活 現在の 基本政策分科会 も同じ体制を引 き継いでいます メンバーからは 基本問題委員会 で 原発ゼロ の立場 であった8人のうち6人が外され2名のみとなり 委員総数15名 メンバー構 成は原発維持 推進に大きく偏っています 被災当事者の声を聴く機会はまったく設定されておらず 市民参加の機会は 今のところ ウェブサイト上での意見募集に限られています 福島原発事故被 害当事者のヒアリングや意見聴取をはじめ 複数箇所 複数回の公聴会開催な ど 多面的な方法で市民参加の場を提供し それを政策に反映させるプロセス の確保が不可欠です 1 エネルギー 環境会議 関連資料 2012年 http www cas go jp jp seisaku npu policy09 archive01 html 2 革新的エネルギー 環境戦略 2012年9月14日 http www cas go jp jp seisaku npu policy09 pdf 20120914 20120914 1 pdf 3 経済産業省資源エネルギー庁 総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 http www enecho meti go jp info committee kihonseisaku index htm eシフト 脱原発 新しいエネルギー政策を実現する会 http e shift org 171 0014 東京都豊島区池袋3 30 22 203 国際環境NGO FoE Japan気付 Tel 03 6907 7217 Fax 03 6907 7219 Email info e shift org 2013 10 25 投稿者 e shift CATEGORY エネルギーシフト 新しいエネルギー政策提言 コメントを書く コメントを書く コメントRSS トラックバック 2 コメント 0 コメントはまだありません トラックバック URL 2013年 11月 13日 トラックバック先 11 13 エネルギー基本計画見直し いま問われる民意の反映 eシフト 2013年 12月 11日 トラックバック先 1 4〆 エネルギー基本計画 見直しに数万のパブコメを eシフト 返信をキャンセル コメントをご利用頂く際の注意 以下のフォームへの入力内容は メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます この点にご了解いただける方のみ ご利用下さい また eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません 以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが これは入力されたパソコンでのみ表示されますので 他の閲覧者から見られることはありません 名前 もしくはニックネーム 必須 メールアドレス 必須 非公開 ウェブサイト 10 22 原発ゼロ社会への道 新しい公論形成のための中間報告 意見交換会 東京 11 16 シンポジウム どう計算しても原発は高い 地域から始める原発ゼロノミクス eシフト お知らせ デンキエラベル2016 私たちは再生可能エネルギーを選べるか 増やせるか 今週の原発関係のイベント 1 19 日印原子力協定 1 21 原発避難計画 年始〆のパブコメ2件 電力小売営業指針 核燃料再処理 eシフトお知らせメール google グループ 上に紹介 を読もう リンク Twitter 脱原発に投票 に関するツイート 最新の記事 東京ガスさん 石炭火力発電の建設はやめて アクション 小売全面自由化の市場は8兆円 7 31 どうする 核のゴミ 最終処分と合意形成を考える日独シンポジウム 記事のカテゴリー その他 81 エネルギーシフト 61 政府のエネルギー政策の動向 29 新しいエネルギー政策提言 30 海外に学ぶ脱原発成功例 4 発送電分離 7 原発を止める 58 再稼働させない 40 原発輸出 2 規制庁問題 12 参加しよう 87 イベント 42 デモ パレード 3 ブックレット 5 声をあげよう 47 子どもを守る 5 子ども20ミリシーベルト問題 3 被害者支援法 2 避難 保養 2 東電問題 6 東電救済問題 6 記事一覧 2016年2月 1 2016年1月 1 2015年7月 1 2015年6月 1 2015年5月 2 2015年3月 1 2015年1月 2 2014年12月 1 2014年11月 1 2014年10月 1 2014年9月 2 2014年7月 1 2014年6月 1 2014年5月 1 2014年4月 3 2014年3月 1 2014年2月 3 2014年1月 2 2013年12月 2 2013年11月

    Original URL path: http://e-shift.org/?p=2822 (2016-02-16)
    Open archived version from archive

  • 10/22 「原発ゼロ社会への道──新しい公論形成のための中間報告」意見交換会(東京) | eシフト
    4 60分 19 30 まとめ 19 45 閉会 みなさまのご意見をお寄せください 参加者におかれましては 原子力利用への賛否 原子力やエネルギー政策 に関する専門知識の有無などは問いません ぜひともみなさまの率直なご意 見をお伺いし 互いにこうした問題への理解を深めていければと思います なお 本意見交換会で提出されたご意見は 記録の上 広く原子力市民委 員会のメンバー全体に共有し 脱原子力政策大綱 をとりまとめる過程で 参考にしていく予定です ご意見は個人情報を除き 公開させていただくこ とがあります オンラインでも募集しています http www ccnejapan com page id 1661 原子力市民委員会とは 原子力市民委員会 CCNE は 2011年3月の東日本大震災による福島原発事 故を受けて 脱原発社会の構築のために必要な情報の収集 分析および政策 提言を行う市民シンクタンクを目指して 2013年4月15日に設立されました 2014年春を目処に 脱原子力政策大綱 第一次 を発表する予定です その 中間報告 が10月7日に発表されました 原子力市民委員会 事務局 160 0004 東京都新宿区四谷1 21 戸田ビル4F TEL FAX 03 3358 7064 URL http www ccnejapan com e mail email ccnejapan com 2013 10 16 投稿者 e shift CATEGORY イベント エネルギーシフト 参加しよう 新しいエネルギー政策提言 コメント 1 コメントを書く コメントRSS トラックバック 0 コメント 1 mshortmt 2013年 11月 16日 11 40pm 返信 引用 小泉元総理の脱原発 即原発ゼロに大賛成です 未曾有の大震災で大被害を受けた地震国 日本 原発は安全だという安全神話の元 40数年間 原発を稼働し続けてきた日本 安全なのだから 事故など起こりえない 被害などあり得ないという勝手な 国と電力会社の言い分で 国民は騙され続けて来ました 安全だと主張して地方に誘致する以上 もしもの想定はしてはならないのだから 避難訓練さえ行ってこなかったのです 今回 マグニチュード9の東日本大地震が起こり福島原発は大事故を起こし大変な事態になりました 想定外 でした で済まされることではありません 地震 津波による原発事故のため 放射能で汚染された家に近づくこともできず故郷を離れざるを得なくなった多くの福島県の方々 現在も放射能汚染に怯えながら暮らしておられる方々 2年8ヶ月が経過した現在でも多くの方々が不自由で困難な生活を強いられています 原発はトイレのないマンションと言われています トイレのないマンションなど建設許可が下りるはずもないのに 何故 核廃棄物の処理方法 処理場所など何も決定していない原発に建設許可が下りたのでしょうか トイレの汚物ぐらいで多くの人間を失うことはありませんが 原発は一つ間違えば多くの命を一瞬にして奪ってしまいます 汚物処理すら容易にできず 人間の手におえないようなこんな危険なものを何故 地震国日本で建設許可したのでしょうか 資源に乏しい日本だから 安全でクリーンで低価格な原子力をと国を挙げて推進してきたのでしょうが この大事故の結果 安全ではなくクリーンでもなく低価格でもないことが証明されました 事故処理 被災者への補償など莫大な税金を使わねばなりません 原発建設 稼働 誘致 事故処理 補償 これらの金額を計算した時 原子力が一番高くついているはずです 原発事故が起こって一番被害を受け命の危険にさらされるのは国民です 国民抜きで原発問題を 国と電力会社だけで勝手に決めて推進しないでもらいたい 地球温暖化で 世界各国で多くの未曾有の災害が起こっています これからも想定外の大災害が起こる可能性は十分あります 日本は今回の原発事故により 大量の放射能を空気中にまき散らし 大量の放射能を海に流出させて地球を汚し生態系を狂わせた加害国なのですから 罪を償うためにも 将来 綺麗な地球を子孫達に残すためにも そして現在も深刻な放射能被害を受けて苦しんでいる人々がたくさんいるのですから 原発を推進するのではなく 原発ゼロに向けて舵をきるべきです 政治のリーダーである総理大臣だけが方針を決定する権利を持っていることを知っておられる小泉元総理だからこそ 今回このような発言をされているのです 総理大臣が脱原発に舵を切れば 国民はその方向に向かい 国民総知恵で 安全でクリーンで低コストのエネルギーを生み出すために 色々なアイディア 色々な産業が生まれていくと言われているのです 郵政民営化で 多くの自民党幹部 野党を敵に回しながらも 民営化を実現させた小泉元総理 今回は 殆どの野党が脱原発に賛成なので 一部の自民党幹部 大手企業 電力会社を敵に回すぐらい何でもない 彼の時と比べたらずっと簡単だよと言われているのです 本当にその通り 国民の命がかかっている原発問題 莫大な税金を投入せざるを得ない原発問題 安倍総理 どうか総理大臣にしか与えられていないという決定権を使って 国民の命 安全 平和のために 脱原発 を宣言して下さい そうすれば 国民はみんな協力して 自然エネルギーに向かって努力を惜しまないでしょう そして きっと安倍総理は 高支持率を獲得し アベノミックスで経済を立て直し脱原発に舵を切った総理として 歴代一位の人気を獲得するはずです 安倍総理 是非 小泉元総理を見習って格好良いヒーローになって下さい トラックバック URL トラックバックはまだありません 返信をキャンセル コメントをご利用頂く際の注意 以下のフォームへの入力内容は メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます この点にご了解いただける方のみ ご利用下さい また eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません 以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが これは入力されたパソコンでのみ表示されますので 他の閲覧者から見られることはありません 名前 もしくはニックネーム 必須 メールアドレス 必須 非公開 ウェブサイト 10 27 原発ゼロノミクス in京都 再生可能エネルギー普及への道を切りひらこう 声明 エネルギー政策見直し 国民的議論 無視はゆるされない eシフト お知らせ デンキエラベル2016 私たちは再生可能エネルギーを選べるか 増やせるか 今週の原発関係のイベント 1 19 日印原子力協定 1 21 原発避難計画 年始〆のパブコメ2件 電力小売営業指針 核燃料再処理 eシフトお知らせメール google グループ 上に紹介 を読もう リンク Twitter 脱原発に投票 に関するツイート 最新の記事 東京ガスさん 石炭火力発電の建設はやめて アクション 小売全面自由化の市場は8兆円 7 31 どうする 核のゴミ 最終処分と合意形成を考える日独シンポジウム 記事のカテゴリー その他 81 エネルギーシフト 61 政府のエネルギー政策の動向 29 新しいエネルギー政策提言 30 海外に学ぶ脱原発成功例 4 発送電分離 7 原発を止める 58 再稼働させない 40 原発輸出 2 規制庁問題 12 参加しよう 87 イベント 42 デモ パレード 3 ブックレット 5 声をあげよう 47 子どもを守る

    Original URL path: http://e-shift.org/?p=2819 (2016-02-16)
    Open archived version from archive



  •