archive-org.com » ORG » T » TARO.ORG

Total: 320

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第30号 最低限に必要なこと
    とか 生きる力を身につける などといった抽象的な言葉ではなく 各学年に必要な学力を具体的に定義し その目標を達成したかどうかをきちんと評価しなければなりません 具体的に定めるということはそれを達成したかどうかを試験で評価できるように定めるということです 例えば高校を卒業するときに全ての子供が身につけているべき学力をきちんと定めようとするならば 高卒で就職する企業が求める学力をきちんと把握しなければなりません また 18歳で社会に出て市民生活を営んでいくために必要な学力とは何かを把握しなければなりません 教育とは理屈抜きでそれ自体に価値があるものではなく 自分が生きるために 自分の将来に役立つものでなければなりません 高卒者を採用するときに企業は何を求めるか 普通科ならばどういう学力を 工業科ならばどういう学力を 商業科ならば という労働市場の需要を教育側も把握しなければなりません 就職したときに企業が何を求めているかなどは教育には関係ない 教育とは教える側が教えるべきだと思ったものを教えるのだというわけにはいきません 高校を卒業する時に 全ての生徒が身につけていなければならない学力をまずきちんと定義した上で その内容を高校段階で学ぶもの 義務教育段階で学ぶものに分けていきます そうすれば義務教育段階で週に何時間の授業が必要なのか 週五日制でよいのか この量ならば週5日半必要なのか議論することができます 最初に教えるべき量を決めないで教える時間が充分かどうか議論をしても意味がありません そして 学年ごとに定められた最低限のレベルに達していない子供は進級させずにそのレベルが達成されるまでそこに留まらせなくてはなりません 一年をただ過ごせば次の学年に進級させる 年数が経てばところてん式に学校を卒業できるというのではなく そこで達成するべき学力をきちんと身につけて初めて進級する 卒業するという原則を打ち立てなくてはなりません そのためには当然に能力別学級が導入されなくてはなりません 全ての子供が学び身につけるべきものとできる子供だけが学べばよいものというカリキュラムをしっかり分けることが必要です 義務教育における 全ての子供が身につけるべき学力 には結果の平等 つまり全ての子供がそれを身につける

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/30/page04.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第30号
    ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第30号 教える側 各段階で最低限の学力を規定して それに達しない者はそこに留まることにすれば 教える側の能力もわかってきます 日本全国でそのレベルで留年する生徒が多いならば カリキュラムに無理があるのでしょう しかし 同じような条件なのに特定の学校に あるいは特定のクラスに留年する生徒が多いならば 教える側に問題があります その場合は教える側を改善しなければなりません 教員を一度採用したら終身雇用というのでは改善ができません 教員免許の更新というよりも 教員に関しては少なくとも試用期間を設け 教える能力がなければ解雇される状況が必要です また 教員が教えることにある程度専念できる状況を学校内で作ることも必要です 教えること以外にやらなければならない仕事が山のようにあるのに 教えることに一定の質を求めるのはなかなか難しいと言わざるをえません 少なくとも義務教育レベルでは 地域がもっと学校に関与して 生徒指導や部活動などについては地域が応分の責任を負う体制を作るべきです スポーツなども地域のクラブを少しずつ充実していく方向を目指すべきでしょう 第30号 目次へ 次へ 入試改革

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/30/page05.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第30号 入試改革
    義務教育や高校レベルで全ての子供が身につけるべき学力が具体的に定義できたら 大学へ進学するために必要な高校レベルでの学力を定義し それに基づいた大学入試の改革が必要です ここで最も必要な改革は それぞれの大学が学力を測定するための入学試験を独自に実施することを禁止することです 現在のようにそれぞれの大学が勝手に入学試験を実施するからこそ 大学進学を望む高校生はそれぞれの大学の入学試験に向けての準備をしなければなりません 結局 高校の勉強はどうでもよくなって 予備校で入試に向けての勉強をすることになります 大学入試のための学力測定はセンター試験に一本化し そのセンター試験は大学に入学するために必要だと定義された学力を身につけているかどうかを測定する試験にします 高校で必修とされている科目のセンター試験は必修になりますし それに加えて高校で選択した科目のセンター試験を選択することになります センター試験も 今のように年一回の試験にするのではなく 年に何回か受けられるようにすれば 運悪くその日に風邪をひいて大学入試に失敗したということもなくなります こうすれば高校生は普段の学校の授業をしっかりと理解することに集中することができます それぞれの大学は 学力測定に関してはセンター試験の結果を使い それに加えて面接や小論文 高校時代のスポーツやクラブ ボランティア活動などの結果を総合的に見て入学者を選べばよいのです センター試験では差がつかないではないかというご意見もあります しかし 試験の点数の一点 二点の差で入学者を判断するよりも その人間の高校における活動を総合的に評価して入学者を決める方が生徒にとっても 大学にとってもよいのではないでしょうか

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/30/page06.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第29号 黙るマスコミ
    実はほとんどの日本の大学は 入学者数を減らして入学生の学力を維持するか 入学者数を維持するかわりに入学生の学力が落ちることには目をつぶるかという選択を迫られてきていたのです ほとんどの大学は経営のために定員を重視し 学力低下を受け入れてきました 分数の計算ができない大学生がいる と嘆く大学の先生がいらっしゃいますが そういう学生を入学させたのはその大学なのです 人口の減少程度とは言わないまでもある程度 大学の定員が減少してもよいのではないでしょうか もちろん 高校からの入学者が減少した大学が生涯教育を重視し ロースクールなどの社会人教育に力を入れる経営戦略に転換したり 留学生を多く受け入れるようにしたりして経営の安定を図ることは必要です しかし 人口が減っていくなかで 全ての大学が残ることは必要ないでしょう 私はアメリカの大学で学びましたが アメリカの大学生の多くは非常によく勉強していました 一つには評価が厳しく うかうかしていると退学させられてしまうということもありますが よい評価を取ると就職や大学院への進学などで良いことがあるから頑張っているということも否定できません 一方 日本ではどうでしょうか 大学三年生のうちにもう就職活動が最盛期を迎え 四年生は卒業まで好きなことができる時間を過ごしたりしています しかも 四年生で企業への内定が取れないとなるや卒業すると就職活動に不利になるからと卒業せずに留年してみたり 企業の側も学生の四年目の成績も見ずに採用を決めておきながら 卒業ができないと内定を取り消したりととても不思議なことがまかり通っています 教育を改革するためには 最終的には企業のこうした行動を規制するところまで踏み込む必要があります 具体的には労働市場を流動化させることですが これは言うは易し 行うは難しです ただ 教育の側にも問題があることを認識しなければなりません 教育にも本来 市場原理が働くはずです 採用しようとする企業のニーズにあった人間を提供する

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/30/page07.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第30号 奨学金制度
    公立高校をはじめ公立学校の学力水準が低下し 大学進学のために私学に通う子供が増えています また 進学のために塾に通う子供が大幅に増えています そのために日本でも 私学の学費や塾の費用などで教育に金がかかるようになってきました その一方で 大学が就職のための単なる看板になってしまい いわば四年間のモラトリアム期間に過ぎなくなっているケースも少なくありません 一つには親の教育費負担に上限を設けるために さらには本当に大学に進学することが自分の将来のためになるのかどうかをきちんと考えてもらうために できるかぎり大学の学費は本人に奨学金を融資し 卒業して就職してから返済してもらう制度を創設するべきだと考えます 親は高校を卒業するまでは子供に財政的な支援をしますが 大学の学費は負担する必要がなくなります 大学に進学するものにとっては 四年間の学費を借り入れてまで大学に行くべきか それとも大学に行かずに就職するべきかを真剣に考えるようになります 将来 奨学金を自分で返済することになりますから そのためにも真剣に大学で何かを身につけようとすることになります もしこの制度が導入されるならば 18歳で自分の将来を自分で決めることになるわけですから 成人年齢は18歳に引き下げられるべきでしょうし 選挙権 飲酒 喫煙などの年齢も当然18歳に引き下げられます 参考 昨年末 自民党内に私が座長を務め

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/30/page08.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり 第29号 
    この号を読んで 趣旨にご賛同いただけるならば ぜひこの号を神奈川十五区に限らず 日本全国の友人 知人 会社の同僚 ご親戚 お知り合いに配っていただければ幸いです 非常に重大な問題でありながら 日本のマスメディアが取り上げないのはこの問題だけではありません しかし 莫大な国民負担につながる問題をこのまま放置しておくわけにはいきません 私の事務所には配るほど在庫を用意しております また ホームページでも読めるようにするつもりです おおざっぱにいうと 消費税1 は一年間に約二兆五千億円に相当します 消費税を1 引き上げることが決定されれば 国民の負担は一年間に二兆五千億円増えることになるのです だからそう簡単に消費税の引き上げなんてできません ところが今 国民の大多数が知らないうちに そしてほとんどのマスコミが何も報道しないままに しかし与野党の大多数の暗黙の合意のもとで 年間一兆五千億円相当の国民負担増 つまり消費税の0 6 引き上げが始まるかもしれません

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/29/page01.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第29号 
    と呼ばれる燃えかすとなります この燃えかすは放射能のある大変危険なものですので きちんと管理しなければなりません いまから四十年ほど前 日本で原子力発電が始まった頃には このウランの燃えかすである 使用済み核燃料 から将来はプルトニウムを取り出すことにしようと考えられていました 使用済み核燃料を化学的に処理するとプルトニウムが取り出せるのです なぜプルトニウムを取り出すかと言えば プルトニウムを高速増殖炉という特別な原子炉で燃やすと なんと燃料として炉に入れたプルトニウムよりも多くのプルトニウムが炉から出てくるのです プルトニウム燃料に混ざっている物質が高速増殖炉の中でプルトニウムに変化するのです 石油を全量輸入に頼る日本にとって 燃料が増えていくプルトニウムと高速増殖炉の組み合わせはまさに天の助けです 高速増殖炉は日本にバラ色の将来をもたらすと考えられていました ただ その肝心な高速増殖炉の開発 実用化には三十年かかるといわれ 二十世紀終わり頃にようやく実用化されると思われていました そして日本は原子力発電所をせっせと作り続け 原子力発電の割合が電力の三割近くになりました その間にウラン燃料の燃えかすである使用済み核燃料も増え続け この使用済み核燃料は原子力発電所のそばの貯蔵プールのなかに貯め込まれてきました 原子力発電が始まって約三十年が経過し 二十世紀が終わりに近づいても残念ながら高速増殖炉は実現できませんでした もんじゅ と命名された技術的問題点を調べる原型炉が稼働しましたが ご存じの通り大事故を起こして運転がストップしました そして政府は 高速増殖炉が実用化するのは早くて西暦二0五0年以降というようになりました 三十年後にできるはずだった高速増殖炉は三十年経ってみたら さらにそこから五十年後の技術になってしまいました この間に高速増殖炉の開発に取り組んできたのは日本だけではありません アメリカ ロシア イギリス フランスなどの国々が開発を目指し そしてみんな断念しました 理論的には高速増殖炉は可能ですが

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/29/page02.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第29号 
    そういう意味ではとても危険な物質です その反面 プルトニウムは持ち運びがとても簡単なきれいな核なのです つまりプルトニウムは テロリストにとって持ち運びやすく しかもそれを使って核兵器を作ることができるおいしい物質なのです 注意 プルトニウムは放射能という観点からみると持ち運びは簡単なんですが ひとたび人体に入ると大変危険です プルトニウムを持っているということは それだけでテロリストに狙われることになり とても危険です だから国際的な取り決めで 目的もなくプルトニウムを保有することはできないことになっています ところが日本は44トンものプルトニウムを保有することになってしまいました これは高速増殖炉の燃料なんですと言ってみても 高速増殖炉は五十年以上先の話でしょうと切り返されてしまいます なんとかしなくてはなりません そこで うーん と頭をひねった結果出てきた策が プルサーマル です プルサーマル とは取り出したプルトニウムを ウラン燃料と混ぜて普通の原子炉で燃やしてしまおうということです 本来は プルトニウムを高速増殖炉で燃やすと 投入したプルトニウム以上のプルトニウムが取り出せて めでたしめでたしとなるはずなのですが 高速増殖炉が実現せず プルトニウムばっかり溜まってしまったので しかたなくウラン燃料と混ぜて普通の原子炉でとりあえず燃やしてしまえというのが プルサーマル です 持っていてはヤバイものをしかたなく燃やすという点では岐阜県庁の裏金と同じですね 困った経済産業省は プルサーマル を ウラン燃料の節約

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/29/page03.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive



  •