archive-org.com » ORG » T » TARO.ORG

Total: 320

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第8号
    新車から七年以上乗った自動車を新車に買い替える場合に 自動車取得税を免除する特例措置を講じてはどうかという議論がありました この特例措置が実施されると 自動車の国内販売で約四十万台の販売増と約2兆2千億円の生産波及効果が見込まれ GDPに換算すると〇 一五 の経済成長が実現するというものでした 一年間の期限付きで実施した場合の財源は 六百億円で 同額の公共事業を実施した場合と比べ 経済波及効果は約二倍になるはずです これを政策的に評価した一回生は 大村秀章代議士を中心に この税制改正の実現に向けて 動きました ところが どっこい 自動車取得税は 道路整備に関する費用に充てられる目的税で しかも 道府県に入る地方税 この道路目的税を減額する措置に 建設省が猛反発 この動きの中心になった大村代議士に対し こんなことして次の選挙大丈夫ですか と脅しをかけたあげく 代議士の地元の市町村に対し 建設省への陳情は 大村代議士を通さないでもってこいと呼びかける始末 一方 理屈から言えば この特例措置を支援するはずの通産省は これをやろうとすると建設省と全面戦争になるからと 降りてしまった 結果的にこの特例措置は実現しなかった 同じ六百億円 使うならば 公共事業ではなく この特例措置にしたほうが 効果があったのではないかと思うのだが

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/08/page07.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive


  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第7号
    堺屋の四氏を除けば なんのことはない派閥ごとの年功序列人事に終わった まったく世の中を馬鹿にした話である 良識ある 自民党の代議士が 自民党に所属していることを隠したくなるときである そう思わない代議士が多いことが今の自民党の問題だが たったの一年で大臣の首をすげ替えて 当選五回だか六回だかの議員を順送りに大臣に任命する 仕事を覚え 国会答弁もこなせるまで時間がかかる その間 誰が役所の方針を決めているんだ これだけ経済がおかしくなっていて 日本中が困っているときに なぜ 景気対策の陣頭指揮を取れる政治家が大蔵大臣をやっていないのか なぜ 自分の言葉で話ができる 自分の方針を持った政治家が大臣をやっていないのか 経済が右肩上がりで うまくいっているときは まあ こんなことを言うと怒られるかもしれないが 大臣なんか誰がやっても大差無かったのかもしれない しかし これだけ世の中みんな困っているときに 政治家だけが 能力 専門に関係なく当選回数と派閥だけで大臣に任命され 一年間でたらい回しされていいのか 企業が役員を勤続年数順で一年ごとに交代したら すぐつぶれるだろう 国ならば大丈夫なのか 当選回数さえ重ねれば 誰でも大臣になってあたりまえという訳の分からん感覚を 国会議員は捨てようではないか 政治家の 政治家による 政治家のための内閣改造

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/07/page01.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第7号
    ときどき この法案はあきらめるから こっちの法案は審議に入らせてくれなどという交換材料を出すこともある らしい 例えば 砂漠化防止条約 なども政府から国会に提出されていたが これも この与野党の駆け引きの材料に使われて 全く審議されなかった こうして地球は確実に砂漠化するのである ずっとつるされていた法案が審議されて 採決されたら与野党全員が賛成で可決なんてことがよくある どうも今の野党は 法案審議を遅らせたり 成立しない法案を増やせばそれでいいらしい 特定の委員会の審議がとんとん拍子に進みすぎると その委員会の野党理事の面子がなくなるらしい ときどき 野党理事の面子を立てるために この委員会の審議を少し滞らせろ などという指令が出ることがある もちろん与党側にも問題はある すべての法案に法案提出時から党議拘束をかけているため 委員会で議論してもその委員会の一存では何一つ原案修正ができず 委員会は いや 国会そのものが 単なるセレモニーとなってしまうのである 与野党とも これまでの国会運営を大幅に変え 国会で 内容ある議論ができるように努力をしなければ 国会は単なるお飾り機関になってしまう 行政の情報公開も大切であるが 国会の中で何がどう動いているのか その本当のところを情報公開することも同じように大切である 家電リサイクル法案は 省エネ法改正案 地球温暖化防止法案とセットで この与野党の駆け引きのなかでつるされていた どれも今国会では審議入りできないだろうという声が一時は出ていたぐらいだ ところが なぜか突然 家電リサイクル法案と省エネ法改正案のつるしがとけ 商工委員会におりてきた 通産省が猛烈に根回ししたらしい それを受けて 月曜日に商工委員会理事会が開かれ 急遽 火曜日に両法案一括で質疑 金曜日には本会議で採決という日程が決まった そこで石原筆頭理事が僕に連絡を取ろうとしてくれたらしいが あいにくこっちは月曜日なので 月曜日には本会議 委員会は通常開かれない 地元にいて しかも携帯電話を持っていなかった しばらく探して駄目だったので それじゃあ小此木君 明日の質問やって ということになったらしい そして 火曜日 院内テレビをつけたら 家電リサイクル法案の質問が始まっていたから こっちはぶったまげてすっ飛んでいった 石原筆頭理事は 汗だくで 肩で息している僕を見て

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/07/page02.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第7号
    年度 留学先を調べあげ 決算行政監視委員会で 大蔵省と対決することになった そこでふと思ったのは ストレートに質問してもきっとまともな回答は返ってこない さあ どうすればよいか 当時の大蔵省には 塩崎恭久という逸材がいる 大蔵政務次官でありながら ひたすら大蔵省分割と権限の縮小を唱え 広い政務次官室に座っているものの大蔵省の人間は誰も会いにこない そこで自ら 大蔵省の建物のあちこちに出没しては大蔵官僚にけんかを売りつづけている そうだ 塩崎さんを使おう 早速 決算行政監視委員会の質問相手に塩崎政務次官 当時 を指名する そして 政務次官にこの問題の概要とこっちの質問内容を伝える それで俺にどうしろっていうんだ これはとんでもないことだから 早速改めさせる と言って下さればそれで結構です おい 政務次官に大蔵省はとんでもないと言わせるのか だって 毎日そう言ってるじゃないですか 人聞きの悪いことを言うな じゃ 頼みましたよ しばらくしたら 向こうから電話が来た おい 今 役所の説明をきいたけど こりゃひどいじゃないか

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/07/page03.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 号外
    十五日の晩 若手代議士数人で なんとかしなければと話し合っている席で 小渕さん以外に立候補者がいなければ私が出馬します と覚悟を決めました 自民党の総裁選挙に立候補するためには二十人の推薦人が必要です これは相当高いハードルで 小泉純一郎代議士も一回目の出馬の時にはこの推薦人を集めるまでものすごく苦労したそうです もし 絶対の本命と思われている小渕さんを相手にして 一回生が 二十人の署名を集めて立候補すれば 日和見で動かない先輩達にはかなりのショックになるでしょう 十五日の晩から十六日の朝にかけて一回生八人の署名が集まり さらに五人が 小渕さんしか立候補しないなら 推薦人を引き受ける と約束してくれました よし あと七人 手分けして頼もうというところへ 梶山静六出馬 の一報が入り 静かに河野太郎陣営は旗を降ろしました 最終的に 小渕恵三 梶山静六 小泉純一郎の三氏が立候補しましたが 私は梶山さんを支持いたしました 一 次の内閣は 橋本内閣の財政構造改革から景気回復に軸足を移さなければなりません 橋本内閣の重要閣僚として最後まで橋本首相の政策を支持しつづけた二人よりも 野に下って橋本路線を批判してきた梶山さんのほうが確実に政策変更ができると思いました 二 経済再建のためには 金融問題の解決を図らなければなりません 三人の中では 梶山さんが一番この問題を研究してきた候補者でした 三 小渕派が担いだ小渕 三塚派が公式に 派閥の候補者 として認定した小泉両氏では 派閥のしがらみを認めてしまうことになります 派閥を離脱し 派閥ではなく 議員個人が集まって推す梶山さんならば 派閥の形態にも変化をもたらせるのでないかと期待しました 残念ながら 期待していた決戦投票に持ち込むこともできずに小渕新総裁が誕生しました 不満ではありますが 正式な手続きで決定した総裁ですから 異論を唱えることはしません 誰であれ 今度のリーダーは 最重要課題である経済再建のために 大袈裟に言えば命を懸けなければならないわけですから 一国会議員としてリーダーの決断を助けていくつもりです 今 はっきりとわかっていることは 業界や団体の利害調整を中心にした内向きの政治手法はもはや通用しないということです 外国政府や市場に翻弄され 右往左往する政府では国益を守っていくことは出来ません これからの日本の政治は 経済政策を初めとして 日本の主張を国際社会の中できっちりと通していかなければなりません 年功序列で大臣ポストをたらい回しにしてきた世代の政治家 派閥を中心に物事を考えてきた政治家には これからの国の舵取りはできません

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06-07/page01.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 号外
    小渕さん 加藤さん 山崎さん等などに遠慮して手を挙げない これが派閥の弊害だ 7月15日 対抗馬はまだ誰も出ない このままでは総裁選挙にもならない こうなったら仕方がない 他人を当てにせず 自力で道を拓くのみ 夜 小渕さん以外に立候補者がいなければ私が出馬します と宣言し 一回生を中心に推薦人 二十人必要 集めを始める 一回生が二十人集めて立候補すれば 先輩達にもショックだろう 7月16日 朝 八人の推薦人の署名と五人の約束を取り付けたところへ 梶山さん出馬の連絡 ピエロにならずにすんだ 僕の顔を見るたびに先輩が笑いながら 河野太郎に投票できなくて残念だよ なーに もう何年かの辛抱ですよ 両院議員総会で 若手が総務会の決めた総裁選の日程を覆す 総務会の権威失墜 流れは一気に変わる 小渕派常任幹事会も高鳥代議士が梶山支持を表明してまとまらず ポスト欲しさに 前日の小渕支持が一変して梶山陣営に来るお方もいらっしゃる こんな人が 政治家なんだから あきれる 夕方 麻生太郎代議士 報道陣に囲まれる おい 今朝の朝刊の記事 小渕で一本化へ 書いたやついるか えっ 恥ずかしいだろう みんな下向くが 毎日新聞だけ 大丈夫です 明日になったらみんな忘れます 爆笑 7月17日 菅 すが 小此木 松本 栗原の各代議士と林参議院議員 それに河野太郎の若手六人で梶山支持の若手選対を立ち上げる しかし 梶山氏支持の長老グループとは一線を画し 別行動をとることにする 三塚派が迷走 小泉さんを派閥の候補者として擁立するらしい それじゃ 小渕派の小渕擁立と変わらないではないか この人たちも懲りない 梶山さんの政策を経済再建の一点だけに絞る この一年間 総理はそれだけやればいい 我々は

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06-07/page02.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 号外
    先輩の反対を押し切って実行し 失敗したらどうしようという不安があっただけに ほっとした しかも 日本のテレビが 梶山さんが外国記者と会見しているところを取材して テレビのニュースで流してくれるというおまけつき 選対で集まって夜のニュースを見ていると 解説者が 河本派は足並みそろえて小渕です それを見ていた河本派の野田聖子代議士が 私はなんなの と大笑い 7月21日 昨日の晩 誰ともなく 総理も一票持っているから頼みに行こうぜ それで四時半に首相官邸へ 初めて入る首相執務室で三十分ほど雑談 総理曰く 今度の参議院選挙は どこへいっても人が大勢集まってくれた でも 話が終わったときの拍手はいつも小さかった それで覚悟は決めていたんだ その場にいた七人全員が総理は梶山と書くと確信して退席 小渕さん支持の一回生の夕食会に乱入 普段から仲の良い一回生同士でも 他人が一緒にいると 絶対に本音を話さない 外国のメディアからの取材の数がどんどん増える 河野太郎は 本音を英語でズバッと話してくれると評判になっているらしい 今日は ファイナンシャルタイムズ ニューヨークタイムズ イギリス日刊紙ガーディアンの取材を受ける 7月22日 朝一番でイギリスのBBCラジオのインタビュー 続いてロイター通信とタイム誌の取材 今朝のファイナンシャルタイムズの一面には 河野太郎 の昨日の発言がしっかりと出ていた 小泉陣営の若手が 太郎ちゃん 二 三位連合をやろうな と何人も声をかけてくる もちろんそのつもり マスコミは一回目で小渕に決まりかという論調になりつつある 違うと思う あけてびっくり玉手箱のような気がするのだが 全く連絡が取れなくなった議員が増えている きっといろんな事情があるのだろう 7月23日 小泉陣営の若手が 新党も視野に入れて動く と二十二日夜から二十三日未明に発言 そのなかに河野太郎の名前もあるとマスコミが色めきたつ まったくのデマなのだが 真夜中から記者の取材攻勢をうける おかげで寝不足状態 さらに 共同通信がこの件を外国向けに流したらしく ニューヨークタイムズが問い合わせてくる ほんとうにこの総裁選挙を世界が注目しているんだなと実感する ボイスオブアメリカの取材 つづいてアメリカのNBCテレビのインタビュー 一回生議員の事務所を順番に訪ねて 梶山支持を訴える

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06-07/page03.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 号外
    若手からの提案です 一 衆議院議員に任期制を設け 当選十回以上の代議士は 次回公認しない 二 行政府を改組し 閣僚の下に 閣議に入らない複数の担当大臣 政務次官を新設し 与党の代議士の 半数以上を行政府の役職に就ける 三 参議院議員から大臣 政務次官を出さない 四 参議院の比例代表には官僚出身者を登用せず NPO出身者を積極的に 登用する 五 総裁選挙の立候補に必要な推薦人を一名とする 六 総裁は何回でも再選できることとする 今回の総裁選挙ではっきりとわかったことは これまでのような年功序列ではこの党は再生できないということです 一 はやや乱暴かもしれませんが これぐらいの改革をやらなければ 自民党は生き残れません 特に今 この党を牛耳っている長老を取り除かなければ 何も変わりません 現在のしくみでは 与党から政府に入るのは わずか四十人あまり 大臣二十人と政務次官 です 実力者が政府に入らず 与党の中で政策を決めていくこともしばしばあります つまり 今のしくみでは 政策の決定が政府と与党の二頭立てになっているのです 二 によって 与党と政府はより一体化し実力者はすべて政府に入り 責任を持った政策立案に携わることになります 政府の役に就いていない議員が 政府の負う責任もなく 官僚や圧力団体の意見を強く反映した政策を打ち出したりすることもなくなります 大臣の椅子を一年ごとにたらい回しにすることもなくなり 政治家主導の政策決定が実現します 良識の府 としての参議院の独自性を確立するために 参議院からは大臣 政務次官を出すべきではありません 三 また 今の自民党参議院の比例代表は 官僚出身が大半を占め まさに族議員の温床となっています こんな魅力の無いリストをやめ 比例代表に目的意識のはっきりしたNPOの代表 例えば気候フォーラムの浅岡さん を選び 六年の任期を利用した活動をして貰いましょう 四 派閥と関係なく総裁選挙に立候補できるようにするために 推薦人は一名にすべきです 五 総裁は任期二年

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06-07/page04.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive



  •