archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 原子力規制委員長「恫喝」への疑問-関電美浜審査をめぐり : Global Energy Policy Research
    と言っていることを 明示的に している のであるから こんな明白な第34条違反はない 驚くべき事態である 事業者は泣き寝入りをしてはならない 以上見てきたように 今回の田中委員長の発言は規制行政の基本行動原則たる行政手続法に真っ向から違反するものであり 事業者も安易に妥協したりしてはならないものである この法律は その法目的 第1条 にはっきりと書かれているように 国民の権利利益の保護 のための法律であるから 国民たる事業者は保護してもらう立場にあるのである そのために この法律では念には念を入れて 第32条第2項で 行政指導に携わる者は その相手方が行政指導に従わなかったことを理由として 不利益な取り扱いをしてはならない とまで規定して 事業者を保護することを明言しているのである だから 事業者は自信を持って規制当局に対し毅然とした態度で臨むことが求められているのであり 事業者自身も決して安易に恫喝に屈してはならないものであることを肝に銘じなければならない 2015年7月6日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20150706-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 北杜市太陽光発電を考える市民ネットワーク : Global Energy Policy Research
    ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法 について徹底検証 2012年6月5日放送 報告記事

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E5%8C%97%E6%9D%9C%E5%B8%82%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%85%89%E7%99%BA%E9%9B%BB%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 仏、原発事故の緊急対応チーム創設-日本も作るべき : Global Energy Policy Research
    FARNの本部は現場の支援に徹する 原子力安全エンジニアが 最初に40分以内に駆けつける 当初は当直と原子力安全エンジニアで対処する アラームが鳴ると待機状態にある70名がサイトに1時間以内に駆けつける その後 60名の2組が 最初の60名は12時間以内に 残りの60名は24時間以内に駆けつける 最終的に120名体制になる このとき 携帯型の緊急設備を持ってくる 放射線の監視 県が行う 危機対応要員 危機以外の時には別の仕事をしており 待機状態でいる こういった仕組みは30年前からあったが 福島の事故を経て 駆けつけられない状況もありうると考え FARNを作った この中には原子炉の運転員もいる またロボットも使われるが それは常時待機状態にある FARNが使用するIT 完全に暗号化を行っている 訓練 体系的に行い 年間250回の訓練を行っている メディアとの連絡は 政府当局とEDFの両方が行う コミュニケーションは調整される 3 緊急時の行政との連携 原発事故により避難が必要になった場合 EDFは県知事に連絡する 編集者注 フランスの中核的行政単位で96ある 知事の下にある緊急対策室が関連する人に 事故情報は連絡し 各県も緊急対応計画を持っている 知事はすべてのステークホルダーに連絡をする義務がある 知事は住民を守る義務がある 指示をする権限をEDFに委託することがある 緊急時の対応例 ラジオ 車で放送する 2km以内は 家に閉じこもる サイレンによる警報 電話による一斉通報 4 FARNの組織と体系 2015年に体制が出来上がった 機材運搬に船 ヘリコプターを利用 プロ意識を持つ リーダーの指示に従う 厳しい訓練と練習を実施 緊急時に適切に行動できるように 2000万ユーロの予算 1ユーロ 140円で28億円 複数の原子炉が困難に陥った時を想定 12時間以内で現場に到着し 24時間以内に活動を開始 運転交代要員を用意 苛酷事故 シビアアクシデント を想定 放射線と化学リスクを考慮 全チームが活動できない可能性があることを念頭に置く 72時間は 外部支援なしに 自力でやっていけることが目標 EDFの職員とし 絶えず訓練し いろいろなスキルを身につける 派遣するかどうかはEDF本部が決定 危機管理は 発電所の責任で 発電所所長の下で行う パリに本部 4つの拠点 シボー ダンピエール パリュエル ビュジェイ に拠点 30人中心 70人が4つの地域 合計300人 右図参照の事 EDFは 航空機の賃借契約をしている 可搬設備を使い 水 空気 電気 燃料を供給 可搬設備は 信頼性が高く 使いやすいものを選ぶ 信頼と交換性を重視する 200時間 FARNの活動期間 70時間 1週間 の信頼性試験 搬送ルートと取り扱いやすさを重視 緊急チームの構成 2炉に対し1チームで対応する 内訳は A 1リーダー B 6人がプロセス担当 制御室でのプラント運転 C 6人が介入 可搬設備のセットなど および運搬 D 1人が支援 予備 合計14名である 派遣条件として 福島のシナリオ 大規模停電を想定 活動方式は軍や消防隊に学び 想定状況を事前にビジュアル化して 訓練や対応の参考にしている また発電所から20 30kmのところに後方基地を置く そこには放射線の専門家もいる EDFの医師とも連携している 医師も待機の対象になる 事故に対する対処方針は現場が決定する 政府レベルで行われるのは支援である 決定権を持っているのは現場の責任者というのがEDFの方針 したがってFARNの活動も発電所長が指示する 所長 副所長がいない場合当直長が責任者となりFARNは当直長の指揮下に入る ただし 発電所の職員が危機管理できないときにはFARNが処置する 5 緊急時のEDFと公的機関との役割分担 緊急時にはEDFは オンサイト緊急対応プランに基づいて発電所内での活動を担当し 公的機関はオフサイト緊急対応プランに基づいて発電所外の活動を担当する 公的機関は 国民に警報を出し 保護する また 環境モニタリングを行う 負傷者および火災に支援する さらに国民とメディアに情報を提供し コミュニケーションをとる まとめ リスク管理とは これから起きるかもしれない危険に対して事前に対応しておこうというものである フランスは 福島の苛酷事故を教訓として 危機対応能力を強化するため 事故発生後12時間以内に現場に到着し 24時間以内に活動を開始する緊急時即応チーム FARN を創設した 日本政府もこのような機関を創設することを検討したそうだが 地方自治体の権限との関係で断念したと言われている むしろ電力事業者がまとまって東西2か所でFARNのような緊急時対応の組織を作ることを検討したらよいのではないかと考える 2015年6月29日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20150629-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • フィナンシャルタイムズ : Global Energy Policy Research
    2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 自民党、原子力規制の改革に前向き-実現は不透明 : Global Energy Policy Research
    規制委改革に熱心なのは原発立地地域選出の議員だ 反原発の立場の人々が批判することだが 原発は稼働によって交付金が立地する自治体に払われ また大規模プラントであるために その活動の波及効果が地元経済にある また原発停止を主因にして震災以降 電力料金が産業用で2 3割 家庭用で1割上昇した 原発の稼動の長期停止で 関係する人々が経済的に苦しむ現実がある その苦しみを聞く議員が声を上げるのは自然の流れだし 非難はできないだろう 同議連は6月2日 10日と原子力の有識者を集め 勉強会を開催した 議連会長の細田博之衆議院議員は冒頭 大変なことが起こっている と 再稼動の遅れ そして活断層審査の混乱 さらに原電敦賀2号機などの廃炉の可能性に懸念を示した 有識者では アゴラ GEPRに登場した規制委員会の行動への疑問を示してきた人々が呼ばれた 東大元特任教授の諸葛宗男氏 民間NPO 原子力国民会議 事務局長の山口篤憲氏 北海道大学教授の奈良林直氏などが意見を表明した 事業者との対話不足 独善的判断 非科学的な審査 法的根拠のない行政指導の連発 規制の混乱 などの問題を指摘した また規制委の政策実施機関である原子力規制庁の一部職員が 官僚でありながら新規制基準の適合性審査 活断層審査で 横暴な対応を原子力事業者に繰り返していることも指摘されたという 出席議員からは 参考人の陳述に賛同する意見が続いた ただし議員からは福島原発事故の反省から 規制を容易にしてやみくもに再稼動をするべきという意見はなかった 適切な行政が行われていない現状が問題になっているのだ 組織監視などの改正意見 9月を目指し 同議連は意見を取りまとめ PTに提出の予定だ さらに政府も内閣官房内に原子力規制見直しの検討チームをつくる 原子力規制委 規制庁が規制の諸法規を決めているが その組織を所管する行政官庁がないために 政治家が主導することになった 同議連の議論では具体的な改正のアイデアとして 規制委員会の監視組織の設置 審査円滑化のための専門家の活用 環境省の傘下にある独立行政委員会という立場から内閣府に所管を移し外部監督権限を増やすなどが出ている また そもそも現行法規を適切に運用させれば 独善という問題は起きないはず 適切な法適用を求めたい 出席議員 という意見もある 日本の官僚は組織のクセとして部外者を排除する傾向がある 現行の規制委設置法では 米国の制度を取り入れて専門家を集め技術的な問題を判定する 原子炉安全審査会 炉安審 を規制庁内に置くことになっている ところが それはほとんど開催されず 人も集めていない これも自民党議員らは是正を求める方針という 原子力規制委側も政治の動きは気にしているようだ これまで学会や事業者と 規制委は交流が断絶していた ところが規制委のある委員が規制庁幹部と共に 自民党に呼ばれる有識者を6月に呼び 自分たちは適切にやっている と説明したという 何を今さら と突き放した感想が原子力関係者に広がった 根強い反対意見 不確定要因は多い しかし すんなりと原子力規制改革は進むのだろうか 自民党の河野太郎衆院議員は6月2日 原子力規制PTに出席 自民党どのPTは メンバーでなくても発言を認める 河野議員は 原子力ムラが跋扈するヒアリングであってはならない と 座長の吉野議員らに注文を付けた この発言は 原子力を敵視する新聞 テレビで大きく取り上げられた 自民党内で河野氏に同調する意見は少数だが メディアや一部の人々の間で彼の行動が注目を集めることでも分かるように 原発の活用につながる動きは今の日本では批判を受けてしまう またある自民党の有力議員は次のように語った 規制委員会の運用は問題だらけだ しかし それは設立間もないために不慣れという点もあるし せっかく再稼動間近なのだから組織をいじるとまた遅れる可能性がある 今大改革をするべきなのか 自民党らしい波風を立てたくなく 現状維持を続けるという考えだ そして反原発の姿勢を野党各党は崩さない 連立与党の公明党も 規制委のおかしな行政の批判は同調しても 原子力の利用促進と見られることには消極的だ 安倍晋三首相も菅義偉官房長官も 原子力問題で目立つことはしたくないようだ との見方が広がる 安全保障問題の審議に政府と官邸 自民党のエネルギーが現時点で割かれる中で 原子力規制改革や原発再稼動の促進は 政治的課題として優先順位は低いだろう そして来年は参院選だ 反原発の動きが社会の中で根強くある中で 議員らの規制委改革の動きは鈍るかもしれない 自民党内の原子力規制改革の意向が そのまま政策になるかは不透明だ 今 自民党内では 原子力規制が適切に行われていない という問題を議論している これは現状で適切なものだ ところがメディア そして原子力に懐疑的な人は 規制を強め 電力会社を困らせ 原発をなかなか動かさない原子力規制委員会が正しい という立場で原子力規制の改革を語る人が多いようだ 原子力規制委 規制庁は 法律に基づかない行政 そして稚拙な手法による混乱した規制を行っている その行政活動の是正は 原発の賛成 反対にかかわらず進めるべきだ これは 法の支配 適切な行政 を実現し おかしな行政機関を改めるという問題なのだから 2015年6月22日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20150622-02/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • ロイター通信 : Global Energy Policy Research
    続きを読む 川内原発は 基準に適合 と規制委 審査最終合格に前進 ロイター通信 原子力に対する評価 NEW 7月16日記事 原子力規制委員会が 九州電力川内原発について 13年に施行された原発の新安全基準について 基準に適合していると判定 今回のコラムで集めた 電力不足問題とも関係する 続きを読む 柏崎刈羽原発の再稼動 来年度以降の公算 東電値上げに政府の壁 ロイター通信 報告書 原子力に対する評価 NEW 7月3日記事 東電柏崎刈羽原発が新潟県の反対 そして規制委員会の審査の影響で 再稼動がかなり長引きそうな状況になっている これは東電の経営 さらには東電の資金を支える国民負担の問題になりそうだ 続きを読む 台湾が第4原発の建設を凍結 住民が反原発の大規模デモ ロイター通信 4月28日報道 台湾で建設中の台湾電力第四原発のABWR 改良型沸騰水型原子炉 が 政治的な争点となり 馬英九総統は建設凍結を表明 デモの活発化 野党が政治的な争点にするなど 日本と状況が似ている 続きを読む 原発依存度3割以下への引き下げ 当然のこと 菅官房長官 ロイター通信 報告書 原子力に対する評価 2月27日記事 安倍政権は原発の再稼働について動きが鈍い状況だ そして菅義偉官房長官 茂木敏充経済産業相が 原発の発電比率を3割以下に引き下げることを表明した かつてのように原子力の利用拡大を 自民党政権は考えていない 続きを読む 東電 政府に新再建計画を提出 ロイター通信 報告書 エネルギー産業の分析 13年12月27日記事 福島原発事故を起こした東京電力が 新再建計画をつくった 多くの人が唱える破綻処理ではなく 自力再建を目指す 分社化などが内容に 続きを読む 原発は 重要電源 エネ基本計画原案を提示 ロイター通信 報告書 エネルギー政策への提言 12月7日記事 上記のエネルギー基本計画案が分かりやすくまとまっている 続きを読む 東電社長 福島第1汚染水の海洋への影響を否定 ロイター通信 報告書 エネルギー産業の分析 東電が柏崎6 7号再稼働審査申請 今年度黒字は 困難 9月27日記事 東京電力社長が衆議院の経済産業委員会に呼ばれ 当面の対策を語った 事故処理の負担に加えて 再稼動申請を新潟県に行うものの経営の厳しさは続くとの見通しを述べた 続きを読む 中国が核燃料工場建設を中止 抗議デモ受け ロイター通信 報告書 原子力に対する評価 7月15日記事 広東省に建設予定の各燃料工場の設置が 住民の反対で一時中止になった 強権的な政策を進めてきた中国政府が原子力問題では 住民の意見を取り上げる可能性が出てきた 続きを読む 日立が英の原発建設会社ホライズン買収へ 700億円規模 海外開拓目指す ロイター通信 10月27日配信記事 報告書 原子力に対する評価 海外事業の展開のための投資の一環とされるが 現在の原子力への逆風が 同社の決断にどのように影響するか注目される 続きを読む 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E9%80%9A%E4%BF%A1 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 原油価格、15年後半からどうなるのか : Global Energy Policy Research
    ドル建てで取引される原油価格の下落は ドル相場の上昇による減価だったと結論付けられるだろう 市場では 原油価格の下落がドル高を誘発した といった論調も聞かれるが 市場規模や参加者および市場の変動要因の多様性を考慮すれば 為替市場が原油市場に影響を与えることはあっても その逆は成立しない 今回の原油価格の下落局面を振り返ると ユーロドル相場の高値は3月だが 原油は6月である 図表2 つまり ドルが対ユーロで底値をつけて上昇し始めた後に 原油価格が高値をつけて下げ始めたのである まして 日々の値動きを見て 実際に取引を行っている筆者のような市場参加者には 為替相場が原油価格に影響を与えるといったロジックは半ば常識である 図表2 2015年6月までの直近5カ月のユーロ ドル相場と原油価格の関係 一方 金融市場関係者の 原油市場が為替相場に影響を与えた という見方は 20年超の長年にわたりコモディティ市場を見てきた筆者からみると 市場の本質を理解していない 素人の発想 であるといわざるを得ない 筆者は グローバルマクロ戦略 で運用業務を行っているヘッジファンドマネージャーだが 市場において重要なのは金利動向であると考えている 金利は通貨の価値を示すものであり 金利が動けば通貨も変動し その変動に合わせてコモディティや株価は変動する このロジックを理解していないと 原油価格の見通しを立てることはできないはずである 多くのファンドマネージャーは 金融市場を運用の主戦場としているが 最近では金や原油などのコモディティを取引するファンドも増えている しかし 彼らの主戦場はあくまで金融市場であり 為替や株価動向を見ながら原油も取引している この投資判断の順序を理解していれば 原油価格の変動のロジックを容易に理解できるはずである さて その為替に大きな影響を与える金利動向だが 欧米の債券利回りはすでに底打ちから上昇し始めており これがユーロ高を誘発する展開にある これまで市場では ギリシャ債務問題 や 欧州中央銀行 ECB の量的緩和策の導入 を背景に ユーロは下落するとの見方が大半だった しかし 筆者は人為的に作られた低金利およびユーロ安はいずれ崩壊するとみていた ドイツの債券利回りが上昇し始め ユーロの買戻しが見られ始めるなど 基調は徐々に変わりつつある ドイツ金利動向を占う上で 2003年に日本で起きた VARショック は無視できないだろう それまで日本国債を買い込んでいた機関投資家が 国債価格が下落し始めると リスク調整のために機械的に国債の売却を進めざるを得なくなり その売りがさらに国債価格を押し下げ さらに売りが出るといった悪循環が金利急騰につながった経緯がある 今回も ECBが国債買い入れを行う中 ECBのお墨付きを得た投資家がリスクを考慮せずにドイツ国債を買い進み その結果 金利がマイナスになるまで低下している このような人為的に作られた構造はいずれ大きな調整をもって崩壊するのが常である ドイツ国債が何らかのきっかけで売られ 金利が上昇する中 ユーロに買いが集まれば ドル建てで取引される原油価格も価値の修正という形で上昇に向かうことになろう 米国利上げとリンクし 原油は上昇か 原油市場と直接関係のない材料を並べたように思われるかもしれないが 実際に投資資金を運用している筆者としては 現在の原油市場での運用および投資判断において 重視しているのは市場モメンタムであり 為替動向である さて 為替動向を見る上で ドルの動きも無視できない 金融市場では 米国の利上げ時期に注目が集まっている 米国の経済指標が再び改善傾向を見せる中 利上げ観測が高まっており これがドル高につながっている 米国の利上げがドルを押し上げるとの見方が市場には多いが 利上げ織り込み後のドルの上昇は限定的となることは 過去の動きから実証済みである 直近3回の利上げ局面では ドルは利上げ後に上値が重くなっており 横ばいから下落に転じる傾向がある 図表3 不思議な感じもするが これは利上げを早い段階で織り込む一方 織り込んだ後は上昇しづらくなるからであろう まして 米連邦準備制度理事会 FRB は 利上げは相当慎重に行うとしていることから 一旦利上げを行った後は景気動向などを慎重に見極めると考えられ 利上げが断続的に行われる可能性は低いだろう 図表3 米国の利上げと原油価格の関係 そのため 利上げ後のドルの上昇は限定的になると考えられ これが原油価格の下支えになると考えられる 一方 直近3回の米国の利上げ局面では 利上げは原油価格の底打ちから平均8ヵ月後に実施されている 今回の原油価格の底打ちが今年3月だったことを考慮すれば 利上げ時期は半年後の9月 遅くとも9ヵ月後の12月となろう つまり 利上げが可能な経済環境になっていれば 原油相場は利上げ前後に明確な形で上昇に向かうことになるということである 原油価格は最終的には 16年半ばをターゲットに100ドル回復を目指すことになろう このような将来の見通しは 現物ファンダメンタルズのみを利用したのでは不可能である 筆者のように ファンドマネージャーとして収益獲得を最大の目的として市場に参加しているものは 重視すべき材料を常に確認しながら投資判断を行っている それがいまは需給要因ではなく 為替要因であるということである 江守哲 えもり てつ 慶應義塾大学商学部卒業後 住友商事に入社し 非鉄金属取引に従事 1996年に英国住友商事 現欧州住友商事 に転籍しロンドンに駐在 その後 Metallgesellschaft Ltd 三井物産フューチャーズを経て 2007年7月にアストマックス入社 同社でファンドマネージャーに就任 アストマックス退社後 2015年4月に エモリキャピタルマネジメント を設立 ヘッジファンドを中心とした資産運用や株式 為替 債券 コモディティ市場の情報提供などを事業として展開 2015年6月15日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20150615-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 江守 哲 : Global Energy Policy Research
    出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E6%B1%9F%E5%AE%88%20%E5%93%B2 (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •