archive-org.com » ORG » N » NORTHTEXASGIGAPOP.ORG

Total: 12

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 神戸の夜勤専従看護師日記
    病院の看護の概要から 医療機器の取り扱い 検査データの見方や 採血 注射 輸血の研修まであり 充実した内容でとても勉強になりました また 病院内の見学や実際に勤務している医師や看護師の講義などもあり 看護師の仕事復帰への自信もかなり持てるようになりました 出産後 復職するにあたっての不安をたくさん抱えている人もたくさんいると思いますが このような復職支援セミナーは 再就職の後押しをしてくれる とても心強いものですね 実際に参加してみると 同じような育児中の看護師さんとも話しも出来たりして 不安もかなり解消されますよ 2015 8 15 院内保育園での睡眠 子供にとって睡眠時間は大切ですね 私が今の職場に転職した理由は 院内保育園の待遇です 私は 院内保育園があるという事で 以前の職場を選び 院内保育園の待遇や環境について詳しく調べなかったんです 院内保育園というのは 場所によって待遇や環境が全く違います 以前の職場の院内保育園は 保育士の人数が足りない状態でした その為に 子供をすぐに寝かしつけてしまうんです ようするに 寝かしつけておけば 保育士さんの手がかからないという感じです そのような感じなので 院内保育園にいる時には一日中寝ている為に 家に帰ってきてからは全然寝てくれなかったんです 保育園で長時間寝ているんですから それも当然です 保育士の目が行き届かないから 怪我をする事も良くあったし 子供同士の喧嘩で怪我をする事も多かったんです 子供達が寝ている間に保育士さんが何をしているのかと言うと 仲間同士でおしゃべりに花が咲いているといった状況です このような院内保育園だったら とても子供を任せる事ができないと思い 転職をする事にしました 私は 転職に失敗したくなかったので 看護師求人サイトを利用しました そこで コンサルタントさんに評判の高い職場を紹介してもらいました 今働いている職場の院内保育園は 保育士さんの人数も充実していて 教育も良く行き届いています 子供達が寝る時には 絵本を呼んで聞かせてくれたり 子守唄を歌ってくれたりするんです 子供達が寝ている間には もちろん無駄なおしゃべりなんてしていません 掃除や片付けをしたり しっかり働いています 大事な子供を預けるわけですから 院内保育園はしっかりとチェックする必要があります 看護師求人サイトを利用すれば 院内保育園の見学ができるので安心です 2015 4 22 生活保護の不正受給 この話をすると 本当に必要な方が貰えなくなる 肩身が狭い思いをするのはかわいそう と怒り出す人っていますよね でも 生保の不正受給は看護師にとって身近な問題なんですよ 生活保護の不正受給って 芸能人の親などのケースで結構テレビで報道されていましたよね うちの職場でも 昼休憩にテレビをつけているので 連日みていたんですよ Д 生活保護ってさぁ みんなの税金から出てるんでしょ 税金の無駄遣いだよね うちだって 税金払うのに苦労してるんだからさぁ などという会話も聞こえます こういったことで 生活保護が話題になると 生活保護を受けている人が肩身の狭い思いをするのは可哀想 本当に必要な人がもらえなくなるよね といって怒り出す人もいます たしかに 必要な人が肩身の狭い思いもしますし 生活保護を受ける事が厳しくなって困る人もいますよね しかし 生活保護の不正受給って実際どのくらいあるか知っていますか 平成24年度で 4万1000件 金額にすると なんと190億円を超えたんですって これだけの金額をどうやって って思ってしまいますね この生活保護の不正受給は 看護師にとっても 実は身近な問題なんですよ 通常は 健康保険などに加入し 患者さんは自己負担学3割を病院に支払っています しかし 生活保護受給者は 医療保険に加入していないため 全額を医療費補助として国が負担しているんです だから生活保護の人は 医療費がタダになりますよね それを利用した悪質な事をする人たちがいるのです Д ノ 例えば 生活保護世帯の患者さんで 大量に睡眠薬などを処方してもらい裏で横流しをしている人たちがいます 生活保護といいながら 裏では大金を得ている人たちもいるんですよね そして 驚くことに生活保護を悪用するのは患者さんはだけではなかったんです 医療という名のもとで 数々の不正行為があったことも事実です 病院側で 生活保護の患者さんの医療費を不正に請求するという事件もありましたね 生活保護の患者さんにしてもいない治療や検査をしたことにして 虚偽のレセプトを作成し 診療報酬請求をする これは 完全に詐欺ですよね このような犯罪が明るみになるまで不正に請求しつづけた病院もありましたね なんとも酷い話ですよ 自分の働く病院は大丈夫かしら 働く看護師には そんなことわかりませんからね Д ノ 2014 8 23 タバコの弊害はやはり怖い 肺がんはもちろん 咽頭がんや頭頸部癌などなど 受動喫煙の問題もありますし タバコは怖いですね 最近は 禁煙ブームで喫煙者もだいぶ減ってきましたね Д ファミレスに行っても 終日禁煙や分煙となっていますし 電車や新幹線 構内 様々なところで禁煙となっています 以前はどこでも吸えたタバコですが タバコには吸っている人だけでなく タバコの煙 副流煙にも人体に及ぼす害があることが分かったからですね 看護師も喫煙者って結構いますよね Д 以前は院内にも喫煙所があったりと 看護師も休憩時間にタバコを吸う時間がありましたが 最近は院内禁煙となっているため 看護師の喫煙者も減ったように思います タバコには 依存性があるため 一度吸い始めると なかなか禁煙出来ず ニコチンが切れ始めると イライラしたり 集中力がなくなったりと離脱症状が現れます Д だから 一度吸い出すと なかなか禁煙出来ないんですよね しかし 喫煙することで 体に及ぼす害を考えると やはりタバコは吸わないに限るんですよね 喫煙による煙には 4000種類以上の化学物質が含まれ 有害物質250種類の中には 70種類以上の発がん性物質が含まれていると言われています 肺癌や 咽頭癌をはじめとする多くの癌の発生率が喫煙者では高くなります 呼吸疾患はもちろんのこと 循環器疾患 歯科口腔外科疾患の発生率も高くなりますし 不妊症 早産 低出生体重児 乳幼児突然死症候群などの発生率も高くなっています 喫煙している人だけではなく 受動喫煙で 喫煙者のそばにいる人にも害があることも大きな問題となっていますね Д A タバコを吸う人にとっては 耳の痛くなる話ですが やはりタバコの弊害は知っておくべきですね Д どうしても禁煙出来ない方は 禁煙外来などもありますから 利用してみるといいですねd o 2014 6 19 もっと緩和ケア病棟やホスピスが増えて欲しい 最期は患者さんのQOLを重視して欲しい 私は 呼吸器内科外科や血液内科を扱う病棟で働いています 癌の患者さんや重症度の高い患者さんが沢山入院しています このような急性期の病棟というのは 一日中バタバタしています 急変やステルペンが 一日に何件もあり 緊急オペも何件もあり 精神的な負担がかなり大きい職場です 重症度の高い患者さんばかりなので 点滴の準備もかなりの量で 抗がん剤を使う事も多く ミスのないように常に神経を使っています 緊張感が高い職場なので スタッフはいつもピリピリしています そのせいか 人間関係があまり良くありません 病棟には 終末期の患者さんもいれば 急性期の患者さんやオペの患者さんもいます そのような状況の為 終末期の患者さんのQOLを重視した看護やケアができていないように思います 終末期の患者さんの為に使える時間が少なく 一人一人の言葉に耳を傾けて思いを寄せる このような看護をしたくても なかなかできないのが現状です ゆっくり患者さんの話を聞こうと思っても ナースコールがあれば 駆けつけなくてはいけません 末期の患者さんにとって 痛みのコントロールはとても大切で 残された時間を少しでも苦痛が少なく過ごしてもらえるように 耳を傾けたいと思っています でも 私達が忙しそうに飛び回っている姿を見て 患者さんのほうが気を使っている状態なんです このような環境では 満足できる看護やケアなんてできません もっと緩和ケア病棟やホスピスが増えてくれれば 終末期の患者さんに対して 有意義に過ごして貰う為のケアができると思っています そればかりではなく 看護師不足を解消する事ができれば それが 充分なケアに繋がるのではないかと思っています 2014 6 18 こんな患者には強制退院してほしい 困った患者さんのエピソード 病院でも介護施設でも 困った患者さんや利用者の方って 必ずといっていいほどいるんですよね 今私が働いている介護施設には 看護師や介護士の間でも悩みの種になっている 困った利用者の方がいるんですよね その方のお陰で トラブルだらけなんです 気分屋 我儘 短期で 他人の言う事はとにかく聞かないから 利用者の方とトラブルばかり起こしてるんです もちろん100 悪いのは その利用者ですよ それに 若い介護士や看護師の言う事は 全く聞かないで それどころか暴言ばかり吐いているんです この前だって 入浴している時に お湯の温度がぬるいって言い出したんですよね 施設では お湯の温度は決められているんです あまり熱いと何か起こる可能性があるので 温度を変える事はできないんです でも その方は 自分で勝手に機械を操作して 勝手に高温にしてしまったんです その結果

    Original URL path: http://www.northtexasgigapop.org/ (2016-05-02)
    Open archived version from archive


  • 独身時代はバリバリと働いていました。今はあの頃の生活にはとても戻れないよな~((+_+)) | 神戸の夜勤専従看護師日記
    本当に救命の最前線で働いてる感じでしたね 休みも少ないし 仕事量がものすごく多くて 残業の日々 T T 毎日終わりが見えない仕事にストレスも多かったですよ 新人の頃なんか あまりの辛さに毎日泣いてばかり ナースの仕事を辞めようかと考えた事も何度もありました Д でも 仕事が大変なら大変なほどやりがいもあったし 毎日が充実していたなぁって思うんです 心肺停止の患者さんや 意識のない患者さんが運ばれてきた時 病棟での急変やステルベン そんな事ばかりの日常で辛さも多い分 患者さんが元気に退院する姿を見れた時は この仕事をしていて良かったと心から思えます o 看護師の仕事って 本当にキツイくて辛い仕事ですけど 素晴らしい仕事だなって思いますよ だから 私も生涯ナースの仕事は続けたいと思っているんです 凵 けど 今はあの頃の生活には戻れないよなぁ Д 息子の子育てに手を焼く毎日 たまに検診派遣や訪問入浴のバイト ツアーナースなどちょっと手頃に出来る仕事で精一杯です Д A でも 子育てしながらでも働ける職場を見つけて また病棟ナースとして頑張りたいなぁって思ってますよ 2015 12 16 最近のエントリー 独身時代はバリバリと働いていました 今はあの頃の生活にはとても戻れないよな 外科病棟は私には合わないみたい もっとのんびりとマイペースに働きたいな 看護師の復職支援セミナーに参加して良かった 院内保育園での睡眠 子供にとって睡眠時間は大切ですね 生活保護の不正受給 この話をすると 本当に必要な方が貰えなくなる 肩身が狭い思いをするのはかわいそう と怒り出す人っていますよね でも 生保の不正受給は看護師にとって身近な問題なんですよ タバコの弊害はやはり怖い 肺がんはもちろん 咽頭がんや頭頸部癌などなど 受動喫煙の問題もありますし タバコは怖いですね もっと緩和ケア病棟やホスピスが増えて欲しい 最期は患者さんのQOLを重視して欲しい こんな患者には強制退院してほしい 困った患者さんのエピソード 帰る当てのない困った患者さん 施設を転々とするかわいそうな方っていますよね 本人に問題があるんだけどね 子供の急病で欠勤すると陰口を言われる最悪な職場です 子供の病気くらいは傍にいたいですよね

    Original URL path: http://www.northtexasgigapop.org/post-9.html (2016-05-02)
    Open archived version from archive

  • 外科病棟は私には合わないみたい・・・。もっとのんびりとマイペースに働きたいな~。 | 神戸の夜勤専従看護師日記
    内科のような病棟が合ってると思うんです 慢性期の病棟なら バタバタする事も少ないですよね もちろん 私は内科の配属を希望していたんですよ しかし 配属されたのはなんと外科病棟なんです マイペースの私に 外科のような急性期の病棟での仕事がこなせる訳がありません でも 断る事はできないし 働いてみたら結構上手くいくのかもしれない と思って 頑張ってみたんですよね そんな感じですでに2年が過ぎたんですけど 慣れる事なんて全然ないですね 外科で働き始めてすぐに 私でも大丈夫かも なんて甘い考えは消えましたね 仕事内容は 予想していた以上にハードで 私みたいなスローペースな人間には とてもこなせる量じゃないんです 2年たった今でも 心電図はなかなか読めないし 急変が起こるたびにビクビクしてしまうんですよね やる事が遅いから いつも先輩に怒られてるんです 一緒に配属になった同期は すっかり仕事を覚えて 後輩の指導までしているというのに 私は全く成長がないんです は 私にはやっぱり外科は無理なんですよね 何だか 看護師として働いていく自信もなくなってしまいそうなんです 私のようなタイプの看護師は 病院でなくて 介護施設が合ってるのかもしれませんね 2015 12 16 最近のエントリー 独身時代はバリバリと働いていました 今はあの頃の生活にはとても戻れないよな 外科病棟は私には合わないみたい もっとのんびりとマイペースに働きたいな 看護師の復職支援セミナーに参加して良かった 院内保育園での睡眠 子供にとって睡眠時間は大切ですね 生活保護の不正受給 この話をすると 本当に必要な方が貰えなくなる 肩身が狭い思いをするのはかわいそう と怒り出す人っていますよね でも 生保の不正受給は看護師にとって身近な問題なんですよ タバコの弊害はやはり怖い 肺がんはもちろん 咽頭がんや頭頸部癌などなど 受動喫煙の問題もありますし タバコは怖いですね もっと緩和ケア病棟やホスピスが増えて欲しい 最期は患者さんのQOLを重視して欲しい こんな患者には強制退院してほしい 困った患者さんのエピソード 帰る当てのない困った患者さん 施設を転々とするかわいそうな方っていますよね 本人に問題があるんだけどね 子供の急病で欠勤すると陰口を言われる最悪な職場です

    Original URL path: http://www.northtexasgigapop.org/post-8.html (2016-05-02)
    Open archived version from archive

  • 看護師の復職支援セミナーに参加して良かった? | 神戸の夜勤専従看護師日記
    病院の看護の概要から 医療機器の取り扱い 検査データの見方や 採血 注射 輸血の研修まであり 充実した内容でとても勉強になりました また 病院内の見学や実際に勤務している医師や看護師の講義などもあり 看護師の仕事復帰への自信もかなり持てるようになりました 出産後 復職するにあたっての不安をたくさん抱えている人もたくさんいると思いますが このような復職支援セミナーは 再就職の後押しをしてくれる とても心強いものですね 実際に参加してみると 同じような育児中の看護師さんとも話しも出来たりして 不安もかなり解消されますよ 2015 8 15 最近のエントリー 外科病棟は私には合わないみたい もっとのんびりとマイペースに働きたいな 看護師の復職支援セミナーに参加して良かった 院内保育園での睡眠 子供にとって睡眠時間は大切ですね 生活保護の不正受給 この話をすると 本当に必要な方が貰えなくなる 肩身が狭い思いをするのはかわいそう と怒り出す人っていますよね でも 生保の不正受給は看護師にとって身近な問題なんですよ タバコの弊害はやはり怖い 肺がんはもちろん 咽頭がんや頭頸部癌などなど 受動喫煙の問題もありますし タバコは怖いですね もっと緩和ケア病棟やホスピスが増えて欲しい

    Original URL path: http://www.northtexasgigapop.org/post-7.html (2016-05-02)
    Open archived version from archive

  • 院内保育園での睡眠。子供にとって睡眠時間は大切ですね!(^^)! | 神戸の夜勤専従看護師日記
    子供達が寝ている間に保育士さんが何をしているのかと言うと 仲間同士でおしゃべりに花が咲いているといった状況です このような院内保育園だったら とても子供を任せる事ができないと思い 転職をする事にしました 私は 転職に失敗したくなかったので 看護師求人サイトを利用しました そこで コンサルタントさんに評判の高い職場を紹介してもらいました 今働いている職場の院内保育園は 保育士さんの人数も充実していて 教育も良く行き届いています 子供達が寝る時には 絵本を呼んで聞かせてくれたり 子守唄を歌ってくれたりするんです 子供達が寝ている間には もちろん無駄なおしゃべりなんてしていません 掃除や片付けをしたり しっかり働いています 大事な子供を預けるわけですから 院内保育園はしっかりとチェックする必要があります 看護師求人サイトを利用すれば 院内保育園の見学ができるので安心です 2015 4 22 最近のエントリー 看護師の復職支援セミナーに参加して良かった 院内保育園での睡眠 子供にとって睡眠時間は大切ですね 生活保護の不正受給 この話をすると 本当に必要な方が貰えなくなる 肩身が狭い思いをするのはかわいそう と怒り出す人っていますよね でも 生保の不正受給は看護師にとって身近な問題なんですよ タバコの弊害はやはり怖い 肺がんはもちろん

    Original URL path: http://www.northtexasgigapop.org/post-6.html (2016-05-02)
    Open archived version from archive

  • 生活保護の不正受給・・・。この話をすると「本当に必要な方が貰えなくなる!」「肩身が狭い思いをするのはかわいそう!」と怒り出す人っていますよね!でも、生保の不正受給は看護師にとって身近な問題なんですよ! | 神戸の夜勤専従看護師日記
    本当に必要な人がもらえなくなるよね といって怒り出す人もいます たしかに 必要な人が肩身の狭い思いもしますし 生活保護を受ける事が厳しくなって困る人もいますよね しかし 生活保護の不正受給って実際どのくらいあるか知っていますか 平成24年度で 4万1000件 金額にすると なんと190億円を超えたんですって これだけの金額をどうやって って思ってしまいますね この生活保護の不正受給は 看護師にとっても 実は身近な問題なんですよ 通常は 健康保険などに加入し 患者さんは自己負担学3割を病院に支払っています しかし 生活保護受給者は 医療保険に加入していないため 全額を医療費補助として国が負担しているんです だから生活保護の人は 医療費がタダになりますよね それを利用した悪質な事をする人たちがいるのです Д ノ 例えば 生活保護世帯の患者さんで 大量に睡眠薬などを処方してもらい裏で横流しをしている人たちがいます 生活保護といいながら 裏では大金を得ている人たちもいるんですよね そして 驚くことに生活保護を悪用するのは患者さんはだけではなかったんです 医療という名のもとで 数々の不正行為があったことも事実です 病院側で 生活保護の患者さんの医療費を不正に請求するという事件もありましたね 生活保護の患者さんにしてもいない治療や検査をしたことにして 虚偽のレセプトを作成し 診療報酬請求をする これは 完全に詐欺ですよね このような犯罪が明るみになるまで不正に請求しつづけた病院もありましたね なんとも酷い話ですよ 自分の働く病院は大丈夫かしら 働く看護師には そんなことわかりませんからね Д ノ 2014 8 23 最近のエントリー 院内保育園での睡眠 子供にとって睡眠時間は大切ですね 生活保護の不正受給 この話をすると 本当に必要な方が貰えなくなる 肩身が狭い思いをするのはかわいそう と怒り出す人っていますよね でも 生保の不正受給は看護師にとって身近な問題なんですよ タバコの弊害はやはり怖い 肺がんはもちろん 咽頭がんや頭頸部癌などなど 受動喫煙の問題もありますし タバコは怖いですね もっと緩和ケア病棟やホスピスが増えて欲しい

    Original URL path: http://www.northtexasgigapop.org/post-5.html (2016-05-02)
    Open archived version from archive

  • タバコの弊害はやはり怖い。肺がんはもちろん、咽頭がんや頭頸部癌などなど・・・。受動喫煙の問題もありますし、タバコは怖いですね! | 神戸の夜勤専従看護師日記
    副流煙にも人体に及ぼす害があることが分かったからですね 看護師も喫煙者って結構いますよね Д 以前は院内にも喫煙所があったりと 看護師も休憩時間にタバコを吸う時間がありましたが 最近は院内禁煙となっているため 看護師の喫煙者も減ったように思います タバコには 依存性があるため 一度吸い始めると なかなか禁煙出来ず ニコチンが切れ始めると イライラしたり 集中力がなくなったりと離脱症状が現れます Д だから 一度吸い出すと なかなか禁煙出来ないんですよね しかし 喫煙することで 体に及ぼす害を考えると やはりタバコは吸わないに限るんですよね 喫煙による煙には 4000種類以上の化学物質が含まれ 有害物質250種類の中には 70種類以上の発がん性物質が含まれていると言われています 肺癌や 咽頭癌をはじめとする多くの癌の発生率が喫煙者では高くなります 呼吸疾患はもちろんのこと 循環器疾患 歯科口腔外科疾患の発生率も高くなりますし 不妊症 早産 低出生体重児 乳幼児突然死症候群などの発生率も高くなっています 喫煙している人だけではなく 受動喫煙で 喫煙者のそばにいる人にも害があることも大きな問題となっていますね Д A タバコを吸う人にとっては 耳の痛くなる話ですが やはりタバコの弊害は知っておくべきですね Д どうしても禁煙出来ない方は 禁煙外来などもありますから 利用してみるといいですねd o 2014 6 19 最近のエントリー 生活保護の不正受給 この話をすると 本当に必要な方が貰えなくなる 肩身が狭い思いをするのはかわいそう と怒り出す人っていますよね でも 生保の不正受給は看護師にとって身近な問題なんですよ タバコの弊害はやはり怖い 肺がんはもちろん 咽頭がんや頭頸部癌などなど 受動喫煙の問題もありますし タバコは怖いですね もっと緩和ケア病棟やホスピスが増えて欲しい 最期は患者さんのQOLを重視して欲しい こんな患者には強制退院してほしい 困った患者さんのエピソード 帰る当てのない困った患者さん 施設を転々とするかわいそうな方っていますよね

    Original URL path: http://www.northtexasgigapop.org/post-4.html (2016-05-02)
    Open archived version from archive

  • もっと緩和ケア病棟やホスピスが増えて欲しい!最期は患者さんのQOLを重視して欲しい! | 神戸の夜勤専従看護師日記
    終末期の患者さんのQOLを重視した看護やケアができていないように思います 終末期の患者さんの為に使える時間が少なく 一人一人の言葉に耳を傾けて思いを寄せる このような看護をしたくても なかなかできないのが現状です ゆっくり患者さんの話を聞こうと思っても ナースコールがあれば 駆けつけなくてはいけません 末期の患者さんにとって 痛みのコントロールはとても大切で 残された時間を少しでも苦痛が少なく過ごしてもらえるように 耳を傾けたいと思っています でも 私達が忙しそうに飛び回っている姿を見て 患者さんのほうが気を使っている状態なんです このような環境では 満足できる看護やケアなんてできません もっと緩和ケア病棟やホスピスが増えてくれれば 終末期の患者さんに対して 有意義に過ごして貰う為のケアができると思っています そればかりではなく 看護師不足を解消する事ができれば それが 充分なケアに繋がるのではないかと思っています 2014 6 18 最近のエントリー 生活保護の不正受給 この話をすると 本当に必要な方が貰えなくなる 肩身が狭い思いをするのはかわいそう と怒り出す人っていますよね でも 生保の不正受給は看護師にとって身近な問題なんですよ タバコの弊害はやはり怖い 肺がんはもちろん 咽頭がんや頭頸部癌などなど 受動喫煙の問題もありますし タバコは怖いですね

    Original URL path: http://www.northtexasgigapop.org/post-3.html (2016-05-02)
    Open archived version from archive