archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 遺伝子組み換え作物、危険という誤解を解く : Global Energy Policy Research
    メディアからは提供されない正確な情報と適切な世論形成の努力を アゴラ GEPRは重ねてきた GMOをめぐる誤解は たださなければならない社会的異議があるものだ 遺伝子組み換え食物の前向きの変化 普段私たちが食している作物は 野生のままの原生種ではない いずれも交配を繰り返して 人為的に植物の性質を変えて品種改良されたものだ 遺伝子組み換え技術はそれを高度にしたものだ 交配に加えて微生物などを使って有用な特徴を持つ遺伝子を細胞の中に取り込ませる 害虫に抵抗性を持つ 特定除草剤を散布しても枯れないで雑草だけを効果的に枯らせるなどの特性を与えるなどの特性だ その結果 収穫量の増加 農薬使用量の削減 農作業の手間やコストの削減など 農業の生産性向上効果が高い 米国では1996年からGMOによる生産が始まった 英農業調査会社PGエコノミクスによれば 遺伝子組み換え作物を使うことで 2012年に世界で188億ドル 2兆2500億円 の農業所得の向上があった その半分が開発途上国でのものだ またこの種の作物で収穫量の増加は1996 2012年に大豆で1億2200万トン トウモロコシが2億3100万トンだった 日本の国内消費が大豆で年約300万トン トウモロコシで年1500万トンであることを考えると収増量の増加効果は大変大きい 世界の人口は急増を続け2015年には73億人を越えた 2010年以降は 毎年約1億人ずつ増えている 世界の食糧不足が懸念される収穫量を増やす手段の一つが遺伝子組み換え作物だ また 有用な成分を体内に取り込むために 食べることでアルツハイマー病 老人ボケ の抑制や 花粉症を抑えるコメ 作物の生産の研究がされている 日本では家畜の飼料 食糧油としてGMOを輸入 世界有数の輸入国になっている そして日本でもGMOの生産は禁止されていない GMOへの過剰な不安 ところが日本ではGMOをめぐる生産は行われず また危険というイメージが広がっている GMOの栽培は 日本では法律では禁止されていないが農水省などは積極的な導入策を行っていない メディアは GMOについて 否定的な意見を示すことが多い 食品の販売の現場では NON GMO 非遺伝子組み換え作物 が 売り文句になる 政治も官庁も 世論が少しでも否定的な感情を持つ政治的に難しい問題に 積極的に取り組まない GMOについては 人体の影響はこれまで報告はない 私たちは毎日の食生活で 肉や野菜などの遺伝子を含む食物を食べている 体内にも取り込んでも遺伝子をつくるタンパク質は分解されアミノ酸になり体に影響はない 遺伝子を変えたものを 体に取り込むのは不気味さを感じるのだろう しかし それは不必要な恐れだ マスコミの報道 また評論では リスク情報はたいていゆがみがある 東京電力の福島第一原発事故の後の放射能と健康をめぐる問題では リスクを過大に評価する傾向が メディアでも社会でも見られた 同じような問題が GMOをめぐっても起きている もちろん 誤解や不安を抱く人を糾弾したり 過度な批判をしたりする意図はない しかし不必要な感情が社会の進歩を妨げることがあり GMO問題もその一つだろう 正確な情報を学び 正しい選択をする必要があるだろう 海外から穀物を調達する日本は その生産量を確保することを真剣に考えなければならない 日本では農業の姿が大きく変わろうとしている 競争 規制緩和 そして輸出による海外市場の拡張を目指して 農家も政府も動く そうした諸問題を解決する有効な手段にGMOはなるだろう アゴラ GEPRは農業問題 さらにGMOの理解の取り組みを行う ぜひ シンポジウムの聴講をし 共に問題を考えていただきたい 編集 石井孝明 2016年2月8日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法 について徹底検証 2012年6月5日放送 報告記事

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20160208-02/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 【映像】電力自由化まであと2ヶ月-電気代は安くなるのか : Global Energy Policy Research
    中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20160208-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート - 遺伝子組み換え作物、シンポジウムを開催(2016年2月8日) : Global Energy Policy Research
    4 河野氏 脱原発論は封印 日印原子力協定に理解示す 朝日新聞2月6日記事 反原発を強く唱えていた河野太郎氏ですが 原発輸出につながるインドとの協定に理解を示しました 現在 行政改革担当相として入閣しています 5 再処理等拠出金法案 が閣議決定 経産省2月5日公表 核燃料サイクルを担う日本原燃の経営形態について これまでの民間主導から 拠出を義務づける基金に変わることが閣議決定された 今後 法案審議に移ります これによって 事業の永続性が確保されました 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20160208-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 農水省 : Global Energy Policy Research
    司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法 について徹底検証 2012年6月5日放送

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E8%BE%B2%E6%B0%B4%E7%9C%81 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 田中宇のニュース解説 : Global Energy Policy Research
    司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法 について徹底検証 2012年6月5日放送

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%AE%87%E3%81%AE%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E8%A7%A3%E8%AA%AC (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 産経新聞 : Global Energy Policy Research
    当時 の証言 続きを読む 敦賀原発の破砕帯 科学者の原点を忘れるな 産経新聞 原子力に対する評価 NEW 12月13日社説 日本原電敦賀原発2号機の破砕帯をめぐる問題で 他の有識者から活断層とした規制委の判断に疑問が示されたことを取り上げている 慎重な議論が必要なのに 結論を急ぐ規制委の態度に疑問を示した 妥当な見解だ 続きを読む 原発再稼働促進で電気料金を震災前の水準に 原子力国民会議 政府に要望へ 産経新聞 原子力に対する評価 NEW 12月4日記事 アゴラチャンネル 原子力を国民の手に で紹介した 原子力国民会議 が東京で集会を開催した その説明 また同会議が電力料金の値下げを訴えることを伝えている 続きを読む 原発事故時の国際補償条約で閣議決定 メーカー免責 輸出後押し 産経新聞 原子力に対する評価 NEW 10月24日記事 事故発生国には一定額 約470億円 以上の賠償を義務付け これを超えた場合は各国の拠出金で賠償の一部を補完する国際的な賠償枠組みへの参加を日本政府は閣議決定した メーカー免責で日本の原発輸出を支援すると見込まれる 続きを読む 原発反対派の批判エスカレート 川内原発 と 御嶽山 を結び付ける議論の アンフェア 産経新聞 原子力に対する評価 NEW 10月16日コラム 戦後最悪の60人以上の犠牲者を出した長野県の御嶽山の噴火と 火山県 の鹿児島県にあり再稼働が近い九州電力川内原発を絡める議論が 原子力反対派を中心に出ている 小泉純一郎元首相など 同原発と桜島は50キロ以上離れており アンフェアなのではないかという指摘 続きを読む ビル ゲイツを興奮させた日本の次世代原子炉 原発事故で停滞 中国など猛追で 命取り 産経新聞 原子力に対する評価 NEW 9月18日記事 同社による原子力を肯定的にとらえた連載 原子力再興 の一部 日本が優位性を持っていた次世代原子炉の研究が停滞していることを伝えている 科学技術の進歩から 残念なこと 事故処理と研究は分けるべき 続きを読む 注目高まる安全な原発 日本がトップ独走 次世代型 高温ガス炉 国が開発推進 産経新聞 原子力に対する評価 NEW 8月25日記事 日本原子力研究開発機構が行う 高温ガス炉 の紹介記事 試験炉は20年前に建設されたものですが 冷却にガスを使い 安全に運転を止められる原発として再評価されている 続きを読む 吉田所長 全面撤退 明確に否定 福島第1原発事故 産経新聞 原子力に対する評価 NEW 8月18日記事 同紙が 福島第一原発事故の事故当時の所長であった吉田昌郎氏の政府事故調に対する供述書を入手 朝日新聞が報じた現場から撤退という報道と対立している 続きを読む 廃炉円滑化へ方策検討 経産省有識者委 年度内にも取りまとめ 産経新聞 原子力に対する評価 NEW 7月24日記事 福島原発事故以降 エネルギーと原発の重要論点である廃炉 電力自由化 原発の使用済み核燃料の処分について 議論がほとんど行われていませんでした ようやく 議論が始まりましたが まだ方向は見えません 続きを読む 川内原発は合格証のひな型 原発の安全審査加速へ 産経新聞 原子力に対する評価 NEW 7月13日記事 九州電力川内原発の1 2号機で 原子力規制委員会による新安全基準の適合性審査が了承される方向になった 16日に判定がくだり 再稼動に向け 一歩進むことになる ただし 地元住民などとの折衝の問題が残る 続きを読む 規制委VS原電の活断層バトル 問われる 科学的 議論の中身 産経新聞 論文 原子力に対する評価 6月28日記事 敦賀原発の破砕帯評価問題について 概観できる記事 この問題の情報が 世の中に広がっていない 続きを読む 敦賀原発評価会合で 活断層 の議論白熱 次回以降に修正案 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 6月21日記事 日本原電の敦賀原子力発電所2号機をめぐり 原子力規制委員会は6月21日に追加調査会合を開催した 昨年5月に 活断層 と認定して以来 原電側は新証拠を示し 再調査を依頼しているが 規制委員会側は残念ながら原電側の異論に誠実に対応しようとしていない 続きを読む もんじゅに原子力の未来 東京工業大助教 澤田哲生氏 産経新聞 報告書 エネルギー政策への提言 連載 政策を問う エネルギーの未来 6月7日記事 GEPRに寄稿をいただく 澤田哲生氏のインタビュー記事 もんじゅについて 世界で類例のない実用化高速炉であり 活用を訴える内容 この議論について諸説あるものの 尊重すべき論点 続きを読む 川内原発再稼働 8月以降に 6月末にも審査合格 産経新聞 4月20日記事 原子力規制委員会は九州電力の川内原発 鹿児島県 の優先審査を行っています ところが それが規制委員会の追加審査で混乱し 遅れているという その報告 続きを読む 中 西日本6社で予備率3 4 今夏の電力需給見通し 産経新聞 報告書 エネルギー産業の分析 4月17日記事 原発停止の影響で また電力供給が綱渡りとなりそうだ 電力会社はトラブルに備え 5 程度の予備率を確保してきた この予備率ではトラブルで 停電などが起こる可能性がある 続きを読む 菅元首相 原発再稼働 で異例の質問主意書 判断に 誤り も 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 2月21日記事 再掲載 今回の言論アリーナで言及の資料 菅直人元首相が国会議員に認められている質問主意書を使い 政府に再稼動の条件について聞いている 規制委員会は 再稼動の審査ではなく 新規制基準の適合性を審査しているにすぎないことを国が認めた 再稼動は法律上今すぐできることになる 続きを読む 原発審査に 国民の意見 田中規制委員長 規制庁 混乱懸念 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 2月13日記事 再稼動審査で田中俊一原子力委員会委員長が 国民の声を集める意向を表明した 同委員会の法律に基づかない行動は問題であることをGEPRは指摘してきた 原子力規制委員会は何を審査しているのか また法律に基づかない行動を繰り返し 再稼動を遅らせようとしている 続きを読む 中間貯蔵施設 難問解決して世界に範を 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 12月20日社説 福島原発事故による貯蔵施設について 福島県での建造 さらに政治の関与の呼びかけ しかし住民感情を考えると かなり難しい問題だ 続きを読む 菅元首相 みのもんた降板も自分の退陣も 原子力ムラの陰謀 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 10月27日記事 菅直人首相が自らのブログで 原発に批判的であった テレビ司会者のみのもんた氏が息子の不祥事でレギュラー番組を降板したことについて 原子力ムラの陰謀 とブログで取り上げた そして自分の退陣も それが一因と述べた ネット上で大変な批判を集めている 続きを読む IAEA提言 ゼロリスク幻想払拭せよ 産経新聞 報告書 放射能の健康への影響 10月24日社説 国際原子力機関 IAEA が福島を視察 年1mSvまでの除染目標に 必ずしもこだわる必要はない と指摘した 除染目標が厳しすぎ 福島の復興が遅れていることを社説は分析 GEPRもその主張を重ねてきた 続きを読む 原子力防災訓練始まる 初の実践型に3300人参加 九州 川内原発 産経新聞 報告書 10月11日記事 これまで 安全神話 に隠れ 原子力事故の対策でいいかげんな面が 日本の政府 自治体 そして電力会社にあった それが今に続く福島原発事故後の混乱を生んでいます 今回 大規模な過酷事故の対策を 国主導で行った こうした備えが 原子力への信頼を回復させる 続きを読む 原子力規制委1年 反原発 偏向を排せよと産経 推進側から独立と毎日は評価 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 9月25日記事 同紙の主要紙と自社論説を比較するという日本のメディアでの珍しい形の記事の一つ 原子力規制委員会設立から今年9月で1年が経過した 同委員会の動きの評価について 新聞の論説は割れている 産経 読売は 恣意的運用について批判的に見ている 続きを読む 汚染水対策で 特別枠 検討 安倍首相が表明 産経新聞 報告書 エネルギー政策への提言 9月22日記事 安倍首相は来年度予算編成で 汚染水対策の支出について 財源を確保することを表明した また 私が責任者 と明言した この支出が妥当か 検証をするプロセスがないことが懸念される 続きを読む 政府エネ計画 原発比率明示見送り 1年2カ月ぶり稼働ゼロ 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 9月15日記事 政府のエネルギー基本計画の見直し作業が進んでいる その中で これまでの総合エネルギー調査会の議論では 将来の発電比率の見通しを示すことは見送りとなりそうだ こうした中で原発は15日 稼動がゼロになった その状況の解説も加えた記事 原子力規制委員会の安全審査の混乱が 国の政策全体の先行きを不透明にしている 続きを読む 甘利再生相が新潟知事と会談 安全審査と再稼働判断は別 と説明も納得得られず 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 7月30日記事 東京電力柏崎刈羽原発の稼動を巡って 新潟県の泉田裕行知事が 再稼動の交渉入りを拒否している 甘利明経済再生担当相は30日 直接面談し 状況を説明した 再稼動に反対の人は多いものの 停止が続けば東電の経営が一段と悪化することは避けられない これは電力料金上昇と国民負担増に跳ね返る 続きを読む 司令塔不在の原子力政策 産経新聞 報告書 エネルギー政策への提言 6月30日記事 井伊重之論説委員 原子力政策の検討が自民党政権でも止まっている現状を分析 早急な対応を訴えている 続きを読む 新潟 石川沖8日から調査 日本海メタンハイドレート 産経新聞 報告書 エネルギー産業の分析 6月7日記事 海底に分布しているとされる凍るメタンの固まり メタンハイドレート はエネルギー源として注目されている 太平洋側で試掘されていたが 日本海側でも存在が確認された 予算の都合でその調査が遅れていたとされますが ようやく進捗があった どのようになるかは不透明で 結果判明は先になりそうながら 結果を期待したい 続きを読む 原子力機構で放射能漏れ 研究員最大55人被曝か 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 5月25日記事 日本原子力開発機構の実験施設で放射能漏れ事故が発生した 被ばくは健康に影響がない程度ですが 報告が遅れた 同機構は高速増殖炉もんじゅの点検漏れが起こり 鈴木篤之理事長が引責辞任したばかり 組織の弛緩が調査されるべきだ 続きを読む 反原発派の受け狙い 関西が勝手に騒いでいる 大飯仮処分 地元の冷ややかな視線 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 4月29日記事 近畿などの住民約260人が関西電力に大飯原発3 4号機 福井県おおい町 の運転差し止めを申し立てた仮処分で 大阪地裁は16日に 3 4号機は安全基準を満たしている と申し立てを却下した その行動を 地元が冷ややかに受け止めているという記事 続きを読む 再処理工場 規制庁は完工を妨げるな 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 4月8日 同紙社説 原子力規制委員会が 青森県六ケ所村の 使用済核燃料再処理工場 の稼動を遅らせる意向を示した 施設を運営する日本原燃は 今年中の稼動を予定していた 同委員会は 活断層などの安全検査のためとしている 地元 また日本原燃は反発 同紙は 委員会の行動を批判している 続きを読む 社会一変 想像以上だった シェール革命 米で原発廃炉相次ぐ 産経新聞 報告書 エネルギー産業の分析 4月1日記事 米国の状況変化が驚くべきものとのリポート 安いエネルギー転換による合理的な解決策によって エネルギーの未来が大きく変わる可能性がある 続きを読む エネルギー基本計画 近く議論再開し年内取りまとめへ 茂木経産相 産経新聞 論文 エネルギー政策への提言 3月1日記事 昨年の民主党政権でつくる予定だった エネルギー基本計画が作り直しになる またメンバーの入れ替えで 民主党政権で委員になった反原発を過激に唱えた人々が外れた 冷静な議論が期待できそうだ 続きを読む 安全基準を現実運用し国益守れ 産経新聞 報告書 原子力に対する評価 2月21日記事 京都大学 原子炉実験所 山名元教授寄稿 原子力規制委員会が7月に決めると目標を掲げる安全基準に関して それを行う事業者との対話 現実的な運用をしない事に疑問を示している 続きを読む 原子力規制委 全員の所信聴取が必要だ 産経新聞

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E7%94%A3%E7%B5%8C%E6%96%B0%E8%81%9E (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 朝日新聞 : Global Energy Policy Research
    審査で延長が認められている 初の20年延長審査が関電の高浜1 2号炉で始まった ただし 何をすれば大丈夫なのか 基準が規制委側から明確に示されず 先行きは不透明だ 続きを読む 国主導で原発ごみ処分地選定 有望地 提示 閣議決定 朝日新聞 原子力に対する評価 NEW 5月22日記事 政府は同日 原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物の処分地について 従来の公募方式から政府主導の処分地の選定に変更することを閣議決定した この問題が原子力の反対派の関心を集めており 候補地の選定が期待される 続きを読む NPT再検討会議 最終文書を採択できず決裂 朝日新聞 エネルギー産業の分析 NEW 5月23日記事 核不拡散条約の再検討会議が国連で行われていましたが 中東非核地帯構想 や核軍縮を勧告するための最終文書を決めることができなかった 核兵器の管理は 保有米国など5大国と 秘密裏に開発したイスラエルの思惑が重なり なかなか進展しない 続きを読む 原発再稼働にブログで焦り 突発的行動 も 官邸にドローン 逮捕の容疑者 朝日新聞 原子力に対する評価 NEW 4月26日記事 首相官邸屋上に 小型無人ヘリドローンが落下した事件で警視庁は福井県の男性を逮捕した 原発再稼動に反対するという目的のようだが こうした騒擾はエネルギー政策を混乱させるだけだ 続きを読む 関電と原電 3基の廃炉を正式決定 福井県に説明 朝日新聞 原子力に対する評価 NEW 3月17日記事 上記2社に加え 中国 九州も1つずつ廃炉を決めた 今後 廃炉が続くと見込まれる 続きを読む 米シェール企業を原油安が直撃 昨年来 初の経営破綻 朝日新聞 エネルギー産業の分析 NEW 1月11日記事 原油安を受けて その競争的な立場にあるシェールガスの開発企業が米国で経営破綻した この種の企業の採算ラインは現時点の石油価格1バレル 60ドル前後が多いとされる この動きが広がるか 注意が必要だ 続きを読む 玄海など老朽原発5基廃炉へ 電力4社 年度内に決定 朝日新聞 原子力に対する評価 NEW 1月11日記事 原発の寿命を40年にするというルールの適用を受けて 電力各社が70年代の原発の廃炉を検討している それを整理した記事ですが 第一世代原発の世代交代は必要なものの 代替電源の手当にも 政策上の配慮が必要だ 続きを読む 汚染水放出に言及 規制委員長 福島第一を視察 朝日新聞 放射能の健康への影響 NEW 12月13日記事 田中俊一原子力規制委員会委員長が福島原発を視察 安全性の確保された汚染水の放出を主張した タンクに無限に増え続ける状態であり 妥当な発言だ 続きを読む 私の視点 資源小国 安全保障の視点忘れるな 朝日新聞 原子力に対する評価 NEW 続きを読む 私の視点 エネルギー政策 3 11前への回帰は許さない 朝日新聞 原子力に対する評価 NEW 9月19日記事 前者は元外交官で東海大学教授も務めた金子熊夫氏 前原子力委員会委員長代理の鈴木達治郎氏の論考 推進と慎重の立場であろう こうした多様な視点から エネルギーが語られるべき 続きを読む 朝日新聞社 記事取り消し謝罪 吉田調書 命令違反し撤退 報道 朝日新聞 原子力に対する評価 NEW 9月12日記事 吉田調書の公開を受け 朝日新聞は同社が5月に報道した吉田調書報道で 命令違反し撤退 という趣旨の記事を書いたことを誤報と認め 謝罪した 慰安婦報道と合わせ 同社には批判が集まっている 続きを読む 吉田調書 福島原発事故 吉田昌郎所長が語ったもの 朝日新聞特設サイト 朝日新聞特設サイト 朝日新聞が原発事故後に 政府事故調で28時間におよぶインタビューを受けました それを同紙が入手して公開しています ただ記事には 吉田氏が正確に述べたか 疑問があることも示されています 内閣府は公開は 吉田氏の意思ではないと 吉田氏の 上申書 を発表しています 続きを読む 再生エネファンド創設へ 舛添都知事 官民で40億円に 朝日新聞 報告書 再生可能エネルギー技術 2月14日記事 脱原発依存を公約の一つにして2月9日の選挙で当選した舛添要一都知事は 14日の会見で 大規模な再エネ投資を支援する官民ファンドを立ち上げる構想を表明した 民間からも出資を募り 総額40億円のファンドにする予定 続きを読む 6原発審査 山を越えた 原子力規制委 田中俊一委員長 朝日新聞 報告書 1月18日記事 一部有料会員限定 田中氏は審査終了を明言しなかったものの ある程度進んでいることを認めた 続きを読む 脱原発団体にサイバー攻撃 一斉メール253万通 朝日新聞 報告書 エネルギー政策への提言 11月10日記事 この2カ月 脱原発33団体にメールが大量に送りつけられて 活動に支障が出ているという こうした冷静さを欠いた迷惑行為は批判されなければなりません 続きを読む 原子力大綱 廃止へ 有識者会議が了承 朝日新聞 報告書 原子力に対する評価 10月10日記事 これまで内閣府に置かれた原子力委員会は 国の原子力をめぐる計画と利用を担い 原子力政策大綱 を5年ごとに 発表してきた しかし それを他の計画と一元化しようという考えが出ている 同委員会については存続も含めて今 国による検討が行われている 続きを読む 三菱重工製配管破損で米原発廃炉 電力会社 賠償請求へ 朝日新聞 報告書 エネルギー産業の分析 6月9日記事 米電力会社サザン カリフォルニア エジソン SCE 社がサンオノフレ原発の廃炉を決めた 原因の一つが三菱重工製の配管の問題という指摘が出ている 損害賠償の検討もあるようだ 現地紙のロサンゼルスタイムズが この問題で評価が出る一方 1100人分の雇用が失われる危険も述べている Activists praise San Onofre closure but 1 100 layoffs expected 続きを読む 廃炉の損失を分割処理 経産省方針 決断へ環境整備 料金上乗せの恐れも 朝日新聞 報告書 原子力に対する評価 6月2日記事 構想段階の記事で経産省側が世論をうかがう 観測気球 の意味があるかもしれない 原子力規制委員会が 一部の原発の廃炉をうながす中で その対応策を経産省が考え始めたとも推測できる 続きを読む 原子力協定 進展を期待 あす訪日 インド首相会見 電力不足 日本の技術に魅力 朝日新聞 報告書 エネルギー産業の分析 5月26日記事 インドがエネルギー分野での日本との協力を検討しているというインタビュー記事 日本のエネルギー体制が混乱し ビジネスの先行きが見えない中で 期待を抱かせる動きだ また原子力協定は原子力の技術協力をうながすもの インドの核武装強化の懸念があり 慎重な対応が必要だ 続きを読む 安倍政治を問う 2013参院選 下 原発回帰 前のめり 朝日新聞 報告書 原子力に対する評価 5月19日記事 電子版では会員限定 原発再稼動をめぐり 参院選後をにらんで 電力関係者 行政OBが停止の状況を変えようと動いていることを 批判的に伝えている 続きを読む もんじゅ 無期限の停止命令へ 機器1万個の点検放置で 朝日新聞 報告書 原子力に対する評価 5月13日記事 ネットでは一部会員向け 日本原子力研究開発機構の運営する高速増殖炉 もんじゅ の運用がまた遅れそうだ これは核燃料サイクルの進捗遅れをもたらす 記事は確報ではないものの

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 経産省 : Global Energy Policy Research
    続きを読む 再生可能エネルギーの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直し等について 経産省 資源エネルギー庁 再生可能エネルギー技術 NEW 12月18日公表 再エネが増えすぎて混乱が生じたことの対応策 制度の抜本的見直しには踏み込まなかったものの 新規の再エネへの補助金の制限 接続の見直しなどの取り組みを打ち出した 続きを読む 再エネ分野の人材育成の指標 再生可能エネルギースキル標準 GPSS を策定 経産省 資源エネルギー庁 再生可能エネルギー技術 NEW 12月5日公表 再エネについて事業で必要な知識をまとめ それを共有知として活かそうという取り組み 産業の健全な発展に必須だ 続きを読む 新エネルギー小委員会配布資料 経産省 資源エネルギー庁 再生可能エネルギー技術 NEW 11月6日開催分 企業 経団連 消費者団体の委員が再エネ買い取り制度について意見を述べている 企業には重荷になる一方 多くの人が再エネに過度に期待を向けている実態が 資料から見える 続きを読む 電力多消費産業の要望事項 経産省 資源エネルギー庁 再生可能エネルギー技術 NEW 11月6日 上記委員会に提出の資料 鋳造業 電炉などは電力料金値上げと 再エネ賦課金の負担が年1600億円になり 産業として疲弊しているとの主張が述べられている 続きを読む 新エネルギー小委員会系統ワーキンググループ 経産省 再生可能エネルギー技術 NEW 同省に置かれた総合エネルギー調査会の新エネルギー小委員会は 系統ワーキンググループで 電力会社による再エネの接続の一時保留問題を検討している 揚水発電の利用 接続ルール上で決められる30日の設置設備の保留拒否などを使って 再エネの接続を拡大ししようという案が浮上 ただし制度の抜本的見直しが進むかは現時点で不透明だ 続きを読む 宮沢洋一経済産業大臣就任会見 経産省 エネルギー政策への提言 NEW 10月21日 政治資金問題により小渕優子前大臣が辞任 新しく宮沢洋一氏が就任した 原子力はベースロード電源 再稼働を進め 再エネの検証など 現在のエネルギー政策を踏襲する方向だ 続きを読む 総合エネルギー調査会原子力小委員会第一回資料 経産省 資源エネルギー庁 報告書 エネルギー政策への提言 6月19日公開資料 電力システム改革の後で 原子力をどのように扱うべきか 6月19日から経産省で有識者会合が始まった 自由化が進めば 原発の扱いは大きな問題になるが これまでほとんど議論が進んでいなかった 議論の行く末が注目される 解説記事産経Biz6月20日記事 廃炉 自由化後が焦点 原子力政策見直し論議 経産省有識者委 続きを読む 最新の科学的知見に基づく地層処分技術の再評価 案 経産省総合資源エネルギー調査会 3月20日公表資料 原子力発電で発生する放射性廃棄物をめぐり 国がその最終処分の調査について再検証をしています 最終章に 安定した岩盤 などの要件が書かれています これを元に専門家は 日本に適地が存在すると指摘しました 解説記事は日経3月21日記事 核のゴミ 処分の適地 広く存在 経産省報告書 続きを読む 原子力を巡る現状について なぜ 日本は核燃料サイクルを進めるのか 改訂中 経産省 資源エネルギー庁 報告書 原子力に対する評価 政府のこれまでの政策 議論がまとめられたページ しかし 同ページは政府の見直しに合わせて 改訂中だ 核燃料サイクル政策を進めた場合のコストが コスト試算 のページでまとめられている 続きを読む スマートハウス ビル標準 事業促進検討会 経産省 報告書 エネルギー産業の分析 スマートグリッド 特に建物の情報規格の統一のために 新しい基準づくりを行う官民の会合が始まった 概要資料 続きを読む 再生可能エネルギー固定価格買取制度 パブリックコメント 経産省 資源エネルギー庁 報告書 エネルギー政策への提言 7月開始の固定価格買取制度で集まった5743件のパブリックコメントの一部を紹介 を ホームページ なっとく再生可能エネルギー 経産省は165の質問について回答した 買い取り価格が高すぎ その結果 再生可能エネルギーの健全な成長をゆがめてしまうのではないか という指摘を多くの人がしている 残念なことに 委員会で決定 妥当である などとポイントを外した回答が多く 誠実な態度とは言えない 続きを読む ドイツのエネルギー転換 未来のための共同事業 ドイツ連邦政府 日本の経産省資料 報告書 原子力に対する評価 ドイツ政府は昨年5月脱原発を決定 そこで倫理委員会を設置し 多様な意見を集めて決定をした討議内容の報告書の妙訳 続きを読む 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E7%B5%8C%E7%94%A3%E7%9C%81 (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •