archive-org.com » ORG » Y » YOMIGAERU.ORG

Total: 415

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 任意売却のご相談は全国の担当業者が探せる【任意売却センター】へ
    担当 センチュリー21 高住リビング 経験実績豊富な当社にお任せ下さい 女性スタッフもおります 相談無料 即時対応 秘密厳守 お問い合わせ 0120 27 8821 担当 青山 まずはご連絡を ご相談 ご依頼は無料です 私たちは一戸建て住宅やマンションをはじめとして 不動産全般の任意売却に関する業務を取り扱っていますが どのようなときでも任意売却によって 処理しようとするわけではありません お客様の事情や立場を十分にお伺いしたうえで 住宅ローンの返済を無理なく続けられる 方法はないのか ご自宅を手放さずにそのまま 住み続けられる方法はないのか その他に何か良い方策はないのか といったことをまず初めに検討致します やむを得ず不動産を手放すしかない というときに 競売を回避する手段として提案させていただくのが 任意売却 です 滞納をすることに罪悪感をもちながら無理をしていませんか あなたが頑張ることで家族に辛い思いをさせていませんか 皆様からの住宅ローンに関するご相談 任意売却のご依頼は無料です 住宅ローンの支払いに不安を感じたら当センターの地域担当業者へご連絡ください 任意売却について あなたは住宅ローンの返済で 大きな悩みを抱えて このサイトに 辿り着いたのだろうと思います このまま支払いを続けることが困難だったり すでに滞納が始まったりしているのであれば なるべく早く解決方法を考えるべきです まずは任意売却についてよく知ってください 自分がどうするべきなのかを判断するのはそれからでも構いません 任意売却とは 不動産競売に追い込まれるより有利な面がいくつもあります どのようなメリットがあるのかについて知っておきましょう メリットとデメリット 任意売却をするためには 一定の前提条件が必要となります どのようなときに任意売却ができるのか それをするためにはどうすれば良いのか 売却からあなたの生活再建を図るまでの流れや手順 段取りなどについても理解しておくことが大切です 流れ 手順 住宅ローンの返済に困っているあなたは 任意売却にどんな費用がかかるのかも気になるでしょう 原則としてあなたの費用負担はありません その理由についてはこちらをご覧ください 必要な費用 任意売却をするときには いくつかの書類を揃えていただくことが必要です ご依頼を受けた際に物件に応じて地域担当業者から説明を致しますが こちらでもその概略を説明しています 必要な書類 親子間 兄弟間など親族間の任意売却によって住宅を買い戻し そのまま住み続けることが可能な場合もあります それができるかどうかは個々の状況による場合もありますので 詳しくは当センターの地域担当業者に ご相談ください 親子間 親族間の売買 任意売却を成功させるためには それに精通した専門業者へ依頼をすることが第一歩です ところが あなたにとって都合の良い話ばかりをする不動産業者につられると 思わぬ失敗をすることにもなりかねませんので十分な注意が必要です 失敗事例 任意売却に関連する内容で 一般的に よくあるご質問 はこちらにまとめてありますので ぜひご一読ください よくあるご質問 任意売却についてよく分からないこと 知りたいこと その他ご質問があるときには お気軽に当センターの 地域担当業者までお問い合わせください 不動産競売について 住宅ローンの滞納が続き あなたがそのまま 何も行動を起こさないでいると やがては競売に追い込まれます 不動産競売で安く物件を手に入れる といった情報は巷に溢れているものの 自分のマイホームが競売にかけられる側の 立場になってしまったときに いったい何が 起きるのか 詳しくご存知の方は それほど多くないでしょう 不動産競売を申し立てられた側 からみたときの制度の概要や流れ さらに任意売却のときとはどう違うのか などについて あらかじめしっかりと理解しておくことも大切です 競売とは 任意売却のときと比較した場合に どのようなデメリットがあるのか メリットはないのかについても 知っておきましょう デメリット あなたが事前に任意売却を選択することなく 不動産競売を申し立てられる事態に陥ったとき あなたの回りで どのようなことが起きるのかについてはこちらをご覧ください 競売にかけられたら 住宅の差し押さえをされてからでも任意売却は間に合います しかし 時間的な猶予はそれほどありません 不動産の差し押さえについてもよく理解しておくようにしましょう 差し押さえ 不動産競売に関するご質問やご相談なども お気軽に当センターの地域担当業者までご連絡ください 債権者から届く重要書類 住宅ローンの滞納が始まると 債権者 金融機関 側から さまざまな書類が届くようになります 初めのうちは督促状 催告書など 延滞金の支払いを促す書面ですが その内容も次第に厳しいものになっていきます それと同時に債権者側から任意売却を 提案する書類などが届くこともあります 求められた支払いができないとしても これらの書類に対してはきちんと対応をすることが重要です 相手から示された任意売却の提案や話し合いの申し出を無視していれば あなたの立場はどんどんと悪くなる一方です 債権者から届く書類のうち 期限の利益の喪失 予告 あるいは 代位弁済 と書かれたものについては とくにしっかりとその意味を理解しておくことが欠かせません これらは任意売却をする際にも 関連する重要なキーワードとなります 期限の利益の喪失 代位弁済通知 また 滞納の初期段階では 金融機関から住宅ローンの返済方法の見直しなどを提案してくる場合もあります これは任意売却などを検討する前の段階で 返済方法を見直すことによって 苦境を乗り切ることができないか どうかを探るためのものです 住宅金融支援機構からのご提案 滞納を解消する見込みが薄いときには 債権者側からも任意売却を提案してきます そのほうがお互いにメリットが大きいためです 住宅金融支援機構 旧住宅金融公庫 には そのためのパンフレットも用意されています 住宅金融支援機構のパンフレット 一方で 住宅ローンの返済と同時にマンションの管理費や修繕積立金を滞納していれば 管理組合または管理会社からも催告書や督促状が届くでしょう 競売のときとは違い 任意売却であれば管理組合にかける迷惑も少なくて済みます マンション管理組合からの催告書 その他の書類の例については 左のメニューからご参照ください 地域担当業者にご連絡をいただければ 書類の意味などについてもご説明いたします 任意売却をするときの業者選びは 売り出し価格を最終的に決めるのは金融機関など債権者です ところが住宅金融支援機構 旧住宅金融公庫 の場合 最近は価格査定が高めに出されるケースも 多く見られるようです 売り出し価格が一般的な相場よりも高ければ 当然ながら任意売却もなかなかうまくいきません きちんとしたサポートがないと あなたはどう対処すればいいのか困ってしまうケースも多いでしょう 任意売却に精通するとともに さまざまな事態への対処法をしっかりと説明してくれる不動産業者に相談や 依頼をすることが ますます重要になっています 知り合いだから

    Original URL path: http://www.yomigaeru.org/ (2016-04-25)
    Open archived version from archive


  • サイトマップ 全国対応【任意売却センター】
    住宅ローン破綻への道 住宅ローンの破綻例 その1 住宅ローンの破綻例 その2 住宅ローンの破綻例 その3 住宅ローンの破綻例 その4 住宅ローンの破綻例 その5 住宅ローンの破綻例 その6 住宅ローンの破綻例 その7 住宅ローンの破綻例 その8 住宅ローンの破綻例 その9 親子間 親族間の売買 よくあるご質問 必要な書類 失業したときには サービサーとは 任意売却の失敗事例 競 売 競売とは 競売のデメリット 競売にかけられると 差し押さえ 競売にかけられている方 よくあるご質問 自己破産 競売か任意売却か 共有名義の相手が自己破産 債権者から届く重要書類の例 催告書 督促状 来所依頼状 再度のご連絡 最終通告書 期限の利益の喪失予告 最終督促 期限の利益の喪失 マンション管理組合からの催告書 融資住宅の延滞が始まりますと 住宅金融支援機構からのご提案 代位弁済通知 任意売却のお知らせ 住宅金融支援機構のパンフレット 意思のご確認 任意売却の申出書 訴訟手続移行通知状 口頭弁論期日呼出兼答弁書 競売申立予告のご通知 執行官による現況調査 競売の期間入札通知書 抵当権解除証書 返済に困ったら 不動産業者の皆様へ 地域担当業者登録資料請求 関係者の皆様へ 金融機関の皆様へ 弁護士 司法書士の先生方へ マンション管理組合の皆様へ 任意売却 競売のご相談

    Original URL path: http://www.yomigaeru.org/sitemap/index.html (2016-04-25)
    Open archived version from archive

  • サイトご利用上の注意事項 全国対応【任意売却センター】
    表示に不具合がありましたらブラウザの設定をご確認のうえ スタイルシートを有効にしていただくようお願い申し上げます このWebサイトでは 悪戯防止や不正アクセスに備え お客様のIPアドレスを取得させていただく場合がありますので あらかじめご了承ください 当社における個人情報保護方針の適用範囲は 任意売却センターのWebサイト内とします 当Webサイトからリンクされている他のWebサイトにおける個人情報保護についての責任は負いかねますので それぞれのWebサイトのプライバシーポリシーをご確認ください 著作権について 任意売却センターのWebサイトで提供する情報 コンテンツ 画像等を 当社および提携者をはじめとする権利者の許可なく 複製 改変 転用 販売などの二次利用に供することを禁じます 当サイト内の文章等に関する無断引用 複写 転載については 法的処置を含め厳しく対処させていただく場合もありますので あらかじめご了承ください 任意売却のご相談なら 当センターの地域担当業者に任意売却や住宅ローンの支払いについてご相談をされたほとんどのお客様が あの悶々としながら過ごした日々はいったい何だったの とおっしゃいます あなたも お一人で またはご夫婦だけでお悩みにならず まずは当センターの地域担当業者に お電話またはメールにてご連絡をください 住宅ローンの滞納や未払いの問題解決に向けて 任意売却が良いのか 競売が良いのか あるいは他の方法が良いのか あなたに適切なアドバイスができます 任意売却 任意売却とは メリットとデメリット 任意売却の流れ 手順 あなたのケースは 任意売却に必要な費用 住宅ローンの破綻事例 住宅ローン破綻への道 親子間 親族間の売買 よくあるご質問 任意売却に必要な書類 失業したときには サービサーとは 任意売却の失敗事例 競売 競売とは デメリット 競売にかけられたら 差し押さえ 競売にかけられている方 よくあるご質問 自己破産 競売か任意売却か 共有名義の相手が自己破産 任意売却 競売のご相談 ご相談用紙のダウンロード フォームから記入 メールでご相談 債権者から届く重要書類の例

    Original URL path: http://www.yomigaeru.org/notice/index.html (2016-04-25)
    Open archived version from archive

  • 任意売却とは? 全国対応【任意売却センター】
    2007年10月以降は競売までのスピードが非常に早くなってきています 従来であれば 競売を申し立てられてから入札まで6 7か月ほどかかるのが通例でした しかし最近では 競売の申し立てから3か月後には入札となってしまうケースが増えてきています これはサービサーなどの債権者が 不良債権の処理を早めようとするための処置です すでに競売を申し立てられている場合には 従来のように時間的な余裕はなく これから先は非常に厳しい状況とならざるを得ない状況です さらに 競売は債権者にも金銭的な負担をかけますから できるなら競売には持っていきたくないところです そのため いったん競売の申し立てがされれば かえってその取り下げに手こずることになります 住宅金融支援機構などでも いったん競売になってしまった物件では容易に任意売却を認めなくなっています しかし 任意売却を認めてもらえない場合でも細いながら道は残っています いずれにしても 競売開始決定通知が届いたなら速やかに行動 を起こしてください 任意売却後に残る債務は 任意売却でも競売でも 債務が残ればそれを支払っていかなければなりません しかし 任意売却は債権者の合意を得たうえで行うものですから 競売のときのように無理な請求をされることはありません 新たな生活をスタートし 再建していくために支障のない範囲 たとえば毎月1万円 3万円程度 債権者や交渉により変わります で残った債務を支払っていけば 常識的な債権者は給与差押えなどをしません 金融機関から紹介される不動産業者は あなたが任意売却をしようかどうか迷っているとき 金融機関のほうから不動産業者を紹介してくる ケースもあります 自分からわざわざ不動産業者を探す手間が省けて助かると思われるかもしれませんが このようなときはその依頼主が誰なのかを考えてみましょう 任意売却を取り扱う不動産業者は その依頼主のために業務を行います つまり債権者 金融機関など から依頼を受けた業者は 債権者にとって1円でも有利になるように働きます 逆にあなたから依頼を受けた業者は あなたにとって1円でも有利になるように働くこととなるのです まずは任意売却センターの地域担当業者へ あなたから ご連絡をください ご相談 ご依頼は 無料 です 任意売却をするためのいくつかの条件 処理を円滑に進めるためにはいくつかの条件があります 共有名義人がいる場合には その共有者と連絡がとれること 内見 内覧のときに 対象物件へ実際に住んでいる人の協力が得られること 第三者に賃貸中 オーナーチェンジの物件のときは不要 ご依頼をいただいた方との間で常に連絡がとれること ご依頼された本人 および連帯保証人

    Original URL path: http://www.yomigaeru.org/nini/ninibaikyaku.html (2016-04-25)
    Open archived version from archive

  • 競売とは? 全国対応【任意売却センター】
    となります 5 債権者が保証会社に代位弁済を要求 債権 担保物権などが求償権の範囲で保証会社に移転して 不良債権として扱われるほか 個人信用情報に事故としての記録 ブラックリスト が残され 以後は金融機関などからの借り入れが困難になります 6 差し押さえ 差し押さえとは担保権実行のための手段であり 債権者が競売を申し立てた時点で不動産の登記簿に 記載されるため 以後 所有者は不動産を自由に処分することができなくなります 7 競 売 不良債権となった債務の最終処理手段として競売が実行されます 8 入札 開札 落札 競売の最終段階で 理論上は開札の前日まで任意売却に応じてもらえるものの 実務的には期間入札が間近に迫ると任意売却を拒絶されることが多くなります 9 立ち退き 競売の落札者 競落者 との話し合いに応じて物件を引き渡すか あるいは話し合いに応じずに立ち退きを拒むか といっても占有を続ける正当な権限はありませんから いずれは強制執行され 物件から立ち退かざるを得なくなります 競売の落札者 競落者 からみた 強制執行の概要 競売によって物件を落札し 代金納付を完了してから6か月以内に 不動産引き渡し命令 の申し立てを 裁判所にすると 早ければ1 2週間でそれが発令され さらに執行官室で強制執行の申し立てを行います 東京地裁の場合 それぞれの執行官ごとに受け持ち地域が決まっていて その担当執行官と執行日時を打ち合わせのうえ 落札した物件に臨むことになります ただし 1回目で部屋を空にして 明け渡しが完了するわけではありません 通常 1回目は占有者に対して あなたは引き渡し命令の対象なので 何月何日までに立ち退きなさい と勧告をし 公示書 という裁判所発行の命令書のような紙を室内に貼って終わりです そして その2週間 1か月後に いよいよ明け渡しの断行となります この断行のときには 執行官の他に 立会人 と称する 立ち会いを専門にしている人と 鍵屋と 屈強な引越し業者が 3点セット となって臨みます この 断行の3点セットには理由があります 執行官は 忙しいときは1日に5件以上の執行をこなしています ですから 必然的に時間的な余裕がありません 一現場にかけられる時間はせいぜい2 3時間なのです そのため 執行官はこの3点セットでチームを組みながら執行していくのが通常です 鍵屋も引越し業者も 一般業務とは比べものにならないくらいの素早さで行動をします 特殊な専門職の人たちですから 当然ながらその料金も安くはありません 断行の3点セットの人たちにかかる報酬額は 不動産の大小にもよりますが だいたい50万円 100万円くらいかかるのではないでしょうか もちろん 法的手続きを弁護士に依頼した場合には 別途に弁護士費用が必要となります これは 競売物件を落札した人の側から見た 強制執行 の概要ですが 逆に落札された側の立場にあなたを当てはめて考えてみましょう 鍵の取り替えや荷物の搬出などで かなりの費用を競落者が負担しなければならない場合もあります そのため 私はすんなりと出ていきますから 引越し費用として20万円くらいをいただけませんか と 駄目でもともとで交渉をしてみるのもひとつの手です ただし 断行の3点セットに100万円の経費がかかっても 落札物件に住んでいる人 不法占拠者 には 一銭も払わない という競売専門業者も多数存在していますから 交渉はほどほどにするべきです また 競売専門業者では自社で 追い出しユニット を結成している場合もあります 本当に競売で処理されても良いのですか 競売で処分されても任意売却をしても 自己破産をしないかぎり債務は残ります そして 残った債務に対しては支払い義務が継続します しかし 競売は任意売却に比べて取引価格が10 25 ほど低いのが普通です したがって 残る債務も任意売却のときより10 25 ほど多くなるのです また 競売であなたの物件が落札された場合 任意売却のときとは違って ただちにその物件から立ち退かなければならず 引越し費用をもらうことも期待できません そして 競売で落札されたときも自己破産をしたときも 連帯保証人がいる場合には その連帯保証人に残った債務の請求がいくことを忘れないでください 最悪は その連帯保証人が自己破産に追い込まれるケースも十分に考えられます さらに 競売の後に残った債務の支払いでずっと苦しんでいる人もいます あなたの生活を早期に立て直すことを考えるのなら 案件の処理後のことまでしっかりとフォローをしてくれる 任意売却の専門業者 に依頼をしてください 競売の取り下げのことでお悩みなら 私たちは あなたが所有している不動産について 競売という裁判所による法的整理が実行される前に 金融機関などの債権者と交渉をし そして債権者の同意を得たうえで任意に不動産を売却をするという 解決方法をお勧めしています 任意売却センターの地域担当業者が 各債権者への競売申し立ての取り下げ交渉および抵当権抹消の手配など 最も重要な業務を行い 物件の販売についても担当業者が責任を持ってスピーディに処理します 詳細について お電話もしくは直接お会いして説明させていただければ よくご理解いただけるかと存じます 競売によって処分されるよりも任意売却のほうが あなたにとって絶対に有利です 転居に必要な費用の捻出なども 債権者によっては十分に可能です なお 担当業者の業務によって売却にかかる契約が成立したときには 規定による仲介手数料を申し受けますが その金銭は売却代金の中から配分として債権者より支払われますので あなたに別途ご負担いただく必要はまったくありません どうぞご安心ください あなたが競売について書かれた通知を受け取ってしまい 困惑されているところかもしれませんが あまり深く悩まないでください 必ず問題解決の方法はあります ただし 担保不動産競売開始決定 という通知を受け取った場合は このまま放っておくと およそ6か月後くらいには競売にかかり 家を追い出されることになります 期間は6か月ほどしかありませんから 早めの決断が必要です なお 最近は3か月程度の滞納で競売を申し立ててくる債権者も増えてきています 競売後に残った債務の返済について 競売後に残った債務の支払いを完全に無視してしまう人たちがいます ホームページなどでも 堂々と 競売後の支払いを無視すること を勧めているものがいくつか見受けられます また 法的に支払わなくて良いのだと大きな誤解をしている人もいるようです しかし これはただ単にサービサーが請求をしてこないだけであって 支払わなくても良いというわけではありません

    Original URL path: http://www.yomigaeru.org/keibai/index.html (2016-04-25)
    Open archived version from archive

  • 自己破産をしたとき、競売か任意売却か? 全国対応【任意売却センター】
    自己破産における競売のデメリット 期間入札で落札されなかった場合 一定期間は先着順で売りに出された後 価格を下げて再び期間入札が行われます これが繰り返されて最終的に落札されるまで そこにタダで住み続けられるという メリットが生じることもありますが それはあくまでも結果論に過ぎません 競売には多くのデメリットが存在することを知っておきたいものです 競売の場合には 原則として引越し費用が出ません 引越し費用 立ち退き料 は落札者の考えかたにも大きく左右されますが 最近はほとんど支払われない傾向になってきています 競落後に 即時立ち退きを命じられる場合もあります 裁判所の公報に掲載されます 見るからに競売の業界人と分かる人たちが その物件の下見に行きます 不動産業者の営業も大挙して押し寄せます 競売関連の電話や郵便物も増えます 裁判所の執行官が関係者を連れて現況を調べに行くほか 不動産鑑定士も物件の調査に行きます インターネットの競売関連のホームページにリストアップされます 登記記録には 競売 の文字が記載されます なお 破産管財にするとそれなりの費用がかかります 1人あたり約30 40万円で 夫婦ならその2倍がかかることになります 弁護士や司法書士からみれば ぜひとも破産管財案件にしたいところでしょうが 迷っていられる状況ではありません 自己破産をしてしまい 債権者や弁護士などから任意売却を勧められている状況で 隣近所の目や世間体を気にして任意売却に踏み切れない方がいらっしゃいます 考えてみてください あなたにはもう選択肢がないのです 上記にもあるとおり 競売と任意売却のどちらにしても 物件を売却する場合にはそのことが周囲に知られてしまいます しかし 任意売却の場合には原則として それが任意売却物件であること は広告などに記載されず ごく普通の中古住宅売却と同じ扱いとなります 物件を見学に行った人から 任意売却である旨の情報が他に漏らされる可能性が絶対にないとはいえませんが 競売の場合には その申立から落札までの間に あの家は競売だったのね ということが周囲に知れ渡ります 裁判所からは執行官が来る 不動産鑑定士が来る 数え切れないほどの不動産業者が来る 一般人で競売物件を漁っている投資家が来る そして多くの競売関連のホームページに載るといった状況で 競売の事実を周囲に隠すことはほとんど不可能です 共有名義の相手が自己破産 任意売却 任意売却とは メリットとデメリット 任意売却の流れ 手順 あなたのケースは 任意売却に必要な費用 住宅ローンの破綻事例

    Original URL path: http://www.yomigaeru.org/ninbai/jikohasan2.html (2016-04-25)
    Open archived version from archive

  • 督促状が送られてきたら 全国対応【任意売却センター】
    督促状と催告書の違い 住宅ローンの延滞 滞納に対する督促状は 強い意味を持った請求書 催告書は 強い意味を持った通知書 だと考えてください 金融機関によっては 同じ内容の督促状が数回送られてくる場合や 改めて 最終督促状 が送られてくる場合もあります 督促状など債権者から送られてくる書類の内容はしっかりと確認し 自分がいまどのような状況に置かれているのかを把握しておくことが大切です 任意売却について知ってください 督促状や催告書を受け取ってどう対応すべきなのか悩んだ場合でも たいていの人は任意売却のご相談を された後で あの悶々としながら過ごした日々はいったい何だったのだろうか というような 感想を抱かれるようです 督促状などを受け取ったとき ご自分たちだけで悩んでいても何も解決しません まずは任意売却センターの地域担当業者にお電話をください 住宅ローンの支払いにお困りのあなたに どのような解決方法が最適なのか 任意売却や競売以外の選択肢も含めてアドバイスいたします 任意売却による処理を選択された場合には その後に残った住宅ローンの支払いについて債権者側と 話を取りまとめ あなたにご納得いただける内容となるように致します 催告書 任意売却 任意売却とは メリットとデメリット 任意売却の流れ 手順 あなたのケースは 任意売却に必要な費用 住宅ローンの破綻事例 住宅ローン破綻への道 親子間 親族間の売買 よくあるご質問 任意売却に必要な書類 失業したときには サービサーとは 任意売却の失敗事例 競売 競売とは デメリット 競売にかけられたら 差し押さえ 競売にかけられている方 よくあるご質問 自己破産 競売か任意売却か 共有名義の相手が自己破産 任意売却 競売のご相談 ご相談用紙のダウンロード フォームから記入 メールでご相談 債権者から届く重要書類の例 督促状 催告書 来所依頼状 再度のご連絡 最終通告書 期限の利益の喪失予告

    Original URL path: http://www.yomigaeru.org/ninbai/tokusokujyo22.html (2016-04-25)
    Open archived version from archive

  • 任意売却や競売に関するご質問、ご相談フォーム 全国対応【任意売却センター】
    任意売却をしたい 家を手元に残したい 債務整理をしたい どのようにすれば一番良いか考えて欲しい その他 任意売却をお考えの 物件所在地 物件の種別 マンション or 一戸建 or その他 任意売却をお考えの物件名称 マンション名など 連絡方法 担当業者から電話が欲しい 担当業者へお電話をくださる メールで返信が欲しい FAXで返信が欲しい ご連絡可能時間帯 頃 タイトル 未記入でも可 ご相談内容 大筋で構いません 全角で500文字くらいまで ご送信いただいた後 自動で 受信いたしました というメールが送られます この確認メールが届かない場合には メールアドレスの入力間違い メールの設定ミス またはサーバー障害などの可能性があります 確認メールは通常であれば数秒以内 遅くとも数分以内にあなたへ届きます 切羽詰まった内容のご相談にもかかわらず こちらからの返信メールが 宛先人不明 メールサーバーの容量オーバー などの理由で送られないことがしばしば発生しております このフォームをご利用後 確認メールが遅いと感じるときにはこのような原因がないかご注意ください なお 悪戯や不正アクセスの防止を目的として ご相談者様の IPアドレス を記録させていただいております これを目的外に利用することはありません 回答までに少し時間がかかる場合もあります ご相談の内容や 曜日 時間などのタイミングによっては ご相談に対する回答をお送りするまでに 少し時間がかかってしまう場合もありますので あらかじめご了承ください 任意売却 任意売却とは メリットとデメリット 任意売却の流れ 手順 あなたのケースは 任意売却に必要な費用 住宅ローンの破綻事例 住宅ローン破綻への道 親子間 親族間の売買 よくあるご質問 任意売却に必要な書類

    Original URL path: http://www.yomigaeru.org/formmail/index.html (2016-04-25)
    Open archived version from archive



  •