archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 今週のアップデート — 現実的エネルギー論を語る(2013年7月1日) : Global Energy Policy Research
    boost gas demand former White House adviser オバマ政権の温暖化天然ガスシフトを加速し 温暖化には役立たないと批判しています 4 原子力規制委員会の職員数 2倍に 田中委員長 読売新聞6月26日記事 原子力規制委員会が 職員数を2倍にして 原発再稼動の審査を早めようという構えを示しています 原発の審査のスピードが早まることが期待されますが その訓練は一朝一夕ではできません 5 司令塔不在の原子力政策 産経新聞6月30日記事 井伊重之論説委員 原子力政策の検討が自民党政権でも止まっている現状を分析 早急な対応を訴えています 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130701-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 電力改革研究会 : Global Energy Policy Research
    タイムスケジュール 発送電分離や料金規制撤廃等 個々の施策をどのレベルまでどの段階でやるか といったことについて 新政権として検証する意向を表明している 参考 茂木経済産業大臣の初閣議後記者会見の概要 続きを読む ハリケーン サンディによる米国東部大規模停電が問いかけたもの 停電と電力システム論に関する日米比較 電力改革研究会 報告書 エネルギー産業の分析 日本で大きく報道されることはなかったが 2012年10月末に米国東海岸に上陸したハリケーン サンディは ニューヨーク市を含め合計850万軒という過去最大規模の停電を引き起こした ニューヨークでも計画停電の実施に加え ほぼ1カ月間停電の続いた地域があったなど 被害の全貌が明らかになりつつある 続きを読む オーストラリアの電力市場から 価格メカニズムを考える 電力改革研究会 コラム エネルギー産業の分析 オーストラリアは 1998年に公営の電気事業を発電 送電 小売に分割民営化し 電力市場を導入した ここで言う電力市場は 全ての発電 小売会社が参加を強制される 強制プールモデルと言われるものである 電気を売りたい発電事業者は 前日の12時30分までに卸電力市場に入札することが求められ 翌日の想定需要に応じて 入札価格の安い順に落札電源が決定する このとき 最後に落札した電源の入札価格が卸電力市場価格 電力プール価格 となる 正確に言うと 需給直前まで一旦入札した内容を変更することもできるが その際は変更理由も付すことが求められ 公正取引委員会が事後検証を行う 続きを読む 在米のエンジニアに聞くスマートグリッド事情 電力改革研究会 コラム 米国では発送電分離による電力自由化が進展している上に スマートメーターやデマンドレスポンスの技術が普及するなどスマートグリッド化が進展しており それに比べると日本の電力システムは立ち遅れている あるいは日本では電力会社がガラバゴス的な電力システムを作りあげているなどの報道をよく耳にする しかし米国内の事情通に聞くと 必ずしもそうではないようだ 実際のところはどうなのだろうか 今回は米国在住の若手電気系エンジニアからの報告を掲載する 続きを読む 日本の停電時間が短いのはなぜか 電力改革研究会 コラム エネルギー産業の分析 停電は多くの場合 電気設備の故障に起因して発生する とはいえ設備が故障すれば必ず停電するわけではない 多くの国では 送電線1回線 変圧器1台 発電機1台などの機器装置の単一故障時に 原則として供給支障が生じないように電力設備を計画することが基本とされている ただし影響が限定的な供給支障は許容されるケースが多い 続きを読む 日本の電力網が くし形 である理由 電力会社の陰謀で連系が弱い は本当か 電力改革研究会 コラム エネルギー産業の分析 日本の電力系統の特徴にまず挙げられるのは 欧州の国際連系が メッシュ状 であるのに対し 北海道から 九州の電力系統があたかも団子をくし刺ししたように見える くし形 に連系していることである 続きを読む 評価が分かれるテキサス州の電力自由化 新規参入は活発だが 価格は上昇 最近は輪番停電も 電力改革研究会 コラム エネルギー産業の分析 米国における電力自由化の失敗例としては 電力危機を引き起こしたカリフォルニアの事例が有名である 他方 成功例としてテキサス州があげられることがある 続きを読む スマートメーターは 光の道 と似ている ー 期待の技術をメタボにするな 電力改革研究会 コラム エネルギー産業の分析 東京電力に寄せられたスマートメーターの仕様に関する意見がウェブ上でオープンにされている また この話題については ネット上でもITに明るい有識者を中心に様々な指摘 批判がやり取りされている そのような中の一つに 現在予定されている 電気料金決済に必要な30分ごとの電力消費量の計測だけでは 機能として不十分であり もっと粒度の高い 例えば5分ごと 計測が必要だという批判があった 電力関係者とIT関係者の視点や動機の違いが 最も端的に現れているのが この点だ 今回はこれについて少し考察してみたい 続きを読む 日本における発送電分離は機能しているか 電力改革研究会 コラム エネルギー産業の分析 電力自由化は 送電 配電のネットワークを共通インフラとして第三者に開放し 発電 小売部門への新規参入を促す という形態が一般的な進め方だ 電気の発電 小売事業を行うには 送配電ネットワークの利用が不可欠であるので 規制者は 送配電ネットワークを保有する事業者に 全ての事業者に同条件で送配電ネットワーク利用を可能とすること を義務付けるとともに これが貫徹するよう規制を運用することとなる これがいわゆる発送電分離である 一口に発送電分離と言ってもいくつかの形態があるが 経産省の電力システム改革専門委員会では 以下の4類型に大別している 続きを読む 書評 情報に惑わされないための食の安全に関する入門書 安全な食べもの ってなんだろう 放射線と食品のリスクを考える 電力改革研究会 コラム 放射能の健康への影響 福島第一原子力発電所の事故に伴う放射性物質の流出により 食品の放射能汚染がにわかにクローズアップされている 事故から10日あまりたった3月23日に 東京都葛飾区にある金町浄水場で1kgあたり210ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたことが公になるや 首都圏のスーパーマーケットに置いてあったミネラルウォーターがあっという間に売り切れる事態に発展した 続きを読む 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E6%94%B9%E9%9D%A9%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — エネルギー政策、意思決定の陥穽(2013年6月24日) : Global Energy Policy Research
    読売新聞6月21日記事 福島原発事故後の原子力への批判から 原子力研究の人気が衰えているという指摘です 発電 軍事への利用について 原子力について今後 日本国民がど のような選択をするにしても 技術基盤の衰退は懸念される問題です 5 なぜ25 なのか 究極目標及び合理的な各国の分担に関する日本案の検討と発信 東京大学先端科学技術研究センターの山口光秀特任教授による論文 2010年の環境経済 政策学会で発表されました 温暖化問題での鳩山イニシアティブ また鳩山氏が主張した 25 減 2度抑制 80 削減 の主張が 国際社会の中でどのようにつくられたのかを解説しています 今回の寄稿コラム 必要な情報が政治家に伝わらない の関連論文です 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130624-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 再エネ補助は2800億円の巨額(2013年6月17日) : Global Energy Policy Research
    Tilts Conservative GEPRで紹介した映画 パンドラの約束 が米国で公開されています 原発に懐疑的なニューヨークタイムズをはじめ 各メディアでは好意的な論評が提供されています GEPR記事 原子力への恐怖は正しいのか 映画 パンドラの約束 4 バブルが始まった太陽光発電 FITはもはや制御不能か WEDGEInfinity4月25日記事 今回寄稿をいただいた電力中央研究所の朝野賢司主任研究員の論考で バブルを止める対応策を提言しています 5 貿易に体化したCO2排出量 日本 中国 米国 英国の国際比較 今回紹介のコラムで紹介した 温室効果ガスと貿易の関係をめぐる電中研の研究 こうした環境汚染の移転の研究は 世界であまり進んでいません 国境をまたいだ環境規制のために 貿易と環境の関係を検証することが必要です 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130617-05/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 福島の除染、見えない解決(2013年6月10日) : Global Energy Policy Research
    米国の福島事故後の原発安全対策費 総額で36億ドル規模に 英語 エネルギー通信社プラッツの6月6日記事 原題は US nuclear plant operators estimate 3 6 bil in post Fukushima costs 米国の福島事故後の原発の改善 改良費として 稼働中の102基分を合計すると ほぼ36億ドル 約3600憶円 になるとの推計が米政府から出ました 米原子力安全委員会の該ドラインに基づき 今後3 5年間をかけて所要の改良改善措置を 各原子炉で行うことになる この中には 洪水や地震対策 その他災害の程度などに関するエンジニアリング調査の実施も含まれます 対策費が数兆円に達した日本に比べて 金額が少ないようにも思えますが この速さは日本が参考にすべきでしょう 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130610-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • エネルギー研究、政府支援で成果をあげた日本 : Global Energy Policy Research
    右軸はCOD 化学的酸素要求量 というエネルギー効率の指標の一つ 規制導入で改善が進むことが分かる 国主導の計画にはある程度の成果 規制政策の次に 研究支援を見てみよう 国主導で行われているプロジェクト 以下国プロ の中から 省エネに関係する事業を紹介してみる 通産省 現 経産省 は1974年から2002年までサンシャイン計画 新エネ 78年から92年までムーンライト計画 省エネ 92年から2002年まで ニューサンシャイン計画 新エネ 省エネ双方 の国プロを行った このプロジェクトでは 70年代から太陽熱 太陽光 地熱 水素などのエネルギー化の研究が行われた 対象は23業種その予算総額は1兆3000億円 導入の補助金を含む形だ その後は NEDO 新エネルギー 産業技術総合開発機構 に委託され 国主導のプロジェクトはここまで大型のものはなくなった このプロジェクトの一環で 香川県仁尾町 現三豊市 に1981年に実験用太陽光発電所が建設されたことを覚えている人もいるだろう この施設は廃棄され プロジェクトの失敗例として当時取り上げられた ところが調べると 成果を上げた事例も多いのだ 行政予算の効果を客観的に図る指標はなかなか開発されない 民間企業の経済活動なら 儲け が 重要な指標になる 行政活動は計測できない公的目標を達成するために行われ その便益の数値化が難しい 電力中央研究所が一連のプロジェクトの効果を推定する意欲的な研究をしている 政府エネルギー技術開発プロジェクトの分析 サンシャイン ムーンライト ニューサンシャイン計画に対する費用効果分析と事例分析 国プロでは 23の研究のうち9で実用化が行われた この中には 今広く使われている発電用陽のガスタービンやヒートポンプなども含まれている 現在も普及拡大策は進行しているが 研究論文ではプロジェクト終了時点の02年で切り効果を見た かなり 保守的な見積もり と この論文では述べている 9プロジェクトは既存の技術を大きく改善した 研究では02年時点の新技術による発電や省エネ効果を 既存技術と比較して推計した 例えば 太陽熱温水器に 既存の都市ガスから置き換わった とした その節約分を石油エネルギーに換算した そのうち国プロの寄与率を40 と仮定した そして石油換算分のCO2が減ったとした すると省エネ効果は2514万石油キロリットル分 CO2削減効果は5703万トンと試算できた 図表2 この予算投入額を省エネ効果全体で割ると 石油1キロリットル当たり約5万円になる 研究発表の07年当時の1ドル 120円の為替レートだと 省エネ効果の金額は1バレル 約70ドル程度になる 石油は ニューヨーク商品取引所の先物市場で 07年当時は1バレル 70ドル台後半になっていた ぎりぎりでモトをとったと評価できる またCO2の削減効果では 削減1CO2トン当たり約2万円だった 今は排出権に価格がついている その種類はさまざまだが 1CO2トン当たり1000円以下で調達できる このCO2削減効果だけを見ると まだモトをとっているとはいえない ただし 省エネとCO2削減は同時に起きているわけだから 合算してプラスになっていれば十分だろう そうして評価すると 合格点がつく またこの成果は今の製品にも応用されるから 社会の便益はもっと大きくなるはずだ 現時点で実用化されないプロジェクトでも 今後は技術の実用化の可能性がある さらに こうしたプロジェクトは 人材育成 知識の共有などの波及効果が考えられる 研究も 保守的な見積もりをしても 国プロは投資額に比べておおむね妥当な効果のあった政策と評価ができる と 結論を示している 国の技術支援 過去の成功例から学び効果を探る 企業家としてイノベーションを重ねてきたマイクロソフトの創業者のビル ゲイツ氏は社会改革家としても活動している エネルギー問題にもかかわる そこで政府の役割を高く評価し その研究支援を訴えている 米国エネルギー庁が進める研究支援組織ARPA E 米国エネルギー省高等研究計画局 などの取り組みなどだ 国際協力によるコスト引き下げがイノベーションの鍵 ビル ゲイツ 福島事故後の原子力エネルギーを語る エネルギーは人間の生活と産業活動にかかわる そのためにゲイツ氏などのような政府の助けを受けずに道を切り開いた企業家も エネルギーにおいては政府の支援を高く評価し 必要とするのだろう 私も原則として国の経済への関与には批判的だ しかし製品化や実用化に時間のかかるエネルギー技術では 研究支援である程度の関与は必要なのではないかと考えている 今の日本では放射能対策以外では 財政難を背景に エネルギー分野での公的な技術支援が削られている 電力業界では技術開発の中心を担ってきた東京電力が事実上の倒産によって さまざまな研究プロジェクトが止まってしまったと 業界関係者が嘆いていた もちろん税金に無駄遣いは許されないが こうした過去の官民協力の成功例から学び 効果のあるエネルギー技術の支援を続けるべきではないのだろうか 日本はエネルギーのほぼ全部を外国に頼る無資源国だ その宿命を乗り越えるためには 優れた技術しかない 参考文献 気分のエコでは救えない データから考える地球温暖化 第三章 杉山大志 星野優子 石井孝明 日刊工業新聞社 2011年 2013年6月3日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130603-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 電力自由化、発電所建設は「社会主義」でないと難しい: Global Energy Policy Research
    にならなければ望む発電設備が確保できないとすれば 自由化市場は何をもたらしたのだろうか 連載をしている Wedge Infinity のウェブマガジンにも英国の電力 温暖化政策に関する記事を書いたので そちらもお読み戴ければ幸甚です 2013年6月3日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130603-02/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 日本のエネルギー技術研究の成果(2013年6月3日) : Global Energy Policy Research
    その内容がプレスリリース 英語 の形で翻訳されました 福島第一原発事故の放射線被曝は 即座の健康被害を引き起こさなかった そして将来に渡って一般市民 原発事故作業員の大半の健康に影響をおよぼす可能性はほとんどないだろう としています 3 電力自由化 発電所建設は 社会主義 でないと難しい 提携する 国際環境経済研究所 IEEI のサイトに掲載された主席研究員 常葉大学経営学部教授の山本隆三さんの論考です 英国では 電力自由化の後で慢性的な電源不足が生じています 欧州では 発電所建設では 社会主義のように国の関与が必要 という意見が登場しています 今週のリンク 1 緊急節電 電力不足を乗り切るための 節電情報ポータルサイト 以前掲載しましたが 東京大学岩船由美子准教授が2011年の節電の分析 節電方法の紹介をしたホームページです 現在は更新停止中 夏前に原発の稼動停止による電力不足が懸念されます 現在は更新停止中 一部の人が 電力が足りた 原発がなくても大丈夫 と主張しています ところが統計を見ると 電力が足りない状況を足らしてしまった という かなり無理をした状況で電力不足を乗り切りました この現実から教訓を引き出さなければなりません 2 エネルギー産業が再生の鍵 日本企業は何で食っていくのか 池田信夫アゴラ研究所所長のコラム 伊丹敬之一橋大学名誉教授の本の書評です 日本の産業を分析してきた伊丹氏は エネルギーの技術力に注目しています 日本の産業界の力の低下が懸念されています エネルギー産業は原発事故後に停滞しましたが 期待の分野として再評価されるべきでしょう 3 政府エネルギー技術開発プロジェクトの分析 サンシャイン ムーンライト ニューサンシャイン計画に対する費用効果分析と事例分析 電力中央研究所の研究論文 今回 取り上げたコラムで引用されています 2007年と古い研究ですが 日本のエネルギー支援について検証をしています 大規模な取り組みは 投下費用に見合う効果も出たと試算しています 4 原発事故 国連委員会 健康影響考えにくい NHK5月28日報道 福島原発事故をめぐる 原子放射線の影響に関する国連科学委員会 UNSCEAR の結論案が5月28日公表されました 以前から検討されていたように 健康影響は考えにくい という方向に 結論がまとまると思われます 5 廃炉の損失を分割処理 経産省方針 決断へ環境整備 料金上乗せの恐れも 朝日新聞6月2日記事 構想段階の記事で経産省側が世論をうかがう 観測気球 の意味があるかもしれません 原子力規制委員会が 一部の原発の廃炉をうながす中で その対応策を経産省が考え始めたとも読めます 6 原発の年内再稼働難しく 原子力規制庁 審査に半年程度 日本経済新聞5月31日記事 原子力規制委員会は7月に原発の新安全基準を公表 実施の予定です しかし それによりさらに稼動が遅れます 原発の停止によるLNG の輸入増加は年間3 4兆円の見込みです 一連の原発を止める政策が妥当であるとは思えません 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法 について徹底検証 2012年6月5日放送 報告記事

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130603-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •