archive-org.com » ORG » T » TARO.ORG

Total: 320

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第6号
    他の委員会はしばらくストップします しかし 国会に提出した予算は 数字一つ変えてはならない 提出した予算を修正したら 総理の首が飛ぶという全くばかばかしいことになっているた 予算委員会の審議ははじめっから中身は期待できません 予算委員会に予算書を持ってこないんですか と大臣がイヤミを言われるほどですし 質問する方も新聞のスキャンダル記事に基づいた質問をしたり 国会で予算の中身の議論をしないことで一番得をしているのは 予算案を作る大蔵省です 予算編成の時期になると国会議員が雁首揃えて大蔵省に お願い に行ったりしています 本当に必要な予算なら 大蔵省にお願いなどせずに 国会できちんと修正するべきだ と言いつづけていますが その一方で こんなこともあります 大蔵省は ODA予算の中から世界銀行に拠出金を毎年出しています その一部が 発展途上国の開発に必要な人材を育成する奨学金 に使われます ところが その 奨学金 は どうやら大蔵官僚が海外に留学するのに使われているようです 昨年は八名の大蔵官僚がこの 奨学金 を受けています こうした大蔵官僚が どこに留学したのか 何を専攻したのか 大蔵省にもどってどういう職についたのか いや いったい合計何人が留学しているのか問い合わせても

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06/page01.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive


  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第6号
    景気や経済 貸し渋り そして教育問題がいろいろと議論されています しかし今回はあえて外交問題をあなたと一緒に考えてみたい 正月の雪で転んで椎間板を傷め 補正予算成立後に入院するはめになりました 病室で 腰を牽引されながら ベーカー元米国務長官の分厚い回顧録を読みました ここぞとばかりビッグコミックやモーニングも読みましたが 冷戦終結 ドイツ統一 ソ連崩壊 湾岸戦争 天安門事件等の大きな出来事があった四年間を振り返った千四百ページにのぼる大作でしたが ゴルゴ じゃなくてベーカー回顧録のことです なんと日本がなんにも出てこない The most important bilateral relationship bar none 日米関係ほど重要な二国間関係はない マンスフィールド元米国駐日大使 などと言われながら この扱いとは 思わずがっかりしてしまいました そこで 日本外交の建て直しを図るため ごまめの歯ぎしり第六号 では 外交問題を取り上げてみました うーん やや論理に飛躍があるかも 今年の日本の外交課題をあげると 東南アジアの通貨危機 日露関係

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06/page02.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第6号
    廃棄の過程を国連に無条件に査察させることになりました 国連安保理決議六八七 ところが ここ数年 飼料工場のはずのところに査察チームが入ると 細菌兵器の工場であったり VXを作る過程でできる物質が大量に見つかったり フセインいわく 平和利用 するそうですが 結局 亡命した政府高官があっさりと 禁止されている兵器やミサイルの開発計画が進んでいることを暴露してしまいました そして フセインが苦し紛れに査察団の調査を拒否したのがイラク問題の発端です そこでアメリカが イラクに対し 即時 無条件 継続的な査察 を受け入れるように圧力をかけ さもなくばこうしたガスや細菌兵器があると思われるところを爆撃すると通告し 緊張が高まりました 中途半端な査察では ガスや細菌がたらいまわしに隠されてしまいますから この問題を解決するためには 査察チームがいつでも どこでも査察に入れること 即時 無条件 継続的な査察 が必要なのです しかし サダム フセインがこうした査察を拒否している以上 なんらかの圧力をかけないとフセインは査察を受け入れないでしょう だから アメリカは爆撃するぞ と脅したわけです しかし

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06/page03.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第6号
    アメリカのこぶしの振り上げ方にも問題があります イラクはけしからん 安保理決議に反している というのが アメリカの理屈ですが 同様に安保理決議に反して他国の領土を占領しているイスラエルには 少し甘い顔をしています ちょっと気分屋の警察官 またはガキ大将 のようです アメリカの正義 の独走を防ぐのは 国際的な世論を体現する国連の安全保障理事会 安保理 だと思います ベーカー元国務長官の回顧録にも 日本の外務大臣は出てきませんが 湾岸戦争当時に安保理のメンバー国だったイエメンやコートジボアールとの外相会談については 詳しく書かれています 今回も 事務総長とフセインの合意事項は 安保理に報告され そこで承認されました アメリカといえども 安保理の反対を振り切って行動するわけにはいかないのです 日本は 国連予算の二〇 も負担していて アメリカの二五 の次に多い額です これは英仏露中四カ国の負担額の合計を上回っています アメリカはガリ前事務総長の国連運営が気に入らないと 決められた負担額を払っていません それなのに 日本は 安保理では 任期二年で必ず交代しなければいけない非常任理事国にしかなれません 一方 米露中英仏の五カ国は 常任理事国として任期はなく

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06/page04.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第6号
    それを考えれば当たり前でしょ とでも言いたげです こうした地域紛争の解決にあたり 日本は国際的にどんな貢献をするのか そろそろ日本国民みんなで議論をすべき時がきています お金は出すのか どの程度出すのか セルビア紛争にアメリカやNATO軍が出兵し 日本も費用負担しろ と言われたらどうするのか 人は出すのか PKO 平和維持活動 はいいなら PKF 平和維持軍 はどうするのか もし 今回のような制裁行動にも参加しろ といわれたら憲法上の制約を理由に断るのか その時 お金は余計出します と言うのか 安保理の支持なく アメリカが単独で軍事行動を起こす時 日本はどうするのか 日本が安保理に席を持っていない時は どうするのか まず 日本の意見を言える状況をつくるために 安保理の常任理事国にならねばなりません 日本を含めた安保理の支持のある軍事行動には その地域を考え 応分の財政負担をすべきですが あとからアメリカに言われるのではなく 事前に枠組みを決めるべきです 停戦合意のあるPKOには参加すべきだと思いますが 参加する以上は指揮命令系統や火器の使用など 各国と足並みをそろえるべきだと思います 金と人以外の貢献もあるのではないかと思います

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06/page05.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第6号
    ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第6号 消費者問題特別委員会 遺伝子組み替え食品に関する議論が進んでいると言いたいところですが ため息 加工食品等の表示に関しては まだ議論が詰まらないかもしれませんが そのまま食べるもの トマトやパパイヤ等 の表示と情報公開を義務づけることを先行できないか 検討しています 第6号 目次へ 次へ 環境委員会

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06/page06.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第6号
    ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第6号 日本外交を考える 1998 3 環境委員会 京都会議を受けて 我が 太郎塾 は 温暖化防止策の一つとして 待機電力削減法 を準備中です 待機電力とは 電気製品のスイッチをオフにしてもゼロになっていない電力のことで たとえばリモコンの指示待ちや内蔵の時計を動かすことに使われます 全国の家庭内の待機電力を合計すると なんと原発三基分に相当します これを可能な限りゼロに近づけることを目指したのが 待機電力削減法 です 太郎塾メンバーと衆議院法制局の打合わせも進んでいます 第6号 目次へ 次へ 外務委員会

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06/page07.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第6号
    第6号 日本外交を考える 1998 3 外務委員会 日本が国連安保理の常任理事国になるためには まず国連総会で枠組み決議案というものを成立させる必要があります この決議案の早期成立を目指すため 山本一太参議院議員と一緒に 日本のODAと枠組み決議案をリンクさせる 山本 河野法 を文書化中です なんで河野 山本じゃないかって あっちが大学の先輩なんです 枠組み決議案が可決されるまで 日本の国連に対する自発的拠出金を前年比で一定割合削減していくことと 枠組み決議案の採決を遅らせようとする 敵対的な決議案に賛成した国に対するODAを凍結することを政府に義務づける内容です 注 枠組み決議案というのは 日本を常任理事国にしろ というのではなく 安保理を改革するという決議です 注 自発的拠出金とは 国連加盟国に割当てられた義務的金額の他に 各国が自発的に出している寄付金のような性質のものです 第6号

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/06/page08.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive



  •