archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • エネルギーフォーラム : Global Energy Policy Research
    ところが その責任者が 非核化 ということを事前に意図して 一連の行動をしているなら 大変な問題である それを疑わせる行動が多いのも事実だ 続きを読む 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0 (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 「福島を元気に」知恵競う高校生会議【復興進む福島8】 : Global Energy Policy Research
    ②高齢化や医療 一部地域での人口集中といった問題 ③行政と住民 特に若者との距離感 などが挙げられた そしてほとんどのチームから発信されたのが 自分の目でみることの大切さ 意見交換する中で現地と報道のギャップ さらに国内外での報道の違いに気付いたという 浜通りのにぎわいを取り戻す策として 地元民しか知らない地域の良さを伝えるツアーや 人が集まる大型ショッピングモールをつくる案 さらには 観光客が線量計を持ってまわり 結果を公表して安全性の発信にもつなげるといった斬新なアイデアも それぞれが感じたことを地元でも情報発信していくと強調した 卒業生 のアイデアが実現 サミットの意義の一つが 成果を持ち帰りその後の活動につなげることだ 具体化したプロジェクトとして 復興のシンボルとなる道の駅を広野町につくる構想の報告があった 過去サミットに参加し いまは大学生となった 卒業生 が中心となり 同町や国土交通省と議論を重ね 20年に竣工する予定だ 道の駅の柱は 生活再生の支援 防災 エネルギーなどで 通常の観光施設にはない機能も設ける エネルギー館では電源立地地域や被災地の歴史を展示し 現行や次世代の技術を学べる場とする 避難生活体験所は 避難時の寝食体験で災害を自分事として捉えさせ 非常時の防災機能も持たせる ほかにも施設のシンボルとして桜を植樹し まわりには絵馬掛けを設置して再訪を促すといった説明もあった 具体的なプロジェクトに触れたことで サミット卒業生から今後も新たな活動が出てきそうだ 継続して考えるきっかけに 後半にはアドバイザーとして安倍昭恵首相夫人や森まさこ参院議員らが登壇し 高校生と意見交換した 活発に質問が飛び出し 高校生ならではの突っ込んだ内容もあった エネルギー関連では 原子力利用への見解や原発輸出のメリット エネミックスの原子力比率を担保するうえで必要なことなど 原子力に関する質問が多く挙がった 一方 相馬市の高校生からは 浜通りに住みたくないという声を聞くが 相馬市に4年いて体に何も起きていない 帰ってきた人もいる そうしたことをもっと報道してほしい という切実な声も 安倍首相夫人は 怖がらせるような報道もあるが 今日感じたことを周囲の人に伝えてほしい とアドバイス 森議員は 被ばくの知識を持ち冷静にデータを示すことが大切 と説いた サミットを終え 島根県の男子生徒 16 は エネルギーについて多方面の意見が聞けて勉強になった 千葉県の女子生徒 16 は 環境に興味を持っていたがエネルギー問題をより考えるようになった これからも考え続けたい と 充実した表情を見せていた 了 写真3 会議の中心になったNPOハッピーロードネットの西本理事長と復興庁政務官の小泉進次郎氏 ハッピーロードネット 西本由美子理事長 帰還できる町づくりを最優先に 15年ほど前から福島県の相双地方の高校生の就活支援や 高校生主導で町の活性化を進めてきた しかし震災でがらりと変わった 子供たちは各地にばらばらになり 中には亡くなった子もいた 彼らのために何かしなければと 震災直後は安否確認と物資配達で被災県を回った 今の取り組みは 震災前に子供たちが活動の柱として決めていたことだ ふくしま浜街道 桜プロジェクト は 帰郷を満開の桜で迎えたいと思い いわき市から新地町までの約300kmに10年間で2万本を植える計画 すでに6500本以上 オーナーも8000人以上と応援してもらっている 桜が復興の証となり 観光を通じ職が見つかるような そうした復興を目指している 5年後の五輪では植樹した道で子供たちと聖火リレーを走り 世界の人を迎えたい ハイスクールサミットも12年から再開した OB OGの大学生が企画し 震災後は常に復興とエネルギーがテーマ ことし国際大会としたのも彼らの意見だ 12年にはウクライナのスラブチッチ市を訪れた チェルノブイリ原発事故後2年弱でつくられた復興都市で帰還の成功例だが 双葉郡にはいまだにこうした望む街はできていない 12年末に広野町に戻ったが 病院も学校も店もなく治安の問題もある 住まないと分からない現状が 地域外からはまったく見えていない 夢を持てる町ができてから帰町宣言すべきで 国のトップにはそういう決断をしてもらいたい このままでは双葉郡8町村はなくなってしまう 広野町にいる多くの廃炉作業員には 家族と暮らせることで働く意欲を持ち 誇りを持てるようになって欲しい マスコミは東電を叩くが 作業員がいなければ私たちは故郷に住めない 東京都民は実態を知らずに批判するだけでなく 自分の立場に置き換えて考えてもらいたい 今後のエネルギーを語るには 教育は欠かせない 談 2015年10月5日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20151005-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • エネルギー通信社プラッツ : Global Energy Policy Research
    主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E9%80%9A%E4%BF%A1%E7%A4%BE%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%84 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 風評被害を一掃!福島産品応援の動き広がる【復興進む福島6】 : Global Energy Policy Research
    12 13年度に各200家庭 14年度に100家庭を対象とし 多くのデータを蓄積してきた 今年度も100家庭で行う予定だ 図表1 100世帯の陰膳 コープ福島資料 これまでにセシウムが検出された件数はわずかで 最大値は初年度の11ベクレル 検出の放射性物質はどの食品にも含まれるカリウム40が大半だ 検出数 検出値ともに年度を経るごとに減り 14年度は全食事で検出されなかった 宍戸義広常務は 市場流通している食品を使う限り 食事全体でも心配するような値にはならない と話す 傾向が掴めるにつれ組合員の安心感も広がってきたようで 行政も行っていない調査に参加できて良かった 福島で暮らすうえでこうした調査は大切 との声が挙がっている 不安を持たれる人も多く情報発信を継続していく 自主避難を続ける人もいる中で調査を継続する意義は大きい 宍戸常務 と説明する また 農協や漁協などほかの協同組合と連携する 福島応援隊 では 夏は桃 冬はリンゴなどの販売を協賛企業などにあっせん 基幹産業の復興を後押ししようと生産者からは通常の価格で買い取り 正常な流通の仕組みを取り戻すことを目的としている 今夏の桃の販売量は4400ケースに上るなど 販売先の裾野が広がってきた 震災前から福島産は西日本にあまり出回らなかったが 全国に発信できることが大きな成果 根本茂 営業企画担当部長 と実感する 注文票の裏面には生産者へのメッセージ欄を設け これまでに約4000人分の声が届けられた 応援隊をきっかけに 産地や生協と交流する企業も出てきている 企業発の取り組みも着々と 首都圏でも企業発の動きが出ている 現在17社が参加する ふくしま応援企業ネットワーク は 個別に行ってきた支援を大手企業が協力して取り組もうと 14年11月に発足 発起人の東京電力が事務局を務める 活動内容は県の意向も聞きながら固めてきた これらの企業は 社員食堂での福島産食材の取り扱いや 企業マルシェ 企業が行う農産品などの展示販売 の開催 会議や観光での福島県内施設の利用促進などを柱に掲げる 社食の活用では 15年度は福島産米が9社の食堂約280カ所で常時提供され 消費量は約500トンになる見込み 企業マルシェは14年度に8社でのべ127回開催し 売上が4900万円となった 社ごとの活動内容は各自の判断に任せている 例えば鹿島建設では 社内の売店で取り扱う手土産を福島のものに変え 福島産をアピールするシールも新たにつくった ほかに マルシェをビルのオープンスペースで開催し社員以外にも販売したり 福島産品の通販利用を子会社も含め呼び掛けたりと 多様な内容となっている 今年5月に郡山市で開いた定時総会後には 参加者が農園を訪れて生産者と意見交換した 今後 農業体験などの新たな活動も各社に呼びかける予定だ 現在は福島全体の応援を意識した活動だが ゆくゆくは浜通りの復興再生をどう後押しするかを考えていきたい ネットワーク事務局 と 息の長い活動を目指す構えだ 小売り大手のセブン アイ ホールディングスは 東北の被災企業などと連携した 東北かけはしプロジェクト を11年から実施 今年7月からの第12弾では 復興庁と連携した商品など約1900アイテムを取り扱う 福島産品では 県オリジナル品種の米 天のつぶ の加工食品などが並ぶ 東北各県の農畜水産物を新たな食べ方も含め提案し ファンをつくっていきたい 同社 という 震災前以上の水準目指す 県も今年度 風評被害対策の見直しを進めている 風評 風化対策を強化するため 部局横断的な取り組みを検討するプロジェクトチームを立ち上げた これまで安全性やおいしさのイメージアップをPRしてきたが さらに取引量や価格をもとの状態に戻したい 県農産物流通課 と強調する 東京には県が中心になってアンテナショップ 日本橋ふくしま館MIDETTE を開設している 今年のキャッチコピーは ふくしまプライド 生産者が誇りを持ってつくったものを食べてもらいたいとの思いがこもっている ブランド力や産地競争力を高め 震災以前の水準をさらに飛び越えるという気概で取り組みたい 同 と前を向く この記事は エネルギーフォーラム9月号 に掲載させているものを 同社から転載の許諾を得た 関係者の方に感謝申し上げる 2015年9月28日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20150928-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • Geekwire : Global Energy Policy Research
    エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=Geekwire (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 中央日報(韓国) : Global Energy Policy Research
    1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%97%A5%E5%A0%B1%EF%BC%88%E9%9F%93%E5%9B%BD%EF%BC%89 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 「子どもの声を聞きたい」楢葉町、帰還と課題【復興進む福島2】 : Global Energy Policy Research
    と 60才代の住民は話した しかし東日本大震災の際に 主要設備が破損せず 運転再開が可能な第2原発については 稼働を認める声は町内には認める声はまったくなさそうだ 市役所職員 という 産業の復活が課題 もちろん楢葉町の復興に課題は多い 復興庁と同町が昨年11月に行った調査 住民意向調査 では 避難住民で すぐ戻る 条件が整えば戻る という意向を示した人が45 7 にとどまった 図表1 29才以下では24 以下だが 60才以上では半数を超え 特に若い世代で割合は低い 避難先で新しい職場と生活の場を見つけたのだろう 図表 帰還の意向 復興庁調べ 震災前の楢葉町は兼業農家が多かった 住民は数世代の同居が多く 家はどこも広い 町の農林漁業では 米が中心で 特産としてゆずの生産があった 町を流れる木戸川には鮭が大量に採れた 本州での産卵地の南限とされた しかし今の町の姿は変わった 夏であるのに 田んぼ 農園に作物は植えられていなかった また漁業の復活も施設が津波で壊され まだ途上という 働く場所も少ない 楢葉町の商工会には震災前250社が加盟していた 現在 町で活動を再開したのは70社で大半が建設業という いくつかの工場も別地域に生産を移してしまった 楢葉町商工会関係者によると 全国的な人手不足の影響で賃金が上昇し 人を雇うのが難しいそうだ 一方で 廃炉作業や除染では 月30 40万円稼げる そうした仕事に就くために県外から人が集まっている しかしそれは一時的なもので 渡辺さんは 若い人が町に住まなくなっている と話す 町の新産業創造室室長の磐城恭さんは 楢葉に戻りたい ビジネスをしたい という企業に一つひとつ出向いて説明している 働く場所がなければ 町に人は戻らない と思うためだ 政府は産業の振興に力を入れる 福島浜通りで被災した商工事業者や農業関係者を個別に訪問する100人規模の官民支援チームを8月中に設立する また復興のための税制優遇措置も継続する また通り地区に 最先端のエネルギーや研究組織を誘致する 福島イノベーションコースト構想 がある 早速 日本原子力研究開発機構が福島第一原発の原子炉のモックアップ 模型 施設をつくる予定だ ただし こうした一連の努力の成果があるか まだ未知数だ 注目されるのはサッカーだ 震災前は 少年 実業団のチームがここに集まって試合 合宿をしていた 松本幸英楢葉町町長は もう一度 若者が集まって試合をすることは 楢葉町の復興を印象づける Jビレッジは20年の再開を目指しており 私たちもそれに合わせたい と話す 地域の生活 つながりの再建 写真3 町役場近くの仮設商店街 企業の戻りは遅い 写真4 町の中心を走る国道6号線ぞいのガソリンスタンド インフラ関連の企業も再開し始めた 楢葉町内で生活用品や食糧を売る店 飲食店が現時点で少ない 70才代の夫婦は もともと車がないと生活ができない場所だが さらに不便になった 特に医者がいないのは不安だ と 話した 帰還の意向を示す人では 医療機関 介護 福祉サービスの再開 商店の再会 を求める人が多かった 前図表 町営の震災復興住宅も建設が始まったばかりだ さらに診療所の開設も避難解除と同時ではなく 今秋がめどになる 政府は今春に 8月のお盆前 に同町の避難指示を解除する意向を示したが 町民は 生活インフラが整っていない と要望し9月に延期した それでも整備は途上だ また避難で地域社会のつながりが壊れてしまった 町内の住む78才の男性は かつて東電に勤め 震災まで農業をしながら暮らしていた いつも周辺の人と声をかけあっていた 帰る人はまばら つながりがなくなり寂しい という 避難先では痛ましいことに112人の震災関連死が発生した 避難先での孤独死 衰弱死 自殺などの数だ 避難生活のストレスで 健康が悪化する例が多い 解除直後は 行政が地域の集会 語り合いなどを開催し また訪問を増やして 人々が関係をつくる機会を設けます 町役場の復興推進課課長の猪狩充弘さんは話す 行政がそこまで取り組むのは異例だが 人々の関係を密接にさせようとしている 放射能問題も生活に影を落とす 町の人々は誰もが放射能と健康について 深い知識があった 自分の問題として真剣に受け止め学んでいた まだ一部にある 福島は危険 というデマを 深刻にとらえている人はいなかった しかし楢葉町議会議長の青木基さんは 安全と安心は違う と語った 誰もが 本当に大丈夫なのか という不安を心の底で持つという 楢葉町には 今でも毎日 3 4 人の相談がくる 子供を持つ親の不安感が強い 町民は 子どもの声を聞きたがる 写真5 町の一部にあるグリーンシートとフレコンバック 写真6 町を走る国道6号線ぞいの移動カフェ 復興 原発工事のために 交通量は多く 客足は まあまあ いわき市在住の店主の女性 という 除染は住居周辺などの生活圏では終了した 放射線量は大半が年1ミリシーベルト程度だが それよりやや高いところがある 町は除染の徹底化を国に求めている 町中ではグリーンのシートがかけられた場所がたくさんある 下には除染ではぎ取った表土のつまった黒い巨大なフレコンバッグがある 中間貯蔵施設の建設が進んでいないため このゴミの行く末が未定だ 福島事故による放射性物質の影響で 健康被害の起こる可能性はほぼないと政府も内外の医療関係者も一致している しかしそれでも 不安は残る 人々はこの感情と向き合って生活する難しい問題に直面する 震災前と生活の姿は少し変わるだろう そして子どもの教育の問題がある 楢葉町は町内の校の町内での再開時期を2017年4月とする方向で調整している 再開に合わせ 同町はいわき市にある仮設校舎を廃止する 約530人の町民の小中学生がいる しかし避難指示解除の後で楢葉町の学校に通うと答えたのは16年再開の場合23人 17年は36人しかいなかった 残りは 分からない が多い 町民は 子どもの声 を聞きたがっている お盆の墓参りの時 たまたま子供の声を聞いて 私も癒された 楢葉町商工会長の渡辺清さんは このように語った 子どもが楢葉町に戻るかは 親の仕事 また生活の場の再建次第だ 町を担う子どもが増えるかは 今の復興の進み具合と放射能に対して 安全 だけではなく 安心 が確立された後になりそうだ 当たり前 のことができる日常へ 避難解除でも新しい問題が次々に発生している しかし解除を誰もが前向きにこの変化を受け止めていた 住民がそろって話したのはうれしさと希望だ 制約を受けずに自宅でくつろぎ 寝泊まりする 当たり前のことができるようになって本当にうれしいし ありがたい と70才代の夫婦は話しながら喜んだ 楢葉町など福島浜通り地域は 田畑と山林がつらなり 夏は緑が大変美しい場所だ そこに住む人々は 親切 温厚 我慢強い とされる 訪問でそれを感じた こうした人々であるゆえに 福島原発事故という未曾有の災害を乗り越えることができたのだろう この人々が 新たに自らのふるさとを再建しようとしている 私たちは当然 応援するべきだ 国が復興の重点期間と定めたのは 2021年までの10年で その前半が過ぎつつある 今回の楢葉町の解除は 復興までの重要な一歩であり 残る浪江町 双葉町 大熊町 富岡町の対策の先例となる 私たち全日本が楢葉町を応援して 手を携えながら原発事故を克服していきたい この記事は エネルギーフォーラム9月号 に掲載させているものを 同社から転載の許諾を得た 関係者の方に感謝申し上げる 2015年9月24日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20150924-02/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 解除は町再建のスタート地点【復興進む福島3】 : Global Energy Policy Research
    原子力災害被災地域企業立地補助金という国の制度があり それを利用して既に進出する意向を示している会社が十数社あります 住宅は4年半以上 あまり手入れもせずに置かれていましたから リフォームしなければ住めないとか 中には解体して新築する家もあります これは500軒以上ありますから 町内の事業者だけではとても手が足りません しかし 大手の住宅メーカーは まだ1 2社しか町内にない しかし解除されることで これからは多くの住宅メーカー参入し リフォームや新築が進んでいくと思います 子供たちは楢葉で教育を 避難している人たちは帰町についてどう考えていますか 松本 4年半以上避難生活を続けて 通院が必要な高齢者や小中学校に通う子供たちがいる家庭など その状況はさまざまです ですから 帰りたくても帰れないということへつながってくるのだと思っています 直近のアンケートを見ると 約半分の町民が帰町の意志を示しています しかし 帰りたい と答えた町民の中にも 申し上げたようにいろいろな事情をかかえた家庭がありますから すぐに多くの人たちが帰るとはならないと考えています すでに準備宿泊で帰町している人たちがいますが 解除されて戻るのは ほとんどが50歳以上の高齢者と聞きました 松本 そうとらえています したがって一時的に まさしく超高齢者の町になる そういう中で 将来 多くの人たちに帰還してもらう雰囲気作りを まず戻られた皆さんと一緒に構築しようと思っています そういうことを少しずつ 時間をかけてやることによって 若い世代も少しずつかもしれませんが 戻ってくると思っています しかし やはり若い人たちが帰町してくるのは ある程度 時間軸で考えていくしかないと思います どれくらいの時間軸を考えていますか 松本 やはり10年ぐらいの期間が必要だと思っています やはり楢葉で生まれて育った子供たちは 避難先から通うにしても やはり楢葉の学校に通ってほしい 小学校と中学校を一緒にした小中一貫校をつくり 新しい校舎で子供たちに学んでもらうことなどを含め 2017年春の開校を目指して検討を進めています そこで学んだ子供たちが いつか町に戻ってくれればいいですね 松本 そうですね 子供たちを持つ30 40歳の親御さんたちと話し合うと 今はまだ 帰れない という声がほとんどです それで 今は無理でも 将来はどうですか と聞くと 帰りたい という答えが多い そういうことを考えると 希望は十分にあると思っています 震災前の豊かな田園地帯に これから楢葉をどういう町にしたいと考えていますか 松本 安倍首相が就任してすぐ現地入りしたときに われわれとしては復旧 復興にしっかりと命懸けで取り組んでいきます 単なる復興ではなくて 復興のモデルタウンにしたい と直接訴えました 帰還を促進するためには 以前より魅力ある町にしていかなければいけません そういうことを頭に据えて あらゆる施策を展開していく考えです やはり楢葉の魅力は豊かな田園風景だと思います 松本 首長に当選してから まずは原風景を取り戻すという思いで 今までやってきました 例えば各行政区の田んぼにはいまだに除染土の仮置き場があります これを動かさないと 原風景に戻すことはできません それをしっかりと訴え続けて 廃棄物を移動したのちの 以前のような田園風景にするよう努めたい 帰還が進み 営農を再開する人たちも増えてくると思いますので 町としてしっかり支援していきたいと思っています Jビレッジも町の活性化に貢献しそうです 松本 震災前は 全国の少年サッカーチームが試合していました 日本中から集まった子どもたちが楢葉 広野で歓声を上げて試合をすることは 大変意義があると思っています 20年のオリンピック パラリンピックを目標に 再開に向けて努力していますから われわれもその目標に合わせて 復興を進めたいと思います 松本幸英 まつもと ゆきえい 1960年楢葉町生まれ 四倉高校卒 会社員を経て 97年楢葉町議 4期務め 12年月4より現職 編集 エネルギーフォーラム編集部 この記事は エネルギーフォーラム9月号 に掲載させているものを 同社から転載の許諾を得た 関係者の方に感謝申し上げる 2015年9月24日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20150924-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •