archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • シンポジウム 遺伝子組み換え作物は危険なのか? : Global Energy Policy Research
    映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20160208-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • コラム : Global Energy Policy Research
    かつて原子力に対して批判的な立場を取った米英の環境派知識人たちが 賛成に転じた軌跡を追っている 続きを読む 映画 パンドラの約束 下 改訂 賛成 反対の二分論の克服を 石井 孝明 放射能の健康への影響 6月の公開前後にニューヨーク タイムス ワシントンポストなど主要紙の他 NEI 原子力エネルギー協会 サイエンティフィック アメリカン Scientific American 著名な科学雑誌 原子力支持および反原子力の団体や個人などが この映画を記事にした 続きを読む エネルギー政策の混迷をもたらしている地球温暖化対策 下 低炭素社会 追求への疑問 久保田 宏 地球温暖化 はじめに述べたようにいま ポスト京都議定書の地球温暖化対策についての国際協議が迷走している その中で日本の国内世論は京都議定書の制定に積極的に関わった日本の責任として 何としてでも 今後のCO2 排出枠組み国際協議の場で積極的な役割を果たすべきだと訴える 続きを読む 今週のアップデート 原子力をめぐる恐怖感の分析 2013年10月21日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 会見 謝罪はいつまで続くのか トムソン ロイター日本版 原子力に対する評価 10月9日コラム 筆者は同社記者の浜田健太郎氏 福島原発事故を起こした東電は 社会に発信する際に 必ず謝罪をする 同社は批判をされるべきであるものの 謝罪で状況が変わるわけではないと指摘 その上で東電が一方的に負担を続ける処理スキームが変わることが必要という意見を述べている 続きを読む インタビュー 東電 発電所売却し廃炉費用に 橘川武郎教授 トムソン ロイター日本版 原子力に対する評価 10月17日記事 一橋大学の橘川教授のインタビュー 東電の処理が問題になっている 水俣病を起こしたチッソが会社存続をしながら 支払いを続けた例を参考に 負担の上で持続可能な形で賠償を続けられる仕組みづくりを主張している 続きを読む 原発事故 避難者の帰還実現のために 1mSv基準見直しをするには 河田 東海夫 放射能の健康への影響 福島県内で 震災関連死 と認定された死者数は 県の調べで8月末時点に1539人に上り 地震や津波による直接死者数に迫っている 宮城県の869人や岩手県の413人に比べ福島県の死者数は突出している 除染の遅れによる避難生活の長期化や 将来が見通せないことから来るストレスなどの悪影響がきわめて深刻だ 現在でもなお 14万人を超す避難住民を故郷に戻すことは喫緊の課題だが それを阻んでいるのが 1mSvの呪縛 だ 年間1mSv以下でないと安全ではない との認識が社会的に広く浸透してしまっている 続きを読む エネルギー政策の混迷をもたらしている地球温暖化対策 中 石炭 再エネは決め手ではない 久保田 宏 地球温暖化 福島原発の事故により 事故直前 2010年度 に 国内電力供給の25 を占めていた原発電力の殆どが一時的に供給を停止している 現在 安全性の確認後の原発がどの程度 再稼動を許可されるかは不明であるが 現状の日本経済の窮状を考えるとき いままで 国民の生活と産業を支えてきた原発電力の代替として輸入される化石燃料は できるだけ安価なものが選ばれなければならない 続きを読む 今週のアップデート 福島の除染 原発汚染水問題の解決を目指して 2013年10月15日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクであるGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ は サイトを更新しました 続きを読む 汚染水って何 池田 信夫 放射能の健康への影響 アゴラ掲載コラム 福島原発の汚染水問題を他のリスクとの比較で解説した 例えば 水銀 それが蓄積されたマグロなどに危険があるという もちろん 汚染水問題への注視は必要であるものの その危険を過度に騒ぐ必要はないであろう 続きを読む 社会心理リハビリセンター 原子力委員会メールマガジン 原子力委員会 放射能の健康への影響 同委員会の秋庭悦子委員のコラム 1986年にチェルノブイリ原発事故が起こったウクライナでは 心理的被害を受けた子供たちを中心に 地域の方々に放射線に対する正確な知識を伝え 心理的なストレスを軽減することを目的にした 社会心理リハビリセンター が活動している それを福島でつくろうという動きを紹介 続きを読む 原発事故 海は危険なのか 福島近隣海域における放射能汚染の変遷 日下部 正志 放射能の健康への影響 福島原発事故以来 環境の汚染に関してメディアには夥しい数の情報が乱れ飛んでいる 内容と言えば 環境はとてつもなく汚されたというものから そんなのはとるに足らぬ汚染だとするものまで多様を極め 一般の方々に取っては どれが正しいやら混乱するばかりである 続きを読む エネルギー政策の混迷をもたらしている地球温暖化対策 上 対策の一つ原子力の検証 久保田 宏 放射能の健康への影響 20世紀末の地球大気中の温度上昇が 文明活動の排出する膨大な量のCO2などの温室効果ガス 以下CO2 と略記する の大気中濃度の増加に起因すると主張するIPCC 気候変動に関する政府間パネル 国連の下部機構 による科学の仮説 いわゆる 地球温暖化のCO2原因説 に基づいて 世界各国のCO2排出削減量を割当てた京都議定書の約束期間が終わって いま 温暖化対策の新しい枠組みを決めるポスト京都議定書のための国際間交渉が難航している 続きを読む 今週のアップデート 福島海洋汚染は危険か 科学的実証 2013年10月7日 GEPR編集部 福島原発事故で流れ出る汚染水への社会的な関心が広がっています その健康被害はどのような程度になるのか 私たちへの健康について 冷静に分析した記事がありません 続きを読む 原発事故 避難者の現状 仲間はずれを嫌う心理 など 北村 俊郎 原子力に対する評価 前代未聞の原発事故から二年半を過ぎて 福島の被災者が一番注意していることは仲間はずれにならないことだ 大半が知らない土地で仮の生活をしており 親しく付き合いのできる相手はまだ少ない そのような状況では 連絡を取り合っている元の町内の人たちとのつながりは なにより大切なものだ 家族や親戚以外にも従来交流してきた仲間とは 携帯電話やメールなどでよく連絡を取り合っている 仕事上の仲間も大切で 暇にしていると言うと 一緒に仕事をやらないかと声を掛けてくれる 続きを読む 脱原発のために 日本は再生可能エネルギー大国にならなければならない 久保田 宏 再生可能エネルギー技術 福島原発事故後 民間の事故調査委員会 福島原発事故独立検証委員会 の委員長をなさった北澤宏一先生の書かれた著書 日本は再生可能エネルギー大国になりうるか ディスカバー トゥエンティワン 以下本書と略記 文献1 を手に取って 非常に大きな違和感を持ったのは私だけであろうか 続きを読む 今週のアップデート 福島原発事故 海外専門家からの視点 2013年9月30日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクであるGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 法の支配とその敵 池田 信夫 エネルギー政策への提言 東京電力が原子力規制委員会に新潟県にある柏崎刈羽原発の再稼動審査を提出した 泉田裕彦同県知事は了承するとしたが 彼にはその権限はない 泉田知事の一連の行為を 法の支配の敵 と厳しく批判している 続きを読む 福島原発観光でイメージ回復を チェルノブイリ ダークツーリズム ガイド を語る 下 東浩紀 石川和男対談 GEPR編集部 原子力に対する評価 チェルノブイリの現状は 福島の放射能問題の克服を考えなければならない私たちにとってさまざまな気づきをもたらす 石川氏は不思議がった 東さんの語る事実がまったく日本に伝わっていない 悲惨とか危険という情報ばかり 報道に問題があるのではないか 続きを読む 福島原発事故 専門家は責任から逃げるな 石井 孝明 原子力に対する評価 ある政府系財団の科学コミュニケーションセンターで 関係者がTwitterで 専門家による意義深い取り組みです と 学者が科学知識を伝える組織の活動を紹介していた 科学技術と社会の関係は関心のある領域で 私はこうした情報をウォッチしている しかし ちょっと腹が立った そこには 福島 原発事故 という文字がない 挑発はよくないが 私はその関係者に次の皮肉を送ってしまった 続きを読む 米国シェールガス革命は好機か 危機か 竹内 純子 米国シェールガス革命に対する欧州と日本の反応の違いが興味深い 日本では 米国シェールガス革命によって日本が安価に安定的に燃料を調達できるようになるか否かに人々の関心が集中している 原子力発電所の停止に伴い急増した燃料費負担に苦しむ電力会社が行った値上げ申請に対し 電気料金審査専門委員会では 将来米国から安いシェールガスが調達できることを前提に値上げ幅の抑制を図られたが 事ほど左様に米国のシェールガス革命に期待する向きは大きい 続きを読む 今週のアップデート チェルノブイリから福島を考える 2013年9月24日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPRはサイトを行進しました 続きを読む 原子力 エネルギー問題 新聞が伝える使命を放棄した おやおやマスコミ 中村 政雄 原子力に対する評価 GEPR編集部より このサイトでは メディアのエネルギー 放射能報道について これまで紹介をしてきました 今回は エネルギーフォーラム9月号に掲載された 科学ジャーナリストの中村政雄氏のまとめと解説を紹介します 転載を許諾いただきました中村政雄様 エネルギーフォーラム様に感謝を申し上げます 続きを読む 今週のアップデートー 福島原発 汚染水処理の行方 2013年9月17日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンク GEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む オピニオン 福島第1原発への理性的な対応妨げる放射線恐怖症 ニューヨークタイムズ 放射能の健康への影響 9月10日掲載 論説記者のホルマン ジェンキンス氏の解説で 英語原文は Japan and the Fate of Nuclear Power Radiation phobia prevents a rational response to Fukushima 11年5月に福島原発で漏れた汚染水は 45リットルを飲んでCTスキャン1回分 にしかすぎず 恐怖が膨大なコストと不安を広げていると指摘した 続きを読む IPCC報告書のリーク報道をめぐって 江守 正多 地球温暖化 9月末に国連のIPCC 気候変動に関する政府間パネル の第5次評価報告書が発表されることをきっかけに 9月3日に池田信夫さんの 言論アリーナ に呼んで頂き 澤昭裕さんも交えて地球温暖化の話をさせて頂く機会を得た YouTube 地球は本当に温暖化しているのか その内容は別ページでも報告されるが 当日の説明では言い足りなかったり 正確に伝わるか不安であったりする部分もあるため お伝えしたかった内容の一部を改めて書き下ろしておきたい 続きを読む 誤解だらけの原子力発電所40年運転期間制限 澤 昭裕 原子力に対する評価 40年問題 という深刻な論点が存在する 原子力発電所の運転期間を原則として40年に制限するという新たな炉規制法の規定のことだ その条文は以下のとおりだが 原子力発電所の運転は 使用前検査に合格した日から原則として40年とし 原子力規制委員会の認可を得たときに限って 20年を越えない期間で運転延長できるとするものである 続きを読む 福島原発 汚染水は健康への影響なし 石井 孝明 放射能の健康への影響 東京電力福島第一原発の事故処理で 汚染水問題が騒がれている このコラムで私は問題を考えるための図を2つ示し 以下の結論を示したい 続きを読む 今週のアップデート IPCC公表を機に 温暖化問題に再注目を 2013年9月9日 GEPR編集部 GEPR を運営するアゴラ研究所は インターネット放送 言論アリーナ を提供しています 9月3日は1時間にわたって 地球は本当に温暖化しているのか IPCC ポスト京都を考える YouTube を放送しました その報告記事を提供します 続きを読む 今週のアップデート 核燃料サイクル 今見直しの時 2013年9月2日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 福島第一原発事故の 真犯人 は霞が関にいた 東電に責任を押しつける無責任体制は解体すべきだ 池田信夫 エネルギー政策への提言 アゴラ研究所所長 池田信夫氏のコラム JBPRESS 8月29日記事 池田氏が東電処理スキームの成立までの状況を整理している 現在の東電処理スキームへの疑問 また官僚のモラルにも言及している 続きを読む 日本は核燃料サイクルを放棄するなかれ その3 六ヶ所の早期稼動はなぜ必要か 金子 熊夫 原子力に対する評価 翻って 話を原子力平和利用に限ってみれば 当面の韓米の再処理問題の帰趨が日本の原子力政策 とりわけ核燃料サイクル政策にどのような影響を及ぼすだろうか 逆に 日本の核燃料サイクル政策の変化が韓国の再処理問題にどう影響するか 日本ではこのような視点で考える人はあまりいないようだが 実は この問題はかなり微妙な問題である 続きを読む 日本は核燃料サイクルを放棄するなかれ その4 国際的なプルトニウム管理体制の必要 金子 熊夫 原子力に対する評価 他方 六ヶ所工場に関連してもう一つ 核不拡散の観点からの問題がある すなわち はっきりした使途のない 余剰プルトニウム の蓄積の問題である 続きを読む 真の原子力再生に必要なことは何か 下 原子力再生に向けて 御剣 岳志 原子力に対する評価 前回ご紹介した失敗メカニズムの本質的構造から類推すると 米国の学者などが1990年代に行った 日本における原子力発電のマネジメント カルチャーに関する調査 の時代にはそれこそ世界の優等生であった東電原子力部門における組織的学習がおかしくなったとすれば それは東電と社会 規制当局との基本的な関係が大きく変わったのがきっかけであろうと 専門家は思うかもしれない 続きを読む 今週のアップデート 核廃棄物 国際管理の必要 2013年8月26日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPRはサイトを更新しました 続きを読む 回り回って結局 エネルギーは原子力 ニューヨークタイムズ 原子力に対する評価 8月20日掲載の論説 原題は Coming Full Circle in Energy to Nuclear 米国のジャーナリスト エデュアルト ポーター氏の寄稿 オバマ政権の グリーン エネルギー政策 が失敗 いろいろ試してみて 結局 原子力は有力な選択肢として残ったという分析だ 続きを読む 原子力のまやかし 温暖化の恐れによる推進は誤り ニューヨークタイムズ 原子力に対する評価 8月23日掲載の論説 原題は The New Nuclear Craze Fears of climate change are no reason to revive a doomed energy source 使用済み核燃料の処理方法は決まらず 再生可能エネルギーを伸ばすべきだ 化石燃料の使用を規制を強めて当面はするべきだとの論調 日本と同じような議論が 米国でも行われている ただし その議論はメディアで見る限り理性的だ 続きを読む 日本は核燃料サイクルを放棄するなかれ その1 韓国はなぜ再処理を目指すのか 金子 熊夫 原子力に対する評価 3 11福島原発事故から二年半 その後遺症はいまだに癒えておらず 原子力に対する逆風は一向に弱まっていない このような状況で 原子力の必要性を口にしただけで 反原発派から直ちに 御用学者 呼ばわりされ 個人攻撃に近い非難 誹謗の対象となる それゆえ 冒頭で敢えて一言言わせていただく 続きを読む 日本は核燃料サイクルを放棄するなかれ その2 原子力の国際規制 米国の意図 金子 熊夫 原子力に対する評価 実は この事前承認条項は 旧日米原子力協定 1988年まで存続 にもあったものだ そして この条項のため 36年前の1977年夏 日米では 原子力戦争 と言われるほどの激しい外交交渉が行われたのである 続きを読む 真の原子力再生に必要なことは何か 上 ー 栄光の日々と混迷の日々 御剣 岳志 原子力に対する評価 日本ばかりか全世界をも震撼させた東日本大地震 大津波による東電福島第一原子力発電所のメルトダウンから2年以上が経つ それでも 事故収束にとり組む現場ではタイベックスと呼ばれる防護服と見るからに息苦しいフルフェイスのマスクに身を包んだ東電社員や協力企業の人々が 汗だらけになりながらまるで野戦病院の様相を呈しつつ日夜必死で頑張っている 続きを読む 今週のアップデート 核燃料サイクル 歴史的検証 2013年8月19日 GEPR編集部 日本の原子力問題で 使用済み核燃料の処理の問題は今でも先行きが見えません 日本はその再処理を行い 量を減らして核兵器に使われるプルトニウムを持たない 核燃料サイクル政策 を進めてきました ところが再処理は進まず それをつかうもんじゅは稼動せず 最終処分地も決まりません 続きを読む 書評 原子力2 0 池田 信夫 原子力に対する評価 英国のジャーナリストで環境 エネルギー問題に詳しいマーク リナス氏の最新刊について 池田信夫アゴラ研究所所長が論評 世界の論調では 他のエネルギーとの比較において 原子力が優位にあるとの評価が定着しており 福島事故後も変わらない 続きを読む 70代で金鉱を掘り当てた シェール革命の父 の生涯 英経済誌エコノミスト エネルギー産業の分析 8月3日記事 日経の翻訳 シェールガスの増産は採掘法の技術革新でもたらされた 7月に96歳で亡くなった米国のジョージ ミッチェル氏の物語です 70歳を越えて 新技術を開発した 続きを読む FIT導入から1年が経過して思うこと 大和総研 再生可能エネルギー技術 エコノミスト神田慶司氏のコラム FIT 固定価格買取制度 から1年 太陽光で3倍 計画ベース など伸びは著しいが コスト そして目標の不明確さがあるとの問題を指摘している 続きを読む 今週のアップデート エネルギーの混乱 財界はどう見る 2013年8月5日 GEPR編集部 エネルギー 原発問題では 批判を怖れ 原子力の活用を主張する意見を述べることを自粛する状況にあります 特に 企業人 公職にある人はなおさらです その中で JR東海の葛西敬之会長はこの問題について 冷静な正論を機会あるごとに述べています その姿勢に敬意を持ちます 今回は エネルギー関係者のシンポジウムでの講演を記事化 自らが体験した国鉄改革との比較の中でエネルギーと原子力の未来を考えています 続きを読む 期待される海水からのウラン捕集研究の現状 日本の豊かな海の活用法 瀬古 典明 原子力に対する評価 海は人間にとって身近でありながら 他方最も未知な存在とも言える その海は未知が故に多くの可能性を秘めており 食料庫として利用しているのみならず たくさんのエネルギー資源が存在している 続きを読む 海外の太陽 風力エネルギー資源の利用拡大を図ろう 上 塩沢 文朗 再生可能エネルギー技術 再生可能エネルギーの導入拡大に向けてさまざまな取組みが行われているが これまでの取組みは十分なものといえるのだろうかというのが 今回 問題提起したいことです そのポイントは以下のようになります 続きを読む 海外の太陽 風力エネルギー資源の利用拡大を図ろう 下 塩沢 文朗 再生可能エネルギー技術 海外の太陽 風力エネルギー資源への依存が不可欠 という認識に立った時 海外の太陽 風力エネルギー資源を利用して 如何に大量かつ安価なエネルギーを製造し それをどのように日本に運んでくるか ということが重要な課題となります 続きを読む おやおやマスコミ 新聞はエライのか 活断層問題から考える 中村 政雄 原子力に対する評価 新聞は 不偏不党 中立公正 を掲げていたが 原子力報道を見ると すっかり変わった 朝日 毎日は反対 読売 産経は推進姿勢が固定した 続きを読む 今週のアップデート 海水ウラン 利用研究の現状 2013年7月29日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギー研究機関GEPRはサイトを更新しました 続きを読む 電力システム改革を改革すべし その3 石川 和男 エネルギー産業の分析 その1 その2 に続いて 経済産業省 総合エネルギー調査会総合部会 電力システム改革専門委員会 の 報告書 を委員長としてとりまとめた伊藤元重 東京大学大学院経済学研究科教授が本年4月に公開した論考 日本の電力システムを創造的に破壊すべき3つの理由 上 下 について 私見を述べていきたい 続きを読む 今週のアップデート 参議院選挙後のエネルギー政策展望 2013年7月22日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーの バーチャルシンクタンク であるグローバルエナジー ポリシーリサーチ GEPR はサイトを更新しました 続きを読む 参院選東京選挙区でなぜか盛り上がる原発事故 SPEEDIデータの公表是非を巡る議論のナンセンス JBプレス 原子力に対する評価 7月19日掲載記事 物理学者であり作曲家でもある東京大学伊東乾准教授の寄稿 投開票前に 東京で原発事故直後に公開されなかった核物質の拡散情報を提供するSPEEDIをめぐる騒動について 言及している これを文科省が隠したという噂が流れているが 一種のシミュレーションで参考情報程度にしかならないという見解を述べている 続きを読む 日本の強み 省エネ をなぜ活かせないのか 石井 孝明 エネルギー産業の分析 エネルギー政策について 原発事故以来 原発を続ける やめる という単純な話が 政治家 民間の議論で語られる しかし発電の一手段である原発の是非は 膨大にあるエネルギーの論点の一つにすぎない 続きを読む 今週のアップデート 電力自由化 残された論点 金融 2013年7月16日 GEPR編集部 著名なエネルギーアナリストで 電力システム改革専門委員会の委員である伊藤敏憲氏の論考です 電力自由化をめぐる議論が広がっています その中で ほとんど語られていないのが 電力会社に対する金融のかかわりです これまで国の保証の下で金融の支援がうながされ 原子力 電力の設備建設が行われてきました ところが その優遇措置の行方が電力自由化の議論で 曖昧になっています 続きを読む 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 の著者 門田隆将氏の後援から 再掲載 GEPR編集部 原子力に対する評価 原発事故当時 東京電力の福島第1原発所長だった 吉田昌郎氏が7月9日に亡くなった ご冥福をお祈りします GEPRでは 吉田氏にインタビューしたジャーナリスト門田隆将氏の講演 続きを読む 菅直人氏の見苦しい嘘 池田 信夫 原子力に対する評価 菅直人氏が 吉田昌郎氏の死去に伴って 海水注入をめぐってツイッターで大量に情報を発信している 原発事故の際に海水注入を指示したのは 自分ではない と その発言には疑念があることを指摘した 続きを読む 電力システム改革 を改革すべし その1 石川 和男 エネルギー産業の分析 先の国会の会期末で安倍晋三首相の問責決議可決などの政治の混乱により 政府が提出していた 電気事業法変更案 が廃案になった 報道によると 安倍首相は 秋の臨時国会で直ちに成立させたい と述べたそうだ 続きを読む 電気事業者を排除した電気事業改革は無意味である 森本 紀行 エネルギー産業の分析 政策として重要なのは 脱原子力ではなくて 脱原子力の方法である 産業政策的に必要だからこそ国策として行われてきた原子力発電である 脱原子力は 産業政策全般における電気事業政策の抜本的転換を意味する その大きな構想抜きでは 脱原子力は空疎である 続きを読む 今週のアップデート 電力システム改革の進め方 2013年7月8日 GEPR編集部 発送電分離 地域独占を柱とする電力システム改革の見直しが検討されています 6月の国会では 審議未了によって廃案になりましたが 安倍内閣は再提出の意向です しかし 実施によって メリットはあるのでしょうか 続きを読む オバマ政権の温暖化政策の愚行 米紙ワシントンポスト エネルギー政策への提言 7月5日論説記事 英語題名は Obama s global warming folly 保守派の著名コラムニストであるチャールズ クラウトハンマー氏が オバマ大統領の地球温暖化政策を批判 地球温暖化問題は深刻とした上で オバマ政権が打ち出したように 石炭の使用を止めたら万事解決というような問題ではないと指摘 米国だけが自分で 経済的な自殺 を図るのは愚行だと まとめている 続きを読む 泉田新潟県知事に再稼動申請の拒否権はない 池田 信夫 原子力に対する評価 泉田氏の行動について 元同僚だった池田信夫アゴラ研究所所長が批判している 続きを読む 原発再稼動遅れによる9兆円の損害 精神論抜きの現実的エネルギー論 上 GEPR編集部 原子力に対する評価 日本最大級の言論プラットホーム アゴラが運営するインターネット放送の 言論アリーナ 6月25日 火曜日 の放送は午後8時から1時間にわたって 原発はいつ再稼動するのか 精神論抜きの現実的エネルギー論 を放送した 続きを読む 原子力の未来 政治の意思表明を 精神論抜きの現実的エネルギー論 下 GEPR編集部 原子力に対する評価 エネルギーをめぐる現実派的な見方を提供する 国際環境経済研究所 IEEI 所長の澤昭裕氏 東京工業大学助教の澤田哲生氏 アゴラ研究所所長の池田信夫氏によるネット放送番組 言論アリーナ の議論は 今後何がエネルギー問題で必要かの議論に移った 続きを読む 今週のアップデート 現実的エネルギー論を語る 2013年7月1日 GEPR編集部 GEPRの運営母体であるアゴラが運営するインターネット放送の 言論アリーナ 6月25日の放送は 原発はいつ再稼動するのか 精神論抜きの現実的エネルギー論 をまとめました 続きを読む 必要な情報が政治家に伝わらない エネルギー問題 政治主導 の弊害を振り返る 石井 孝明 エネルギー産業の分析 エネルギー 環境問題を観察すると 正しい情報が政策決定者に伝わっていない という感想を抱く場面が多い あらゆる問題で 政治主導 という言葉が使われ 実際に日本の行政機構が政治の意向を尊重する方向に変りつつある しかし それは適切に行われているのだろうか 続きを読む 電気事業は設備を作るほど儲るのか 総括原価方式の功罪 電力改革研究会 エネルギー政策への提言 電力料金の総括原価方式について 最近広がる電力自由化論の中で 問題になっている これは電力料金の決定で用いられる考え方で 料金をその提供に必要な原価をまかなう水準に設定する値決め方式だ 戦後の電力改革 1951年 以来導入され 電力会社は経産省の認可を受けなければ料金を設定できない 日本の電力供給体制では 電力会社の地域独占 供給義務とともに それを特徴づける制度だ 続きを読む 今週のアップデート エネルギー政策 意思決定の陥穽 2013年6月24日 GEPR編集部 あらゆる問題で 政治主導 という言葉が使われます しかしそれは正しいのでしょうか 鳩山政権での25 削減目標を軸に エネルギー政策での適切な意思決定のあり方を考えた論考です GEPRの編集者である石井孝明の寄稿です 続きを読む 今週のアップデート 再エネ補助は2800億円の巨額 2013年6月17日 GEPR編集部 電力中央研究所の朝野賢司主任研究員の寄稿です 福島原発事故後の再生可能エネルギーの支援の追加費用総額は 年2800億円の巨額になりました 再エネの支援対策である固定価格買取制度 FIT が始まったためです この補助総額は10年の5倍ですが 再エネの導入量は倍増しただけです この負担が正当なものか 検証が必要です 続きを読む 今週のアップデート 福島の除染 見えない解決 2013年6月10日 GEPR編集部 福島の1ミリシーベルトの除染問題について アゴラ研究所フェローの石井孝明の論考です 出だしを間違えたゆえに 福島の復興はまったく進みません 今になっては難しいものの その見直しを訴えています 以前書いた原稿を大幅に加筆しました 続きを読む エネルギー研究 政府支援で成果をあげた日本 石井 孝明 エネルギー産業の分析 かつて省エネ政策を取材したとき 経産省の担当官僚からこんなぼやきを聞いたことがある メディアの人は日本の政策の悪い話を伝えても 素晴らしい話を取材しない この仕事についてから日本にある各国の大使館の経済担当者や いろんな政府や国際機関から 毎月問い合わせの電話やメールが来るのに 続きを読む 電力自由化 発電所建設は 社会主義 でないと難しい 山本 隆三 エネルギー産業の分析 自由化された電力市場では 夏場あるいは冬場の稼働率が高い時にしか利用されない発電設備を建設する投資家はいなくなり 結果老朽化が進み設備が廃棄されるにつれ やがて設備が不足する事態になる 続きを読む 今週のアップデート 日本のエネルギー技術研究の成果 2013年6月3日 GEPR編集部 福島原発事故以来 日本のエネルギー政策には世世論から批判を集めます 確かに 事故の大失態は批判されるべきですが 過去の業績をすべて否定する必要はありません GEPRの編集に関わる経済 環境ジャーナリストの石井孝明氏が 過去のエネルギー政策で評価する例を紹介します 続きを読む エネルギー産業が再生の鍵 日本企業は何で食っていくのか 池田 信夫 エネルギー産業の分析 伊丹敬之一橋大学名誉教授の本の書評 日本の産業を分析してきた伊丹氏は エネルギーの技術力に注目している 日本の産業界の力の低下が懸念されている エネルギー産業は原発事故後に停滞したが 期待の分野として再評価されるべきだ 続きを読む 米国のエネルギー独立は本当か 小野 章昌 エネルギー産業の分析 米国が最近のシェールガス シェールオイルの生産ブームによって将来エネルギー 石油 ガス の輸入国でなくなり これまで国の目標であるエネルギー独立 Energy Independence が達成できるという報道がなされ 多くの人々がそれを信じている 本当に生産は増え続けるのであろうか 続きを読む サッチャー元首相と気候変動 有馬 純 地球温暖化 4月8日 マーガレット サッチャー元首相が亡くなった それから4月17日の葬儀まで英国の新聞 テレビ ラジオは彼女の生涯 業績についての報道であふれかえった 評者の立場によって彼女の評価は大きく異なるが ウィンストン チャーチルと並ぶ 英国の大宰相であったことは誰も異存のないところだろう 続きを読む 今週のアップデート 米国のエネルギー独立の可能性 2013年5月27日 GEPR編集部 世界のエネルギーの変革を起こしているシェールガス革命 その中で重要なのがアメリカのガスとオイルの生産が増加し アメリカのエネルギー輸入が減ると予想されている点です GEPRもその情報を伝えてきました エネルギー独立 は米国の政治で繰り返された目標ですが 達成の期待が高まります 続きを読む 今週のアップデート シェールガス革命の衝撃 2013年5月20日 GEPR編集部 GEPRを運営するアゴラ研究所は映像コンテンツ アゴラチャンネル を放送しています 5月17日には国際エネルギー機関 IEA の前事務局長であった田中伸男氏を招き 池田信夫所長と エネルギー政策 転換を今こそ シェール革命が日本を救う をテーマにした対談を放送しました 続きを読む 非科学的な原子力規制委員会の行動を憂う 不公正を許してはならない 森本 紀行 原子力に対する評価 原子力規制委員会は 今年7月の施行を目指して 新しい原子力発電の安全基準づくりを進めている そして現存する原子力施設の地下に活断層が存在するかどうかについて 熱心な議論を展開している この活断層の上部にプラントをつくってはならないという方針が 新安全基準でも取り入れられる見込みだ 続きを読む チェルノブイリ博物館で福島展を開催 2つの事故の教訓を未来への希望に変えるために 宮腰 由希子 放射能の健康への影響 このコラムでは 1986年に原発事故の起こったチェルノブイリの現状 ウクライナの首都キエフにあるチェルノブイリ博物館 そして私がコーディネートして今年6月からこの博物館で行う福島展について紹介したい 続きを読む まだない未来 ジュネーブ モーターショーから垣間見えたもの 菊川 人吾 再生可能エネルギー技術 3月7日から筆者の滞在するジュネーブにて開催された100年以上の歴史を誇るモーターショーを振り返りつつ雑感を述べたい Salon International de l Auto いわゆるジュネーブ モーターショーのことだ いわゆるジュネーブ モーターショーのこと 1905年から開催されている 続きを読む 今週のアップデート 原子力 チェルノブイリの現状 2013年5月13日 GEPR編集部 資産運用会社の経営者でありながら 原子力行政の 非科学的 不公正 な状況を批判してきた森本紀行HCアセットマネジメント社長に寄稿をいただきました 原子力規制委員会は 危険性の許容範囲の議論をするのではなく 不可能な 絶対安全 を事業者に求める行政を行っています そして政治がこの暴走を放置しています この現状を考える材料として この論考は公平かつ適切な論点を提供しています 続きを読む 業界再編すれば 電力は安定 コストが下がる プレジデントオンライン エネルギー産業の分析 5月13日記事 原子力工学の博士号を持つ著名経営コンサルタントの大前研一氏が 原子力の分離 そして現在の12電力体制 Jパワー 日本原電を含む を4社に再編してはどうかと提言した 続きを読む 米シェールガスはなぜバブルなのか 小野 章昌 エネルギー産業の分析 世のマスメディアは シェールガス革命 とか 安いシェールガス 新型エネルギー資源 などと呼んで米国のシェールガスやシェールオイルを世界の潮流を変えるものと唱えているが 果たしてそうであろうか 続きを読む 東北電力原町火力発電所 震災から復旧の奇跡 竹内 純子 エネルギー産業の分析 東北電力原町火力発電所 福島県南相馬市 を訪れたのは 奇しくも東日本大震災からちょうど2年経った3月12日であった 前泊した仙台市から車で約2時間 車窓から見て取れるのはわずかではあるが 津波の爪痕が残る家屋や稲作を始められない田んぼなど 震災からの復興がまだ道半ばであることが感じられ 申し訳なさとやるせなさに襲われる 続きを読む 今週のアップデート エネルギーの先行き 原発利用とシェールガス 2013年5月7日 GEPR編集部 オックスフォード大学名誉教授のウェイド アリソン氏らでつくる 放射線についての公的な理解を促進する科学者グループ の小論を アリソン氏から提供いただきました 続きを読む 総合的リスク低減が原子力規制の目的 規制委員会の誤った活動を憂う 岡本 孝司 エネルギー政策への提言 日本の原子力規制委員会 NRA は アメリカの原子力規制委員会 NRC と同じ名前を使っています 残念ながら その中身は大きく違います 続きを読む 気温が歴史を動かした 過去の適応策から温暖化対策を学ぶ 石井 孝明 地球温暖化 地球温暖化問題 その裏にあるエネルギー問題についての執筆活動によって 私は歴史書 そして絵画を新しい視点で見るようになった その時に気温と天候はどうだったのか ということを考えるのだ 続きを読む メタンハイドレートから考える太陽光発電補助政策の無駄 久保田 宏 再生可能エネルギー技術 3月12日 愛知県の渥美半島沖の海底で 燃える氷 と呼ばれる メタンハイドレート からメタンガスを取り出すことに世界で初めて成功したことが報じられた 翌13日の朝日新聞の朝刊にも 待望の 国産燃料 に大きな期待が膨らんだとして この国産エネルギー資源の開発技術の概要が紹介されていた 続きを読む 今週のアップデート 原子力規制委員会の政策の誤り 2013年4月22日 GEPR編集部 エネルギー関係者の間で 原子力規制委員会の活動への疑問が高まっています 原子力の事業者や学会と対話せず 機材の購入などを命じ 原発の稼動が止まっています そして 安全性 の名の下に 活断層を認定して 原発プラントの破棄を求めるような状況です 続きを読む 日本の電力システムを創造的に破壊すべき3つの理由 上 ダイヤモンドオンライン エネルギー政策への提言 下 伊藤元重東京大学大学院教授の論考 過去の途上国的な独占の是認 現時点の原発事故でみられた供給体制の不備 未来の産業創造という3つの点を考え 発送電分離を促進すべきという主張だ 続きを読む 今夏の節電要請の議論は慎重に 景気回復の影響も考慮すべき 日経BP エネルギー産業の分析 4月19日記事で 柏木孝夫東京都市大学教授の論考 新聞などは今夏の需要増大期に 電力は足りていると報じた しかし元資料をみると予備率は3 と かなり危険な状況だ 慎重な対応を柏木教授は訴えている 続きを読む エコノミスト誌が報じた温暖化の 停滞 竹内 純子 地球温暖化 3月30日 世界中で購読されるエコノミスト誌が地球温暖化問題についての衝撃的な事実を報じた 続きを読む 適切な原発 太陽光 風力発電の比率を考える 石井 陽一郎 原子力に対する評価 福島第一原発の事故は我国だけでなく世界を震撼させた 電力会社に在籍したものとして この事故の意味を重く受け止めている 続きを読む 今週のアップデート 最適な温暖化対策とは 選択肢としての原子力 2013年4月15日 GEPR編集部 GEPRの運営母体であるアゴラ研究所は映像コンテンツである アゴラチャンネル を提供しています 4月12日 国際環境経済研究所 IEEI 理事 主席研究員の竹内純子 たけうち すみこ さんを招き アゴラ研究所の池田信夫所長との対談 忘れてはいませんか 温暖化問題 何も決まらない現実 を放送しました 現状の対策を整理し 何ができるかを語り合いました 議論で確認されたのは 温暖化問題では 地球を守れ などの感情論が先行 もちろんそれは大切ですが 冷静な対策の検証と合意の集積が必要ではないかという結論になりました そして温暖化問題に向き合う場合には 原子力は対策での選択肢の一つとして考えざるを得ない状況です 続きを読む 温暖化対策 地球を守れ と感情先行は無意味 書評ロンボルグ GEPR編集部 地球温暖化 やや古くなったが 2008年に刊行された 地球と一緒に頭を冷やせ 温暖化問題を問いなおす ビョルン ロンボルグ著 ソフトバンククリエイティブ という本から 温暖化問題を考えたい 日本語訳は意図的に文章を口語に崩しているようで読みづらい面がある しかし本の内容はとても興味深く 今日的意味を持つものだ 続きを読む 原発事故 甲状腺異常は全国に広がる 報道は間違い デマを打ち消す行政の工夫を GEPR編集部 放射能の健康への影響 甲状腺異常が全国に広がっている という記事が報道された 反響が広がったようだが この記事は統計の解釈が誤っており いたずらに放射能をめぐる不安を煽るものだ また記事と同じような論拠で いつものように不安を煽る一部の人々が現れた 続きを読む 今週のアップデート 合理的な温暖化対策 2013年4月8日 GEPR編集部 デンマークの統計学者 ビョルン ロンボルグ氏の著書 地球と一緒に頭を冷やせ を軸に 温暖化問題を考察しました GEPR編集部が提供します 続きを読む 成功した硫黄酸化物規制政策 脱原発 対中国で参考に 石井 孝明 エネルギー政策への提言 国の予算の使い方が 今批判を集めている 国の活動には 民間と違って 競争 市場による制約がないため 予算の無駄が生まれやすい傾向があることは確かだ 続きを読む 東京都の電力販売への違和感 山本 隆三 エネルギー産業の分析 東京都は保有する水力発電所からの電力を平成21年度 2009年 から10年間の長期契約で東京電力に販売しているが この電力を来年度から入札により販売することにした 3月15日にその入札結果が発表された 産経新聞3月15日記事 東京都の水力発電 売却先をエフパワーに決定 続きを読む 今週のアップデート 電力自由化 再編が課題に 2013年4月1日 GEPR編集部 政策家の石川和男氏へのインタビュー記事です 政府は 発送電分離を柱にする2020年までの電力自由化を打ち出しました しかし これは 電力価格を引き下げる という消費者や企業に必要な効果があるのでしょうか また原発のことは何も決めていません 整合性の取れる政策は実行されるのでしょうか 続きを読む 虚構の料金値上げ 池田 信夫 アゴラ研究所所長 エネルギー産業の分析 アゴラ研究所の池田信夫所長の論考 電力料金の値上げ要請が行われている ところが 一連の値上げは停止状況にある原発の稼動を織り込んだもの 原発は原子力規制委員会が 過剰規制を続けているため 再稼動のメドは立たない それなのにそれを前提にすることは 赤字が値上げしても続く おかしな状況を変えなければならない 続きを読む 中国の巨大電力需要をどう満たすのか 環境対策には日本の環境 石炭燃焼 原子力技術 エネルギー産業の分析 今回掲載の 山本隆三氏のウェッジ掲載のコラム 中国は電力需要の伸びを石炭火力増設で対応している そのため 大気汚染が深刻だ この状況を止める方法は見当たらず 日本は技術輸出など できる範囲で関わることを訴えている 続きを読む 福島の除染 1ミリシーベルト 目標の見直しを GEPR編集部 放射能の健康への影響 東日本大震災 福島原発事故で 困難に直面している方への心からのお見舞い また現地で復旧活動にかかわる方々への敬意と感謝を申し上げたい 続きを読む 東電宝くじ 補償と除染が原発被災地に波紋 北村 俊郎 放射能の健康への影響 福島県で被災した北村俊郎氏は 関係者向けに被災地をめぐる問題をエッセイにしている そのうち3月に公開された 東電宝くじ 放射能より生活ごみ の二編を紹介する 補償と除染の問題を現地の人の声から考えたい 現在の被災者対策は 意義あるものになっているのだろうか 以下本文 続きを読む 原子力問題再訪 自民党政権への期待 澤 昭裕 原子力に対する評価 自民党政権に交代して ようやくエネルギー政策を経済 生活の観点から検討しようという動きが出てきた 続きを読む 今週のアップデート 原発事故からの復興のために 2013年3月25日 GEPR編集部 福島では原子力事故の後で 放射線量を年間被曝線量1ミリシーベルトにする目標を定めました しかし この結果 除染は遅々として進まず 復興が遅れています 現状を整理し その見直しを訴える寄稿を アゴラ研究所フェローのジャーナリスト 石井孝明氏が行いました 続きを読む 東日本大震災2年 除染に思う 作家 玄侑宗久 NHK放送 放射能の健康への影響 福島県在住の作家 玄侑宗久氏が出演したNHKの放送コラム 視点 論点 の文字起こし 正しく怖がること 他地域の人が 恐怖でいたずらにストレスをかけないこと などを居住者の視点で 訴える さらに年間被曝量1ミリシーベルト基準にも 必要性について疑問を示した 続きを読む 語り合うことから始める福島支援 普通の主婦がつくりあげた対話イベント ナカイ サヤカ 原子力に対する評価 私は翻訳を仕事にしている主婦だ そうした 普通の人 がはじめた取り組み 福島おうえん勉強会 ふくしまの話を聞こう 第一回 第二回を紹介したい 続きを読む なぜ今 電力改革を行うのか 書評 エネルギー 原子力大転換 仙谷由人 電力改革研究会 エネルギー政策への提言 影の実力者 仙谷由人氏が要職をつとめた民主党政権 震災後の菅政権迷走の舞台裏を赤裸々に仙谷氏自身が暴露した 福島第一原発事故後の東電処理をめぐる様々な思惑の交錯 脱原発の政治運動化に挑んだ菅元首相らとの党内攻防 大飯原発再稼働の真相など 前政権下での国民不在のエネルギー政策決定のパワーゲームが白日の下にさらされる 続きを読む 今週のアップデート 福島復興の取り組み 2013年3月18日 GEPR編集部 原発事故に直面して2年が経過した福島の復興をめぐって 何ができるのか それを考える前提として まず現状を知る事ではないでしょうか 続きを読む 僕が原発を捨てきれないわけ 高嶋 哲夫 原子力に対する評価 2年前の東日本大震災は地震と津波による災害と共に もう一つの大きな災害をもたらした 福島第一原子力発電所の原子力事故である この事故は近隣の市町村に放射能汚染をもたらし 多くの住人が2年経った現在もわが家に帰れないという悲劇をもたらしている そして 廃炉に用する年月は40年ともいわれている 続きを読む 死の淵を見た男 の著者 門田隆将氏の講演から GEPR編集部 原子力に対する評価 東京電力福島第一原子力発電所の事故から早2年が過ぎようとしている 私は 原子力関連の会社に籍を置いた人間でもあり 事故当時は本当に心を痛めTVにかじりついていたことを思い出す 続きを読む リスク コミュニケーションと不安の増幅メカニズム 西山 昇 原子力に対する評価 リスク情報伝達の視点から注目した事例がある それ は イタリアにおいて複数の地震学者が 地震に対する警告の失敗により有罪判決を受けた との報道 2012年 10月 である 続きを読む 今週のアップデート 原発 作家の視座 高嶋哲夫氏 門田隆将氏 2013年3月11日 GEPR編集部 東日本大震災から2年 犠牲者の方の冥福を祈り 福島第一原発事故の被害者の皆さまに心からのお見舞いを申し上げます 続きを読む 安倍政権は核廃棄物管理の国際機関の創設を 10万年の安全を解決する3つの方法 日経ビジネスオンライン エネルギー政策への提言 2月18日記事 以前 原子力工学の研究者であった田坂広志 ソフィアバンク代表のインタビュー記事 エネルギー問題で どの立場に立っても 原発の放射性廃棄物の問題は避けて通れない 国内地層処分という既存政策だけではなく 多様な管理方法の検討を主張している 続きを読む 放射能と暮らす 全5回 第1回 正義はとても困る 新潮45 放射能の健康への影響 福島県在住で 臨済宗の僧侶 そして小説家の玄侑宗久氏の昨年までの雑誌連載が公開されている 誤解 善意の押しつけ 当事者の説明不足など 福島と放射能の関係をめぐる問題が記されている 玄侑氏は 年1mSv の基準で 無限に続く除染にも 疑問を投げかけている 続きを読む 原発 世界各地の今の動向は NHKニュースウェブ 原子力に対する評価 3月9日のまとめ 現在の原発の概観 今年1月の時点で運転が可能な世界の原子力発電所は 31の国と地域で合わせて435基ある 原発への好悪は別にして この現実を受け止め その向き合い方を考えなければならない 続きを読む 今週のアップデート シェールガス革命とは何か 2013年3月4日 GEPR編集部 現在世界で注目を集めているシェールガス革命 この動きをいち早く分析したエネルギーアナリストとして知られる和光大学の岩間剛一教授に寄稿をいただきました 分かりやすく その影響と問題点も示しています 続きを読む 原子力規制委員会は原発を危険にしている 池田 信夫 エネルギー政策への提言 アゴラ寄稿のコラム 同委員会の一連の行動が 原発の安全性に役立たない事への懸念を述べている 続きを読む 今週のアップデート アベノミクスとエネルギー負担 2013年2月25日 GEPR編集部 GEPRを運営するアゴラ研究所は毎週金曜日9時から アゴラチャンネル でニコニコ生放送を通じたネットテレビ放送を行っています 2月22日には 元経産省の石川和男氏を招き 現在のエネルギー政策について 池田信夫アゴラ研究所所長との間での対談をお届けしました 続きを読む 東電 福島復興本社 に期待 地元の不信 不満を受けとめてほしい GEPR編集部 放射能の健康への影響 東京電力の福島復興本社が本年1月1日に設立された ようやく福島原発事故の後始末に 東電自らが立ち上がった感があるが あの事故から2年近くも経った後での体制強化であり 事故当事者の動きとしては あまりに遅いようにも映る 続きを読む 京都議定書の 終わりの終わり 国連気候変動枠組み交渉の現場でみた限界点 竹内 純子 地球温暖化 国連気候変動枠組み交渉の現場に参加するのは実に2 年ぶりであったが 残念なことに そして驚くほど議論の内容に変化は見られなかった COP18で 京都議定書は第2約束期間を8年として 欧州連合 EU 豪などいくつかの国が参加を表明 2020年以降の新たな枠組みについてはその交渉テキストを15年までに固めることは決定した 続きを読む 今週のアップデート エネルギー予算の使い方は正しいか 2013年2月18日 GEPR編集部 日本のエネルギーに対する政府による支援策は 原発や再生可能エネルギーの例から分かるように 補助金が多い形です これはこれまで ばらまき に結びついてしまいました 八田氏はこれに疑問を示して 炭素税の有効性を論じています 炭素税はエネルギーの重要な論点である温暖化対策の効果に加え 新しい形の財源として各国で注目されています 続きを読む 非在来型ウランの埋蔵量について 池田 信夫 エネルギー産業の分析 きのうのG1サミットの内容が関係者にいろいろな反響を呼んでいるので 少し補足説明をしておく 続きを読む 核のゴミ 対策を考える時間はたっぷりある NHK特集への疑問 GEPR編集部 原子力に対する評価 NHKで流れた福島原発事故の映像 ここに使用済核燃料が保管され一時的にその溶融の危険が指摘された 続きを読む 効率的な街の功罪 省エネ 低炭素 コンパクト シティの流行が切り捨てるもの 石井 孝明 再生可能エネルギー技術 万感の書を読み 万里の道を行く 士大夫の心構えとして 中国の格言にこのような言葉がある 知識を吸収し 実地で確かめることを推奨しているのだろう 私は旅行が趣味だが この言葉を知って旅をするごとに その地域や見たものの背景を一層考えるようになった 続きを読む 気候変動交渉と通商交渉 有馬 純 エネルギー政策への提言 先日 国際貿易投資ガバナンスの今後 と題するラウンドテーブルに出席する機会があった 出席者の中には元欧州委員会貿易担当委員や 元USTR代表 WTO事務局次長 ジュネーブのWTO担当大使 マルチ貿易交渉関連のシンクタンク等が含まれ WTOドーハラウンド関係者 いわば 通商交渉部族 が大半である 続きを読む 今週のアップデート 核燃料サイクルへの疑問 2013年2月13日 GEPR編集部 原子力の論点 使用済核燃料問題についてのコラムを紹介します 続きを読む 原発停止継続 日本経済に打撃 活断層に偏重した安全規制は滑稽 石川 和男 原子力に対する評価 必要なエネルギーを安く 大量に 安全に使えるようにするにはどうすればよいのか エネルギー問題では このような全体像を考える問いが必要だ それなのに論点の一つにすぎない原発の是非にばかり関心が向く そして原子力規制委員会は原発の安全を考える際に 考慮の対象の一つにすぎない活断層のみに注目する規制を進めている 部分ごとしか見ない 最近のエネルギー政策の議論の姿は適切なのだろうか 続きを読む 活断層問題だけで安全は保たれるのか 新安全設計基準 の審議に思う GEPR編集部 原子力に対する評価 地震 津波に関わる新安全設計基準について原子力規制委員会の検討チームで論議が進められ その骨子が発表された 続きを読む 再生可能エネルギー振興で増える電力料金の負担 ドイツの事例から 竹内 純子 再生可能エネルギー技術 消費税と同じく電気料金は逆進性が高いと言われ その上昇は低所得者層により大きなダメージを与える ドイツの電力事情④において ドイツの一般家庭が支払う再生可能エネルギー助成金は 2013年には3 59 ユーロセント kWh から約 5 ユーロセント kWh に 上昇し 年間負担額は185ユーロ 1万8500円 にもなると予測されていることを紹介した 続きを読む 今週のアップデート 活断層と原発 2013年2月4日 GEPR編集部 原子力規制委員会が原発の新安全設置基準を設けるなど制度の再構築を行っています 福島原発事故が起こってしまった日本で原発の安全性を高める活動は評価されるものの 活断層だけを注視する規制の強化が検討されています こうした部分だけに注目する取り組みは妥当なのでしょうか 続きを読む 日本原電は行政訴訟を起こせ 池田 信夫 エネルギー政策への提言 アゴラ掲載記事 事業者が監督官庁を訴える新しい取り組みを日本でも行うべきとの主張 続きを読む 核科学者が解読する北朝鮮核実験 技術進化に警戒必要 澤田 哲生 原子力に対する評価 北朝鮮の国防委員会は2013年1月24日 国連安全保障理事会の制裁決議に反発して 米国を核兵器によって攻撃することを想定した 高い水準の核実験 を実施すると明言した 第三回目となる核実験 一体 高い水準とは何を意味するのだろうか 小型化 高濃縮ウラン 同時多数実験をキーワードに解読する 続きを読む 補足 ブースト型核爆発装置について 澤田 哲生 原子力に対する評価 核科学者が解読する北朝鮮核実験 技術進化に警戒必要 に関連して 核融合と核分裂のカップリングについて問い合わせがあり 補足する 続きを読む 原子力への恐怖は正しいのか ー 映画 パンドラの約束 GEPR編集部 原子力に対する評価 原発事故に直面した福島のガンの増加の可能性は 仮にあるとして 0 0002 0 0000の間 それなのに人々は避難を強制され 毎日表示されるガイガーカウンターの数値に囲まれ生活している ナレーションの後に原発と 福島の人々の姿 そして除染の光景が示される これは必要なことなのだろうか 続きを読む 今週のアップデート 北朝鮮の核実験の分析 2013年1月28日 GEPR編集部 北朝鮮が核実験を行う意向を 1月28日現在で示しています この実験内容について 東京工業大学の澤田哲生助教に解説いただきました 続きを読む 急速充電器が3 5万台も必要か アゴラ 再生可能エネルギー技術 バイオマスジャパン社の松元信嘉氏のアゴラへの1月24日公開の寄稿 電気自動車 EV ユーザーとして 政府の充電所拡充計画が 妥当かどうかの意見を述べた 続きを読む 都知事選 細川護煕氏のよくある錯覚 池田 信夫 原子力に対する評価 言論アリーナ では7 6 の支持しかなかった細川氏だが きのうの出馬会見も予想どおり支離滅裂だった BLOGOS の記事によれば 脱原発 以外の具体的な政策はほとんど出てこなかったが 彼が何を誤解しているかはわかった これは 小泉氏 と同じ よくある錯覚だ 続きを読む エネルギーを政争の具としてもてあそぶな 上 小泉氏の発言を憂う 益田 恭尚 原子力に対する評価 細川護煕元総理が脱原発を第一の政策に掲げ 先に 即時原発ゼロ を主張した小泉純一郎元総理の応援を受け 東京都知事選に立候補を表明した 誠に奇異な感じを受けたのは筆者だけではないだろう 心ある国民の多くが 何かおかしいと感じている筈である とはいえ この選挙では二人の元総理が絡むために 国民が原子力を考える際に 影響は大きいと言わざるを得ない 続きを読む エネルギーを政争の具としてもてあそぶな 下 貯蔵 自然エネの技術的困難 益田 恭尚 原子力に対する評価 自然エネルギーの利用は進めるべきであり そのための研究開発も当然重要である しかし 国民に誤解を与えるような過度な期待は厳に慎むべきである 一つは設備容量の増大についての見通しである 現在 先進国では固定価格買取制度 FIT と云う自然エネルギー推進法とも云える法律が制定され 民間の力を利用して自然エネルギーの設備増強を進めている 続きを読む 今週のアップデート 原発を都知事選の争点にする無意味さ 2014年1月27日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 放射線をめぐる事実の確認 不安をなくす 相場観 を持とう GEPR編集部 放射能の健康への影響 おそらくGEPR読者の方の多くは 福島第一原発事故による放射線被害はほぼ無いものと理解され 心配もしていないことだろう しかしながら 社会の一部にまだ心配が残るようだ 事故からもう2年近くになる さまざまな方が 不安を払拭するための努力を行っている この原稿でもその試みを行いたい 続きを読む 電力改革 語るべき論点 レッテル貼りを超えよう 電力改革研究会 エネルギー産業の分析 昨年末の衆議院選挙 政権交代によりしばらく休止状態であった 電力システム改革の議論が再開されるようだ 茂木経済産業大臣は 12月26日初閣議後記者会見で 電力システム改革の方向性は維持しつつも タイムスケジュール 発送電分離や料金規制撤廃等 個々の施策をどのレベルまでどの段階でやるか といったことについて 新政権として検証する意向を表明している 参考 茂木経済産業大臣の初閣議後記者会見の概要 続きを読む 今週のアップデート 低線量被曝 人体への影響の疑問 2013年1月21日 GEPR編集部 福島原発事故を受けて 放射能をめぐる不安は 根強く残ります それは当然としても 過度な不安が社会残ることで 冷静な議論が行えないなどの弊害が残ります 続きを読む 放射線と発がん 日本が知るべき国連の結論 米経済誌フォーブス 放射能の健康への影響 日本経済新聞サイトに転載の記事 元記事 Like We ve Been Saying Radiation Is Not A Big Deal 放射能の危険はたいしたものではない これまで言ってきたように 日本の原発事故対策の巨額コストが たいしたことのない放射線の悪影響と釣り合わないと批判した記事 ただし この記事ほど 国連は放射能に危険はないと 断言はしていない 今週紹介の国連報告書を参照 続きを読む 原子力規制委員会は 活断層 判断の再考を 澤田 哲生 原子力に対する評価 昨年発足した原子力規制委員会 以下 規制委員会 の活動がおかしい 脱原発政策を その本来の権限を越えて押し進めようとしている 数多くある問題の中で 活断層問題 を取り上げたい 続きを読む 原子力発電所事故時の組織力とは 検証 東電テレビ会議 と公開映像 澤 昭裕 原子力に対する評価 昨年10月に公開された東京電力社内のテレビ会議の模様を見た 福島第一原発免震重要棟緊急対策室本部と本店非常災害対策室とのやりとりを中心に 時々福島オフサイトセンターを含めたコミュニケーションの様子の所々を 5時間余り分ピックアップして 音声入りの動画を公開したものだ また その後11月末にも追加の画像公開がなされている 続きを読む 今週のアップデート 原発 活断層 問題の混迷 2013年1月15日 GEPR編集部 自民党政権になっても 原発 エネルギーをめぐる議論は混乱が残っています 原子力規制委員会が 原発構内の活断層を認定し 原発の稼動の遅れ 廃炉の可能性が出ています 続きを読む 放射線防護の革命を今こそ より安全で安価な原子力利用のために ウェイド アリソン 放射能の健康への影響 日本の福島第一原子力発電所からの放射能漏れ事故についての報道は 安全について明らかに恐ろしいメッセージを伝えた そして世界中の産業界 政府そして市民は決してこのような事故を起こしてはならないという反応を示した 続きを読む 今週のアップデート GEPR開設1年 読者の皆さまへの感謝 2013年1月7日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンク グローバルエナジー ポリシーリサーチ GEPR は 12年1月1日の開設から1周年を経過しました 読者の皆さまのご支援 ご支持のおかげです 誠にありがとうございます 続きを読む 原発への投融資をどう考えるか 市民から金融機関への働きかけ 土谷 和之 エネルギー政策への提言 福島における原発事故の発生以来 世界中で原発の是非についての議論が盛んになっている その中で 実は 原発と金融セクターとの関係性 についても活発に議論がなされているのだが 我が国では紹介される機会は少ない 続きを読む 原子力規制委員会の活断層評価に思う 行政訴訟による法的決着も視野に入れ 適正な判断をうながせ 一般投稿 GEPR編集部 原子力に対する評価 GEPR編集部 原子力規制委員会は 既存の原発について 専門家チームをつくり活断層の調査を進めている 日本原電敦賀発電所 福井県 東北電力東通原発 青森県 に活断層が存在すると同チームは認定した この問題GEPR編集部に一般のビジネスパーソンから投稿があった 第三者の意見として紹介する 投稿者は電力会社に属していないが エネルギー業界に関わる企業でこの問題を調べている ただし匿名とする 続きを読む 温暖化交渉 COP18を越えて 日本が取るべき交渉スタンスを考える 澤 昭裕 エネルギー政策への提言 今年のCOP18は 国内外ではあまり注目されていない その理由は 第一に 日本国内はまだ震災復興が道半ばで 福島原発事故も収束したわけではなく エネルギー政策は迷走している状態であること 第二に 世界的には 大国での首脳レベルの交代が予想されており 温暖化交渉での大きな進展は望めないこと 最後に 京都議定書第二約束期間にこだわった途上国に対して EUを除く各国政府の関心が ポスト京都議定書の枠組みを巡る息の長い交渉をどう進めるかに向いてきたことがある 要は 今年のCOP18はあくまでこれから始まる外交的消耗戦の第一歩であり 2015年の交渉期限目標はまだまだ先だから 燃料消費はセーブしておこうということなのだろう 本稿では これから始まる交渉において 日本がどのようなスタンスを取っていけばよいかを考えたい 続きを読む 今週のアップデート 原子力をめぐる知られざる論点 金融 核兵器 規制 2012年12月25日 GEPR編集部 原子力発電の先行きについて コストが問題になっています その資金を供給する金融界に 原発に反対する市民グループが意見を表明するようになっています 国際環境NGOのA SEED JAPANで活動する土谷和之さんに 原発への投融資をどう考えるか 市民から金融機関への働きかけ を寄稿いただきました 反原発運動というと 過激さなどが注目されがちです しかし冷静な市民運動は 原発をめぐる議論の深化へ役立つかもしれません 続きを読む How many nukes does it take to be safe 安全のためにいくつ核兵器が必要なのか 米紙ワシントンポスト 原子力に対する評価 同紙の12月17日掲載の安全保障問題のコラム 米国の核戦略の見直しについて疑問を示している 続きを読む 政権交代 エネルギー政策は正常化するのか 自民党に残る曖昧さ GEPR編集部 エネルギー政策への提言 12月16日に行われた総選挙では 自民党が大勝して294議席を獲得した 民主党政権は終わり そして早急な脱原発を訴えた 日本未来の党 などの支持が伸び悩んだ 原発を拒絶する シングルイシュー の政治は国民の支持は得られないことが示された 続きを読む 原子力エネルギー 官による規制だけで安全は確保できない グレゴリー クラーク エネルギー産業の分析 福島第一原子力発電所の災害が起きて 日本は将来の原子力エネルギーの役割について再考を迫られている ところがなぜか その近くにある女川 おながわ 原発 宮城県 が深刻な事故を起こさなかったことついては あまり目が向けられていない 2011年3月11日の地震と津波の際に女川で何が起こらなかったのかは 福島で何が起こったかより以上に 重要だ 続きを読む 国連気候変動枠組み交渉の転換点 京都議定書型枠組みの限界と今後の方向性 竹内 純子 エネルギー産業の分析 1997年に開催された国連気候変動枠組み条約第3回締約国会議 COP3 で採択された京都議定書は 我が国の誇る古都の名前を冠していることもあり 強い思い入れを持っている方もいるだろう 先進国に拘束力ある排出削減義務を負わせた仕組みは 温暖化対策の第一歩としては非常に大きな意義があったと言える しかし 採択から15年が経って世界経済の牽引役は先進国から新興国に代わり 国際政治の構造も様変わりした 今後世界全体での温室効果ガス排出削減はどのような枠組を志向していくべきなのか 京都議定書第1約束期間を振り返りつつ 今後の展望を考える 続きを読む 今週のアップデート 政権交代 エネルギー政策は変るのか 2012年12月17日 GEPR編集部 16日に行われた衆議院議員選挙で 自民党が480議席中 294議席を獲得して 民主党から政権が交代します エネルギー政策では 脱原発 に軸足を切った民主党政権の政策から転換することを期待する向きが多いのですが 実現するのでしょうか GEPR編集部は問題を整理するため 政権交代 エネルギー政策は正常化するのか 自民党に残る曖昧さ をまとめました 続きを読む 原発の再稼動で法の支配を取り戻せ 池田 信夫 エネルギー産業の分析 アゴラ研究所所長の池田信夫氏の12月17日付コラム 民主党政権での原発政策の混乱を 法の支配 の観点から再考するべきという主張 続きを読む COP18 ドーハ合意 の5つの柱 AFP 12月10日記事 エネルギー産業の分析 COP18での合意事項を簡潔にまとめている 続きを読む 自民党政権復帰 謙虚に実績積み信頼取り戻せ 読売新聞12月17日社説 エネルギー産業の分析 読売新聞は 政権交代の理由を民主党の自壊と分析 小政党が掲げた 原発ゼロ の政策より 自民党のエネルギー政策が 説得力を持った と指摘した 続きを読む 原発 維持へ再稼働前向き 政策 安倍色 に 朝日新聞12月17日記事 エネルギー産業の分析 原発を中心に 今後の政策の展開を予想する記事 続きを読む 今週のアップデート シンポジウム エネルギー政策 新政権への提言 報告 2012年12月10日 GEPR編集部 アゴラ GEPRは NHNJapanの運営する言論サイトBLOGOS またニコニコ生放送を運営するドワンゴ社と協力してシンポジウム エネルギー政策 新政権への提言 を11月26 27日の2日に渡って行いました 続きを読む 原子力に依存しない社会 にむけて 移行期間 を設けて原子力政策の構造改革を 鈴木 達治郎 エネルギー政策への提言 3 11の福島原子力事故は 日本のみならず世界の原子力市場に多大なる影響を及ぼした 日本では 原子力安全のみならず原子力行政そのものへの信頼が失墜した 原子力に従事してきた専門家として また政府の一員として 深く反省するとともに 被災者 避難を余儀なくされている方たちに深くお詫び申し上げたい 続きを読む 今あえて言う がんばれ 東電 澤 昭裕 エネルギー産業の分析 東電は叩かれてきた 昨年の福島第一原発事故以降 東電は 悪の権化 であるかのように叩かれてきた 旧来のメディアはもちろん ネット上や地域地域の現場でも 叩かれてきた 続きを読む 今週のアップデート 原発はいつ動くのか シンポジウムを開催 2012年12月3日 GEPR編集部 アゴラ GEPRは NHNJapanの運営する言論サイトBLOGOS またニコニコ生放送を運営するドワンゴ社と協力してシンポジウム エネルギー政策 新政権への提言 を11月26 27日の2日に行いました 続きを読む シンポジウム エネルギー政策 新政権への提言 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 アゴラ研究所では NHNジャパン ニコニコ生放送を運営するドワンゴとともに第一線の専門家 政策担当者を集めてシンポジウム エネルギー政策 新政権への提言 を2日間かけて行います 続きを読む シンポジウム エネルギー政策 新政権への提言 出席者紹介 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 アゴラ研究所の行うシンポジウム エネルギー政策 新政権への提言 の出席者を紹介します この内容は ニコニコ生放送 BLOGOSで生放送します 続きを読む 新しい規制組織のあり方 原子力事業に内包した 形式主義 からの脱却を 北村 俊郎 原子力に対する評価 国会事故調査委員会が福島第一原発事故の教訓として 以前の規制当局が電気事業者の 規制の虜 つまり事業者の方が知識と能力に秀でていたために 逆に事業者寄りの規制を行っていたことを指摘した 続きを読む 混迷する英国のエネルギー政策 1 低炭素化と国民負担と 有馬 純 エネルギー産業の分析 英国のエネルギー政策をめぐる政府部内の対立が激化している 11月11日の英紙フィナンシャル タイムズでは Ministers clash over energy bill という記事が出ていた 今月 議会に提出予定のエネルギー法案をめぐって財務省とエネルギー気候変動省の間で厳しい交渉が続いている 議論の焦点は原子力 再生可能エネルギー等の低炭素電源に対してどの程度のインセンティブを許容するかだ 続きを読む 混迷する英国のエネルギー政策 2 連立与党内の対立 そして妥協の成立へ 有馬 純 エネルギー産業の分析 英国のエネルギー政策をめぐる政府部内の対立は オズボーン財務大臣対デイビー エネルギー気候変動大臣の対立のみならず 連立与党である保守党対自民党の対立でもあった 続きを読む 今週のアップデート GEPRエネルギーシンポジウムを開催 2012年11月26日 GEPR編集部 GEPRを運営するアゴラ研究所は エネルギーシンポジウムを11月26 27日の両日に渡って開催します 山積する課題を 第一線の専門家を集めて語り合います 詳細は以下の告知記事をご覧ください ご視聴をよろしくお願いします 続きを読む 原子力の混乱 収束策は 法治 と 国家管理化 石川 和男 エネルギー政策への提言 原発再稼働をめぐり政府内で官邸 経済産業省と原子力規制委員会が綱引きを続けている その間も 原発停止による燃料費の増加支出によって膨大な国富が海外に流出し 北海道は刻々と電力逼迫に追い込まれている 民主党政権は 電力会社をスケープゴートにすることで 発送電分離を通じた 電力全面自由化 に血道を上げるが これは需要家利益にそぐわない いまなすべきエネルギー政策の王道 それは 原子力事業の国家管理化 である 続きを読む 福島第1原子力発電所の事故の概要と30項目の対策案 奈良林 直 原子力に対する評価 東京電力福島第一原子力発電所の1号機から4号機においては東日本大震災により ①外部電源および非常用電源が全て失われたこと ②炉心の燃料の冷却および除熱ができなくなったことが大きな要因となり 燃料が損傷し その結果として放射性物質が外部に放出され 周辺に甚大な影響を与える事態に至った 続きを読む 持続可能という言葉を知らない枝野経産大臣 山本 隆三 エネルギー政策への提言 持続可能な発展 Sustainable Development という言葉が広く知られるようになったのは 温暖化問題を通してだろう 持続可能とは 簡単に言うと 将来世代が 我々が享受している生活水準と少なくとも同レベル以上を享受できることと解釈される 数字で表すと 一人当たり国内総生産 GDP が同レベル以上になるということだ 続きを読む 今週のアップデート エネルギー公開シンポジウムを開催 2012年11月19日 GEPR編集部 GEPRを運営するアゴラ研究所は エネルギーシンポジウムを11月26 27日の両日に渡って開催します 山積する課題を 第一線の専門家を集めて語り合います 詳細は以下の告知記事をご覧ください ご視聴をよろしくお願いします 続きを読む 核燃料サイクル対策へのアプローチ 澤 昭裕 原子力に対する評価 原子力問題のアキレス腱は バックエンド 使用済核燃料への対応 にあると言われて久しい 実際 高レベル放射性廃棄物の最終処分地は決まっておらず 高速増殖炉原型炉 もんじゅ はトラブル続きであり 六ヶ所再処理工場もガラス固化体製造工程の不具合等によって竣工が延期に延期を重ねてきている 続きを読む 読者からの反響 秘められた論点 軍事利用 と原子力 現状は 日本の核武装は不可能 で一致 GEPR編集部 原子力に対する評価 GEPRとアゴラでは 核燃料サイクル問題について有識者の見解を紹介した そして 日本の核武装の阻止という意図が核燃料サイクル政策に織り込まれている という新しい視点からの議論を示した 続きを読む 今週のアップデート 語られない重要論点 核燃料サイクルを考える 2012年11月12日 GEPR編集部 国際環境経済研究所の澤昭裕所長に 核燃料サイクル対策へのアプローチ を寄稿いただきました 続きを読む 核燃料サイクルは安全保障の観点から止められない ー 民主党政権の原子力政策の死角 金子 熊夫 原子力に対する評価 民主党 野田政権の原子力政策は すったもんだの末結局 2030年代に原発稼働ゼロを目指す という線で定まったようだが どうも次期衆議院選挙にらみの彌縫 びほう 策の色彩が濃く 重要な点がいくつか曖昧なまま先送りされている 続きを読む 核燃料サイクルと原子力政策 上 現実解は再処理の維持による核物質の増加抑制 山名 元 原子力に対する評価 国家戦略室が策定した 革新的エネルギー 環境戦略 の問題を指摘する声は大きいが その中でも 原子力政策と核燃料サイクル政策の矛盾についてが多い これは 原子力の長期利用がないのに再処理を継続することは 矛盾している という指摘である 続きを読む 核燃料サイクルと原子力政策 下 重要国日本の脱落は国際混乱をもたらす 山名 元 原子力に対する評価 次にくる問題は 国際関係の中での核燃料サイクル政策の在り方の問題である すなわち 日本の核燃料サイクル政策が 日本国内だけの独立した問題であり得るかという問題である 続きを読む 放射性廃棄物についての学術会議報告への疑問 池田 信夫 原子力に対する評価 9月11日に日本学術会議が原子力委員会の審議依頼に応じて発表した 高レベル放射性廃棄物の処分について という報告書は 政府の進めている地層処分に科学者が待ったをかけた と話題になったが その内容には疑問が多い 続きを読む 今週のアップデート 多様な視点から考える核燃料サイクル 2012年11月5日 GEPR編集部 原子力をめぐる論点で 専門家の意見が分かれているのが核燃料サイクルについての議論です GEPRは多様な観点から問題を分析します 再処理は進めるにしても やめるにしても多くの問題を抱えます 続きを読む 核燃料サイクルは必要か 書評 間違いだらけの原子力 再処理問題 池田 信夫 原子力に対する評価 京都大学山名元教授の著書 WAC刊 の池田信夫アゴラ研究所所長による書評 経済性の観点から 再処理を含めた原発の優位性は失われたが 再処理により廃棄物の容積総量が8分の1に減少するという新しい視点に注目している 続きを読む 現実から程遠い 革新的エネルギー 環境戦略 原発ゼロの夢想 小野 章昌 エネルギー政策への提言 政府エネルギー 環境会議から9月14日に発表された 革新的エネルギー 環境戦略 は2030年代に原子力発電ゼロを目指すものであるが その中味は矛盾に満ちた 現実からかけ離れたものであり 国家のエネルギー計画と呼ぶには余りに未熟である 続きを読む 今週のアップデート ビル ゲイツ 原子力を語る 2012年10月29日 GEPR編集部 マイクロソフト社会長であるビル ゲイツ氏は ビル アンド メリンダ ゲイツ財団 を運営し 地球規模の社会問題の解決のための活動をしています 続きを読む オバマとロムニーの石炭戦争 シェールガス増産の中 石炭支援は可能か ウェッジインフィニティ エネルギー産業の分析 米国の石炭産業は 従業員数は10万人と少ないものの政治的な力を持つ 11月の米大統領選では接戦が伝えられている 石炭の使用に規制を加えたオバマ政権は この業界にすり寄る姿勢を示しているという 続きを読む 再発防止に何が必要か 福島原発事故 原因分析の4報告書の欠陥を突く 澤田 哲生 原子力に対する評価 福島では 未だに故郷を追われた16万人の人々が 不自由と不安のうちに出口の見えない避難生活を強いられている 首都圏では 毎週金曜日に官邸前で再稼働反対のデモが続けられている そして 原子力規制庁が発足したが 規制委員会委員長は 委員会は再稼働の判断をしないと断言している それはおかしいのではないか 続きを読む 原発はトイレなきマンションか 池田 信夫 原子力に対する評価 政府の 原発ゼロ 政策が迷走している 9月に 2030年代に原発稼働ゼロ を目標とする 革新的エネルギー 環境戦略 を発表したばかりなのに 青森県の大間原発は建設を再開した この運転終了は 2058年の予定だ 廃止の方向を打ち出した高速増殖炉 もんじゅ は地元の抗議を受けて 当面存続 に転換し 青森県六ヶ所村の再処理施設も操業を続けることになった 続きを読む ドイツ電力事情4 再エネ助成に対する不満が限界に 竹内 純子 再生可能エネルギー技術 ドイツの電力事情3 において 再エネに対する助成が大きな国民負担となり 再生可能エネルギー法の見直しに向かっていることをお伝えした その後ドイツ産業界および国民の我慢が限界に達していることを伺わせる事例がいくつか出てきたので紹介したい 続きを読む 今週のアップデート 福島原発事故はなぜ起こったか 2012年10月22日 GEPR編集部 福島原発事故をめぐり 報告書が出ています 政府 国会 民間の独立調査委員会 経営コンサルトの大前研一氏 東京電力などが作成しました これらを東京工業大学助教の澤田哲生氏が分析しました 続きを読む 超小型原子炉への期待 事故可能性が極小の原子力利用法の提案 服部 禎男 原子力に対する評価 私は原子力の研究者です 50年以上前に私は東京工業大学大学院の原子炉物理の学生になりました その際に まず広島の原爆ドームと資料館を訪ね 原子力の平和利用のために徹底的に安全性に取り組もうと決心しました 1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故は 私の具体的な安全設計追求の動機になり 安全性が向上した原子炉の姿を探求しました 続きを読む 海外の論調から 放射能よりも避難が死をもたらす 福島原発事故で カナダ紙 GEPR編集部 放射能の健康への影響 福島の原発事故で放射能以上に恐ろしかったのは避難そのもので 精神的ストレスが健康被害をもたらしている カナダ経済紙のフィナンシャルポスト FP が このような主張のコラムを9月22日に掲載した この記事では 放射能の影響による死者は考えられないが 今後深刻なストレスで数千人の避難住民が健康被害で死亡することへの懸念を示している 続きを読む 原発再稼動の現場 大飯原発を例にして 澤 昭裕 原子力に対する評価 原子力発電所の再稼働問題は 依然として五里霧中状態にある 新しく設立された原子力規制委員会や原子力規制庁も発足したばかりであり 再稼働に向けてどのようなプロセスでどのようなアジェンダを検討していくのかは まだ明確ではない 続きを読む 今週のアップデート 原子力の小型化と安全対策 2012年10月15日 GEPR編集部 日本では福島原発事故 先進国では市民の敬遠によって 原発の新規設置は難しくなっています また使用済み核燃料と 棄物の問題は現在の技術では解決されていません しかし世界全体で見れば エネルギー不足の解消のために 途上国を中心に原発の利用や新設が検討されています 続きを読む 放射能よりも避難が死をもたらす Evacuation a worse killer than radiation フィナンシャルポスト 放射能の健康への影響 カナダ経済紙のコラム 福島原発事故では 放射能による健康被害よりも避難による混乱 ストレスが健康被害を与えたという指摘 続きを読む したたかに堅持すべき核燃料サイクル政策 歴史の蓄積 合理性 早急な 突然死 の危険 河田 東海夫 原子力に対する評価 9月14日 政府のエネルギー 環境会議は 2030年代に原発ゼロ を目指す革新的エネルギー環境戦略を決定した 迫りくる選挙の足音を前に エネルギー安全保障という国家の大事に目をつぶり 炎上する反原発風に気圧された 大衆迎合そのものといえる決定である 産業界からの一斉の反発で閣議決定にまでは至らなかったことは 将来の国民にとって不幸中の幸いであった 報道などによれば 米国政府筋などから伝えられた強い懸念もブレーキの一因と いう 続きを読む 放射性廃棄物の処分 対策の紹介 地中処分 と 核種変換 藤堂 仁 原子力に対する評価 原子力発電は トイレの無いマンション と言われている 核分裂で発生する放射性廃棄物の処分場所が決まっていないためだ 時間が経てば発生する放射線量が減衰するが 土壌と同じ放射線量まで減衰するには10万年という年月がかかる 続きを読む 核燃料サイクルとは何か 期待と困難が併存 政治的問題に GEPR編集部 原子力に対する評価 原子力発電でそれを行った場合に出る使用済み燃料の問題がある 燃料の調達 フロントエンドと呼ばれる から最終処理 処分 バックエンド までを連続して行うというのが核燃料サイクルの考えだ 続きを読む 今週のアップデートー 使用済み核燃料をどのように処分すべきか 2012年10月9日 GEPR編集部 原発は トイレのないマンション とされてきました 使用済みの核燃料について放射能の点で無害化する方法が現時点ではないためです この問題について 核燃料サイクル政策 で対応しようというのが 日本政府のこれまでの方針でした ところが 福島第一原発事故の後で続く エネルギーと原子力政策の見直しの中でこの政策も再検討が始まりました 続きを読む 福島県 放射線量の現状 健康リスクなし 科学的計測の実施と愚かな政策の是正を 高田 純 放射能の健康への影響 福島第一原子力発電所の津波と核事故が昨年3月に発生して以来 筆者は放射線防護学の専門科学者として どこの組織とも独立した形で現地に赴き 自由に放射線衛生調査をしてまいりました 最初に 最も危惧された短期核ハザード 危険要因 としての放射性ヨウ素の甲状腺線量について 4月に浪江町からの避難者40人をはじめ 二本松市 飯舘村の住民を検査しました その66人の結果 8ミリシーベルト以下の低線量を確認したのです これは チェルノブイリ事故の最大甲状腺線量50シーベルトのおよそ1千分の1です 続きを読む 霞が関は 空気 で電力会社を殺す

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/columns/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 論文 : Global Energy Policy Research
    原油市場における投資家の近い将来に対する思惑 すなわち需給が逼迫 ひっぱく すると思えば価格上昇 緩和すると思えば価格下落だ ただし この思惑には 下記の要素が含まれる 続きを読む 固定価格買取制度 FIT は なぜ間違った政策であるか 小野 章昌 再生可能エネルギー技術 12月1日付GEPRに山家公雄氏の解説記事 再エネ 健全な成長のために が掲載されており 固定価格買取制度 FIT とグリッド マーケット オペレートが再エネ健全推進の車の両輪である との理論が展開されている しかしドイツなど先行国の実例を見ても再エネの健全な推進は決して実現していない 続きを読む 再生可能エネルギー普及政策は是か非か エーオン ショックの解釈 山家 公雄 再生可能エネルギー技術 12月1日付けの筆者の 再エネ接続留保問題 に係る論考 再エネ 健全な成長のために への反論が 小野氏より寄せられた 編集からの要請もあり より広い視点でこの問題を整理してみた 続きを読む 再エネ 健全な成長のために 山家 公雄 再生可能エネルギー技術 日本にとり 再生可能エネルギーの普及はマストであり 3 11大震災後は世論の支持に基づくものになった 唯一といってもいい国産エネルギー資源であり 自給率5 程度 火力発電の急増で国富が流出し温室効果ガスが増加している状況下では当然である 続きを読む 第2回 浜岡原発の新基準対応はどこまで進んでいるか 日経テクノロジー 原子力に対する評価 11月14日記事 技術評論家でかつて原発の安全対策を行った桜井淳氏の論考 津波対策では現時点で想定される範囲内では 適切な取り組みを重ねているとの評価 ただし問題点の検証も連載で行う予定という 続きを読む 川内再稼働へ 地元同意得るモデルにしたい 読売新聞 原子力に対する評価 11月8日社説 再稼働の道筋がついたことを評価する一方 ルールの明確化と審査の迅速化を求めている 続きを読む 九州電力はなぜ再エネ接続を留保するのか 衝撃と背景を考察 打つべき一手を提案する 日経ビジネス 再生可能エネルギー技術 10月6日号 再エネ研究者の山家公雄氏の論考 振興策の存続を前提に 揚水発電の利用などによる問題の解決を提案している 続きを読む 原子力事業者は お墨付き 発想からの脱却を ウェッジ ウェブ版 原子力に対する評価 9月29日掲載 国際環境経済研究所の澤昭裕氏の指摘 原子力規制委員会の問題だけではなく 事業者側の注意点を分析した 事業者は 当局任せではなく 自発的に原子力の安全確保に責任を負うことを呼びかけている 続きを読む 東日本大震災が教えるもの アゴラ シンポ関連 畑村 洋太郎 エネルギー政策への提言 筆者は 三陸大津波は いつかは分からないが必ず来ると思い ときどき現地に赴いて調べていた また原子力発電は安全だというが 皆の注意が集まらないところが根本原因となって大事故が起こる可能性が強いと考え いろいろな原発を見学し議論してきた 正にその通りのことが起こってしまったのが今回の東日本大震災である 続きを読む 東日本大震災の教訓を 減災 に活かす アゴラ シンポ関連 池田 浩敬 エネルギー政策への提言 1 広域での 最大 と局所的な 最大 とは違う 2012年8月 第一次報告 及び2013年8月 第二次報告 に公表された国の南海トラフ巨大地震の被害想定や それを受けて行われた各県での被害想定においては 東日本大震災の経験を踏まえ 広域対応を含めた巨大地震に対する対策を検討するために 発生頻度は極めて低いが 発生すれば甚大な被害をもたらす あらゆる可能性を考慮した最大クラスの地震 津波を想定する という考え方に基づき 最大クラス の被害をもたらす巨大地震の被害想定がなされている 続きを読む 専門家の陥る数字と論理の罠 効果的なリスコミとは アゴラ シンポ関連 西澤 真理子 エネルギー政策への提言 私の専門分野はリスクコミュニケーションです 以下 リスコミ と略します 英独で10年間 先端の理論と実践を学んだ後 現在に至るまで食品分野を中心に行政や企業のコンサルタントをしてきました そのなかで 日本におけるリスク伝達やリスク認知の問題点に何度も悩まされました 本稿では その見地から いかにして平時にリスクを伝えるのか を考えてみたいと思います 続きを読む 欧州と米国から学ぶエネルギー安全保障 アゴラ シンポ関連 山本 隆三 エネルギー政策への提言 エネルギー問題では 常に多面的な考え方が要求される 例えば 話題になった原子力発電所の廃棄物の問題は重要だが エネルギー問題を考える際には 他にもいくつかの点を考える必要がある その重要な点の一つが 安全保障問題だ 最近欧米で起こった出来事を元に エネルギー安全保障の具体的な考え方の例を示してみたい 続きを読む 日本の原子力規制は米国NRCに学べ 伊藤 英二 吉村 元孝 植田 修三 エネルギー政策への提言 原子力規制 日本のおかしさ 日本の原子力規制には多くの問題がある 福島原発事故を受けて 原子力の推進と規制を同一省庁で行うべきではないとの従来からの指摘を実現し 公取委と同様な独立性の高い原子力規制委員会を創設した それに踏み切ったことは 評価すべきである しかし 原子力規制委員会設置法を成立させた民主党政権は 脱原発の政策を打ち出し それに沿って 委員の選任 運営の仕組みなど大きな問題を抱えたまま 制度を発足させてしまった 続きを読む 東日本大震災が教えるもの アゴラ シンポ関連 畑村 洋太郎 エネルギー政策への提言 筆者は 三陸大津波は いつかは分からないが必ず来ると思い ときどき現地に赴いて調べていた また原子力発電は安全だというが 皆の注意が集まらないところが根本原因となって大事故が起こる可能性が強いと考え いろいろな原発を見学し議論してきた 正にその通りのことが起こってしまったのが今回の東日本大震災である 続きを読む 専門家の陥る数字と論理の罠 効果的なリスコミとは アゴラ シンポ関連 西澤 真理子 エネルギー政策への提言 私の専門分野はリスクコミュニケーションです 以下 リスコミ と略します 英独で10年間 先端の理論と実践を学んだ後 現在に至るまで食品分野を中心に行政や企業のコンサルタントをしてきました そのなかで 日本におけるリスク伝達やリスク認知の問題点に何度も悩まされました 本稿では その見地から いかにして平時にリスクを伝えるのか を考えてみたいと思います 続きを読む 欧州と米国から学ぶエネルギー安全保障 アゴラ シンポ関連 山本 隆三 エネルギー政策への提言 エネルギー問題では 常に多面的な考え方が要求される 例えば 話題になった原子力発電所の廃棄物の問題は重要だが エネルギー問題を考える際には 他にもいくつかの点を考える必要がある その重要な点の一つが 安全保障問題だ 最近欧米で起こった出来事を元に エネルギー安全保障の具体的な考え方の例を示してみたい 続きを読む 蟷螂の斧 河野太郎議員の電力システム改革論への疑問 その3 澤 昭裕 エネルギー産業の分析 2014年6月11日付河野太郎議員ブログ記事 いよいよ電力の自由化へ に下記のようなことが書いてある 続きを読む 東日本大震災が教えるもの アゴラ シンポ関連 畑村 洋太郎 エネルギー政策への提言 筆者は 三陸大津波は いつかは分からないが必ず来ると思い ときどき現地に赴いて調べていた また原子力発電は安全だというが 皆の注意が集まらないところが根本原因となって大事故が起こる可能性が強いと考え いろいろな原発を見学し議論してきた 正にその通りのことが起こってしまったのが今回の東日本大震災である 続きを読む 続きを読む 欧州のエネルギー 環境政策をめぐる風景感 2 競争力への懸念 有馬 純 エネルギー政策への提言 高まる国際競争力への懸念 欧州各国がエネルギーコストに神経を尖らせているもう一つの理由は シェールガス革命に沸く米国とのエネルギーコスト差 国際競争力格差の広がりである IEAの2013年版の 世界エネルギー展望 によれば 2012年時点で欧州のガス輸入価格は米国の国内ガス価格の4倍以上 電力料金は米国の2 2 5倍になっており このままでは欧州から米国への産業移転が生ずるのではないかとの懸念が高まっている 続きを読む しきい値なしのモデルとリスク受容の課題 中西 準子 放射能の健康への影響 GEPR編集部より この論文は 日本学術会議の機関誌 学術の動向 2014年7月号 の特集 社会が受け入れられるリスクとは何か から転載をさせていただいた 許可をいただいた中西準子氏 同誌編集部に感謝を申し上げる 1 リスク受容の課題 ここで述べるリスク受容の課題は 筆者がリスク評価研究を始めた時からのもので むしろその課題があるからこそ リスク評価の体系を作る必要を感じ研究を始めた筆者にとって ここ20年間くらいの中心的課題である 続きを読む 2015年度までの日本の経済 エネルギー需給見通し 日本エネルギー経済研究所 エネルギー産業の分析 25日発表のリポート 原発無稼働の場合に比べ 2015年度段階で19基稼働 稼働月9カ月以上の場合に8000億円 同32基稼働で1兆1000億円 GDPの押し上げ効果があると推計 続きを読む 家庭における2011年夏の節電実態 再掲載 電力中央研究所 エネルギー産業の分析 2012年3月論文 2011年夏における個人の節電行動を分析 2700人への調査で大半が前年比節電10 以上を達成 エアコンの使用を見直したためとされる 今年は西日本を中心に電力不足が懸念されるので 参考に 続きを読む 原子力学会と福島原発事故 反省と再生に向けて 諸葛 宗男 原子力に対する評価 東日本大震災とそれに伴って発生した東京電力福島第一原子力発電所事故から丁度3年後の2014月3月11日 日本原子力学会の福島第一原子力発電所事故に関する調査委員会 以下 学会事故調 という が丸善出版から その全貌と明日に向けた提言 題した報告書を刊行した 続きを読む 福島原発は地震で壊れたのか 宮野 廣 原子力に対する評価 福島原発事故において 地震によって原子炉の主要設備が破壊されたのではないかという懸念が 社会に広がっている こうした懸念が 原子力規制委員会による過剰ともいえる地震対策や 原子力発電への不安につながっている この小論が そうした懸念を払拭する一助になればと思う 続きを読む 日本原電 敦賀発電所敷地内破砕帯調査外部レビュー結果 日本原電 原子力に対する評価 同社は外部の調査チーム2つに依頼して 敦賀原発の破砕帯の調査を行っている 詳細かつ中立な議論によって 原子炉の下には活断層はないと論証している 原子力規制委員会はこの主張を真摯に受け止めるべきだ 続きを読む 規制委VS原電の活断層バトル 問われる 科学的 議論の中身 産経新聞 原子力に対する評価 6月28日記事 敦賀原発の破砕帯評価問題について 概観できる記事 この問題の情報が 世の中に広がっていない 続きを読む 敦賀発電所敷地内破砕帯調査 外部レビュー 第2回レビュー 結果 日本原電 原子力に対する評価 6月5日公開資料 同社が敦賀2号機について 外部有識者に依頼して行った調査の報告 続きを読む エネルギー需要は2100年に倍増へ 世界的 長期的視野の検討 早瀬 佑一 エネルギー政策への提言 産業革命以降の産業 経済の急速な発展とともに 18世紀初めには約6億人だった世界の人口は 現在72億人まで増加している この間の化石燃料を中心としたエネルギーの大量消費は 人類に生活の利便さ 快適さ ゆとりをもたらしたが 同時に 大気汚染 温暖化等の地球規模での環境問題を引き起こし 今やまさに全世界で取り組むべき大きな問題となっている 続きを読む 大飯原発判決 これだけの誤り 澤 昭裕 原子力に対する評価 5月21日 大飯原発運転差し止め請求に対し福井地裁から原告請求認容の判決が言い渡さ れた この判決には多くの問題がある 続きを読む 家庭における2013年夏の節電の実態 電力中央研究所 エネルギー政策への提言 今年は西日本を中心に 電力不足が懸念されている その対策のために 2013年夏の節電を調査したリポートを紹介する 節電意識が震災以降高まっているものの 13年はその前より節電ペースが減っている 今年の夏が懸念される 続きを読む チェルノブイリの正しい教訓 英語 ニューヨークタイムズ 地球温暖化 5月1日社説 米国の原子力利用に懐疑的なメディアの代表格である同紙も最近 原子力の利用に肯定的だ この問題で必要なことは 分別だ と指摘している GEPRは近日翻訳を紹介する 続きを読む IPCC 第5次評価第2部会報告書の疑問点 速報 論文 杉山 大志 電力中央研究所上席研究員 地球温暖化 スライド 杉山氏は気候変動政策についての著名研究者で 今年発表のIPCC第5次報告の第3部会 気候変動に対応する適応策 政策 報告書の執筆者である 第2部会報告 気候変動の影響 について やや強めの影響評価が示されているのではないかという疑問を示している 続きを読む ウクライナ情勢とアジア エネルギー地政学へのインプリケーション 小山堅氏日本エネルギー経済研究所首席研究員 エネルギー産業の分析 エネルギーから見た 緊張の続くウクライナ情勢の論点を整理した論考 さらにロシアが中国とのガスパイプラインの建設交渉に積極的であるなど 日本では伝えられていない情報を紹介している 続きを読む 原発見捨てた台湾が背負う重い課題 ウォール ストリート ジャーナル 原子力に対する評価 5月7日社説 英語 台湾の混乱を 日韓と対比させながら解説し 同国のエネルギーの脆弱性が高まったと懸念している 続きを読む 原子力損害賠償制度の課題と考察 その1 竹内 純子 原子力に対する評価 わが国の原子力事業はバックエンドも含めて主に民間事業者が担ってきた しかし 原子力事業は立地の困難さもさることながら 核物質管理やエネルギー安全保障など 国家レベルでの政策全体の中で考えなければならない複雑さを有しているため 事業の推進には政府の指導 支援 規制が必要と考えられてきた 続きを読む 原子力損害賠償制度の課題と考察 その2 竹内 純子 原子力に対する評価 改めて原子力損害賠償制度の目的に立ち返り 被害者の救済を十分に図りつつ原子力事業にまつわるリスクや不確実性を軽減し 事業を継続していくために必要な制度改革の論点について3つのカテゴリーに整理して抽出する 続きを読む 原子力損害賠償制度の課題と考察 その3 竹内 純子 原子力に対する評価 原子力災害は 家庭 職場 地域コミュニティという 場 を破壊するという意味において異質である 今次の東電福島原発事故のような大規模災害においては 金銭賠償では救済が困難な被害があり それが被災者の生活再建を滞らせている要因であることをかんがみ 国あるいは地方自治体による地域コミュニティ再生の取り組みが 事故後早い段階においてなされる必要性 民法不法行為制度による対応とは別に 例えばダム開発における土地収用法を参考に 集落 地域の再建を図ること等を含む国による災害補償スキームを創設しておく必要性を指摘しておきたい 続きを読む 福島原発事故 人手不足の解消のために その3 廃炉に適した体制を考える 北村 俊郎 原子力に対する評価 福島第一原発の事故収束 続く廃炉工事での雇用や被ばくに掛かるトラブル 現場作業のミスなど問題が続いている その原因の多くは 事故以降も一部を除き引き続き多層構造の請負体制が採用されていることによるものだ 続きを読む 福島原発事故 人手不足の解消のために その2 下請け構造の光と影 北村 俊郎 原子力に対する評価 原発における多層構造の請負体制は日本独自のものであるが 原発導入が始まって以来続けられているには それなりの理由がある この体制は 電力会社 原子炉メーカー 工事会社 下請企業 作業者 さらには地元経済界にとって それぞれ都合が良く また居心地の良いものであったため この体制は関係者に強く支持されてきた 続きを読む 変われるか 原子力ムラ 閉鎖性からの脱却を 石井 孝明 原子力に対する評価 原子力ムラ という言葉がある 漠然としているが 政官学財に巣食い 癒着し 閉鎖的で 利権をむさぼる悪の結社 という意味を込め 批判の文脈で使う人が多いようだ 続きを読む 原子力の信頼再構築に向けて 澤 昭裕 原子力に対する評価 原子力学会誌2014年3月号の掲載文章の転載です 原子力をめぐる政治の関心の薄れを指摘 その変化の必要を訴えています 続きを読む エネルギー危機としての経常赤字 池田 信夫 エネルギー産業の分析 東日本大震災で日本経済は大きなダメージを受けたが 混乱する政治がその打撃を拡大している 2013年の貿易収支は11兆4745億円の赤字となり これは史上最大である 経常収支も第二次石油危機以来の赤字となり 今後も赤字基調が続くおそれがある 円安にしようと大胆な金融緩和を進め安倍政権が エネルギー危機を呼び込んだのだ 続きを読む 福島原発事故 人手不足の解消のために その1 作業の下請け問題 北村 俊郎 エネルギー産業の分析 原発で働く作業者の労働条件の劣悪さや被ばく管理の杜撰さがメディアで取り上げられる際 現場の最前線の作業者が下請 孫請どころかさらにその下に入っている零細企業に雇用され 管理の目が行き届かず使い捨ての状態であると書かれる場合が多い 数次にわたる請負体制は 多層構造 と呼ばれているが なぜそうなっているかも含め その実態はあまり知られていない 続きを読む 原子力規制委員会によるバックフィット規制の問題点 上 池田 信夫 エネルギー政策への提言 改正された原子炉等規制法では 既存の原発に新基準を適用する バックフィット が導入されたが これは憲法の禁じる法の遡及適用になる可能性があり 運用には慎重な配慮が必要である ところが原子力規制委員会は 田中私案 と称するメモで すべての原発に一律にバックフィットを強制したため 全国の原発が長期にわたって停止されている 法的には 安全基準への適合は運転再開の条件ではないので これは違法な行政指導である 混乱を避けるためには田中私案を撤回し 新たに法令にもとづいて規制手順を決める必要がある 続きを読む 原子力規制委員会によるバックフィット規制の問題点 中 池田 信夫 エネルギー政策への提言 ところが規制委員会では この運用を 原子力発電所の新規制施行に向けた基本的な方針 私案 という田中俊一委員長のメモで行なっている これはもともとは2013年7月に新規制が実施された段階で関西電力大飯3 4号機の運転を認めるかどうかについての見解として出されたものだが その後も委員会決定が行なわれないまま現在に至っている この田中私案では 新規制の考え方 を次のように書いている 続きを読む 原子力規制委員会によるバックフィット規制の問題点 下 池田 信夫 エネルギー政策への提言 このような一連の規制が 法律はおろか通達も閣議決定もなしに行なわれてきたことは印象的である 行政手続法では官庁が行政指導を行なう場合にも文書化して根拠法を明示すべきだと規定しているので これは行政指導ともいえない 個人的お願い である 逆にいうと 民主党政権がこういう非公式の決定を繰り返したのは 彼らも根拠法がないことを知っていたためだろう 続きを読む もう 原発こわい祭 は終わりにしよう 池田 信夫 原子力に対する評価 2月9日に投開票が行われた東京都知事選は舛添要一氏が当選し 原発ゼロを掲げた細川護煕氏 宇都宮健児氏は落選した リスクゼロを追求する騒ぎの無意味さを 指摘している 続きを読む テールリスクとしての原発事故 池田 信夫 原子力に対する評価 福島第一原発事故から3年近くたち 科学的事実はおおむね明らかになった UNSCEARに代表されるように 差し迫った健康リスクはない というのがほぼ一致した結論だが いまだに 原発ゼロ が政治的な争点になる この最大の原因は原子力を悪役に仕立てようとする政治団体やメディアにあるが それを受け入れる恐怖感が人々にあることも事実だ 続きを読む 世界エネルギー展望2013 IEA 英語 国際エネルギー機関 IEA エネルギー産業の分析 IEAが毎年提供する世界エネルギー展望の2013年版が11月12日に発表された 昨年に続き シェールガス大増産の分析をしている 同リポートでは米国のエネルギー面での優位性の拡大を指摘 続きを読む 放射性廃棄物 政府は最終処分に責任を持て 読売新聞 原子力に対する評価 11月22日社説 進展しない放射性廃棄物問題では 処分地の選定で自治体の応募が前提となっている 経産省がこの見直し案をまとめました こうした制度を改めて 国が前面に出るべきとの主張 続きを読む 被曝の新基準 場の線量から個人の線量に 読売新聞 放射能の健康への影響 11月16日社説 個人の行動によって放射線の被ばくは変わる そうした現実に応じて対応することを求めた意見 適切な論考だ 続きを読む 原子力問題を総合的に解決する 事業環境整備法策定を ウェッジ エネルギー政策への提言 ウェッジ 10月28日掲載 GEPR アゴラの寄稿者である 澤昭裕氏の論考 政治の関心が 原発の推進でも 反対でも薄れている 特別法をつくることで 国の関与を明確にすることを訴えている 考えるべき視点だ 続きを読む 放射線と甲状腺 資料 広島赤十字 原爆病院小児科資料 放射能の健康への影響 福島原発事故の影響で甲状腺がんの診断が増えている 懸念する人がいますが これは調査を詳細にしたためで 他の調査と比べて特異に大きなものではない この資料では そのことが示されている もちろん引き続き 調査が必要だ 続きを読む 原子力により防がれた従来および予測される死亡者数および温室効果ガスの排出量 プシュカ A カレチャ ジャームズ E ハンセン 放射能の健康への影響 2011年3月の福島第一原子力発電所事故の余波により 今後の世界的エネルギー供給への原子力の貢献はいくぶん不確かなものとなった 原子力は潤沢で低炭素のベースロード電源であるため 世界的な気候変動と大気汚染緩和に大きな貢献をすることができるものだ 続きを読む 電力システム改革 を改革せよ その4 GEPR編集部 エネルギー産業の分析 今回で一応最後にするが 経済産業省 総合エネルギー調査会総合部会 電力システム改革専門委員会 の 報告書 を委員長としてとりまとめた伊藤元重 東京大学大学院経済学研究科教授が本年4月に公開した論考 日本の電力システムを創造的に破壊すべき3つの理由 上 下 について 私見を述べていきたい その1 その2 その3 続きを読む 中国電力 隠岐営業所27人が見守る設備 電力供給を支える現場力 中国電力 隠岐営業所27人が見守る設備 電力供給を支える現場力 エネルギー産業の分析 神々の宿る国島根の北東部に位置する島根半島から 約50キロメートル 4つの有人島と約180もの小さな島からなる隠岐諸島は日本海の荒波に浮かんでいる 島後島 隠岐の島町 中ノ島 海士町 西ノ島 西ノ島町 知夫里島 知夫村 の4島合わせて約2万1000人 2013年3月末現在 が生活する隠岐諸島への電力供給を担う 中国電力株式会社の隠岐営業所を訪ねた 続きを読む GISを使った福島における長期被ばくの効果的な評価について 英語 学術誌Chemosphere 放射能の健康への影響 7月31日掲載論文 日本の産業技術総合研究所などの研究チームの論考 原題は GIS based evaluation of the effect of decontamination on effective doses due to long term external exposures in Fukushima 除染特別区域を対象として 除染の効果に関して GIS 土地利用 土地利用毎の除染効率を用いて 幾つかのシナリオで面的な予測を実施した 除染特別区域では 13 55 で30年間の被ばく量が総計100mSvを越えると推定されるという 続きを読む 独立は孤立ではない 規制側と事業者側の議論こそ重要 アンドレ クロード ラスコト 仏原子力安全規制当局 ASN 前委員長 エネルギー政策への提言 関西電力機関誌に掲載された論文 フランスの原子力規制の背景にある思想を同国元高官が紹介 仏では06年設定の安全基準を 事業者の体力や原発の状況に応じてまだ全適用していない そして事業者との対話を重視するという 独善的と批判を集める日本の原子力規制には 大いに参考になる 続きを読む 金融界の電気事業制度改革に対する懸念 伊藤 敏憲 エネルギー産業の分析 電力自由化は 電気事業における制度担保がなくなることを意味する 欧米諸国の電気事業者の財務格付けは 自由化の前後で 国とほぼ同等の格付けから 経営環境や個社の財務状況を反映した格付けに改定された その結果 大半の電気事業者が 財務諸比率が改善したにもかかわらず 財務格付けを引き下げられた 続きを読む 電力システム改革 を改革すべし その2 石川 和男 エネルギー産業の分析 前回に続いて経済産業省 総合エネルギー調査会総合部会の 電力システム改革専門委員会 の報告書 注1 を委員長としてとりまとめた伊藤元重 東京大学大学院経済学研究科教授が本年4月に公開した論考 日本の電力システムを創造的に破壊すべき3つの理由 注2 について 私見を述べていきたい 続きを読む 電気料金値上げによる関西地域の製造業への産業影響 RITE エネルギー産業の分析 RITE 公益財団法人地球環境産業技術研究機構 は 2013年6月11日に 関西地域における電気料金値上げによる製造業への影響分析 に関する調査レポートを公表した 続きを読む なぜ25 なのか 究極目標及び合理的な各国の分担に関する日本案の検討と発信 山口 光秀 東京大学先端科学技術研究センター特任教授 エネルギー政策への提言 2010年の環境経済 政策学会で発表された論文 温暖化問題での鳩山イニシアティブ また鳩山氏が主張した 25 減 2度抑制 80 削減 の主張が 国際社会の中でどのようにつくられたのかを解説している 今回の寄稿コラム 必要な情報が政治家に伝わらない の関連 続きを読む 再生可能エネルギーの国補助金 追加費用年2800億円の巨額に 負担は正当か 朝野 賢司 再生可能エネルギー技術 固定価格買取制度 FIT 等の再エネ普及制度では 賦課金を上回る費用が 国民の負担となっていることから 賦課金総額とともに 追加費用を推計した 追加費用とは 再エネ電力の買取総額から 買取によって不要となる発電部門の燃料費等の可変費を引いた費用である 続きを読む 温暖化 環境問題 中国だけが悪いのか 生産肩代わりの検証を 石井 孝明 エネルギー産業の分析 中国の環境汚染が著しい 空気 水 温室効果ガスの排出などの点で 急速な工業化と緩い規制によって環境破壊が広がる しかし正確な情報は国内外に伝えられず 都市部を中心に中国国民の健康被害が伝えられ 政情不安の一因になっているとされる 東シナ海の汚染 PM2 5 微小粒子状物質 などによる大気汚染 酸性雨による日本への影響が懸念されている 温室効果ガスについては 中国は2010年には米国を抜き 世界最大の温室効果ガス排出国になった 中国は全世界のCO2のうち 約25 日本は約6 を排出している 続きを読む 電力カラーリングへの期待と誤解 上

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/articles/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 報告書 : Global Energy Policy Research
    2030年の電源ごとの構成の議論が2011年以降 放置された しかし温暖化交渉の目標数値をつくるために 必要となる 経産省の動きの観測記事だが 原発稼働の見通しが立たない以上 こうした議論は無意味だ 続きを読む 原発再稼働の手順を考える 第1号 川内モデル から見えた無駄の多さ 石井 孝明 原子力に対する評価 原子力発電の再稼働が遅れている 原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査が進まないためだ 再稼働の第一号は九州電力川内原発になる見込みだ これは今後の再稼働のモデルケースになるであろう そこで規制当局とその関係者の間で どのような手続きが行われたのかを 公開資料で検証してみた 続きを読む 無資源国 日本は侵略に弱い 脱原発のできなかったウクライナから考える 石井 孝明 原子力に対する評価 昨年11月 チェルノブイリ原発とウクライナ政変を視察するツアーに参加した 印象に残ったことがある 1986年の原発事故を経験したのにもかかわらず ウクライナの人々が原発を容認していたことだ 続きを読む 原油安でもシェール革命は続く ヤーギン氏に聞く 日本経済新聞 エネルギー産業の分析 1月17日記事 国際的に知られるエネルギーアナリストのダニエル ヤーギン氏の分析 原油価格の抑制 シェールガスの生産拡大は続くという予想を示す 続きを読む 電力料金値上げ 苦しむ経営者の声 鋳造 特殊ガラス製造 GEPR編集部 エネルギー産業の分析 電力料金上昇に苦しむ鋳造業 特殊ガラス製造業の2社の経営者に話を聞いた これら2業種は電炉を使う電力多消費産業だ その意見を紹介する 円安と原発の停止の影響で 自由化されている産業向け電力料金では2011年から総じて3 4割アップとなった 多くの企業は電力料金の上昇に苦しむ 続きを読む テレビ東京渾身の訴え 国民負担2 7兆円の衝撃 は必見 竹内 純子 再生可能エネルギー技術 昨年11月17日 テレビ東京の ワールド ビジネス サテライト がこれまでテレビでは取り上げられることのなかった切り口で 再生可能エネルギーの全量固定価格買取制度を取り上げた 同局のホームページには当日放送された内容が動画で掲載されている 続きを読む 26年産新米基準超ゼロ 風評払拭へ大きく前進 放射性物質検査 福島民報 放射能の健康への影響 1月9日記事 福島の昨年の新米で 放射性物質の基準超えがゼロになったという報告 福島の農業関係者の努力によるもので 喜ばしいニュース 続きを読む 先天異常新生児全国と同 福島県の調査 母親安心感 読売新聞 放射能の健康への影響 1月10日記事 福島県の新生児の異常が 全国平均並みという分析と 風評払拭に 福島県の医療関係者の努力があったという報道 これも喜ばしいニュース 続きを読む 米シェール企業を原油安が直撃 昨年来 初の経営破綻 朝日新聞 エネルギー産業の分析 1月11日記事 原油安を受けて その競争的な立場にあるシェールガスの開発企業が米国で経営破綻した この種の企業の採算ラインは現時点の石油価格1バレル 60ドル前後が多いとされる この動きが広がるか 注意が必要だ 続きを読む 玄海など老朽原発5基廃炉へ 電力4社 年度内に決定 朝日新聞 原子力に対する評価 1月11日記事 原発の寿命を40年にするというルールの適用を受けて 電力各社が70年代の原発の廃炉を検討している それを整理した記事ですが 第一世代原発の世代交代は必要なものの 代替電源の手当にも 政策上の配慮が必要だ 続きを読む 原油価格急落 アベノミクスはどうなる 言論アリーナリポート GEPR編集部 エネルギー産業の分析 続きを読む 原子力に関する中間整理 経産省 資源エネルギー庁 原子力に対する評価 総合資源エネルギー調査会原子力小委員会 12月25日公開 原子力の問題を分析 そこで重要性は強調するものの 依存度を低減という姿勢を打ち出しました ただし何をしたいか 主張の明確性を欠いた文章 続きを読む 長期エネルギー需給見通し小委員会 を設置します 経産省 資源エネルギー庁 エネルギー産業の分析 12月26日広報文 原発の利用の状況を含めた需給計画の検討をすることを 同庁は表明2015年には温室効果ガスの規制枠組みが 国連の交渉で決まる 急いでとりまとめを行う必要があるが この議論がどうなるかは不透明です 続きを読む 何で俺が来たと思っているのだ 原発作業員に向けた激高 菅直人氏 産経新聞 エネルギー政策への提言 12月28日記事 25日に政府事故調が 追加で聞き取り調査を公表 産経が吉田調書を読み直す作業を行っている 原発事故対応の民主党政権 また当時の菅直人首相の混乱ぶりを改めて伝えています 作業員を前に 菅直人氏は怒鳴っていたという 池田元久経産副大臣 当時 の証言 続きを読む 津波対策 関わるとクビ 10年 保安院内部で圧力 東京新聞 エネルギー政策への提言 12月26日記事 政府事故調の聞き取り調査で 当時の原子力安全 保安院で上記のような発言をする幹部がいたとの報告 これは事実としたら事故の遠因になっただろうし その組織の行政官が原子力規制庁に移ったことは大変な問題 続きを読む 放射線量の高い福島産イノシシ肉を食べてみた 石井 孝明 放射能の健康への影響 福島で捕れたイノシシのボタン鍋を食べませんか 肉の放射線量は1キロ当たり800ベクレルです こんなEメールが東京工業大学助教の澤田哲生さんから来た 私は参加し 食べることで福島の今を考えた 続きを読む シェール革命 可能性とリスクにどう向き合うか エネ庁部長インタビュー GEPR編集部 エネルギー政策への提言 世界の天然ガス情勢に大きな影響を及ぼしている北米のシェールガス革命 この動きを 経産省 資源エネルギー庁はどのように分析し その変化を日本にどう取り込もうとしているのか 続きを読む 再生可能エネルギーの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直し等について 経産省 資源エネルギー庁 再生可能エネルギー技術 12月18日公表 再エネが増えすぎて混乱が生じたことの対応策 制度の抜本的見直しには踏み込まなかったものの 新規の再エネへの補助金の制限 接続の見直しなどの取り組みを打ち出した 続きを読む 福島第1 廃炉へ一歩 4号機の核燃料取り出し完了 日本経済新聞 原子力に対する評価 12月20日記事 福島原発事故で 事故直後に崩壊が懸念された4号炉の燃料取り出しが完了した 廃炉作業が進んでいます 続きを読む 福島第1 4号炉の状況 東京電力 原子力に対する評価 22日時点で作業完了の更新はされていないが 4号炉の状況を解説している 続きを読む 出光 昭和シェル買収へ交渉 TOB5000億円規模 首位JX追う 日本経済新聞 エネルギー産業の分析 12月20日記事 国内2位の石油元売りの出光興産が 同5位の昭和シェル石油にTOB 株式公開買い付けによる買収 を実施する意向を表明 国内の需要伸び悩みを背景に15年は石油業界の再編の可能性がある 続きを読む 中国 高層増殖炉 最大出力運転に成功 英語 WNN ワールドニュークリアニュース 原子力に対する評価 米国専門誌12月19日記事 中国初のFBR 高速増殖炉 の実験炉が 12月15日最大出力運転を開始した 能力65万キロワットだ 日本はこの研究で90年代は世界最先端だったが ロシアに続き中国に先を越された 続きを読む 省エネ推進と原子力の安全な活用を 日本への期待 ムラー博士講義 本記 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 福島原発事故の後で 日本ではエネルギーと原子力をめぐる感情的な議論が続き 何も決まらず先に進まない混乱状態に陥っている 米国の名門カリフォルニア大学バークレー校の物理学教授であるリチャード ムラー博士が来日し 12月12日に東京で高校生と一般聴衆を前に講演と授業を行った 海外の一流の知性は日本のエネルギー事情をどのように見ているのか 続きを読む エネルギー源 どれにもあるデメリット ムラー博士講義 要旨 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 エネルギーは 国 都市 そして私たちの生活と社会の形を決めていく重要な要素です さらに国の安全保障にも関わります 日本の皆さんは第二次世界大戦のきっかけが アメリカと連合国による石油の禁輸がきっかけであったことを思い出すでしょう 続きを読む CO2排出削減計画で小さな進展 COP20閉幕 ウォールストリート ジャーナル 地球温暖化 12月15日記事 ペルーのリマで行われていた気候変動枠組条約第20回締約国会議 COP20 が閉幕した 来年のパリ会議では 枠組みをつくることが目標にされている それでも その制度づくりでもめた 会議では緩い登録制度づくりで合意がされた 続きを読む 汚染水放出に言及 規制委員長 福島第一を視察 朝日新聞 放射能の健康への影響 12月13日記事 田中俊一原子力規制委員会委員長が福島原発を視察 安全性の確保された汚染水の放出を主張した タンクに無限に増え続ける状態であり 妥当な発言だ 続きを読む 再エネと顧客サービスに軸足を移す欧州の巨人 エーオンの歴史的な事業革新プラン 日経BP エネルギー産業の分析 12月12日記事 GEPRに寄稿いただいた山家公雄さんの論考 ドイツの最大手電力会社エーオンが 旧来の持ち株型の電力会社から 再エネ サービス 送電 発電に分社化する計画を発表した その分析 続きを読む 敦賀原発の破砕帯 科学者の原点を忘れるな 産経新聞 原子力に対する評価 12月13日社説 日本原電敦賀原発2号機の破砕帯をめぐる問題で 他の有識者から活断層とした規制委の判断に疑問が示されたことを取り上げている 慎重な議論が必要なのに 結論を急ぐ規制委の態度に疑問を示した 妥当な見解だ 続きを読む 故郷に住むのは当然だ チェルノブイリ 自主帰還の近郊住民と語る 上 石井 孝明 放射能の健康への影響 チェルノブイリ原発事故の後で 強制避難の行われた同原発の近郊に避難後に戻り 生活を続ける自主帰還者がいる 放射能が危険という周囲の見方と異なり その人たちは総じて長生きであり 自分では健康であると述べている 続きを読む 福島の強制避難政策の誤り チェルノブイリ 自主帰還の近郊住民と語る 下 石井 孝明 放射能の健康への影響 こうしたチェルノブイリ事故の立ち入り制限区域で自主的に帰宅する帰還者は サマショール ロシア語で 自ら住む人 という意味 と呼ばれている 欧米を中心に チェルノブイリ近郊は 生命が死に絶えた危険な場所 と 現実からかけ離れたイメージが広がっている サマショールの存在は最近 西欧諸国に知られたようで それは驚きを持って伝えられた 続きを読む 総選挙 各政党のエネルギー政策をみる 争点外の原発 負担増は放置 石井 孝明 エネルギー政策への提言 12月14日に投開票が行われる衆議院議員選挙 そこでの各党の選挙公約をエネルギーに焦点を当てて分析してみる 続きを読む 衆院選 原発再稼働 エネルギー政策も争点に NHK 原子力に対する評価 12月6日記事 今回の記事で取り上げなかった 小政党のエネルギー 原子力政策をまとめている 続きを読む 甲状腺がん遺伝子変異 チェルノブイリと別型 福医大など見解 福島民報 放射能の健康への影響 11月15日記事 福島で甲状腺がんが発生していますが これはチェルノブイリ事故による甲状腺と別のものという研究 このがんが福島原発の事故由来のものでないことの証明であろう 続きを読む 再エネ分野の人材育成の指標 再生可能エネルギースキル標準 GPSS を策定 経産省 資源エネルギー庁 再生可能エネルギー技術 12月5日公表 再エネについて事業で必要な知識をまとめ それを共有知として活かそうという取り組み 産業の健全な発展に必須だ 続きを読む 原発再稼働促進で電気料金を震災前の水準に 原子力国民会議 政府に要望へ 産経新聞 原子力に対する評価 12月4日記事 アゴラチャンネル 原子力を国民の手に で紹介した 原子力国民会議 が東京で集会を開催した その説明 また同会議が電力料金の値下げを訴えることを伝えている 続きを読む 故郷に住むのは当然だ チェルノブイリ 自主帰還の近郊住民と語る 上 石井 孝明 放射能の健康への影響 チェルノブイリ原発事故の後で 強制避難の行われた同原発の近郊に避難後に戻り 生活を続ける自主帰還者がいる 放射能が危険という周囲の見方と異なり その人たちは総じて長生きであり 自分では健康であると述べている 続きを読む 原油安が左右する世界経済のリスク ロイター通信 原子力に対する評価 11月28日記事 原油価格が暴落し 1バレル65ドル前後と ドル建てで5年ぶりの安値水準となっている これが世界経済にプラスとなる一方 産油国に混乱を招いている その概観リポート 続きを読む チェルノブイリ原発事故 現状と教訓 上 日本で活かされぬ失敗経験 石井 孝明 原子力に対する評価 1986年に世界を震撼させたチェルノブイリ原発事故 筆者は14年11月に作家の東浩紀氏が経営する出版社のゲンロンが主催したツアーを利用して事故現場を訪問し 関係者と話す機会を得た 福島原発事故を経験した日本にとって学ぶべき点がたくさんあった そこで得た教訓を紹介したい 続きを読む チェルノブイリ原発事故 現状と教訓 下 情報公開で誤情報の定着を避けよ 石井 孝明 原子力に対する評価 チェルノブイリ事故によって ソ連政府の決定で ウクライナでは周辺住民の強制移住が行われた 旧ソ連体制では土地はほぼ国有で 政府の権限は強かった 退去命令は反発があっても 比較的素早く行われた また原発周囲はもともと広大な空き地で 住民も少なかった 続きを読む チェルノブイリ事故 私は現場にいた 担当技師の回顧 石井 孝明 原子力に対する評価 その日深夜 出力調整の試験をやるということは聞いていた しかし現場にはいなかった 事故は午前1時36分に起こったが 私は電話の連絡を受けて プリピャチ市の自宅から午前5時には駆けつけ 高い放射線だったが制御室で事故の対策をした 電気関係の復旧作業をした 続きを読む 再掲載 ロシア政府報告書 チェルノブイリ事故25年 ロシアにおけるその影響と後遺症の克服についての総括および展望1986 2011 より 最終章 結論 ロシア連邦 民間防衛問題 非常事態 自然災害復旧省 2011年にまとめた報告書の日本語訳 チェルノブイリでは社会混乱が 健康や経済に悪影響を及ぼしたという報告 こうしたリスクを警戒すべきという 続きを読む 再掲載 チェルノブイリの遺産 概要の日本語訳 IAEA 国際原子力機関 など国際8機関 ロシア ベラルーシ ウクライナの3カ国 放射線被害の健康被害の全貌は不明なものの 現在のところ甲状腺がんと 事故処理作業員に被害は限定されていると 紹介している 続きを読む 再掲載 現地を見よう 危険と切り捨てるな チェルノブイリ ダークツーリズム ガイド を語る 上 続きを読む 福島原発観光でイメージ回復を チェルノブイリ ダークツーリズム ガイド を語る 下 GEPR 思想家で東浩紀氏と 政策家の石川和男氏の対談 今回紹介したチェルノブイリツアーは 東氏の福島の観光地化計画の構想を背景に行われた 続きを読む チェルノブイリ原発事故 28年後の現場を訪ねる 日経BP 原子力に対する評価 10月17日記事 米誌ナショナルジオグラフィックの転載 チェルノブイリ地区が段階的に開放され 多くの人が観光に訪れるようになったことを紹介している 続きを読む 原子力国民会議 原子力とエネルギーの未来を語り合う アゴラチャンネル 原子力に対する評価 原子力に関係する研究者などの民間有志が集まって 原子力の未来を多角的に考える原子力国民会議という団体の紹介 12月4日に東京中央集会を開催する ホームページ 主要メンバーである諸葛宗男 NPO法人パブリック アウトリーチ上席研究員 澤田哲生 東京工業大学原子炉工学助教 の両氏が出演 続きを読む 固定価格買い取り制度の使命は終わった 池田 信夫 再生可能エネルギー技術 全国の電力会社で 太陽光発電の接続申し込みを受けつけないトラブルが広がっている これは2012年7月から始まった固定価格買い取り制度 FIT によって 大量に発電設備が設置されたことが原因である 2年間に認定された太陽光発電設備の総発電量は約7000万kW 日本の電力使用量の70 にのぼる膨大な設備である 続きを読む 1 減イコール1兆円 温室効果ガス数値目標の本当のコスト 杉山 大志 再生可能エネルギー技術 要旨 数値目標を1 上積みするごとに 年間1兆円の費用がかかる これは1トンCO2あたり10万円かかることを意味する 数値目標の本当のコストは途方もなく大きいので 安易な深掘りは禁物である 続きを読む 太陽光6900万kWの負担は39兆円 ウェッジ 再生可能エネルギー技術 6月21日記事 朝野賢治電力中央研究所上席研究員の寄稿 太陽光の支援策で 買い取り義務のある20年の間に どの程度の負担が広がるかを試算した 続きを読む EFI2014年リポート 太陽光 EFI 再生可能エネルギー技術 ドイツの経済研究機関の今年3月のリポート ドイツが90年代から始めた 太陽光など再エネ支援システムが イノベーションや経済に役立たなかったとの結論を示した 英語 続きを読む 13年度のCO2排出量 過去最高 原発停止と景気回復で 日本経済新聞 原子力に対する評価 11月14日記事 CO2排出量が 原発停止の影響で増加していることを示した 経産省資料 エネルギー需給実績 続きを読む 原子力国民会議 原子力とエネルギーの未来を語り合う GEPR編集部 原子力に対する評価 原子力にかかわるさまざまな立場の人が集まった原子力国民会議が12月4日に東京中央集会を行う その説明と紹介を行った 出演は諸葛宗男 NPO法人パブリック アウトリーチ上席研究員 澤田哲生 東京工業大学原子炉工学助教 の2氏 コーディネーターは ジャーナリストの石井孝明氏 続きを読む 太陽光バブルの崩壊 上 なぜ混乱 アゴラチャンネル報告 GEPR編集部 再生可能エネルギー技術 アゴラチャンネルでは11月5日 太陽光バブルの崩壊 なぜ再エネ買い取り制度は破綻したのか を放送した その要旨を紹介する 上下2つ 続きを読む 太陽光バブルの崩壊 下 政策目的不明に アゴラチャンネル報告 GEPR編集部 再生可能エネルギー技術 澤 FITの問題は 目的が明確ではない点です 再エネを増やすため と誰もがいいます しかし 何のために増やすのか という問いに 答えは人によって違います 脱原発のため という人もいれば エネルギーの安全保障のため と言う人もいます 始まりは先ほど述べたように 温暖化対策だった 共通の目標がありません これはよくない 続きを読む 田中委員長が火山学会批判 審査基準見直し提言で 共同通信 原子力に対する評価 11月6日記事 火山学会が 原子力規制委員会の火山規制基準を足りないと批判 ただし事実上 常時の監視を求めるもので 規制委員会は非現実的と指摘した ただし田中俊一委員長の 対応はできる という発言にも 根拠がないと批判が集まっている 続きを読む 新エネルギー小委員会配布資料 経産省 資源エネルギー庁 再生可能エネルギー技術 11月6日開催分 企業 経団連 消費者団体の委員が再エネ買い取り制度について意見を述べている 企業には重荷になる一方 多くの人が再エネに過度に期待を向けている実態が 資料から見える 続きを読む 持続可能な再生可能エネルギーの導入に向けて 経団連再エネ意見書 再生可能エネルギー技術 続きを読む 電力多消費産業の要望事項 経産省 資源エネルギー庁 再生可能エネルギー技術 11月6日 上記委員会に提出の資料 鋳造業 電炉などは電力料金値上げと 再エネ賦課金の負担が年1600億円になり 産業として疲弊しているとの主張が述べられている 続きを読む 新エネルギー小委員会系統ワーキンググループ 経産省 再生可能エネルギー技術 同省に置かれた総合エネルギー調査会の新エネルギー小委員会は 系統ワーキンググループで 電力会社による再エネの接続の一時保留問題を検討している 揚水発電の利用 接続ルール上で決められる30日の設置設備の保留拒否などを使って 再エネの接続を拡大ししようという案が浮上 ただし制度の抜本的見直しが進むかは現時点で不透明だ 続きを読む 玄海原発1号機廃炉へ 九電 運転延長断念 西日本新聞 原子力に対する評価 10月30日記事 九州電力が玄海原発の1号炉の廃炉を検討という情報 まもなく稼働40年になる原発の修繕を断念するとのこと 福島原発事故で老朽化原発が事故を起こしました 原子力規制委員会は40年廃炉ルールを設けている 今後 旧型炉の廃炉が全国の原発に広がる可能性がある 続きを読む 理想どおりにはいかなかったサハラ砂漠の再生可能エネルギー計画 JBpress 再生可能エネルギー技術 10月29日記事 ドイツ在住の作家川口マーン恵美さんのコラム サハラ砂漠でドイツ企業が中心になって太陽光発電でEUに電力を供給するというプロジェクトが進行していた しかし 計画だけでうまく進んでいない アフリカ現地への供給事業に縮小する見込み 続きを読む エネルギー選択と直面するリスクを考える アゴラ シンポ 第2セッション要旨 1 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 アゴラ研究所 また運営するエネルギー問題のバーチャルシンクタンクであるGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ は 9月27日に静岡市で常葉大学と共催で 第3回アゴラ シンポジウム 災害のリスク 東日本大震災に何を学ぶか を行った 続きを読む エネルギー選択と直面するリスクを考える アゴラ シンポ 第2セッション要旨 2 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 池田 全員の意見で エネルギーと安全保障は密接に絡み合っている ということが一致しています よく 命さえあれば お金がなくても大丈夫 と言われますが 現実には違います お金がなければ命を維持するためのエネルギーもつくれません 続きを読む 福島県知事選 論戦遠く結論は 棄権 河北新報 原子力に対する評価 10月27日記事 福島県知事選が26日行われ 自民 民主の相乗り候補だった前副知事の内堀雅雄氏が当選した ただし選挙では 候補は脱原発 東電福島第2原発の廃炉で一致 原発避難者の早期帰還方法 1mSv除染の見直しなどが争点にならなかった 重要な問題の議論を深めるべきではないか 続きを読む 原発事故時の国際補償条約で閣議決定 メーカー免責 輸出後押し 産経新聞 原子力に対する評価 10月24日記事 事故発生国には一定額 約470億円 以上の賠償を義務付け これを超えた場合は各国の拠出金で賠償の一部を補完する国際的な賠償枠組みへの参加を日本政府は閣議決定した メーカー免責で日本の原発輸出を支援すると見込まれる 続きを読む 宮沢洋一経済産業大臣就任会見 経産省 エネルギー政策への提言 10月21日 政治資金問題により小渕優子前大臣が辞任 新しく宮沢洋一氏が就任した 原子力はベースロード電源 再稼働を進め 再エネの検証など 現在のエネルギー政策を踏襲する方向だ 続きを読む 号砲 電力大競争 4 うごめく原発再編 日本経済新聞 エネルギー産業の分析 10月25日記事 原子力の集約を経産省が電力会社に打診を始めたという記事 電力自由化の中で起こりうる話ですが 自由化の着地点はまだ見えないため 電力会社は対応できない状況であろう 続きを読む LNGが日本の電力の将来を担う 再生可能エネルギーの可能性と合わせ 海外報道 NewShere エネルギー産業の分析 10月25日記事 海外ニュースのまとめサイト 海外でも 日本の再エネバブルと原発停止による貿易赤字は注目されている 福島の情報は危険に傾いている側面もあるが 経済ニュースとして日本のエネルギーが語られるようになっている 続きを読む 東海地震のリスクをどう考えるか 1 アゴラ シンポ 第1セッション要旨 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 アゴラ研究所 またその運営するエネルギー問題のバーチャルシンクタンクであるGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ は 9月27日に静岡市で常葉大学と共催で 第3回アゴラ シンポジウム 災害のリスク 東日本大震災に何を学ぶか を行った 続きを読む 東海地震のリスクをどう考えるか 2 アゴラ シンポ 第1セッション要旨 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 池田 アゴラ 日本の公害運動のパイオニアである リスク論の研究者である中西準子さんが 1981年に リスク許容度 という言葉を日本で初めて使ったとき 反発を受けたそうです 災害で ゼロリスク はあり得ない 続きを読む 再生可能エネルギーの最大限の導入拡大に当たって直面する課題の整理 経済産業省 資源エネルギー庁 再生可能エネルギー技術 総合資源エネルギー調査会新エネルギー小委員会 第5回 14年10月15日開催 配付資料 再エネの当面する 経費 送配電網整備などの課題について 経産省が整理している 続きを読む 小渕経産相 老朽原発 廃炉早期決断を 電事連に要請 毎日新聞 原子力に対する評価 10月18日記事 小渕優子経産大臣が 八木誠電気事業連合会会長 関電社長 と17日面会し 建設40年前後経過した老朽原発の廃炉の検討を求めた 20日現在 小渕大臣は政治資金管理のスキャンダルで辞任が取り沙汰されているが これは経産省の政策として継続するはずだ 続きを読む 米NRC ユッカ山の放射性廃棄物の安全性評価報告を了承 AAAS 米国先端科学協会 エネルギー政策への提言 10月17日 科学解説記事 原題は Yucca Mountain nuclear waste repository passes major hurdle 米国は核廃棄物の地中処分計画を検討している 80年代から計画されていたネバダ州のユッカ山での処分場の安全再評価の報告書の一部を米国の原子力規制委員会 NRC が了承しました ただし同計画は現時点で凍結されており これで計画実現に大きく進んだ状況ではない 実現の場合には 日本と世界に影響を与える 続きを読む 太陽光発電の参入凍結 大規模施設 増設も認めず 買い取り価格 大幅下げへ 経産省検討 日本経済新聞 再生可能エネルギー技術 10月11日記事 経産省の再エネ振興策の転換を伝えている 続きを読む 仏下院 原発依存度の低減目指す法案を可決 AFP フランス国営通信 エネルギー政策への提言 10月11日記事 フランス下院が10日 現在の発電に占める原発の依存を現在の75 から10年以内に50 にする法案を可決 再エネの拡充と省エネを柱とするが 野党からは実現を疑問視する声が出ている 続きを読む 福島県民 負担増でも脱原発 4割 河北新報 原子力に対する評価 10月11日掲載 福島県民の4割超が 脱原発に伴う電気料引き上げを容認する考えであることが河北新報社のアンケートで分かった 厳しい市民感情を裏付けている 26日に福島県知事選が行われるが 現時点で全候補が脱原発を訴えている 続きを読む 再エネ 支援政策の光と影 上 太陽光 投資10倍の急拡大 GEPR記事 再生可能エネルギー技術 3月24日 再掲載 今回の再エネ政策の見直しの背景になった功罪について検証しています 全3回 続きを読む 東日本大震災が教えるもの 畑村洋太郎氏講演要旨 アゴラ シンポ関連 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 きょうは 想定 全体像 共有 平時と有事 目を覚ませ という話をします 多くの人は現象を見て ああでもない こうでもないと話します しかし必要なのは 現象から学び 未来に活かすことです そうしなければ個々の事実を知っていることは 知らないよりまし という意味しかありません 続きを読む 中川恵一氏に聞く 低線量被ばくの誤解と真実 2 福島で甲状腺がんは増えたか GEPR編集部 放射能の健康への影響 福島県では原発事故当時18歳以下だった27万人の甲状腺診断が行われています 今年2月には 75人に甲状腺がんとその疑いを発見 との発表が福島県からありました 子どもの甲状腺がんの発生率は 100万人に1 2人という報道もあります どのように考えるべきでしょうか 中川 これは 原発事故の影響によるものではありません 続きを読む 中川恵一氏に聞く 低線量被ばくの誤解と真実 3 福島へのメッセージ GEPR編集部 放射能の健康への影響 中川先生はチームを組んで福島の支援活動を続けてきました どういう理由からだったのですか 中川 私は 東大病院の緩和ケア部門の責任者です この部署では放射線技師 看護師 医師 心理学カウンセラーなどさまざまな専門家ががんの治療に関わります そのために原発事故で いろいろな知恵を活用しやすいと思いました 続きを読む 震災伝承館 国土交通省東北地方整備局 エネルギー政策への提言 畑村氏の講演で言及された 災害復旧で成果を上げた機関の震災記録 経験を継承するために つくられた映像 写真サイト 経験を継承する情報が集まっている 続きを読む 再生可能エネルギーの買い取り制度 固定買い取り抜本改定へ 送電網の容量限界で 再生エネ普及に影響 共同通信 再生可能エネルギー技術 9月26日記事 再エネが支援制度で普及しすぎ 電力会社が買い取りを拒否し 固定価格買い取り制度の見直しが検討されている 続きを読む 再生可能エネルギー賦課金 3 12円 kWh 単年度総額2 7兆円 と政府試算 日本商工会議所 再生可能エネルギー技術 9月30日記事 経産省が 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で 現在計画中の再エネがすべて稼働したとき キロワットアワーあたり3 12円の付加金でも 単年度総額で2 7兆円になると試算した 既存メディアは大きく伝えていないが 大変な負担となる 経産省資料 直近の認定量が全て運転開始した場合の賦課金等について 続きを読む 米 韓国の 使用済み核燃料の再処理 を容認 東亜日報 韓国紙 日本版 原子力に対する評価 9月30日記事 核拡散を恐れ プルトニウム製造技術の拡散を抑える政策を常に取り続ける米国が 珍しく韓国の再処理を容認する意向のようだ 続きを読む 原発避難解除 帰還者をしっかりと支えよう 読売新聞 放射能の健康への影響 10月5日社説 福島原発事故後の避難が一部解除されたことを受け 地域社会と生活の再建を呼びかける記事 畑村氏の講演にあったように 災害対策には こうした長期的視点が必要だ 続きを読む アゴラ シンポジウム 災害のリスク 東日本大震災に何を学ぶか GEPR編集部 アゴラ研究所は 災害のリスク 東日本大震災から何を学ぶか を開催した ニコニコ生放送で公式放送となった 今後ユーチューブ また記事の形で報告します ニコ生 会員限定だが 放送を紹介 続きを読む 中川恵一氏に聞く 低線量被ばくの誤解と真実 1 発がんは増えますか GEPR編集部 放射能の健康への影響 低線量放射線の被ばくによる発がんを心配する人は多い しかし 専門家は 発がんリスクは一般に広がった想像よりも 発がんリスクははるかに低い と一致して指摘する 福島原発事故の後で 放射線との向き合い方について 専門家として知見を提供する中川恵一 東大准教授に聞いた 全3回 続きを読む 避難先から戻って来た人 戻って来たい人を叩くことはしないで 今まで通り接して下さい イジメちゃダメだぞ ツイッターまとめ 放射能の健康への影響 原発事故直後にパニックになり避難した人との対話が記録されている こうした人は社会に少数ながらいるらしい こうした人々の状況はなかなか分からないゆえに紹介する 他人の視線を過度に気にしているようなので こうした人々を温かく受け止めることが必要だ 続きを読む 福島の野菜を使ったスープのパフォーマンス 海外で話題に ハフィントンポスト 放射能の健康への影響 9月26日記事 福島の野菜で作ったいわき市の芸術家のスープを 作品として英国の美術祭典が出展 芸術 や 表現の自由 の名目で おかしなイメージの拡散が続くことにうんざり ジャーナリストのモーリー ロバートソンさんの適切なコメントが参考になる 続きを読む 心に刻む原発事故 チェルノブイリ見学 ナショナル ジオグラフィック日本版 日経掲載 原子力に対する評価 9月28日記事 チェルノブイリをめぐり観光ツアーが行われている そのルポ 周辺の廃墟の情景描写が中心の記事 続きを読む 北海道電 再値上げ16 前後に圧縮 11月から実施へ 日経新聞 エネルギー産業の分析 9月28日記事 北電は昨年7月の平均7 73 の値上げに加え 今年11月にも16 前後の値上げをする その概要が固まった しかし原発停止の長期化による同社の経費上昇は続き 値上げでも経営が完全に改善できるか不透明だ 続きを読む 第3回アゴラ シンポジウム 災害のリスク 東日本大震災に何を学ぶか GEPR編集部 エネルギー政策への提言 アゴラ研究所は 9月27日に静岡で 地元有志の協力を得て シンポジウムを開催します 東日本大震災からの教訓 そしてエネルギー問題を語り合います 東京大学名誉教授で 失敗学 で知られる畑村洋太郎氏 安全保障アナリストの小川和久氏などの専門家が出席 多様な観点から問題を考えます 聴講は無料 ぜひご参加ください 詳細は上記記事で 続きを読む 災害のリスク 東日本大震災から何を学ぶか パンフレット アゴラ シンポ関連 GEPR編集部 シンポジウムのパンフレットを作成しました 当日のプログラムにもなります 自由にお使いください PDFはこちら 続きを読む 田中氏 独立性保つ 石渡氏 2度と事故起こさぬ 原子力規制委に2新委員 日本経済新聞 エネルギー政策への提言 9月20日記事 原子力規制委員会の5人の委員のうち 2人が交代 事業者と対立関係にあった島崎委員が退任した 原電敦賀2号機の断層審査 各原発の審査の遅れなど課題が山積しており 速やかな対応が望まれる 続きを読む 21世紀 米国初の原子炉がまもなく稼働 フォーブス 原子力に対する評価 ウェブ版コラム 9月17日付 原文は英語 米国では1979年のスリーマイル島原発事故以来 原発の建設が止まった 90年代から再開され 21世紀では初の原子炉がまもなく完成 米国は シェールガス革命の中でも 原発の意義を認め 建設を国が支援している 続きを読む 第3回アゴラ シンポジウム 災害のリスク 東日本大震災に何を学ぶか GEPR編集部 エネルギー政策への提言 アゴラ研究所は 9月27日に静岡で 地元有志の協力を得て シンポジウムを開催します 東日本大震災からの教訓 そしてエネルギー問題を語り合います 東京大学名誉教授で 失敗学 で知られる畑村洋太郎氏 安全保障アナリストの小川和久氏などの専門家が出席 多様な観点から問題を考えます 聴講は無料 ぜひご参加ください 詳細は上記記事で 続きを読む 政府事故調査委員会ヒアリング記録 内閣府 原子力に対する評価 9月12日公表 これまで公開されていなかった 政府事故調査委員会のヒアリング記録が公開された 当時の菅直人首相 故 吉田昌郎東京電力福島第一原発所長などの生の証言が記録されている 事実関係では新しいものは 政府報告書に記載されているためありません しかし当事者の心情がうかがえ 大変興味深いものとなっている 続きを読む 朝日新聞社 記事取り消し謝罪 吉田調書 命令違反し撤退 報道 朝日新聞 原子力に対する評価 9月12日記事 吉田調書の公開を受け 朝日新聞は同社が5月に報道した吉田調書報道で 命令違反し撤退 という趣旨の記事を書いたことを誤報と認め 謝罪した 慰安婦報道と合わせ 同社には批判が集まっている 続きを読む 9月10日放送分の報道ステーション テレビ朝日 での報道について 原子力規制委員会 原子力に対する評価 9月12日公表 テレ朝が報道で 火山の審査基準を修正するという誤報をしたこと また田中俊一 答える必要がない という言葉を編集し 火山の審査に対する質問への答えにしたことを指摘 テレ朝側は その事実を認め謝罪した 委員会の報告文 続きを読む 原子力防災会議 川内原発の防災対応など 内閣府原子力防災会議 原子力に対する評価 9月12日公表 再稼働手続きが進む九州電力の川内原発 鹿児島県 について 災害時の避難対策をまとめた 再稼働手続きが進むことになる 安全策の早急な整備も望まれる 続きを読む 第3回アゴラ シンポジウム 災害のリスク 東日本大震災に何を学ぶか GEPR編集部 エネルギー政策への提言 日本は世界でもっとも地震の多い国です 東海地震のリスクが警告されている静岡を会場に アゴラ研究所はシンポジウムを開催します 災害と向き合う際のリスクを エネルギー問題や環境問題を含めて全体的に評価し バランスの取れた地域社会の在り方を考えます 続きを読む 続きを読む 東電 控訴見送り 川俣の自殺賠償訴訟 原発避難原因 確定へ 福島民報 放射能の健康への影響 9月6日記事 原発事故の避難者が自殺し 裁判で東電への支払いを認めた問題で 東電は控訴しないことを決めた 妥当な解決の見えない難しい問題 続きを読む 上昇予測していない 原発事故によるがん発生率で国連科学委 福島民報 放射能の健康への影響 9月6日記事 福島第一原発事故について 原子放射線に関する国連科学委員会 UNSCER が福島で説明会を開催した すでにGEPRで伝えたように 甲状腺がんの発見増加は 検査の活発な結果 という認識を科学者はしている 続きを読む 関電 美浜2基の廃炉検討 日本経済新聞 原子力に対する評価 9月5日記事 関電が建設後40年経過した旧型炉の廃炉を検討 古い炉の見直し論議が 今後広がりそうだ 続きを読む 敦賀原発直下 活断層 原電側専門家援護実らず 読売新聞 原子力に対する評価 9月5日記事 日本原電敦賀2号機をめぐる議論で 原子力規制委員会がその下に活断層があるという認定を覆しそうにない 記事をみても 議論がかみあわず かなりおかしな状況になっている 続きを読む 静岡県第4次地震被害想定関連資料 静岡県 エネルギー政策への提言 13年12月公表 同県の地震想定のデータを公表 連動した地震が起こった時 静岡県全体に津波を中心に大変な損害が広がることが想定されている 続きを読む 欧州委員会 エネルギー安全保障に向けた包括的戦略を提案 駐日欧州連合代表部 エネルギー政策への提言 5月28日公表 今回のコラム4 で公表されたEUのエネルギー安全保障包括戦略案のプレスリリース 現在 この案に基づいて 各国のエネルギー政策が検討されている 英文本文 続きを読む 敦賀原発の断層 原電の反論根拠乏しい NHK 原子力に対する評価 8月28日報道 原子力規制委員会が 同委が活断層であると認定した日本原電敦賀2号機の追加審査をしている 反論に根拠が乏しい と見解を公表 原電は さらなる調査を求める構えだ 日本原電8月28日付プレスリリース 敦賀発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合 第3回追加調査評価会合の開催 についてのコメント 慎重な審査を 規制委はするべき 続きを読む インドのモディ首相が30日来日へ 原子力協定の進展に期待 ロイター通信 原子力に対する評価 8月28日記事 インドの今年5月の総選挙でヒンドゥー至上主義の保守政党 人民党が勝利し 政権を担った ナレンドラ モディ首相は初の外遊先に日本を選んだ インドは核開発の懸念から原子力技術が他国から供与されていない 原子力発電用の技術の提供を日本に期待している 続きを読む 注目高まる安全な原発 日本がトップ独走 次世代型 高温ガス炉 国が開発推進 産経新聞 原子力に対する評価 8月25日記事 日本原子力研究開発機構が行う 高温ガス炉 の紹介記事 試験炉は20年前に建設されたものですが 冷却にガスを使い 安全に運転を止められる原発として再評価されている 続きを読む 福島の中間貯蔵 15年1月稼働めざす 用地交渉難航も 日本経済新聞 原子力に対する評価 8月30日記事 福島原発事故処理で出た放射性廃棄物の処理施設について 県が正式に受け入れを表明した しかし県民の合意ができたと言い難く 用地確保のめども立っていない 続きを読む 福島の不安に向き合う 上 甲状腺検査の波紋 半谷 輝己 放射能の健康への影響 私は地域メディエーターとして 主に福島県伊達市で2012年3月からの2年間に約200回の放射線健康講話と約100回の放射線相談窓口や家庭訪問を自治体の保健師と行ってきた 続きを読む 福島の不安に向き合う 下 対話深めた地域シンポ 半谷 輝己 放射能の健康への影響 地域メディエーターより シンポジウムの位置付けを説明し 原発事故の3年半の経緯とその間の福島県民の気持ちの揺れ動きを振り返った 続きを読む 欧州のエネルギー 環境政策をめぐる風景感 4 ウクライナ危機の衝撃 有馬 純 エネルギー産業の分析 2014年3月のロシアによるクリミア編入はEUに大きな衝撃を与えた これはロシア ウクライナ間の緊張関係を高め 更にEUとロシアの関係悪化を招いた ウクライナ問題はそれ自体 欧州のみならず世界の政治 外交 経済に様々な影響を与えているが EUのエネルギー政策担当者の頭にすぐ浮かんだのが2006年 2009年のロシア ウクライナガス紛争であった 続きを読む 原子力規制委の審査迅速化を支援へ 自民議連 言論アリーナ GEPR編集部 エネルギー政策への提言 アゴラ研究所の運営するインターネット放送の 言論アリーナ 8月6日の放送は自民党衆議院議員の細田健一氏を招き エネルギー危機を起こすな を放送した それを報告する 続きを読む エネルギー危機を起こすな 要旨 言論アリーナ GEPR編集部 エネルギー政策への提言 原発再稼動をめぐる政府 与党の情勢 池田 本日は細田健一衆議院議員に出演いただきました 原発への反感が強く 政治的に難しいエネルギー 原子力問題について 政治家の立場から語っていただきます 経産官僚出身であり 東電の柏崎刈羽原発の地元である新潟2区選出 また電力安定推進議員連盟の事務局次長です 続きを読む 吉田所長 全面撤退 明確に否定 福島第1原発事故 産経新聞 原子力に対する評価 8月18日記事 同紙が 福島第一原発事故の事故当時の所長であった吉田昌郎氏の政府事故調に対する供述書を入手 朝日新聞が報じた現場から撤退という報道と対立している 続きを読む 第186回国会 原子力問題調査特別委員会議事録 2014年8月7日 衆議院データベース 原子力に対する評価 今回登場の細田健一議員と 田中俊一原子力規制委員会委員長のやり取りが前半に収録されている 敦賀原発2号機審査が早急に行われているのではないかなど 規制委の審査のやり方に疑問を示している 続きを読む 放射線による健康影響等に関する統一的な基礎資料 平成25年度版 の掲載について 環境省 原子力に対する評価 福島原発事故をめぐる政府の基礎的統計の見にくさが指摘されていた 環境省が一カ所にまとめた 空間線量 土壌 食品などの放射線データなど 続きを読む 政府公報 放射線についての正しい知識を 政府公報オンライン 放射能の健康への影響 8月17日に各新聞に掲載 東京大学の中川恵一准教授 IAEA 国際原子力機関 保健部長のレティ キース チェム氏の講演を分かりやすくまとめている 続きを読む 使用済み核燃料 ゴミとして処分可能 NHK 原子力に対する評価 7月25日報道 これまで核燃料サイクルを進めてきた日本原子力開発機構が 内部資料として直接処分をすることは可能という選択を示したと報道 政策転換の可能性がでている 続きを読む 廃炉円滑化へ方策検討 経産省有識者委 年度内にも取りまとめ 産経新聞 原子力に対する評価 7月24日記事 福島原発事故以降 エネルギーと原発の重要論点である廃炉 電力自由化 原発の使用済み核燃料の処分について 議論がほとんど行われていませんでした ようやく 議論が始まりましたが まだ方向は見えません 続きを読む 異次元緩和の 偽薬効果 は消えた 池田信夫 アゴラ研究所所長 エネルギー産業の分析 アゴラ7月25日記事 物価が上昇している それは円安と原発停止によるエネルギー価格の上昇によるものであり 経済に厳しい影響がでつつあることを指摘している これはアベノミクスを脅かし 供給制約の形で日本経済にダメージを与える可能性がある 続きを読む 夏の電力は足りている 論の誤り 2014年電力危機 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 大阪のビジネス街である中之島で 隣接する2棟のビルの対比が話題という 関西電力本社ビルと朝日新聞グループの運営する中之島フェスティバルタワーだ 関電ビルでは電力危機が続くためにその使用を減らし 夏は冷暖 冬は暖房が効かない 続きを読む 無駄の 気づき を継続させる 中上英俊氏 2014年電力危機 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 GEPR編集部より 広がった節電 そして電力不足の状況をどのように考えるべきか エネルギーコンサルタントとして活躍し 民間における省エネ研究の第一人者である住環境計画研究所会長の中上英俊氏に 現状の分析と今後の予想を聞いた 続きを読む 鋳造業は存亡の危機に 2014年電力危機 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 GEPR編集部より 原発ゼロの夏を否定的に見る意見もある 日本の鋳造業と電力危機の関係を聞いた 続きを読む 川内原発は 基準に適合 と規制委 審査最終合格に前進 ロイター通信 原子力に対する評価 7月16日記事 原子力規制委員会が 九州電力川内原発について 13年に施行された原発の新安全基準について 基準に適合していると判定 今回のコラムで集めた 電力不足問題とも関係する 続きを読む 川内原発 田中規制委員長 安全だとは私は言わない 毎日新聞 原子力に対する評価 7月16日記事 原子力規制委員会の田中俊一委員長が会見 この発言が問題視されている しかし 原子力を活用する時に 絶対安全と考えない ことが重要ではないだろうか 続きを読む 緊急節電 再掲載 東京大学岩船由美子研究室ホームページ エネルギー産業の分析 現在は更新を停止中 2011年の節電の結果 そして家庭と会社での節電の方法について紹介している 電力不足の夏に 参考となるだろう 続きを読む 電力需給に関する検討会合 首相官邸ホームページ エネルギー産業の分析 東日本大震災以来 4年間の政府の電力需給対策の資料がまとまって掲載されている 今年の夏は2011年の関東 東北が直面して以来の電力不足の危険があるのに 具体的な対策は行われない見込み 大規模な停電が懸念される 続きを読む 成長のアキレスけんに 進むか原発再稼働 日本経済新聞 エネルギー産業の分析 7月21日記事 連続赤字の中で 各電力会社の資金調達が危険になりつつあることを紹介している そして国の方針が定まらない問題も指摘した 続きを読む 福島除染 年5mSv目標を新提案 中西準子氏 言論アリーナ 本記 GEPR編集部 放射能の健康への影響 福島原発事故の後始末で 年1mSv ミリシーベルト までの除染を目標にしたために 手間と時間がかかり 福島県東部の住民の帰還が遅れている どのように問題を解決すればいいのか 日本の環境リスク研究の第一人者である中西準子博士 産業技術総合研究所フェロー に アゴラ研究所の運営するウェブテレビ番組 言論アリーナ に出演いただき 池田信夫アゴラ研究所所長との対談を行った 続きを読む 除染目標は年5mSvに 中西 池田対談 言論アリーナ要旨 上 GEPR編集部 放射能の健康への影響 記事のポイント 1 現実的な目標値として 中西氏は除染目標を 年5mSvと提案した 2 当初計画でも一人当たり5000万円かかる コスパが良くない さらに年1mSvまで下げるとなると その費用は相当高くなるだけでなく 技術的限界を超える 3 日本政府の示す被ばく線量は 実際よりも高く計測されている 続きを読む 絶対反対 の政治運動に疑問 中西 池田対談 言論アリーナ要旨 中 GEPR編集部 放射能の健康への影響 記事のポイント 1 一つのリスクを減らすと他のリスクが高まる リスク トレードオフ という現象が起こりがち 2 絶対反対 の主張を政治的な運動体は好む しかし現実を動かさない 3 原発事故後に政府の対策はリスクの分析をせず 誰もが責任から逃げている 続きを読む 除染対策でコストと効果の分析を 中西 池田対談 言論アリーナ要旨 下 GEPR編集部 放射能の健康への影響 記事のポイント 1 反対派と話し合うことで 提案することが問題解決の鍵 2 過去の環境保護運動では事実と証拠を重視した 今はムード重視の雰囲気が広がる 3 国民が正確な情報に基づき 自分の意思で決断を重ねるとき 4 除染対策ではコスト 効果の分析が必要 続きを読む 書評 原発事故と放射線のリスク学 池田信夫 アゴラ研究所所長 放射能の健康への影響 中西準子氏の最新刊の書評 リスクを確率で分析するという 本の主張の主要部分を紹介している 続きを読む 書評 原発事故と放射線のリスク学 安井至 東大名誉教授 放射能の健康への影響 環境問題の解説で著名なブログ 市民のための環境学ガイド より 日本政府の被ばく線量の評価が 実効値よりかなり高くなっているという問題について 中西氏の見解を解説している 続きを読む 川内原発は合格証のひな型 原発の安全審査加速へ 産経新聞 原子力に対する評価 7月13日記事 九州電力川内原発の1 2号機で 原子力規制委員会による新安全基準の適合性審査が了承される方向になった 16日に判定がくだり 再稼動に向け 一歩進むことになる ただし 地元住民などとの折衝の問題が残る 続きを読む 滋賀県知事選挙 失言 ヤジ問題で苦戦 読売新聞 原子力に対する評価 7月14日記事 13日に投開票の滋賀県知事選挙で 与党の自民 公明両党推薦の小鑓隆史氏が前民主党衆院議員の三日月大造氏に敗れた 三日月氏は 卒原発を掲げた嘉田由紀子知事の継承を訴え 原発も強調したものの 主要な論点ではなかった しかし この選挙を軸に 原子力問題が再び政治問題として注目を浴びる可能性がある 続きを読む シェールの戦略性増す 米エネ長官 原発推進は変えず 日本経済新聞 エネルギー政策への提言 7月13日記事 米国のモニツ エネルギー省長官のインタビュー これまで米国が原則輸出していなかった天然ガスについて 輸出解禁の可能性を示唆 一方 原発の重要性も強調している 既存の政策の確認として 参考になる記事 続きを読む 高速炉の稼動で ロシアでクリーンエネルギーの時代が始まる RT記事 原子力に対する評価 ロシアのウラル地方にある最新型の高速増殖炉で運転が始まった 完結した核燃料サイクルの始まりと 核廃棄物なしの発電のはじまりをもたらすかもしれない ロシアは高速中性子炉を産業利用で運用している唯一の国だ 続きを読む 川内原発が審査合格へ 今秋再稼働へ前進 規制委9日にも 日本経済新聞 原子力に対する評価 7月5日記事 原子力規制委員会が 九州電力川内原発の安全審査で 審査を合格させる方向にあるという しかし手続きが進んだ場合でも 今年秋に稼動はずれ込みそうな見通しだ 続きを読む 柏崎刈羽原発の再稼動 来年度以降の公算 東電値上げに政府の壁 ロイター通信 原子力に対する評価 7月3日記事 東電柏崎刈羽原発が新潟県の反対 そして規制委員会の審査の影響で 再稼動がかなり長引きそうな状況になっている これは東電の経営 さらには東電の資金を支える国民負担の問題になりそうだ 続きを読む 敦賀原発の活断層判定 再考が必要 上 対話をしない原子力規制委 石井 孝明 原子力に対する評価 日本原子力発電の敦賀原発2号機の下に 原子力規制委員会は 活断層がある との判断を昨年5月に下した 日本原電は活断層を否定する資料を提出し 反論を重ねた 規制委は今年6月21日に追加調査会合を開いたが 原電の主張を真摯に受け止めず 議論を打ち切ろうとしている 続きを読む 敦賀原発の活断層判定 再考が必要 下 行政権力の暴走 石井 孝明 原子力に対する評価 判定の仕組みも問題だ 原子力規制委員会の決定は 制度上は5人の委員の合議で決まることになっている しかし今は島崎氏が地震関係業務を一人で引き受けている 島崎氏はこれまで原子力関係の規制づくり 判定の経験がほとんどない地震学者だ 委員に就任してから 事業者とほとんど対話をせずに規制基準をつくり そしてその後は自ら判定者となってしまった 日本各地の原発の周辺で意味があるとは思えない 穴掘り を繰り返している 続きを読む 新電力 初の大型破綻 負債十数億円 7億円 社外に流出 毎日新聞 エネルギー政策への提言 6月22日記事 グローバルエナジージャパンという 新電力会社が破綻 太陽光 PPS 発電事業 にからみ資金を集めた後 使った形跡がない 電力自由化の負の側面であろう 毎日新聞は この会社の闇を積極的に追いかけている 続きを読む ロシア ベロヤルスク原発 高速炉が稼動 ワールドニュークリアニュース WNN 原子力に対する評価 6月27日記事 原題は Russia celebrates two industry firsts at Beloyarsk and Obninsk ロシア 当時ソ連 のオブニンスク原発で60年前の1954年6月27日 世界発の商業用原子炉が稼動した その同じ日付である2014年の6月27日 世界発の商業炉としての高速炉がベルヤルスク原発で稼動した 発電能力は70万キロワット 日本の高速炉のもんじゅの停滞と比べると そのスピードが際立つ 続きを読む 日本鉄鋼業が推進する3本柱の技術協力 丸川 裕之 地球温暖化 日本の鉄鋼業は 世界最高の生産におけるエネルギー効率を達成している それを各国に提供することで 世界の鉄鋼業のエネルギー使用の減少 そして温室効果ガスの排出抑制につなげようとしている その紹介 続きを読む 敦賀原発評価会合で 活断層 の議論白熱 次回以降に修正案 産経新聞 原子力に対する評価 6月21日記事 日本原電の敦賀原子力発電所2号機をめぐり 原子力規制委員会は6月21日に追加調査会合を開催した 昨年5月に 活断層 と認定して以来 原電側は新証拠を示し 再調査を依頼しているが 規制委員会側は残念ながら原電側の異論に誠実に対応しようとしていない 続きを読む 有識者会合 追加調査会合に関するコメント 日本原電 原子力に対する評価 6月21日公開資料 同社が敦賀2号機の審査について 規制委員会が意見を聞かないことに疑問を示し 継続審査を強く要請している GEPRでは 中立的な観点から この問題を考察していく 続きを読む 安倍首相が再稼働を表明すべきだ 安念潤司中央大学教授に聞く JBPress エネルギー政策への提言 6月13日記事 再掲載 原発の停止には 法律上の問題が多いことを 中央大学の安念教授が指摘している 23日公開の池田信夫氏記事の関連 続きを読む 総合エネルギー調査会原子力小委員会第一回資料 経産省 資源エネルギー庁 エネルギー政策への提言 6月19日公開資料 電力システム改革の後で 原子力をどのように扱うべきか 6月19日から経産省で有識者会合が始まった 自由化が進めば 原発の扱いは大きな問題になるが これまでほとんど議論が進んでいなかった 議論の行く末が注目される 解説記事産経Biz6月20日記事 廃炉 自由化後が焦点 原子力政策見直し論議 経産省有識者委 続きを読む 敦賀発電所 活断層判定の再考を 原子力規制委員会へ公開討論申し入れ 山口 篤憲 原子力に対する評価 一般社団法人 原子力の安全と利用を促進する会 は 日本原子力発電の敦賀発電所の敷地内断層 2号炉原子炉建屋直下を通るD 1破砕帯 に関して 促進会の中に専門家による 地震 津波分科会 を設けて検討を重ね 原子力規制委員会の判断 D 1破砕帯は 耐震指針における 耐震設計上考慮する活断層 であると考える は見直す必要がある との結論に至った 報告書 続きを読む 原子力規制委 田中新委員 独立性重要 NHK 原子力に対する評価 6月13日報道 原子力規制委員会の委員が9月に代わり 田中知 たなか さとる 東大教授 石渡明東北大教授の2人が就任する 耐震審査 基準認定を行った島崎邦彦委員が退任する 国会の同意を受けて選出された後で 田中 石渡両氏がインタビューに答えた 続きを読む 電力小売りを完全自由化 改正電気事業法が成立 日本経済新聞 エネルギー産業の分析 6月11日記事 改正電気事業法が成立した 2016年からの電力の小売り自由化が柱となる改革 一般には歓迎する声ばかりですが この先行きはどうなるのか 検討と評価が必要だ 続きを読む 電力販売 他業種が参入準備 7 5兆円市場開放 毎日新聞 エネルギー産業の分析 6月12日記事 7兆5000億円の規模となる電力の小売り市場について 通信業界の参入 異業種連携が始まっている それをまとめて紹介 続きを読む 敦賀断層に活動性はない 検討の結果 ワールドニュークリアニュース WNN 原子力に対する評価 6月10日記事 原題は Tsuruga faults inactive says study 日本原電の敦賀原発の活断層問題は 原電が海外の研究者に調査を依頼し その人々が 活断層ではない と見解を示したために 国際的な関心を集めている 今回のWNNの問題も 原電側の主張を大きく取り上げている 続きを読む 電力10社の原発安全対策費 2 2兆円超 昨年試算の2 6倍 日本経済新聞 原子力に対する評価 6月8日記事 電力会社の安全対策が強化されることは評価されるべき しかし それが経済性とバランスの取れたものか 検証も必要 続きを読む 核ごみ 機構 トップ更迭 処分場選び加速へ 読売新聞 原子力に対する評価 6月7日記事 放射性廃棄物の最終処分場の選定や建設を担う 原子力発電環境整備機構 の理事長を 政府は変える 国の関与を強め 選定がなかなか決まらないという問題の解決を図る意向だ 続きを読む アメリカ人は地球温暖化を事実と思っている 答えはイエス ニューヨークタイムズ 地球温暖化 6月1日記事 原題は Is Global Warming Real Most Americans Say Yes 米国人には温暖化懐疑論が多いと 日本で伝えられている ブッシュ政権の懐疑的なイメージが強く残るためであろう ところが 世論調査で見ると7割が その危険を認識している ただし民主党支持者が温暖化リスクを重視する一方で 共和党支持者はそれほどではない 続きを読む もんじゅに原子力の未来 東京工業大助教 澤田哲生氏 産経新聞 エネルギー政策への提言 連載 政策を問う エネルギーの未来 6月7日記事 GEPRに寄稿をいただく 澤田哲生氏のインタビュー記事 もんじゅについて 世界で類例のない実用化高速炉であり 活用を訴える内容 この議論について諸説あるものの 尊重すべき論点 続きを読む 衆議院議事録 第186回国会 原子力問題特別調査委員会 第6号参考人質疑 衆議院 原子力に対する評価 5月29日に開催された参考人質疑の議事録 原子力規制のあり方について 論じている 参考人として 東京大学公共政策大学院非常勤講師の諸葛宗男氏 NPO法人国際環境経済研究所所長の澤昭裕氏 東京工業大学特任教授の西脇由弘氏が出席 彼らは現在の規制委員会の問題を指摘した 一方で 原子力の利用に懐疑的な立場から東京大学名誉教授の井野博満氏も出席した 要約され 指摘された意見はどの立場からも参考になるはずだ 続きを読む 危機対応から平常作業へ 福島第一原発 収束作業現場を見る 上 石井 孝明 原子力に対する評価 東日本大震災で事故を起こした東京電力福島第一原子力発電所を5月24日に取材した 危機的な状況との印象が社会に広がったままだ ところが今では現地は片付けられ放射線量も低下して 平日は6000人が粛々と安全に働く巨大な工事現場となっていた 危機対応 という修羅場から 計画を立ててそれを実行する 平常作業 の場に移りつつある そして放射性物質がさらに拡散する可能性は減っている 大きな危機は去ったのだ 続きを読む 東電は巨大な負担を続けられるのか 福島第一原発 収束作業現場を見る 下 石井 孝明 原子力に対する評価 福島第一原発をめぐる汚染水対策も進んでいる 事故当初は外部からの放水で使用済み核燃料や原子炉を冷却した そして 事故直後に海水を引き原子炉を冷却した そこで使った汚染水を取り除き 保管している また4つの原発は原発構内の中で低地にある その周囲から地下水が推定1日400トン流れ込む また雨水でも増える 続きを読む 原子力規制 米NRCから学ぶべき 組織力 吉村 元孝 伊藤 英二 共著 原子力に対する評価 米国ではスリーマイル島事故などの経験から 原子力の安全規制は大きく改善されてきている 日本の原子力規制委員会 以下 規制委 も 規制の仕組みを改善してきた NRC アメリカ合衆国原子力規制委員会 Nuclear Regulatory Commission を参考にして 現在の独善的な審査の仕組みを早急に改めるべきである 続きを読む チェルノブイリの正しい教訓 ニューヨーク タイムズ 原子力に対する評価 28年前 旧ソ連邦のウクライナで4号機が放射能を火山のように噴出させて以来 チェルノブイリの名前は原子力の悪夢のような面の同義語となってきた そのチェルノブイリでは現在 巨大な国際プロジェクトが進行している 高い放射能を帯びた原子炉の残骸を 劣化したコンクリート製の 石棺 ごと 今後100年間以上封じ込める巨大な鋼鉄製シェルターの建設作業だ 続きを読む 規制委 島崎氏ら交代へ 後任に原子力学会元会長 日本経済新聞 原子力に対する評価 5月27日記事 原子力規制委員会で9月に2委員が交代 地震対策を主導した島崎邦彦委員が代わる 官邸主導の人事とされる 島崎委員は その手法に批判が出ていた 一方で その退任について原子力を推進するとの批判が出ている 続きを読む 原発停止で温室ガス 2年で8 増 政府白書 読売新聞 地球温暖化 5月30日記事 エネルギー白書の原案が明らかになった 原子力の停止と化石燃料の使用増で温室効果ガスの増加が著しくなっている 続きを読む お粗末な朝日新聞 吉田調書 のキャンペーン記事 Blogos エネルギー産業の分析 ノンフィクション作家の門田隆将氏のコラム 朝日新聞の 吉田調書 のキャンペーンについての意見 門田氏は事故当時の福島第一原発所長だった吉田昌郎氏のインタビューによる ルポを書いている その彼が記事の問題を指摘している 続きを読む 原子力国民会議ホームページ 原子力国民会議 原子力に対する評価 原子力の活用を訴える関係者 企業 地元住民が集まり 原子力国民会議 が活動している 1日に東京大会を開催した 電力会社の支援は受けていないという 原子力の利用をGEPRは特に支援する意図はないものの こうした原子力利用を訴える情報が 社会で原発事故後に消えてしまった面がある 冷静な議論が広がることを期待したい 続きを読む 自由のもたらすチャンスに注目を エネ庁村瀬政策課長 電力システム改革を考える 上 GEPR編集部 エネルギー産業の分析 経産省 資源エネルギー庁は 現在電力システム改革を進めている 福島原発事故の後で 多様な電力を求める消費者の声が高まったことが背景だ 2020年までに改革は完了する予定で その内容は 1 小売り全面自由化 2 料金規制撤廃 3 送配電部門の法的分離 などが柱で これまでの日本の地域独占と 10電力 2発電会社 体制が大きく変わる 続きを読む 電力改革 広がるビジネスの可能性 村上憲郎氏 関啓一郎東大教授 電力システム改革を考える 下 GEPR編集部 エネルギー産業の分析 電力システム改革の論議で不思議に思うことがある 電力会社や改革に慎重な人たちが 電力価格の上昇 や 安定供給 への懸念を述べることだ 自由化はそうした問題が起こるものだ その半面 事業者はがんじがらめの規制から解き放たれ 自由にビジネスができるようになる わざわざ規制当局の代弁をする必要はないだろう 続きを読む 安倍首相 不安除くため正確な情報発信を NHK 放射能の健康への影響 5月17日放送 安倍首相が福島訪問で 正確な情報の流通の必要性を強調 漫画 美味しんぼ のデマ騒動などを念頭に置いたのだろう 参考記事 池田信夫氏 アゴラ 美味しんぼ は何も証明していない 正確な情報による冷静な対応が必要だ 続きを読む 福島第1 凍土遮水壁の実験を公開 地下水流入抑止示す 河北新報 原子力に対する評価 5月17日記事 東京電力福島第一原発では 事故を起こした原子炉の地下の地面を流れる地下水が問題になっている 地中に作る氷の壁でこれを防ごうという構想の実験 現時点で実験は成功しており 問題の解決が期待される 続きを読む ドイツのエネルギー事情は今 風力や火力のために火力発電をつくっている 原子力文化振興財団 原子力文化 再生可能エネルギー技術 14年5月号記事 ドイツ在住の作家の川口マーン恵美氏と海外電力調査会東海邦博氏の対談 原子力業界からの情報ながら ドイツ国内のチェルノブイリ事故以降の原子力政策の推移と再生可能エネルギーの動向が分かりやすく書かれている 続きを読む NRCの価値観 米国原子力規制委員会 NRC 原子力に対する評価 今回取り上げた規制について示したNRCのホームページ こうした規制理念とその実現指針を 日本の原子力規制委員会は掲げていません 続きを読む 優れた省エネに減税 脱電力使用促す仕組み探れ 足達栄一郎 日本総合研究所理事 エネルギー政策への提言 日経産業新聞5月10日記事 米国の新しい取り組みで 減税と省エネを組み合わせる事例を紹介 節電と省エネが原発事故以来広がった こうした取り組みを 税の面から支えることも必要だ 続きを読む 誤算が続く東芝の原子力事業は立ち直れるか 東洋経済オンライン 原子力に対する評価 5月9日記事 東芝が復活を遂げつつあるものの 原子力事業が伸び悩みを示しているという 福島原発事故や 米国のプロジェクトの混乱 原子力は単価が大きいものの 一度頓挫すると企業収益が大きく左右されてしまう 続きを読む 再稼働 実質できない 浜岡原発停止3年で静岡県知事 静岡新聞 5月11日記事 静岡県の川勝平太知事が 静岡県の浜岡原発 中部電力 の再稼動は 県の条例の未整備 使用済核燃料の問題があるので実質で着ないと明言 法律に基づかない規制を求めるのは 大変な問題だ 続きを読む 台湾の原発 民意が揺らす 政争の道具 日本の鏡 石井 孝明 原子力に対する評価 台湾のエネルギー 原子力政策が揺れている 建設中の台湾電力第四原発をめぐって抗議活動が広がり 政府は建設の一時中止を表明 原子力をめぐる議論で反原発を標榜する一部の世論が政府を引きずり 日本と状況がよく似ている 台湾の人々の声を集めながら 民意と原子力の関係を考える 続きを読む フィンランドの新原発プロジェクト破綻の危機 靴家 さちこ 原子力に対する評価 3月27日 フィンランドの大手流通グループケスコ Kesko は フィンランドで6基目に数えられる新設のハンヒキヴィ Hanhikivi 第一原発プロジェクトのコンソーシアムから脱退することを発表 同プロジェクトを率いる原子力企業フェンノヴォイマの株2 を保持するケスコは ロイターに対して 投資リスクが高まったものと見て脱退を決意した と伝えた 続きを読む 常識 に戻る東京都のエネルギー対策 政治の翻弄から再エネ振興へ 石井 孝明 エネルギー産業の分析 福島原発事故以来 東京都では3回の都知事選が行われた 脱原発を訴える候補はいたが 都民はそれを争点と重視しなかった 今年2月の選挙で都知事に選ばれたのは 常識人 の舛添要一氏だ 政治に翻弄されがちだった都のエネルギー政策はようやく落ち着きを取り戻した そしてユニークな再エネ振興 省エネ対策が成果を上げ始めている 選挙の後に報道されない 日常 の都のエネルギー政策を紹介する 続きを読む 電力値上げ6社目 中部電力の申請を分析 原発停止の影響を見る 石川 和男 エネルギー産業の分析 東日本大震災による東京電力 福島第一原子力発電所の事故の煽りを受けて 日本の全ての原子力発電所が定期検査などの後に再稼働できない 塩漬け 状態が続いている 続きを読む 何がエネルギー貧困を作り出すのか 政策の選択肢 山本 隆三 再生可能エネルギー技術 雑誌 プレジデント の4月14日号に 地球温暖化か 貧困か とのサブタイトルで 雑誌 プレジデント の4月14日号に 地球温暖化か 貧困か とのサブタイトルで 注目のキーワード エネルギー貧困率 についての私のコメントが掲載された 記事の一部が分かり難いので 少し詳しく説明したい 続きを読む IPCC第5次評価報告第三作業部会報告の公表 文部科学省 地球温暖化 4月13日公表 気候変動の緩和策 を分析したIPCC 国連 気候変動に関する政府間パネル の報告 追加的な緩和策がないと 2100年における世界平均地上気温が 産業革命前の水準と比べ中央値で3 7度から4 8度上昇する可能性があることを示した 続きを読む 原子力協定承認 官民連携で受注 輸出を図れ 読売新聞 原子力に対する評価 4月19日社説 18日の参院本会議で アラブ首長国連邦 UAE とトルコとの原子力協定締結が結ばれた これを肯定的に受け止める論説 しかし 日本での原発再稼動の遅れなど 原子力政策が定まらない中で 輸出に熱心な安倍政権の姿に違和感を覚える 続きを読む 原子力エネルギー 拡大か抑制か 湾岸諸国で Gulf Business 原子力に対する評価 4月18日記事 日本で珍しい ペルシャ湾岸諸国のニュース 原題はNuclear Power Boon Or Bane For The GCC 石油後をにらみ アラブ首長国連邦とサウジの原発建設の意欲が高まっている一方 異論が出ていることを紹介している 続きを読む 核兵器 軍縮 不拡散イニシアティブ NPDI 広島外相会合 外務省 原子力に対する評価 4月12日発表 核保有国以外の諸国が集まり 核不拡散を働きかける外相会議が 日本のイニシアティブにより広島で行われた 残念ながら核保有国 北朝鮮などの潜在的保有国は黙殺している しかし こうしたまとまりが 原子力の平和利用の流れを作ることを 期待したい 続きを読む 中 西日本6社で予備率3 4 今夏の電力需給見通し 産経新聞 エネルギー産業の分析 4月17日記事 原発停止の影響で また電力供給が綱渡りとなりそうだ 電力会社はトラブルに備え 5 程度の予備率を確保してきた この予備率ではトラブルで 停電などが起こる可能性がある 続きを読む エネルギー基本計画の無責任さを批判する 石井 孝明 エネルギー政策への提言 これを読むと 現状のさまざまな論点に目配りされ 分析文書 としてはよくできている ところが最近の行政文書によくあるように 何を実行したいのかが分からない 書き手が意図的にぼやかし 無責任に逃げようとしていることもうかがえる 続きを読む エネルギー基本計画 経済産業省 資源エネルギー庁 エネルギー政策への提言 4月11日公表文章 国の20年程度のエネルギー政策の見通しを示す計画が閣議決定をされた 一部で原発推進という批判があったが あいまいさだらけの文章だ 続きを読む 複眼思考でエネルギー政策進めよ 日本経済新聞 エネルギー政策への提言 4月12日社説 エネルギー基本計画をめぐり 一番冷静な社説でした 他のメディアは原発にこだわり 感情的なものばかり 今回の計画はこの社説の指摘通り 具体策に欠けている 続きを読む 福島での被ばくによるがんの増加は予想されない 国連報告書 UNSCER 放射能の健康への影響 原子放射線の影響に関する国連科学委員会 の報告書発表をめぐるプレスリリースを転載する UNSCER 英語版 日本の国連広報センターの 日本語版 昨年の中間報告に続くもの 続きを読む IPCC第5次報告書 影響 適応 脆弱性 の公表 環境省 地球温暖化 温暖化問題に関する科学者の知見を集めたIPCC 国連 気候変動に関する政府間パネル の第2作業部会の会合が横浜で開かれました その概要を示しています 気候変動の影響が多面的に広がり 特に水の循環システム 生物の生息域が変わっていることを指摘しました 続きを読む 大間原子力発電所の建設凍結のための提訴について 函館市 函館市長の工藤壽樹氏のブログ 同市の津軽海峡を挟んだ対岸に電源開発の大間原発 青森県大間町 がほぼ完成しています その建設差し止めを求めました 市長らの懸念は重いもので 原発事業は今後立地場所の周辺住民からも厳しい目にさらされそうです ただし函館市の主張は 法律の上では正当性が厳しい主張のようです 日経4月3日記事 官房長官 大間原発 新増設には当たらない 続きを読む 原子力協定 今国会で承認へ トルコ UAEに原発輸出 日経新聞 原子力に対する評価 日経4月4日記事 原子力への技術供与を取り決め原発輸出の前提になるトルコ アラブ首長国連邦 UAE の原子力協定が衆議院本会議で可決されました 自民 民主が賛成 維新が反対する中で 各党で討議に従わない議員が続出しました 賛成にまわった維新の石原慎太郎議員などです 政治の原発への向き合い方は一律ではなく 揺らいでいます 続きを読む 3期連続赤字 政投銀に頼る北海道電力 500億円の増資で債務超過転落を回避へ 東洋経済ONLINE 原子力に対する評価 東洋経済4月2日記事 産業の落ち込みによる需要減に加え 原発停止 再生可能エネルギーの接続対応で 経営危機に陥った北電の状況をめぐる解説です 外部要因の多くは政治の失敗によるもの その是正を考えなければなりません 電力会社の経営負担は電気料金に転嫁され 消費者を直撃します 続きを読む 原発事故 福島で甲状腺がんは増えていない 報道ステーションの偏向報道を批判する 上 石井 孝明 放射能の健康への影響 テレビ朝日系列の 報道ステーション という情報番組が 東日本大震災と福島原発事故から3年となる今年3月11日に 甲状腺がんが原発事故によって広がっている可能性がある という内容の番組を放送した 事実をゆがめており 人々の不安を煽るひどいものであった 日本全体が慰霊の念を抱く日に合わせて社会を混乱させる情報をばらまく この番組関係者の思考を一日本人として私は理解できない 続きを読む ゆがんだ情報をなぜ拡散するのか 報道ステーションの偏向報道を批判する 下 石井 孝明 放射能の健康への影響 報道ステーションの3月11日の報道を振り返ると 伝えるべき重要な情報をまったく強調していない おかしな異説を唱える人の少数説ばかり取り上げている 福島県の甲状腺がんが原発事故によるもの とのシナリオを前提に その筋書きに沿う発言をしてくれる人物を登場させている 続きを読む 日本は 貿易立国 を卒業したが 安倍政権はそれを知らない 池田 信夫 エネルギー産業の分析 ニューズウィーク3月6日記事 日本経済の対外収支の転換に エネルギーが悪影響を与えているとの分析 続きを読む 3月11日 報道ステーション の報道内容についての見解 福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター 放射能の健康への影響 今回掲載した報道ステーションで取り上げた内容についての説明 こうしたメディアへの反論は 速やかに そして積極的に行われるべきであろう 続きを読む 甲状腺がん世界1位の韓国 過剰診断 手術防ぐべき 中央日報 放射能の健康への影響 韓国の保守系の新聞社の3月21日の社説 同国では 甲状腺がんの検査をしすぎて発見が増え 患者の不安の広がり そして手術の増大が社会問題化する兆しがある 福島では詳細な健康診断によって 同じ問題が起こりつつある 続きを読む 民主また ばらばら感 原子力協定 執行部は造反懸念 時事通信 エネルギー政策への提言 3月29日記事 トルコなどへの原発の輸出を促す 原子力協定について 国会で議員の意向が割れている 与党の自民 公明両党は賛成であるものの 疑問視する声が多い状況 野党でも民主党などはまとまらない この議論の混迷は 国民の意見を反映したものであろう 続きを読む 再エネ 支援政策の光と影 上 太陽光 投資10倍の急拡大 石井 孝明 再生可能エネルギー技術 支援がありがたい 再生可能エネルギーの発電事業者は今 そろって経産省の政策を評価する その導入を支援する固定価格制度 Feed in Tariff FIT が12年7月に導入された その影響で再エネビジネスは大きく変わり 特に太陽光発電が急拡大した しかし急成長の影に負担増などのひずみも出始めている この行く末はどうなるのか 続きを読む 再エネ 支援政策の光と影 中 負担拡大の懸念 石井 孝明 再生可能エネルギー技術 FITには光だけではなく影がある 急成長によって ひずみがもたらされている 一つの問題は質のよくない人々が参入したことだ 続きを読む 再エネ利用で 成長をつかめ 村上新エネ対策課長 再エネ 下 村上 敬亮 村上敬亮資源エネルギー庁新エネルギー対策課長に FITの成果と問題点について聞いた 続きを読む 原発は 今の規制で安全になるのか 言論アリーナ 本記 GEPR編集部 原子力に対する評価 アゴラ研究所は 運営するインターネット番組 言論アリーナ で 原発は新しい安全基準で安全になるのか を2月25日に放送した 原子力規制委員会が行っている諸政策には問題が多く 原発のリスクを高めかねないばかりか 法的な根拠のない対策で問題が多いと 参加者は指摘した それを報告する 続きを読む 原発は 今の規制で安全になるのか 言論アリーナ 要旨 GEPR編集部 原子力に対する評価 アゴラ研究所のインターネット放送コンテンツ 言論アリーナ で2月25日放送された番組 原発は新しい安全基準で安全になるのか の要旨を紹介する 続きを読む 九電 地震想定談合 破る 川内原発の優先審査 決め手は 日本経済新聞 原子力に対する評価 3月15日記事 九州電力川内原発が 規制委員会によって 優先審査対象になった その理由の検証記事だが 九電がリスクの科学的評価よりも 規制委員会の主張に上乗せしたことで 同委員会に評価されたということのようだ 規制委員会の行動には 合理性を感じられない 続きを読む 原発運用に誰でも発言 公開重視 英の会合に学ぶ 日本経済新聞 原子力に対する評価 3月3日記事 英国では 原発周囲 立地候補地でステークホルダーの会合を 政府が入り必ず行う 日本では 反対派の攻撃を怖れ 推進派が消極的だった 冷静な議論の土壌をつくりたいもの GEPRもそれを目指したい 続きを読む 再稼動についての菅直人衆議院議員の 質問主意書 衆議院 原子力に対する評価 政府答弁書 続きを読む 菅元首相 原発再稼働 で異例の質問主意書 判断に 誤り も 産経新聞 原子力に対する評価 2月21日記事 再掲載 今回の言論アリーナで言及の資料 菅直人元首相が国会議員に認められている質問主意書を使い 政府に再稼動の条件について聞いている 規制委員会は 再稼動の審査ではなく 新規制基準の適合性を審査しているにすぎないことを国が認めた 再稼動は法律上今すぐできることになる 続きを読む 天然ガスでウクライナを脅すロシア WEDGE Infinity エネルギー産業の分析 3月12日記事 常葉大学の山本隆三教授の論考 ウクライナ情勢は緊迫している しかし 当事者のロシアにEU諸国 トルコは天然ガスを依存 そのためにロシアからのガス輸入の抑制努力が行われている EU諸国は強硬策に出られないという読みだ これは国産エネルギーのない日本にも参考になる 続きを読む 福島 南相馬 復興の動きを聞く 原発事故3年 石井 孝明 エネルギー政策への提言 ここは事故を起こした東京福島第一原発の約20キロメートル以遠の北にある 震災前に約7万人の人がいたが 2月末時点で 約6万4000人まで減少 震災では 地震 津波で1032人の方が死者 行方不明者が出ている その上に 原子力災害が重なった 続きを読む 原発事故 政府の避難指示は適切だったか 原発事故3年 石井 孝明 エネルギー政策への提言 東京電力福島第一原発の直後に下された避難指示によって 未だに故郷に帰れない避難者が現時点で約13万人いる 続きを読む 専門家が自らの役割の認識を不足 学会報告 原発事故3年 GEPR編集部 原子力に対する評価 東京電力福島第一原子力発電所の事故を検証していた 日本原子力学会 の事故調査委員会 委員長 田中知 たなか さとし 東京大学教授 は8日 事故の最終報告書を公表した 続きを読む 福島の子供の甲状腺がん 議論の焦点に 英紙ガーディアン 放射能の健康への影響 3月9日の科学記事 原題は Fukushima s children at centre of debate over rates of thyroid cancer 健康被害の可能性は少ないのに その中で えせ科学者が普通の科学者より大きな声で話し 福島に迷惑を与えている と 英国の科学者の痛烈な批判コメントを掲載 続きを読む 揺れるウクライナ ガス紛争 再燃も ロシア 輸出停止に言及 東欧諸国へ打撃深刻 毎日新聞 エネルギー産業の分析 3月9日記事 政変とロシア軍のクリミア半島への展開によって ウクライナ情勢が緊迫している 天然ガス産出国のロシアの動きは 日本に影響を与えかねない 続きを読む クリミア ウクライナ情勢を理解するキーワード サウス ストリーム とは何か ニュース解説ブログKousyoublog エネルギー産業の分析 ウクライナ周辺のガスパイプライン網を解説 欧州と同国はエネルギー供給での脱ロシアを模索していますが なかなか実現できないようだ 続きを読む 川内原発 優先審査の可能性高まる 読売新聞九州版 原子力に対する評価 3月6日記事 原発は原子力規制委員会の新基準の適合審査を受けているために止まっている その中で九州電力川内原発 鹿児島県 の審査が早く終わりそうなことを各メディアが伝えている 次は政治の決断が必要だ 続きを読む 福島原発の現状 冷静な現場 変わる東電 澤田 哲生 原子力に対する評価 上野から広野まで約2時間半の旅だ 常磐線の終着広野駅は さりげなく慎ましやかなたたずまいだった 福島第一原子力発電所に近づくにつれて 広野火力の大型煙突から勢い良く上がる煙が目に入った 広野火力発電所 最大出力440万kw は いまその総発電量の全量を首都圏に振向けている 続きを読む ビキニ水爆実験 米 日本政府に圧力 死の灰 報道不満 毎日新聞 原子力に対する評価 3月1日記事 ビキニ水爆の実験と被爆の事件で 当時の米国政府は日本の反核世論 また米国の国際的な批判の高まりを懸念していた それを当時の公文書が明らかにしている 核兵器 原子力をめぐる情報は 今でも政府により隠される懸念がある 私たちはそれを可能な限り政府に公開させ 監視しなければならない 続きを読む 核兵器か民主主義か ハーバードマガジン 原子力に対する評価 原題は Nuclear Weapons or Democracy イレーヌ スカリーさんというハーバード大学の女性教授 美学 論理学専攻 の Thermonuclear Monarchy Choosing Between Democracy and Doom という本の紹介です 核兵器 原水爆 はあまりにも強力な兵器で かつ秘密性の高いものなので 民主主義や米国憲法の精神に本質的に反すると断じている 原子力の情報秘匿の危険性を論じる 続きを読む 原発依存度3割以下への引き下げ 当然のこと 菅官房長官 ロイター通信 原子力に対する評価 2月27日記事 安倍政権は原発の再稼働について動きが鈍い状況だ そして菅義偉官房長官 茂木敏充経済産業相が 原発の発電比率を3割以下に引き下げることを表明した かつてのように原子力の利用拡大を 自民党政権は考えていない 続きを読む 原発安全審査 独善的な先送りは許されない 読売新聞 エネルギー政策への提言 読売新聞 2月22日社説 原子力規制委員会が事後的に規制を設けて それを適用する行為を 後出しじゃんけん と批判 続きを読む 汚染水漏れ ミス 故意 弁操作の謎 福島第一 読売新聞 原子力に対する評価 事故対応中の福島第一原発で 汚染水漏れが起こった 原因は不明なものの 何者かがバルブを不自然な操作で開閉した可能性があることが分かった 真相の究明が求められる 続きを読む 志賀原発 活断層判断の現地調査開始 原子炉建屋下の断層 毎日新聞 原子力に対する評価 毎日新聞2月22日記事 原子力規制委員会が 活断層調査として北陸電力志賀原発の調査を始めた 安全性を確保するか分からず 意味が疑われる調査が行われている 続きを読む 再生エネファンド創設へ 舛添都知事 官民で40億円に 朝日新聞 再生可能エネルギー技術 2月14日記事 脱原発依存を公約の一つにして2月9日の選挙で当選した舛添要一都知事は 14日の会見で 大規模な再エネ投資を支援する官民ファンドを立ち上げる構想を表明した 民間からも出資を募り 総額40億円のファンドにする予定 続きを読む 新エネ計画 原発を重要なベース電源に 異論で調整 NHK 原子力に対する評価 2月12日報道 エネルギー基本計画は1月に草案ができたものの 取りまとめが遅れている 原発をベース電源にする という文言に批判が集まっているためだ 茂木経産大臣が早急に取りまとめを行わないことを示唆した 続きを読む 原発審査に 国民の意見 田中規制委員長 規制庁 混乱懸念 産経新聞 原子力に対する評価 2月13日記事 再稼動審査で田中俊一原子力委員会委員長が 国民の声を集める意向を表明した 同委員会の法律に基づかない行動は問題であることをGEPRは指摘してきた 原子力規制委員会は何を審査しているのか また法律に基づかない行動を繰り返し 再稼動を遅らせようとしている 続きを読む 規制委の結論 やっと2件目 大飯原発の 活断層 否定 日経新聞 原子力に対する評価 2月13日記事 原子力規制委員会はこの日 関西電力大飯発電所 福井県 に活断層はないとした 全国の原発で調査が行われているが これは存在の可能性があるとした日本原電敦賀発電所に続き2例目 事務能力の問題などから 認定が遅れていることを伝えている 続きを読む 中部電 浜岡4号機の安全審査申請 規制委に 日経新聞 原子力に対する評価 2月14日記事 中部電力はこの日 浜岡原子力発電所 静岡県御前崎市 4号機の再稼働に必要な安全審査を原子力規制委員会に申請した 同原発は11年5月 当時の菅直人首相の要請で 法的手続きのないまま 突如止まってしまった経緯がある エネルギー政策の正常化のため 早期の再稼動が望まれる 中部電プレスリリース 続きを読む 原子力規制委員会は何を審査しているのか 言論アリーナ 本記 GEPR編集部 エネルギー産業の分析 アゴラ研究所は 2月4日にインターネット放送 言論アリーナ で 原子力規制委員会は何を審査しているのか という放送を行った 同委員会の活動の是非をテーマにした 続きを読む 原子力規制委員会は何を審査しているのか 言論アリーナ 要旨 GEPR編集部 エネルギー産業の分析 2月4日に公開したアゴラ研究所の運営するインターネット放送 言論アリーナ の番組 原子力規制委員会は何を審査しているのか の要旨を紹介する 続きを読む 原子力規制委員会は何を審査しているのか 言論アリーナ 資料 GEPR編集部 エネルギー産業の分析 2月4日に公開したアゴラ研究所の運営するインターネット放送 言論アリーナ の番組 原子力規制委員会は何を審査しているのか で 出演者の諸葛宗男 もろくず むねお 元東京大学公共政策大学院特任教授 NPO法人原子力の安全と利用を促進する会理事が作成した資料を公開する 続きを読む 原子力発電所の新規制施行に向けた基本的な方針 私案 原子力規制委員会 エネルギー産業の分析 同委員会は法律上あいまいで 政省令上に明確な規定のない原発へのバックフィットを行っている その根拠がこの文章だが 委員会の田中俊一委員長のメモにすぎない こうしたあいまいなもので国の行政が動く おかしな状況になっている 続きを読む 米国における持続可能エネルギー調査白書 2014年版 ブルームバーグ ニューエナジーファイナンス 再生可能エネルギー技術 米国事情を紹介するリポート 英語 最新技術の影響で 過去何十年も続いてきたエネルギーを取り巻く環境が変化しつつあることを伝えている 続きを読む 官房長官 新エネ計画 もんじゅ含め議論 決定 日本経済新聞 エネルギー政策への提言 2月7日記事 菅義偉官房長官は7日の閣議後の記者会見で 高速増殖炉もんじゅ 福井県敦賀市 の実用化に向けた目標や組織の見直しを示唆した 月内にも閣議決定するエネルギー基本計画に関し もんじゅを含め徹底的に議論し 与党とも調整して決定する としている 国はもんじゅに類型1兆円の支出をしましたが その見直しは画期的なことだ 続きを読む 脱原発の光と影 検証必要な自由化と再エネ振興 言論アリーナ報告 GEPR編集部 原子力に対する評価 GEPRを運営するアゴラ研究所は 言論アリーナというインターネットの映像番組を提供している 1月16日の放送は 電力自由化の光と影 だった YouTube それを報告する 続きを読む 核廃棄物 国の責任の形とは 原子力関係者の提言から考える GEPR編集部 原子力に対する評価 小泉純一郎元首相は 使用済核燃料の最終処分地が見つからないことを根拠にして 脱原発の主張を繰り返している そのことから かねてからの問題であった最終処分地の選定が大きく問題になっている これまで 経産大臣認可機関の NUMO 原子力発電環境整備機構 が中心になって自治体への情報提供と 立地の検討を行っているが 一向に進んでいない 続きを読む 原子力発電がテーマの映画 100 000年後の安全 無料配信 アップリンク 原子力に対する評価 配給会社のアップリンクが 都知事選の期間中9日まで フィンランドの最終処分問題を取り上げた映画を無料配信している 原子力利用への批判の映画だが 一見の価値はある 続きを読む 電力 再稼働みえず苦戦 10社中6社が経常赤字 日本経済新聞 エネルギー産業の分析 2月1日記事 原発の再稼動の遅れによって 電力会社の決算に厳しさが続いている 収支改善の材料がない 続きを読む 米国 韓国との原子力協議で不拡散を主張 Global Security Newswire エネルギー産業の分析 米国の安全保障情報サイトの1月31日記事 原題は U S Signals Nonproliferation to Be Priority in South Korea Atomic Talks 韓国が米国との原子力の技術や物資のやり取りを決める原子力協定を交渉中だ 核兵器に転用される懸念から原子力燃料の再処理などを米国は韓国に認めない方針 日本はその地位を各国との交渉で70年代に確保している 続きを読む ソフトバンク 電力小売りに参入 通信とセット割り 今春 企業向けの販売開始 日本経済新聞 エネルギー産業の分析 2月1日記事 ソフトバンクグループが電力自由化をにらみ 発電だけでなく小売りにも参入するという報道 続きを読む 原発ゼロ オリンピック返上を明言 都知事候補 細川氏の主張する原発政策 石井 孝明 原子力に対する評価 小泉純一郎元首相の支援を受けて 細川護煕元首相が都知事選に出馬する 公約の目玉は 原発ゼロ 元首相コンビが選挙の台風の目になった 続きを読む 東電 特別事業計画の変更 経済産業省 1月15日公表 東京電力の新しい事業再建計画を 経産省が認定 事業計画21ページに 一覧が掲載されている 続きを読む 6原発審査 山を越えた 原子力規制委 田中俊一委員長 朝日新聞 1月18日記事 一部有料会員限定 田中氏は審査終了を明言しなかったものの ある程度進んでいることを認めた 続きを読む 原発再稼働 軒並み停滞 審査半年で合格ゼロ 日本経済新聞 1月17日記事 6原発の稼動審査が行われたが それが停滞している現状が示されている 続きを読む イラン核問題 縮小への新段階 ニューヨーク タイムズ 1月14日社説 原題は Another Step Toward Nuclear Sanity in Iran 米国のリベラル派を代表する新聞だが イランの核開発の段階的縮小を肯定的に表明しています 一方で 同国でも本当に緊張緩和が続くのか 疑問視する声が根強くある 原子力の利用 そして中東に石油とLNGを依存する日本にとっても重要な問題だ 続きを読む 小泉の 原発ゼロ 一点突破選挙は無理 e論壇百家争明 元大手メディアの政治記者だった杉浦正章氏のコラム 細川護煕元首相を 原発ゼロの点で支援する小泉純一郎首相の選挙手法 一点突破 には限界があることを指摘している 続きを読む 人類の放射能への恐怖は間違っている ウェイド アリソン 放射能の健康への影響 シンクタンクのアゴラ研究所 東京 は昨年12月8日に シンポジウム 持続可能なエネルギー戦略を考える を 東京工業大学 同 で開催した そこで行われた基調講演の要旨を紹介する 続きを読む パニック 下 米国政府は危険認定のミスをした ポール ブルースタイン 原子力に対する評価 12月3日放送の言論アリーナ 米国ジャーナリストの見る福島 原発事故対策 に 出演した米国のジャーナリスト ポール ブルースタイン氏が 番組中で使った資料を紹介する 全3回 続きを読む 東電 政府に新再建計画を提出 ロイター通信 エネルギー産業の分析 13年12月27日記事 福島原発事故を起こした東京電力が 新再建計画をつくった 多くの人が唱える破綻処理ではなく 自力再建を目指す 分社化などが内容に 続きを読む 資金援助額の変更の申請 5回目 東京電力 エネルギー産業の分析 13年12月27日公表資料 福島原発事故処理に伴う同社の累計の国への資金援助申請は4兆7800億円の巨額になった その内容の精査が必要だ 続きを読む パニック 外国メディアの誇張した福島事故報道 中 ポール ブルースタイン エネルギー政策への提言 2月3日放送の言論アリーナ 米国ジャーナリストの見る福島 原発事故対策 に 出演した米国のジャーナリスト ポール ブルースタイン氏が 番組中で使った資料を紹介する 全3回 続きを読む 福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描 内閣府 エネルギー産業の分析 2011年3月の事故直後の文章 原発事故で 最悪の状況をメモ形式でまとめた しかし これは可能性の列挙にすぎず この文章で危険を煽る政治家の動きには疑問 今回ブルーステインさんの文章で言及 続きを読む 転機の原子力 第11 廃棄物の行方 デーリー東北 エネルギー産業の分析 青森の地域新聞での長期連載 政府が主導して 核廃棄物問題に取り組む動きが出ている それをめぐり 原発や核燃料製造工場を抱える六ヶ所村の状況を解説 地元ならでの詳細な取材が行われた 続きを読む 原発事故処理 東電任せ転換 政府が費用分担決定 日本経済新聞 エネルギー政策への提言 12月20日記事 これまで東電に負担をさせてきた事故の処理について 政府の関与が強まる方向で 経産省などがとりまとめた ただし東電の廃炉費用 またその資金の使い道の精査など 問題は多く残る 続きを読む 中間貯蔵施設 難問解決して世界に範を 産経新聞 原子力に対する評価 12月20日社説 福島原発事故による貯蔵施設について 福島県での建造 さらに政治の関与の呼びかけ しかし住民感情を考えると かなり難しい問題だ 続きを読む アゴラシンポジウム 持続可能なエネルギー戦略を考える 映像の公開 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 アゴラ研究所は12月8日にシンポジウム 持続可能なエネルギー戦略を考える を開催しました プログラム 紹介記事 出席者経歴 論考 その映像をYouTube上にアップしましたのでご覧ください 続きを読む パニック 外国メディアの誇張した福島事故報道 上 ポール ブルースタイン エネルギー政策への提言 12月3日放送の言論アリーナ 米国ジャーナリストの見る福島 原発事故対策 に 出演した米国のジャーナリスト ポール ブルースタイン氏が 番組中で使った資料を紹介する 全3回 続きを読む 福島原発事故でのホワイトハウスの内幕 英語 米外交専門誌フォーリン アフェアーズ12年3月号 エネルギー政策への提言 原題は Inside the White House During Fukushima 当時 国家安全保障会議の東アジア部上席担当官だったジェフリー バーター氏の記事 掲載は抜粋 福島原発事故の後で ホワイトハウスが 原発事故の東京への影響は少ないということを 科学的分析で事故直後に認識していたことを示すもの 米軍はリスクを懸念し 退避を勧告していたという 再掲載 続きを読む 中間貯蔵施設受け入れ要請 政府 19平方キロ国有化提示 福島民報 原子力に対する評価 15日記事 東京電力福島第一原発事故に伴う除染で発生する汚染廃棄物を保管する中間貯蔵施設をめぐり 石原伸晃環境相と根本匠復興相は14日 福島市で佐藤雄平知事と 建設候補地がある大熊 双葉 楢葉の3町長に面会し 建設受け入れを要請 第一原発周囲など3町合わせて約19平方キロを国有化する計画と 貯蔵から30年以内の県外搬出を法制化する意向を伝えた そのコスト そして国土の再利用放棄する決定の是非は 今後議論されるべきだ 続きを読む 原発除染費用2 5兆円程度 政府見積もり NHK 原子力に対する評価 12月14日報道 政府が原発事故の除染費用を2 5兆円との見積もりを発表 しかしこれは東電の負担分をのぞき 過度な安全性を追求した1mSv ミリシーベルト 基準の見直しもしないで試算 この予測は楽観的すぎる 続きを読む 福島第1周辺除染目標 揺れる 1ミリ 河北新報 原子力に対する評価 12月13日記事 政府 自治体の行う除染基準 1mSvをめぐり 住民の間で判断が分かれている現状を取材している 続きを読む アゴラシンポジウム 持続可能なエネルギー戦略を考える 報告 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 アゴラ研究所は12月8日 第2回シンポジウム 持続可能なエネルギー戦略を考える を開催した プログラム 出演者経歴 論考 ニコ生 詳細は今後 GEPRと言論プラットホーム アゴラ で公開する 今回の記事はポイントを示す 続きを読む 3 11以後のエネルギー 原子力政策 原子力依存度低減に向けた構造改革を 鈴木 達治郎 エネルギー政策への提言 GEPR編集部より 12月8日に開催されたアゴラシンポジウムで行われた 原子力委員会の鈴木達治郎氏の基調講演で使われた プレゼンテーション資料を公開します 鈴木様に感謝を申し上げます 内容をたどれば 基調講演の内容が ほぼ分かります 続きを読む 小泉発言 支持するなら朝日新聞らメディアは具体策を示せ おやおやマスコミ 中村 政雄 エネルギー産業の分析 どういう意図か 政界を引退したはずの小泉純一郎元首相が ごみ捨て場がないから原発は止めようよ と言い出した 朝日新聞は脱原発の援軍が現れたと思ったのか 飛びついた 10月5日付朝刊の 原発容認 自民党から異議あり 10月30日付朝刊は 小泉劇場近く再演 など尻馬に乗った記事を載せた 見出しは週刊誌的で面白いが中身はない 続きを読む 新しいエネルギー基本計画 骨子案 経済産業省 資源エネルギー庁 エネルギー政策への提言 本文案 現在 同庁は期限を区切らず意見を募集中 意見募集のウェブページ しかし 基本計画案は原子力の将来についてあいまいさを残す一方で それを重要な電源と位置づけている どの立場にも配慮したことで 明確さを欠くものになった 続きを読む 原発は 重要電源 エネ基本計画原案を提示 ロイター通信 エネルギー政策への提言 12月7日記事 上記のエネルギー基本計画案が分かりやすくまとまっている 続きを読む 社説 新エネルギー計画 原発回帰は許されない 毎日新聞 12月10日社説 やや脱原発に傾いているものの 新エネルギー基本計画の問題点を分かりやすく説明している 続きを読む 世界エネルギー見通し2013年 IEA 国際原子力機関 エネルギー産業の分析 国際エネルギー機関のマリア ファン デル フーヘン氏の講演資料を 経産省が翻訳した 世界の需要増とシェールガス革命の行方の予想を示している 続きを読む 原子力損害賠償制度の研究 池田 信夫 エネルギー政策への提言 アゴラ研究所所長 池田信夫氏の書評記事 遠藤典子氏の 原子力損害賠償制度の研究 東京電力福島原発事故からの考察 を紹介 東電事故の時 原子力損害賠償法で 巨大な天変地異 で免責されるという規定がなぜ適用されなかったのか その問題を分析した 続きを読む 第2回アゴラ シンポジウム 持続可能なエネルギー戦略を考える GEPR編集部 エネルギー政策への提言 福島第一原発事故は 日本人が原子力とともに生きるかどうかの選択を突きつけています 他方 化石燃料には温暖化や大気汚染などのリスクもあり 私たちの直面している問題は単純ではありません 十分なエネルギーを利用し 豊かな環境を維持しながら 私たちは持続可能な文明を構築できるのでしょうか 続きを読む 第2回アゴラシンポジウム 持続可能なエネルギー戦略を考える 出演者の意見 GEPR編集部 アゴラ研究所の行うシンポジウム 持続可能なエネルギー戦略を考える の出演者が GEPRに寄稿した文章を紹介します 続きを読む 論点 放射能のリスク 原発ゼロは可能か アゴラ シンポジウム資料 GEPR編集部 エネルギー産業の分析 アゴラ研究所は12月8日にシンポジウム 第2回アゴラ シンポジウム 持続可能なエネルギー戦略を考える を開催する 内容と申し込みはこちら 視聴はインターネット放送などで同時公開の予定だ 続きを読む 東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会 原子力規制委員会 原子力に対する評価 11月25日公表 原子力規制委員会は 独自に有識者を集めて 福島原発事故を再検証している 第5回会合では その中で地震による配管損傷について 否定的な可能性を示した 資料4 3 これは国会事故調がその可能性を示し 問題になっていた また一連の基礎資料は詳細で参考になる 続きを読む 時論公論 核のゴミ処分に道筋を NHK 原子力に対する評価 11月15日放送の記事化 水野倫之解説委員 小泉元首相の発言で再び注目を集めた使用済核燃料の処分問題 これまでの経緯がまとめられている 政府も 原子力発電環境整備機構 NUMO に丸投げしていた取り組みを 国の関与を強める方針を示している NHK12月11日放送 核のゴミ見直し案 年内に計画反映へ 続きを読む 米国の福島事故での誤りが いかに日本を傷つけたか ポール ブルースタイン 原子力に対する評価 アゴラ シンポジウム登場のポール ブルーステインさんの米国ウェブマガジン スレート Slate への寄稿 再掲載 現題は How a US mistake after Fukushima hurt Japan 米原子力規制委員会のヤツコ委員長が情報を精査しないまま 過剰な避難勧告をして事故への不安が日米両国で起こった問題を指摘している 続きを読む 東京電力の アライグマ WNN アメリカの原子力の専門サイト 原子力に対する評価 11月27日記事 日本であまり伝えられていないが 東電の原発建屋内の除染ロボット 原題は Tepco sends in the Raccoon 続きを読む エネルギー価格 日本高止まりの懸念 IEAリポート GEPR編集部 エネルギー産業の分析 国際エネルギー機関 IEA は11月12日 2013年の 世界のエネルギー展望 World Energy Outlook 2013 見通しを発表した その内容を紹介する 続きを読む 温暖化ガス削減 自主目標導入で合意 COP19 日本経済新聞 地球温暖化 11月24日記事 今回のCOP 気候変動枠組み条約締約国会議 で 日本は温室効果ガス削減目標の切り下げを批判された 一方で 会議の内容は 前回のCOPで決まった2015年までに制度をつくるという目標に向けた 前哨戦 だった 自主目標導入は予想の範囲内だった 続きを読む 帰還に向けた安全 安心対策に関する基本的考え方 案 原子力規制委員会 放射能の健康への影響 11月20日公表 福島原発事故の帰還について 空間線量ではなく 個人線量の調査によって安全性を確認することを提言 当初は年20mSvとして 段階的に自然被ばく量に引き下げることが望ましいとも指摘 現実的政策への転換と評価できる 続きを読む エネルギー問題 国民感情をどうするか アゴラシンポジウム 言論アリーナ報告 GEPR編集部 原子力に対する評価 その出席者である東京工業大学助教の澤田哲生氏 国際環境経済研究所の理事 主席研究員である竹内純子さんを招き 11月12日にアゴラ研究所のインターネットチャンネル 言論アリーナ で エネルギー問題 国民感情をどうするか という番組を放送した 続きを読む 福島原発事故 混迷を打ち破る技術革新への期待 国際廃炉研究開発機構が始動 GEPR編集部 原子力に対する評価 福島原発事故の収束に役立つ技術を 国内原子力関係機関や事業者が一体となって研究 開発 収集する新組織 国際廃炉開発研究機構 が活動を始めた 内外の叡智を結集する開かれた体制 を唱えて 技術面から事故処理を支える 新組織は何を成し遂げられるのか 続きを読む 廃炉技術の進化を原子力の未来に結びつけたい 山名元 国際廃炉研究開発機構理事長インタビュー 山名 元 原子力に対する評価 いろんな思いが重なりました 原子力関係者として福島事故が起こったことは大変なショックでした 大学や学会で調査支援や提言を行いましたが 事故対策にもっと強く関わりたかったのです 11年に原子力委員会の廃止措置を検討する専門部会の座長となるなど 政府からの仕事の依頼に積極的に応じたのです 続きを読む 原発推進 自民が発信強める 小泉氏発言をけん制 日本経済新聞 エネルギー産業の分析 11月17日記事 小泉発言が波紋を広げている 自民党執行部が 原発の再稼動や最終処分について発信を始めた 続きを読む 中部電力 浜岡原発の現状 上 津波を防ぐ巨大な壁 石井 孝明 原子力に対する評価 中部電力の浜岡原子力発電所を11月8日に取材した 私は2012年8月に同所を訪問して 政治に翻弄される浜岡原発 中部電力の安全対策工事を訪ねて という記事をGEPRで発表している 続きを読む 中部電力 浜岡原発の現状 下 再稼動は エネルギー政策正常化 の証明 石井 孝明 原子力に対する評価 原発の稼動の遅れは 中部電力の経営に悪影響を与えている 同社は浜岡しか原発がない 足りない電源を代替するために火力発電を増やして 天然ガスなどの燃料費がかさんでいるのだ 続きを読む 再エネ実践講座 地熱発電の展望と課題 松本 真由美 再生可能エネルギー技術 10月21日 月 全学自由研究ゼミナール 再生可能エネルギー実践講座 3回目の講義のテーマは 地熱発電です 地熱は季節や天候に関係なく安定した自然エネルギーで 日本は活火山数119個を有し 地熱資源量は2347万kWと米国 インドネシアに次ぐ世界第3位の地熱資源大国です 続きを読む 脱原発団体にサイバー攻撃 一斉メール253万通 朝日新聞 エネルギー政策への提言 11月10日記事 この2カ月 脱原発33団体にメールが大量に送りつけられて 活動に支障が出ているという こうした冷静さを欠いた迷惑行為は批判されなければなりません 続きを読む 原子力ルネッサンス 間違えているのか 英語 CNN 原子力に対する評価 11月6日記事 英語タイトルは The nuclear renaissance What went wrong 米国で 安いガスと原子炉の廃炉が続き 数年前騒がれた 原子力ルネッサンス が怪しくなっていることの解説記事 リンク 映像が多いので エネルギーに関心を持つ人には参考になる 続きを読む 千葉PM2 5上昇 原発停止 火力発電増の影響を検証せよ 石井 孝明 原子力に対する評価 経済ジャーナリスト 石井孝明のアゴラへの寄稿 千葉で健康に悪影響を与える微小粒子状物質 PM2 5 の濃度が上昇している これは工場からの排煙が影響していますが 原発停止による 火力発電の増加が影響している可能性がある それを指摘した 続きを読む 原発は危険だ だからゼロに 菅元首相の発言から考える 上 石井 孝明 原子力に対する評価 政策家の石川和男さんが主宰する霞が関政策総研のネット放送に 菅直人元首相が登場した 続きを読む エネルギー 原子力政策はなぜ混迷したのか 菅元首相の発言から考える 下 石井 孝明 原子力に対する評価 原発は危険だ だからゼロに 菅元首相の発言から考える 上 で示された菅氏の発言を どのように解釈するべきであろうか そこからうかがうかぎり 菅氏はエネルギーについて 誤った もしくは片寄った考えを数多く信じていた もし首相として それらに基づいて政策を決断していたのなら おそろしいことだ 続きを読む 再エネ実践講座 メガソーラー事業の展望 松本 真由美 再生可能エネルギー技術 提携する国際環境経済研究所 IEEI の理事である松本真由美さんは 東京大学の客員准教授を兼務しています 続きを読む 小泉元首相 安倍首相らの 原発ゼロは無責任 に反論 ハフィントンポスト 原子力に対する評価 小泉さんの脱原発論がエネルギーをめぐって話題になっている その講演の詳報 感覚的な反論にとどまっているようだ 続きを読む 除染の長期目標 広がる見直し論 費用膨大で効果に限界 毎日新聞 放射能の健康への影響 11月4日記事 IAEA 国際原子力機関 や政府内で 除染目標を1mSvとした政府の活動への疑問が広がっている それをまとめた記事 続きを読む 自民 福島復興加速の提言を了承 NHK 原子力に対する評価 11月5日放送 与党自民党は 除染 廃炉で国の関与強化を盛り込んだ提言をまとめた まもなく 連立与党の公明党との調整の後で政府に提言する しかし報道を見る限りでは 補償の範囲 そして除染や期間の基準について 線引き をしていない これでは国費投入が拡大し続ける危険がある 続きを読む 米国 原発全従業員の身辺調査を要求 米公文書で秘密保護法で情報隠し拡大 しんぶん赤旗 エネルギー政策への提言 しんぶん赤旗 日本共産党機関紙 11月4日記事 米国が核テロを警戒し 日本に原発作業員の身元確認を要請 日本の文部科学省が それを否定したものの非公式になら可能と返答していた ウィキリークスの公電から 議論を呼ぶ問題だがやむを得ない面があるだろう 続きを読む 原発事故 なぜ混乱が続くのか 馬淵議員が語る 無責任の連鎖 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 政策家石川和男さんのネット放送 霞ヶ関政策総研チャンネル の報告 民主党で実務ができる政治家と注目された馬淵澄夫議員が登場しました 東電から事故処理を切り出し 国が関与するなどの現実的提言を行っています 続きを読む 1950年制定の原子力基本法 中曽根康弘演説を読み返す GEPR編集部 原子力に対する評価 日本の原子力の利用は1955年 昭和30年 につくられた原子力基本法 を国の諸政策の根拠にする この法律には 原子力利用の理由 そしてさまざまな目的が書き込まれている その法案を作成した後の首相である中曽根康弘氏が当時行った衆議院での演説を紹介したい 続きを読む オバマ米大統領 今再びの温暖化対策 竹内 純子 エネルギー政策への提言 オバマ米大統領が6月 地球温暖化防止に向けた新しい行動計画を発表した 環境対策の充実を経済発展につなげる グリーン ニューディール政策 は オバマ政権第1期の目玉政策であったが 取り立てて成果を残せないままに終わった 続きを読む 中国大気汚染 環境より雇用優先の地方都市 フィナンシャルタイムズ エネルギー産業の分析 10月23日記事 日本経済新聞翻訳 汚染源の一つは鉄鋼などの重工業のエネルギー使用 それを止められない状況にあるジレンマに 中国は直面している 続きを読む 菅元首相 みのもんた降板も自分の退陣も 原子力ムラの陰謀 産経新聞 原子力に対する評価 10月27日記事 菅直人首相が自らのブログで 原発に批判的であった テレビ司会者のみのもんた氏が息子の不祥事でレギュラー番組を降板したことについて 原子力ムラの陰謀 とブログで取り上げた そして自分の退陣も それが一因と述べた ネット上で大変な批判を集めている 続きを読む IAEA提言 ゼロリスク幻想払拭せよ 産経新聞 放射能の健康への影響 10月24日社説 国際原子力機関 IAEA が福島を視察 年1mSvまでの除染目標に 必ずしもこだわる必要はない と指摘した 除染目標が厳しすぎ 福島の復興が遅れていることを社説は分析 GEPRもその主張を重ねてきた 続きを読む 福島と日本の政治 ニューヨークタイムズ 原子力に対する評価 10月15日論説記事 原題は Fukushima Politics 小泉純一郎元首相がさまざまな講演で 原発ゼロ を唱えるようになった それを受け日本でこれまでなかった原子力とエネルギーをめぐる議論を深めるべきと 主張した ただし実際のところ日本では議論をしないというより それが噴出して専門家の意見がかき消され 混乱した状況にあると言えるだろう 続きを読む 国会代表質問 東電は民間企業として賠償を 野党 NHK エネルギー産業の分析 10月17日記事 一方で 安倍首相は10月から始まった国会で 会社更生法など東京電力の破綻処理を提案した野党の質問に対して 東電は民間企業として対策を実施すべき と答えた 国が前面に出る と表現しましたが その内容はあいまいだ 続きを読む 英国と中国が原子力発電で関係強化 ウォール ストリート ジャーナル 原子力に対する評価 10月18日記事 英国が国内の原子力発電の建設で 中国資本の参加を認めた 米国が自国の基幹産業に 中国が関わることを警戒する中で 注目すべき動きだ 英語版 U K Invites Chinese Nuclear Investment 続きを読む 福島原発の汚染水 健康に影響なし ー 心配なのは国民負担 石井 孝明 原子力に対する評価 事故を起こした福島第一原子力発電所から流れ出る汚染水問題が社会的な関心を集めている この問題は2020年に開催の決まった東京五輪にも 福島事故の収束にも影を落とす 本当の状況はどうなのか 続きを読む 原子力大綱 廃止へ 有識者会議が了承 朝日新聞 原子力に対する評価 10月10日記事 これまで内閣府に置かれた原子力委員会は 国の原子力をめぐる計画と利用を担い 原子力政策大綱 を5年ごとに 発表してきた しかし それを他の計画と一元化しようという考えが出ている 同委員会については存続も含めて今 国による検討が行われている 続きを読む 世界最大出力の原子力発電機完成 単体で1750MW 広東省台山原発に設置 中国 新華経済 中国のニュースサイト 原子力に対する評価 このほど 世界最大級の原子炉が 中国広東省台山原発 で完成した フランスの技術を導入している 経済成長によるエネルギー不足と大気汚染に悩む中国は原子力 そして再生可能エネルギーの導入を加速している 続きを読む 原子力防災訓練始まる 初の実践型に3300人参加 九州 川内原発 産経新聞 10月11日記事 これまで 安全神話 に隠れ 原子力事故の対策でいいかげんな面が 日本の政府 自治体 そして電力会社にあった それが今に続く福島原発事故後の混乱を生んでいます 今回 大規模な過酷事故の対策を 国主導で行った こうした備えが 原子力への信頼を回復させる 続きを読む 映像 福島原発 発電所構内の状況 GEPR編集部 原子力に対する評価 事故を起こした東京電力の福島第一原子力発電所を含めて 原子炉の廃炉技術の情報を集積 研究する 国際廃炉研究開発機構 理事長 山名元京大教授 東京 略称IRID 設立資料 は9月月27日までの4日間 海外の専門家らによる福島原発事故対策の検証を行った 紹介記事 汚染水 環境への影響は小さい 福島事故で世界の専門家ら 続きを読む 異議申し立ての却下に対する当社コメント 日本原電 その1 その2 日本原電 原子力規制委員会は日本原電の敦賀原発2号機の下に活断層があると認定し 同社に報告を求めた それに原電は活断層ではないという異議申し立てを行っていた それについて同委員会は 申し立てを却下した 日経 10月3日記事 これは日本原電のコメントです この認定は 同社の原子炉を廃炉としかねない 行政機関による不誠実 不当な決定 という批判を原電はしている 同委員会は慎重な対応が必要であろう 続きを読む 原発政策を維持 小泉元首相の原発発言を受け 時事通信 10月1日配信記事 小泉首相が脱原発をめぐる発言を繰り返していることについての菅義偉官房長官の発言 波紋が広がっているものの 明確な政治勢力の結集とはなっていないために 小泉氏の主張は力にはならないであろう 続きを読む 地元を離れ東京で争う関電 大ガス 中部電 巨大電力市場に食い込めるか 産經新聞 産経新聞10月6日記事 原発事故を東電が起こし 動けなくなったために 他地域のエネルギー企業の首都圏への進出が目立つ 電力 ガスは協調する動きが多く 静かな産業だった 競争によってその姿が変わるのであろうか 注目すべき動きだ 続きを読む 原発なしの日本は世界にとって大災難である 英語 EIR 米国の外交誌EIR Exective Intelligence Review に掲載された 同誌インド人編集者Ramtanu Maitra氏の寄稿 原題は Japan Without Nuclear Energy Is a Disaster for the World 世界の原発の重要技術で 日本の重工業が大きな役割を果たしていることを指摘し その原発を維持すること求めている 方針の転換を述べています 日本製鋼所 JSW の鋳造 日立 IHIの原発関連機器の技術を紹介している 続きを読む イラン 羊か狼か 英語 トーマス フリードマン ニューヨーク タイムズ 10月6日記事 イスラエルのネタニヤフ首相は10月1日の国連総会演説で イランは 羊の衣をまとった狼 だ 甘い言葉を信用してはいけない 核兵器開発を狙っているのは間違いない と批判した これを巡り ニューヨーク タイムズの著名外交記者がコラムを書いている 大きな北朝鮮 ではなく 中東の中国 を目指すのが合理的な政策だが いずれでも米国と世界には危険だという趣旨 イラン情勢は 日本のエネルギー供給にも結びつく 続きを読む 汚染水 環境への影響は小さい 福島事故で世界の専門家ら 上 GEPR編集部 放射能の健康への影響 事故を起こした東京電力の福島第一原子力発電所を含めて 原子炉の廃炉技術の情報を集積 研究する 国際廃炉研究開発機構 理事長 山名元京大教授 東京 略称IRID 設立資料 は9月27日までの4日間 海外の専門家らによる福島原発事故対策の検証を行った 27日の最終会議の一部が 報道陣に公開された 続きを読む 成熟したコミュニケーションが必要 福島事故で世界の専門家ら 下 GEPR編集部 放射能の健康への影響 記者団の質問には6人の専門家からなる 国際専門家グループ の副議長であるエイドリアン シンパー博士が答えた シンパー博士は英国原子力廃止措置機関の戦略技術担当取締役だ 続きを読む 間違った信念 福島事故 米国の誤りが日本政府を傷つけた ポール ブルースタイン 放射能の健康への影響 ウェブマガジン Slateの記事 原題は Fukushima s Worst Case Scenarios Much of what you ve heard about the nuclear accident is wrong 福島の最悪ケースのシナリオとは 原発事故 広まった話の大半は誤りだ Fukushima s Worst Case Scenarios Much of what you ve heard about the nuclear accident is wrong と共に 英語メディアで広まった情報の誤り 米政府の福島原発事故の認識の誤りを取り上げている 続きを読む 国際廃炉研究開発機構 IRID 設立資料 東京電力 原子力に対する評価 政府や東電 電力会社 研究機関が廃炉技術を集積するために 8月に同機関を設立しました GEPRではではこの機関の取り組みを今回の更新で紹介した 続きを読む 原子力規制委1年 反原発 偏向を排せよと産経 推進側から独立と毎日は評価 産経新聞 原子力に対する評価 9月25日記事 同紙の主要紙と自社論説を比較するという日本のメディアでの珍しい形の記事の一つ 原子力規制委員会設立から今年9月で1年が経過した 同委員会の動きの評価について 新聞の論説は割れている 産経 読売は 恣意的運用について批判的に見ている 続きを読む 2050年までのエネルギー 電力 原子力の予測 IAEA 国際原子力機関 原子力に対する評価 9月25日の公表リポート 原文は英語で原文タイトルは Energy Electricity and Nuclear Power Estimates for the Period up to 2050 世界経済の回復 温暖化防止の要請を背景にして 今後の原子力発電の拡大が続くことを予想している 続きを読む 東電社長 福島第1汚染水の海洋への影響を否定 ロイター通信 エネルギー産業の分析 東電が柏崎6 7号再稼働審査申請 今年度黒字は 困難 9月27日記事 東京電力社長が衆議院の経済産業委員会に呼ばれ 当面の対策を語った 事故処理の負担に加えて 再稼動申請を新潟県に行うものの経営の厳しさは続くとの見通しを述べた 続きを読む 現地を見よう 危険と切り捨てるな チェルノブイリ ダークツーリズム ガイド を語る 上 東浩紀 石川和男対談 GEPR編集部 原子力に対する評価 死の町 放射能汚染 健康被害 1986年に原発事故を起こしたウクライナのチェルノブイリ原発 日本では情報が少ないし その情報も悪いイメージを抱かせるものばかりだ 本当の姿はどうなのか そして福島原発事故の収束にその経験をどのように活かせばよいのか 続きを読む 福島第一原発観光地化計画 ゲンロン 原子力に対する評価 今回紹介した東浩紀氏らのプロジェクト 観光地化することで イメージの改善と産業を作り出すことを狙う 続きを読む Safecast 世界中の放射線データを共有することで 皆に力を与えるプロジェクト Safecast 原子力に対する評価 福島原発事故の後で日本発のプロジェクト 日本を含め チェルノブイリなどさまざまな場所の放射線を図り 見える化 によって問題を解決することを考えている 今回紹介の チェルノブイリ ダークツーリズム ガイド の成果も示されている 続きを読む 汚染水対策で 特別枠 検討 安倍首相が表明 産経新聞 エネルギー政策への提言 9月22日記事 安倍首相は来年度予算編成で 汚染水対策の支出について 財源を確保することを表明した また 私が責任者 と明言した この支出が妥当か 検証をするプロセスがないことが懸念される 続きを読む Germany s Effort at Clean Energy Proves Complex ニューヨークタイムズ 再生可能エネルギー技術 9月18日記事 翻訳は クリーンエネルギー拡大努力が混迷 ドイツの選挙の結果 保守系のメルケル政権が選挙で継続することになった 自然エネルギー支援が 争点になった 電気料金は上昇し 料金が払えぬ家庭では エネルギー貧困 energy poverty というべき現象も起きているそうだ 続きを読む 再生可能エネルギーの発電設備の導入状況について 経済産業省 再生可能エネルギー技術 8月20日公表 太陽光パネルは 設置計画はあっても 建設が遅れ 現時点で計画の1割にしか過ぎない 実際の発電も稼働率が低く 大きな発電量を確保できない 参考の解説記事プレジデント つくっても実稼働率低い太陽光発電の前途多難 続きを読む どうなる福島原発 汚染水問題 言論アリーナ 上 何が起こっているのか GEPR編集部 原子力に対する評価 エネルギーのバーチャルシンクタンクであるGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ を運営するアゴラ研究所は 旬な政策テーマを選び 識者 専門家と議論する映像コンテンツ 言論アリーナ を提供している 9月9日夜は1時間に渡って どうなる福島原発汚染水問題 東電常務に田原総一朗が迫る を放送した 続きを読む どうなる福島原発 汚染水問題 言論アリーナ 下 あいまいな対策の克服を GEPR編集部 原子力に対する評価 田原氏 池田氏は共に汚染水対策の膨大さに驚いた ここまでやって東電の資金が続くか分からないし それに見合った効果があるのだろうか 池田氏 続きを読む 福島原発 汚染水の13年9月時点の状況 東電資料から GEPR編集部 原子力に対する評価 言論アリーナ どうなる福島原発 汚染水問題 東電常務に田原総一朗が迫る で姉川尚史東電常務が公表した図表21枚を公開する 続きを読む 福島第一原子力発電所でのトリチウムについて 東京電力 原子力に対する評価 今回の汚染水問題では 放射性物質のトリチウムの検出が注目された この物質をめぐる一般向けの解説 適切に対応すれば 人体への影響がほぼないことが分かる 続きを読む 東京電力福島第一原子力発電所事故 対応の調査研究における主要成果 水産総合研究センター 放射能の健康への影響 福島原発事故による 海洋汚染の水産物への影響が 一般向けに分かりやすく示されている 続きを読む 水産物の放射性物質調査について 水産庁 放射能の健康への影響 9月公表資料 水産物への放射性物質への影響が分析されている 現在は1キロ当たり100ベクレルの魚が 捕獲調査で現れる割合は 福島県沖で2 5 と事故直後から大きく減っている 続きを読む 政府エネ計画 原発比率明示見送り 1年2カ月ぶり稼働ゼロ 産経新聞 原子力に対する評価 9月15日記事 政府のエネルギー基本計画の見直し作業が進んでいる その中で これまでの総合エネルギー調査会の議論では 将来の発電比率の見通しを示すことは見送りとなりそうだ こうした中で原発は15日 稼動がゼロになった その状況の解説も加えた記事 原子力規制委員会の安全審査の混乱が 国の政策全体の先行きを不透明にしている 続きを読む 地球は本当に温暖化しているのか IPCC ポスト京都を考える 上 言論アリーナ GEPR編集部 エネルギー政策への提言 エネルギーのバーチャルシンクタンク GEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ を運営するアゴラ研究所は インターネット放送 言論アリーナ を提供している 9月3日は1時間にわたって 地球は本当に温暖化しているのか IPCC ポスト京都を考える を放送した 続きを読む 地球は本当に温暖化しているのか IPCC ポスト京都を考える 下 言論アリーナ GEPR編集部 エネルギー政策への提言 IPCC報告は 国際交渉や各国に影響を与えてきた 放送に出演の澤昭裕氏は経産省環境政策課長として 温暖化対策に向き合った経験がある 温暖化対策の国際的枠組みと日本の政策は今 どのようになっているのですか という池田氏からの問いに 次のようにまとめた 続きを読む 福島第1原発事故 菅元首相ら政府 東電幹部は全員不起訴 毎日新聞 原子力に対する評価 9月9日記事 福島原発事故で 業務上過失致死傷で告訴 告発された東電と政府の幹部について 検察当局が全員不起訴の決定をした 刑事訴追は難しいことは以前から指摘されていた 続きを読む 福島第一原発における汚染水問題に関する基本方針 首相官邸 原子力に対する評価 9月3日公表資料 この日 政府は国費の470億円の支出による汚染水の遮断対策を発表した 汚染水の海への遮断を完全に行うなど 徹底的な工事を行う方針です 続きを読む 解説 核燃料サイクル政策の現状 全量再処理方策の再検討が始まる GEPR編集部 原子力に対する評価 日本のこれまでの核燃料サイクル政策について解説する アゴラ研究所 GEPRの運営するインターネットの映像コンテンツ 言論アリーナ の記事 原発は トイレなきマンション か 核廃棄物 を提供した その理解を深めるための記事だ 続きを読む 原発は トイレなきマンション か 核廃棄物を考える 言論アリーナ GEPR編集部 原子力に対する評価 エネルギーのバーチャルシンクタンク GEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ を運営するアゴラ研究所は インターネット放送 言論アリーナ という番組を公開している 8月27日は午後8時から1時間にわたって 原発は トイレなきマンション か 核廃棄物を考える を放送した 続きを読む ドイツのエネルギー体制はすばらしい のか 再エネ振興 問題点の再整理 竹内 純子 再生可能エネルギー技術 ドイツ シュトゥットガルト在住の作家である川口マーン恵美氏が現代ビジネスに寄稿された ドイツ 再生可能エネルギー法の失敗と 日本が模索すべき最良の道 は 客観的に事実を積み上げた内容で これまでドイツのエネルギー政策に注目してきた筆者にとっては 至極まっとうなものであると感じた 続きを読む ドイツ 再生可能エネルギー法の失敗と 日本が模索すべき最良の道 現代ビジネス 再生可能エネルギー技術 8月2日記事 竹内純子さんのコラムに引用 ドイツ在住の作家 川口マーンさんによる ドイツの再生可能エネルギーをめぐる政策の失敗についての解説 続きを読む 原子力規制委員会 汚染水対策ワーキンググループ資料 原子力規制委員会 原子力に対する評価 福島第一原発の汚染水問題について 8月27日時点での東電の説明 政府対策 続きを読む 政府 福島第一原発の汚染水問題 あす 3日 にも対策方針発表 米経済通信社ブルームバーグ 原子力に対する評価 9月2日記事 汚染水問題で 東電ではなく政府が全面に出て対応をする方向だ 続きを読む 温暖化 人類が原因 の可能性95 国連報告書の内容判明 ハフィントンポスト 地球温暖化 8月22日記事 IPCC 国連気候変動に関する政府間パネル の第一作業部会報告 気候システムおよび気候変動に関する科学的知見の評価 が今年9月中に発表される 残りは来年春まで 日本のメディアには詳細な話は出ていない 米ニューヨークタイムズ記事 温暖化は人為的なものによる可能性が高いというこれまでの結論が一段と強められている 続きを読む 汚染水漏れ 原因究明難航 規制委が福島原発視察 日本経済新聞 原子力に対する評価 8月23日記事 福島原発の事故現場で 事故処理に基づく汚染水の漏洩が広がっている 原子炉から地下水にしみ出したことに加え 処理済み水で保管したタンクからの漏洩も懸念されている 現時点で 福島他地域の周辺地域の線量上昇などの影響は見られないものの 長期的な海洋汚染が懸念されている 続きを読む 大飯活断層調査 科学的な議論に徹するべきだ 読売新聞 原子力に対する評価 読売新聞8月24日社説 原子力規制委員会の活断層をめぐる判断の迷走が続いている 結論が出ていない 社説はこれを 科学的な議論をしているのか とその動きを疑問視している 続きを読む 原発審査1カ月 再稼働へ明暗 泊は 黄信号 伊方 川内 大きな問題なく 日本経済新聞 原子力に対する評価 8月15日記事 原子力規制委員会による原子力発電所の安全審査がスタートしてほぼ1カ月たち 再稼働に向けた各原発の進捗に濃淡が出ている 四国電力 伊方 愛媛県 や九州電力 川内 鹿児島県 が順調な一方で 北海道電力 泊 北海道 は遅れが目立ち 冬の稼働が厳しくなっているという 続きを読む 日本原子力研究開発機構改革の基本的とりまとめ 中間とりまとめ について 文部科学省 原子力に対する評価 今年秋の改革に向けて外部有識者と同機構とともに発表した中間報告 同機構は文部科学省所管で 日本の原子力研究を行ってきた 高速増殖炉もんじゅの実施主体でもあるり もんじゅ 福島事故対応などの業務集中を検討している ただ もんじゅの先行きが不透明であるなど 問題のある改革案になっている 解説として 読売新聞社説 8月19日 続きを読む 電力経営の悪化を懸念 原発再稼動が必要 葛西JR東海会長講演 GEPR編集部 原子力に対する評価 電力 電機メーカーの技術者や研究機関 学者などのOBで構成する日本原子力シニアネットワーク連絡会は3日 原子力は信頼を回復できるか をテーマとしたシンポジウムを都内で開いた ここでJR東海の葛西敬之会長が基調講演を行い 電力会社の経営状態への懸念を示した上で 原発再稼動が必要 との考えを述べた 続きを読む 葛西会長講演要旨 正しいことを貫くには GEPR編集部 原子力に対する評価 JR東海の葛西敬之会長が日本原子力学会シニアネットワーク連絡会のシンポジウム 原子力は信頼を回復できるか で8月3日に行った講演の要旨は次の通り 続きを読む 甘利再生相が新潟知事と会談 安全審査と再稼働判断は別 と説明も納得得られず 産経新聞 原子力に対する評価 7月30日記事 東京電力柏崎刈羽原発の稼動を巡って 新潟県の泉田裕行知事が 再稼動の交渉入りを拒否している 甘利明経済再生担当相は30日 直接面談し 状況を説明した 再稼動に反対の人は多いものの 停止が続けば東電の経営が一段と悪化することは避けられない これは電力料金上昇と国民負担増に跳ね返る 続きを読む 敦賀発電所敷地内破砕帯調査 外部レビュー結果 日本原子力発電 原子力に対する評価 8月2日公開資料 原子力規制委員会は日本原電敦賀原子力発電所において 活断層が原子炉近くにあると公表 それについて日本原電側が日本以外の地震学者を含めた外部有識者を集めて反論した この問題についての論争は 決着がつきそうになく 不毛に思える 規制委員会の対応の転換が求められる 続きを読む 活発化する中国原子力産業の国際交流 JBプレス 原子力に対する評価 8月1日記事 矢野義昭元陸将補の寄稿 中国の原子力産業の動向を 同国政府発表の資料から紹介 日本以外の米仏露 韓国との関係を進めている 注目すべき動きだ 続きを読む 原子力委員会 司令塔の役割強化する改革を 読売新聞 原子力に対する評価 7月30日社説 これまで原子力委員会は 長期的な政策の立案 核燃料サイクルの担い手としての役割を担ってきた 民主党政権ではその廃止を含めた見直しが検討された その議論がまだ続いていますが 読売は首相直属の総合調整機能を持つ司令塔の役割を果たすように改編するべきと 提言している 続きを読む 原子力は信頼を回復できるか シンポジウム告知 日本原子力学会シニアネットワーク連絡会 原子力に対する評価 原子力の関係者などでつくる団体の公開シンポジウム 8月3日開催 JR東海の葛西敬之会長 日本GEPRに寄稿いただきました金子熊夫氏など 原子力をめぐる識者が集う GEPRではシンポジウムの報告をする予定だ 続きを読む SPERA水素 千代田の水素供給事業 千代田化工建設 再生可能エネルギー技術 今回掲載のコラムでは 再生可能エネルギーを使ってつくった電気を水素にして運搬するという構想が紹介された 千代田化学工業が簡易な水素運搬技術を開発している 同社による技術紹介のサイト 再エネの普及で 日本企業の技術力に期待したい 続きを読む 原子力規制委 下北沖 活断層の可能性 島崎委員長代理 毎日新聞 原子力に対する評価 7月26日記事 原子力規制委員会は 重要な問題である活断層の検証について 委員会の決定ではなく メディアに委員の個人的見解を伝えている 同委員会は 一連の活断層騒動を含めて 同委員会の規制の適用 運営方法には 多くの問題がある 続きを読む 原発汚染水対策 東電だけに任せておけない 読売新聞 原子力に対する評価 7月27日掲載の読売新聞社説 汚染水が東電福島第一原発から漏れだしている その量は微量ではあるものの 東電はその流失 さらに公表で手間取るなどのミスを連発している その反省 さらに政府の支援による事態の改善を訴えている 続きを読む 除染にいくらかかる 5兆円試算 NHK 原子力に対する評価 NHK7月23日放送 放射性物質の除染 産業技術総合研究所のグループが 約5兆円になるとの試算を示した 政府は費用を示していない コストと効果についての検証が必要だ 続きを読む 原発停止 負担10兆円の行方 上 新潟県泉田知事と東電の対立 言論アリーナ GEPR編集部 アゴラ研究所フェロー 石井孝明 原子力に対する評価 アゴラ研究所は日本最大級のインターネット上の言論空間アゴラ そしてエネルギーのバーチャルシンクタンクであるグローバルエナジー ポリシーリサーチ GEPR を運営している 新しい取り組みとして インターネット上で 識者が政策を語り合う映像コンテンツ 言論アリーナ を提供している その中で 月1回はエネルギー問題を取り上げている 続きを読む 原発停止負担10兆円の行方 下 経済の重荷を急ぎ解消せよ 言論アリーナ GEPR編集部 アゴラ研究所フェロー 石井孝明 原子力に対する評価 再稼動の遅れは 新潟県の泉田知事と東電の対立だけが理由ではない 新基準により審査をやり直す原子力規制委員会の方針も問題だ と 池田信夫氏は指摘した 報道されているところでは 原子力規制庁の審査チームは3つ これが1基当たり半年かけて 審査をする 全部が終了するのは 単純な計算で8年先になる 続きを読む 参院選ツイッター 話題はエネルギー政策と景気 読売新聞 原子力に対する評価 7月15日記事 7月21日の参議院選挙は自民党が当選65人 新勢力115議席 選挙前84議席 と大勝した 連立を組む公明党と合わせれば現有で135議席と過半数を確保した ネット選挙解禁となった今回の選挙では ツイッターではこの記事のように原発が話題になったものの 脱原発を掲げる政党の議席が伸び悩んだ 続きを読む 水との格闘 幾重にも 福島第1原発ルポ 日本経済新聞 原子力に対する評価 7月20日記事 福島第一原発では事故後 3度目の夏を迎える 冷却のための汚染水の処理が急務になっている 続きを読む 核爆弾の影響地図 英語 個人サイト 原子力に対する評価 アメリカ物理協会に勤務するアーサー ウォーラステイン氏という研究者のブログ グーグルアースと連動すると 立体地図上に核爆発が起こった際の簡単な影響が映し出される 東京など日本の都市でも シミュレーションを行うことができる 続きを読む 中国で初めて反原発デモが成功 わずか3日間 1000人規模のデモで計画が白紙になった理由 日経BP 原子力に対する評価 7月17日記事 ジャーナリスト福島香織氏の寄稿 中国広東省で7月13日に 原発用ウラン燃料製造工場建設プロジェクトが白紙になった 穏健なデモと抗議によるもの 同国は2030年までに原発200基建設計画を掲げる一方で 住民の意向を聞かない強権的な原子力施設の建設が政府により繰り返されてきた それが変わる可能性がある 続きを読む 参院選 原発再稼動 乏しい論戦 河北新報 原子力に対する評価 7月15日記事 原発政策をめぐる参議院選挙の論点整理と総括 選挙で各党がそれを取り上げているものの それほど議論が深まっていないことを示している なお原発について 維持 再稼動を明確にしているのは自民党だけ 続きを読む ニューヨーク大停電 数千人が地下鉄に閉じ込められ 略奪と暴動が発生 過去何があった 英語 ニューヨークタイムズ エネルギー産業の分析 アーカイブ2013年7月15日記事 25年前の1977年7月15日 ニューヨーク市全域が停電 一部地域は復旧まで25時間かかった その混乱を振り返る 続きを読む 中国が核燃料工場建設を中止 抗議デモ受け ロイター通信 原子力に対する評価 7月15日記事 広東省に建設予定の各燃料工場の設置が 住民の反対で一時中止になった 強権的な政策を進めてきた中国政府が原子力問題では 住民の意見を取り上げる可能性が出てきた 続きを読む 映画 パンドラの約束 米環境派 原子力否定から容認への軌跡 GEPR編集部 原子力に対する評価 2013年6月14日に全米で公開された 原子力を題材にしたドキュメンタリー映画 パンドラの約束 Pandora s Promise を紹介したい 筆者は抜粋の映像を見たが 全編は未見だ しかし これを見た在米のエネルギー研究者から内容の報告があったので それを参考にまとめた この映画の伝える情報は 日本に必要であると思う 続きを読む 首相 電事法改正案 秋の臨時国会で成立を 党首討論 日本経済新聞 エネルギー産業の分析 7月3日記事 6月の国会で審議未了のまま廃案になった電気事業法改正案について 再び成立を目指すことを安倍首相は表明した しかし その改正にはGEPRで取り上げたように 多くの問題がある 続きを読む 21世紀の原子力エネルギーに関する国際閣僚会議 概要 外務省 エネルギー政策への提言 7月4日公表 ロシアのサンクト ペテルブルグで開催された国際閣僚会議の報告 ロシアのプーチン大統領の主導で行われた 日本は福島の経験を語り 原子力の平和利用を継続することを表明した 出席は菅原一秀経済産業副大臣 続きを読む 東電社長と新潟知事の会談物別れ 柏崎刈羽再稼働で 日本経済新聞 原子力に対する評価 7月5日記事 泉田新潟県知事が 議論もせず拒否する形で 新潟県にある東電柏崎刈羽原発の再稼動の事前了承を見送ることになった 県知事に原発を止める法的な権限はない 続きを読む パンドラの約束 公式サイト パンドラの約束 政策委員会 原子力に対する評価 記事で紹介したパンドラの約束のサイトです 現在全米公開中で 映画の概要が示されています 続きを読む 米エネルギー政策には原発も必要 英紙フィナンシャルタイムズ 原子力に対する評価 6月24日の社説の翻訳 掲載は日本経済新聞 米国で原発の廃炉の動きが広がっていることを指摘した上で それでもエネルギー源を多様にするため原発が必要ではないかと指摘している 続きを読む 米大統領 温暖化防止へ 中印と協議 行動計画を発表 日本経済新聞 地球温暖化 6月26日記事 オバマ大統領が25日 地球温暖化問題での行動計画を発表した 石炭使用の抑制 再生可能エネルギーへのてこ入れ等を指摘している 続きを読む オバマ政権の気候変動対策は ガスのシフトを加速する エネルギー通信社プラッツ 地球温暖化 6月25日の記事 原題は Obama s climate plan to boost gas demand former White House adviser オバマ政権の温暖化天然ガスシフトを加速し 温暖化には役立たないと批判している 続きを読む 原子力規制委員会の職員数 2倍に 田中委員長 読売新聞 エネルギー政策への提言 6月26日記事 原子力規制委員会が 職員数を2倍にして 原発再稼動の審査を早めようという構えを示している 原発の審査のスピードが早まることが期待されますが その訓練は一朝一夕ではできない 続きを読む 司令塔不在の原子力政策 産経新聞 エネルギー政策への提言 6月30日記事 井伊重之論説委員 原子力政策の検討が自民党政権でも止まっている現状を分析 早急な対応を訴えている 続きを読む 原発 来夏に複数稼働 第1号 伊方 川内が有力 規制委が新基準 日本経済新聞 原子力に対する評価 6月20日記事 原子力規制委員会が 19日に原発の新基準を発表した 7月8日に新基準は施行される見通しだ それに基づいて 各電力会社が原発の再稼動を申請する見込み ただし同委員会は 福島事故を起こした沸騰水型原子炉 BWR では 圧力空気を抜くベントシステムの設置を要請 そのためにこの種の原発を持つ 東京 東北などの原発の再稼動は遅れると予想される 続きを読む 福島第一原発事故の放射能による死者はゼロ 高市発言で始まった原発再稼働をめぐる情報戦 池田 信夫 JBPRESS 原子力に対する評価 アゴラ研究所の池田信夫所長によるJBPRESSへの寄稿記事です 自民党の高市早苗政調会長が 福島第一原発で事故が起きたが それによって死亡者が出ている状況ではない 最大限の安全性を確保しながら活用するしかない との発言を朝日新聞が17日に伝え マスコミや野党が一斉に反発 高市氏は発言を撤回して謝罪した この発言について 高市氏の誤解 そして反発の背景を分析 続きを読む 大飯原発 運転継続決定へ 規制委が評価書案協議 日本経済新聞 原子力に対する評価 6月24日記事 現在稼動中の 関西電力大飯原発3 4号について 7月に施行後も当面稼動することが認められる方向だ 昨年7月稼動のこれら2つの炉は 13カ月で定期点検が入るため 夏の電力需要の増加時期にも稼動できる見込み 続きを読む 原子力の将来描けぬ 7大 大学院で定員割れ 読売新聞 原子力に対する評価 6月21日記事 福島原発事故後の原子力への批判から 原子力研究の人気が衰えているという指摘だ 発電 軍事への利用について 原子力について今後 日本国民がどのような選択をするにしても 技術基盤の衰退は懸念される問題だ 続きを読む 原発再稼働ゼロなら 電気代50 値上げも 安念委員長に聞く 再稼働の法的根拠と電気代値上げの行方 JBPRESS 原子力に対する評価 6月12日記事 経済産業省で電気料金の値上げを審査している電気料金審査専門委員会の安念潤司委員長 中央大学法科大学院教授 のインタビュー記事 国による原発の再稼動の停止が法に規定されず このままでは電気代の上昇が起こることを懸念している 総務省家計調査では 日本の世帯の電気代平均は年20 30万円だ これが10万円から15万円増えると見込まれる 続きを読む 平成24年度 エネルギーに関する年次報告 エネルギー白書 資源エネルギー庁 エネルギー政策への提言 6月14日発表 毎年公表されるものだが 民主党政権が打ち出した 原発ゼロ 政策には触れず 政権交代によって安倍晋三首相が見直しを支持したことを詳述 この文章からは政府の政策転換がうかがえる 続きを読む 反逆の映画製作者の転向 映画 パンドラの約束 英語 ニューヨークタイムズ 原子力に対する評価 7月12日の映画評 タイトルは A Rebel Filmmaker Tilts Conservative GEPRで紹介した映画 パンドラの約束 が米国で公開されている 原発に懐疑的な同紙をはじめ 各メディアでは好意的な論評が提供されている GEPR記事 原子力への恐怖は正しいのか 映画 パンドラの約束 続きを読む バブルが始まった太陽光発電 FITはもはや制御不能か WEDGEInfinity 再生可能エネルギー技術 WEDGEInfinity4月25日記事 今回寄稿をいただいた電力中央研究所の朝野賢司主任研究員の論考で バブルを止める対応策を提言している 続きを読む 福島の除染 1ミリシーベルト目標 の見直しを 上 意味はあるのか 石井 孝明 放射能の健康への影響 原発事故に直面した福島県の復興は急務だ しかし同県で原発周辺の沿海にある浜通り地区でそれが進まない 事故で拡散した放射線物質の除染の遅れが一因だ 被ばく水準を年1ミリシーベルト mSv にする という 即座の実現が不可能な目標を政府が掲げていることが影響している 続きを読む 福島の除染 1ミリシーベルト目標 の見直しを 下 パニックが政策決定に影響 石井 孝明 放射能の健康への影響 それでは1ミリシーベルト mSv の除染目標はどのように決まったのだろうか 民主党政権の無責任な政策決定が この問題でも繰り返された 続きを読む 三菱重工製配管破損で米原発廃炉 電力会社 賠償請求へ 朝日新聞 エネルギー産業の分析 6月9日記事 米電力会社サザン カリフォルニア エジソン SCE 社がサンオノフレ原発の廃炉を決めた 原因の一つが三菱重工製の配管の問題という指摘が出ている 損害賠償の検討もあるようだ 現地紙のロサンゼルスタイムズが この問題で評価が出る一方 1100人分の雇用が失われる危険も述べている Activists praise San Onofre closure but 1 100 layoffs expected 続きを読む 新潟 石川沖8日から調査 日本海メタンハイドレート 産経新聞 エネルギー産業の分析 6月7日記事 海底に分布しているとされる凍るメタンの固まり メタンハイドレート はエネルギー源として注目されている 太平洋側で試掘されていたが 日本海側でも存在が確認された 予算の都合でその調査が遅れていたとされますが ようやく進捗があった どのようになるかは不透明で 結果判明は先になりそうながら 結果を期待したい 続きを読む 成長戦略第三弾スピーチ 首相官邸 エネルギー産業の分析 安倍首相が6月5日に発表した成長戦略の第三弾ではエネルギー改革が取り上げられた 電力自由化 によって 電力価格低下と創造者を生むとしている しかし この改革には成果の点で確実な成果が現在の計画で見込めない 成長に結びつくかは疑問だ 続きを読む 米国の福島事故後の原発安全対策費 総額で36億ドル規模に 英語 原子力に対する評価 エネルギー通信社プラッツの6月6日記事 原題は US nuclear plant operators estimate 3 6 bil in post Fukushima costs 米国の福島事故後の原発の改善 改良費として 稼働中の102基分を合計すると ほぼ36億ドル 約3600憶円 になるとの推計が政府から出た 米原子力安全委員会の該ドラインに基づき 今後3 5年間をかけて所要の改良改善措置を 各原子炉で行う この中には 洪水や地震対策 その他災害の程度などに関するエンジニアリング調査の実施も含まれる 数兆円に達した日本に比べて 金額が少ないようにも思えるが この速さは日本が参考にすべきだ 続きを読む 福島原発事故で差し迫った健康リスクはない 福島原発事故で国連機関が評価 GEPR編集部 原子力に対する評価 福島第一原発事故の放射線被曝は 即座の健康被害を引き起こさなかった そして将来に渡って一般市民 原発事故作業員の大半の健康に影響をおよぼす可能性はほとんどないだろう 続きを読む 原発事故 国連委員会 健康影響考えにくい NHK 放射能の健康への影響 5月28日報道 福島原発事故をめぐる 原子放射線の影響に関する国連科学委員会 UNSCEAR の結論案が5月28日公表された 以前から検討されていたように 健康影響は考えにくい という方向に 結論がまとまると思われる 続きを読む 廃炉の損失を分割処理 経産省方針 決断へ環境整備 料金上乗せの恐れも 朝日新聞 原子力に対する評価 6月2日記事 構想段階の記事で経産省側が世論をうかがう 観測気球 の意味があるかもしれない 原子力規制委員会が 一部の原発の廃炉をうながす中で その対応策を経産省が考え始めたとも推測できる 続きを読む 原発の年内再稼働難しく 原子力規制庁 審査に半年程度 日本経済新聞 原子力に対する評価 5月31日記事 原子力規制委員会は7月に原発の新安全基準を公表 実施の予定だ しかし それによりさらに稼動が遅れる 原発の停止によるLNG の輸入増加は年間3 4兆円の見込み 一連の原発を止める政策が妥当であるとは思えない 続きを読む 原子力機構で放射能漏れ 研究員最大55人被曝か 産経新聞 原子力に対する評価 5月25日記事 日本原子力開発機構の実験施設で放射能漏れ事故が発生した 被ばくは健康に影響がない程度ですが 報告が遅れた 同機構は高速増殖炉もんじゅの点検漏れが起こり 鈴木篤之理事長が引責辞任したばかり 組織の弛緩が調査されるべきだ 続きを読む 日本原電 営業益89 減 13年3月期 発電ゼロ 日本経済新聞 エネルギー産業の分析 5月24日記事 日本原電の発表した2013年3月期決算では 営業利益が前期比89 5 減の9億円となった 保有する原子力発電所全てが停止中で発電量はゼロだが 販売先の電力会社から受け取る 基本料金 で収益を確保した しかし敦賀原発2号機の下に活断層があると原子力規制委員会が認定 同社の経営の先行きに不透明感が増している 続きを読む 原子力協定 進展を期待 あす訪日 インド首相会見 電力不足 日本の技術に魅力 朝日新聞 エネルギー産業の分析 5月26日記事 インドがエネルギー分野での日本との協力を検討しているというインタビュー記事 日本のエネルギー体制が混乱し ビジネスの先行きが見えない中で 期待を抱かせる動きだ また原子力協定は原子力の技術協力をうながすもの インドの核武装強化の懸念があり 慎重な対応が必要だ 続きを読む イラン 核技術の進展を進める ニューヨークタイムズ エネルギー産業の分析 5月22日記事 元原稿は Iran Is Seen Advancing Nuclear Bid IAEAの査察官 米国当局への取材です 内容のポイントは 原爆の材料の濃縮機器の設置は進むものの まだウランの量産 そして核兵器の大量配備には至っていないという内容だ イランの核問題は戦争に発展して 日本のエネルギー供給を止めてしまうかもしれず 注視が必要になっている 続きを読む エネルギー安保を忘れていないか シェールガス革命の衝撃 アゴラチャンネル報告 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 GEPRを運営するアゴラ研究所は映像コンテンツ アゴラチャンネル を放送している 5月17日には国際エネルギー機関 IEA の前事務局長であった田中伸男氏を招き 池田信夫所長と エネルギー政策 転換を今こそ シェール革命が日本を救う をテーマにした対談を放送した 続きを読む 活断層 放射能安全基準報道の迷走 おやおやマスコミ 中村 政雄 原子力に対する評価 東京大学地震研究所の教授らによる活断層調査での誤りについて3月30日付産経新聞社説は 厳しい書き出しで批判した 工場跡地の中に打ち込ませていた杭を 首都直下地震につながる立川断層の破砕層と見誤ったのだ 続きを読む 原子力規制委員会の敦賀発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合への厳重抗議の提出について 日本原電 原子力に対する評価 日本原電の敦賀原発2号機について 原子力規制委員会の有識者委員会は5月15日に地下に活断層があると認定した これに対して日本原電は違うという反論を同日出した また原電は 原子力規制委員会 各委員への要請について 5月17日 を公開している この決定で原子炉が廃炉となれば 同社は存続を問われかねない 続きを読む 敦賀発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合 原子力規制委員会 原子力に対する評価 同委員会の活断層の認定に至る議事録が公開されています 原電側の主張を退けたものになっている ここに事業者との対話はない 続きを読む 特別リポート ガスの黄金時代がきたのか 英語 国際エネルギー機関 IEA エネルギー産業の分析 2011年公開のリポート 今回取り上げた田中伸男氏のアゴラチャンネルの放送で紹介された 今のシェールガス革命の変化を先駆的に取り上げ 世界に影響を与えた 原題は Are we entering a golden age of gas World Energy Outlook 2011 special report 続きを読む エネルギー脱中東依存 米シェールガス輸出解禁 日本経済新聞 エネルギー産業の分析 5月19日記事 電子版では会員限定 米国が シェールガス の増産で価格が低下している液化天然ガス LNG の対日輸出を解禁した ただし輸出開始は17年になる 続きを読む 安倍政治を問う

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/reports/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 動画 : Global Energy Policy Research
    専門家が対応を考えました 動画を見る 映像 ダイジェスト 災害のリスク 東日本大震災に何を学ぶか 14年9月27日開催のアゴラシンポジウム 全編4時間を40分に縮小 第1セッション 東海地震のリスクを考える 映像 記事 第2セッション 脆弱なエネルギー安全保障をどう克服するか 映像 記事 動画を見る 映像 Is Fukushima Dangerous Distorted images of Japan 福島は危険か おとしめられる日本の印象 14年10 月28日公開 モーリー ロバートソン 作家 DJ 池田信夫 アゴラ研究所所長 福島の現状について 海外でどのように受け止められているかをまとめた 大半が英語 動画を見る 第3回アゴラ シンポジウムその1 東海地震のリスクをどう考えるか 9月27日開催 出演 畑村洋太郎 東京大学名誉教授 池田浩敬 常葉大学教授 社会環境学部長 後藤大輔 鈴与 危機管理室長 西澤真理子 リテラジャパン代表 リスクコミュニケーションコンサルタント 司会 池田信夫 アゴラ研究所所長 動画を見る 第3回アゴラ シンポジウムその2 エネルギーの選択と環境問題におけるリスクを考える 9月27日開催 出演 小川和久 静岡県立大学特任教授 特定非営利活動法人 国際変動研究所理事長 軍事アナリスト 澤昭裕 21世紀政策研究所 研究主幹 国際環境経済研究所 所長 佐々木敏春 中部電力静岡支店副支店長 山本隆三 常葉大学教授 司会 池田信夫 アゴラ研究所所長 動画を見る 柏崎原発は稼働させるへ きか 世界最大の原発の今 映像 出演はおときた駿 みんなの党都議会議員 宇佐美典也 政策コンサルタント 海老澤由紀 政治活動家 宇佐美氏 おときた氏が 東京電力柏崎原発を訪問 その地震対策の工事の様子を語る 再稼動ができるか 先行きは見えない 動画を見る 映像 エネルギー危機を起こすな 言論アリーナ 2014年8月5日放送 出演は自民党衆議院議員の細田健一氏 アゴラ研究所所長池田信夫氏 司会は同フェローの石井孝明氏 原発の停止が続く中で 政権与党である自民党 ならびに政府は何を考え どのように動こうとしているのか 自民党電力安定供給推進議員連盟の事務局次長でもある細田議員に聞いた 動画を見る 映像 電力情報イノベーション 池田元英エナリス社長に聞く 2014年7月3日放送 エネルギーの 見える化 のため 情報をさまざまな形で提供するユニークな企業エナリス 昨年10月に東証マザーズ上場を果たした 今回は池田元英社長が出演 電力自由化をにらみ 企業の紹介に加え どのように日本のエネルギー事情を変えたいのか 抱負を聞いた 動画を見る 映像 放射線のリスクを科学的に考える 反公害運動50年の歴史から 2014年7月8日放送 出演者は中西準子氏 産業技術総合研究所フェロー 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 中西氏の年被ばく量を5mSvにする除染の新基準提案 そして過去の環境保護活動の経験を語った 動画を見る 映像 福島第一原発 現地取材報告 池田信夫 アゴラ研究所所長 石田雅彦 言論プラットホーム アゴラ 編集長 石井孝明 GEPR のコンテンツ編集者 が東電福島第一原発を訪問 その報告 現地は危機対応から平常作業へ移っていた 報告記事 上 下 動画を見る 原子力に未来はあるのか 言論アリーナ 映像 アゴラ研究所の運営する 映像コンテンツ言論アリーナ 5月13日の放送は 原子力に未来はあるのか 新技術から考える を放送した リンク 出演は元原子力委員会委員長で東京工業大学名誉教授の藤家洋一氏 東工大原子炉工学研究所の澤田哲生氏 モデレーターはアゴラ研究所の池田信夫所長だった 動画を見る 映像 日本はIPCCの温暖化警告にどう向き合うべきか 国連のIPCC 気候変動 が第5次報告をまとめました 気候変動問題の研究者である杉山大志さん 竹内純子さんを招き モデレーター 石川和男さんで議論をしました 内容は近く 記事化します 動画を見る 映像 原発は新しい安全基準で安全になるのか 言論アリーナ 2014年2月25日放送 出演者は岡本孝司東京大学教授 政策家の石川和男氏 池田信夫アゴラ研究所所長 原子力規制委員会の規制の問題を議論 動画を見る 映像 原子力規制委員会は何を審査しているのか 今回記事で取り上げた言論アリーナの更新 動画を見る エネルギー問題 国民感情をどうするか 2013年11月12日放送 アゴラシンポジウム関係 出演 澤田哲生 東工大助教 竹内純子 国際環境経済研究所理事 主席研究員 池田信夫 アゴラ研究所所長 原子力問題の混迷の裏にある国民の不信を分析した 動画を見る 第2回アゴラシンポジウム 持続可能なエネルギー戦略を考える 第2セッション 原発ゼロは可能か 2013年12月8日開催 鈴木達治郎 原子力委員会委員長代理 橘川武郎 一橋大学教授 田坂広志 シンクタンクソフィアバンク代表 竹内純子 国際環境経済研究所理事 主席研究員 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会 動画を見る 第2回アゴラシンポジウム 持続可能なエネルギー戦略を考える 第1セッション 放射能のリスクを考え直す 2013年12月8日開催 出演者は ウェイド アリソン オックスフォード大学名誉教授 基調講演者 ポール ブルースタイン ブルッキングス研究所客員研究員 夏野剛 慶応義塾大学特別招聘教授 澤田哲生 東京工業大学助教 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会 動画を見る 汚染水の解決を探る 動画 同協会の解説ビデオです GEPRの寄稿者であった日下部正志氏 記事 も発言 福島原発の現状が映像で分かると同時に 有識者の意見をまとめている 原子力関係団体のビデオだは 客観的な内容だった 動画を見る 小泉元首相 日本記者クラブでの原発をめぐる講演 映像 11月12日に行われた小泉元首相の原発をめぐる講演 即時原発ゼロ を求めるなど 過激な意見を展開した 動画を見る 映像 福島原発 発電所構内の状況 13年9月11日放送 作家で出版社ゲンロン社長の東浩紀さんと政策家の石川和男さんの対談 チェルノブイリ本をめぐり 福島の参考となる議論を展開した 動画を見る 霞が関政策総研 チェルノブイリ ダークツーリズム ガイド を語る 石川和男 東浩紀 13年9月11日放送 作家で出版社ゲンロン社長の東浩紀さんと政策家の石川和男さんの対談 チェルノブイリ本をめぐり 福島の参考となる議論を展開した 動画を見る 地球は本当に温暖化しているのか IPCC ポスト京都を考える 動画を見る 原発は トイレなきマンション か 核廃棄物を考える 言論アリーナ 鈴木達治郎 石川和男 池田信夫

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/video/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 運営会社 : Global Energy Policy Research
    4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/aboutus/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • お問い合わせ : Global Energy Policy Research
    エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contactus/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • GEPR編集部 : Global Energy Policy Research
    の各氏 有馬氏は 経産省で 地球温暖化問題の首席交渉官 年末のCOP21に向け これまでの交渉を振り返り 今後何をすべきかを議論 環境だけではなく 国益をかけた経済交渉の側面があることで 参加者は一致した 続きを読む 今週のアップデート エネルギー理解のために 2015年10月5日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 核燃料の最終処分問題を考える 2015年9月28日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 復興進む福島 2015年9月24日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 総合エネルギー市場を創設 東商取浜田新社長に聞く GEPR編集部 エネルギー産業の分析 NEW 商品先物市場を運営する 東京商品取引所 TOCOM の社長に浜田隆道氏が就任した 経済産業省出身で同社専務から昇格した 総合エネルギー市場 としての発展を目指すという 抱負を聞いた 続きを読む 鬼怒川氾濫 太陽光発電の乱開発が影響した可能性 GEPR編集部 再生可能エネルギー技術 NEW 北関東や東北を中心に9月10日から11日に降った記録的な豪雨で 洪水や土砂崩れが発生した 栃木県 茨城県で鬼怒川が氾濫し 13日時点では 栃木県で1人が死亡 茨城県常総市では13日時点で15人が行方不明になり 住宅多数が流された 被害の全貌はまだ不明だ 行方不明者の安全 被災者の方の休息 そして早期の復旧を祈る 続きを読む 今週のアップデート 高速増殖炉 もんじゅ のゆくえ 2015年9月14日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む IAEA 福島事故最終報告書を発表 GEPR編集部 原子力に対する評価 NEW IAEA 国際原子力機関 は8月31日 東京電力福島第一原発事故を総括する事務局長最終報告書を公表した ポイントは3点あった 続きを読む 今週のアップデート 原子力規制と法治主義 2015年9月7日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 福島モミの木の異変を考える 2015年8月31日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 原子力再稼動 やり残したもの 2015年8月24日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 電力自由化 生活はどうなる 言論アリーナ報告 GEPR編集部 エネルギー産業の分析 NEW 池田 2022年までに 電力では発送電分離が行われる予定です 何が行われるのでしょうか 澤 いろいろな説明の仕方がありますが 本質は料金設定の見直しです 規制のかかっていた4割の家庭用向けを自由化して 総括原価と呼ばれる料金算定方法をなくします 続きを読む 映像 電力自由化 生活はどうなる GEPR編集部 エネルギー産業の分析 NEW 2015年8月4日放送 出演は 山内弘隆 一橋大学大学院商学研究科教授 澤昭裕 国際環境経済研究所所長 司会は池田信夫氏 アゴラ研究所所長 の各氏 現在進む電力自由化の問題について 現状のポイントと生活への影響を考えた 続きを読む 今週のアップデート 電力自由化をどうする 2015年8月17日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 福島の復興と事故責任の所在 2015年8月3日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 実は成長 世界の原子力産業 言論アリーナ報告 GEPR編集部 エネルギー産業の分析 NEW エネルギーのバーチャルシンクタンクGEPRは 月1回 言論アリーナ でエネルギー問題を取り上げている 7月15日の放送は 実は成長 世界の原子力産業 だった 続きを読む 映像 実は成長 世界の原子力産業 GEPR編集部 エネルギー産業の分析 NEW 続きを読む 今週のアップデート 繰り返される制度作りの失敗 2015年7月27日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 映像 実は成長 世界の原子力産業 GEPR編集部 原子力に対する評価 NEW 2015年7月15日放送 出演は村上朋子 日本エネルギー経済研究所研究主幹 池田信夫 アゴラ研究所所長 石井孝明 ジャーナリスト の各氏 福島原発事故後 悲観的な意見一色の日本の原子力産業 しかし世界を見渡せば 途上国を中心に原発の建設が続く 原子力産業の未来を 最新情報と共に考えた 続きを読む 今週のアップデート 日本以外で伸びる原子力産業 2015年7月21日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 原子力産業は世界では成長 2015年7月13日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 太陽光発電による環境破壊を考える 2015年7月6日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート フランスの原発事故対策 2015年6月29日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 中国原子力産業の拡大 2015年6月22日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 石油と石炭の行く末 2015年6月15日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 京都議定書はなぜ失敗したのか 言論アリーナ報告 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 NEW アゴラ研究所の運営するネット放送 言論アリーナ 6月2日に 京都議定書はなぜ失敗したのか 非現実的なエネルギーミックス を放送した 出演は澤昭裕氏 国際環境経済研究所所長 21世紀政策研究所研究主幹 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会はGEPR編集者であるジャーナリストの石井孝明が務めた 続きを読む 映像 京都議定書はなぜ失敗したのか GEPR編集部 エネルギー政策への提言 NEW 2015年6月2日放送 出演は澤昭裕氏 国際環境経済研究所所長 21世紀政策研究所研究主幹 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会はGEPR編集者であるジャーナリストの石井孝明が務めた 5月にエネルギーミックス案 そして温室効果ガス削減目標案が政府から示された その妥当性を分析した 続きを読む 今週のアップデート エネルギー 日本外の視点で考える 2015年6月8日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 電源 温室効果ガス削減 深掘りの意見を 2015年6月1日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 適切なエネルギーミックスとは 2015年5月25日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 京都議定書の失敗を活かす 2015年5月18日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 安い電力が今必要だ 2015年5月11日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 温暖化交渉 日本はどうする 言論アリーナ GEPR編集部 地球温暖化 NEW アゴラ研究所の運営するインターネット放送 言論アリーナ 4月21日の放送では 温暖化交渉 日本はどうする をテーマに 放送を行った 出演は杉山大志 電力中央研究所上席研究員 IPCC第5次報告書統括執筆責任者 竹内純子 国際環境経済研究所理事 主席研究員 司会は池田信夫 アゴラ研究所所長 の各氏だった 続きを読む 映像 温暖化交渉 日本はどうする GEPR編集部 地球温暖化 NEW 4月21日放送映像 続きを読む 今週のアップデート 温暖化交渉 日本はどうする 2015年4月27日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 中国の原子力産業の躍進 2015年4月20日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 映像 裁量行政の 法律なき法の力 GEPR編集部 エネルギー政策への提言 NEW 池田信夫アゴラ研究所所長の映像コラム 日本原電の敦賀2号機に活断層があると認定した原子力規制委員会の行動を批判 続きを読む 今週のアップデート 放射能への過度な恐怖は社会を壊す 2015年4月13日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 再稼動目指す川内原発 2015年4月6日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む アゴラVlog 原子力に関するこれからの取り組み GEPR編集部 原子力に対する評価 NEW 3月26日公開 アゴラ GEPRは映像コンテンツを配信し その中で Vlog という短い映像を提供している 21世紀政策研究所の研究主幹 澤昭裕さんの主張 原子力規制の運用について 規制哲学 に焦点をあてて研究を行い 規制委の制度見直しの提案を試みるという また現場に即した福島事故の教訓を学びとり 日本と世界の原子力技術者に役立つように 教材にしようと考えているそうだ 続きを読む アゴラVlog 誤解だらけの電力問題 GEPR編集部 原子力に対する評価 NEW 3月26日公開 国際環境経済研究所理事 主席研究員の竹内純子さんの解説 竹内さんの著書 誤解だらけの電力問題 ウェッジ がエネルギーフォーラムの普及啓発賞を受賞した その本人による解説 電力会社社員の経験を活かし 電の姿を分かりやすく説明した良書だ 続きを読む 今週のアップデート

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=GEPR%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8 (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •