archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 今週のアップデート — 日本のエネルギー政策見直し、どの方向に進むべきか(2012年1月16日) : Global Energy Policy Research
    最高35mSvなどです ちなみに日本は0 46mSv 最高1 26mSvです これらの地域で放射線による健康被害は観察されていません ニュース 英国の経済誌エコノミストは 原発事故の教訓 福島のブラックボックス 邦訳 JBpress という辛辣な批判記事を掲載しました 危険なほど緊迫感が欠けている と 政府 東電の姿を批判しました パストゥール通信2012年新春号 特集放射能とがん 同会の研究者がチェルノブイリなどで出た各国への影響の解説 また放射線によるがん発生のメカニズムを一般向けに解説しています 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120116-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 日本のエネルギー政策見直しに思う : Global Energy Policy Research
    これは今後の需要管理を考える上で示唆に富んでいる 供給サイドの変動を管理するとともに需要サイドをスマートメーターでうまく供給に合わしていくスマートグリッドの技術が21世紀のエネルギー安全保障にとって重要技術だからである それ以外にもエネルギーセキュリティーを高める技術はたくさんある 電気自動車など需要サイドの技術群に加え 供給サイドでは電力貯蔵技術 水素燃料電池 送電ロスゼロの超電導送電技術 二酸化炭素分離貯蔵技術 メタンハイドレート採掘技術などであり これらの開発を通じ日本が世界に貢献しうる 3 11の後世界中から日本に援助の手が差し延べられた そして世界は日本がどう未曾有の困難から立ち直るのか注目している 去年10月にIEAの閣僚会議に招かれたときに旧知のエネルギー閣僚たちと話す機会があった 皆口々に 日本に原発をやめてくれなんて誰も言っていない 安全に続けてくれと言っているので そのためにも是非福島事故の教訓をシェアして欲しい そうすれば世界中の原発がもっと安全なものになる と激励された 日本が震災や福島の教訓を世界とシェアするのが恩返しになるのだ 福島原発事故を受け日本では今ゼロベースでエネルギー政策の見直しが行われつつある 21世紀はシェールガス革命を経験しつつある天然ガス よりクリーンな石炭 より安全な原子力 再生可能エネルギーをうまくバランスさせて持続可能性の高い電力を供給するという包括的エネルギー安全保障の時代になる 世界とアジアにおけるエネルギー安全保障のあり方も念頭に入れながら国内のエネルギーミックスおよび電力市場のデザインを考えるべきであろう このところ日本が内向きになったという批判を海外で数多くの友人たちから聞いた 今こそ汚名返上する好機ではないか 福島事故以来 世界中の眼が日本に注がれているからだ 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120116-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 原爆の被害者調査からみた低線量被曝の影響 — 可能性の少ない健康被害 : Global Energy Policy Research
    医療関係者は受け止めている 福島第一原発事故では それによって一般市民が100mSv以上の被曝を受けた報告はない 被爆者の情報から考えると この事故による健康被害の可能性は少ない 脚注 1 ウェイド アリソン 放射能と理性 なぜ100ミリシーベルトなのか 徳間書店 2011年 2 Dale L Preston et al Effect of Recent Changes in Atomic Bomb Survivor Dosimetry on Cancer Mortality Risk Estimates RADIATION RESEARCH 162 377 389 2004 図表1 原爆の生存者のうち1950年から2000年までに白血病で死亡した人の数 被爆線量のレンジ mSv 生存者数 人 死亡者数 実際 予測 5未満 37403 92 84 9 5 100 30387 69 72 1 100 200 5841 14 14 5 200 500 6304 27 15 6 500 1000 3963 20 9 5 1000 2000 1972 39 4 9 2000超 737 25 1 6 合計 86955 296 203 アリソン 放射能と理性 などから編集部作成 図表2 原爆の生存者のうち1950年から2000年までにがんで死亡した人の数 被爆線量のレンジ mSv 生存者数 人 死亡者数 実際 予測 5未満 38507 4270 4282 5 100 29960 3387 3313 100 200 5949 732 691 200 500 6380 815 736 500 1000 3426 483 378 1000 2000 1764 326 191 2000超 625 114 56 合計 86611 10127 9647 アリソン 放射能と理性 などから編集部作成 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120116-02/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート—可能性の低い低線量被被曝の健康被害(2012年1月9日) : Global Energy Policy Research
    2011 年 3 月から 4 月にかけて 放射性物質を含むミルクを飲まなかったことにより この種の放射線被ばくは非常に小さかったといえます このため 近い将来あるいは 遠い将来 どんな甲状腺疾患の増加も予想できません チェルノブイリ周辺の放射性セシウムに晒された地域の居住者の長期被ばくがどのような影響を与えたかについて 25 年間にわたる細心の医学的経過観察および科学研究は ブリャンスク地域の人口における特別の疾患の増加を示しませんでした また 最近 最も権威のある国際的な専門家により行われた ベラルーシ ロシア およびウクライナにおけるチェルノブイリ事故の健康影響の評価でも同様でした 1986 年のロシアのブリャンスク地域における被ばく状況の比較と 2011 年の福島県の 比較から 日本の人口における放射線起因の特別の疾患の増加はありそうもないと いうことができます このメッセージは 日本にとって とてもよいニュースです 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120109-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 放射線被ばく基準の意味 : Global Energy Policy Research
    すなわち 100mSvを超えると被ばく線量に比例して直線的にがんのリスクが増えること 100mSv以下では そうした影響が疫学的には認められないことなど UNSCEARが認めた放射線の科学的影響を前提にして ICRPはポリシーとして 100mSv以上における 線量と影響の直線関係 のグラフの線を100ミリ以下にも延長して 放射線の防護の体系を作っている これは 安全面に配慮した防護思想に基づいている このポリシーのもと 平時では 公衆の被ばく限度は年間1mSv 職業人は年間50mSvかつ5年で100mSv以下 今回のような緊急時は別 とICRPは勧告している また 緊急時で被ばくがコントロールできないときには年間20 100mSvの間で ある程度収まってきたら年間1 20mSvの間で目安を定めて 最終的には平時 年間1mSv に戻すべき とも勧告している これらの数字もすべて 100mSv以下では科学的な影響が認められていないという リスク管理ではない サイエンスである リスク評価を踏まえたうえでの 防護上のポリシーである リスク評価は変わらないが 状況に応じてリスクに向き合う態度 リスク管理 を変える必要があるのである 職業人は なぜ一般の人の何十倍も被ばくしてよいのか 同じ人間が 緊急時になると平時より沢山被ばくしてもよいというのは変だ という声も聞かれるが 勧告値が 変化する のは この数字が そもそも科学的なデータ リスク評価 ではなく 防護上の目安 リスク管理 だからである 放射線の科学的な リスク評価 とその防護上の指針 リスク管理 を混同すべきではない たしかに ICRP勧告の 公衆の被ばく限度は年間1mSv は 各国と同様 わが国の放射線障害防止法にも取り入れられている しかし この法令上の年間1mSvとは 健康影響上の科学的なデータではなく 安全を十分に見込んだ防護上の目安に過ぎないことを忘れるべきではない なぜなら チェルノブイリで顕著であったが 非常時に平時の目安に固執すると逆に健康被害が出るからである 福島第一原発の事故以来人口に膾炙した 直線しきい値なしモデル LNTモデル はICRPが その安全哲学から提唱する防護上のポリシーであって 科学的データを示しているわけではない しかし リスク評価 と リスク管理 を合体させたような姿を呈している そして このグラフの 原点から右肩上がりにリスクが増えている ように見える 線量 発がん 関係が多くの誤解を与えているとも言える UNSCEARが科学的データを報告し ICRPがそのデータをもとにリスク管理の指針を勧告しているという関係は より認識されてよいことかと思われる 専門家 もこうした関係を知らずに 直線しきい値なしモデル のみをもとに議論している 2mSv余計に浴びると 200万人の福島県民のうち がんで亡くなる人が200名増える などの議論は典型的な誤用である ICRP自体が LNTモデルをこうした計算に使うべきではないと以下のように明言している 実効線量は 特定した個人の被ばくにおいて 確率的影響のリスクを遡及的に評価するために使用すべきではなく またヒトの被ばくの疫学的な評価でも使用すべきではない 1 そもそも 数mSvの被ばくで がんが増えると考える 真の専門家 などいない リスク評価 と リスク管理 を区別しないならば 科学 科学的事実 科学的仮説 と哲学 放射線防護上の安全哲学 ポリシー が混同されることにつながる 社会を大混乱に陥れ 結果的には日本人の短命化につながる 専門家の言説 の責任は重い 脚注のリンク 1 ICRP Publication 103 P13 K 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120109-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 中川 恵一 : Global Energy Policy Research
    1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E4%B8%AD%E5%B7%9D%20%E6%81%B5%E4%B8%80 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 放射線の事実に向き合う ― 本当にそれほど危険なのか? : Global Energy Policy Research
    時速2 4マイル 時速3 6キロ で走らなくてはならないという安全法が1865年の赤旗法 英国 として成立した 現代の文明化において幸運だったのは 偶然にも放射線が発見されたのと同じ年の1896年には このような交通規制は20倍またはそれ以上に緩やかになったことである はじめ人々は 初期段階の技術水準の交通手段は受け入れられない また 馬を驚かすだけだろう と考えたが 次第に技術が改善されて事故率は低下した 人類はリスクを受け入れ利益を得ることを受けいれたのだ 交通では今でも 人間のすぐそばを通る乗用車など 極端に危険なことがすぐそこにある しかし人々はこういった危険を日常の中で避けている 19世紀に普及していた規制は今日では考え難いものであり 例えば子供に対して道路による移動を禁じるといったような 特別な規制を提案する人は現代にはいないだろう 利益に対するリスクを考え 技術に向き合うべき 放射線の安全性と原子力技術の扱いを 他の技術に比べて特別にする理由などない 経験に照らし合わせて 利益に対するリスクのバランスを取りながら扱うべき問題だが 不幸なことに現実はそのようにはなっていない 1951年 安全レベルは1週間あたり3mSv 1ヶ月あたり12mSv に設定されていた 3 市民がこのレベルの放射線で安全にすごせる記録があったにもかかわらず 1951年以降には一般市民を対象に推奨される基準の最高値が ALARA の名のもとに150倍低く 減らされて 設定されたのだ これは賢明だったのだろうか 臨床医学において 個人の健康に効果のある放射線の被曝実験では 安全レベルは1週当たり3mSvの8倍 増やして いいかもしれないと提案されている 4 偶然だが 放射線をめぐる状況は 交通速度規制の緩和化と さほど異なるものではない 興味深いことだが放射能を科学的に解明してノーベル賞を受賞したキューリー夫妻のうち 妻マリー キュリーはその研究活動において莫大な量の放射線を浴びたにもかかわらず1934年まで生存した 享年66歳 一方で夫であるピエール キュリーは1906年パリで馬に引きずられるという交通事故で亡くなった 最も有名な科学者たちとはいえ このケースから 放射線の危険性について結論づけるのは科学的ではないことだが 福島 そして世界で過剰な規制によるコストの再考を 医療用の画像診断に用いられる放射線は 患者に対し内部または外部の放射線源から照射することで 1回当たり5 10mSvの被曝量である 日本政府が最近定めた 5 放射能セシウムの基準値まで汚染された肉を食べて この放射線量と同じ量だけ被曝するには およそ4ヶ月の間に1トンの肉を食べなくてはならないのだ この規制は不合理だ 福島における避難方針のよりどころとなった基準同様 これは ALARA を由来としている その方針は1年に2回全身の CT スキャンを受けたのと同量のレベルを基準としている 放射線治療中の患者は 悪性の腫瘍をなくすために 10 20cm四方の組織や臓器に 1000回 またはそれ以上の CT スキャンを受けるのと同量の被曝をしている 4 6 そのような治療において放射線を浴びた組織および臓器は 通常機能を失うことはないし このような放射線治療に感謝する友人や親類を持つ人がほとんどだろう この事実から考えても この基準以下の放射線は無害であると確実に言えるだろう チェルノブイリでは 同様の食物および避難方針が 社会的および心理的に深刻なストレスをもたらし 放射線そのものよりも広範囲な健康被害をもたらしてしまった 1 4 この不幸な過ちが 福島でも繰り返されている 厳然な統計はまだ入手できないものの 最近福島を訪れた際 私は地元自治体の首長や医師 教師などから 放射線に対する恐怖や現在の政策が 絶望を生み ビジネスを崩壊させ 自殺の原因となり またコミュニティを崩壊させ 高齢者の間に生きる目標を失わせているかということの 説明を受けた 現在の厳しい放射線の 安全 基準は 科学的な視点からは支持することができないものだ これは一般市民の漠然とした懸念に応えて生まれたものだが これを 著しい健康に対する影響なく おそらく1000倍程度まで緩和しても問題はないであろう 4 ALARA の方針をまったく採用しないことによってもたらされる世界規模でみた経済的利益は大きなものとなる 一方で原子力発電の安定化に向けて厳格に制御するためのコストの支出は続くべきであるが 原発という選択肢について支払われる安全コストの大部分は大幅に減るだろう 世界中のエネルギー消費者が ALARA の不当な追加コスト 廃棄物の処理コストも含む を喜んで負担するとは考え難い この観点からみると ALARA を基準とする規制は明らかに再考されるべきである 原子力の 赤旗法 は撤廃されるべきだ 脚注のリンク 1 IAEA Report 2006 and UN Report 2011 2 ICRP Report 103 2007 3 reference 2 p 35 4 Radiation and Reason 2009 5 Royal College of Radiologists 2006 6 Japanese Govt Regulation 27 July 2011 ウェイド アリソン オックスフォード大学名誉教授 専攻は核物理学 放射線医学 著書に 放射能と理性 徳間書店刊 英語版ガイダンス アリソン氏略歴は こちら 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120101-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 今週のアップデート ー 放射線は本当に健康に悪影響があるのか?(2012年1月2日) : Global Energy Policy Research
    日本政府は福島第一原発事故について政府調査委員会の中間報告書を発表しました 津波が原因です 同時に菅内閣の政治家 東京電力 監督官庁の原子力安全保安院それぞれのミスの集積が事態を悪化させたことを伝えています 11年12月26日発表 政府事故調査委員会中間報告書 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20120101-07/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •