archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • こんなエネルギー報道で大丈夫か — 都知事選と世論調査【おやおやマスコミ】 : Global Energy Policy Research
    人口の集中する東京でエネルギー問題を論じるならぜひ取り上げるべき課題だ 脱原発の候補者は避けていた マスコミもノータッチ 朝日新聞は1月28日付朝刊1面で 現在停止中の原子力発電所の運転再開には賛成は31 で 反対の56 の方が多かった と 世論調査 の結果を報じた 4面に載った詳しいデータを見ると 原子力発電を今後 どうしたらよいと思いますか の問い 択一 に ただちにゼロにする 15 近い将来ゼロにする 62 ゼロにはしない 19 だった 近い将来ゼロにする は 当面の再稼働は認めていると解釈できる それなら圧倒的多数が当面の再稼働賛成である 世論調査は質問の仕方によって逆の結論が出ることを示している 2014年3月24日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20140324-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 中村 政雄 : Global Energy Policy Research
    おやおやマスコミ 新聞はエライのか 活断層問題から考える 中村 政雄 コラム 原子力に対する評価 新聞は 不偏不党 中立公正 を掲げていたが 原子力報道を見ると すっかり変わった 朝日 毎日は反対 読売 産経は推進姿勢が固定した 続きを読む 活断層 放射能安全基準報道の迷走 おやおやマスコミ 中村 政雄 報告書 原子力に対する評価 東京大学地震研究所の教授らによる活断層調査での誤りについて3月30日付産経新聞社説は 厳しい書き出しで批判した 工場跡地の中に打ち込ませていた杭を 首都直下地震につながる立川断層の破砕層と見誤ったのだ 続きを読む 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E4%B8%AD%E6%9D%91%20%E6%94%BF%E9%9B%84 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 原子力規制委員会の見識を疑う — 民意で安全を決めるのか?: Global Energy Policy Research
    経済がどうなろうと関知せずという発言を繰り返す委員長の見識を疑う なお 審査書案は最終的に規制委員会の審議を経なければならない 専門性において規制委員会では全てをカバーすることはできない それを補完するために 法律で設置を義務付けられている原子炉安全専門審査会 炉安審 の検討結果を規制委員会が見て判断する必要がある 炉安審は未だにメンバーも決まっていない 早急に決めるべきである 2014年3月17日 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20140317-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 松永 一郎 : Global Energy Policy Research
    出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E6%9D%BE%E6%B0%B8%20%E4%B8%80%E9%83%8E (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 原発再稼動とリスク(2014年3月17日) : Global Energy Policy Research
    3 は衆議院 4 は産経新聞2月21日記事 再掲載 今回の言論アリーナで言及の資料 菅直人元首相が国会議員に認められている質問主意書を使い 政府に再稼動の条件について聞いています 規制委員会は 再稼動の審査ではなく 新規制基準の適合性を審査しているにすぎないことを国が認めました 再稼動は法律上今すぐできることになります 5 天然ガスでウクライナを脅すロシア WEDGE Infinity3月12日記事 常葉大学の山本隆三教授の論考 ウクライナ情勢は緊迫しています しかし 当事者のロシアにEU諸国 トルコは天然ガスを依存 そのためにEU諸国は強硬策に出られないという読みです これは 国産エネルギーのない日本の将来にも参考になります 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20140317-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 原発は「ロシアン・ルーレット」か : Global Energy Policy Research
    という類の議論をするが さすがに科学者は事故の確率を考えている 原発事故はテールリスクなので その確率は厳密に計算できないが 過去の事例からMaxMin原理で考えてみよう 彼らは原発の保険料が1基あたり1億円 年で保険金が300億円という事実から 苛酷事故の確率を 1基あたり 300年に1度としている 民主党政権のとき原子力委員会が行なった計算では 日本の過去の実績 1500炉年に3基の苛酷事故 から500炉年に1度と計算している つまり 300 500年に1度 というのが 保守的に見積もった苛酷事故の確率だろう 彼らはそこで計算を打ち切っているが この確率をもとに原発のリスクを計算してみよう それがロシアン ルーレットだとすると 1基の原発について300年に1度ぐらい弾が出てくることになる それによって何人死ぬだろうか 日本ではゼロだが あえて最悪の推定としてチェルノブイリ程度の事故が起こるとすると 国連科学委員会の確認した死者は60人 つまり死者の期待値は 年間0 2人 である これを他のリスクと比べてみよう 日本で原発が運転開始した1960年代から これまでに交通事故で50万人以上が死亡した 現在も年間5000人近くが死亡しているが これを原発の数で割ると 毎年1基あたり約100人が死んでいる計算になる どちらがリスクの大きなロシアン ルーレットであるかは明らかだろう ではグローバルに見るとどうだろうか これについては OECD などの国際機関は一致して kWhあたりのリスクが最大の電源は石炭火力だ と結論している GW年でみると 次の表のように石炭火力の死者は6 9人だが 原子力は0 048人である これはチェルノブイリ事故の死者を31人としているが 国連に従って60人とすると0 1人だ 石炭のリスクは原子力の70倍近い ところが明日香氏らは苦しまぎれに震災関連死の数を合計し こうした二次災害の リスクの大きさは甚大なものであり 病気による予想死亡者増加数などをもとにした 石炭火力の 大気汚染や他のリスクとの単純な比較は あえて言えば無意味だと考えます という これは詭弁である リスクはつねに固有の特徴を捨象して単純化しないと 定量的に比較できない OECDも推定するように 石炭火力の直接被害だけで毎年 全世界で数万人が死亡していることは確実だ ここには大気汚染の被害は含まれていないが 最近のPM2 5騒動を見ればわかるように その被害は全世界で年間数十万人だ それに対して明日香氏らのあげている二次災害の原因は放射能ではなく 民主党政権の愚かな危機管理である 他にも彼らはコスト計算をしているが これは日本の元首相の 細川護煕氏 と同じく過去の電源交付金などのサンクコストを将来のコストに算入しており 話にならない バックエンドのコストも民主党政権が計算したが それを計上しても原発のコストは1円 kWh程度しか上がらない 既存の原発を運転するコストは圧倒的に安いのだ ただしこれから原発を新設するコストは高い 技術的なコストは安いが 今度の事故で安全対策のコストが莫大になったからだ したがって在来型の軽水炉を日本で新設することは 採算上は賢明ではない この論文でもふれている第3世代の軽水炉は十分安全だが コスト面では不利だ 第4世代の原理的に炉心溶融の起こりえない原子炉が実用化するまで 新設は困難だろう しかし第4世代の実用化には あと10年から20年はかかる それまで原子炉の新設をやめると Caldeira et al も憂慮するように 地球温暖化が取り返しのつかないレベルになるかもしれない このリスクも不確実だが 世の中に確実なリスクはない 政策担当者はこのような多くのリスクを勘案してエネルギー政策を立てるべきだ 2014年3月10日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法 について徹底検証 2012年6月5日放送

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20140310-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 原発事故3年、福島の現状は?(2014年3月10日) : Global Energy Policy Research
    原発事故 政府の避難指示は適切だったか 原発事故3年 政府の避難指示によって13万人の避難が続いています 地域で区切る政府のやり方は 避難指示の出た地域の時間を止め 復興を遅らせています 福島の人々の声を 上記石井がまとめました 3 専門家が自らの役割の認識を不足 学会報告 原発事故3年 日本原子力学会が事故調査報告をまとめました 専門家の責務の認識が不足していたことを 強調しています この反省を 今後の安全のために活かしてほしいです 4 原発は ロシアン ルーレット か 池田信夫アゴラ研究所所長のコラムです 原子力における健康リスクを他のエネルギー源との比較で示しています 今週のリンク 1 福島の子供の甲状腺がん 議論の焦点に 英紙ガーディアンの3月9日の科学記事 原題は Fukushima s children at centre of debate over rates of thyroid cancer 健康被害の可能性は少ないのに その中で えせ科学者が普通の科学者より大きな声で話し 福島に迷惑を与えている と 英国の科学者の痛烈な批判コメントを掲載しています 2 揺れるウクライナ ガス紛争 再燃も ロシア 輸出停止に言及 東欧諸国へ打撃深刻 毎日新聞3月9日記事 政変とロシア軍のクリミア半島への展開によって ウクライナ情勢が緊迫しています 天然ガス産出国のロシアは 無資源国のウクライナにガスを供給 またそこを通るパイプラインを通じて 欧州にガスを売り 重要な収入源にしています このガスを外交交渉の武器にするでしょう これは天然ガス価格の高騰をもたらし 日本に影響を与えかねません 3 クリミア ウクライナ情勢を理解するキーワード サウス ストリーム とは何か ニュース解説のKousyoublogのまとめ記事 ウクライナ周辺のガスパイプライン網を解説 欧州と同国はエネルギー供給での脱ロシアを模索していますが なかなか実現できないようです 4 チェルノブイリの移住基準は 外部被ばく線量5 mSv 年ではない 産業総合研究所フェローの中西準子博士のブログです チェルノブイリでは5mSvで強制移住が行われたという情報が日本で流れましたが それは誤りだそうです 事故直後に 30キロ圏内は避難 という距離による移住勧告の後で 2年御再編されて年間被ばく量39ミリシーベルトでの移住が求められたそうです 5ミリシーベルトは 移住を勧告する水準ではありませんでした 5 川内原発 優先審査の可能性高まる 読売新聞九州版 3月6日記事 原発は原子力規制委員会の新基準の適合審査を受けているために止まっています その中で九州電力川内原発 鹿児島県 の審査が早く終わりそうなことを各メディアが伝えています 次は政治の決断が必要です 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法 について徹底検証 2012年6月5日放送 報告記事 ニコ生アゴラ 汚染がれき を受け入れろ

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20140310-05/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 中西準子博士(産業総合研究所フェロー)の個人ブログ : Global Energy Policy Research
    中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E4%B8%AD%E8%A5%BF%E6%BA%96%E5%AD%90%E5%8D%9A%E5%A3%AB%EF%BC%88%E7%94%A3%E6%A5%AD%E7%B7%8F%E5%90%88%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%BC%EF%BC%89%E3%81%AE%E5%80%8B%E4%BA%BA%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0 (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •