archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 今週のアップデート — エネルギーの先行き、原発利用とシェールガス(2013年5月7日) : Global Energy Policy Research
    安いのは条件がよいところのみ採掘されているためといいます ブームは投資銀行のつくった一過性のものという指摘です 革命 が正しいのか誤りなのかは分かりませんが さまざまな可能性を分析しながら 対応をするべきでしょう この内容について 異論があるかもしれません 専門家の意見をGEPRは募集します 3 東北電力原町火力発電所 震災から復旧の奇跡 提携する 国際環境経済研究所 IEEI の主席研究員の竹内純子さんの論考です 福島県南相馬市の東北電力原町発電所の復旧の過程を紹介しています インフラを守ろうとする同社の人々の努力に感銘を受けます 今週のリンク 1 除熱機能を喪失 ギリギリの復旧作業 福島第2原発で何が起きたか 上 日本経済新聞5月3日の滝順一編集委員の記事です すし詰めの免震棟 異様な雰囲気 福島第2原発で何が起きたか 下 に続きます 事故を起こさず 冷温停止に持ち込んだ第2原発については情報がかなり少ないので 参考になります この記事によると危機的な状況に直面したことが分かります 助かった原発の分析を 原子力の利用に活かしていく必要があります 2 世界中で広がる放射性廃棄物の不法投棄 英国 ドイツが大量に海へ 汚染拡大の懸念強まる JBプレス5月1日 ドイツ在住の作家川口マーン恵美さんの寄稿です 放射性廃棄物について 現在は海洋への投棄は国際条約によって禁止されており 地中への放置を行う国は建前の上ではありません ところが規制のなかった1960年代の投棄について EU諸国では 海洋 国内土壌の汚染について懸念が出ています 3 トルコ原発輸出 官民で輸出インフラの加速を 読売新聞5月3日社説 安倍晋三首相のトルコ訪問の際に トルコ政府は原発建設で三菱重工 アレバの原発建設受注の決定を表明しました 原発4基の建設費用は2兆円で 日本経済におおきな利益となります この社説は 福島原発事故の後の 原子力ついての不信が広がる中で 官民の実現の努力について敬意を示し 日本の原発の立て直しによる建設も主張しています 原発について 日本国内では福島事故の後でその輸出をめぐり違和感や反対論があります それは理解できます しかし世界では途上国を中心に原発の建設が続いており 三菱重工 東芝 日立と建設能力を持つメーカー3社を持つ国は日本しかありません この成功を契機に 日本の原発輸出の拡大を政府 メーカーは推進するでしょう これについて可能な限り 国民の合意を集約する必要があります 4 日米同盟と原発 勝者の驕り 1 カーターの信念 中日新聞連載 東京 中日新聞は福島事故 放射能の健康被害の報道で 健康被害を過度に強調する記事を流し 批判を集めました しかし読み応えのある記事も多く この連載も反原発の色彩が強いものの詳細な取材 調査をしています 連載は1970年代の日米の原子力交渉の内実を描いています 日本の原子力関係者の中に 国益のため という 驕り があったことを検証 そして原子力利用が 時には対立するものの米国との密接な関係の中で成立してきたことを取材で明らかにしています 5 石炭火力発電所 新増設推進へ アセス新基準で 毎日新聞5月5日記事 経産省はこれまで抑制方針を掲げた石炭火力の増設に政策を転換しました 原発停止が長期化してコスト引き下げを余儀なくされているためです しかし大気汚染 CO2排出問題と関係し 電力プラントは長期間かどうするため 早急な増設には注意が必要でしょう それよりも安全を確認した原発の再稼動という容易な電力不足解決の方法があります 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130507-05/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 原子力規制委員会の政策の誤り(2013年4月22日) : Global Energy Policy Research
    地元の冷ややかな視線 産経新聞4月29日記事 近畿などの住民約260人が関西電力に大飯原発3 4号機 福井県おおい町 の運転差し止めを申し立てた仮処分で 大阪地裁は16日に 3 4号機は安全基準を満たしている と申し立てを却下しました その行動を 地元が冷ややかに受け止めているという記事です 4 今夏の節電要請の議論は慎重に 景気回復の影響も考慮すべき 日経BP4月19日の柏木孝夫東京都市大学教授の論考 新聞などは今夏の需要増大期に 電力は足りていると報じました しかし元資料をみると 予備率は3 かなり危険な状況です 慎重な対応を柏木教授は訴えています 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130422-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 日経BP : Global Energy Policy Research
    新聞などは今夏の需要増大期に 電力は足りていると報じた しかし元資料をみると予備率は3 と かなり危険な状況だ 慎重な対応を柏木教授は訴えている 続きを読む 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E6%97%A5%E7%B5%8CBP (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート=最適な温暖化対策とは? — 選択肢としての原子力(2013年4月15日) : Global Energy Policy Research
    2 エコノミスト誌が報じた温暖化の 停滞 同じく 竹内純子さんの寄稿記事です 英国エコノミスト誌が取り上げ 世界中で話題になっている記事の紹介です 温暖化が予想よりも進んでいないことを示しています 3 適切な原発 太陽光 風力発電の比率を考える 元電力会社勤務の石井陽一郎氏からの投稿を紹介します 公開資料から 自然エネルギーと原子力の関係を分析しています 今週のリンク 1 注意すべき問題 英誌エコノミスト 英経済誌の3月30日公表の記事 原題は A sensitive matter 竹内純子さんの寄稿で紹介されました 温暖化が 予想よりも進行していないという事実を紹介しています 2 福島第1原発 1号でも漏水 判断に甘さ露呈 2号移送最優先 汚染し続ける可能性も 毎日新聞 4月14日記事 福島第一原発の事故処理で汚染水の漏洩が問題になっています 冷却等に使う汚染水のタンクから 土壌への漏洩が確認されています 汚染水そのものも 処理で切れずにたまっている状況 事故から2年 繰り返される東電の失態は 批判されなければなりません 3 ドイツの電力輸出 第1四半期で2倍に 安い石炭火力発電 プラッツ エネルギー通信社の4月12日記事 原題は German power exports double in Q1 on cheap coal carbon 日本ではドイツの電力輸出が 再生可能エネルギーによるものとされます しかし この記事によれば石炭火力の増設によるものです またドイツは 負荷調整のため輸出に電力を使っている面もあります 参考として 海外の論調から ドイツの風力発電による負荷で 東欧諸国が停電の危機 4 米国防総省分析 北朝鮮の核は米国に到達可能 ニューヨークタイムズ 同紙11日記事 原題は Pentagon Finds Nuclear Strides by North Korea 北朝鮮をめぐる緊張が高まっています 同国は保有する核兵器の使用を周辺諸国に 無慈悲な業火が焼き尽くす などの文言で示唆し 脅迫しています この記事ではCIAなど米国の諜報機関のトップの10日の議会証言を紹介 北朝鮮は弾道ミサイルに搭載できるだけの小型化にほぼ成功し それは米国に届くが ミサイルを誘導して特定のターゲットに正確に命中させる能力 信頼性 はまだ低いと分析しています 5 福島県内における大規模な内部被曝調査の結果 福島第一原発事故7 20カ月後の成人および子供の放射性セシウムの体内量 日本語妙訳 英語要旨 日本学士院紀要 東京大学理学部の早野龍五教授らによる研究 調査チームの報告 原発事故後の内部被ばくが ほとんど観察されないという内容です これは福島県民の皆さんが冷静に対応して被ばくを避けたことも影響しているのでしょう 不必要な恐怖に困惑するのではなく このような情報を参考にしながら 冷静に放射能汚染に向き合うべきでしょう 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130415-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 合理的な温暖化対策(2013年4月8日) : Global Energy Policy Research
    石炭火力の増設を考えました 同様の電源不足の問題に直面する日本でも 石炭火力の活用が必要との提言です 温暖化への悪影響から 石炭火力増設に難色を示す声があるものの 日本の技術力で悪影響は最小になるのではないかという見解が 示されています 今週のリンク 1 コペンハーゲンコンセンサス ホームページ デンマークの学者で温暖化問題の世界的なオピニオンリーダーのビョルン ロンボルグ氏が中心的役割を果たす団体 2004年から過去3回 大規模な会議を実施しました 世界的な環境問題の課題を洗い出し その対策について 経済学者がコストと効果を審査するという取り組みをしています 毎回会議の報告書はダウンロードが可能です 2 ロンボルグの発言の推移 英紙ガーディアン 2010年の古い記事ですが ビョルン ロンボルグ氏の発言の推移を集めたものです 2010年の発言 1000億ドルの投資は問題解決のための意味がある は 彼の温暖化問題に関する見解の転向と話題になりました しかし合理的な対策を訴える同氏の姿勢は変わっていません 3 県民健康管理調査 検討委員会について 福島県 福島の児童の甲状腺調査などの検討資料を集めたページです ただし 資料が並んでいるだけで分かりづらく 一般市民に正確に情報を伝えるための改善が望まれます 4 原子力の活用によって防がれた死亡増と温室効果ガスの抑制 ジェームズ ハンセン 米国のNASAの前研究センター所長で 温暖化に警告を示したジェームズ ハンセン博士の学術誌 Environmental Science and technology への寄稿 原題は Prevented Mortality and Greenhouse Gas Emissions from Historical and Projected Nuclear Power 原子力を推進することによって大気汚染が抑えられ 温暖化も防止するので多くに命が救われると述べています 逆に原子力が縮小すれば 気温上昇を2度C以下に CO2排出を450ppm以内に抑える目的を達成することは難しくなると指摘しています 米国のメディアで この主張は大きく取り上げられています 5 下北半島 非核化 へ進む原子力規制委の視野狭窄 エネルギーフォーラム ネット未公開 エネルギー業界誌のルポ 活断層を審査する原子力規制委員会の島崎邦彦委員長代理が 周囲に 敦賀半島と下北半島を非核化する と公言しているという報道です 規制委員会が原発の活断層を調査し それが認められた原発を稼動させないことを表明しています これはその法的権限 そして認定方法の双方で批判を集めています ところが その責任者が 非核化 ということを事前に意図して 一連の行動をしているなら 大変な問題でしょう それを疑わせる行動が多いのも事実です 6 再処理工場 規制庁は完工を妨げるな 産経新聞 4月8日 同紙社説 原子力規制委員会が 青森県六ケ所村の 使用済核燃料再処理工場 の稼動を遅らせる意向を示しました 施設を運営する日本原燃は 今年中の稼動を予定していました 同委員会は 活断層などの安全検査のためとしています 地元 また日本原燃は反発しています 同紙は 委員会の行動を批判しています 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130408-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 電力自由化、再編が課題に(2013年4月1日) : Global Energy Policy Research
    exit 米国の原子力サイト Bulltein of Atomic Scientist 原子力科学者の報告 掲載のリサーチペーパー 米国では原発の稼動 増設に動き出していますが これについての批判 また電力会社の抑制の動きを紹介しています 同サイトは米国の著名研究サイト 両論は併記しているものの 原子力批判派の論考が多いことで知られています 5 中国の巨大電力需要をどう満たすのか 環境対策には日本の環境 石炭燃焼 原子力 今回掲載の 山本隆三氏のウェッジ掲載のコラムです 中国は電力需要の伸びを石炭火力増設で対応しています そのため 大気汚染が深刻です この状況を止める方法は見当たらず 日本は技術輸出など できる範囲で関わることを訴えています 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130401-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 池田 信夫 アゴラ研究所所長 : Global Energy Policy Research
    2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E6%B1%A0%E7%94%B0%20%E4%BF%A1%E5%A4%AB%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%B4%E3%83%A9%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80%E6%89%80%E9%95%B7 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 著者 : Global Energy Policy Research
    Korea 中国は北朝鮮を不快に思っているものの 緩衝国として放置を続けるとの見通しを解説している 続きを読む 2016年の石油価格の展望 供給過多状況続く 岩瀬 昇 エネルギー産業の分析 NEW 2015年12月 米国アラスカ州民は州政府から嬉しくないクリスマス プレゼントを受け取った 35年ぶりの所得税再導入と 石油配当金 4人家族の標準家庭で毎年8000ドル 約96万円 の半減を検討している というのだ 続きを読む もんじゅの判定 工学者からの疑問 奈良林 直 原子力に対する評価 NEW 原子力規制委員会が JAEA 日本原子力研究開発機構 によるもんじゅの運営に対して不適切な行為が多いとして 機構に代わってもんじゅの出力運転を安全に行う能力を有すると認められる者を具体的に特定すること と文部科学省に対して レッドカード と言える勧告を突きつけた 続きを読む 今週のアップデート 石油価格の行方 2016年1月12日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む 電力 ガス 電話のメガ競争が始まり 電気料金は確実に安くなる ITメディア エネルギー産業の分析 NEW 1月4日記事 今年4月に電力小売り自由化が始まる 楽観的な記事だが 制度変更によってエネルギー業界が変わりつつありることは確かだ 続きを読む 北朝鮮水爆実験は何を意味するのか NHK 原子力に対する評価 NEW 解説委員室1月7日ブログ 北朝鮮が1月6日に水爆実験を行ったと公表 開発に成功した可能性は少ないものの それを目指している可能性は否定できない 続きを読む 電力を問う 原発事故5年 1 東電が負う 責任と競争 朝日新聞 原子力に対する評価 NEW 1月11日記事 東電の改革が進む一方で 福島事故の責任も重くのしかかる現実を ルポ形式でまとめている 除染 賠償の支払いメドができる中で 新しい会社に生まれ変わることを期待したいと思う 続きを読む 北朝鮮の核実験をうけて 解説と見解 長崎大学核兵器廃絶センター 原子力に対する評価 NEW 鈴木達治郎教授と研究員らの見解 原爆と水爆の違い 水爆ではないこと ただし兵器の高度化リスクが高まっていることを指摘している 続きを読む 米の支援によるサウジの中東における特別な地位の終わり ハフィントンポスト アメリカ版 原子力に対する評価 NEW 1月8日記事 原題は The Privilege Saudi Arabia Enjoyed Under U S Led Order in the Mideast Is Over 筆者はイラン人 イラン核合意によって 米国とサウジ イスラエルの関係が冷え込んでいることを指摘 これを筆者は適切な動きとしているが さまざまなリスクが生じそうだ 続きを読む 原子力規制委員会 敦賀原発審査の闇 文書改ざん メール削除 違法行為の疑い 石井 孝明 エネルギー政策への提言 NEW 日本原子力発電の敦賀発電所2号機の下の破砕帯をめぐる問題の混乱が続いている 原電の追加調査で 問題になった断層が 存在しないことが示された 続きを読む 原子力規制委員会は事業者の疑問に誠実に答えよ 浜野喜史参議院議員 石井 孝明 エネルギー政策への提言 NEW 浜野喜史参議院議員 民主党 は 原子力規制委員会による規制行政 また日本原電敦賀2号機の破砕帯をめぐる問題を国会で10回以上 質問で取り上げている 規制行政への意見を聞いた 続きを読む 原子力規制委のもんじゅへの勧告 財産権を奪う憲法違反の疑い 東田 八幡 エネルギー政策への提言 NEW 原子力規制委員会は11月13日に 日本原子力開発機構 機構 の所有する高速増殖原子炉もんじゅに関し 規制委員会設置法に基づく勧告を出した 続きを読む もんじゅへの勧告 規制委の判断のおかしさ 担える組織はJAEAのみ 碇本 岩男 エネルギー政策への提言 NEW 原子力規制委員会が11月13日に文部科学大臣宛に もんじゅ に関する勧告を出した 点検や整備などの失敗を理由に 日本原子力研究開発 機構という組織自体がもんじゅに係る保安上の措置を適正かつ確実に行う能力を有していないと言わざるを得ない段階に至った ことを理由にする 続きを読む 今週のアップデート 原子力規制の適切な形とは 2015年12月21日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む ロシア版 もんじゅ 送電開始 歴史的 現地報道 朝日新聞 原子力に対する評価 NEW 12月16日記事 ロシアが もんじゅとは仕組みが少し違うものの 高速炉の商業運転を10日開始した 国際技術競争で日本は追い抜かれてしまった 続きを読む そこが聞きたい 岐路に立つ もんじゅ 毎日新聞 原子力に対する評価 NEW 12月12日記事 阿部信泰原子力委員のインタビュー 阿部氏はもんじゅの継続には慎重な見方だ 政府部内でも 立場は分かれている 続きを読む イラン核問題の経緯 JAEA 日本原子力研究開発機構 原子力に対する評価 NEW 資料11月公表 これまでのイラン核開発の経緯と査察の問題をまとめている 1960年代からの問題だ 続きを読む IAEA イランの核開発疑惑の解明作業終える NHK 原子力に対する評価 NEW 12月16日報道 IAEAがイランの核査察の最終報告をまとめた 疑惑解明は一巡 これにより緊張状態が緩和され イランの国際社会への復帰の可能性も高まっている 続きを読む オピニオン 原子力の安全性めぐるパラダイムシフト 誇張された被ばくリスク ウォール ストリート ジャーナル 放射能の健康への影響 NEW 12月8日オピニオン面 科学記者のホルマン ジェンキンス氏のコラム 福島問題を始め 被ばくのリスクが誇張されてきた可能性があり 地球温暖化対策のため原子力を増やすために 原子力のコストを上げる被ばくの安全基準を見直すことを 米政府が検討しているそうだ 続きを読む 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム報告1 GEPR編集部 原子力に対する評価 NEW 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 続きを読む 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム報告2 GEPR編集部 原子力に対する評価 NEW アゴラ研究所とその運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクのGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ は12月8日 第4回アゴラシンポジウム 原子力報道 メディアの責任を問う を静岡県掛川市で開催した 続きを読む 田原総一朗の見た原子力 エネルギー報道の40年 シンポジウム報告3 GEPR編集部 原子力に対する評価 NEW 田原 原子力船むつというプロジェクトがあった それが1974年の初航海の時に放射線がもれて大騒ぎになった 私はテレビ東京の社員で取材をした 反対派の集会に行くと放射線が漏れたことで 危険な船であり事故が起これば 日本が終わる と主張していた 続きを読む 原子力 エネルギーと報道を考える シンポジウム報告4の1 GEPR編集部 原子力に対する評価 NEW ロバートソン 大変な状況になっていると言えるでしょう まず大きな枠の話をします 日本からの英語の情報発信がたいへん少ない状況です これは政府で特にそうです そしてその結果 海外で情報がゆがめられて伝わっています 続きを読む 原子力 エネルギーと報道を考える シンポジウム報告4の2 GEPR編集部 原子力に対する評価 NEW 田原 政権はメディアに圧力を露骨にかけるということはほとんどない もし報道をゆがめるとしたら 大半の問題は自己規制であると思う 続きを読む 今週のアップデート アゴラシンポジウム報告 2015年12月14日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む COP21 パリ協定採択 日本経済新聞 地球温暖化 NEW 12月13日記事 パリで開催されていたCOP21で 温暖化対策の パリ協定 が採択された 実質的な内容は厳格な制約を各国政府に課すものではない かなり緩い制約になっている 続きを読む The Climate Path Ahead NYタイムズ 地球温暖化 NEW 12月12日記事 NYタイムズの環境 エネルギー記者のアンドリュー リプケン氏のコラム COPを解説 削減約束は2030年ごろまでで それ以降は経済成長の始まる新興国の抑制策が必要になるだろうという解説 続きを読む 課題抱え 日印新時代 原子力協定に原則合意 朝日新聞 エネルギー政策への提言 NEW 12月13日記事 日本とインドが原子力技術の移転などを約束した原子力協定の締結で原則合意した 日本の原発輸出の機会が増える一方で 軍事転用への懸念が残ります その解説記事 続きを読む 原子力政策を決めるのは政府です 国家基本問題研究所 エネルギー政策への提言 NEW 意見広告 保守系の団体が もんじゅの処理 規制委員会の規制行政の問題点を指摘した 意見は同意できるものの 政治問題化することで 問題解決が遠のく可能性もある 続きを読む 原発立地市民 不安と要望今も 御前崎市が意見公表 静岡新聞 エネルギー政策への提言 NEW 12月9日記事 今回のシンポジウムで登場した 浜岡原発をめぐり地元住民の不安と要望をまとめた記事 こうした疑問も 原子力では受け止める必要がある 続きを読む 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム案内 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所は12月8日にシンポジウムを開催します 出演は田原総一朗さん ジャーナリスト モーリー ロバートソンさん ジャーナリスト 松本真由美さん 東京大学客員准教授 が参加します 静岡県掛川市で ぜひご参加ください 続きを読む マスコミの情報汚染で 慰安婦問題化 する原発 池田 信夫 エネルギー政策への提言 NEW 福島第一原発事故による放射線被害はなく 被災者は帰宅を始めている 史上最大級の地震に直撃された事故が大惨事にならなかったのは幸いだが この結果を喜んでいない人々がいる 事故の直後に 何万人も死ぬ とか 3000万人が避難しろ などと騒いだマスコミだ 続きを読む 原発事故後の違法な政策を見直すべきだ 若杉 和彦 エネルギー政策への提言 NEW 今年9月に国会で可決された 安全保障関連法制 を憲法違反と喧伝する人々がいた それよりも福島原発事故後は憲法違反や法律違反の疑いのある政策が 日本でまかり通っている この状況を放置すれば 日本の法治主義 立憲主義が壊れることになる 続きを読む COP21と温暖化問題 アゴラ GEPRでの解説 GEPR編集部 地球温暖化 NEW 地球温暖化の防止策を議論するCOP21 国連 気候変動枠組条約第21回締約国会議 がパリで 11月30 日から12月11日の日程で開かれる 11月に悲劇的な大規模テロ事件があったこと そし1997年に締結された京都議定書以来の国際的枠組みの決定ということで 各国の首脳が参加している 続きを読む 今週のアップデート 原子力報道とメディア 2015年12月7日 GEPR編集部 NEW アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR グローバルエナジー ポリシーリサーチ はサイトを更新しました 続きを読む ビル ゲイツの新しいエネルギーファンド 池田 信夫 地球温暖化 NEW アゴラ12月1日掲載 ビル ゲイツ氏が世界の企業家と語らい 再エネのファンド立ち上げを構想している COP21で発表しました ゲイツ氏は再エネ 原子力双方に関心を持ち 世界のエネルギー不足への対応 環境破壊の抑止に関心を向けている 続きを読む BREAKTHROUGH ENERGY COALITION

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a= (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •