archive-org.com » ORG » T » TARO.ORG

Total: 320

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第4号
    厚生委員会でただ一人年下の田村代議士をつかまえて タムちゃん 悪いけど 差し替え頼む ええーっ しょうがないなぁ 差し替えとは 委員が委員会を辞任し 補欠が選ばれ 委員会が終わると補欠が辞任し 元の委員が補欠になって再び委員に戻ること 採決がある日に委員会を欠席するときは 誰かに差し替えで出席してもらう あるいは 委員でない委員会で質問をしたいときに 差し替えで一日委員になって質問をさせてもらう 本来 断固やめるべき国会の悪習である 意気揚々と部屋に戻ると 厚生委員会の調査室から 差し替えで修正案を出すと伺いましたが いやな予感 実は委員会の動議は 委員が辞任すると無効になるんです ということは ええ 修正案が可決されるまで委員を続けていただかないと困ります 厚生委員会は 健康保険法案や介護保険法案も審議中だから そりゃとてもできません 本会議のたびに斜め後ろの菅さん カンと書いてスガと読む が おい 太郎 河野案どうした いや もうちょっと しかし 抜け道もふさがれ

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/04/page03.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive


  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第4号
    たとえば会計検査院の人事に官僚出身者をあてるとか 整備新幹線とか 行革の為に文部省の外郭団体を二つ合併させて三千人を超える定員を五人 削減するとか 健康保険法の参議院修正を議論も無しに衆議院を通過させる等々 結構真剣に 与党議員であっても これはやっぱり反対すべきではないか と悩んだものもありましたが 結論から言えば いずれの採決にも賛成しました 相談にいったある長老曰く おまえが 評論家や万年野党の議員なら 納得いかない採決には反対します といって一人で立ったり座ったりしておればいいさ だがな 政府を背負っていこうとする与党の政治家であるなら 反対する時には その法案と刺し違える覚悟で反対しなければいかん うーん といいながら 今国会で二回造反をしました 一つは 臓器移植法案を厚生委員会で採決しないで本会議に上程すると決めたことに対して 臓器移植法案そのものは 党議拘束がありませんから 自主投票です しかし 脳死と植物人間の違いがわかってこの法案に投票した衆議院議員がどれだけいるかとなると 背筋が冷たくなるような状況だったと思います 少なくとも厚生委員会はこの問題に関して参考人招致を含め何十時間も議論をし 衆議院議員の中ではこの委員会の四十人の委員が一番知見があるわけですから その四十人がどう判断するか ということが他の四百六十人の議員の判断に影響を与えるでしょうし 与えるべきだと思います 私は どの案を支持する しないということを超えて 一番のエキス

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/04/page04.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第4号
    はなかったか 1997 7 サッカーくじ サッカーくじ もう一つはスポーツくじに関する法案です 宝くじなのかギャンブルなのかが非常にあいまいで お金の使い方も決まっていないといういいかげんな法案でした 国会対策委員会の席上 提案者に くじなら購入にあたっての年齢制限はおかしいし ギャンブルなら競輪 競馬の年齢制限と学生の購入禁止に合わせなくてはいけないのではないか 十八歳未満購入禁止ということは非常に中途半端ではないか と質問しました それに対し いや おっしゃる通りなんですが ひとつよろしく よし 部会にこの法案が出てきたらやっつけてやろうと 手ぐすねをひいて待っていると この法案は去年の選挙前に党内で議論し尽くしたので手続きは省略して提案します 去年の選挙前は議員じゃなかった者の意見はどうなるんだ よっぽど本会議の採決で反対しようと思いましたが 本会議欠席で踏みとどまりました 翌日の読売新聞にはしっかりと 河野太郎代議士 スポーツくじ法案に反対し 本会議欠席

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/04/page05.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第4号
    NPO法案 市民活動促進法案 が衆議院を通過しました この法案は与党案 新進党案 共産党案の三案が提出され 内閣委員会で審議されました 与党案をまとめるにあたり 自民党案と社民党案の隔たりが大きく 当初はまとまらないのではと心配されていましたが 社民党の議論をリードした辻元代議士が現実的な路線をとったこともあって 急転直下一本化が進みました その後 民主党とも話がついたものの 新進党案 共産党案とは一本化ならず 内閣委員会の理事会あるいは理事懇談会が 断続的に 開かれました 私は ちょうどこの時期に 消費者問題特別委員会の中に 遺伝子組換え食品の表示問題等に関する小委員会 を作ろうと 消費特委の岸田文雄理事に相談をしながら 動いている時でした ところが 岸田さんは 内閣委員会の理事も兼任しているため NPO法案の協議で身動きが取れず 消費特委の方も動けなくなってしまいました 同じように岸田事務局長のもとで私が事務局を務める自民党内の 外交を考える会 も岸田さんが動けず 君に任せた 内閣委員会の閉塞状況が打ち破られたのは このままではNPO法案の成立危うしとみた各団体が 新進党に対して なんらかの圧力をかけたからのようです 理事会のなかで新進党の態度が軟化し

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/04/page06.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第4号
    念のため 党の執行部の了解を得るために理事会を一時休憩しました しかし 山崎政調会長がつかまらなかったのが悲劇を生みました 政調会長も大丈夫だろう 国会対策委員会のほうもこれでいいね いいよという確認があいまいのまま 真実はよくわかりません 見切り発車となり いよいよ理事会再開という直前に筆頭理事が呼ばれ 新進党の提案は呑めない と国対から言い渡されました つまり 法案の修正をするなら 部会からの党内手続きをしなければだめだ ということなのですが 現場 つまり理事たち にしてみれば 民主党と調整したときはそんな手続きはなかったのに 今さら なんだ という訳です 国会ではこういう時に 現場とか前線ということばを使います 結局再開した理事会で 自民党の筆頭理事は 新進党の提案は受けられません と言わざるを得なくなり なんだ なんだ 話が違うじゃないか そして決裂 しかし 新進党反対のまま採決 本会議上程に突入 自民党の筆頭理事はハラを切りました 本会議では 新進党が与党案について こんなとんでもない法案を認めるわけにはいかない

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/04/page07.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第4号

    (No additional info available in detailed archive for this subpage)
    Original URL path: /ml/hardcopy/04/page08.html (2016-02-15)


  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第3号
    しかし 初登院から半年 いろいろとおかしなことが目につくようになりました 自民党の社会部会が児童問題小委員会を設立し 50年ぶりに大改正される児童福祉法の議論をすることになりました まず厚生省の担当課長から40分説明を聞いて 20分の質疑を行う勉強会が6回開催されました さすがに行政府だけあって なかなか明解に問題点を抽出してありました ところが さあ これからこの問題にじっくり取り組んでやろうと思い 7回目の会合に行ってみると 児童福祉法の改正にあたって というような表題で 今度の改正をどういう方針で行うかを書いた2枚もののペーパーが用意され 小委員長曰く この小委員会の意見をとりまとめるに当たっての案を作りましたので 皆様のご承認をお願いします 中身は 厚生省がやらせた審議会の答申の大筋と全く同じ 茶番だ 審議会の答申 なるものが永田町のそこら中をうろついています 審議会の答申を得ましたので それにそって法案を作成しました 審議会で長年にわたりご議論をいただき 答申が出ましたので それに基づいて法律案をまとめております 審議会の答申ではこうなっております 国民が選んだ代表が集まる国会が議論し 国会が方針を決め 国会が法律を作るのではなく お役所が勝手に人選した審議会が 議事録も公開されない密室で議論し 早いときにはお役所が朝 諮問すると 午後に答申するような審議会の方針に沿ってお役所が法案を作り 官僚は臆面もなく 審議会のご答申にそって法案を作ってますから

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/03/page01.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive

  • ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第3号
    最初から委員にならなければいいと思うのだが 予算委員が席を立つと さっとその席を埋めるのが昔からの一回生の仕事らしい 一回生45名が11名ずつ4班に分かれ 当番で予算委員会に詰める もちろん席に座った一回生は公式には何の資格もないわけで 発言はできない 一度 重油を汲むひしゃくの話ばかりしないで予算の質問をしろ と野次ったら 予算委員でない者が予算委員の席に座って不規則発言をしているのはどういうことか と問題になった が 野党側でも旭道山議員が小池百合子議員の席に座っていたりするので 不規則発言を慎むように との注意で終わった 以後 2日に半日の割合で予算委員会の 応援 をすることになった 長老に 俺たちも若い頃これをやったんだ みんなこれやってきてるんだから 頑張りなさい と言われ 後輩がこんなばかばかしいことを やらんで済むよう頑張ります と突っ張ったら 若いうちは威勢のええほうがええ カッカッカッ と笑い飛ばされてしまった おそるべし 2月4日 自民党行革推進本部で財政改革を担当する中川秀直代議士から 公共事業見直しのプロジェクトチームの委員に任命したいが受けるかどうか考えて返事をくれと言われる その場で やらせて下さい と答える 正午から初会合 席上

    Original URL path: http://www.taro.org/ml/hardcopy/03/page03.html (2016-02-15)
    Open archived version from archive



  •