archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 今週のアップデート — エネルギー、国民感情をどうするか?(2013年11月18日) : Global Energy Policy Research
    日本経済新聞11月17日記事 小泉発言が波紋を広げています 自民党執行部が 原発の再稼動や最終処分について発信を始めています 4 被曝の新基準 場の線量から個人の線量に 読売新聞11月16日社説 個人の行動によって放射線の被ばくは変わります そうした現実に応じて対応することを求めた意見です 適切な論考です 5 放射能からの逃避を止めるべきだ アゴラシンポジウムの基調講演者であるウェイド アリソンオックスフォード大学名誉教授のBBC 英国公共放送 への寄稿 恐怖で放射能から過剰に逃避することは 社会的な混乱を産むという指摘です 原題は Viewpoint We should stop running away from radiation 2011年3月時点のものですが アリソン氏の当時の予想通り 健康被害は起こっていません そして予想通り 過剰対策による負担が日本で起こっています 参考にすべきでしょう 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131118-05/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 今週のアップデート — 浜岡原発の現状(2013年11月11日) : Global Energy Policy Research
    米国で 安いガスと原子炉の廃炉が続き 数年前騒がれた 原子力ルネッサンス が怪しくなっているという記事です それを肯定する意見 否定する意見の双方が掲載されています コメントは11日時点で約3500にもなり 米国でも原発をめぐる議論が活発であることがうかがえます またリンク 映像が多いので 関心を持つ人には参考になるでしょう 5 千葉PM2 5上昇 原発停止 火力発電増の影響を検証せよ 経済ジャーナリスト 石井孝明のアゴラへの寄稿 千葉で健康に悪影響を与える微小粒子状物質 PM2 5 の濃度が上昇しています これは工場からの排煙が影響していますが 火力発電の増加が影響しているかもしれません それを指摘しました 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131111-05/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 田原 総一朗 : Global Energy Policy Research
    アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法 について徹底検証

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E7%94%B0%E5%8E%9F%20%E7%B7%8F%E4%B8%80%E6%9C%97 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 小泉氏が希望を託す蓄電技術に未来はあるのか : Global Energy Policy Research
    追記 AAAバッテリーは使い捨ての1次電池なので 再生可能エネルギーとは無関係だ というコメントがあったが 電気自動車 の2次電池のコストもやっと200ドル kWhを切るかどうかで テスラでもこれ以上は下がらないと言っている 2次電池は エネルギー源 ではないので これに再エネのコストを加算しなければならない それにリチウムなどの稀少金属で何万kWも蓄電できない 2013年11月5日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131105-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 政治と原発、菅・小泉元首相の発言から(2013年11月5日) : Global Energy Policy Research
    4 米国 原発全従業員の身辺調査を要求 米公文書で秘密保護法で情報隠し拡大 しんぶん赤旗 日本共産党機関紙 11月4日記事 米国が核テロを警戒し 日本に原発作業員の身元確認を要請 日本の文部科学省が それを否定したものの非公式になら可能と返答していました ウィキリークスの公電からです 議論を呼ぶ問題が ある程度の確認はやむを得ない面があるでしょう 5 原子力問題を総合的に解決する 事業環境整備法策定を ウェッジ 10月28日掲載 GEPR アゴラの寄稿者である 澤昭裕氏の論考 政治の関心が 原発の推進でも 反対でも薄れています 特別法をつくることで 国の関与を明確にすることを訴えています 考えるべき視点でしょう 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131105-05/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 政治家は原発をどのように考えるのか(2013年10月28日) : Global Energy Policy Research
    原子力ムラの陰謀 産経新聞10月27日記事 菅直人首相が自らのブログで 原発に批判的であった テレビ司会者のみのもんた氏が息子の不祥事でレギュラー番組を降板したことについて 原子力ムラの陰謀 とブログで取り上げました 自分の退陣も それが一因と述べました ネット上で大変な批判を集めています 5 IAEA提言 ゼロリスク幻想払拭せよ 産経新聞10月24日社説 国際原子力機関 IAEA が福島を視察 年1mSvまでの除染目標に 必ずしもこだわる必要はない と提言しました 除染目標が厳しすぎ 福島の復興が遅れていることを社説は指摘しています GEPRもその主張を重ねてきました 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131028-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • ウェッジ : Global Energy Policy Research
    6月21日記事 朝野賢治電力中央研究所上席研究員の寄稿 太陽光の支援策で 買い取り義務のある20年の間に どの程度の負担が広がるかを試算した 続きを読む 原子力事業者は お墨付き 発想からの脱却を ウェッジ ウェブ版 原子力に対する評価 NEW 9月29日掲載 国際環境経済研究所の澤昭裕氏の指摘 原子力規制委員会の問題だけではなく 事業者側の注意点を分析した 事業者は 当局任せではなく 自発的に原子力の安全確保に責任を負うことを呼びかけている 続きを読む イラン核交渉合意 WSJとWPの異なるスタンス ウェッジインフィニティ 12月20日記事 国際情勢を研究する岡崎研究所の分析 米国を代表する2つの新聞がイラン問題で予測と論説が分かれた ウォール ストリート ジャーナル紙 WSJ はイランの歩み寄りと米国など関係国の交渉開始を批判 一方で ワシントンポスト紙 WP は 肯定的に見ている この問題は2014年もくすぶり 日本のエネルギー問題に影響を与えるだろう 続きを読む 原子力問題を総合的に解決する 事業環境整備法策定を ウェッジ 論文 エネルギー政策への提言 ウェッジ 10月28日掲載 GEPR アゴラの寄稿者である 澤昭裕氏の論考 政治の関心が 原発の推進でも 反対でも薄れている 特別法をつくることで 国の関与を明確にすることを訴えている 考えるべき視点だ 続きを読む 東京電力を分割し 稼働率向上で財源捻出を ウェッジ コラム エネルギー政策への提言 今週登場の政策家 石川和男さんの論考 福島原発の事故処理のお金は東電の原発稼動によって得ることしか 現在のところ手が見えない 続きを読む 発送電分離の虚妄 電力会社はむしろ大合併を 石川和男 ウェッジ 報告書 エネルギー政策への提言 元経産省の政策家である石川和男氏は経済誌ウェッジへ寄稿した論考 電力自由化の名目の下で発送電分離が行われようとしている しかし現状で合理性はないと石川氏は指摘 かつて電力の規制改革にかかわった経験を活かして 原子力の国の関与の明確化 そして東電の再編を考えながら 業界再編案を示している 続きを読む オバマとロムニーの石炭戦争 シェールガス増産の中 石炭支援は可能か ウェッジインフィニティ コラム エネルギー産業の分析 米国の石炭産業は 従業員数は10万人と少ないものの政治的な力を持つ 11月の米大統領選では接戦が伝えられている 石炭の使用に規制を加えたオバマ政権は この業界にすり寄る姿勢を示しているという 続きを読む 日立製原発に反対したリトアニア 日本の原発は危険 背景にあったロシアのプロパガンダキャンペーン ウェッジ インフィニティ 報告書 原子力に対する評価 ニュース週刊誌ウェッジのウェブ版 未確認の情報だが ロシアはバルト三国に対するエネルギーを使った政治的影響力を高めるため リトアニアで日本製原発の反対キャンペーン行った可能性があるとの指摘だ 日本政府の曖昧な態度が 企業活動への悪影響を広げている 続きを読む 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B8 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 原子力が環境、そして世界経済にも最適な理想的エネルギー源 ― 恐怖、無知、異常な規制のみが立ちふさがる: Global Energy Policy Research
    100万人あたり11人の死亡 16 より多く どの原子力事故による放射線よりも多い 自身の懸念に忠実であるために 放射線について心配する人々は 彼らの皮膚を保護するために 休暇を太陽の下ではなく星空の下あるいは地下で過ごすべきであろう 幸いにも 大部分の人はバランスがとれており 他の皆と夏季休暇を楽しみつつ単に過度の肌の露出を避ける 核兵器による悪しきイメージ 真実は 核放射線が特有なのは それが冷戦時代に受けた烙印を人々が心にまだ持っているから というだけである しかし 核虐殺という放射線のプロパガンダ画像には欠陥がある 広島と長崎の爆弾による実際の爆風と火は 生存者の過去60年にわたる健康記録によって確認できるように 放射線の後の影響より100倍致命的であった 放射性廃棄物とテロリストによる核の脅威についてはどうだろうか これらは 放射線が危険である という範囲で危険なだけである 放射線の危険性が過大評価されてきているならば 廃棄物はより問題がないといえる テロリストによる核の脅威は 放射線の危険自体より一般の人々のパニックを対処する問題ということになる 核廃棄物はやっかいなものだが 火やバイオ廃棄物で伝染する病気のように拡大 感染はしない 原子力エネルギーは非常に凝縮されているため ほとんど燃料を使わず 廃棄物も少ししかつくられず それは化石燃料のおよそ100万分の1にすぎない 高線量の廃棄物は冷却され 未使用の貴重な燃料取り出すため 再処理し 数年後に埋める必要があるが それほど大変な仕事ではない 放射線 恐怖と実際のギャップを埋めよう しかし 主要な問題に戻ると なぜ一般の人々の恐れと放射線からの実際の危険 の間にはここまでのギャップ 大きな隔たり があるのだろうか 公式の広報は国家の安全基準に関係があり 同様に国際勧告に基づいている それは不適当に 合理的に達成可能な限り低く ALARA As Low As Reasonably Achievable 設定することを勧告している 最近の毒物学のレポートはこの原則がどれほど誤りうるかということを強調した 17 それは リスクと関係なく一般の人々の恐れを和らげる単純な試みである 残念なことに それに基づく規制は あらゆる事故への反応 避難 食品規制 と一般の認識 個人的 社会的ストレス 経済的信頼 のスケールをも設定した 恐れを和らげることはできず 利益のない多大な苦しみが生まれた 原子力発電所の閉鎖による化石燃料の余分な廃棄物の放出が損害に加わり 原子力計画への安全コストの追加は一般の人々の恐怖症に対する非合理的な反応である 安全専門家の個人的な証言は 非常に小さい放射線の引き起こすリスクよりも危険な産業廃棄物が いかに日常的に受け入れられているか語っている 18 19 これが 今日の国際的安全基準に勧告されるALARA基準の独断的な使用の結果である 提言 可能性のある技術 原子力を利用すべき それでは 核技術に対する我々の態度はどのようにあるべきだろうか 私たちは 石器時代の祖先が火でしたように 考え 知識を応用すべきだ 彼らは見事にバランスのとれたジレンマに直面したが 今日我々が原子力に対してしているようであるよりもよりよい意思決定をした 権威は科学に基づいた確信の代替ではなく 国連は 様々な国際機関 UNSCEAR ICRP WHO IAEA その他 20 を通して ALARAに基づいた放射線の安全が根本的に欠陥があり危険であることを受け入れるべきだ また 何故これらの委員会がこれほど多くあるのか尋ねるのも当然だろう 放射線をめぐる厳しい現在の国際勧告を差し置き より現実的な安全基準でより安価な核技術を受け入れることを決断する国があるかもしれない このようなイニシアチブを受け入れるのが遅すぎる他国が損をする一方で そうした取り組みをする国に経済上の利点をもたらすだろう 放射線を特別扱いする理由はない その他の分野と同様に実際のリスクに関連した安全基準へと共に進むのがよりよいだろう 電力だけでなく 原子力技術は淡水化により真水を無制限に また放射線照射による無害な食料保存により安価な食料を提供することができる 経済的発展に技術による革新の機会が必要であるが ALARA基準の考えが立ちはだかっている この過度の安全基準が原子力技術の明白なコストの要因である 備考と参照 いずれも英語 1 更なる議論は 筆者サイト Radiation and Reason www radiationandreason com を参照 2 BBCニュースへの筆者寄稿 Viewpoint We should stop running away from radiation 3 WHOの福島報告 4 国連放射線の影響をめぐる科学委員会報告 5 エコミスト記事の転載 6 Ichiseki H Lancet 381 204 2013 7 Yasumura S et al Public Health 127 186 188 2013 8 ゴイアニア事件 IAEAの報告書1 9 ゴイアニア事件 IAEAの報告書2 10 ゴイアニア事件資料1 11 ゴイアニア事件資料2 12 チェルノブイリフォーラム 2002年から05年までの国際共同研究 報告書 13 医学誌BMJ記事 と テンプル大学資料 14 2009年の米国のガン統計 15 2009年の米国の統計 Wikipediaより 16 2009年の米国の統計 連邦緊急事態管理庁 FEMA による 17 サイエンスダイアリー 記事 Toxicologist Says NAS Panel Misled the World When Adopting Radiation Exposure Guidelines 18 Chaplin K Senior inspector in the nuclear industry I am watching as radiological protection dogma in particular ALARA stops the nuclear industry dead in its tracks It is hard to prevent this but I am trying Extract from an email of Dec 2012 quoted with permission 19 Iskayn H Design Engineer For the nuclear regulatory death by hot gas was satisfactory so long as the body could be buried without radiation restrictions Accordingly the design stressed radiation ALARA and had almost no concern about the hazard of hot gas

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20131021-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •