archive-org.com » ORG » T » TARO.ORG

Total: 320

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    その二年後の2001年には年間417件の生体肝移植が行われています 2003年には500件を超えているはずです この急激な件数の伸びは 親父のようなC型肝炎による肝硬変を引き起こした患者を助けるための移植が急増したことによります 私が肝臓を提供することを決心した時に おまじないのように唱えていたことが二つありました 日本では提供者は死なない 切った肝臓は 形状は元に戻ることはないが 再び大きくなり 体積が戻ると同時に機能も戻る ところが2003年5月4日 日本で初めて京都大学で提供者が亡くなられました アメリカ ヨーロッパではあわせて五名の提供者がこれまでに亡くなられています また1989年から2002年の間に日本で行われた生体肝移植の提供者1853名を追跡調査した結果 胆汁漏出 高ビリルビン血症 小腸閉塞 胆管狭窄 門脈血栓症 手術創感染などの余病を発症した提供者の割合が12 を超えていることがわかりました この調査が行われるまで提供者の予後を調べたことはなかったようです はっきり言ってしまえば わが愛妻にはあまり聞かれたくないことですが 提供者の医学的リスクは今日現在 不明確なのです 心臓は興奮すればどきどきしますし 食べ過ぎれば胃がもたれたりするのとくらべ 肝臓が身体のどこにあるかを日常生活で意識することはほとんどありません 実は肝臓は胃の裏側にあります 肝移植の提供者になり 肝臓の一部を切り取ると胃の裏側あたりにぽっかりと空間ができることになります 提供者の十人に一人はこの空間に胃がねじ曲がってはまりこみ 胃から先に食べ物が出て行かなくなります もしこうなると胃カメラを飲んでそれで胃を引っ張り出さなければなりません 私も手術後に胃が穴にはまって 胃カメラを飲むことになりました これも一種の後遺症です

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/22/page02.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive


  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    その肝臓をぶった切る生体肝移植がどんどんと増えていくことに 私は疑問を感じています 自分が提供者になってみると 提供者となる人の気持ちがよくわかります 自分のお腹を切って肝臓の一部を取り出すことへの恐怖感はもちろん 後遺症が出ないとは誰も言い切れません 提供後もしばらく体調は本調子に戻りません しばらく仕事を休むことになります 身体には逆Tの字の大きな傷が付きます 提供者に進んでなりたいと思う人間はいません しかし 家族の一人が死にかけている時に 血液型や肝臓の調子 仕事の都合などを考えると家族の中であなただけが提供者になれる可能性があるという場合 あなたはどうしますか その時に家族や親族から無言の圧力がないでしょうか 提供者は医学的なリスクだけでなく 精神的 社会的なプレッシャーとも戦わなくてはなりません 生体肝移植をはじめとする生体臓器移植は 最後の手段であるべきだと私は思っています 健康な人間から臓器を摘出する前に 脳死になった方からの臓器提供による移植が最初の選択肢だと思います しかし 現実は違います 2003年10月末に脳死からの肝臓の提供を待っている患者が66名いるのに対し 2003年に行われた脳死からの肝移植はわずか2件しかありません その一方 生体肝移植は500件を超えています 肝臓移植の場合

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/22/page03.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第22号 腹を切ればよいのか 心臓移植 臓器移植の問題は生体肝移植だけではありません 例えば心臓は生体移植ができません 心臓移植は 脳死になった方からの心臓の提供を受けてしか行うことができないのです 拡張型心筋症などの病気で心臓移植を待っている患者は2003年10月末で国内に75名いらっしゃいます この他に心臓と肺の同時移植が必要な患者が3名 あわせて78名が心臓移植を必要としています しかし 臓器移植法が施行されてからの六年間に心臓移植は17件 つまりこれだけ移植を待っている人がいるにもかかわらず 日本国内では脳死からの心臓の提供を受けた移植は平均して年間3件もないのです 2003年に限ればまだ1件もありません 78名が移植を受けるためには少なくともあと二十六年かかる計算になります その間に新たに移植が必要となる患者が出ないという非現実的な計算ですが こうした国内事情をうけて1984年から2002年までの間に65名が海外に渡航して 心臓移植を受けています 第22号 目次へ 次へ 世界の事情

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/22/page04.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    腹を切ればよいのか 世界の事情 1997年に臓器移植法が成立し 初めて日本で心臓移植が行われたのが1999年でした そして日本では1999年と2000年にそれぞれ3件ずつの心臓移植が行われました しかし この二年間にアメリカでは年間二千件ずつの心臓移植が行われ イギリスでは年間200件 フランスでも年間300件の心臓移植が行われています 欧米だけではありません 台湾では年間40件の心臓移植が行われ 韓国と中国でもこの二年間で合計40件の心臓移植が行われています 香港 インド サウジアラビアでも日本以上の件数の心臓移植が実施されています ここに挙げた数字は全て心臓移植ですから それだけの件数の脳死からの臓器提供が行われたことになります 2001年にアメリカではなんと五千件を超える肝臓移植が行われました しかし そのうち生体肝移植は518件 肝移植のうちのわずか10 にすぎません 同じ2001年にイギリスでは約700件の肝臓移植が行われ 生体肝移植は7件 わずか1 です 日本では423件の肝臓移植がこの年に行われていますが 98 が生体肝移植です この違いはどこから来るのでしょうか

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/22/page05.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    脳死体からの臓器提供の要件としては非常に厳しいルールです 諸外国では 本人の生前の意思が最優先されますが 本人が生前に明確な意思表示をしないまま脳死になった時には 近親者の同意があれば臓器提供が可能になるという規定が設けられています しかし 日本では書面による本人の生前の意思表示がない限り臓器提供はできません この違いが臓器提供の件数の差になっています 日本国内では 年間に数千件の脳死者が出るといわれています 少し前の推計では全死亡者の1 程度が脳死者と言われていましたが 最近ではずっと少なく年間3000 4000人と言われます しかし 脳死になった方のほとんどはドナーカードを持っていません というよりも世の中のほとんどの方がドナーカードを持っていません この世の中の圧倒的多数にとって 臓器移植は他人事にすぎません 臓器移植のことをふだんから考えることはありません だからドナーカードを持とうということも考えないのです 現在の臓器移植法は こうしたドナーカードを持っていない人は最初から法律の対象外にしてしまっています だから もともと数少ない脳死者のなかでもさらに一握りの人だけが脳死下での臓器提供の対象になるのです 1997年10月から2003年9月までの六年間に694人のドナーカード保持者が脳死になりました そのうち423人の方が脳死下での臓器提供の意思表示をしていらっしゃいました 現行法では大学附属病院 日本救急医学会指導医指定施設 日本脳神経外科学会専門医訓練施設A項 救命救急センターのいずれかで脳死になった場合にのみ脳死下での臓器提供が認められています 423人のうち206人が対象施設で脳死になりました しかし そのうち心臓が停止する前に移植ネットワークに連絡が入ったのは112人でした そしてその112人の内 臓器移植法の定める判定基準で脳死が確認され 家族の同意も得られ 臓器提供をされたのが25人でした 同じこの六年間に 国内で脳死になった方の数を前記の推計に当てはめてみると約18000人

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/22/page06.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    私は 現行の臓器移植法を改正したいと思っています 現行法では 脳死になった時には臓器提供をしても良い という意思表示を生前にドナーカードでしていた人が脳死になった時に 家族が同意すれば臓器提供をすることができます つまり 本人がドナーカードで提供する意思表示をしていて さらに家族が臓器提供をしても良いと同意した時だけ 臓器提供が行われます 本人の生前の意思表示がなければ たとえ家族が臓器提供を申し出ても脳死下での臓器提供はできません また 本人がドナーカードで意思表示をしていても 家族が臓器提供を断った時には臓器提供は行われません 改正案は 仮に脳死になったとしても私は臓器提供をしません という意思表示をしている人以外が脳死になった時には 家族が同意すれば臓器提供を行えるようにしようというものです つまり 現状では六年間で約1万人の脳死者の内 わずか694人だけが提供をする しないの意思表示をしていました 現行法では それ以外の9300人はこの時点で臓器提供の対象になりません ほとんどの人にとって臓器移植は他人事ですから意思表示をすることなど考えることもありませんし その必要もありません 現行法のままでは大部分の脳死者からは臓器提供が行えないということになります このままでは心臓移植や生体移植に関する問題は解決しません 脳死になっても臓器提供をしないという人は臓器提供の対象にしない というルールにすれば とりあえず全ての人に脳死下での意思表示について 考えてもらうことになります 私はいやだという人はNOと言えば提供者からはずれます 俺はよくわからないというならば とりあえずNOと意思表示して頂ければ提供者にはなりません 提供しても良い どっちでも良い あるいは意思表示がない という方が脳死になれば

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/22/page07.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    家族の同意無しに臓器の提供が行われることはありません 結果的に現行法でも改正案でも本人に提供の意思があるのに家族が反対すれば臓器提供は行われませんから 本人の意思があるのに臓器提供が行われないことはあります 改正案が現行法と違うのは 本人の意思表示がない場合 臓器提供するかどうかは家族の判断で決められる ということです つまり 圧倒的に多い 本人の意思表示がない場合 の脳死から臓器提供ができる道を開こうというのが改正案の狙いです 自然の中では人間は 脳死 にはなりません 近代になり 人工呼吸器が発明されたことにより 脳死 ということが起きるようになりました 脳死は心臓死と同じく人間の死です 脳死とは 事故による頭部への障害や脳の血流障害などが原因で 大脳 小脳 脳幹という脳の全てがその機能を失うことです 心臓死とまったく同じように 意識はなく 呼吸は止まり 五感をはじめ全ての感覚は失われ 脳が司る全ての機能が無くなります 一度脳死になると

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/22/page08.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    脳が機能を停止してもごく短時間拍動を続けますが 呼吸が止まっているので酸素が心筋に供給されなくなり すぐに心臓も止まります ですからかつては脳が死ねば すぐに心臓も止まったのです ところが人工呼吸器が発明されると 脳が死んでも 機械の力で呼吸が続けられるようになりました すると心筋への酸素の供給が続けられていますので 心臓は脈を打ち続けることができます しかし 脳の全ての機能は失われています この状態を 脳死 と呼んでいます 心臓も数時間から一週間ぐらいで停止します 脳死と植物状態はまったく違います 植物状態の場合は 大脳の機能は失われていますが 呼吸中枢のある脳幹は機能しています 昏睡状態かもしれませんが 自発的に呼吸し 栄養を供給すれば生きていける状態にあります 脳死の場合 心臓が動いているために臓器には血液が通っています そのために臓器は生きている時とほぼ同じ状態にあります 心臓死の場合の臓器は既に血流が止まっているために 臓器の状態は急速に悪くなり 心臓や肝臓は移植に適さない状態になってしまいます もちろん腎臓や角膜のように心臓死の状態から摘出しても移植ができる臓器もあります 現在の法律では 臓器移植をする時にだけ 脳死をもって人の死として それ以外の時には脳死は人の死ではないとされています 臓器移植法の審議の過程での参議院修正の結果 このような非常にわかりにくい法律になってしまいました 脳死は心臓死と同様に人の死だということをはっきりとさせるべきではないかと思います 臓器移植法の議論は たしかに難しい議論だと思います しかし

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/22/page09.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive



  •