archive-org.com » ORG » G » GEPR.ORG

Total: 971

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 東田 八幡 : Global Energy Policy Research
    7月1日の原子力規制委員会での審議とそのあとの記者会見の場でまたまた とんでもないことが起こっている 続きを読む 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E6%9D%B1%E7%94%B0%20%E5%85%AB%E5%B9%A1 (2016-02-14)
    Open archived version from archive


  • 再エネ導入と電力供給力確保の両立は難しい-ドイツの事例から : Global Energy Policy Research
    発電した電気を市場で売るだけではその固定費を回収しきれないという問題が発生する 稼働時間が短いというだけでなく 電源は必要とされるタイミングで稼働しなければ一切の収入を得ることはできない 競争環境下におかれた事業者としては 燃料費等のランニングコストの回収さえ確保できれば固定費の回収まではできなくとも稼働して収入を得ることを優先させるという思考回路になる このような値段で電力市場の価格が決定するようになれば 固定費回収は当然おぼつかない これが自由化した市場で発生する いわゆる ミッシングマネー問題 すなわち投資回収が十分にできないために発生する 失われたお金 の問題である 自由化された当初は 発電事業者は規制の下で課せられた供給義務を果たすために 余剰設備を抱え込んだ メタボリック状態 であることが多い メタボリックな事業者のダイエットが進むことは市場原理の結果として期待されていたことであり 固定費が回収できなくなった発電所が閉鎖されても大きな問題として認識されづらい しかし 既存発電所の維持ができないだけでなく 新規の電源開発も期待できないため 自由化開始からある程度の年数が経つと 供給力確保策の必要性が認識されることとなる 自由化市場の問題 調整費用を誰が負担 ドイツの場合はここにさらに 再生可能エネルギーの大量導入という問題が絡み合う 再生可能エネルギーの電源が 究極の総括原価主義とも言えるFITにより保護され 大量に市場に導入されると 自由化された世界で生きていくことを定められた従来型電源は 先行きが極めて不透明な事業環境に置かれることとなる 再エネの電気は優先ルールがあるし それでなくとも燃料費がかからないため当然優先的に利用されるから 従来型電源は 稼働できる時間 つまり収入を得られる時間がどんどん短くなる 加えて 市場が再エネの電気でだぶつけば 卸電力市場の価格も低下する 従来型電源が採算を確保することはますます困難になる 自由化された市場においては 不透明な事業環境に耐えられないのであれば そのプレーヤーは市場から退出するのが当然である しかし 同時同量を果たさなければならない電力という商品を 年間を通じて安定的に供給するためには 短い稼働時間ではあってもその供給力に存在してもらわなければならないし 太陽光や風力といった人間がコントロールできない変動電源が増えれば 調整能力の必要性も増すのである ドイツでは1998年に全面自由化を行ったが その時の設備率 すなわち1年間のうち最大の需要 日本でいえば 真夏の暑い平日 会社や工場がフル稼働し さらに甲子園の中継などが重なるといった日の午後 ドイツの需要のピークは冬の日の夕方である を賄うのに必要な電源の1 5倍もの発電設備が存在した しかし 自由化が進展し 特にコストの高い天然ガス火力等の閉鎖が相次いだことで 国としての供給力不足が懸念されるようになったのだ これを解決するために 2012年末に施行されたエネルギー事業法第三次改訂法によって容量リザーブの考え方が認められるようになったが 拙稿 ドイツの電力事情⑨ 供給力維持のお値段 で指摘した通り 連邦ネットワーク庁が発電所の稼働停止を禁じることはできるものの 適切な範囲で補償を請求する権利を有する としか定めておらず 制度としては完成度が低いものであった そのため更なる改革を目指して昨年10月に示されたグリーンブックでは 卸電力市場の改革を行うこと 卸電力市場で取引されるkWhではなく発電する能力kWに対して対価が支払われる容量市場の創設の2つの案が示されており 容量市場創設の決断が下されるかどうかが注目されていたのだ しかし 結論から言えば容量市場ではなく 容量リザーブ 戦略的予備力 制度の導入が決定された 容量メカニズムあれこれ 電気の供給能力 発電容量 に対して何らかの対価が支払われる仕組みを容量メカニズムという 容量メカニズムにはいくつかの類型がある 注 第5回経産省総合エネルギー部会制度設計ワーキンググループ 事務局提出資料 より ドイツはこの中で容量リザーブ 戦略的予備力 と言われる施策を選択した 主な違いとしては 容量市場は発電所の新設を促す効果があるが 容量リザーブはその名の通り 現在ある発電設備容量を保存するだけ すなわち廃止を阻止する効果しかない 卸電力市場だけに任せておくと固定費が回収できず廃止されてしまう恐れのある発電所の中から その廃止が国の安定供給上問題となる発電所について 系統運用事業者が資金を供給してそれを維持するという制度である ドイツが後者を選択した理由として 7月13日付電気新聞は ドイツは再生可能エネルギーの導入拡大により 発電設備容量としては過剰気味であるため 容量リザーブが選択されたのであろうとの海外電力調査会関係者のコメントを紹介している ドイツ連邦エネルギー経済省のバーケ次官は この市場改革案を容量市場よりも小さいコスト負担で安定供給を確保できること イノベーションへのインセンティブを付与し 再エネの系統連系をより拡大するであろうとコメントしたと報じられる 容量市場の代わりに彼らが電源投資促進策として採ろうとしているのは 電力市場における自由な価格形成を保証 である どういうことかと言えば 需給が逼迫したときに 卸電力市場価格が 普段の何十倍 何百倍といった水準になること プライススパイクと呼ばれる を許容しようというものである これならば 短い稼働時間であっても投資回収することは可能とのことである しかし 再エネが大量に導入され 普段の市場価格が低下している中では プライススパイクはより高く 多頻度であることが必要だ 規制当局がそれだけの電力価格高騰に対して何ら介入をしないことは政治的な批判の対象となりやすい 少なくとも我が国では現実的にありえないだろう 今後8月24日までこのホワイトペーパーに対するステークホルダーからのコメントを受け付け 10月には法案を作成 来春までには立法手続きがなされるとの見通しだ 2015年8月24日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20150824-03/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • SAIS米韓センター : Global Energy Policy Research
    アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%EF%BC%B3%EF%BC%A1%EF%BC%A9%EF%BC%B3%E7%B1%B3%E9%9F%93%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 日本の原子力産業が取る道は?-仏アレバ、中国企業の提携から : Global Energy Policy Research
    図3 2 ところが2014年にはバックエンド部門や採鉱といった これまで営業利益ベースで赤字転落したことがない部門まで大きな損失を計上し 原子炉部門のかつてない大損失とあいまってついに全社で営業利益がマイナスとなり 債務超過に陥った Arevaグループの経営説明資料ではこの要因を以下のとおり説明している 原子炉部門でのフィンランド オルキルオト3号をはじめとする新規プロジェクトにおける追加的投資負担 バックエンドでのライフサイクル末期運転に係る契約の終了 上流役務部門での施設減損処理等 説明されればどれも納得できる要因ではあるが 見方を変えればこれまでいつ顕在化してもおかしくなかったことである また 近年のウラン価格及び濃縮役務価格の低迷も主に上流役務部門の収益が伸びなかった理由に挙げられているが これも2011年以来の慢性的な状況であり やはり今に始まったことではない 結局 他国での新規建設に付随するリスクに十分に対処しきれなかったことが 現在 ついにフランス政府による介入 次いで中国企業との提携に至っている根本要因であるといえる なぜ中国企業と関係を深めたのか 世界最大規模の原子力産業を有するフランスが中国企業を提携相手に選んだことも 意外にも感じられるがそれなりに理由があったことであろう 従来 フランスが最も密な協力 支援をしてきた相手はロシアであった ロシア原子力企業のRosatomが開発し世界各国へ展開中のVVERには1980年代からフランスの技術支援が入っているし 濃縮プラントの設計 建設 運営 ウラン精錬工場など燃料部門でも協力してきている そのロシアでもなく また2009年UAEでの大規模国際入札に勝ったことで一躍世界のプレーヤーとして注目されるようになった韓国でもなく なぜ中国が相手だったのか その鍵はArevaの6月30日の提携発表時のプレスリリースにある 原子炉部門でのCNNCとの協力内容について Areva及びEDFはこう述べている In the field of reactors and with the support of AREVA EDF and CNNC plan to study in particular the possibility of closer cooperation in medium and high power reactors particularly in the area of industrial procurement 意訳 EDFとCNNCはArevaの支援を共に受けつつ 中型炉及び大型炉分野の特に部品調達においてより緊密な協力を進めることとする 米国やフランスや英国などの先進国において建設計画が遅延する傾向にある中 中国では2011年以降 ほぼ毎年数基が新規に着工している これは歴史的に見ても1970年代の日本を上回るハイペースであり 今や国産化比率が90 に近い中国原子力産業であっても部品の調達は死活問題である かたや仏フラマンビル3号機や英ヒンクリー ポイントCプロジェクトの遅れにより フランス国内の部品製造工場の設備は操業率が低迷しており これも収益改善の足を引っ張っている そのような状況であれば 今後世界で最も多くの部品供給が必要となる中国はまたとない魅力的な市場であろう これが上述の提携内容プレスリリースの背景である 厳しさます日本企業の原発事業戦略 さて このような動向はプラントメーカ3社が競合する日本の原子力産業界にはどのような影響があり得るであろうか 国際市場で事業展開していく環境はより厳しくなった と言わざるを得ない 図4に 中国企業 Arevaの協力合意後の世界のプラントメーカ協力 競合体制図を示す 日立GEのABWRやESBWRがArevaのEPRと欧米先進国市場で競合している状況や ATMEA1 ロシアのVVER AES 2006 及びWestinghouseのAP 1000が新興国市場で競合している状況は従来から変わっていないが 今後はそこに中国CGNのHualong 1 華龍1号 が参入してくることになる 図4 Hualong 1はAP 1000やVVERやATMEA 1と電気出力が同程度である IAEAの安全基準に合致していればそれ以上の 世界最高水準の安全性 信頼性 にはこだわらない新興国のニーズにどのプラント概念が最も合致するかといえば やはりコストの安いものであろう しょっちゅう故障するようでは結局コストが高くつく 安全であれば結果的にコストも安くなる というのは先進国の論理であることをまずは認識する必要がある 中国企業が国際原子力新設市場に参入し 欧米企業と同一市場で競合し かつフランスと対等な協力関係を築くなど 2010年に誰が予想したであろうか 急速に経済成長する新興国での商談においては先進国とは違う要件が求められることを覚悟しなければ 新興国相手のマーケティングは成功しないことを 日本のインフラ産業はこれまで嫌というほど経験してきたはずである その経験を今こそ国際展開に活かし 国の支援を期待するだけの他力本願ではなく コストも品質も含めた実力で国際商戦を勝ち抜けるしたたかさを今後の日本の原子力産業界には期待したい 2015年8月17日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20150817-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 村上 朋子 : Global Energy Policy Research
    エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある 福島の現状 医療や公衆衛生の問題点を聞いた ポッドキャスト ニコ生アゴラ 2012年の夏 果たして電力は足りるのか 原発再稼動問題から最新のスマートグリッド構想まで

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E6%9D%91%E4%B8%8A%20%E6%9C%8B%E5%AD%90 (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 電力自由化で電気代は下がるのか : Global Energy Policy Research
    託送料 卸売り料金 で新電力の経営は大きく左右されるが 既存の電力会社より安く供給できる新電力は 自前で設備をもつエネットなどに限られるのではないか いずれにせよ 今のように全国の原発が法的根拠もなく止まっている状態を解決するか 少なくともそのスケジュールが明らかにならない限り 自由化によってかえって競争はゆがめられる 原子力規制委員会は経産省の所管ではないが 内閣が指導力を発揮して原子力を正常化することが最優先だ 自由化はその後でも遅くない 2015年7月27日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20150727-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • アルジャジーラ・アメリカ : Global Energy Policy Research
    竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明 ジャーナリスト 越智氏は公衆衛生学の研究者であり 内科医でもある

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contributors/list/?a=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB (2016-02-14)
    Open archived version from archive

  • 世界の原子力発電動向(上)-趨勢は継続・拡大 : Global Energy Policy Research
    6000kW 黒鉛減速炉 が 1956年には英国でコールダーホール原発 6万kW ガス炉 が 1957年には米国でシッピングポート原発 10万kW PWR が 発電を開始した これらの原子炉は 核兵器用プルトニウム生産炉や原子力潜水艦用動力炉から発展したものである 表1 世界の資料 参照 表1 世界の原子力発電開発の推移 流れ その後 原子炉は改良 大型化が進められた 1973年の第1次石油危機を契機に石油代替エネルギーとして 原子力発電が一躍脚光を浴び 1970年代は 世界中で平均年間26基の原子力発電所が新規に着工された しかし 1979年のスリーマイルアイランド TMI 原発事故と1986年のチェルノブイリ原発事故により 世界の原子力開発は停滞した 2000年代に入ると原子力開発は ルネサンスと呼ばれるように復活しつつあった そのような中で福島原子力事故が起きた 原子力開発が後退するとの懸念もあったが 若干のブレーキがかかった程度で 世界的には原子力開発推進の方向に動いている 2014年1月1日現在 世界で運転中の原子力発電所は 31カ国 地域で435基 合計出力3億8000万kWである 全発電電力量に占める比率は11 程度である 2 原子力発電の将来予測 世界の将来の原子力発電規模の予測については 国際原子力機関 IAEA 国際エネルギー機関 IEA 及び米国エネルギー省 エネルギー情報局 DOE EIA などが発表している 表2参照 表2 世界の原子力発電規模予測 注 低 低成長予測 高 高成長予測 IAEAは 世界全体の原子力規模が2030には現在の1 17 1 94倍になると予測しているが 実際には その中間程度になるだろう 長期的には 開発途上国における人口増加や電力需要増加だけでなく 気候変動対策やエネルギーの安定供給 他の燃料価格の不安定性などの理由から 原子力はエネルギーミックスの中で重要な役割を果たすと期待されている 地域別に原子力開発を見ると 原子力の増加が著しいのは 中国 韓国を含む東アジア地域である IAEA予測でも 東アジア地域は2012年末の0 83億kWから2030年には1 47億 2 68億kWに拡大する 次いで ロシアを含む旧ソ連 東欧諸国や中東 南アジア地域 インドを含む も強い成長ポテンシャルをもっている 表3 表3 IAEA 世界の原子力発電規模予測の推移 地域別 西欧や北米地域は一部の脱原子力国やシェールガス革命の影響 寿命を迎えた原子力発電所の退役などにより 今後の原子力規模については 若干減少から若干増加までの幅があり 各国の状況によって流動的である 表4 世界の電源別発電設備と発電電力量見通し WEO 2013 新政策シナリオ 表5 世界の地域別発電設備 全体と原子力 WEO 2013 新政策シナリオ 下 途上国に売り込む中露 へ続く 2015年7月13日掲載 映像資料 映像 電力自由化まであと2ヶ月 電気代は安くなるのか 2016年2月2日放送 出演は竹内純子さん NPO国際環境経済研究所理事 主席研究員 宇佐美典也さん エネルギーコンサルタント 池田信夫さん アゴラ研究所所長 4月から電力の小売りが自由化される そのプラスとマイナスを分析した また池田さん 竹内さんは共に 1月に亡くなった国際環境経済研究所の澤昭裕さんと共に仕事をしてきました 澤さんの追悼と思い出を番組で振り返った 映像 中東の激動で原油はどうなる 2016年1月13日放送 出演は岩瀬昇氏 エネルギーアナリスト 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 1バレル30ドル割れの原油価格の下落が続く一方で 中東情勢の不透明感が増している 2016年の原油価格はどうなるのかを考えた 映像 原子力報道 メディアの責任を問う シンポジウム 2015年12月8日開催 静岡県掛川市において 出演は田原総一朗 ジャーナリスト モーリー ロバートソン ジャーナリスト ミュージシャン 松本真由美 東京大学客員准教授 キャスター の各氏が出演 池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めた 原子力をめぐり メディアの情報は 正確なものではなく 混乱を広げた面がある それを メディアにかかわる人が参加し 検証した そして私たち一般市民の情報への向き合い方を考えた 映像 日本のプルトニウムの行方 2015年11月24日放送 出演は鈴木達治郎氏 長崎大学核兵器廃絶研究センター長 教授 池田信夫氏 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明氏 ジャーナリスト 核兵器廃絶を求める科学者らの パグウォッシュ会議 が今年11月の5日間 長崎で開かれました 鈴木氏は その事務局長として会議を成功に導きました また14年まで国の原子力政策を決める原子力委員会の委員長代理でした 日本の原子力の平和利用を考えます 映像 福島は危険なのか 医療現場からの報告 2015年10月27日放送 出演は越智小枝 相馬中央病院内科診療科長 池田信夫 アゴラ研究所所長 司会は石井孝明

    Original URL path: http://www.gepr.org/ja/contents/20150713-01/ (2016-02-14)
    Open archived version from archive



  •