archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 英国紙フィナンシャルタイムズ : Global Energy Policy Research
    2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E8%8B%B1%E5%9B%BD%E7%B4%99%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 日経新聞社説(9月15日) : Global Energy Policy Research
    1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E6%97%A5%E7%B5%8C%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%A4%BE%E8%AA%AC%EF%BC%889%E6%9C%8815%E6%97%A5%EF%BC%89 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 放射線の健康影響 ― 重要な論文のリサーチ : Global Energy Policy Research
    LNT仮説の起源であるマラーの研究は 修復機能のない細胞においてのみ成立する非常に特殊なケースであることが現在では明らかになっている 生物学的にLNTを否定する結果を報告している論文は種々ある 6 LNTに生物学的根拠がないのであれば単なる 仮説 である 少なくとも疫学データを拠り所とするならば 100mSv以下の低線量域では有意なリスクの増加が認められないケースがほとんど大多数である 低線量の放射線を浴びても 有意なリスクの増加が認められない ということは 放射線の影響の大きさは それを解析する際に 誤差項 と仮定する他の発がん要因 喫煙 食事 生活習慣等 に埋もれてしまう程度の大きさでしかないということだ アカデミックの世界では普通 統計的に有意 な結果しか論文にならないので 結果的に 影響あり という主張だけが目立ってしまう 放射線影響の疫学研究は 他の要因をコントロールすることができないので LSS 被爆者追跡調査 のようなサンプル数の多いデータでも 低線量域ではリスクの増加は有意でない ということしか言えない これはある意味で疫学の限界である 低線量域 おおむね100mSv以下 におけるLNT仮説の妥当性に関する論争は 最近では2007 2008年に 放射線科学で最も権威のある学術誌Radiation Research上で繰り広げられた 米国科学アカデミーで2007年に発表したBEIRⅦ報告書 7 が基本的に低線量域でもLNT仮説を支持したのに対して Tubiana他 8 が 生物学的に根拠が無い と反論 Brenner他 9 が 安易に結論は出せない とBEIRⅦを擁護 それに対して参考文献の 10 13 と次々にLNT批判のコメントが掲載された ちなみに 医学関連の有名な文献検索サイト PubMed で low dose lnt で検索すると 最近の論文は LNTはリスクを過大評価している という論に立つものは多いが LNTを擁護する論文は見かけない Tubiana他 14 は これまでの疫学及び生物学アプローチをレビューし LNT仮説が非現実的であることを指摘している ICRPも LNTが普遍の真理であるなどとは言っておらず 放射線防護 というアクションにのみ用いられるべきであるとしている 参考文献の 14 や他の多くの文献で述べられているように 同じ線量を浴びる場合でも より低い線量率でゆっくり浴びた方が発がんリスクは小さくなる これは放射線の専門家の間では常識となっており ICRP勧告でも線量率効果係数 DDREF として 2 という数値を採用している ゆっくり浴びるとリスクが1 2になるという意味 しかし 現在の疫学研究結果はほとんどが短期の被ばくなので この線量率効果の定量的評価については現在も種々の研究や議論がなされている 尚 本記事で参照した文献はすべて福島事故以前に書かれたものである 主要参考文献一覧 1 柴田義貞 放射線の人体影響 原爆被爆とチェルノブイリ事故 学校保健研究 Vol 42 2000年 2 Preston DL Shimizu Y Pierce DA Suyama A Mabuchi K Studies of mortality of atomic bomb survivors Report 13 solid cancer and noncancer disease mortality 1950 1997 Radiation Research 160 381 407 2003 邦題 原爆被爆者の死亡率調査 第13報 固形がんおよびがん以外の疾患による死亡率 1950 1997年 邦訳あり 3 柴田義貞 チェルノブイリ原子力発電所事故から20年 人体影響はどこまで解明されたか 長崎医学会雑誌 81巻 2006年 4 放射線影響協会 原子力発電施設等放射線業務従事者等に係る疫学的調査 第Ⅳ期調査 平成17年度 平成21年度 5 Cardis E Vrijheid M Blettner M et al The 15 Country Collaborative Study of Cancer Risk among Radiation Workers in the Nuclear Industry estimates of radiation related cancer risks Radiation Research 167 4 2000 6 Koana T Okada O Ogura K Tsujimura H Sakai K Reduction of Background Mutation by Low Dose X Irradiation of Drosophila Spermatocytes at a Low Dose Rate Radiation Research 167 217 221 2007 7 National Research Council Committee to Assess Health Risks from Exposure to Low Levels of Ionizing Radiation Health risks from low levels of ionizing radiation BEIR VII Phase 2 Washington DC The National Academies Press 2006 8 M Tubiana A Arengo D Averbeck and R Masse Low Dose Risk Assessment Radiation Research 167 742 744 2007 9 David J Brenner a Tom K Heia and Ohtsura Niwa Low Dose Risk Assessment

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120101-06/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • RITE(地球環境産業技術研究機構) : Global Energy Policy Research
    澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=RITE%EF%BC%88%E5%9C%B0%E7%90%83%E7%92%B0%E5%A2%83%E7%94%A3%E6%A5%AD%E6%8A%80%E8%A1%93%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%A9%9F%E6%A7%8B%EF%BC%89 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 福島の事故と国会事故調査委員会の報告書から : Global Energy Policy Research
    7 月には 500 Bq kg と定められた この水準では 1人が汚染食品を4カ月で1トン消費しても 1 回の CT スキャンより危険性の少ない放射線量しか摂取されない この食品制限は 地方経済と子供を持つ母親の安心に壊滅的な影響を与えた 同じ現象は チェルノブイリ事故の後でスカンジナビアで見受けられた しかし同様の制限は 半年後には6000 Bq kg に緩和された しかし 日本では 心配性の親達によって制限は 100 Bq kg 2012 年 4 月 に強化され それによって 市民の懸念はさらに増大し 安心は一層損なわれた 恐怖を緩和することが有効でない場合 その結果はよく知られるところとなる 社会構造における信頼が崩壊するだけでなく 一般人がストレスで健康障害を起こし その結果 自殺 アルコール中毒 絶望感 鬱や夜尿症にいたる チェルノブイリにおける一般人の健康影響に関する IAEAの2006 年の報告書 報告書 チェルノブイリの遺産 の要旨 では 似たような結果が起きていることが報告されているが 日本では概して無視されてしまった 日本で一般人の恐怖に応じて原子力発電所を閉鎖する影響は ドイツにおいても大局的にはそうであるが 代替の化石燃料を使うことで 世界経済と世界の気候の双方に深刻な影響を与えており 理性と理解をまったく欠いている 社会における信用と信頼 福島の事故は INES 国際原子力事象評価尺度 においてレベル 7 と指定されたが それにより実体のない そして利益にはならない不安を深めた 危険についてはっきり語ることは 市民感情を統制し 時に政治家にとって魅力的であるかもしれないが 社会的ストレスと経済的信用の抑圧を招いている 人間社会が効果的に機能するためには 相互の信頼が必要である 科学のみでは十分ではなく われわれを取り巻く世界を実際的に評価するためには 特にあまりなじみのない科学に関しては 信頼につながる双方向の対話が必要である 2012 年 7 月 9 日の 英国下院科学技術委員会報告書 では この点が強調されていた つまり 地球上の他の問題と同じように 放射線に関して説明する教育と議論を行うことが 信頼の形成には必要である 冷戦時代には 核科学は恐怖をもたらすものと見なされ 人々はこれを考えないようにしていた しかし 放射線の有益な評価を理解することは さほど困難なことではない 自分たちの縄張りを守ろうと躍起になっている一部の科学者は 核科学は 複雑 で 洗練されている と強調することを好み また専門知識という覆いで守って職業歴を歩んでいる点は見られるが 17 18 そして 19 世紀初頭の権威を持った知識は広い視野に基づくものだった しかし今日の社会では不幸にも 核科学のような多分野にまたがる学際的主題に関する全般的な見通しを不必要に減らすような狭い専門知識が推奨されている 必要な信頼を得るためには 上位下達式で権威と規制の順守を強いるのではなく 責任委譲を確立すればよい いくつかの事例を見ると 関係するリスクの技術面に関係者全員が完全に理解していなかった場合でも 分散化した関係の中で築かれた信頼が 全体の利益のために迅速かつ効果的に働くことが示されている 3 月 11 日の地震をきっかけにした日本人の個人の効果的な行動は すでに注目され そして賞賛されてきた 責任感が個人に芽生えたことが 素早い行動を生んだ 生命体の分子を損傷する放射線やその他化学物質の攻撃はしばしば起こる その攻撃を受けた生細胞を保護するための反応で 自然は同様の答えを示している 細胞は 修復のための数多くの そして有効な機能を進化させてきた 一度攻撃を受けると 化学的メッセージが細胞間で伝達され 刺激を受け 細胞相互での修復除去作業が可能となり 機構は刺激を受け さらなる攻撃に備えて対応の準備が行われる ホルミシス効果と呼ばれる しかし 一連の対応は脳には知らされない 擬人的に細胞は 本部 の詳細な管理なしに 自分たちだけでうまく機能すると 想像することは可能である 実際 チェルノブイリや福島における経験が示すように 救助のためには何をすべきかということについて 中枢部はわかっていない 中枢部はパニックを起こしてしまうだけのこともある 細胞は次のようなことを言うかもしれない どうして煩わされなければならないのか われわれ放射線保護対策は 意識的な人間の行動からなされるどのような行動よりも これほど優れているのに 図 3 内部および外部からの放射線源を用いたスキャンの利用可能状況と便益を宣伝するポスター 1 回のスキャンで被爆する 実に害のない 放射線量 10 mSv は 2012 年 4 月に導入された日本の法令で 汚染されている 100 Bq kg セシウム 137 とみなされる食品を 5 トン摂取することで被爆する放射線量を超える 図 4 電離放射線 太陽光中の紫外線 から身を守ることは個人の責任であることを 簡単でわかりやすく助言する持ち運び用ビニール袋 助言は 公的な安全規制ではなく 人生の楽しみや常識に関するものである 医療で放射線を用いる場合には 患者と医師の1対1で対話が行われる 生命への便益とリスクに学習する意義深い状況である 1 回のスキャンで被爆する放射線量は 外部からの放射線 CT あるいは CAT スキャン あるいは内部からの放射線 SPECT あるいは PET スキャン のいずれの場合でも 約10 mSvである これは スキャンを週に 2 回を超えて繰り返さなければ 害がないということ意味している ともあれ それほど繰り返す必要がある人はいない 図 3 は このようなスキャンを簡単な言葉で説明した 日本のポスターである 内部および外部からの放射線は両方とも 福島からの放射線と同様であると理解することは さほど難しいことではない 1 年に2度スキャンを受けた場合 その被爆量は20 mSvである これは福島で避難区域近辺の非常に多くの住民を怯えさせた水準だ 仮に全員が帰宅したとしても 誰一人として危険となる被爆はしないであろう 害のない医療用放射線との関係について 東京電力あるいは政府関係者からではなく 医師 教師あるいは地域社会で信頼を得ている人から説明されれば 現時点の放射線レベルは受け入れられるものであろう 図 4 は イギリスの中心街の薬局で使われている買い物用ビニール袋である 日光を楽しんでいる子供の写真は 日焼けを避けようという 賢明な助言を与えている 日光は 太陽という原子炉から不完全な濾過を経て放出された放射線であり 紫外線が含まれている この放射線は皮膚細胞を殺すことが可能であり 他の形の電離した放射線同様 後に皮膚がんを引き起こす原因となる 原発事故の異なる点は たいていの人は 紫外線に注意して対応することを学びながら 夏休みには日光浴を楽しんでいることだ 特に 紫外線を浴びる頻度を減らし 順応までの数日間を待つことで核の放射線同様 リスクが減少する 子供達はこのことを学習している またそのヒントは 国際的な取り決めでもなければ 国の上意下達の規制の産物でもない買い物袋に書いてある 放射能を含むお湯の温泉で休暇を楽しむ人もいる 気分がすっきりして帰宅しても 放射線にさらされたからといってどこも悪くならない こういった例から明らかになるのは 一般市民の放射線に対する姿勢の方が メディアや主張の強い活動家が 人々に信じるように求めるものよりもよほど受け入れやすい ということだ 高速道路は 事故の発生源として有名だが 教育のおかげで われわれは危険にどう対処するかを学んできた もちろん 車を運転する際には われわれが行くことのない接近する自動車の進路には わずか数メートルしか離れていない空間がある それゆえ もし向かった場合には致命的なことになるだろう これは 他人がわれわれと共に移動していない という意味ではない 責任が 運転手の意識的な制御へと移ったのである 不幸なことに 電離した放射線に関してあるような 生物学的進化から安全に寄与するものは何もない 道路交通について 最初から今のように甘いものではなかった 初期には 深刻な事故は比較的よくあることで それゆえ規制は非常に厳しいものだった それにもかかわらず 1896 年に 偶然にも放射能が発見されたその年に イギリスで 赤旗法 汽車の運行速度を時速3 6キロに制限した法律 は廃止され 道路交通の大きな経済的便益が容認された われわれは 今日の核技術に関しても 同じ理由で 同様の成熟した視点を持つべきである 核は経済が必要としており また道路輸送よりもはるかに安全であるのだ 起こり得る自然災害の規模には限界はない にもかかわらず 2011 年 3 月 11 日のような異常な地震や津波の結果について責任を負うことが妥当であると日本の国会事故調の報告書などで考えられることは 奇妙に見える 大手精油所をはじめ 他の建物や工場は完全に破壊され それに対する一般の意見も特にないようであるが 原子炉は設計よりもはるかに大きな衝撃に攻撃に対しても ほぼ持ちこたえた 発電所の作業員は 世界中からの感謝と称賛に値するような極めて困難な環境の下で 実に並外れた勇気と仕事への献身を見せてくれた 2012 年 福島の 1 周年には偶然にも タイタニック号の沈没から100周年が近づいていた この災害によって1517 人が亡くなったが それは船を預かる人々と 当時の多くの英国民の思い上がりが招いた結果だった これと比較して 福島の場合には死者は出ておらず 事故後には日本人作業員にも管理者にもそれほど落ち度はないように見える 物事には常に改善の余地があり また日本国民は 自己批判的であることで有名であるが 国会事故調の報告書は 日本における責任追及に熱心すぎて 国際的な判断において盲目な点 失われた環である問題の源について正しく評価する準備があまりないようだ 新しい国際的な放射線の安全基準の必要性 冷戦時代の核の安全に関する市民からの圧力の下で 政府は 容認可能と見なせる放射線レベルの勧告を公表している ICRP の陰に隠れ 政治的に決断から逃げてしまった 日本だけでなくすべての政府が 大なり小なり この指針を忠実に実行する必要があると表明した ICRPの基準によって国際的な上意下達による安全構造が提供される ということを意味する これまで見てきたように この指針は恐怖を和らげるためのものであったが 立法者や市民によって 安全レベルと誤解された さらに ICRP はその勧告を厳しくして 1951 年には1 年あたり150mSvから 今日の一般向けの放射線基準である1年あたり1 mSvとする 安心のための誤った施策を講じた 現在の研究空見ると 付録でも説明しているように 許容値は 1 年あたり約 1000 mSv にまでリスクなく緩和可能であるだろう あらゆる国で 60 年以上にわたって この厳格な安全状態に対応する必要があった産業は社会の必要に合わせて成長を続けてきた その産業で働く人々には 家 家族 仕事 そして専門知識を守る理由があった 各国政府が助言を求めたのは この産業の人々であった これらの産業に関する条項や法令の制限的 核技術に関するコストのうち 必要のないものである 多くの人々は 福島の事故に対して そうした制限によって問題はさらに悪化し また利益のないままコストがかさむということを理解していない そしてより厳しい制限を求めるという反応を示した また放射能が放出された可能性があったことを心配する人もいる こ放射線による健康への影響は無視できるものであったが 不適切な法令による一般人のパニックはさらに深刻なものとなっている これらの法令を緩和し それに伴う一般向けの教育を行うことが 日本においてのみならず 世界中において 一般市民の安全を最も改善することとなるだろう 放射線でなく 厳しい安全法令こそが ストレスと 福島の経済的損害を引き起こしてきたのだ 国際的なレベルで安全指針を緩和しようとする圧力が 早急に必要である 付録 安全な放射線量 そして安全な線量率とは何か 放射線に対する生物学的反応で 図1に示したように害が低線量被曝でなく 安定化することを明らかにするには 生体がどのように機能するかを理解すること および実際の放射線を浴びた人に対しての正確な調査の双方が必要である この双方が一致した場合にのみ 私たちの理解は確かなものとなるのだ データだけでも 概念だけでも不十分なのである 学ぶべきことはこれからも常に存在するかもしれないが 現時点の理解とデータに知見から 安全を目的とした確たる指針を確立することは十分可能だ 細かな数字よりも信用が重要であり 安全については 小さな係数に頭を悩めることよりも 全体を俯瞰することにより関心を払うべきだ 生物学的実験 医療データ および放射線事故 私の著書 Radiation and Reason 放射能と理性 および Public Trust in Nuclear Energy 核エネルギーへの市民の信頼 を参照 から 修復時間としきい値について推計する必要がある 放射線量は 急性であるか 放射線量の積算効果を減少させるだけの修復時間がない場合 長期的であるか 安定化によって いかなる健康への影響も減少可能である のいずれかである これら2つの基本的な分類のうちの前者で 放射線による影響が健康に現れることが ずっと以前に立証された 死んだ細胞を置き換えるだけの資源が利用できないほどの非常に高い放射線量によって 急性放射線症候群 ARS にいたる細胞の死がある これは 重要な細胞の細胞周期の時間スケールで つまり 長くても数週間で 高い確率で死にいたる 修復されない あるいは免疫機構によって対応できないDNA への損傷は がん性増殖にいたる可能性がある このことは 免疫機構があまり働くなっている人生の後半期に通常見受けられる 放射線は がんの小さな付加的原因に過ぎず がんへの寄与は統計的にのみ判別可能である 例えば 1950 年から 2000 年の間に亡くなった 広島と長崎の原爆生存者のうち がんによる死亡者の 5 の増加に関与している がんによる死亡のその他 95 は放射線とは無関係であった 核 あるいは放射線のどのようなリスクにも市民が懸念を持っている そのために放射能によるがんのあらゆる可能性について調査が行われてきた これらの研究の中には 他の科学的状況においては却下される最低限の統計的意義しか持たないものがよくある これは 最高の放射線レベルで 統計を用いなくても結果が実に明らかであるような数少ない証拠に集中することが有意義である ということである 更なる議論については The Fukushima Tragedy 福島の悲劇 参照のこと データが必要となるのは

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120723-05/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 現実的な「原子力ゼロ」シナリオの検討 — 石炭・LNGシフトへの困難な道のり : Global Energy Policy Research
    石炭となる 石油は中東諸国に大きく依存し ホルムズ海峡やマラッカ海峡などのボトルネックがある イラン イスラエルが紛争を起こすなどの紛争で 大規模な供給途絶が懸念される LNGも一部はカタールなどペルシャ湾に依存しているが インドネシアやオーストラリアなどからも供給を受けており 今後ロシア カナダなどからの供給も見込めるために 石油よりは多様性がある ただしLNGについては現状 主要な購入先が日本など数カ国しかなく 世界市場自体がまだ十分に成熟していない難点がある 米露などの工業化した大産出国では ガスの自国消費が主流だ 石炭は オーストラリア インドネシアなど 供給国は現時点で今のところは限られるものの 世界に豊富に存在する 中国が石炭を積極的に使用 購入しているなどの不透明な要素はあるものの 供給途絶の心配はほとんどない 日本国内の事情として 産業廃棄物である石炭灰の処理を円滑に進められなくない心配はあるが これは国内問題として解決可能であると思われる まとめると 発電燃料としてLNGは不安が残るものの 石炭は安定供給面で期待できるエネルギー源となる ②価格高騰リスク 現在 熱量ベースで価格を比較すると 石油 天然ガス 石炭の順になっている 今後も 石油価格は強含みとなり 150ドル バレル程度以上に上昇する推移する可能性がある 発電コストは 石炭火力中心なら1キロワットアワー kWh 当たり7 8円になるところ LNG火力であれば 6 20円ぐらいである ずいぶん幅があるが まったく先が読めないためだ 石炭価格は それほど高価になることはまずあり得ない 現在100ドル トンが30年までには最高で150ドル トン程度になる程度で 同じ熱量の石油に比べると遙かに安いだろう LNG価格については 30年までには石油なみに高価になることも 石炭なみに安価になることも どちらもありうる 現状では石油に近い高値になっているが 米国ではシェールガスの採掘技術の進歩もあって天然ガス価格は低くなっており むしろ石炭と競合する水準になっている 増産が期待されるシェールガスでは 主産出国である米国は外国への販売に制限を加えている 日本はLNGを現在北米価格比で約4倍となる1MBTU 英国熱量単位 当たり18ドル前後で購入している 仮に 原発ゼロ を選択したら 売り手に対して 別の電源を使う という交渉の材料が減り 一段と高値で買わされることになるだろう このような価格の変動リスクを踏まえると 電力部門については 石炭とLNGの両者の設備を持ち 価格動向に応じてその使用する割合を変える という戦略を持っておくことが望ましい 石炭火力とLNG火力の発電設備をバランスよく kWベースで1 1ないしは1 2の割合で 持っておいて LNGの価格動向次第で どちらを主に ベース電源に して運用するのがよい こうすれば安価で安定した電力を供給しつつ コスト負担は増えるものの急上昇する可能性は少ないだろう 筆者が取材すると 当然 2つのエネルギーの利用を電力会社は考えていた しかし 石炭の利用の際には 既存政策の見直しが必要だ 石炭は 日本では抑制策が続き 民主党政権は地球温暖化対策のためとして 既存の炭素課税を強化する形で環境税が2010年に導入されている 自動車のエネルギー源では 2030年までという期間ではEV 電気自動車 やバイオ燃料の技術革新や利用拡大を考えても 主な燃料は石油以外に選択肢はないだろう 産業部門もそう簡単に燃料を変更できない場合が多いが 発電部門は焚く燃料を変えるという運用段階での柔軟性を活用することができる これがLNGの価格の不確実性を吸収するのに役立つ 4 経済成長への影響はどうか 再生可能エネルギーとの比較から それでは経済成長の影響はどうだろうか エネルギーコストの上昇は 当然経済成長に悪影響を与える ただし その影響の度合いは現時点で不透明だ ただし 再生可能エネルギーよりも 石炭 LNGの利用が有利であることは明らかだ コスト等検証委員会 の 報告書 は作為に満ちていて 発電コストは2030年ごろになればどの技術でも大差が無くなり 従って コスト以外の見地を重視して技術を選ぶべきだ という趣旨の意見を示す この委員会に登場する素人委員らならまだしも 専門知識のあるはずの経産官僚までがこのような妄言を記述していることは驚きだ コスト等検証委員会 には初歩的なトリックが3つある 第一に 再生可能エネルギーについては 夢想的な低コスト化が実現し しかも不安定な自然現象に左右される電源 間欠電源と呼ばれる であるのにかかわらずその点を無視している 第二に 化石燃料には CO2の価格 を上乗せしている だが 実際には炭素費用などが 現在の経済システムで制度の形で課金される状況にはない 京都議定書体制が崩壊して そうした経済的負担はなくなった 第三に 化石燃料価格が一本槍に高くなる場合しか考えていない 実際には 化石燃料価格は現状と変わらない可能性もおおいにある この3つの細工によって どの電源でもそれほど発電コストに大差がないかのように見せかけている 実際には 発電コストは 技術の選択によってまったく異なる コスト等検証委員会の数字をもとに 実際のところの数値を見てみよう まず恣意的に足された CO2の値段 を取り除くと 2010年の発電コストは 設備利用率は80 で揃えた場合 以下のようになっている 原子力 8 9円 kWh 石炭火力 7 5円 うち資本費 維持費は2 7円 LNG火力 9 8円 うち資本費 維持費は1 4円 石油火力 19 5円 うち資本費 維持費は2 2円 化石燃料発電の費用が著しく異なるのは 燃料価格を反映している 簡単のため発電効率をすべて40 で揃えて 最近の実勢価格水準で計算すると 燃料コストは それぞれ 次のようにも試算もある 注1 石炭火力 3円 kWh 100 TCE LNG火力 9円 11 MBTU 石油火力 15円 100 bbl 注1 エネルギー価格の将来シナリオをどのように参考にすればいいのか 電力中央研究所社会経済研究所ディスカッションペーパー 11031星野優子 2012 原子力は事故費用などが過度加算されており 5円前後と安いはずだ 石炭価格はこれから大幅に上がるということはまずないであろうから 石炭火力が安価で安定した電源であることが分る 石油価格は今後もこの程度の高い水準に留まるだろうという見方が強く すると石炭火力と比べると5倍も割高になっている 前述のようにLNGの価格がどう振れるかは予想できない 再生可能エネルギーについては コスト等検証委員会は 将来において下がるはず という旨のことを言っている これは信じることはできない むしろ コストの実態としては 7月に始まった全量買取制度がそれをよく反映しているだろう 買い取り価格は再生可能エネルギーの種別ごとに差異化されているが そのうち主なものは 以下のようになっている 太陽光 42円 kWh 10kW以上 買い取り期間は20年間 風力 34円 20kW以上 同20年間 小水力 23円 1000kW以上3万kW以下 同10年間 地熱 27円 1万5千kW以上 同15年間 このうち 小水力と地熱はポテンシャルが限られるために 2030年の電源構成に シナリオ が量的に期待しているのは太陽光と風力となる これはいずれもコストが極めて高いことが分る さらに安定的に供給するための系統対策費用について コスト等検証委員会 では数字を出さず 国民的議論のための選択肢 では何らの根拠も示さず3兆円程度としているが 桁が違うのではないか 数十兆円がかかるであろう 大規模に太陽風力を導入するとなると 間欠電源であるという欠点があるために 安定供給のためバッテリーの大量導入をする必要が生じて 発電コストはさらに高くなるとみてよいだろう 簡単に概観するために日本の電力需要を1兆kWhとして 上記の発電原価を用いて 選択肢 の発電原価を計算すると 太陽風力の費用がかさむため15兆円 系統対策費となる 注2 これに対して 石炭火力発電を中心にすれば8兆円程度であり どんなに石炭価格が高騰しても9兆円程度に収まる このように 電源技術の選択は 明らかに発電コストに影響する ただし これらの試算もかなり仮定をおいたものだ また 原発ゼロ はその他の経費もかかる 寿命が来る前に 原価償却前に原発を廃炉にすれば そのコストは電力会社 そして国民が負担することになる これは経済成長にマイナスとなるだろう 注2 概算として 簡単のため太陽風力の発電コストを37円 kWh 化石燃料発電を8円 kWhとして 1 2で加重平均をとると 15円 kWhになる

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120723-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 福島第一原発事故の健康への世界的影響(要旨) : Global Energy Policy Research
    更に放射線と無関係の例えば強制避難などの理由による約600人の死亡者が報告されている 最後に 核事故への場所と季節による影響を分析するために 米国カリフォルニア州のディアボロ キャニオン原子力発電所が福島に等しい汚染物質の排出をするという仮想事故が研究された この仮想事故では 現地の人口密度が4分の1であるにも関わらず 異なる気象状況により 福島よりも約25 以上増加する死亡者数となる可能性がある 図 セシウム137の総排出量 kBq 1カ月間のシミュレーション 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120723-06/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • ジョン・E・テン・ホーブ、マーク・Z・ジェイコブソン : Global Energy Policy Research
    そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%EF%BC%A5%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%96%E3%80%81%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%EF%BC%BA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%96%E3%82%BD%E3%83%B3 (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •