archive-org.com » ORG » T » TARO.ORG

Total: 320

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    閣僚などが政府の政策に反対するためには その職を辞任することが必要です しかし 政府の役職に就いていない議員は たとえ与党議員であっても 政府の立場に縛られることはありません 政府は行政府であり 議会は立法府ですから 三権分立の原則から言っても 議員の立場 意見が政府と違ってくることはあり得るのです 例えば 今回の米イラク戦争に際して イギリスはアメリカ側で参戦するかどうかを議会で採決しました トニー ブレア首相は アメリカ支持でしたが 閣僚の中にはその立場に反対する者もいて 採決に反対するために数名が閣僚を辞任しました 最終的に賛成412票 反対149票で採択されましたが 与党労働党からは100票近い反対票が投じられました さらに 政府の方針に反対する動議に対し 与党から140票にも上る賛成票がありました もし 政府提出の動議が否決されていれば ブレア内閣は総辞職することになったはずです 韓国でも韓国軍をイラクに派遣するかどうかの国会採決では 与党新千年民主党から造反が相次ぎ 与党議員の内訳は賛成49票 反対43票でした 結果的には 賛成多数で 派兵が決まりました 日本の政治報道では 政府与党 という言葉がよく使われ まるで与党は政府と一体でなければならないかのように言われますが これは日本独特のことです

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/20/page04.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive


  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    私は 当時提出されていた法案に賛成できなかったので 仲間を集めて 修正案の提案を準備しました そして 衆議院の事務局に二十人の賛成者の署名と一緒に修正案を提出しに行くと このままでは受理できませんというつれない答が返ってきました 驚くべきことに 保守合同前の自由党 今の自由党ではなくて 自由民主党ができる前の自由党です 増田甲子七幹事長が 自由党所属の議員からの法案提出は 党四役 幹事長 総務会長 政調会長 国対委員長 全ての署名がない限り 受理しないようにと 昭和二十七年四月二十四日付けの衆議院議事課長および議案課長宛の手紙で要請しているのです そしてそれが悪しき前例となり 保守合同以後の自由民主党にも引き継がれ 今も自民党は幹事長が交代するたびに同様の手紙を衆議院事務総長宛に出し 最新の手紙は山崎拓幹事長から平成十三年四月二十五日付で 衆議院事務局は その手紙に基づいて 国会法五十六条の規定を無視して 党の承認の無い議員提案の受理を拒否しているのです 現在 他の政党も全て口頭で 党の承認のない議員立法の提案を受け付けないようにと事務局に申し出ており 国会法五十六条は 空文化しています これまで私が関わった臓器移植法案修正案 遺伝子組み換え食品の表示法案 フロンガス法案 国連改革推進法案 自然エネルギー推進法案等の法案が 党の執行部の壁に跳ね返されてしまいました

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/20/page05.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    与野党の幹部議員がそれぞれ与党陣営 野党陣営の中をコントロールできるように 執行部に都合がよい摩訶不思議なルールが作られて 議論が形骸化してしまっているのです 国際情勢が大きく変化し それにあわせて経済政策を大きく変えていかなければならない昨今 限られた与野党の幹部だけを 抑えて しまえば議論の方向が左右されてしまう国会は 既得権を維持するために非常に都合の良い場となってしまっています 我々与野党の若手議員と若手の経済人は 毎年一月にスイスのダボスで開かれる 世界経済フォーラム で 日本を改革するために何が必要かという議論をするためのたたき台を練り上げました 我々の主張では 今の日本に必要なものは三つ 第一に 日本に真の民主主義を確立し 政治がきちんと直面する問題を議論し 大胆な改革を実行に移すこと 第二に 日本に真の市場主義経済を導入するために 政府や政府系の外郭団体による規制を撤廃し それにあわせて それぞれの業界が既得権としていた特殊なルールも廃止すること 第三に 日本社会の中に 多様性を積極的に持ち込むこと 例えば 教育の自由化 複線化を推進する 新しい事業のために投資をする あるいは新しい企業を始めるということを奨励する政策をとること 外国からの資本 技術 マネジメント 労働力を積極的に受け入れること等です 中でも一番大切なのは民主主義の確立と真に民主的な議会の設立です これがなければ経済改革も社会改革もできません

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/20/page06.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第19号 再び不良債権入門 再び不良債権入門 毎日のように不良債権処理という言葉が新聞やテレビで踊っています 日本経済のガンになっているこの不良債権問題ですが 何が どう問題なのかよくわからんという方も少なからずいらっしゃいます リクエストにお答えして 今度は 公的資本注入バージョンの不良債権入門をお届けします 第19号 目次へ 次へ 単純銀行

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/19/page01.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    単純銀行がどうやってお金を集めたかが書いてあり 左側の箱には集めたお金をどうしたかを書いてあります 注意 預金者が預金を引き出しに来たときに 払い戻しができるように 銀行の手元にはいつも十分な現金がありますが ここでは それを無視しています さて ここで事件です 単純銀行がお金を貸した企業の一つが経営不振に陥りました この企業に貸したお金の返済が滞る可能性があります もし 借りた企業が約束どおりの返済や利息の支払いをできなくなれば 銀行からみてその融資は不良債権です この企業には土地を担保に10万円を貸したのですが 土地の値段が下がったため 今 担保を処分しても確実に回収できるものは5万円しかありません もし 貸したお金が返ってこないと 預金者に預金を返せないことにもなりかねません そこで 銀行は 危なそうな貸し出しがいくらあるかを明確にしておかなければなりません 単純銀行のケースでは 10万円の貸し出しが不良債権になりました 担保の価値が5万円ありますから 回収できなくなる可能性があるのは5万円です そこで 5万円だけ 回収不能になる可能性があることを示さなくてはなりません そこで 右側の箱に 貸倒引当金というものを計上します 図2 この意味は 左側の箱の貸し出しの中の5万円が返ってこない可能性があり その場合には右側の箱に計上したこの貸倒引当金と相殺しますよ ということです

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/19/page02.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    再び不良債権入門 資産査定 貸倒引当金を積むということは 利益を削るということです 単純銀行の経営者にとっては 大きなミスです もし単純銀行の経営者が この自分のミスを隠そうとしたらどうするでしょうか 一番簡単なのは 貸し先のこの企業が経営不振であるということを認めないことです これならば貸倒引当金を積む必要がありません あるいは経営の不振は認めても この企業の担保の土地価格を実際よりも高く評価しておくといった方法もあります こうすれば 貸倒引当金の額を減らすことができます これまでに大きな負債を抱えた企業が倒産したときに 貸し手の銀行が ほとんど貸倒引当金を積んでいなかったということがありました この場合は いきなり右の箱の自己資本が削られることになります もし 不良債権の金額が自己資本の額を超えてしまったら 預金者から預かった預金が払い戻せなくなってしまいます 最近 資産査定の厳格化 引当の強化 ということが言われていますが これは銀行がきちんと貸倒引当金を積んでいるかどうかを 金融庁が厳しくチェックしようということです 第19号

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/19/page03.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    残念ながらこの融資先の企業が倒産しました 単純銀行は 担保の土地を売却し なんとか5万円だけ回収することができましたが その他の5万円は回収することができませんでした 図3 単純銀行の左側の箱は 貸し出しのうち10万円が無くなってしまったわけですから 貸し出し の項目が190万円に減ります 5万円は回収不能ですから左の箱から消えて無くなります 担保を売却して回収した5万円は 左側の箱に現金として 計上されます 左の箱から消えた5万円に相当する右側の箱に計上した貸倒引当金の5万円が消えて 処理が終わりました このように担保を売却し 最終的に処理することを直接償却と言います ここで注意していただきたいことは 正しく行われれば 銀行経営に与える影響は 間接償却でも直接償却でも同じになるということです 問題になるのは 間接償却をするときに 不良債権の額を少なく見積もったり 担保価値を実際よりも高く見積もったりしたときです この場合 融資先が倒産し 直接償却をする時に 銀行の自己資本がさらに減ってしまいます

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/19/page04.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • 自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
    以上の自己資本比率を守らなければなりません 単純銀行は 実は海外にも支店を持っている国際銀行です 図1では 20万円 自己資本 200万円 貸し出し で自己資本比率は10 ですが 図3では15万円 190万円となり 7 9 の自己資本比率となり このままではルール違反です そのために 単純銀行は 自己資本比率が8 になるまで 貸し出しを減らさなくてはなりません 自己資本が15万円の銀行は BIS基準によると 187 5万円までしか貸し出すことができません 187 5万円の8 は15万円 図3の状態では 単純銀行は 190万円の貸し出しのうち 2 5万円を返済してもらって 貸し出しを187 5万円に減らさなくてはBIS基準をクリアできません 日本の銀行の多くが この単純銀行のケースとよく似た体験をしています なぜ最近 銀行が融資を返せと言うようになったか なぜ

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/19/page05.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive



  •