archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 英紙ガーディアン : Global Energy Policy Research
    続きを読む 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E8%8B%B1%E7%B4%99%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3 (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 東京電力法的整理論の穴 : Global Energy Policy Research
    また 廃炉を東電から切り離して別会社にすれば 現場のモチベーションは瓦解し 人材が流出するという現実的な懸念があり むしろ廃炉作業の継続が困難となるだろう 作業に携わる人は 被曝線量の関係で長期間続けて働けないし 作業時間の累積で極限まで疲弊している 福島原発処理切り離し論より総合的運営を こうした状況に対処していくためには 当分の間 柏崎刈羽原発 新潟県 と福島第2原発とを併せて 人材を相互に異動させつつ最適配置を確保する必要がある その間に長期的な人材確保策とトレーニングプロセスを構築していくことも検討しなければならない 分離論は こうした諸点を考慮に入れた丁寧な案だとは思えない さらに いま東電を法的整理すれば 廃炉等事故収束に携わる事業者の取引債権の支払いがストップし 公的資金で今後の廃炉作業の一切を支えていくことが必要となる そのうえ 燃料の購入先の海外企業は取引を停止したり渋ったりすることは確実だし その他の電力安定供給関連設備の更新 修繕投資も不可能となるため 国が緊急融資や保証などで対応するしかなくなるが そうした追加的な財政負担も覚悟する必要がある 今の枠組みがベストとは言わないが 次善の策として受け止め この仕組みに沿って出口を探す努力をぎりぎりまで行うべきではないか 2013年12月24日 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131224-02/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート ー 原発事故、海外メディアの報道の誤り(2013年12月24日) : Global Energy Policy Research
    公平に提供していきます 今週のアップデート 1 パニック 外国メディアの誇張した福島事故報道 中 ポール ブルースタイン 12月3日放送の言論アリーナ 米国ジャーナリストの見る福島 原発事故対策 に 出演した米国のジャーナリスト ポール ブルースタイン氏が 番組中で使った資料を紹介します 全3回のうちの2回目です 米国のメディアが不正確な情報を提供したことを 分析しています 2 東京電力法的整理論の穴 澤昭裕 国際環境経済研究所 IEEI 所長 提携するIEEIの論考です 原発についてどの立場に立つ人も東京電力について 法的整理を主張しています これについて澤氏が疑問を示しています 今週のリンク 1 福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描 内閣府 2011年3月の事故直後の文章です 今回ブルースタインさんが言及したものです 原発事故で 最悪の状況をメモ形式でまとめたものです 菅政権 民主党の政治家はこれを重要文書として言及し 原発の怖さを強調します しかし これは可能性の列挙にすぎません この文章で危険を煽る必要はありません 2 転機の原子力 第11 廃棄物の行方 青森の地域新聞であるデーリー東北の長期連載 政府が主導して 核廃棄物問題に取り組む動きが出ています それをめぐり 原発や核燃料製造工場を抱える六ヶ所村の状況を解説しています 地元ならでの詳細な取材です 3 原発事故処理 東電任せ転換 政府が費用分担決定 日本経済新聞12月20日記事 これまで東電に負担をさせてきた事故の処理について 政府の関与が強まる方向です 経産省などがとりまとめました ただし東電の廃炉費用 またその資金の使い道の精査など 問題は多く残ります 3 中間貯蔵施設 難問解決して世界に範を 産経新聞12月20日社説 福島原発事故による貯蔵施設について 福島県での建造 さらに政治の関与の呼びかけです しかし住民感情を考えると かなり難しい問題です 5 イラン核交渉合意 WSJとWPの異なるスタンス ウェッジインフィニティ12月20日記事 国際情勢を研究する岡崎研究所の分析 米国を代表する2つの新聞がイラン問題で予測と論説が分かれました ウォール ストリート ジャーナル紙 WSJ はイランの歩み寄りと米国など関係国の交渉開始を批判 一方で ワシントンポスト紙 WP は 肯定的に見ています この問題は2014年もくすぶり 日本のエネルギー問題に影響を与えます 6 大阪ガス 損失290億円計上 シェールガス掘削が期待はずれ 日本経済新聞12月20日記事 大阪ガスは20日 米国でのシェールガス鉱区でガスが発見できず 14年3月期に特別損失を290億円計上すると発表しました 慎重な行動をするエネルギー業界で 巨額の投資損はめずらしい話です 新しい動き シェールガス増産への対応の難しさが浮き彫りになりました 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法 について徹底検証 2012年6月5日放送 報告記事 ニコ生アゴラ

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131224-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 水素社会構築のため、社会影響の「スケール感」を持とう: Global Energy Policy Research
    つまり 現在の燃料電池の普及目標が日本の化石燃料の供給とCO2排出にもたらすインパクトは ざっくり言って1 程度以下の削減スケールです 水素社会の構築に向けて 燃料電池の開発と普及を進めることはきわめて重要なことです しかし この程度のスケールでは不十分なことは明らかでしょう 水素社会の構築の目的を考えたら 最低でもこれより一桁大きな規模での水素エネルギーの利用拡大が図られなくてはなりません 注1 そのためには 燃料電池自動車の一層の普及拡大などはもとより 化石燃料供給量の35 を消費量している発電分野や25 を消費している製造業分野においても 水素エネルギーの大幅な導入拡大策が併せて検討される必要があります 水素供給も問題になる 次に 水素の量に関わる問題について見てみましょう 現状 国内の水素供給ポテンシャルは80 160億m 3 年あると言われています 注2 燃料電池自動車1台当たりの年間水素消費量は 約1000m 3 と見積もられているので この量は燃料電池自動車などへの供給用には 量的には十分のように見えます 200万台でも必要量は約20億m 3 しかし 160億m 3 の水素から得られるエネルギー量 2 0 108GJ は 日本の最終エネルギー消費量 1 4 1010GJ の1 4 程度に過ぎません この程度の量では ほとんど効果がないことは自明でしょう さらに そもそもこの量では2025年頃には 燃料電池自動車200万台分を賄うことも難しいと見る専門家もいるのです 注3 4 ですから 日本は 水素エネルギーを海外から持って来ることを考えざるを得ないということになります 水素社会の基盤整備で何が必要か 以上のような事実認識に立てば 水素社会の構築に向けて 優先的にやらなければならないことは自ずと見えて来るはずです まず 日本は 海外において水素エネルギーを大量に かつ 安価に製造する技術を磨く必要があります 化石燃料への依存を減らし CO2の排出削減を図ることが目的であるなら 海外の質的にも量的にも恵まれた太陽 風力エネルギー資源を利用したCO2フリーの水素エネルギーの製造を目指すべきでしょう そのためには 海外の太陽 風力エネルギー資源環境の下で優れた性能を発揮する技術を開発しなければなりません いつまでも国内での製造を前提としていたら 日本の技術はガラパゴス化してしまいます 海外から水素エネルギーを長距離 長時間かけて運んでくるためには 物性的に貯蔵 輸送が困難な水素を 安全に そして大量 かつ 安価に貯蔵 輸送する方途も 十分に検討される必要があります 先に見たように 国内の燃料電池向けに必要となる量とは桁違いに大量の水素エネルギーを取り扱うことが必要なのです 水素エネルギーを水素の形で貯蔵 輸送するのが良いのか 貯蔵 輸送が容易な有機ハイドライドやアンモニアなど 水素エネルギーを多く含有する別の化学物質に変えて利用するのが良いのか 十分に検討することが必要です 大量貯蔵 輸送用に 高価で繊細な貯蔵設備や輸送手段を用いることはできないでしょう さらに 水素社会の構築の目的に立ち返って考えるならば 燃料電池自動車と家庭用燃料電池の導入だけでは不十分です 先にも述べたように 発電分野や製造業の分野など エネルギーを大量に消費している分野に水素エネルギーを導入する方策が考えられなければなりません 例えば 発電用の燃料電池の導入などは 分散型のエネルギー システムを構築する上でも重要です そういったことを考えた時 官民ともに現状のような資源配分で良いのか やり残していることはないのか 振り返ってみる必要があると思います 実際には 水素社会では 用途 輸送距離や場所によって 水素を始めとするいろいろな物質や技術がその特徴に応じて水素エネルギーを運ぶために用いられることになるでしょう ただ その根幹となるエネルギー システムの構築に当たっては 以上に述べたようなスケール感を踏まえた取り組みが不可欠ではないでしょうか エネルギー制約と環境制約の解決策となり得る 夢と可能性に満ちた水素社会にできるだけ早く到達するための取り組みを 一歩一歩 確実に進めて行きたいものです 注1 このコラムでは 後段で記すように 水素エネルギー という用語には 水素及び水素を多く含有する化学物質の両方を含む意味で用いる 注2 貯蔵技術が変える水素戦略 課題はコストとCO2回収 日経エコロジー 2013年10月号 P12 13 注3 同上 注4 これは この160億m 3 年の 余剰 水素は 工場等において副生するものであるため 他の燃料との価格関係によっては自家消費され 必ず 燃料電池自動車用に回るものではないためです さらに 燃料電池が不純物を嫌うため 工場で副生する水素を燃料電池自動車の燃料用として販売するにはこれを精製する必要があり そのための追加コストがかかるので 自家消費した方が経済的に有利になる可能性が大きいという事情も考慮する必要があるという指摘もあります 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131216-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 塩沢 文朗 : Global Energy Policy Research
    主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E5%A1%A9%E6%B2%A2%20%E6%96%87%E6%9C%97 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — アゴラシンポジウム、映像を公開(2013年12月16日) : Global Energy Policy Research
    石原伸晃環境相と根本匠復興相は14日 福島市で佐藤雄平知事と 建設候補地がある大熊 双葉 楢葉の3町長に面会し 建設受け入れを要請しました 第一原発周囲など3町合わせて約19平方キロを国有化する計画と 貯蔵から30年以内の県外搬出を法制化する意向を伝えています そのコスト そして国土の再利用放棄する決定の是非は 今後議論されるべきでしょう 4 原発除染費用2 5兆円程度 政府見積もり NHK 12月14日報道 政府が原発事故の除染費用を2 5兆円との見積もりを発表 しかしこれは東電の負担分をのぞき 過度な安全性を追求した1mSv ミリシーベルト 基準の見直しもしないで試算しています この予測は楽観的すぎるでしょう 5 福島第1周辺除染目標 揺れる 1ミリ 河北新報 12月13日記事 政府 自治体の行う除染基準 1mSvをめぐり 住民の間で判断が分かれている現状を取材しています 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131216-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 第2回アゴラ・シンポジウム — 「持続可能なエネルギー戦略を考える」 : Global Energy Policy Research
    また望ましいのかを 原子力委員会の鈴木達治郎氏の基調講演をもとに討論します シンポジウムのもようはニコニコ生放送で放送します 同時通訳つき 放送入口はこちら 専用申し込みフォームはこちら 日時 12月8日 日 13 00 18 00 場所 東京工業大学 蔵前会館 東京都目黒区大岡山2 12 1 東急目黒線 大井町線 大岡山駅前 入場無料 定員200名 募集は近日告知します 申し込み 専用フォーム より事前申し込みをお願いします 12 30 開場 13 00 第1セッション 放射能のリスクを考え直す 基調講演 人類の放射能への恐怖は誤っている ウェイド アリソン オックスフォード大学名誉教授 討論 ポール ブルーステイン ブルッキングス研究所 客員研究員 澤田哲生 東京工業大学助教 夏野剛 慶應義塾大学特別招聘教授 司会 池田信夫 アゴラ研究所 所長 15 15 第2セッション 原発ゼロは可能か 基調講演 2030年に向けてのエネルギー政策 仮 鈴木達治郎 原子力委員会 委員長代理 討論 田坂広志 多摩大学教授 橘川武郎 一橋大学教授 竹内純子 国際環境経済研究所 理事 司会 池田信夫 18 00 終了 シンポジウム実行委員会 事務局 アゴラ研究所 101 0047東京都千代田区内神田2 14 3 メール info agorajp com 電話 03 5209 0094 担当 石井孝明 ishii gepr org 関連情報は アゴラ研究所の運営するウェブサイト アゴラ エネルギー情報サイト GEPR に掲載します 2013年11月11日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法 について徹底検証 2012年6月5日放送 報告記事 ニコ生アゴラ

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131111-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 第2回アゴラシンポジウム「持続可能なエネルギー戦略を考える」出演者の意見 : Global Energy Policy Research
    御用学者と呼ばれて 双葉社 原子力工学者の分析する北核実験 リスクは拡大 再稼動のトップランナー 川内原発を訪ねる 民意が揺らす台湾原発事情 日本の反原発活動が影響 福島原発の現状 冷静な現場 変わる東電 なぜいつも敗北するのか 脱原発派 悩ましい話 福島の除染をめぐって シンポジウム資料 核科学者が解読する北朝鮮核実験 技術進化に警戒必要 補足 ブースト型核爆発装置について 原子力規制委員会は 活断層 判断の再考を 再発防止に何が必要か 福島原発事故 原因分析の4報告書の欠陥を突く 安易な設立は許されない日本の原子力規制庁 専門性の確保が安全と信頼を生む 夏野 剛 なつの たけし 慶應義塾大学大学院 政策 メディア研究科特別招聘教授 1988年早稲田大学卒 東京ガス入社 95年ペンシルベニア大学経営大学院 ウォートンスクール 卒 ベンチャー企業副社長を経て 97年NTTドコモへ入社 99年に iモード その後 おサイフケータイ などの多くのサービスを立ち上げた 2005年執行役員 08年ドコモ退社 現在は慶應義塾大学大学院 政策 メディア研究科 特別招聘教授のほか ドワンゴなど複数の取締役を兼任 慶大では ネットワーク産業論 をテーマにした講義を行う 著書に ビジョンがあればプランはいらない など多数 第2セッション 原発ゼロは可能か 基調講演 2030年に向けてのエネルギー政策 仮 鈴木 達治郎 すずきたつじろう 内閣府原子力委員会 原子力委員長代理 1975年 東京大学工学部卒業 1979年 マサチューセッツ工科大 MIT 修士課程修了 工学博士 MITエネルギー環境政策センター 財 電力中央研究所社会経済研究所研究参事 東京大学公共政策大学院客員教授などを経て 2010年1月より現職 研究分野 専門分野等は 原子力政策 科学技術の社会影響評価 核不拡散政策など 3 11以後のエネルギー 原子力政策 原子力依存度低減に向けた構造改革を 原子力に依存しない社会 にむけて 移行期間 を設けて原子力政策の構造改革を 2013年3月29日 第123号 プルトニウム利用計画への3つの提案 2013年6月21日 第129号 電力システム改革と原子力ガバナンス 2013年9月27日 第135号 廃炉時代にむけて パネリスト 橘川 武郎 きっかわ たけお 一橋大学大学院商学研究科教授 東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学 経済学博士 青山学院大学助教授 東京大学教授を経て 2007年より現職 経営史学会会長 総合資源エネルギー調査会委員 再生可能エネルギー固定価格買取制度見直しと太陽光発電拡大への課題 東京電力をどうするか 避けられぬ体制変化では 現場力 への配慮を 竹内 純子 たけうち すみこ NPO法人国際環境経済研究所理事 主席研究員 21世紀政策研究所 原子力損害賠償 事業体制検討委員会 副主査 一般社団法人フォレストック協会コーディネーター 群馬県片品村 尾瀬の郷親善大使 慶応義塾大学法学部卒 1994年東京電力入社 2012年より現職 水芭蕉で有名な国立公園 尾瀬 の自然保護に10年以上携わり 農林水産省生物多様性戦略検討会委員や21世紀東通村環境デザイン検討委員などを歴任 再エネ導入と電力供給力確保の両立は難しい ドイツの事例から 日本の2030年目標はどのように決まったか 気候変動問題 基準年をいつにするべきか 誤解だらけの気候変動問題 省エネへの過剰期待 自然エネルギー財団への疑問 上 政治とビジネスのリンクは妥当か 自然エネルギー財団への疑問 下 過度な楽観論の問題とは テレビ東京渾身の訴え 国民負担2 7兆円の衝撃 は必見 原子力損害賠償制度の課題と考察 その1 原子力損害賠償制度の課題と考察 その2 原子力損害賠償制度の課題と考察 その3 政策議論のすれ違い 温暖化とエネルギー選択 シンポジウム資料 COP19参戦記 失敗 日本の新目標発表 なぜ 今 だったのか オバマ米大統領 今再びの温暖化対策 米国シェールガス革命は好機か 危機か ドイツのエネルギー体制はすばらしい のか 再エネ振興 問題点の再整理 東北電力原町火力発電所 震災から復旧の奇跡 エコノミスト誌が報じた温暖化の 停滞 日本の石炭火力 活用のとき ドイツの経験を参考に 京都議定書の 終わりの終わり 国連気候変動枠組み交渉の現場でみた限界点 再生可能エネルギー振興で増える電力料金の負担 ドイツの事例から 国連気候変動枠組み交渉の転換点 京都議定書型枠組みの限界と今後の方向性 ドイツ電力事情4 再エネ助成に対する不満が限界に エネルギー アジア連携の幻想 韓国の電力事情から 上 エネルギー アジア連携の幻想 韓国の電力事情から 下 ドイツの電力事情 理想像か虚像か3 再生可能エネルギー ドイツの電力事情 理想像か虚像か2 料金の推移 ドイツの電力事情 理想像か虚像か 停電はなぜ起こる 原子力損害賠償法の特色と課題 賠償スキームを含めた 安全 安心 を確立する 架空の財布の紐は緩い 電気料金上昇の本当の影響を考える 春の嵐の夜に 電力会社社員の 供給本能 を思う 頭上の太陽光パネルに思う いじらしさと気まぐれにどのように向き合うべきか 田坂 広志 たさか ひろし 1975年東京大学卒業 81年同大学院修了 工学博士 原子力工学 87年米国パシフィックノースウェスト国立研究所研究員としてユッカマウンテン計画に従事 六ヶ所村の低レベル放射性廃棄物処分施設の安全審査にも携わる 11年福島原発事故に伴い内閣官房参与に就任 事故対策に取り組む 著書に 官邸から見た原発事故の真実 これから始まる真の危機 光文社 など多数 池田 信夫 いけだ のぶお アゴラ研究所所長 東京大学経済学部を卒業後 NHK入社 93年に退職後 国際大学GLOCOM教授 経済産業研究所上席研究員などを経て 現在は株式会社アゴラ研究所所長 慶應義塾大学学術博士 著書に 原発 危険神話 の崩壊 PHP など多数 池田信夫blog のほか 言論プラットホーム アゴラ エネルギー問題のバーチャルシンクタンク グローバルエナジー ポリシーリサーチ GEPR を主宰 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131112-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •