archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 今週のアップデート — 適切な放射線防護対策とは?(2012年2月27日) : Global Energy Policy Research
    村の意見が 移住か 帰還かに分かれている現状を伝えています 論文の紹介 ICRP勧告111 原子力事故または放射線緊急事態後における長期汚染地域に居住する人々の防護に対する委員会勧告の適用 社団法人日本アイソトープ協会による日本語訳 原典 2008年に発表された核災害に際しての放射線防護基準に対する勧告です 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120227-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート — 福島の低線量の放射線量で健康被害は起こるのか?(2012年2月20日) : Global Energy Policy Research
    航空機パイロットのがん死亡率 ヨーロッパ疫学調査から という論文では 航空機1万9184例の男性パイロットを調査しました 彼らにがんなどの健康被害のリスク増加は観察されていません 3 微量放射線はむしろ死亡率を低下させるという説があります 例えばラドン温泉などが健康にいいとされるもので ホルミシス効果の仮説 と呼ばれます 電子放射線の生物学的効果 日本に送る一視点 というアメリカの科学者の書いた論文で この説を紹介しています この仮説は 現在のところ科学的には証明されていません もちろん その効果はあったとしても限定的です 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120220-04/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 福島はチェルノブイリにも広島にもならなかった : Global Energy Policy Research
    低線量の事実が浮かび上がった 拙著 福島 嘘と真実 医療科学社 福島県民の震災初年の年間線量は 10ミリシーベルト以下 大半の県民は5ミリシーベルト以下と評価している 昭和20年8月6日 広島北西部に広範囲に降った黒い雨は強烈な放射能を含み 池の魚の大量死 牛の下痢 子どもの頭髪の脱毛など 急性放射線障害があった 福島20km圏内で そうした被害は出ていない 放置された牛たちも 放射線障害は無い 広島 長崎は 爆心地を中心に 衝撃波と熱線により 破壊し炎上した これらのエネルギーは核爆発の85 であり 放射線は残りの15 に過ぎない 核爆発時に発生する放射線は 半減期が 秒や分の核種からのものが支配的である それは 放射能の大きさが 半減期に反比例するからである 半減期が30年のセシウムからの放射線は無視できるほど少なく これで死んだものはいない 原子炉核反応が停止してから 丸一日が過ぎてから 放射性物質の漏えいがあったのが福島なので 広島のような災害には 当然ならなかったのだ もちろん核爆発で生じる衝撃波と閃光は 福島に無かった 福島低線量の現実 私が 事故1月以内に検査した浪江町を含む66人の甲状腺線量の最大が8ミリシーベルト 正しい専門用語ではミリグレイ と チェルノブイリの被災者の1千分の1から1万分の1以下であった これでは 放射線由来で甲状腺がんにはならない これまで 私は南相馬をはじめ 郡山 いわき 福島 二本松と福島全県で 新生児から成人まで 87人の全身のセシウム放射能を検査した その83 は 検出限界値以下 キログラムあたり10ベクレル以下だった その他17 にセシウムが検出されたが 最大の人で体重キログラムあたり165ベクレル 年間線量を推定すると 0 4ミリシーベルトで 全くの安全範囲である それは 自然放射線による内部被曝の世界の年間線量平均値が 1 3ミリシーベルトであるからだ それよりも少ない 私は4 6 8月に個人線量計を胸に装着して福島県内を それぞれ2泊3日で調査した 4月に2日間20km圏内に入り 福島第一原発の敷地境界まで計測した総線量は0 10ミリシーベルト 6月の福島 飯舘村 南相馬 郡山 いわき調査では 総線量が0 01ミリシーベルト 8月の白川 会津 福島調査では総線量は0 006ミリシーベルト 最初の1カ月間で放射能は4分の1以下になり その後も減衰している こうして 2011年の県民の多くの年間線量は 5ミリシーベルト以下と評価された しかも本年の年間線量は 特別な除染がなくとも 会津地区などは1ミリシーベルト以下となる 県民に放射線由来の健康被害は発生しないと判断する 福島第一20km圏内も復興可能 がれき処理を利用する堤防公園の提案 20km圏内等の福島県の一部については 国の責任で効率よく除染すべきである 目標は 住民の実線量が年間1ミリシーベルト以下 農産物のセシウムが基準値以下とした 当地農業の再建である 特に浪江町は 牛たちが生きていて 農家が世話をしている 筆者は これら再建に前向きな牛農家とともに 2月以来 科学調査を進めている 撃論 4号掲載予定 オークラ出版 まずは 幾つかの牛農家に対して モデルプロジェクトを開始すべきと考える 20km圏全体の復興を考えると 大規模な農地の除染が必要となる ただし 山林など人のいない地域よりも 農地を優先すべきである その解決策として 提案がある 今後の大津波対策のための堤防建設と20km圏内の除染事業を合体させたアイデアである 圏内の瓦礫とともに 沿岸およそ40kmの範囲を埋め立てて 堤防公園化するのである これは 昨年10月に 現地いわき市での勉強会に講師として呼ばれた際に提案し 多くの参加者に賛同された その後 総理官邸にもメールで提言している 大正時代の関東大震災で 横浜市は 6万戸分の瓦礫で海岸を埋め立て山下公園を建設した 平成の日本に 福島40km堤防公園は建設できるはずだ 完成後には 福島復興を記念し国際マラソンを行なう 世界に日本の科学力と強い意思を示すべきだ 福島第一20km圏浪江町での牛のセシウム検査を行う筆者 2012年2月4日 暫定基準値以下の牛もいることが分かった 除染すれば 酪農再建は可能である 図表 20km圏内の除染と堤防建設を合わせた復興事業 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120220-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 低線量の放射線を長期間浴びると健康被害が起こるのか? — パイロット、放射線技師など医学調査のリサーチ — 被害見当たらず : Global Energy Policy Research
    国民的な議論が必要だ 1 Nair Raghu Ram K Rajan Balakrishnan Akiba Suminori Jayalekshmi P Nair M Krishnan Gangadharan P Koga Taeko Morishima Hiroshige Nakamura Seiichi Sugahara Tsutomu Background Radiation and Cancer Incidence in Kerala India Karanagappally Cohort Study Abstract インドケララ州のカラナガッパリーにおける地域放射線の研究 HEALTH PHYSICS Volume 96 January 2009 2 Zuoyuan Wang John D Boice Jr Luxin Wei Gilbert W Beebe Yongru Zha Michael M Kaplan Zufan Too Harry R Maxon III Shouzhi Zhang Arthur B Schneider Bingde Tan Terrence A Wesseler Deqing Chen Abby G Ershow Ruth A Kleinerman L Gayle Littlefield and Dale Preston Thyroid Nodularity and Chromosome Aberrations Among Women in Areas of High Background Radiation in China Abstract 中国の高線量地域における女性の甲状腺結節ならびに染色体異常について JOURNAL OF THE NATIONAL CANCER INSTITUTE Volume 82 March 21 1990 3 Zufan Tao Yongru Zha Suminori Akiba Quanfu Sun Jianming Zou Jia Li Yusheng Liu Hiroo Kato Tsutomu Sugahara and Luxin Wei Cancer Mortality in the High Background Radiation Areas of Yangjiang China during the Period between 1979 and 1995 高線量地域である中国 陽江における1979年から95年におけるがん死亡率 2000年 日本政府 科学技術情報発信 流通総合システム検索より 4 Langner I Blettner M Gundesrup M Storm H Aspholm R Auvien A Pukkala E Hammer GP Zeeb H Hrafnkelsson J Rafnsson V Tulinius H De Angelis G Verdecchia A Haldorsen T Tveten U Eliasch H Hammar N Linnersjo A Cosmic radiation and cancer mortality among airline pilots results from a European cohort study abstract 航空機パイロットのがん死亡率 ヨーロッパ疫学調査から 2004 from US National library of medicine 5 R Muirhead J A O Hagan R G E Haylock M A Phillipson T Willcock G L C Berridge and W Zhang Mortality and cancer incidence following occupational radiation exposure third analysis of the National Registry for Radiation Workers abstract がん死亡者と患者と放射線に関する研究 国家登録簿に記載された放射線関連労働者について 3次調査 2009 January British Journal of Cancer 6 R Roland Bone Sarcoma in Humans Induced by Radium A Threshold Response ラジウムによって引き起こされた人間の骨肉腫の研究 しきい値による反応はあるのか 1996 Argonne National Laboratory US 7

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120220-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート ― 天然ガスの時代、ペルシャ湾の安全が日本のエネルギーの命運を左右(2012年2月13日) : Global Energy Policy Research
    ホルムズ海峡の封鎖が同国によって行われれば 緊張による海運の停止や石油 LNG価格の乱高下が起こり 日本のエネルギーの安定供給が大きく損なわれそうです 2 問題の根源は イランが核開発を進めていることです 米国や世界の政策当局者 研究者が執筆する米誌フォーリンアフェアズ 日本版 はウェブ上でイラン特集をまとめています 緊迫するホルムズ海峡情勢 外交か軍事攻撃か 封じ込めか 軍事攻撃か 対イラン政策を左右する核開発 石油 イスラエル 各論文 ウェブ公開は要旨のみ を読むと 総じてイランへの軍事力行使などの手段を用いるべきとの強硬論がそろっています 3 日本の中東問題調査会は一般向けレポート かわら版イスラエル 対イラン攻撃についてのイスラエル国内の見方 を2月9日公表 同国も強硬論が強いものの 武力行使に慎重な見方も出ている状況を伝えています 私たちは原発と日本のエネルギー問題を考える時に エネルギー安全保障 さらには中東情勢についても関心を向け それぞれの立場でリスクを減らす行動を考えなければならないでしょう 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120213-02/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 震災がれき問題、なぜ深刻になったのか?— 放射能と原発をめぐる知識不足のもたらした混乱 : Global Energy Policy Research
    の一点張りだった 黒岩知事は対話の広場終了後 記者団に対し 罵声怒号を浴びても被災地を救いたいという私の心は折れていない 理解してもらうためにやり抜く と話したが 実現への道は多難なようだ 参考 河北新報記事 ありえない放射能による障害 しかし被災地からのがれきで騒ぐのはとても非科学的だ いま瓦礫が問題になっている岩手県釜石市は約260kmで 東京からの距離とほぼ同じ 宮城県 岩手県の空間線量も関東地方と変わらない 東京二十三区清掃一部事務組合が宮城県女川市での震災がれきの焼却の 実験結果 について公表している がれきを普通ごみと2割ほどまぜて燃やしたが 放射性物質は確認されていない 放射性廃棄物の移動は法律によって規制され 移動は100ベクレル kg以下のものに限定されている 原発事故後の放射性物質の広がりや放射性セシウム濃度といった科学的なデータを見ると がれきの放射線量による健康被害はありえない 適正に処理されれば 生活圏で被ばく量は上昇しないということを 反対する人も冷静に理解するべきだ 神奈川県黒岩知事のように 話し合う ことを試みる良心的な首長もいる 行政側は情報を粘り強く発信し 不安を信頼に変えていく努力も必要だろう 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120213-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート ― 食品による内部被曝をめぐる議論(2012年2月6日) : Global Energy Policy Research
    FIT を導入します この導入に際して エネルギー関連の雇用 グリーンジョブ の増加という経済的な効果を 期待する意見がありました GEPR編集部は グリーンジョブは補助金で生まれない 固定価格買取制度の幻想 を提供します この制度の導入したドイツでは 2010年1年間だけで総額136億ユーロ 約1兆3600億円 一世帯あたりの月額負担額は10 3ユーロ 約1000円 これは電気料金の15 に相当する巨額の負担が発生しています さらに輸出競争力の増加も起こっていません 全国的にFITを導入していないアメリカでもオバマ政権のてこ入れで グリーンジョブ の増加努力が行われました しかし 増加はうまくいっていません この結果は補助金頼りの再生可能エネルギーの振興策が 機能しないことを示しています 3 PHP研究所から2012年2月15日に発売されるアゴラ研究所代表の池田信夫の著書 原発 危険神話 の崩壊 PHP研究所 から 第2章 放射能はどこまで恐いのか を公開します 現在の福島と東日本で問題になっている低線量被曝など 放射能と人体の影響について 科学的な知見を分かりやすく解説します 今週のニュース 資料 1 福島県は東京電力福島第一原発事故を受け 県民の健康管理調査を実施しています 内閣府 低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ の 資料 によれば 昨年12月までに 原発近隣地域の住民1589人を分析 昨年3月11日から7月11日までの4か月間で 最高値は 14 5mSv 全体の 97 4 が 5mSv未満となっています 福島県は 放射線による健康被害は考えにくい 状況と評価しています 2 事故を起こした福島第1原発から約20 50キロメートル離れている福島県南相馬市では市民への健康被害調査を行っています 内部被曝検診の結果について2月3日に公表しています 資料 50年間の預託線量で1mSv以下 また小児被曝の内部被曝はほぼないと推定されています 3 朝日新聞は1月19日の記事 福島の食事 1日4ベクレル 被曝 国基準の40分の1 で被曝の可能性はほぼないことを伝えています 福島県では3食で4 01ベクレル 関東地方で0 35ベクレル 西日本でほとんど検出されない状況で 福島の水準の食事を1年間食べた場合 人体の内部被曝 ひばく 線量は 4月から適用される国の新基準で超えないよう定められた年間被曝線量の40分の1にとどまっていた としています 4 内閣府の 低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ の 報告書 では 福島県民の被曝状況の推計が掲載されています 今後は 食品を通じた内部被曝が懸念されるものの それは年間0 1mSv 中央値 程度で 健康被害の可能性は少ないとしています 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで 節電の夏を乗り切る方法 について徹底検証 2012年6月5日放送 報告記事 ニコ生アゴラ

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120206-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 【おしらせ】放射能をめぐる解説のために研究員を派遣、講演を行います : Global Energy Policy Research
    1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120209-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •