archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 放射能の健康への影響 : Global Energy Policy Research
    続きを読む これでいいのか高校教科書 原子力 記述間違いだらけ まかり通る 誤解 と 不正確 産経新聞 5月21日記事 原子力事故以降 教育に原子力を取り上げる動きが出ているものの 間違いが教科書に多いようだ 特に文系科目の教科書で目立ちます 原子力学会が 改善の要望を出す予定です デマの多さを考えれば こうしたことから直したい 続きを読む 食品の放射線汚染はもう問題ない 山菜を堪能するバスツアーで味わった福島の現状 川口マーン恵美 現代ビジネス5月15日記事 GEPRでも紹介した福島県のりょうぜん里山学校 伊達市 で行われた山菜を食べるツアーの報告 福島で危険はないものの 地域でさまざまな問題が発生していることを紹介している 続きを読む 放射線科学会議SAMRAI2014報告 福島県の放射線は健康リスクなし 上 高田 純 東日本大震災から4年を経過した3月24日 衆議院第一議員会館の多目的ホールにて 福島の放射線政策の大転換を促す狙いで 科学会議 SAMRAI2014 が開催されました 続きを読む 放射線科学会議SAMRAI2014報告 福島県の放射線は健康リスクなし 下 高田 純 以下 読者の皆さんに役立つ発言の要旨を抜粋します 福島20km圏からの緊急避難者の震災時の外部被曝は5mSvと低線量で 福島県全体としても震災元年の線量は概して5mSv以下 また放射性ヨウ素の吸引などによる甲状腺の内部被曝は40mSv以下と低線量 続きを読む 福島原発事故 放射能の恐怖は幻想だった 石井 孝明 第1回 放射線の正しい知識を普及する研究会 SAMRAI 有馬朗人大会会長 が3月24日に衆議院議員会館で行われ 傍聴する機会があった 続きを読む 放射線科学会議SAMRAI2014報告 放射線防護情報センター 今回寄稿した高田純氏がコーディネートした科学会議の報告の詳細版 出席者の提供した資料などが掲載されている 続きを読む 被災者の地獄の道は村上村上春樹の善意で舗装されている 池田 信夫 アゴラの4 月11日掲載コラム 作家の村上春樹氏が 放射能をめぐる恐怖を強調していますが 内容は誤りが多い 人々の善意が 過剰対策を生んで人々を苦しめています この側面に気をつけなければならない 続きを読む なぜ正確な放射能情報が伝わらないのか 言論アリーナ GEPR編集部 アゴラ研究所 GEPRはインターネット放送 言論アリーナ を運営している 東日本大震災 そして福島第一原発事故から4年となる 3月11日に なぜ正確な放射能情報が伝わらないのか 現地視察した専門家の提言 を放送した 続きを読む 映像 なぜ正確な放射能情報が伝わらないのか 福島復興 現地調査をした専門家からの提言 言論アリーナ GEPR編集部 続きを読む 科学的に基づく 安全 と自分で確かめる 安心 ルードビーク ドブジンスキ ポーランドの首都ワルシャワから 雪が降ったばかりの福島に到着したのは 2月2日の夜遅くでした 1年のうち 1月末から2月が 福島においては最も寒い季節だと聞きました 福島よりもさらに寒いワルシャワからやって来た私には 寒さはあまり気にならず むしろ 福島でお目にかかった皆さんのおもてなしや 誠実な振る舞いに 心が温められるような滞在となりました いくつかの交流のうち特に印象深かったのが 地元住民との食の安全に関する対話です それは福島に到着した翌朝 川内村で始まりました 続きを読む 福島産の食物を食べる3 地域の人々の思い 半谷 輝己 運営事務局よりこのシンポジウムの司会進行は地域メディエーターが担うことが説明され 司会者の開会宣言に続き シンポジウムの位置付けと今日のシンポジウム開催に至るまでの経緯が説明された 続きを読む 福島産の食物を食べる4 子どもへの影響は 半谷 輝己 次に 司会者から大人が放射線のリスクを理解すると子どもへのリスクがないがしろになるのが心配であるとの説明があり 子どものリスクをどう考えれば良いのかを白血病や小児がんを専門とする小児科医の浦島医師のビデオメッセージの用意があることを示した 続きを読む 今週のアップデート 正確に伝わらぬ福島の現状 2015年3月16日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む ごみとして捨てられた第五福竜丸 石井 孝明 アゴラ 12年3月記事 福島をめぐって感情的な議論が続き そしてそれに飽きた人たちは 捨てようとしている 残念ながら予想通りになった また冒頭記事 なぜ正確な放射能情報が伝わらないのか で言及された事件 続きを読む デマ拡散者は何をしたか 福島への呪いを解く 石井 孝明 東日本大震災と福島原発事故から4年が経過した その対応では日本社会の強み 素晴らしさを示す一方で 社会に内在する問題も明らかにした 一つはデマ 流言飛語による社会混乱だ 続きを読む 今週のアップデート 東日本大震災 原発事故から4年 2015年3月9日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 汚染水問題 地元自治体が東電に抗議 NHK 3月5日報道 東京電力の福島第一原発の構内で 高濃度汚染水が発覚 海に流れていたということで 批判が強まっている ただしゼロリスクを求める必要もないであろう 続きを読む 東京電力 汚染水対策一覧 東京電力 同社は汚染水対策一覧をまとめている 続きを読む 再掲載 福島原発の汚染水問題 健康被害の可能性なく騒ぐ必要なし GEPR 1年半前のGEPR掲載の論考 海の汚染は大規模なものにはならず 健康被害の可能性はないことを指摘 続きを読む 原発関連死 の原因をつくった人々 池田 信夫 原発関連死 に関係したデマの一覧を指摘 発言した著名人の多くは 自分の誤った言動の説明をしていない 続きを読む 今週のアップデート 使用済み核燃料問題を考える 2015年3月2日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 放射能恐怖症は認知バイアスの一つ ツイッターまとめ 早川由紀夫という群馬大学の教育学部で 地質 火山学を担当している教授は 福島原発事故直後に 危険を強調し 福島の農家を殺人者呼ばわりした 上記まとめで 自分は恐怖症にかかっていた とツイッター上で弁明しましたが 何を言っているか との批判一色だ デマ拡散者が自省しはじめたのは 社会のパニックが落ち着いた証拠の一つか 続きを読む 今週のアップデート 使用済み核燃料問題は解決できる 2015年2月23日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 今週のアップデート 再エネへの過度の期待は混乱を生む 2015年2月16日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 除染目標の年間1mSv こだわるべきではない 川合 将義 原発事故の起こった福島で 機会あればさまざまな形で原子力と放射線についいて説明しています 原子力にかかわってきたものの責務であると考えるためです 除染をめぐる質問で 長期目標に設定された年間追加被ばくの1mSv ミリシーベルト が正しいのかということです 続きを読む なぜ福島の状況が変わらないのか 北村 俊郎 福島第一原発の事故から4年が過ぎたが 福島第一原発の地元でありほとんどが帰還困難区域となっている大熊町 双葉町と富岡町北部 浪江町南部の状況は一向に変わらない なぜ状況が変わらないのか それは 遅れが遅れを呼ぶ 状態になっているからだ 続きを読む 今週のアップデート 福島にリスクはあるのか 1mSvの意味 2015年2月9日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む チェルノブイリから考える日本の未来 石井 孝明 15年1月13日公開 チェルノブイリ ウクライナツアーを企画した 作家で出版社ゲンロンの社長東浩紀さん ロシア文学者の上田洋子さんに登場いただき その現状 政変が起こり 戦争状態にあるウクライナ そしてそこから考える福島原発事故の未来についてうかがった 続きを読む 福島の議論はなぜ決着がつかないのか 科学の限界と科学者の責任 越智 小枝 原発事故から3年半以上がたった今 福島には現在 不思議な 定常状態 が生じています もう全く気にしない っていう方と 今さら 怖い わからない と言い出せない という方に2分されている印象ですね 福島市の除染情報プラザで住民への情報発信に尽力されるスタッフからお聞きした話です 続きを読む 今週のアップデート 健康 経済 多様なエネルギー論点 2015年1月13日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 求められる 脱原発 の再定義 ヤフーbynews 福島在住の方による寄稿 脱原発を主張するのは自由だが ここまで健康に問題がないという調査が重なっているのに危険を強調するのはおかしいという主張だ こうした当たり前のことを もっと拡散されるべき 続きを読む 26年産新米基準超ゼロ 風評払拭へ大きく前進 放射性物質検査 福島民報 1月9日記事 福島の昨年の新米で 放射性物質の基準超えがゼロになったという報告 福島の農業関係者の努力によるもので 喜ばしいニュース 続きを読む 先天異常新生児全国と同 福島県の調査 母親安心感 読売新聞 1月10日記事 福島県の新生児の異常が 全国平均並みという分析と 風評払拭に 福島県の医療関係者の努力があったという報道 これも喜ばしいニュース 続きを読む 放射線量の高い福島産イノシシ肉を食べてみた 石井 孝明 福島で捕れたイノシシのボタン鍋を食べませんか 肉の放射線量は1キロ当たり800ベクレルです こんなEメールが東京工業大学助教の澤田哲生さんから来た 私は参加し 食べることで福島の今を考えた 続きを読む 今週のアップデート 福島産イノシシ肉から食の安全を考える 2014年12月22日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 汚染水放出に言及 規制委員長 福島第一を視察 朝日新聞 12月13日記事 田中俊一原子力規制委員会委員長が福島原発を視察 安全性の確保された汚染水の放出を主張した タンクに無限に増え続ける状態であり 妥当な発言だ 続きを読む 故郷に住むのは当然だ チェルノブイリ 自主帰還の近郊住民と語る 上 石井 孝明 チェルノブイリ原発事故の後で 強制避難の行われた同原発の近郊に避難後に戻り 生活を続ける自主帰還者がいる 放射能が危険という周囲の見方と異なり その人たちは総じて長生きであり 自分では健康であると述べている 続きを読む 福島の強制避難政策の誤り チェルノブイリ 自主帰還の近郊住民と語る 下 石井 孝明 こうしたチェルノブイリ事故の立ち入り制限区域で自主的に帰宅する帰還者は サマショール ロシア語で 自ら住む人 という意味 と呼ばれている 欧米を中心に チェルノブイリ近郊は 生命が死に絶えた危険な場所 と 現実からかけ離れたイメージが広がっている サマショールの存在は最近 西欧諸国に知られたようで それは驚きを持って伝えられた 続きを読む 今週のアップデート チェルノブイリと福島の住民避難政策は妥当か 2014年12月8日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 甲状腺がん遺伝子変異 チェルノブイリと別型 福医大など見解 福島民報 11月15日記事 福島で甲状腺がんが発生していますが これはチェルノブイリ事故による甲状腺と別のものという研究 このがんが福島原発の事故由来のものでないことの証明であろう 続きを読む 故郷に住むのは当然だ チェルノブイリ 自主帰還の近郊住民と語る 上 石井 孝明 チェルノブイリ原発事故の後で 強制避難の行われた同原発の近郊に避難後に戻り 生活を続ける自主帰還者がいる 放射能が危険という周囲の見方と異なり その人たちは総じて長生きであり 自分では健康であると述べている 続きを読む 映像 チェルノブイリに住む理由 それは故郷だから TED日本版 無料による10分プレゼンのTEDで チェルノブイリの自主帰還者問題が取り上げられていた 英国のジャーナリスト ただし 人は故郷に戻りたい ためという帰還の理由付けは単純すぎるのではないか 続きを読む 映像 プリピャチからの手紙 個人映像 英語 英国のカメラマン ダニー クック氏が 無人飛行機を使って チェルノブイリ原発に隣接した人口都市で 原発事故で放棄されて廃墟になったプリピャチ市を空撮した 技術進化に驚くと共に 緑に覆われた28年前の近代都市の面影が興味深い 続きを読む 福島でのリスクコミュニケーションの重要性 上 放射能より恐怖が脅威 ジェラルディン アン トーマス 美しい山並み 勢い良く稲が伸びる水田 そしてこの地に産まれ育ち 故郷を愛してやまない人々との出会いを この夏 福島の地を訪れ 実現できたことは大きな喜びです 東日本大震災後 何度も日本を訪れる機会がありましたが そのほとんどが東京で 福島を訪れるのは 2011年9月の初訪問以来です

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/category/?cat=01 (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 原子力に対する評価 : Global Energy Policy Research
    福島原発事故当時 原子力安全委員会の委員長だった斑目春樹氏へのインタビュー 過去の反省 そして今の規制への忠告が語られている 続きを読む 日米原子力協定と日本の行うべき政策 遠藤 哲也 日本は数多くの国と原子力協定を結んでいるが そのうちで日米原子力協定は歴史も古く かつ最も重要な協定である 日本の原子力開発は 黎明期から米国との協力を通じて進められ 日米協定はその枠組みを設けるものであった 続きを読む 日本パグウォッシュ会議 長崎宣言 CNN 11月1日から6日まで長崎で開催された国際的な科学者の会議である日本パグウォッシュ会議が閉幕した 長崎を最後の被爆地に を訴える長崎宣言をまとめた 非核地帯の拡大 安全保障政策での対話を求める内容だ 続きを読む 原子力規制庁 活断層問題 説明拒否 を続ける異様 東田 八幡 敦賀発電所の敷地内破砕帯の活断層評価に関する 評価書 を巡っての原子力規制庁と日本原電との論争が依然として続いている 最近になって事業者から 原子力規制委員会の評価書の正当性に疑問を投げかける2つの問題指摘がなされた 続きを読む 伊方原発 再稼働2番手に 手続きには時間 日本経済新聞 10月26日記事 愛媛県の中村時広知事が四国電力の伊方原子力発電所の再稼動を認めた それにより 再稼動手続きが本格化する見込みだ ただし まだ地元の合意集積 審査などさまざまな問題が起こりそうだ 続きを読む 原子力エネルギー利用への信頼回復の道のり 高橋 実 福島第一原子力発電所の重大事故を契機に 原発の安全性への信頼は大きくゆらぎ 国内はおろか全世界に原発への不安が拡大しました 津波によって電源が失われ 原子炉の制御ができなくなったこと そしてこれを国や事業者が前もって適切に対策をとっていなかったこと そのため今後も同様の事故が発生するのではないかとの不安が広がったことが大きな原因です 続きを読む 命のための原子力 本の紹介 W アリソン著 GEPR編集部 アゴラ GEPRにこれまで寄稿した オックスフォード大学名誉教授 物理学 のウェイド アリソン氏が 命のための原子力 という本を英国で出版した 続きを読む 原子力発電の後始末 対策進む 下北の施設訪問 上 石井 孝明 トイレなきマンション 日本の原子力政策では今 使用済み核燃料の後始末の問題が批判と関心を集める いわゆる バックエンド問題 だ 続きを読む 北陸電力志賀原発 原子力規制委員会による活断層 騒動 の異常 石井 孝明 原子力規制委員会の有識者会合は7月17日 北陸電力志賀原子力発電所 石川県 の1号機原子炉建屋直下を走る破砕帯について 活断層の疑いを否定できないとする評価書案をまとめた この評価により同原発の当面の稼動は難しくなった 規制委の問題行動がまた繰り返されている 続きを読む 北大教授に 殺すぞ と脅迫 反原発主張の人物 石井 孝明 原子力研究と啓蒙活動を行う北海道大学大学院の奈良林直教授に対して 原発推進をやめないと殺すぞ などと脅迫する電話が北大にかかっていたことが10月16日までに分かった 奈良林教授は大学と相談し 10日に札幌北警察署に届けて受理された 続きを読む 2基目も再稼動 残された課題は NHK解説委員室 10月16日放送水野倫之解説委員の 時論公論 という番組です 九州電力川内原発の2号機が16日に稼働した 責任の所在など 残された問題をまとめている 続きを読む 中国の原子炉への関与は正しいか 英労働党 ガーディアン 10月16日記事 英国が25年ぶりに同国で5基の原発を建設中だ 計画では仏アレバの技術が使われ 中国企業の資金提供が行われる これを認めた保守党に対して 野党の労働党が疑問を示している 原題は Nuclear deals with China could endanger UK national security says Labour 続きを読む 大学教育と人材育成 原子力委員会メールマガジン 岡芳明委員長のコラムです 東大 早稲田大で 原子力の教職についたゆえに 原子力の研究と大学 そして政策の連携がないという問題点が 興味深く語られている 続きを読む 28年前のスケッチに固執 根拠希薄な 活断層 志賀原発の評価書案 新データは考慮せず 産経新聞 7月18日記事 志賀原発の活断層判断のおかしさについての解説です 続きを読む 核合意 最も困難な局面に どのようにイランに履行させるか ニューヨークタイムズ 10月17日記事 イランの核兵器合意から3ヶ月 ごまかすのではないかという懸念が米国の有識者 政治家に広がっている 原題は Now the Hardest Part Making the Iran Deal Work 続きを読む 原子力への理解のために 専門家は一歩踏み出し説明を 高橋 実 現在の日本のエネルギー政策では エネルギー基本計画 2014年4月 により 原発依存度は 省エネルギー 再生可能エネルギーの導入や火力発電所の効率化などにより 可能な限り低減させる こととなり 電力事業者は今後 原発の新増設が難しくなりました 原発の再稼動反対と廃止を訴える人も増えました このままでは2030年以降にベースロード電源の設備容量が僅少になり 電力の供給が不安定になることが懸念されます 続きを読む 原子力規制庁の資料が大量流出 日本経済新聞 10月4日記事 原子力規制庁は情報漏洩が多く その管理能力が疑問視されている 続きを読む 最終処分場の問題はビジネスライクに考えよう 池田 信夫 今月の14日から15日にかけて 青森県六ヶ所村の再処理施設などを見学し 関係者の話を聞いた 大筋は今までと同じで GEPRで元NUMO 原子力発電環境整備機構 の 河田東海夫氏 も書いているように 高速増殖炉の実用化する見通しはない 再処理のコストは直接処分より約1円 kWh高い そのメリットは廃棄物の体積を小さくする ということだ 続きを読む 英政府 仏公社の新原発に3700億円支援へ 日本経済新聞 9月21日記事 英国の新設の原発を仏電力公社 EDF が運営 それは中国製という複雑な構図です 中国企業のエネルギー 原子力の動きが活発だ 続きを読む ビル ゲイツ氏 テラパワー社での中国核工業集団との協力を確認 Geekwire 9月22日記事 同サイトは西海岸の技術情報サイト 中国の習近平国家主席の米国訪問に合わせ 中国の企業集団の幹部が相次いで米国を訪問した 中国核工業集団の幹部がそろって ゲイツ氏の原子力企業テラパワー社を訪れ 提携の強化を確認した 中国核工業ニュースリリース9月25日 テラパワーの実験原子炉は近日中に中国で建設開始が予定されている 続きを読む グローバル原子力リーダーに浮上した韓国 中央日報 韓国 9月25日記事 韓国水力原子力公社のチョ ソク会長が世界原子力発電事業者協会の会長に選出されたという報道 韓国的な自国自慢がやや不快ですが 韓国の原子力産業が実力を付けていることは確かだ 続きを読む 北朝鮮の核執着 広島原爆の威力 実感した金日成が開始 中央日報 韓国 9月22日記事 日本では安全保障法制の論議が盛んだ しかし冷静に安全保障の議論がされていない 北朝鮮では核兵器の配備を最近 対外的に強調 脅威は以前 継続している 続きを読む 高速増殖炉 もんじゅ 必要性は変わらない 碇本 岩男 日本政府は昨年4月にエネルギー基本計画を策定し 今年の7月に長期エネルギー需給見通しが策定された 原子力は重要なベースロード電源との位置付けであるが 原発依存度は可能な限り削減するとし 20 22 とされている 核燃料サイクルについては これまで通り核燃料サイクル政策の推進が挙げられており 六ケ所再処理工場の竣工 MOX燃料加工工場の建設 アメリカおよびフランス等との国際協力を進めながら高速炉等の研究開発に取り組むことが記載されている 続きを読む もんじゅ 3千機器で安全分類ミス 点検漏れの恐れも 朝日新聞 9月3日記事 原子力規制委員会は もんじゅに対して 大変厳しい審査を行っているすまた事業者の日本原子力研究開発機構も適切な対応をしていない もんじゅの先行きは かなり厳しいものになりつつある 続きを読む 原子力規制委員会と法治主義 安念 潤司 原子力規制委員会 以下 規制委 という は 原子力規制委員会設置法に基づき2012年9月11日に発足した 規制委の正規メンバーである委員長 委員 規制委の事務局である原子力規制庁 以下 規制庁 という の職員にとってこの3年間は 洪水のように押し寄せる業務の処理に悪戦苦闘する毎日であったに違いない 続きを読む 混迷する核燃料サイクル問題を原点から考える 河田 東海夫 福島第一原子力発電所事故以来 国のエネルギー政策上の原子力の位置づけは大きく揺らいできた 政府 経産省は7月に2030年度の最適電源構成における原子力比率を20 22 とすることをようやく決定したが 核燃料サイクル問題については依然混迷状態が続いている 以下 この問題を原点に立ち返って考えて見る 続きを読む IAEA 福島事故最終報告書を発表 GEPR編集部 IAEA 国際原子力機関 は8月31日 東京電力福島第一原発事故を総括する事務局長最終報告書を公表した ポイントは3点あった 続きを読む IAEA福島第一原子力発電事故 事務局長報告書 巻頭言及び要約 日本語版 IAEA 8月31日公開 上記のリポートの要約 続きを読む 福島第一原子力事故後の安全性向上への取り組みの動向 国内編 原子力産業協会 同協会機関誌の原子力産業新聞9月4日掲載 国内外での原子力規制 安全対策を手短にまとめた 海外編 続きを読む 放射性廃棄物 人類が向き合う課題 産経BIZ 9月4日記事 現在の放射性廃棄物の各国の事情を手短にまとめている どの国も その処理について国内調整が難航している 続きを読む 原発は安全か 想定外 への対応がない 石井 孝明 原子力規制委員会による新規制基準の適合性審査に合格して 九州電力の川内原発が再稼動した この審査のために原発ゼロ状態が続いていた その状態から脱したが エネルギー 原子力政策の混乱は続いている さらに新規制基準に基づく再稼動で 原発の安全性が確実に高まったとは言えない 続きを読む 米国の元原子力規制委員会委員長 米国の原発 40年 ルールに科学的根拠はない 石川 和男 ハフィントンポスト8月28日記事 米国の元原子力規制委員会委員長デール クライン氏へのインタビュー 日本が参考にした米国の規制 40年廃炉ルール は根拠がないことを述べている また日本の規制委員会の政策を批判していないが 全原発の停止には疑問を示している 続きを読む 原発再稼動 今後考えるべき事 改善の見える化を 諸葛 宗男 8月11日に九州電力の川内原子力発電所が再稼働した 東日本大震災後に原子力発電所が順次停止してから4年ぶりの原子力発電所の再稼働である 時間がかかったとはいえ 我が国の原子力発電がようやく再生の道を歩き始めた 続きを読む 原電敦賀発電所の破砕帯問題 規制委の監査が必要 東田 八幡 8 月5 日にエネルギーフォーラム社の主催で敦賀発電所の破砕帯問題を技術面及びプロセス面の両面から評価するシンポジウムが開かれ 筆者も予てからこの問題に注目しており このシンポジウムの様子をネット放送で視聴した 第1部 第2部 続きを読む 再エネ導入と電力供給力確保の両立は難しい ドイツの事例から 竹内 純子 ドイツ連邦経済エネルギー省は7月3日 ホワイトペーパーを公表 卸市場の改革とあわせ 容量リザーブ 戦略的予備力制度 を導入することを明らかにした 続きを読む 原子力国民会議第1回 原子力草の根セミナー 日本経済新聞 民間の団体 原子力国民会議がセミナーを行う テーマは 電力自由化 そして地層処分とは何か 興味のある方は ご参加を GEPRも協力する 続きを読む 川内原発の再稼働が必要な4つの理由 再稼働がもたらすリスクとベネフィット 山本 隆三 ウェッジ インフィニティ8月18日掲載 川内原発が再稼動した その理解は多くの人に得られた状況ではない 日本と九州の経済にとって いかに必要かを分析している 続きを読む 原発再稼働 後続なお課題 安全確保へ審査に時間 日本経済新聞 8月12日記事 8月11日に九州電力川内原発1号機が再稼動した 他の原発審査がなかなか進んでいないという指摘 続きを読む 川内原発遅すぎる再稼働 安全規制はここがおかしい ウェッジ GEPR編集者でジャーナリストである石井孝明の寄稿 原子力規制委員会の無責任かつ過剰な規制が問題を混乱させていると分析している 続きを読む 原子力発電所の再稼働に関して 駐日英国大使からのメッセージ 英国大使館 トム ヒッチェンス大使の異例のメッセージ 川内原発の再稼動と 原子力の復活を歓迎している 英国は気候変動と 原子力再利用で国際的な主導権を得ようと活動しており その取り組みの一貫の主張であろう 続きを読む 女性が原子力を語ったら 国際シンポから 播摩 奈津子 2015年5月19日 政策研究大学院大学において 国際シンポジウムが開催された パネリストは世界10カ国以上から集まった原子力プラント技術者や学識者 放射線医学者など すべて女性だった 続きを読む 振りかざす正義への違和感 福島事故の強制起訴めぐり 石井 孝明 ユダヤ人は祈りのときにヒラクティリーという帽子をかぶる そこから出た紐が右手と左手に結ばれる 右手はユダヤでは慈愛を象徴し あなたの行いが慈愛に満ちるように そしてそれが行き過ぎないように 左手は正義を象徴し あなたが正義を振りかざしすぎないように という意味を込めているそうだ 続きを読む 膨らんだ

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/category/?cat=02 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 再生可能エネルギー技術 : Global Energy Policy Research
    続きを読む 太陽光バブルの崩壊 下 政策目的不明に アゴラチャンネル報告 GEPR編集部 澤 FITの問題は 目的が明確ではない点です 再エネを増やすため と誰もがいいます しかし 何のために増やすのか という問いに 答えは人によって違います 脱原発のため という人もいれば エネルギーの安全保障のため と言う人もいます 始まりは先ほど述べたように 温暖化対策だった 共通の目標がありません これはよくない 続きを読む 映像 太陽光バブルの崩壊 なぜ再エネ買い取り制度は破綻したのか GEPR編集部 14年11月5日公開 澤昭裕 国際環境経済研究所所長 宇佐美典也 再エネコンサルタント 池田信夫 アゴラ研究所所長 再エネの接続拒否と負担拡大について 専門家が対応を考えた 続きを読む 今週のアップデート 再エネ振興策 混乱の収束策 2014年11月10日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 新エネルギー小委員会配布資料 経産省 資源エネルギー庁 11月6日開催分 企業 経団連 消費者団体の委員が再エネ買い取り制度について意見を述べている 企業には重荷になる一方 多くの人が再エネに過度に期待を向けている実態が 資料から見える 続きを読む 持続可能な再生可能エネルギーの導入に向けて 経団連再エネ意見書 続きを読む 電力多消費産業の要望事項 経産省 資源エネルギー庁 11月6日 上記委員会に提出の資料 鋳造業 電炉などは電力料金値上げと 再エネ賦課金の負担が年1600億円になり 産業として疲弊しているとの主張が述べられている 続きを読む 誰が 太陽光バブル を生み出したのか 池田 信夫 ニューズウィーク日本版サイト記事 太陽光発電の見直しについて この混乱と負担の始まりを振り返っている 政治の手抜きと 利益を得ようとする外資や孫正義さんの蠢動 結局 日本のためにはならなかった制度のように思える 続きを読む 新エネルギー小委員会系統ワーキンググループ 経産省 同省に置かれた総合エネルギー調査会の新エネルギー小委員会は 系統ワーキンググループで 電力会社による再エネの接続の一時保留問題を検討している 揚水発電の利用 接続ルール上で決められる30日の設置設備の保留拒否などを使って 再エネの接続を拡大ししようという案が浮上 ただし制度の抜本的見直しが進むかは現時点で不透明だ 続きを読む 理想どおりにはいかなかったサハラ砂漠の再生可能エネルギー計画 JBpress 10月29日記事 ドイツ在住の作家川口マーン恵美さんのコラム サハラ砂漠でドイツ企業が中心になって太陽光発電でEUに電力を供給するというプロジェクトが進行していた しかし 計画だけでうまく進んでいない アフリカ現地への供給事業に縮小する見込み 続きを読む 再生可能エネルギーの最大限の導入拡大に当たって直面する課題の整理 経済産業省 資源エネルギー庁 総合資源エネルギー調査会新エネルギー小委員会 第5回 14年10月15日開催 配付資料 再エネの当面する 経費 送配電網整備などの課題について 経産省が整理している 続きを読む 再エネ振興策 混乱を契機に抜本的な見直しが必要 石井 孝明 世界の先進国で 一番再生可能エネルギーを支援している国はどこであろうか 実は日本だ 多くの先行国がすでに取りやめた再エネの全量買い取り制度 Feed in Tariff FIT を採用 再エネ発電者に支払われる賦課金 住宅37円 非住宅32円 は現時点で世界最高水準だ 続きを読む 今週のアップデート 再エネ振興策の行き詰まりを考える 2014年10月14日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 九州電力はなぜ再エネ接続を留保するのか 衝撃と背景を考察 打つべき一手を提案する 日経ビジネス 10月6日号 再エネ研究者の山家公雄氏の論考 振興策の存続を前提に 揚水発電の利用などによる問題の解決を提案している 続きを読む 太陽光発電の参入凍結 大規模施設 増設も認めず 買い取り価格 大幅下げへ 経産省検討 日本経済新聞 10月11日記事 経産省の再エネ振興策の転換を伝えている 続きを読む 再エネ 支援政策の光と影 上 太陽光 投資10倍の急拡大 GEPR記事 3月24日 再掲載 今回の再エネ政策の見直しの背景になった功罪について検証しています 全3回 続きを読む 再生可能エネルギーの買い取り制度 固定買い取り抜本改定へ 送電網の容量限界で 再生エネ普及に影響 共同通信 9月26日記事 再エネが支援制度で普及しすぎ 電力会社が買い取りを拒否し 固定価格買い取り制度の見直しが検討されている 続きを読む 再生可能エネルギー賦課金 3 12円 kWh 単年度総額2 7兆円 と政府試算 日本商工会議所 9月30日記事 経産省が 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で 現在計画中の再エネがすべて稼働したとき キロワットアワーあたり3 12円の付加金でも 単年度総額で2 7兆円になると試算した 既存メディアは大きく伝えていないが 大変な負担となる 経産省資料 直近の認定量が全て運転開始した場合の賦課金等について 続きを読む 欧州のエネルギー 環境政策をめぐる風景感 その1 再エネ振興策の見直し 有馬 純 GEPR編集部より この論文は 国際環境経済研究所のサイト掲載の記事から転載をさせていただいた 許可をいただいた有馬純氏 同研究所に感謝を申し上げる 全5回 移り行く中心軸 ロンドンに駐在して3年が過ぎたが この間 欧州のエネルギー環境政策は大きく揺れ動き 現在もそれが続いている これから数回にわたって最近数年間の欧州エネルギー環境政策の風景感を綴ってみたい 最近の動向を一言で要約すれば 地球温暖化問題偏重からエネルギー安全保障 競争力重視へのリバランシング である 続きを読む 電力自由化の虚と実 太陽光発電にとっては追い風 日経ビジネス コラム 7月3日記事 今年の7月1日でFIT開始2年が経過した 電力自由化の発送電分離について 小売り自由化が分散型電源の普及にプラスとなるという意見 しかし発電は大規模になれば 安くなることは明らか 現時点では発送電分離の再エネ普及への影響は不透明だ 続きを読む 2030年エネルギーアウトルック 英語 ブルームバーグ ニューエナジーファイナンス コラム 国際メディアの調査機関が 再エネの見通しを公開 2030年までに投資額は 2013年からの累計で アジア太平洋地域では2 5兆ドルになると予想 日本では電力需要は伸び悩むものの 再エネシフトが続くと見込んでいる 再エネには大きな可能性がある 続きを読む ドイツのエネルギー事情は今 風力や火力のために火力発電をつくっている 原子力文化振興財団 原子力文化 報告書 14年5月号記事 ドイツ在住の作家の川口マーン恵美氏と海外電力調査会東海邦博氏の対談 原子力業界からの情報ながら ドイツ国内のチェルノブイリ事故以降の原子力政策の推移と再生可能エネルギーの動向が分かりやすく書かれている 続きを読む 何がエネルギー貧困を作り出すのか 政策の選択肢 山本 隆三 報告書 雑誌 プレジデント の4月14日号に 地球温暖化か 貧困か とのサブタイトルで 雑誌 プレジデント の4月14日号に 地球温暖化か 貧困か とのサブタイトルで 注目のキーワード エネルギー貧困率 についての私のコメントが掲載された 記事の一部が分かり難いので 少し詳しく説明したい 続きを読む 再エネ 支援政策の光と影 上 太陽光 投資10倍の急拡大 石井 孝明 報告書 支援がありがたい 再生可能エネルギーの発電事業者は今 そろって経産省の政策を評価する その導入を支援する固定価格制度 Feed in Tariff FIT が12年7月に導入された その影響で再エネビジネスは大きく変わり 特に太陽光発電が急拡大した しかし急成長の影に負担増などのひずみも出始めている この行く末はどうなるのか 続きを読む 再エネ 支援政策の光と影 中 負担拡大の懸念 石井 孝明 報告書 FITには光だけではなく影がある 急成長によって ひずみがもたらされている 一つの問題は質のよくない人々が参入したことだ 続きを読む 再生エネファンド創設へ 舛添都知事 官民で40億円に 朝日新聞 報告書 2月14日記事 脱原発依存を公約の一つにして2月9日の選挙で当選した舛添要一都知事は 14日の会見で 大規模な再エネ投資を支援する官民ファンドを立ち上げる構想を表明した 民間からも出資を募り 総額40億円のファンドにする予定 続きを読む 米国における持続可能エネルギー調査白書 2014年版 ブルームバーグ ニューエナジーファイナンス 報告書 米国事情を紹介するリポート 英語 最新技術の影響で 過去何十年も続いてきたエネルギーを取り巻く環境が変化しつつあることを伝えている 続きを読む 脱原発の光と影 検証必要な自由化と再エネ振興 言論アリーナ報告 GEPR編集部 報告書 GEPRを運営するアゴラ研究所は 言論アリーナというインターネットの映像番組を提供している 1月16日の放送は 電力自由化の光と影 だった YouTube それを報告する 続きを読む 水素社会構築のため 社会影響の スケール感 を持とう 塩沢 文朗 コラム 燃料電池自動車の市場化の目標時期 2015年 が間近に迫ってきて 水素社会の到来か などという声をあちこちで耳にするようになりました 燃料電池を始めとする水素技術関係のシンポジウムや展示会なども活況を呈しているようです 続きを読む 再エネ実践講座 地熱発電の展望と課題 松本 真由美 報告書 10月21日 月 全学自由研究ゼミナール 再生可能エネルギー実践講座 3回目の講義のテーマは 地熱発電です 地熱は季節や天候に関係なく安定した自然エネルギーで 日本は活火山数119個を有し 地熱資源量は2347万kWと米国 インドネシアに次ぐ世界第3位の地熱資源大国です 続きを読む 再エネ実践講座 メガソーラー事業の展望 松本 真由美 報告書 提携する国際環境経済研究所 IEEI の理事である松本真由美さんは 東京大学の客員准教授を兼務しています 続きを読む 小泉元首相 安倍首相らの 原発ゼロは無責任 に反論 ハフィントンポスト 報告書 小泉さんの脱原発論がエネルギーをめぐって話題になっている その講演の詳報 感覚的な反論にとどまっているようだ 続きを読む 脱原発のために 日本は再生可能エネルギー大国にならなければならない 久保田 宏 コラム 福島原発事故後 民間の事故調査委員会 福島原発事故独立検証委員会 の委員長をなさった北澤宏一先生の書かれた著書 日本は再生可能エネルギー大国になりうるか ディスカバー トゥエンティワン 以下本書と略記 文献1 を手に取って 非常に大きな違和感を持ったのは私だけであろうか 続きを読む Germany s Effort at Clean Energy Proves Complex ニューヨークタイムズ 報告書 9月18日記事 翻訳は クリーンエネルギー拡大努力が混迷 ドイツの選挙の結果 保守系のメルケル政権が選挙で継続することになった 自然エネルギー支援が 争点になった 電気料金は上昇し 料金が払えぬ家庭では エネルギー貧困 energy poverty というべき現象も起きているそうだ 続きを読む 再生可能エネルギーの発電設備の導入状況について 経済産業省 報告書 8月20日公表 太陽光パネルは 設置計画はあっても 建設が遅れ 現時点で計画の1割にしか過ぎない 実際の発電も稼働率が低く 大きな発電量を確保できない 参考の解説記事プレジデント つくっても実稼働率低い太陽光発電の前途多難 続きを読む ドイツのエネルギー体制はすばらしい のか 再エネ振興 問題点の再整理 竹内 純子 報告書 ドイツ シュトゥットガルト在住の作家である川口マーン恵美氏が現代ビジネスに寄稿された ドイツ 再生可能エネルギー法の失敗と 日本が模索すべき最良の道 は 客観的に事実を積み上げた内容で これまでドイツのエネルギー政策に注目してきた筆者にとっては 至極まっとうなものであると感じた 続きを読む ドイツ 再生可能エネルギー法の失敗と 日本が模索すべき最良の道 現代ビジネス 報告書 8月2日記事 竹内純子さんのコラムに引用 ドイツ在住の作家 川口マーンさんによる ドイツの再生可能エネルギーをめぐる政策の失敗についての解説 続きを読む FIT導入から1年が経過して思うこと 大和総研 コラム エコノミスト神田慶司氏のコラム FIT 固定価格買取制度 から1年 太陽光で3倍 計画ベース など伸びは著しいが コスト そして目標の不明確さがあるとの問題を指摘している

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/category/?cat=03 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • エネルギー産業の分析 : Global Energy Policy Research
    9セント kWhに対して英国が6 4セント kWhだった 続きを読む 核燃再処理 国が監督 新たな認可法人設立へ 経産省検討 朝日新聞 8月29日記事 核燃料サイクル問題で 六ケ所村の日本原燃の施設の負担と責任をどうするという問題が出ていた 電力自由化で現行制度は変えなければいけなくなる 経産省は国の関与を拡大することを検討している 続きを読む 日本の原子力産業が取る道は 仏アレバ 中国企業の提携から 村上 朋子 6月30日 原子力企業Arevaとフランス電力EDFは中国原子力企業CNNC及びCGNとの間で原子炉 核燃料サイクル技術の民生利用に係る協力を推進することで合意した これに先立つ6月3日 Arevaの原子炉事業をフランス電力 EDF が取得することがフランス大統領府により承認されている 続きを読む 電力自由化 生活はどうなる 言論アリーナ報告 GEPR編集部 池田 2022年までに 電力では発送電分離が行われる予定です 何が行われるのでしょうか 澤 いろいろな説明の仕方がありますが 本質は料金設定の見直しです 規制のかかっていた4割の家庭用向けを自由化して 総括原価と呼ばれる料金算定方法をなくします 続きを読む 映像 電力自由化 生活はどうなる GEPR編集部 2015年8月4日放送 出演は 山内弘隆 一橋大学大学院商学研究科教授 澤昭裕 国際環境経済研究所所長 司会は池田信夫氏 アゴラ研究所所長 の各氏 現在進む電力自由化の問題について 現状のポイントと生活への影響を考えた 続きを読む 関電に激震 セブン イレブン関西の電力 東電乗り換え決定で越境販売 さらに活発化か 産経新聞 関西版 8月14日記事 東京電力が関西圏のコンビニ1000店に数パーセント安い電力を供給する予定という 利用者の利便性の向上という電力自由化のプラスの部分だ 続きを読む エネルギー政策は なぜ変わらないのか その1 原子力導入 毎日新聞 8月14日記事 日本が原子炉を導入した経緯をおさらい 知られた話だが 日本は無資源国であり 開戦の理由の一つがエネルギー供給を断たれたことが 政策当局者 国民の脳裏に敗戦直後からあった その反省から 国産エネルギーと原子力に関心が向いた 続きを読む 東電元会長ら3人強制起訴へ 検察審が起訴議決公表 日本経済新聞 7月31日記事 福島事故における東電の経営陣の強制起訴をめぐる議決と論点を伝えている 続きを読む イラン原油輸出制裁解除 残る 復活 へのハードル 日本経済新聞 8月1日記事 国際原油価格が50ドル台と軟調になっている イランの核開発の停止と制裁解除の期待が一因 しかしイラン産原油の大規模な流通は まだ時期が確定していないという 続きを読む 川内原発1号機 再稼働は11日以降に NHK 8 月1日報道 九州電力の川内原発が 新規制基準に適合したとして8月に再稼動の予定だ 1年11ヶ月ぶりに日本で原発が稼働することになる ただし 課題は山積しています 参考記事 九電川内原発 再稼動へ準備進む 続きを読む 電力自由化で電気代は下がるのか 池田 信夫 来年4月から電力の小売り自由化が始まる 世の中では自由化 善だと思い込んでいる向きもあるが それが望ましいのは 価格が下がってサービスが改善され 消費者にメリットがある場合だ 続きを読む 実は成長 世界の原子力産業 言論アリーナ報告 GEPR編集部 エネルギーのバーチャルシンクタンクGEPRは 月1回 言論アリーナ でエネルギー問題を取り上げている 7月15日の放送は 実は成長 世界の原子力産業 だった 続きを読む 映像 実は成長 世界の原子力産業 GEPR編集部 続きを読む イラン核問題 過剰抗議に対する批判 アルジャジーラ アメリカ 7月24日記事 原題は Critics of the Iranian nuclear deal protest too much 著名安全保障ジャーナリストのジョン グレーサー氏の論考 イランとアメリカなどによる核合意について 米国では保守派を中心に批判が強まっている しかしグレーサー氏は 交渉打ち切りの場合の対応は 軍事オプションしかなく 代案はないはずだと指摘 イランの制裁の行く末は 原油と原子力のマーケットに影響していくだろう 続きを読む 原発工事会社から報酬 立地の道県議6人 役員や顧問に 朝日新聞 7月20日記事 朝日新聞の調査で 原発の工事会社と地方政治家の関係が示された 一部の地方の産業の中心が建設会社であり違法ではないが 好ましいことではない 原子力事業の透明性を確保していくことが必要だ 続きを読む イラン核合意 賛否両サイドの専門家の議論 ワシントンポスト 7月17日記事 イランをめぐる核合意が成立しました 査察の徹底化 そしてイラン禁輸の緩和が内容です これについて イラン原油の輸出によって エネルギー問題への影響は長期的に現れるだろう 米国の意見ですが 賛否両論が出ていたので紹介する 続きを読む 世界の原子力発電動向 上 趨勢は継続 拡大 小林 雅治 日本では福島第一原発事故の後で 世論調査では原子力発電所の再稼動や将来にわたる原子力発電利用についてネガティブな意見が多い 一方 世界に目を転じると ドイツのように原子力の段階的廃止を明確に標榜した国は少数で 多くの国が将来のエネルギー安全保障やCO2対策などから 原子力開発を推進あるいは拡大する方向にある 続きを読む 世界の原子力発電動向 下 途上国に売り込む中露 小林 雅治 福島事故後の世界各国の原子力政策や原子力計画から 大きく原子力推進国と原子力撤退国 脱原子力国 に分類される さらに現在 原子力発電所を持っている国とこれから原子力発電所を持とうとしている国 新規導入国 に分類される 続きを読む ワールドけいざい 石油 中東で増産合戦 サウジとイラク 過去最高水準 朝日新聞 7月12日記事 原油価格が昨年下半期の急落後 再び上昇傾向にある しかし 産油国が歳入を埋めるために 増産の気配を崩していない 米国の景気の回復が注目される上昇材料がある一方 こうした下げ要因もあり 綱引き状態になっている 続きを読む シリーズJapan Data日本の電源構成 ニッポンドットコム 6月26日記事 日本財団の運営する情報提供サイト この前決まった電源構成などを分かりやすく図表化している 各国語訳も上記で見られる 続きを読む 日米中連合製原子炉AP1000 の世界展望 永崎 隆雄 近年 日本は安部首相を先頭にして 世界各国に原子力発電プラントを売り込んでおり いくつか成功をしている 原子力発電の輸出は そもそも新興国の電力を安価に安定に供給し 生活を豊かにし 貧困から来る紛争や戦争を防ぎ 輸出国 輸入国双方の国富を増大させる 続きを読む 自民党 原子力規制の改革に前向き 実現は不透明 石井 孝明 自民党が原子力規制委員会の改革に前向きだ 同委員会の設置法では発足3年での見直し条項が置かれているが 今年9月でその年になる それに合わせて問題の多い同規制委の活動を組織改編で見直そうとしている 続きを読む ロシアとサウジ 原子力利用協定に合意 ロイター通信 6月19日配信 英語 サウジアラビアが各国と原子力協定を結び 国内に原子炉作りを進めている ロシアはプーチン大統領が原発輸出を首脳外交の議題にするなど 売り込みに積極的だ 続きを読む 原油価格 15年後半からどうなるのか 江守 哲 石油輸出国機構 OPEC が6月5日に開催した総会では 市場の予想通り 生産目標が日量3000万バレルで据え置かれた これにより サウジなど生産調整による原油価格の下支えを放棄する 減産否定派 の声が今回も通ったことになる 続きを読む 石炭火力 建設バブル発生か 早速浮上の 破裂懸念 石井 孝明 石炭火力発電の建設計画が次々に浮上している 電力自由化をにらみ 経済性にすぐれるこの発電に注目が集まる 一方で 大気汚染や温室効果ガスの排出という問題があり 環境省は抑制を目指す 政府の政策が整合的ではない このままでは 建設バブルの発生と破裂 という よくあるトラブルが発生しかねない 政策の明確化と事業者側の慎重な行動が必要になっている 続きを読む 東電株を巡り攻防戦 買う個人 空売り狙うファンド 日本経済新聞 6月4日記事 この3ヶ月上昇が続く東電株の荒い値動きについての解説 ただし5月に ポイントでのリクルートの提携 カタールへのインフラ輸出など意欲的な取り組みを続けていることも影響している 東電の復活は成るのか 続きを読む イラン 制裁解除後のエネルギー使用に期待 BBC 6月5日記事 英文記事 イランが核開発をやめ 国連などによる制裁解除の可能性が出ている イランの石油 天然ガス資源埋蔵量は世界の中で大きく 需給の一段の緩和の可能性が出ている 日本の ホルムズ海峡リスク も減るだろう CIAなど米政府の分析を元にした報告 続きを読む 原発の穴を埋めるのは石炭火力 池田 信夫 アゴラ5月29日掲載 今 石炭の再評価が世界で進んでおり 原発停止の中で日本でも注目されている 問題は温室効果ガスと大気汚染だ どれを選ぶべきかの問いかけ 続きを読む NPT再検討会議 最終文書を採択できず決裂 朝日新聞 5月23日記事 核不拡散条約の再検討会議が国連で行われていましたが 中東非核地帯構想 や核軍縮を勧告するための最終文書を決めることができなかった 核兵器の管理は 保有米国など5大国と 秘密裏に開発したイスラエルの思惑が重なり なかなか進展しない 続きを読む 中国 アルゼンチンと原発輸出を協議 ワールドニュークリアニュース WNN 5月8日記事 中国は原発輸出に熱心だ 南米のアルゼンチンと2基建設で合意のもようだ 中国は エジプト サウジアラビア スーダン トルコ 中東 南米 南アフリカ ヨーロッパではチェコ ポーランドなどに売り込みをしているという 続きを読む 電力会社10社の売上高が20兆円を突破 関西と九州は赤字が続く ITメディア スマートジャパン 5月1日記事 14年度の電力会社10社決算が出そろった 売上高は値上げの影響で20兆円を突破 しかし利益の改善は遅く 関西と九州電力社は赤字になった 両社は原子力の発電比率の高い電力会社で 原発停止が影響している 続きを読む 4期連続最終赤字のアレバ 仏政府が救済へ 原発専業岐路 日本経済新聞 5月5日記事 仏原子力メーカーのアレバの経営危機を 同社の負担になっているフィンランド オルキルオト原発の現状を紹介しながら 解説している 続きを読む ヒラリー クリントン 外国政治献金でメディアの質問に向き合う 英語記事 ポリティコ 米政治メディア 4月23日掲載 2016年の米大統領選の有力候補であるヒラリー クリントン氏にロスアトムなどロシアの原子力企業の献金が 夫のクリントン元大統領の財団から流れていたのではという疑惑を報じている 同社の米国のウラン企業買収に絡むのではないかという指摘 どの国でも エネルギーと政治の距離が近いことが分かる報道だ 続きを読む ベースロード電源の比率なんて意味がない 池田 信夫 アゴラ4月24日掲載 ベースロード電源という言葉が最近 メディアなどで出る エネルギーの議論では 価値判断 は含まれず 出力の変えられない電源という意味しかない 言葉の使用に注意すべきであろう 続きを読む アジア投資銀行 目的は 赤い原子炉 への融資か 躍進する中国の原子力産業 石井 孝明 アジア投資銀行の狙いは 中国が 赤い原子炉 を輸出するための融資体制づくりではないか また中国の中東からの石油 天然ガスを運ぶ海上交通路を安全にするための 途中の港湾の整備にも使うだろう アジア開銀がやっていない融資だ 中国のエネルギー戦略と この銀行は密接に結びついている 日米の参加がないことで話題になっている中国主導のアジア投資銀行 AIIB について 在東京のアジア某国の外交官は 取材に見通しをこう述べた 続きを読む 高浜原発差し止め訴訟 裁判官の知らぬ 法の支配 池田 信夫 高浜3 4号機の再稼動差し止めを求める仮処分申請で きのう福井地裁は差し止めを認める命令を出したが 関西電力はただちに不服申し立てを行なう方針を表明した 昨年12月の申し立てから1度も実質審理をしないで決定を出した樋口英明裁判官は 4月の異動で名古屋家裁に左遷されたので 即時抗告を担当するのは別の裁判官である 続きを読む 2030年の電力化率はどうあるべきか 杉山 大志 2030年の電源構成 エネルギーミックス について現時点で予断はできない だが どのようなミックスになるにせよ ヒートポンプ EVを初めとした電気利用技術は温暖化対策の一つとして有力である さらに 2030年以降といった より長い時間軸で考えると 電力の低炭素化は後戻りしないであろうから 電力化率 最終エネルギーに占める電力の割合 の上昇はますます重要な手段となる 続きを読む 原発建設計画270基超 中国最新鋭原発潜入ルポ ウェッジ インフィニティ 2014年7月掲載 同社の取材陣が中国の原子炉建設の現場と関係者を取材した 中国の技術者たちは 自信を深めているもよう そして安全性も技術水準も高そうとの報告だ 続きを読む 株式会社JERA 呼称 ジェラ の設立について 世界で戦うグローバルなエネルギー企業を目指して 東京電力 4月15日発表資料 東京電力と中部電力は燃料の調達や事業の統合を目指す新会社

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/category/?cat=04 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • エネルギー政策への提言 : Global Energy Policy Research
    井伊 重之 経済産業省の有識者会議がまとめた2030年の望ましい電源構成 エネルギーミックス 案は 政治的な思惑に左右され 各種電源の数字合わせに終始した印象が強く残った エネルギーは暮らしや産業を支える国の重要な基盤である そこにはイデオロギーや政治的な主張を持ち込むべきではなく あくまで現実を踏まえた冷静な政策判断が求められる だが 有識者会議では日本のエネルギーのあるべき将来像について 骨太な議論はみられなかったのは残念だ 続きを読む CO2削減目標マイナス26 をどう 位置づける べきか 杉山 大志 政府は2030年に2005年比で26 の温室効果ガス削減という数値目標を提示した だがこれは コストをあまり考慮せずに積み上げた数字であって 最大限努力した場合の 削減ポテンシャル と見るべきである 続きを読む 温室効果ガス26 削減は不可能である 池田 信夫 政府は2030年までに温室効果ガスを2013年比で26 削減するという目標を決め 安倍首相は6月のG7サミットでこれを発表する予定だが およそ実現可能とは思われない 結果的には 排出権の購入で莫大な国民負担をもたらした京都議定書の失敗を繰り返すおそれが強い 続きを読む 再エネ急拡大のエネルギーベストミックス案 実現可能か 石井 孝明 経済産業省は4月28日に エネルギー源の割合目標を定める エネルギーミックス 案をまとめた 電源に占める原子力の割合を震災前の約3割から20 22 に減らす一方で 再エネを同7 から22 24 に拡大するなど 原子力に厳しく再エネにやさしい世論に配慮した しかし この目標は 荒唐無稽 というほどではないものの 実現が難しい内容だ コストへの配慮が足りず 原子力の扱いがあいまいなためだ それを概観してみる 続きを読む エネルギー長期需給見通し エネルギーミックス 小委員会第8回会合 経産省 資源エネルギー庁 4月28日発表 再掲 今回取り上げたエネルギー見通しをまとめた会議 報告案 に概要が掲載 続きを読む ついに結論が出た日本のエネルギーミックス 宇佐美 典也 JBpress5月15日記事 30日にまとまった政府案を分かりやすく紹介している 原子力が20 22 再エネが22 24 と一定の幅を持たせる形で決着がついた 続きを読む 法的根拠なき原発の停止 規制庁の奇妙な見解の紹介 石井 孝明 日本のすべての原発は現在 法的根拠なしに止まっている それを確認するために 原子力規制委員会 規制庁への書面取材を行ったが 不思議でいいかげんな解答をしてきた それを紹介する 続きを読む 安価 安定的電力供給が地方創生に必要な理由 山本 隆三 2月の百貨店の売上高が11ヶ月振りにプラスになり 前年同期比1 1 増の4457億円になった 春節で来日した中国人を中心に外国人観光客の購入額が初めて150億円を超えたと報道されている 爆買い と呼ばれる中国人観光客の購入がなければ 売上高はプラスになっていなかったかもしれない 続きを読む 頻発する反原発訴訟への疑問 意味あるのか 石井 孝明 裁判と社会の問題を考える材料として ある変わった人の姿を紹介してみたい 続きを読む 映像 裁量行政の 法律なき法の力 GEPR編集部 池田信夫アゴラ研究所所長の映像コラム 日本原電の敦賀2号機に活断層があると認定した原子力規制委員会の行動を批判 続きを読む 本末転倒で迷走するエネルギーミックス論争 池田 信夫 ニューズウィーク日本版 4月9日掲載 非現実的な再エネ 省エネ見通しが語られている その中で2030年のエネルギーを語るのは無意味という当然の指摘 続きを読む 法律なき法の力 による日本原電への死刑宣告 池田 信夫 原子力規制委員会は 日本原電敦賀2号機について 重要施設の直下に活断層がある との 有識者調査 の最終評価書を受け取った 敦賀2号機については これで運転再開の可能性はなくなり 廃炉が決まった しかしこの有識者会合なるものは単なるアドバイザーであり この評価書には法的拘束力がない 続きを読む COP21に向けてエネルギー政策の正常化を 池田 信夫 今年11月にパリで開かれるCOP21 第21回国連気候変動枠組条約締結国会議 では 各国が気候変動についての対策とCO 2 の削減目標を出すことになっている 日本もそれに向けて 5月までにはエネルギーミックスを決めることになっているが あいかわらず 原子力を何 にするか という問題に論議が集中している 続きを読む 原子力規制委 未熟な運用体制と欠陥 上 石橋 忠雄 政府の原子力政策をめぐる公職を務め 各国の原子力法制に詳しい石橋忠雄弁護士に 原子力規制委の行政活動について 法律論からの問題点の寄稿をいただいた 続きを読む 原子力規制委 未熟な運用体制と欠陥 下 石橋 忠雄 規制委の審査 判断の過程はそれによって不利益を受ける側の主張 立証の機会が法律上 手続的に保障されていないのである 従って規制委ないしは有識者会合において事業者側の資料の提出を受けつけなかったり 会合への出席や発言も認めなかったりしても形式上は何ら手続き違反とはならないという おかしな結果になる 要するに対審構造になっていないのである 続きを読む 過大な省エネ見通しはこう見直すべし 政府長期エネルギー需給見通し小委員会で提示された省エネ見通しの改善提案 杉山 大志 2月27日に開催された政府長期エネルギー需給見通し小委員会において 事務局から省エネ見通しの暫定的な試算が示された そこでは 電力 特に家庭 業務部門について 大幅な需要減少が見込まれている だがこれは1 7 という高い経済成長想定との整合性がとれておらず 過大な省エネ推計となっている 同委員会では今後この試算を精査するとしているところ その作業に資するため 改善のあり方について提案する 続きを読む ゼロリスクを求めるメディアの 情報汚染 が福島の復興をさまたげる 池田 信夫 ニューズウィーク日本版3月12日記事 福島の現状について ゼロリスク の追求が 実は復興を遅らせているという分析 続きを読む 東京電力株式会社に係る原子力損害の賠償に関する国の支援等の実施状況に関する会計検査の結果について 会計検査院 3月23日公表 会計検査院が 東電の賠償問題についての監査をまとめた NHKの要約 競争原理が働きにくい として 無駄遣いを列挙している ただ 賠償 汚染水対策の 線引き つまりリスクゼロを求めて最大限の対策をすることには踏み込まなかった 続きを読む 原子力 エネルギー政策の混迷 自民党議員の考えは 石井 孝明 福島第一原子力発電所事故の後でエネルギー 原子力政策は見直しを余儀なくされた 与党自民党の4人のエネルギーに詳しい政治家に話を聞く機会があった 政治家が何を考えているのか を紹介してみたい 続きを読む 御用学者 を追放したらどうなったか 石井 孝明 福島原発事故以降 御用学者 という言葉がはやった バズワード 意味の曖昧なイメージの強い言葉 だが 政府べったりで金と権勢欲のために人々を苦しめる悪徳学者 という意味らしい 今は消えたが2012年ごろまで 御用学者リスト 写真 がネット上にあった 卑劣にも 発表者は匿名で名前を羅列した それを引用し攻撃を加える幼稚な輩もいた 続きを読む 菅直人の呪い から覚めるとき 池田 信夫 2月27日公開 ルールを決めず 恣意的に決め 後まで影響する 政治の呪い を批判 そろそろ正常化に動くべき 続きを読む 学術会議は違法な提言をやめよ 池田 信夫 東京新聞 によれば 学術会議が 放射性廃棄物の処理方法が決まらない電力会社には再稼動を認可するな という提言を17日にまとめ 3月に公表するらしい これは関係者も以前から懸念していたが 本当にやるようだ 文書をみていないので確かなことはいえないが もし学術会議が核廃棄物の処理を条件として原発の運転停止を提言するとすれば違法である 続きを読む エネルギーミックスの議論 意味があるのか 動かず 減る原発を前に 石井 孝明 2030年の最適な電源構成 エネルギーミックス を決める議論が経産省で1月30日に始まった 委員らの意見は原子力の一定維持が必要で一致 さらに意見では 割合では原発15 論を述べる識者が多かった しかし この状況に筆者は奇妙さを感じる 続きを読む 高レベル放射性廃棄物の処分について 再掲載 日本学術会議 2012年9月発表 今回 池田信夫氏が批判的に取り上げた文章だ 技術的な検討 他のリスクとの比較検討がなく 社会合意ができないと 早急に結論づけている 続きを読む 長期エネルギー需給見通し小委員会 資料 経産省 資源エネルギー庁 15年1月30日開催会議資料 今回取り上げた エネルギーミックスをめぐる会合の資料だ 原発ゼロ などが語られた民主党政権時代よりも 審議会で常識的な議論が展開されるようになった 続きを読む 高浜合格 九電社員 心が折れそう 進まぬ再稼働 四面楚歌の九電経営陣 産経新聞 2月12日記事 申請の補正を含めた書類は6万ページという これは合理的な審査を行っているか 疑われる量だ 審査が遅れるのは 電力会社に加えて 原子力規制委員会の責任でもある 続きを読む 2030年のエネルギーミックス 火力発電を5割まで低減 ITメディア 2月3日記事 総合資源エネルギー調査会で2030年の最適な電源構成 エネルギーミックス を決める有識者会合が30日に始まった 経産省は2月8日時点 議事録公開せず 原発稼働の見通しがつかない中で 意味がある取り決めか疑問だ 続きを読む ピントはずれる拡大中のエネルギー予算案 なぜ再エネに GEPR編集部 経済産業省は1月14日 資源 エネルギー関係予算案を公表した 2015年度 平成27年度 当初予算案は15年度7965億円と前年度当初予算比で8 8 の大幅減となる しかし14年度補正予算案は3284億円と 13年度の965億円から大幅増とし 総額では増加となる 安倍政権のアベノミクスによる積極的な財政運営を背景に 総額での予算拡大は認められる方向だ 続きを読む 原子力行政はどこで 脱線 したのか 池田 信夫 全国の原発が止まったまま 1年半がたった 川内原発の再稼動は今年度中には困難 と報道されているが そもそも原発の運転を停止せよという命令は一度も出ていない それなのに問題がここまで長期化するとは 関係者の誰も考えていなかった 今回の事態は きわめて複雑でテクニカルな要因が複合した 競合脱線 のようなものだ 続きを読む 原子力規制委員会の活断層審査の混乱を批判する 石井 孝明 原子力規制委員会 その下部機関である原子力規制庁による活断層審査の混乱が2年半続いている 日本原電の敦賀原発では原子炉の下に活断層がある可能性を主張する規制委に 同社が反論して結論が出ない 東北電力東通原発でも同じことが起こっている 調べるほどこの騒動は ばかばかしい これによって原子炉の安全が向上しているとは思えないし 無駄な損害を電力会社と国民に与えている 続きを読む 電力会社の原子力事業が再編される 日本原電 東西分社化検討をめぐり 澤 昭裕 1月17日付日経朝刊に 日本原子力発電株式会社の東西分社化検討の記事が載っていました 同社は 日本が原子力発電に乗り出した1950年代に電力各社の出資によって設立されたパイオニア企業で 茨城県東海村と福井県敦賀市に原子力発電所を持っており 他の電力会社に電気を卸しています 続きを読む 原子力安全規制の最適化に向けて 炉規制法改正を視野に 21世紀政策研究所 政策提言14年8月公表 現在の対話のない原子力規制の状況をどのように変えるべきか 提案をしている 米国の例を参考に 独立性と円滑な規制の姿を考察した 続きを読む 今週のアップデート 福島事故 NHKの誤った報道 2015年1月19日 GEPR編集部 アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 原発現場と対話しない原子力規制委 規制庁 安倍政権はコスト度外視の原子力規制の行政実務を改善する解決策を提示せよ 石川 和男 原子力規制委員会の行動が 独善的になっているとの批判 この問題について 有識者がそろって同じ批判をしているのに 同委員会はなかなか改めない 続きを読む 何で俺が来たと思っているのだ 原発作業員に向けた激高 菅直人氏 産経新聞 12月28日記事 25日に政府事故調が 追加で聞き取り調査を公表 産経が吉田調書を読み直す作業を行っている 原発事故対応の民主党政権 また当時の菅直人首相の混乱ぶりを改めて伝えています 作業員を前に 菅直人氏は怒鳴っていたという 池田元久経産副大臣 当時 の証言 続きを読む 津波対策 関わるとクビ 10年 保安院内部で圧力 東京新聞 12月26日記事 政府事故調の聞き取り調査で 当時の原子力安全 保安院で上記のような発言をする幹部がいたとの報告 これは事実としたら事故の遠因になっただろうし その組織の行政官が原子力規制庁に移ったことは大変な問題 続きを読む シェール革命 可能性とリスクにどう向き合うか エネ庁部長インタビュー GEPR編集部 世界の天然ガス情勢に大きな影響を及ぼしている北米のシェールガス革命 この動きを 経産省 資源エネルギー庁はどのように分析し その変化を日本にどう取り込もうとしているのか 続きを読む 省エネ推進と原子力の安全な活用を 日本への期待 ムラー博士講義 本記 GEPR編集部 福島原発事故の後で 日本ではエネルギーと原子力をめぐる感情的な議論が続き 何も決まらず先に進まない混乱状態に陥っている 米国の名門カリフォルニア大学バークレー校の物理学教授であるリチャード ムラー博士が来日し 12月12日に東京で高校生と一般聴衆を前に講演と授業を行った 海外の一流の知性は日本のエネルギー事情をどのように見ているのか 続きを読む エネルギー源 どれにもあるデメリット ムラー博士講義 要旨

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/category/?cat=05 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 地球温暖化 : Global Energy Policy Research
    続きを読む 地球環境は経済問題 地球温暖化とのつきあい方 池田 信夫 著者はIPCCの統括執筆責任者なので また 気候変動で地球が滅びる という類の終末論かと思う人が多いだろうが 中身は冷静だ 続きを読む 温室ガス30年度26 減目標 EU上回る水準 読売新聞 4月25日記事 温室効果ガスについて 政府の目標案の推測記事 20 台の上下で政府 与党を巻き込んだ議論が続くだろうが 25 前後に落ち着くと思われる 続きを読む 誤解だらけの気候変動問題 省エネへの過剰期待 竹内 純子 日本の温室効果ガス排出量が増加している 環境省が4月14日に発表した確報値では 2013 年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は 14 億 800 万トン CO2換算 となり 前年度比 1 2 2005年度比 0 8 1990年度比では 10 8 となる 1990年度以降で最多だった2007年度 14億1200万トン に次ぐ 過去2番目の排出量とあって報道機関の多くがこのニュースを報じた しかし問題の本質に正面から向き合う記事は殆ど見られない 続きを読む 2030年EUエネルギー気候変動パッケージ その1 続 欧州のエネルギー環境政策を巡る風景感 有馬 純 昨年7月に5回にわたって 欧州のエネルギー 環境政策をめぐる風景感 を投稿したが その後半年の間に色々な動きがあった これから数回にわたって 続 欧州のエネルギー環境政策を巡る風景感 を綴ってみたい 続きを読む 2030年EUエネルギー気候変動パッケージ その2 続 欧州のエネルギー環境政策を巡る風景感 有馬 純 2014年10月23日に首脳レベルで構成される欧州理事会において 2030年のパッケージが決定された そのポイントは以下のとおりである 2030年に最低でもGHG排出量を1990年比最低でも 40 続きを読む 世界5都市対象 地球温暖化に関する意識調査 みずほ情報総研 1月リポート 東京 ニューヨーク ロンドン 上海 ムンバイの都市に住む20歳以上の男女を対象に行われた 1 いずれの都市でも 実際に起きている と考える人が大半 2 地球温暖化の影響に備えている人の割合は 東京が最低 3 地球温暖化対策に対して いずれの都市でも適応よりも緩和が重要視されているという結果が出た 落ち着きはじめた証拠か 続きを読む CO2排出削減計画で小さな進展 COP20閉幕 ウォールストリート ジャーナル 12月15日記事 ペルーのリマで行われていた気候変動枠組条約第20回締約国会議 COP20 が閉幕した 来年のパリ会議では 枠組みをつくることが目標にされている それでも その制度づくりでもめた 会議では緩い登録制度づくりで合意がされた 続きを読む 欧州のエネルギー 環境政策をめぐる風景感 3 気候変動対策 有馬 純 本年1月に発表された 2030年に向けたエネルギー気候変動政策パッケージ案パッケージ案 について考えるには 昨年3月に発表された 2030年のエネルギー 気候変動政策に関するグリーンペーパー まで遡る必要がある これは2030年に向けたパッケージの方向性を決めるためのコンサルテーションペーパーであるが そこで提起された問題に欧州の抱えるジレンマがすでに反映されているからである 続きを読む 第186回国会 原子力問題調査特別委員会議事録 2014年8月7日 衆議院データベース 今回登場の細田健一議員と 田中俊一原子力規制委員会委員長のやり取りが前半に収録されている 敦賀原発2号機審査が早急に行われているのではないかなど 規制委の審査のやり方に疑問を示している 続きを読む 不思議の国のエネルギー論議 有馬 純 コラム 先日 ロンドンの著名なシンクタンクが主催するハイレベルのフリーディスカッションに参加してきた テーマはエネルギーを巡る4つの相克 Quadlilemma である 4つの相克とはエネルギー安全保障 環境保全 国際競争力 エネルギーアクセスを指す エネルギーの安定供給を図りながら 温室効果ガスも削減し エネルギーコストを抑えて競争力を確保し かつエネルギーアクセスを有していない人々 世界の人口の26 へのエネルギー供給を確保していくことはミッション インポッシブルに近い難題である 続きを読む 日本鉄鋼業が推進する3本柱の技術協力 丸川 裕之 報告書 日本の鉄鋼業は 世界最高の生産におけるエネルギー効率を達成している それを各国に提供することで 世界の鉄鋼業のエネルギー使用の減少 そして温室効果ガスの排出抑制につなげようとしている その紹介 続きを読む アメリカ人は地球温暖化を事実と思っている 答えはイエス ニューヨークタイムズ 報告書 6月1日記事 原題は Is Global Warming Real Most Americans Say Yes 米国人には温暖化懐疑論が多いと 日本で伝えられている ブッシュ政権の懐疑的なイメージが強く残るためであろう ところが 世論調査で見ると7割が その危険を認識している ただし民主党支持者が温暖化リスクを重視する一方で 共和党支持者はそれほどではない 続きを読む 原発停止で温室ガス 2年で8 増 政府白書 読売新聞 報告書 5月30日記事 エネルギー白書の原案が明らかになった 原子力の停止と化石燃料の使用増で温室効果ガスの増加が著しくなっている 続きを読む チェルノブイリの正しい教訓 英語 ニューヨークタイムズ 論文 5月1日社説 米国の原子力利用に懐疑的なメディアの代表格である同紙も最近 原子力の利用に肯定的だ この問題で必要なことは 分別だ と指摘している GEPRは近日翻訳を紹介する 続きを読む IPCC 第5次評価第2部会報告書の疑問点 速報 論文 杉山 大志 電力中央研究所上席研究員 論文 スライド 杉山氏は気候変動政策についての著名研究者で 今年発表のIPCC第5次報告の第3部会 気候変動に対応する適応策 政策 報告書の執筆者である 第2部会報告 気候変動の影響 について やや強めの影響評価が示されているのではないかという疑問を示している 続きを読む 映像 日本はIPCCの温暖化警告にどう向き合うべきか GEPR編集部 国連のIPCC 気候変動 が第5次報告をまとめました 気候変動問題の研究者である杉山大志さん 竹内純子さんを招き モデレーター 石川和男さんで議論をしました 内容は近く 記事化します 続きを読む IPCC第5次評価報告第三作業部会報告の公表 文部科学省 報告書 4月13日公表 気候変動の緩和策 を分析したIPCC 国連 気候変動に関する政府間パネル の報告 追加的な緩和策がないと 2100年における世界平均地上気温が 産業革命前の水準と比べ中央値で3 7度から4 8度上昇する可能性があることを示した 続きを読む IPCC第5次報告書 影響 適応 脆弱性 の公表 環境省 報告書 温暖化問題に関する科学者の知見を集めたIPCC 国連 気候変動に関する政府間パネル の第2作業部会の会合が横浜で開かれました その概要を示しています 気候変動の影響が多面的に広がり 特に水の循環システム 生物の生息域が変わっていることを指摘しました 続きを読む COP19参戦記 失敗 日本の新目標発表 なぜ 今 だったのか 竹内 純子 コラム 提携する国際環境経済研究所 IEEI の竹内純子さんが 温暖化防止策の枠組みを決めるCOP19 気候変動枠組条約第19回会議 ワルシャワ 11月11 23日 に参加しました その報告の一部を紹介します 続きを読む 温暖化ガス削減 自主目標導入で合意 COP19 日本経済新聞 報告書 11月24日記事 今回のCOP 気候変動枠組み条約締約国会議 で 日本は温室効果ガス削減目標の切り下げを批判された 一方で 会議の内容は 前回のCOPで決まった2015年までに制度をつくるという目標に向けた 前哨戦 だった 自主目標導入は予想の範囲内だった 続きを読む エネルギー政策の混迷をもたらしている地球温暖化対策 下 低炭素社会 追求への疑問 久保田 宏 コラム はじめに述べたようにいま ポスト京都議定書の地球温暖化対策についての国際協議が迷走している その中で日本の国内世論は京都議定書の制定に積極的に関わった日本の責任として 何としてでも 今後のCO2 排出枠組み国際協議の場で積極的な役割を果たすべきだと訴える 続きを読む エネルギー政策の混迷をもたらしている地球温暖化対策 中 石炭 再エネは決め手ではない 久保田 宏 コラム 福島原発の事故により 事故直前 2010年度 に 国内電力供給の25 を占めていた原発電力の殆どが一時的に供給を停止している 現在 安全性の確認後の原発がどの程度 再稼動を許可されるかは不明であるが 現状の日本経済の窮状を考えるとき いままで 国民の生活と産業を支えてきた原発電力の代替として輸入される化石燃料は できるだけ安価なものが選ばれなければならない 続きを読む 地球は本当に温暖化しているのか IPCC ポスト京都を考える 上 言論アリーナ GEPR編集部 報告書 エネルギーのバーチャルシンクタンク GEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ を運営するアゴラ研究所は インターネット放送 言論アリーナ を提供している 9月3日は1時間にわたって 地球は本当に温暖化しているのか IPCC ポスト京都を考える を放送した 続きを読む 地球は本当に温暖化しているのか IPCC ポスト京都を考える 下 言論アリーナ GEPR編集部 報告書 IPCC報告は 国際交渉や各国に影響を与えてきた 放送に出演の澤昭裕氏は経産省環境政策課長として 温暖化対策に向き合った経験がある 温暖化対策の国際的枠組みと日本の政策は今 どのようになっているのですか という池田氏からの問いに 次のようにまとめた 続きを読む IPCC報告書のリーク報道をめぐって 江守 正多 コラム 9月末に国連のIPCC 気候変動に関する政府間パネル の第5次評価報告書が発表されることをきっかけに 9月3日に池田信夫さんの 言論アリーナ に呼んで頂き 澤昭裕さんも交えて地球温暖化の話をさせて頂く機会を得た YouTube 地球は本当に温暖化しているのか その内容は別ページでも報告されるが 当日の説明では言い足りなかったり 正確に伝わるか不安であったりする部分もあるため お伝えしたかった内容の一部を改めて書き下ろしておきたい 続きを読む 温暖化 人類が原因 の可能性95 国連報告書の内容判明 ハフィントンポスト 報告書 8月22日記事 IPCC 国連気候変動に関する政府間パネル の第一作業部会報告 気候システムおよび気候変動に関する科学的知見の評価 が今年9月中に発表される 残りは来年春まで 日本のメディアには詳細な話は出ていない 米ニューヨークタイムズ記事 温暖化は人為的なものによる可能性が高いというこれまでの結論が一段と強められている 続きを読む オバマ政権の温暖化政策の愚行 米紙ワシントンポスト コラム 7月5日論説記事 英語題名は Obama s global warming folly 保守派の著名コラムニストであるチャールズ クラウトハンマー氏が オバマ大統領の地球温暖化政策を批判 地球温暖化問題は深刻とした上で オバマ政権が打ち出したように 石炭の使用を止めたら万事解決というような問題ではないと指摘 米国だけが自分で 経済的な自殺 を図るのは愚行だと まとめている 続きを読む 米大統領 温暖化防止へ 中印と協議 行動計画を発表 日本経済新聞 報告書 6月26日記事 オバマ大統領が25日 地球温暖化問題での行動計画を発表した 石炭使用の抑制 再生可能エネルギーへのてこ入れ等を指摘している 続きを読む オバマ政権の気候変動対策は ガスのシフトを加速する エネルギー通信社プラッツ 報告書 6月25日の記事 原題は Obama s climate plan to boost gas demand former White House adviser オバマ政権の温暖化天然ガスシフトを加速し 温暖化には役立たないと批判している 続きを読む 電気事業は設備を作るほど儲るのか 総括原価方式の功罪 電力改革研究会 コラム 電力料金の総括原価方式について 最近広がる電力自由化論の中で 問題になっている これは電力料金の決定で用いられる考え方で 料金をその提供に必要な原価をまかなう水準に設定する値決め方式だ 戦後の電力改革 1951年 以来導入され 電力会社は経産省の認可を受けなければ料金を設定できない 日本の電力供給体制では 電力会社の地域独占 供給義務とともに それを特徴づける制度だ 続きを読む なぜ25 なのか

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/category/?cat=06 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • : Global Energy Policy Research
    4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/category/?cat=07 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 投稿 : Global Energy Policy Research
    中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/voice/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •