archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 今週のアップデート — 原発事故からの復興のために(2013年3月25日) : Global Energy Policy Research
    元タイトルは N R C Votes for Upgrades to Some Reactor Vents ベント装置の原始炉への設置が5人の委員の3人の反対で否決されました ベントは原子炉内の圧力が高まった場合に 炉内の蒸気を逃がすことで 福島原発事故でも行われました 日本の原子力規制委員会は一基300億円とされるこの装置の設置を 日本の原発に義務づけようとしています 米国との判断の違いを参考に 日本の政策の合理性を考えるべきでしょう 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130325-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 作家 玄侑宗久・NHK放送 : Global Energy Policy Research
    映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E4%BD%9C%E5%AE%B6%20%E7%8E%84%E4%BE%91%E5%AE%97%E4%B9%85%E3%83%BBNHK%E6%94%BE%E9%80%81 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • なぜ今、電力改革を行うのか — 書評『エネルギー・原子力大転換』仙谷由人 : Global Energy Policy Research
    全国民に突きつけられた 仙谷氏は 電気料金値上がりによる経済への悪影響を避けながら 将来的に原子力ゼロを目指すならば当面はまず原子力再稼働が必要で 成長戦略としての原子力を含むインフラ輸出が重要 とする 即時原子力ゼロではなく 当面は原子力活用 との 理念 よりも 現実性 を重視する立場である D 原子力国有化構想 は可能か 仙谷氏が唱えた① ③の一体的解決への唯一の解は 驚くことに 原子力の国有化 だ 具体的な戦略として Jパワーを含む10の電力会社を持株会社 現行の電気事業法では不可能 に転換後 官民共同出資による原子力会社の創設が目標だった それと同時に 持株会社体制の下で 発送電分離も実施するシナリオだった E 上記の論点 A E を個別に検討してみよう A の主張は 合理的ではない 自社設備として新規電源の建設を行わないこと あるいは 既存電源の更新に他社資金を導入すること が 発電部門 送配電部門の分離を不可避とするものにはならない 老朽設備として更新時期に至らぬ大半の既存設備は東電所有のままであり これを送電網との一体的な運用により最効率的に運用することを志向するならば むしろ発送電一体の企業体制の方が好ましい との立論も可能である しかし 原発事故処理 計画停電 値上げ対応の拙さ等から 現行の事業体制や総括原価方式 どんぶり勘定でないことは 記事 電気事業は設備を作れば作るほど儲かるのか で述べた による料金制度に対する疑念が広まったことも間違いない 民主党政権や仙谷氏などが東電経営危機の好機を逃さず 長年の争点であった電力システム改革に結びつけたものと見ることもできるだろう その結果 電気事業連合会も 小売全面自由化に積極的に取り組む と 電力システム改革受け入れを示唆 2012年7月会長会見 しているのである B C の 電力全面自由化に伴う影響については 政府審議会である電力システム改革専門委員会で十分な議論はなかったものの 仙谷氏の評価は妥当だと思われる 全面自由化の前提として 需給緩和のための原子力再稼働 ならびに原発保有事業者に対する財務リスクへの手当の両者が不可欠だ 結果として電力システム改革を進めるためにも 当面は原子力を活用していくことが必要になるから B C を認めれば仙谷氏の論点 D もその通りということになる その認識の下で 原子力国有化 という主張 E が導かれる 官民共同出資の原子力会社に国内の原子力発電所を集約するには 仙谷試案の言うようにJパワーを含む10電力会社が持株会社に移項することは必須条件ではないものの 持株会社化を てこ に発送電分離の一形態である送配電部門の 法的分離 が実現されることも事実である 総括すると 仙谷試案の 原子力国有化と電力システム改革 は 絶対唯一の案という必然性は欠くものの 短中期的な解決が急務な① ③の政策課題を同時達成する現実的な案であることは間違いない 加えて 今 なぜ電力システム改革なのか という問いに対しても この仙谷氏の主張は 電力システム改革専門委員会報告書 よりも遙かに説得性に富んでいると思われる ずれてしまった現実の改革 仙谷試案は おそらく官僚の協力も得て作られたものだから 政府の電力システム改革議論がここまで 法的分離 を軸に進められてきたことも頷ける ただし仙谷氏の試案の目的が① ③の同時達成であったにもかかわらず 政府が電力システム改革専門委員会により ② 電力システム改革 の検討のみを先行させる現状には問題がある 電気事業連合会の 発送電分離は原子力再稼働 エネルギー政策動向 事業環境の見通しが明らかにならないと判断出来ない との主張は ②の議論だけが先行することへの懸念であろう 電力システム専門改革委員会の場でも第11回会合では伊藤敏憲委員がそれまで論点として無視されていた①と③の懸念を金融業界の視点から取り上げたわけだが 前回コラム いま決める前に 専門委員会での議論は深まらなかった その点に関し 専門委報告書は 電力システムが直面する構造的な変化の下で電力供給の効率性 安定性を確保するには 電力システム改革以外の他の政策的措置が必要となる可能性がある などとするものの その程度の指摘で論点を逸らして済む話ではないだろう 全面自由化を所期の工程で進めたいのであれば 政策変更に伴って生じるコスト補償の問題 さらには電気事業の財務リスク懸念払拭のための制度的手当の検討等を包括的に開始することが 国民利益のために必要だ 他方 電気事業者にも課題がある 原子力規制強化による事業リスク増大などにより ① ③の同時解決が早期に求められる現状において 当事者の電力会社が 懸念があるから判断できない と躊躇するだけでは 先に進むことができない 電気事業連合会も仙谷案への対案を自ら提示すべきではないだろうか 2013年3月18日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130318-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 福島復興の取り組み(2013年3月18日) : Global Energy Policy Research
    2012年に福島県伊達市で行われたICRP 国際放射線防護委員会 のタウンミーティングでの配布資料 ノルウェーの動きが分かりやすく紹介されています 食品の放射線安全基準は 1キログラム当たり600ベクレル 日本の規制値100べクレルより緩くなっています 5 米 風力過剰で電力卸値暴落 補助策のあおり 原子力 石炭苦境 産経ビズ 米国ではシェールガス革命による天然ガスの増産に加えて 補助金を利用した自然エネルギーが電力供給体制を混乱させ始め 原子力と石炭産業に悪影響を及ぼし始めたという記事です 元原稿は米国の経済通信社ブルームバーグから 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130318-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 高嶋 哲夫 : Global Energy Policy Research
    池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E9%AB%98%E5%B6%8B%20%E5%93%B2%E5%A4%AB (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 西山 昇 : Global Energy Policy Research
    出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E8%A5%BF%E5%B1%B1%20%E6%98%87 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート=原発、作家の視座 — 高嶋哲夫氏、門田隆将氏(2013年3月11日) : Global Energy Policy Research
    ノンフィクション作家の門田隆将氏の著書 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 PHP研究所 が反響を呼んでいます 福島第一原発事故で これまでメディアの取材の形で表に出なかった事故当日の東京電力社員の動きが 当時の吉田所長を中心に克明に綴られています これを聞いた元メーカー勤務の井上雅則氏から 投稿をいただきました また内容の転載は門田氏に許可をいただきました お二人に感謝を申し上げます 死の淵を見た男 の著者 門田隆将氏の講演から 何のために門田氏がこの本を書き 何を東電の人々から感じたのか 毅然とした日本人への感動 を得たそうです その真意に胸打たれます 3 リスク コミュニケーションと不安の増幅メカニズム 提携する 国際環境経済研究所 IEEI のサイトからの転載です 福島原発事故の不安の増幅を イタリアのラクイラ地震をめぐるコミュニケーションの失敗と重ねた記事 日本の場合は特に その文化的特性から 関係者の信頼がコミュニケーションで必要になるが その崩壊が混乱の一因としています 今週のリンク 1 敦賀原発2号 活断層 は確定的 廃炉の可能性大 専門家異論でず 福井新聞3月9日記事 日本原電敦賀原発に活断層があるという認定が 原子力規制委員会によって行われそうです それによって廃炉に導かれそうです GEPRはこれまで 活断層問題について その問題を指摘してきました 原発停止継続 日本経済に打撃 活断層に偏重した安全規制は滑稽 など 2 独立性には程遠い原子力産業の憲兵 ル モンド ディプロマティーク日本語版3月号記事 IAEA 国際原子力機関 についての論評 同機関の活動を概観していますが やや批判に傾いている記事です 同誌は左派寄りの論評で知られています 日本との関係も言及 福島県の佐藤栄佐久元知事も記事に登場し IAEAの活動を 火災防止を放火魔が担当するようなもの と批判しています 3 安倍政権は核廃棄物管理の国際機関の創設を 10万年の安全を解決する3つの方法 日経ビジネスオンライン 2月18日記事 以前 原子力工学の研究者であった田坂広志 ソフィアバンク代表のインタビュー記事 どの立場に立っても 原発の放射性廃棄物の問題は避けて通れません 国内地層処分という既存政策だけではなく 多様な管理方法の検討を主張しています 4 放射能と暮らす 全5回 第1回 正義はとても困る 新潮45 連載 福島県在住で 臨済宗の僧侶 そして小説家の玄侑宗久氏の昨年までの雑誌連載が公開されています 誤解 善意の押しつけ 当事者の説明不足など 福島と放射能の関係をめぐる問題が記されています 玄侑氏は 年1mSv の基準で 無限に続く除染にも 疑問を投げかけています 5 原発 世界各地の今の動向は NHKニュースウェブ 3月9日まとめ 現在の原発の概観 今年1月の時点で運転が可能な世界の原子力発電所は 31の国と地域で合わせて435基あります 好悪は別にして この現実を受け止め その向き合い方を考えなければなりません 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20130311-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 日経ビジネスオンライン : Global Energy Policy Research
    中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3 (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •